科学と社会:
2006年

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 12


京都大学防災研究所21世紀COEプログラム 『サテライト連続講義』動画配信中
2006/12 【日本語記事】読売 論文ねつ造疑惑、東大・多比良教授と助手を懲戒解雇
 実験結果を十分にチェックせず、助手らにデータを管理させる責任も果たさず
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 東大論文問題:多比良教授を懲戒解雇 「信ぴょう性ない」−−実験担当の助手も
2006/12 【日本語記事】中央日報@韓国 東京大、論文ねつ造容疑の教授を解雇
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 英科学誌ネイチャー:新月刊誌を創刊 日本に編集拠点
 ネイチャーフォトニクス
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 米サイエンス誌:今年最大の成果、「ポアンカレ予想」の解決−−10大ニュース発表
数学界の難題「ポアンカレ予想」の解決。番外で黄禹錫。ポアンカレ予想は1904年、フランスの数学者ポアンカレが提出した「単連結な三次元閉多様体は三次元球面に同相である」という仮説。ロシアの数学者ペレリマン博士が02年に証明したと発表したが、欠落部分を中国人数学者2人が今年、補った。続いて、ネアンデルタール人とマンモスの化石から取り出された遺伝情報解読。3位は南極とグリーンランドの氷床が急速に失われている分析。(4)関節のあるヒレを持った魚の化石発見(5)反射と影の生成を抑え物体を視界から消す「透明マント」の実現に道(6)失明を起こす加齢黄斑変性症の遺伝子発見(7)生物多様性が生まれる遺伝的変化の解明(8)細胞やたんぱく質の微細構造を見る顕微鏡の開発(9)脳が新しい記憶を記録する仕組みの解明(10)遺伝子の発現を止める低分子RNAの発見。

2006/12 【日本語記事】読売 論文データねつ造の教授、大阪大が懲戒解雇
2006/12 【日本語記事】東亜日報@韓国 米国で理工系博士取得の韓国人、70%以上が帰国に否定的
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 科学論文発表問題専用ブログの立ち上げ
 過去・現在・未来の論文著者用 Nautilus
 ピアレビュー査読従事者、およびピアレビュー関連コメント用 Peer-to-Peer
日本の血液型性格判断というトンデモ科学とマツザカダイスケ
 日本から来たメジャーリーガーはみんなO型/イチローはBだけど
 まあ、星占いみたいなもんだね
2006/12 New York Times Blood, Sweat and Type O: Japan's Weird Science
2006/12 【日本語ブログ】 日本人メジャーリーガーと血液型 My Major History
2006/12 【日本語記事】朝鮮日報@韓国 今年の韓国科学技術10大ニュース、第1位は…
 1:世界初、線幅40ナノ容量32ギガバイトのフラッシュメモリー〜サムスン電子
 2:人工衛星アリラン2号 韓国初宇宙飛行士
 3:黄禹錫捏造捜査
 4:導電性プラスチック
 5:北朝鮮核実験
2006/12 【日本語記事】 毎日新聞 女性研究者:10万人超 全体の12%、なお低く−−総務省調査

 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「特許制度は医療科学の進展をはばんでいるか」 MP3ファイル 14分
Patents and Scientific Progress
 Are patents hindering scientific progress?
 2006/12/01   サイエンス・フライデイ Science Friday

 特許制度は必要悪か。
 さまざまな分野で、科学や技術、医療の進展のさまたげになっている特許制度。
 コンピュータの最適化をさまたげ、心理学研究の障害になり、遺伝研究や医療現場で袋小路を生み出している。
 科学・医療倫理の法律家ロリ・アンドルーズ インタビュー。

SCIENCE AND LAW: When Patents Threaten Science  Lori Andrews, Jordan Paradise, Timothy Holbrook, and Danielle Bochneak   Science 1 December 2006: 1395-1396.

  → 『バイオテクノロジーの経済学にパテントプールは無理?』


 『ヒト・クローン無法地帯:生殖医療がビジネスになった日』 ローリー・B.アンドルーズ 紀伊国屋書店 2000/08(1999/The Clone Age)
 『人体市場 商品化される臓器・細胞・DNA』 L.アンドルーズ/D.ネルキン著 岩波書店 2002/09(2001/Body Bazaar)
※ ドロシー・ネルキン 2003/06 享年69才


2006/12 【日本語記事】薬事日報社 社説:生命科学に興味を持つ理科教育を

past11


2006/11 【日本語記事】 ジェンダー視点による学術と社会の再構築提言
〜日本学術会議の「学術とジェ ンダー委員会」
黄禹錫事件は防げたか
2006/11 EurekAlert Committee review of stem-cell fraud finds editors followed all rules
幹-細胞詐欺の委員会再考は、発見する — 編集者が全ての規則に従ったと
2006/12 【日本語記事】goo/読売 米サイエンス誌が論文の審査厳格化、韓国の不正受けて
2006/11 【日本語記事】 中央日報@韓国 サイエンス「韓国の論文、さらに徹底的に検証」
2006/11 New Scientist 'iTunes approach' could aid scientific discovery
『iTunesアプローチ』は、科学的発見を援助することができた
Software that creates links between scientific papers, based on a smart analysis of their content, is being developed in the UK.
{科学的な論文(彼らの内容の高性能な分析に基づく)の関連を生み出す} ソフトウェアは、英国で開発されている。
ネアンデルタールのDNAをゲットしたぞ こないだはアナグマも
 じゃあ「ブタクマ人」まであとちょいじゃないか
 さっそく「ブタクマ人」狩りにアル・ゴアが出動だ! 〜サウス・パーク
2006/11 John Hawks Anthropology Weblog : Quote of the day
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 ナノテクノロジー : 安全のための5つの課題
2006/11 Scientific American Bowling for God
信仰は、社会のために良いか?
科学の決定的な答え:それは、場合による By Michael Shermer  マイケル・シャーマー
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 論文不正、研究費返還請求が可能に 8府省が指針改定
四足歩行一家:四足歩行家族のその後
2006/11 BBC News Family Walks on All Fours, May Offer Evolution Insight, Experts Say
2006/11 PBS channels/NOVA Family That Walks on All Fours
「アフリカ人は頭が悪いから遅れているのだ」と主張して大顰蹙を買うサトシ・カナザワ
 Satoshi Kanazawa@The London School of Economics
2006/11 Guardian Low IQs are Africa's curse, says lecturer*
「貧困や病気より、むしろ低IQレベルが、短命と高乳児死亡率の理由である」
126の国でIQを比較:健康最悪の国が最も低知性と主張
2006/11 【日本語記事】 中央日報@韓国 黄禹錫元ソウル大教授が罷免処分取消請求訴訟
2006/11 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国 【論文ねつ造】黄禹錫氏「ソウル大罷免は不当」
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 イスラムと科学:イスラム世界は科学の低迷に甘んじるべきか
2006/11 news@nature.com Science and the Islamists
Muslim countries stand to gain much from science but will fail to do so if fundamentalists repress openness. Chronic neglect by Arab leaders doesn't help either.
2006/11 news@nature.com Islam and Science: An Islamist revolution
Islamist political parties are taking over from secular ones across the Muslim world. What does this mean for science at home and scientific cooperation with the West? Ehsan Masood investigates.
2006/11 news@nature.com Islam and Science: Oil rich, science poor
The wealthy Arab states offer scant support for science and technology. Jim Giles finds out whether this indifference to research is likely to change.





past10


ファン黄禹錫先生、マンモスのクローンを計画していたとき、ロシアのマフィアにポケットマネー渡していたよ!
2006/10 ABC@オーストラリア Korean scientist paid mafia for mammoth
2006/10 news@nature.com Scientists suffer human-rights abuses
Around the world, researchers are being harassed, imprisoned and murdered.
●ネット科学と信仰、あなたのポジションはクイズ:Worldview Quiz
 がんばって回答すると、「有名人のポジションはこれ」が拝見できます。
科学の世界にみられる性急な排他性
2006/10 ABC@オーストラリア Scientists 'too quick' to judge outsiders
2006/10 【日本語記事】 Nature@日本 中間選挙騒動:米議会中間選挙での科学という切り札
2006/09 The Capital Times  Science Hindered, Hurt by Bush Administration

 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「サイエンス・ショー」 MP3ファイル 50分
Science Show 2006-10-14
27:05 お笑い科学ライブ
 ネット Ig Nobel Prizes 2006, イグノーベル賞授賞式
 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

2006/10 【日本語記事】 cnn.co.jp 「直腸刺激でしゃっくり止める」に、イグ・ノーベル医学賞
○鳥類学賞:「頭を振り続けるキツツキはなぜ頭痛に見舞われないのか」○栄養学賞:「フンコロガシの食嗜好についての研究」肉食動物よりも草食動物の糞を好み、草食動物の中でも、馬が一番で、続いて羊、ラクダの糞の順に好み○平和賞:高周波雑音発生装置「モスキート」若者だけに聞こえる高周波の雑音を利用した「若者よけ」の装置だったが、若者がこの機能を逆に利用。授業中の教室内でも教師に知られない携帯電話の着信メロディとして、欧米で大流行。 ○音響学賞:「爪で黒板をひっかいた時に発生する音が嫌われる理由についての実験」○数学賞:「グループ写真を撮る際、目を閉じた人が1人もいない写真を撮るためには、何枚撮影する必要があるか」○文学賞:「必要性に関係なく用いられる学問的専門用語がもたらす影響について──不必要に長い単語の使用における問題」同氏の研究報告書の題が、不必要に長い単語を用いている。 ○医学賞:「直腸刺激による、しつこく続くしゃっくりの停止」○物理学賞:「乾燥スパゲティを曲げると、しばしば2つ以上の部分に折れてしまうのはなぜか」○化学賞:「温度影響を受けるチェダーチーズの超音波速度」○生物学賞:「マラリア媒介蚊のメスが、リンブルガー・チーズと人間の足のにおいを好むこと」ガンビアハマダラカ/ベルギー産のチーズ「リンブルガー」

2006/10 【日本語記事】 asahi.com 「教師に聞こえない携帯着信音」にイグ・ノーベル平和賞
2006/10 news@nature.com Ig Nobel diary
2006/10 National Geographic 2006 Ig Nobels Reward Research in Hiccups, Poop, and Bad Writing
2006/10 BBC News Teen repellent is Ig Nobel winner
2006/10 New Scientist Ig Nobel prizes hail 'digital rectal massage


日本学術会議 科学者の行動規範に関する検討委員会
 第20期に公表した勧告・要望「2006/10/3 第149回総会声明 科学者の行動規範について」

past 09


2006/09 【日本語記事】 中央日報@韓国 「黄禹錫元教授の弟子4人、論文データ重複」
スタートレックはこんなに世の中を左右しております
2006/09 Discovery 'Star Trek' Behind Many Tech Advances
2006/09 【日本語記事】 中央日報@韓国 黄禹錫氏弟子らにも論文ねつ造の疑惑
2006/09 【日本語記事】 毎日新聞 女性研究者:昇進で差別 博士号3割、教授15% 全米科学アカデミーが改善勧告
コンセント利用の電力線ネット、解禁へ 天文学者ら反対
 高速電力線通信(PLC):短波放送への混信や天文観測の妨害が起きる恐れ
2006/09 【日本語記事】 asahi.com
天文学者、「あきれる」 電力線通信に反対やまず
 すでに巨額の投資をしており後に引けない。検討開始から6年がたっている
2006/09 【日本語記事】 asahi.com
2006/09 【日本語記事】 読売 理研遺伝子情報流出、NTTデータ社員のウィニー通じ
2006/09 【日本語サイト】産業技術総合研究所  遺伝子組み換え生物等の使用等についての文部科学省からの厳重注意について
日本の株式市場で足をすくわれた外資系バイオテク企業
 初めて上場した外資系バイテク企業、制度のせいで八方ふさがり
2006/09 Nature Digest 【日本語PDF:Stuck in the middle
東大の女性教授の割合、全大学平均の3分の1
2006/09 【日本語記事】 読売
遺伝子組み換えマウスへの不適切対応、文科省が注意
2006/09 【日本語記事】 読売
 適切表示せずマウス飼育、逃亡防止設備も設置せず@産業技術総合研究所
 遺伝子組み換えエイズウイルスをテキトーに作成@琉球大学
遺伝子組み換え生物:産総研と琉球大が不適切使用
2006/09 【日本語記事】 毎日新聞
性差別@イギリスの科学研究者
2006/09 EurekAlert Mind the gap! Discrimination contributes to science pay disparity
差別は、科学における支払い格差の一因となる
黄禹錫指導の学生も修士・博士論文に多くの疑惑
 チームに属した研究員たちの修・博士の学位論文9編で写真、データ操作疑惑
2006/09 【日本語記事】 中央日報@韓国

past 08


研究者の不正行為、全国55大学で…学術会議が調査
2006/08 【日本語記事】 読売■
今年5月、全国の国公私大1187校にアンケートを送付。1996年以降の不正行為について調査し、541校から回答。不正行為の疑義があった大学は10・2%にあたる55校。問題化した例は71件、69%にあたる49件がその後の調査で「実際に不正があった」。49件のうち、研究費の不正使用が24件で最多、次いで論文盗用の15件。同会議に参加する1296学会にも同じアンケートを行ったところ610学会が回答。うち16・7%にあたる102学会で、過去に不正行為が問題になったことがあると答えた。問題になった不正126件の61・1%にあたる77件は、実際に不正があったと認定された。論文の多重投稿が最多の47件で、次いで盗用が16件だった。

大学に眠る研究成果「発掘」チーム設置へ 医・薬学系
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
約10人からなる専門チームを、文科省が5〜10の大学に置く。大学は公募する。日本の医療分野では基礎研究で論文を書くことが評価され、治療などに役立ちそうな成果が出ても、実用化に至らない例が少なくない。チームはその大学だけでなく、周辺にある他大学の研究成果についても支援する。

2006/08 EurekAlert Computer scientists lay out vision for a 'science of the Web'
コンピューターサイエンスの専門家による『ウェブの科学』展望
Tapping full potential of the Web will require new interdisciplinary field
最大限のポテンシャルをウェブから取り出すことは、新しい学際的なフィールドを要求することになる
科学の健全性、危機に瀕する パトロンやスポンサーを隠すなよ
2006/08 New Scientist Integrity of science is in jeopardy

past07


松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
2006/07 【日本語記事】 asahi.com
科学革命は、シンプルかつラディカルな新しい発端ではなく、既存の知識の組み替えからなりたっている
 〜マックスプランク
2006/07 EurekAlert Anatomy of a scientific revolution
2006/07 EurekAlert Percentage of women leading medical research studies rises, but still lags behind men

past 06


新たな査読制度の試み
2006/06 Nature Peer Review : Web Focus : Nature
産学官の出会いのポータルサイト(場)「e-seeds.jp(イーシーズ)」の開設について
 独立行政法人科学技術振興機構のホームページ「産学官の道しるべ」内
2006/06 【日本語記事】 文部科学省
「韓国の科学論文件数、世界14位」
2006/06 【日本語記事】 中央日報@韓国
科学技術論文件数、韓国は世界12位
2006/07 【日本語記事】 中央日報@韓国
科学技術論文の数…韓国12位・日本3位
2006/07 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国
2006/06 EurekAlert Anthropologists escape into the wider world
2006/06 EurekAlert Potentially 1000s of 'brain drain' scientists would help home countries if system to do so created
女性研究者:育児と両立へ「実験」 支援へ国が補助金、10大学でモデルづくり
2006/06 【日本語記事】 毎日新聞
科学技術の情報網羅 ウェブサイトがスタート サイエンスポータル
2006/06 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)

past 05


科学なポッドキャスト:科学と宗教、地球温暖化対策で協力 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 2分
Science and Religion

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。ネット Earthwatch Radio
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
捏造してないと提訴 阪大の論文不正で研修医
2006/05 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
第1回科学ジャーナリスト大賞に毎日新聞の元村記者
2006/05 【日本語記事】 asahi.com
科学ジャーナリスト賞:毎日新聞・元村記者に大賞 長期連載「理系白書」で評価
2006/05 【日本語記事】 毎日新聞
中国の理系論文を日本語DB化、今秋から公開 独立行政法人科学技術振興機構
2006/05 【日本語記事】 読売
数学研究ピンチ 論文、米の5分の1 博士号は6分の1
2006/05 【日本語記事】 asahi.com
オープンアクセスでアップする引用頻度とビジビリティ
2006/05 EurekAlert Free access to science speeds its use

文明崩壊は受賞ならず
2006/05 BBC News Electric book wins science prize

 → 『科学本2005年ベスト(2006年アヴェンティス賞)』


黄禹錫氏詐欺・横領の疑いで在宅起訴…ES細胞最終捜査結果発表
2006/0512 【日本語記事】 中央日報@韓国
【論文ねつ造】黄前教授、詐欺・横領容疑で在宅起訴
2006/0512 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国
黄禹錫博士、論文ねつ造指示…28億詐欺—横領
2006/05 【日本語記事】 東亜日報@韓国
ES細胞:黄元教授、在宅起訴 「存在せず」断定−−ソウル地検
2006/0512 【日本語記事】 毎日新聞
2006/0512 BBC News S Korea scientist on fraud charge
2006/0512 news@nature.com South Korean cloners indicted

 韓国幹細胞騒ぎの記事は多すぎるのでこっちによけてあります
  韓国ES細胞スキャンダル10:捏造騒ぎの検察捜査2


発明特許料の減免措置を拡大、若手研究者や学生にも
2006/05 【日本語記事】 読売
多比良教授らの処分検討=論文不正疑惑−東大
2006/05 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
東大、多比良教授らの処分を検討へ…論文不正疑惑
2006/05 【日本語記事】 読売
東大の論文不正疑惑、教授ら2人を「懲戒相当」に
2006/05 【日本語記事】 読売
東大論文問題:多比良教授は懲戒相当 不正疑惑「東大の名誉傷つけた」−−調査委結論
2006/05 【日本語記事】 毎日新聞
2006/05 news@nature.com  Girl guides go for launch
 Space challenges aim to entice young women into science.
東大の論文不正疑惑、教授ら2人を「懲戒相当」に:多比良教授と助手
2006/05 【日本語記事】 ヤフージャパン(読売新聞)

past 04


若い研究者+少ない費用=国際的評価の論文
2006/04 【日本語記事】 読売
注目論文を生み出した研究費は1万円から103億円と幅広かった。そのリストの真ん中にいる研究者の受給額は490万円程 度で、受給額で最も多いのは100万円だった。研究費の出所については、政府の競争的研究資金を使った研究者が61%に上った。

神戸大教授が実験捏造、特許出願 ダイヤモンドを使った工具の発明
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
ブッシュ大統領、科学教育の重要性を強調
2006/04 【日本語記事】 asahi.com(SiliconValley.com)
2006/04 EurekAlert HHMI's experiment in changing scientific culture
“遺伝子スパイ事件”で訴追手続き1年間保留
2006/04 【日本語記事】 読売
アヴェンティス賞ノミニー、6点に絞り込まれました 最終発表は5月
2006/04 BBC News Titles collide for Aventis Prize
 → 『科学本2005年ベスト(2006年アヴェンティス賞)』
論文引用数、国内トップは東大 世界では13位
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
科学者は自律的行動を 不正防止で学術会議が規範
2006/04 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
論文不正疑惑の東大教授と助手、文科省が研究費停止
2006/04 【日本語記事】 読売
論文不正疑惑で東大教授の研究費交付停止 文科省
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
2006/04 news@nature.com Further accusations rock Japanese RNA laboratory
研究上の熾烈な競争が科学の不祥事を引き起こす
2006/04 EurekAlert Americans love competition, but is it pushing our scientists too far?
北大教授のセクハラ、自主退職で処分できず
2006/04 【日本語記事】 読売
科学技術をわかりやすく…伝え手育成の研修開始へ 日本科学未来館「科学コミュニケーター」育成事業
2006/04 【日本語記事】 読売
日本の新種を堀り起こしへ 国立科学博物館
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
科研費「繰り越し」緩和、研究への柔軟配分認める
2006/04 【日本語記事】 読売

past 03


北大教授にセクハラ諭旨解雇処分通知、本人は否定 沢口俊之
2006/03 【日本語記事】 読売
北大教授、女性職員に関係迫る=処分決定前に辞職願
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
北大が沢口教授に解雇通知 セクハラで
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
 さあ、彼はどこへ行くのかな

URL2006/04 5号館のつぶやき : 北大教授のセクハラ処分


産総研、東大教授の処分せず 論文捏造疑惑
2006/03 【日本語記事】 asahi.com
多比良教授の契約更新せず 論文疑惑で産総研
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
不正論文疑惑、産業技術総研が教授と契約更新せず 研究センターも近く廃止
2006/04 【日本語記事】 読売
東大論文問題:多比良教授と契約更新せず−−産総研
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
東大論文問題:多比良教授が4本取り下げ
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
「信頼性なし」東大・論文不正疑惑、調査委が最終報告
2006/03 【日本語記事】 読売
多比良教授らの論文、調査委「再現性、信頼性ない」
2006/03 【日本語記事】 asahi.com
東大論文問題:多比良教授論文「信頼性はない」 東大が最終報告書
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
極めて捏造に近いと報告 論文疑惑で東大調査委
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)

ノーベル賞論文もネット公開 科学技術振興機構  (含む南方熊楠論文)
2006/03 【日本語記事】 asahi.com

URL Journal@rchive


東大論文問題:規範委を設置、告発受け付け
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
月刊PDFマガジン BTJジャーナル   2006/03「論文ねつ造問題」(PDFファイル)
2006/03 New Scientist Genes, money and the American quest for identity

最近の人類進化と四足歩行家族について カール・ジンマー vsニコラス・ハンフリー
2006/03 This Week in Human Evolution. The Loom
 乳糖不耐やマラリア抵抗の人種差
 はてはイネやキャッサバの食餌に適した進化もあるのかもしれない
 ここ数千年の間に進化した「脳に関する遺伝子」2個も確認されている
 とはいえ、二足歩行は比較にならないほどの複雑な進化の結果
 だいたい盲目の子が生まれたらそれを退化だとみなすのか?
 BBCが放送する予定の特番とその意図は   この家族をいじることでもうけるのは誰なのか
 科学ジャーナリズムにおける倫理喚起

2006/03 BBC特番「四足歩行一家」


「ゲノム」の理解は15% 山梨大教授ら調査_
 ゲノム(ある生物の遺伝情報全体)という言葉の意味を理解している人は15% 山縣然太朗・山梨大教授(社会医学)らの国民意識調査。 05年11月、全国の約4000人に質問紙を郵送。回収率54%。 「ゲノム」という言葉を全く知らなかった人が30%、意味を理解しているという人は15%。 「DNA」は知らない人が1%、意味を理解している人が55%。 医療に応用するゲノム研究については70%が賛成、1%が反対、29%はどちらともいえない。 薬の効きやすさを判定するための遺伝子検査を受けたいと答えた人は66%。 研究のためには自分自身の血液を提供してもいいという人は39%。

2006/03 【日本語記事】 asahi.com
「ガン医療」「ロボット」…62科学技術、集中投資へ
2006/03 【日本語記事】 読売
研究のねつ造・改ざん防げ、東大が不正防止規定を作成
2006/03 【日本語記事】 読売

講談社、ブルーバックス2点を回収・絶版
2006/03 【日本語記事】 asahi.com
ブルーバックス2冊を回収=講談社
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
ブルーバックス2点を回収・絶版、盗用発覚
2006/03 【日本語記事】 読売

2006/03 盗作の境界はどこ「科学史から消された女性たち」事件
2006/03 フェミニズム(?)の逆鱗に触れた大江秀房本


またまた捏造発覚!
Breaking news:
BUBBLE FUSION: SILENCING THE HYPE
2006/03 Nature reveals serious doubts over claims for fusion in collapsing bubbles.
東大教授の論文不正、産総研調査委が特許取り下げ要求
2006/03 【日本語記事】 読売
東大論文問題:「不正否定できず」−−産総研が訂正勧告
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
多比良氏を処分へ=管理責任問い産総研−RNA論文の不正疑惑
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)

past 02


不正論文の防止ルールを要請 8府省や研究機関に
2006/02 【日本語記事】 asahi.com
ES細胞の国際研究に指針 捏造防止に有識者提言
2006/02 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
影響力の大きい論文ランキング、阪大教授が世界1位_
 学術情報サービス会社「トムソンサイエンティフィック社」(本社・米国) ランキング(04〜05年度) 11本の論文が入った大阪大の審良(あきら)静男教授(免疫学)が世界1 新潟大の田村詔生(のりお)教授(物理学)が8本(米国研究者と同数)で2位 ランキングは、04〜05年度に発表された論文で、直近の05年9〜10月の2カ月のうちに他の研究者に引用された回数を、22の研究分野ごとに分析。上位0.1%に入った論文数を比べた。 このほか、日本からトップ21に、東京工業大の渡辺靖志さん、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の羽澄(はずみ)昌史さん、名古屋大の飯嶋徹さんら計5人が入った。国別の人数で日本は、計10人が入った米国に次いで2番目に多かった。

2006/02 【日本語記事】 asahi.com
論文引用:審良静男・阪大教授の論文、世界最多
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
知的所有権法と伝統的知識 伝統的知識保有者のための効果的な法的保護はいかに
2006/02 EurekAlert Intellectual property law and the protection of traditional knowledge
小さなことからコツコツと 
 タンパク質研究からいつかはでかいナノテク開発ができるよともくろむ安藤敏夫@金沢大学
2006/02 PhysOrg.com Japan expecting more from its academics
「超常現象と科学」で人気集めるラジオ番組
2006/02 【日本語記事】 ワイアードジャパン
知的所有権の制度上の比較分析 特許は、バイテク市場の重要な一部である
2006/02 EurekAlert A comparative institutional analysis of intellectual property
ナラティブの欠落@科学教育
 良い物語が科学の裏にある、しかし、アメリカの教室では誰もそれを語っていない
2006/02 EurekAlert Science education lacks a good narrative
カーク船長のクローンと盗聴者 日本発テレクローニング!
2006/02 EurekAlert Captain Kirk's clone and the eavesdropper
量子テレクローニングのデモに成功
2006/02 【日本語記事】 スラッシュドットジャパン
2006/02 New Scientist Quantum teleporter creates laser beam clones
論文データ不正、阪大2教授停職…他にも3本ねつ造?
2006/02 【日本語記事】 読売
<阪大医学論文ねつ造>教授2人を停職処分 研究員は戒告に
2006/02 【日本語記事】 ヤフージャパン(毎日新聞)
5号館のつぶやき   大阪大学の論文ねつ造事件処分
科学ジャーナルは信頼し難いが、立証するのも困難であって*
2006/02 New York Times Reporters Find Science Journals Harder to Trust, but Not Easy to Verify
論文捏造疑惑問題 多比良教授、東大に協議の場を要求
2006/02 【日本語記事】 asahi.com
論文不正疑惑で東大、調査続行と多比良教授に回答
2006/02 【日本語記事】 読売
東大論文問題:多比良教授、再調査を要望
2006/02 【日本語記事】 毎日新聞
論文不正疑惑、東大に調査停止を要求…多比良教授側
2006/02 【日本語記事】 読売
科学技術・学術審:研究不正防止へ特別委
2006/02 【日本語記事】 毎日新聞
アメリカのメディアにおける人類学今昔
2006/02 Anthropology News 47(2) Anthropology's Past and Present in American Media
By Micaela di Leonardo

past 01


フランスでは人類学が終焉を迎えているって!?
 人類学者を150人雇用しているフランスの大手研究機関、「研究論題から人類学を削除することを考慮中」
2006/01 The end of anthropology in France! | Anthropology.net
タイラーズ
2006/01 news@nature.com Scientist faces irreproducible results
RNA researcher defends experiments others have found impossible to repeat
東大論文問題:不正有無「難しい」 東大側、苛立ちと不快感
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
東大論文問題:実験、ずさんな実態 助手任せ、記録ノートなし
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
「実験再現できず」論文不正疑惑で東大が調査結果発表
2006/01 【日本語記事】 読売
東大教授論文、実験を再現できず 調査委報告
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
再実験性確認できず=多比良教授らのRNA研究−4論文の報告書・東大調査報告書
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
東大論文問題:「再現性認められず」 多比良教授、懲戒処分も−−大学調査結果
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
冬野いち子レポート
2006/01 news@nature.com Scientist faces irreproducible resultsハ
 RNA researcher defends experiments others have found impossible to repeat.
2006/01 PhysOrg.com Japanese scientist suspected of fabricating papers
東大論文問題:全学生25人、移籍へ−−多比良研究室
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
最近は画像の改変や捏造が大変簡単で困りますねぇ
2006/01 New York Times It May Look Authentic; Here's How to Tell It Isn't*
フィリップ・モリス
2006/01 news@nature.com Tobacco giant sponsors work on DNA repair ハ
Has Philip Morris broken its promise not to fund medical research?
たてまえは情報の共有 — 実際は、秘密主義がいまやあたりまえに科学の一部
2006/01 PhysOrg.com(UPI) Scientists study scientific secrecy
OECD、論文操作防止指針作成へ
2006/0126 【日本語記事】 中央日報@韓国
科学上の不正防止、OECDが国際ルール提言へ
2006/01 【日本語記事】 読売
科学雑誌:創刊60年の「遺伝」がリニューアル
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
多比良教授の処分濃厚…東大調査委、論文再現できず
2006/01 【日本語記事】 読売
ランセットに捏造論文を載せたノルウェーの科学者、余罪も自供
 データ捏造2件
 2004年の New England Journal of Medicine
 2005年の Journal of Clinical Oncology
2006/01 PhysOrg.com Norwegian scientist admits more cheating
偽造:ノルウェーの医師、がんの論文でっち上げ
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
論文捏造なら研究費返還も  理研が処分基準
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
理研、論文ねつ造など研究不正に防止策…懲戒解雇も
2006/01 【日本語記事】 読売
理研も疑惑の論文を調査 東京大の遺伝子研究
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
東大のデータ疑惑、「論文不正見つからず」…理研調査
2006/01 【日本語記事】 読売
捏造示唆の報告書発表へ 東大教授の論文疑惑
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
多比良教授らの論文記載ミス認める「結果に間違いない」
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
2006/01 PhysOrg.com(UPI) Japanese scientist: assistant faked data
「科学は一般人には縁がない 秀才だけがやるものさ」 イギリス児童の科学観
2006/01 BBC News Science 'not for normal people'
東大論文問題:RNA論文、ねつ造可能性認める 辞職は否定−−執筆の教授
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
ウソ論文はめったにない、けど見破るのは至難
2006/0114 Washington Post Deception by Researchers Relatively Rare
中国における知的財産権
2006/01 【日本語記事】 ネイチャー月刊ダイジェスト Nature Vol.438(420-421) Property rights go East
東大教授論文、裏付け再実験「不十分」 調査委結論
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
東大論文問題:裏付け資料、提出できず 東大調査委、処分検討へ
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
追試結果「不十分」…論文データ改ざん疑惑で調査委
2006/01 【日本語記事】 読売
出産や育児で活動中断…女性研究者の復帰助けます 奨励金 月36万円、政府が新年度事業_
研究者本人に毎月約36万円の研究奨励金と年間150万円までの研究費を支給する。2006年度中に30人を選んで支援を開始

2006/01 【日本語記事】 読売


 以上、 →2006年の記事でした


→ 「科学と社会」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー