心理学:
2014年

ほか「心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 Evolution and Human Behavior Honest signaling in trust interactions: smiles rated as genuine induce trust and signal higher earning opportunities
 信用相互作用における正直な合図: 本物でみなされた微笑は、信用を引き起こして、より高い収益の機会を示します。
2014/12 スラッシュドット ジャパン オタクを自認している人の67%は未婚
2014/12 スラッシュドット ジャパン 嫌悪感は嘘を生み、清潔さはそれを正す?
2014/12 Nature 職業的アイデンティティーは不誠実さを増す? Professional identity can increase dishonesty
  実験は、銀行員が正直に平均的に振る舞いますが、彼らが彼らのプロのアイデンティティについて考えるために用意された後に決定をするとき、彼らの不正直が増加するのを示しています。
2014/11 スラッシュドット ジャパン 人間は他人が傷つくよりも自分が損することを選ぶ?
 オックスフォード大学の心理学者Molly Crockett
2014/11 スラッシュドット ジャパン 現実を見ずにポジティブ・シンキングするのはよろしくない
 将来を夢心地に想像することで血圧が下がって精神的には落ち着くも のの、目標を追うのに必要な活力までもが奪われてしまう





2014/09 BioToday [医学] 勉強の成績が良い人が集まっている部活の部員は大学進学しやすい
2014/07 神戸新聞 「癒やし画像」で疲労緩和、集中力維持 理研グループ
 南国の青い海や空
2014/07 UK Today (JAPAN JOURNALS) 手が温かい人は優しい!? 心理学研究で証明
 ジェルタイプのハンドウォーマーを利用し、手を温かくしたグループと、冷えたままにしたグループに分けた
 温かいものを持った参加者グループのほうが、より顕著かつ積極的に協力し合う
2014/07 BioToday 感謝の念はより先を見据えた賢明な意思決定を可能にしうる
2014/07 BioToday 疲れていると嘘をつきやすいようだ
2014/06 news@nature.com 心理学実験は、協力に人々をそっと突くことができるのを示しています。 Shared decisions benefit next generations
2014/05 BioToday 環境に優しいビルと職員満足度の関連への環境品質以外の影響
2014/04 BioToday 座っているより歩いた方がより創造的なアイデアを得うる
2014/04 ABC@オーストラリア Beards might be back, but not for long
 それらがまれで少ないときに、あごひげが魅力的であると考えられ、一般的になると魅力が薄れる。
2014/04 LiveScience Hipster Science: Women Prefer Men With Facial Hair
宿泊客が毎日使用するタオルの数を減少させるようにそっと説得できます
2014/03 EurekAlert  A towel less: How psychologists harness sociability to cut waste
向社会的行動が 若者を非行や粗暴など異常な同輩との交際から防ぐことができる
2014/03 EurekAlert  Prosocial youth less likely to associate with deviant peers, engage in problem behaviors
1秒のわずか何分の一かの決定の開始を延期することによって意志決定の精度を改良できる
2014/03 EurekAlert  Ever-so-slight delay improves decision-making accuracy
2014/03 National Geographic JP 「二兎追う者は一兎を得ず」を脳で解明
社会的疎外の痛み
2014/02 EurekAlert  The pain of social exclusion
2014/02 AFP 精神むしばむ独居房に科学者ら警鐘、「人間は隔離に耐えられない」
1つのタスクに関する性能に関して嘘をつくのは人々に従来の規則で、より制限されていないと感じさせることによって、その後のタスクで創造性を高めるかもしれません
2014/02 EurekAlert  Dishonesty and creativity: 2 sides of the same coin?
2014/02 National Geographic 低身長の心理、仮想実験で調査
死刑のような激論を引き起こす恐れのある問題では、合衆国の州最高裁裁判官は公共の大多数感情により同調しそうです
2014/02 EurekAlert  Targeted campaigns provoke judges to cater to majority sentiment on the death penalty
 しかしながらこれは、営利団体が金にまかせて特定の見解を支持し始めた時にのみ起きる現象である
ゲイであろうがノンケであろうが、ほんとのことを開示されてさえ、人は他者を第一印象のルックスで判断したがる
2014/02 EurekAlert  Even fact will not change first impressions
2014/02 LiveScience First Impressions Hard to Change, Studies Suggest 競争力において不利な立場はリスクテイキングを容易にします。
2014/02 Competitive disadvantage facilitates risk taking
名門の賞を受賞した後に読まれた本、受賞前のときより否定的に判断される
2014/02 EurekAlert  Books rate more negatively after winning award, study finds
あなたは成績優秀者ですか?
  最も良い製品さえあなたを不満であるままにするかもしれません。
2014/02 EurekAlert  Are you a high achiever? Even the best products might leave you dissatisfied
 絶えずベストを求めて努力すると、後悔と不満のような負の感情は私たちの日常生活の他の部品でつのっているかもしれません。
無力感は世界の…重さを文字通り増加させます。
2014/02 EurekAlert  Feeling powerless increases the weight of the world... literally
2014/02 LiveScience To the Powerless, World Weighs Heavier
人種・民族にポジティブな感情をもっている若者は、より良い自尊心を持っていて、ドラッグかアルコールと共に、より少ない問題を持っていました。
2014/02 EurekAlert  Positive feelings about race, ethnicity tied to stronger development in minority youth
ありのままを話すのは罪悪感を緩和するかもしれません。
  完全に白状する人々と比べて、自分達が違反に関して真実の一部だけについて話すとき、人々は、さらに気分が悪くなります
2014/01 EurekAlert Telling the whole truth may ease feelings of guilt
生産活動における喜びがセルフ・コントロールを上げるキーであることがわかります。
2014/01 EurekAlert  Finding pleasure in productive activities the key to boosting self-control
適度の量の自己愛が有能なリーダーを作る
2014/01 EurekAlert  Narcissism -- to a point -- can make a more effective leader, researchers find
2014/01 EurekAlert  Narcissism and leadership: Does it work to be a jerk?
言うは易く、行うは難し
2014/01 EurekAlert  Easier said than done
 バーチャルリアリティを当てにする研究は、現実の状況が私たちが今までのところ信じられているよりはるかに「実用的であるかもしれないこと」を示しました。
2014/01 National Geographic 競争相手を怒らせるのは意図的な戦略
2014/01 National Geographic Men Anger Opponents on Purpose
2014/01 LiveScience Getting Others Mad May Be a Winning Strategy
チャリティ寄進者が努力から報酬を得るなら、私たちは、人の情け深い努力がそれほど道徳的でないと知覚する傾向があります
2014/01 EurekAlert  When charitable acts are 'tainted' by personal gain
囚人は、自分が非囚人と同じくらい遵法であると信じています。
  私たちが、自分達が私たちの同輩より良いと考えているという信念はまた、有罪判決を受けた犯罪者に有効です。
  囚人が、自分たちには非囚人より親切や、道徳や、セルフ・コントロールや、寛大さなどの、より親社会的な特性があると信じている
2014/01 EurekAlert  Prisoners believe they are just as law abiding as non-prisoners

 以上、 →2014年の記事でした


→ 「心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー