遺伝子、DNA、ゲノム:
2006年1月~4月

ほか「遺伝子、DNA、ゲノム」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 歴史/社会/エートス


遺伝情報保護へ協議会 DNA保管の企業・団体
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
OECD:遺伝子特許の活用へ、初の国際指針採択
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
遺伝子特許活用に国際指針 OECDが初めて策定
2006/03 【日本語記事】 goo(共同通信)
● 月刊PDFマガジン BTJジャーナル
  2006/02「RNA新大陸、変わる遺伝子」(PDFファイル)
なぜなぞ科学:双子の指紋はまったく違うの?_
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
公的に利用できるゲノム・データ、些細だが重要なエラーを含むかもしれない
2006/02 EurekAlert Study suggests that publicly available genome data may contain small but significant errors

クレイグ・ベンター


世界を変える男 クレイグ・ベンター
2006/02 PhysOrg.com J. Craig Venter: He might change the world

past ヒト遺伝子 ヒトゲノム


2006/04 EurekAlert Baylor Human Genome Sequencing Center marks end of sequencing effort with chromosome 3
2006/04 Nature The DNA sequence, annotation and analysis of human chromosome 3
2006/04 EurekAlert New method to analyse the Major Histocompatibility Complex (MHC) of the human genome
遺伝子バンク登録千人 ボランティアが血液提供
2006/04 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
健康な人の遺伝子バンク 病気の原因解明に利用
2006/04 【日本語記事】 goo(共同通信)
ヒトゲノム:解説、マップ無料配布 全国で先着順5万枚 文部科学省
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
遺伝子:ヒト、スイッチは19万個 従来の6倍 高等動物の進化に関係か 理研
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
2006/04 PhysOrg.com Researchers map 'gene switches' within the human genome
2006/04 New Scientist Humans more than just pairs of genes
遺伝:ヒト15番染色体のDNA配列の解析とその重複の歴史
2006/03 Nature Analysis of the DNA sequence and duplication history of human chromosome 15
遺伝:ヒト11番染色体のDNA配列と新規遺伝子の同定を含む解析
2006/03 Nature Human chromosome 11 DNA sequence and analysis including novel gene identification
遺伝:ヒト12番染色体のDNA配列の解読が終了
2006/03 Nature The finished DNA sequence of human chromosome 12
耳垢のタイプを決定する機構の遺伝学的性質
2006/03 【日本語記事】 Nature Genetics@日本
ヒト遺伝子、ごく最近進化したものけっこうあります
 代謝、皮色、脳機能、生殖で必要とされる人類遺伝子は、最近の環境の変化に応じて進化した
2006/03 New Scientist Many human genes evolved recently*
2006/03 news@nature.com Human selection is alive and kicking
Geneticists track evolutionary forces in three populations.
2006/03 PLoS Biology  A Map of Recent Positive Selection in the Human Genome
ヒトは遺伝子を失うことで進化した
 例えば嗅覚も弱くなっているし、かつての菜食中心で重要だった「苦味」知覚も、雑食と加熱調理でかえってじゃまに
 免疫系でお役ごめんになった謎の遺伝子もあるし
2006/02 EurekAlert Less is more, gene study shows
2006/02 Nature: A haplotype map of the human genome (日本語版) ヒトゲノムのハプロタイプ地図
ヒトゲノムプロジェクトからはや5年
2006/02 The Scientist The Human Genome Project +5
耳あかのタイプ、1塩基の違いで決定 長崎大教授ら発表_
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
耳あかの型は1塩基が決定 乾燥タイプは“突然変異”
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
耳あかの乾湿決める遺伝子=長崎大など発見-乾型は北東アジア起源
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
耳あか:ネットリ型・パサパサ型、長崎大研究者が遺伝子発見 薬の処方、役立つ可能性_
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
2006/01 BBC News One gene makes earwax wet or dry
2006/01 PhysOrg.com(UPI) Earwax tied to genes, underarm odor
2006/01 New York Times Japanese Scientists Identify Ear Wax Gene*
金大光教授、耳あかで韓国人の起源を説明
2006/02 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国
 >韓国人は99%が乾いた耳垢
ネット 「耳垢の遺伝子の研究のすごいところ」 @NATROMの日記

 4年前の2002年の時点で、すでに耳あかの湿型・乾型は
 ・単一の遺伝子における多型(バリエーション)
であり、その遺伝子は
 ・第一六染色体のここらへんにある
ということは「新川詔夫(長崎大学)ら」がつきとめていた。
※参照元 本ミニ 「DNAから見た日本人」 斎藤成也著
 筑摩書房; 700円 2005/03 p.194-195

 それと、当時の記事。 「耳垢の遺伝子を特定しました」
2002/06 BBC News Gene for ear wax
 インタビューに応じているのは長崎大の富田博秋氏。
背の高さと遺伝子
2006/01 Dienekes' Anthropology Blog: Genes for human height
2006/01 Human Genetics  DOI: 10.1007/s00439-006-0136-y
 Genetic linkage of human height is confirmed to 9q22 and Xq24

性格と遺伝子 ヒト性質


攻撃性と遺伝子
2006/04 ScienCentral  Violence Gene
遺伝子差と文化差*  ※ニスベット
 ジョナサン・プリチャード Jonathan Pritchard
 東アジア人での淘汰結果の平均年代は、6,600年前
 グリゴリー・コクラン Gregory Cochran
 今と過去は文化だけでなく人間自体が違っていたのか
 ジョン・マクニール John McNeill
 人間性質はもともと不変不朽ではないのだ
 オキシトシンの民族差、フランシス・フクヤマの信頼社会
 ナポレオン・シャノン Napoleon Chagnon とヤノマモと性格の遺伝
 アシュケナージ・ユダヤの遺伝病は知性の淘汰に付随したのか
2006/03 The International Herald Tribune Cultural differences: A DNA link?
By Nicholas Wade The New York Times

past 発展していくDNA研究技術、DNAチップ開発


2006/04 EurekAlert Nanopore method could revolutionize genome sequencing
安くて早い遺伝子機能解析
2006/03 EurekAlert Junk DNA may not be so junky after all
2006/03 EurekAlert Biologists develop genome-wide map of miRNA-mRNA interactions
新しいテクニックは、DNAがマイクロアレイ表面に従う方法についての洞察を提供する
2006/02 EurekAlert Boston University scientists develop new application to characterize structure of DNA molecules
2006/02 EurekAlert Detection of DNA on nanotubes offers new sensing, sequencing technologies

past DNAを使ったメカ DNAを使った小道具 遺伝子操作技術


2006/03 PhysOrg.com Organizing Gold Nanoparticles with DNA
ナノ構造:DNAの使い方はいろいろ
2006/03 Nature Nanostructures: The manifold faces of DNA
ナノテクノロジー:DNAを折り畳んでナノスケールの形状とパターンを作り出す
2006/03 Nature Folding DNA to create nanoscale shapes and patterns
DNAで折り紙:ナノスケールの形を簡単に作り出す方法
2006/03 【日本語記事】 Nature@日本
2006/03 news@nature.com DNA origami yields micro map
Molecular artwork could point way for nanotech applications.
2006/03 PhysOrg.com A little happiness: 'DNA origami' makes world's smallest Smiley
2006/03 New Scientist 'DNA origami' creates map of the Americas
2006/03 news@nature.com Supercomputer builds a virusハ
Vast simulation captures molecules in motion.
2006/03 National Geographic Computer Made from DNA and Enzymes
2006/02 PhysOrg.com Program helps in designing artificial DNA
2006/01 PhysOrg.com Researchers 'wire' DNA to identify mutations
2006/01 EurekAlert Swiss researchers develop all-in-one remote control gene expression tool

遺伝子商売


世界初「DNAの橋」建造計画 シンガポール
2006/03 【日本語記事】 Excite エキサイト : ニュース TB
2006/03 National Geographic Coming Soon: Your Personal DNA Map?
DNAブック設立  効率的に保存・流通へ
2006/01 【日本語記事】 科学新聞

past 性染色体


健康の性差は性染色体から
2006/03 EurekAlert X chromosomes key to sex differences in health
苗字とY遺伝子
2006/02 BBC News DNA 'could predict your surname'
 Turi King and Mark Jobling
2006/02 EurekAlert Genetic links among men who share surnames
2006/02 New Scientist Y chromosomes give the name away
2006/01 EurekAlert Equalizing the sexes
 Drosophila UNR protein is a novel regulator of X-chromosome dosage compensation in flies

past ヒトと他の生物、共通する遺伝子、共通しない遺伝子、 霊長類の解析


ヒト染色体17とマウス染色体11
2006/04 EurekAlert Mouse to man: The story of chromosomes
染色体17は病気遺伝子が豊富
BRCA1(ガン遺伝子); NF1(神経線維腫症); ガン(TP53); Smith-Magenis 症候群(SMS)とCharcot-Marie-Tooth賞のタイプ1A10( CMT1A )
遺伝:ヒト17番染色体のDNA配列とヒト系統における染色体再配列の解析
ヒトとチンパンジーの違いは遺伝子より遺伝子の発現の仕方
2006/03 EurekAlert Most human-chimp differences due to gene regulation not genes
2006/03 EurekAlert Most human-chimp differences due to gene regulation
比較ゲノミクス:発現の差
2006/03 Nature Comparative genomics: Difference of expression
進化:霊長類の発現プロファイルから明らかになるヒト転写因子の急速な進化
2006/03 Nature Expression profiling in primates reveals a rapid evolution of human transcription factors
2006/03 New Scientist Why we differ from our primate cousins
科学なポッドキャスト:Pollution Studies and Learning the Future of Men from Chimps 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 22分
2006/02 Current Science & Technology Podcast
 ・チンパンジーにあってヒトにない遺伝子、遺伝子が欠けることで進化した人類
染色体にヒト進化の根源? 慶大など発見_
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
人とチンパンジー、違いは8番染色体…慶大が解析_
2006/01 【日本語記事】 読売
遺伝:ヒト8番染色体DNA塩基配列と解析
2006/01 Nature DNA sequence and analysis of human chromosome 8
チンパンジーY染色体塩基1270万個、韓日共同で完全解読…人類進化過程究明期待
2006/01 【日本語記事】 中央日報@韓国
Y染色体の差ゲノムより大 ヒトとチンパンジー比較
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
雄の性染色体、早く進化=ヒトとチンパンジー-日韓チーム
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
Y染色体、チンパンジーと人で1・78%の違い
2006/01 【日本語記事】 読売
DNA塩基配列:ヒトとチンパンジー、違い大きいY染色体--ゲノム全体より4割以上
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞







past 進化と遺伝子


ウィルスと人類の共進化 エイズをHIVウィルスで防ぐというアイデア
2006/03 Learning To Ignore Your Viruses. The Loom
2006/03 EurekAlert 'Accelerated evolution' converts RNA enzyme to DNA enzyme in vitro
 Experiment offers fresh insights into the origins of life on Earth
ヒトやネズミのトランスポゾン・フリー・エリア TFRs
 ヒト遺伝子の半数近くはジャンピング・ジーン由来 ソレが混じらぬ巨大な聖域がある
2006/01 EurekAlert Where 'jumping genes' fear to tread
 Researchers identify large tracks of DNA refractory to mobile element insertion

past 遺伝子のいろいろな機能・機構が探られていきます


2006/04 Nature Structural basis for broad DNA-specificity in integron recombination
遺伝子ノックアウトは、内耳の特定の地域で異なる効果を持つ
2006/04 EurekAlert Researchers learn more about ways to regenerate the ear's hearing cells
2006/04 EurekAlert Movement of chromosome in nucleus visualized
2006/04 EurekAlert Scientists discover a genetic switch that links animal growth and cancer
2006/04 EurekAlert Protein's role in hemoglobin gene silencing identified
臓器の左右決める2遺伝子を特定…東京理科大グループ
2006/04 【日本語記事】 読売
内臓の左右決定、遺伝子の働きカギ 東京理大教授ら発表
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
発生:ショウジョウバエの非定型ミオシンが内臓器官の左右性を逆転させる
2006/04 Nature An unconventional myosin in Drosophila reverses the default handedness in visceral organs
Shunya Hozumi, Reo Maeda, Kiichiro Taniguchi, Maiko Kanai, Syuichi Shirakabe, Takeshi Sasamura, Pauline Sp辿der, St辿phane Noselli, Toshiro Aigaki, Ryutaro Murakami and Kenji Matsuno
発生:ID型非定型ミオシンはショウジョウバエの左右非対称性を制御する
2006/04 Nature Type ID unconventional myosin controls left痿途ight asymmetry in Drosophila
たんぱく質:内臓の形に左右差生む 東京理科大教授が発見、臓器再生に応用の可能性
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
発生 : モータータンパク質が非対称性を生み出す
2006/04 【日本語記事】 Nature@日本
2006/03 EurekAlert Minimal genome should be twice the size, study shows
分子生物学:翻訳中に行方不明になったRNA
2006/03 Nature Molecular biology: RNA lost in translation
細胞:興奮性遺伝子制御回路は一過性細胞分化を誘導する
2006/03 Nature An excitable gene regulatory circuit induces transient cellular differentiation
2006/03 EurekAlert Imaging single molecules opens new way to study gene expression, protein production
2006/03 EurekAlert Molecule by molecule, new assay shows real-time gene activity
脊椎の部分形成メカニズム
2006/03 EurekAlert Stowers scientists demonstrate mechanism of vertebral formation
染色体は必ずしも不規則に分裂せず Chromosome Split Not Always Random
2006/02 【日本語記事】 Science日本版
2006/02 EurekAlert Genes involved in cell growth and cell division identified
2006/02 PhysOrg.com Scientists identify embryonic cell gene
細胞:ポリコーム群タンパク質EZH2はDNAメチル化を直接制御する
2006/02 Nature The Polycomb group protein EZH2 directly controls DNA methylation
遺伝学:コピー数はいくつ?
2006/02 Nature Genetics: Copies count
 いくつかの遺伝子は複数のコピーを持ち、そのコピー数は人によって異なる
 このバリエーションの種類によって、ある種の病気に対する抵抗力が変わるらしい
遺伝:Fcgr3のコピー数多型がラットおよびヒトにおいて糸球体腎炎の素因となる
2006/02 Nature Copy number polymorphism in Fcgr3 predisposes to glomerulonephritis in rats and humans
発生生物学:沈黙に通じる2つの道はつながっている
2006/02 Nature Developmental biology: Two paths to silence merge
専門細胞が世代を超えてアイデンティティを維持できるのは、必要な遺伝子以外を2本の経路で相続的に抑制しているから
遺伝:遺伝子調節へのボトムアップ・アプローチ
2006/02 Nature A bottom-up approach to gene regulation
2006/02 Nature DNA複製の秘密が明らかに 細胞はどのように自身のDNAをコピーするのか
2006/02 EurekAlert Study finds 60 new genes controlled by DNA snippet
分子生物学:複製開始の過程
2006/02 Nature Molecular biology: Prime-time progress
Insights into how replication begins and how this is coordinated with progression of DNA synthesis
come from a diverse range of sources.
遺伝:機能的ゲノミクスにより明らかになった、タンパク質の分泌とゴルジ装置の構造に関係する遺伝子
2006/02 Nature Functional genomics reveals genes involved in protein secretion and Golgi organization
Frederic Bard, Laetitia Casano, Arrate Mallabiabarrena, Erin Wallace, Kota Saito, Hitoshi Kitayama, Gianni Guizzunti, Yue Hu, Franz Wendler, Ramanuj DasGupta, Norbert Perrimon and Vivek Malhotra
生理:固有のノイズスペクトルを形作る遺伝子ネットワーク
2006/02 Nature Gene network shaping of inherent noise spectra
構造生物学:イプシロン15バクテリオファージの構造から明らかになったゲノムの組織化とDNAのパッケージング/注入装置
2006/02 Nature Structure of epsilon15 bacteriophage reveals genome organization and DNA packaging/injection apparatus
細胞:RNAポリメラーゼによるDNA複製のプライマー合成機構
2006/02 Nature The mechanism of DNA replication primer synthesis by RNA polymerase
細胞:DNA複製においてDNAプライマーゼは分子レベルのブレーキとして働く
2006/02 Nature DNA primase acts as a molecular brake in DNA replication
劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
劣性遺伝子のスイッチ「オフ」=植物のメチル化現象発見-奈良先端科学技術大など
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
母性遺伝の仕組みを解明 ミトコンドリアのDNA_
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
2006/01 EurekAlert Cracking the genetic code for control of gene expression
2006/01 EurekAlert Molecule does more than slice and dice RNA
 Key molecule involved in RNA interference

遺伝子機能:DNA修復機構


2006/04 EurekAlert Enzyme crystal structure reveals 'unexpected' genome repair functions
2006/03 EurekAlert 'Genetic network' guards against lethal DNA damage
2006/02 PhysOrg.com New understanding of DNA repair
 repair-coupling factors are made up of ‘modules’ that are found in many other proteins.
2006/02 EurekAlert Chromosome rearrangements not as random as believed
細胞:γH2AXを脱リン酸化するホスファターゼ複合体が、DNA損傷チェックポイントの回復を制御する
2006/01 Nature A phosphatase complex that dephosphorylates [gamma]H2AX regulates DNA damage checkpoint recovery
DNA修復試薬:新薬を開発 バイオ研究に不可欠--原子力機構
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
2006/01 EurekAlert Common enzyme is a key player in DNA repair

遺伝子機能:ゲノムインプリンティング  エピジェネティクス


遺伝と環境の相乗作用、それぞれ単独より健康への影響多し
2006/03 EurekAlert Combined, genes and environment affect health more than they do alone

クローン幹細胞は、培養幹細胞と変わらない DNAで見る限りはね
2006/01 EurekAlert Cloned stem cells prove identical to fertilized stem cells
2006/01 New Scientist Stem cells from cloned embryos keep genetic integrity

科学なポッドキャスト:Stem Cell Update  論文筆頭著者インタビュー
 ~Science Friday Podcast 【podcast 音声】【英語】MP3 約8分
  クローン動物でこんなに障害は頻発しているのに
  クローン細胞に違いがない どこでオカシクなっているのか
  やっぱゲノムインプリンティングなんだろうな


past 寿命 老化 テロメア


細胞:テロメアでのDNAの半保存的複製にはTaz1が必要である
2006/04 Nature Semi-conservative DNA replication through telomeres requires Taz1
2006/01 EurekAlert RNAi and telomere length
 Drosophila RNAi machinery regulate the transposition of these telomeric retrotransposons

past ジャンクDNA?


2006/04 BBC News Salvage prospect for 'junk' DNA
 According to a team from IBM, a mathematical analysis of the human genome suggests that so-called "junk DNA" might not be so useless after all.
ジャンクDNAから明らかになるレアな遺伝病の機序
2006/02 New York Times Scientists Sort Through 'Junk' to Unravel a Genetic Mystery
2006/01 EurekAlert Missing steps of jumping-gene replication discovered
 how 'junk' DNA accumulates in the human genome

past 遺伝子の解析


遺伝子の解析 :植物の遺伝子


開花期を左右する単一遺伝子にみる自然淘汰
2006/04 EurekAlert Natural selection at single gene demonstrated
コメを稲穂にとどめる変異を特定、農業生物資源研
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
イネの実落とす遺伝子発見、インディカ米収量増へ期待
2006/04 【日本語記事】 読売
実が落ちない遺伝子を特定 ジャポニカ米で農業生物研
2006/04 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
ジャポニカ米:もみを落ちにくくする遺伝子発見--農業生物資源研
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
イネを守る遺伝子解明 ケイ素吸収の鍵握る
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
植物:イネのケイ素輸送体
2006/03 Nature A silicon transporter in rice
Jian Feng Ma, Kazunori Tamai, Naoki Yamaji, Namiki Mitani, Saeko Konishi, Maki Katsuhara, Masaji Ishiguro, Yoshiko Murata and Masahiro Yano
植物 : ケイ素輸送体が見つかった
2006/03 【日本語記事】 Nature@日本
2006/03 EurekAlert Climate change: The rice genome to the rescue
2006/03 Discovery Wine Grape Genome Sequence
 Pinot Noir becomes the first fruit, and only the second food crop, to have its genome mapped.
種子がはじけにくいイネの起源 Origins of Shatterproof Rice
2006/03 【日本語記事】 Science日本版
Ramosa2は、トウモロコシの枝分裂組織で細胞運命を決定する
2006/01 EurekAlert The evolution of food plants: Genetic control of grass flower architecture
「助けて~」と植物に害虫の天敵を呼ばせる遺伝子
2006/01 PhysOrg.com 'Cry for help' gene identified in plants
2006/01 news@nature.com Ancient genetic tricks shape up wheat
Turning back the evolutionary clock offers better crops for dry regions.

遺伝子の解析 :霊長類の遺伝子


2006/02 EurekAlert Researchers assemble second non-human primate genome

遺伝子の解析 :ネズミの遺伝子


2006/03 EurekAlert Powerful new tool for studying brain development
 mouse Brain Gene Expression Map (BGEM)
 URL BGEM Website @ Brain Gene Expression Map

遺伝子の解析 :犬の遺伝子


遺伝子の解析 :鳥の遺伝子


遺伝子の解析 :魚の遺伝子


遺伝子の解析 :虫とかの遺伝子


2006/04 EurekAlert K-State researchers study gene regulation in insects
2006/04 EurekAlert Gene needed for butterfly transformation also key for insects like grasshoppers
遺伝学的な適応と母集団力学に対する環境の効果
 Glanville ヒョウモンチョウ~フィンランド  the gene phosphoglucose isomerase (Pgi)
2006/04 EurekAlert Environmental effects on genetic adaptation and population dynamics
節足動物のコーディング 血統内の遺伝学的コード変化は思ったより頻繁かも
2006/04 EurekAlert Coding for arthropods - what's so special about insects and spiders?
2006/04 PhysOrg.com Fruit fly 'spineless' gene studied

遺伝子の解析 :ほか動物の遺伝子


イソギンチャク遺伝子は、ボディプランのために多才な建築用ブロックを現す
2006/03 EurekAlert Anemone genes reveal versatile building blocks for body plans
ミジンコの遺伝子を解析いたしました
2006/01 EurekAlert Genome sequencing is for ecologists, too
2006/01 PhysOrg.com Illinois pig part of swine genome project
 A pig will have its DNA provide the first sequence of the swine genome.

遺伝子の解析 :微生物の遺伝子


2006/03 EurekAlert Mutation in a single gene switches a fungus-grass symbiosis from mutualistic to antagonistic
線虫(C.elegans)の遺伝子相互作用を全ゲノム的に予測する
Genome-Wide Prediction of C.elegans Genetic Interactions
2006/03 【日本語記事】 Science日本版

科学なポッドキャスト:Oil From Farms and a DNA Detective 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 30分
Current Science & Technology Podcast ~ボストン科学博物館
This week, we’ll look at how the leftovers from what you eat might soon be in your gas tank.
We’ll also get a visit from an MIT researcher who’ll tell us about some DNA detective work he’s doing on tiny ocean organisms.

 後半:海洋微生物のゲノム解析
 多くの細菌や微生物は培養方法も生育環境もわからない。調べるには遺伝子解析が手っ取り早かったりする。
 世の中の大半の遺伝子は機能も何もわからない状態。
 異なる生物からの新たな遺伝子の発見と研究は大きな可能性を秘めている。


遺伝 : 汚泥から得られた汚水処理細菌のゲノム
2006/04 【日本語記事】 Nature@日本
植物:海洋性の浮遊細菌と古細菌の間でのプロテオロドプシン遺伝子の水平伝播
2006/02 Nature Proteorhodopsin lateral gene transfer between marine planktonic Bacteria and Archaea
科学なポッドキャスト:Nature Podcast: 26 January 2006
 日本の研究者によるインフルエンザウィルスの解析 【podcast 音声】【英語】MP3 約24分
遺伝子の取り込み方解明=A型インフルエンザ、新薬期待-東大・北大
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
8本の遺伝子規則的に配置 A型インフルエンザ
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
インフルエンザ:8種1組でウイルスに 東大グループ、遺伝子を解明
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
医学 : インフルエンザウイルスの内部構造が明らかに
2006/01 【日本語記事】 Nature@日本
2006/01 EurekAlert Mining for gems in the fungal genome
 the team pinpointed the genes responsible for creating dozens of secondary metabolites, a class of compounds that make good drug candidates
耐性菌のゲノム 非発酵陰性桿菌 Acinetobacter baumannii
2006/01 EurekAlert Supersized 'island' of resistance genes discovered in an infectious bacterium

past 古代DNAの復元


マンモスの遺伝子解析
2006/02 PhysOrg.com Scientists Sequence Complete Genome of Woolly Mammoth


 以上、 →2006年1月~4月の記事でした


→ 「遺伝子、DNA、ゲノム」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー