言語:
2014年

ほか「言語」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 不安な気持ちが強い人は “言語能力が優れている”
2014/12 スラッシュドット ジャパン 空耳の科学
2014/11 AFP 幼少期の失われた言語、脳には痕跡 カナダ研究
2014/11 Science 脳の加齢によって言語機能はどう変わるか:神経回路の劇的変化によって減衰する機能・維持される機能
2014/09 BioToday [医学] 言語遺伝子Foxp2は意識せずとも反応できるようになるのを促す
2014/09 【日本語ブログ】乳児期の言語獲得の遺伝的影響
2014/09 朝日新聞 茨城)「手話は言語」 言語法制定求める 県議会など 
2014/09 news@nature.com  Neuroscience: Music training aids speech processing
2014/09 日本経済新聞 英語は「算数に不向き」 日本語など有利と米紙が分析記事
 ウォール・ストリート・ジャーナル
2014/06 NHK解説委員室ブログ 視点・論点 「日本語の空気」 一橋大学教授 石黒 圭
 一人称は、周りからどう見られているか、見られたいかで決まっている
2014/05 NTV 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー 方言 の科学
 東北弁が寒さでボソボソした話し方になったというのは俗説:東北は典型的な農村型社会。
 書き言葉として作られた標準語は堅苦しく感じやすい。
  方言は話し言葉として発展してきたため初対面でも親しみを感じやすい
 漫才を披露する相手は、日本語のわからない外国人 :方言は感情を込めやすいため漫才がお客さんに伝わったのでは





2014/05 news@nature.com あなたが、何を言っているかをいつも知っているというわけではない  You don't always know what you're saying  話した後に、スピーチに関する自意識はしばしば来ます。
2014/04 EurekAlert  聴覚障害と健聴者における脳の解剖学差は最初に学んだ言語しだい  Brain anatomy differences between deaf, hearing depend on first language learned
2014/04 National Geographic Sixty Languages at Risk of Extinction in Mexico—Can They Be Kept Alive
2014/04 ABC@オーストラリア Grammar hardwired into our brains  ある文法規則が私たちの脳に配線されるかもしれないので、私たちには、あるタイプの単語がどう一緒に分類されるべきであるかに関する本能的な感覚があります。
2014/04 EurekAlert  Language structure… you're born with it
2014/04 LiveScience Babies May Be More Language-Savvy Than Thought
2014/04 EurekAlert 米国に移り住む前に新聞、本、テレビ、旅行および学校で英語に露出している非ネイティブスピーカーは言語を社会的に、そして文化的により使用しそうです  Beyond proficiency: How early English exposure influences non-native speakers
2014/04 EurekAlert 人間の言語の巨大な可変性にもかかわらず、言語の向こう側に見つけることができる単語の音にはいくつかの好みがある。 これが言語の普遍的で、生まれながらの生物学的基礎の存在を反映するかどうか 研究はこの仮説に支持する証拠を提供します。  Universal syllables
社会的なフィードバックループは言語発達を支援します。
2014/03 EurekAlert  Social feedback loop aids language development
新しい名詞を学ぶのに既知の動詞を使用している幼児
  幼児が文で話を始める前にさえ、新しい単語が会話して使用されて、彼らが文のこの情報から新しい単語を学ぶ方法に慎重な注意を向けている
2014/03 EurekAlert  Infants using known verbs to learn new nouns
2014/03 【日本語ブログ】幼児は自分が知ってる動詞を使って新しい名詞を学習する、ノースウェスタン大
2014/03 NatureJP 音声言語の処理には左右の脳半球が関わっている
2014/03 Nature 音声言語に関わる感覚–運動変換は左右両側の脳半球で起こる Sensory–motor transformations for speech occur bilaterally
バイリンガルの子は、単一言語の子供と同様に、外国訛りの子とつきあうよりは、固有のアクセントで母国語を話す人と対話するのを好む
2014/03 EurekAlert  Are bilingual kids more open-minded?
2014/02 Science ヒトの上側頭回には音素特異的な符号化に寄与する細胞集団が分布する
自然発生的で、即興の音楽の会話で夢中にさせられたジャズミュージシャンの脳は句と文の構造を解釈するのに使用される話し言葉と構文に伝統的に関連している脳の部位の体力を要している起動を示しました。
2014/02 EurekAlert  Study of jazz players shows common brain circuitry processes music and language
2014/02 LiveScience Brain Imaging Shows the Language of Music
言語発達の遅れ
  性と遺伝子は言語発達遅れで重要な役割を果たします。
  少年は遅れた言語発達のために少女より高いリスクでいます
  家族に読み書き困難があるとリスク増
2014/02 EurekAlert  Gender and genes play an important role in delayed language development
子供への話しかけは、幼児の言語処理技能を鋭くして、将来的な成功を予測できます。
2014/02 EurekAlert  Stanford psychologist shows why talking to kids really matters
 初期介入が言葉が遅れた子供で語学力を改良できる
アクションテレビゲームは、失読症が、読むことを学ぶのを助けることができますか?
2014/02 EurekAlert  Could action video games help people with dyslexia learn to read?
言語に苦労する内気な子供
 これらの子供は、または言語を理解するのが不十分とか延着するとかよりむしろ単に応じるのに気が重いです
2014/02 EurekAlert  'I know it but I won't say it'
2014/02 LiveScience The Real Reason Shy Toddlers Speak Late
2014/02 ABC@オーストラリア Emoticon language is 'shaping the brain'
 顔文字言語は'脳を形成しています'。
語音が人間の脳によってどう特定されるか
2014/01 EurekAlert  UCSF team reveals how the brain recognizes speech sounds
2014/01 news@nature.com  Brain responds to tiniest speech details
2014/02 脳の言語理解の解明で新知見: 脳はある種の音、いわゆる音響学的特性を拾うことによって発話を理解する
2014/01 BioToday  面倒見が良い姉や兄は大家族の子の言語発達を助けるようだ
スピーチが、私たちの脳の両側を使用する
2014/01 EurekAlert  Speech means using both sides of our brain, NYU & NYU Langone researchers find
失読症がある人々では、脳の、より少ない灰白質が読書不能にリンクされましたが、現在新しい証拠は、これが混乱の根本的原因ではなく、より不十分な読み込み経験の結果であると示唆します
2014/01 EurekAlert  In dyslexia, less brain tissue not to blame for reading difficulties
2014/01 BioToday 脳の灰白質量低下は失読症の原因ではないようだ
早めの言語発達に拍車をかけることで起こる単語のスピーチの量が、スピーチと社会的コンテキストのスタイルと同じくらい多くない
2014/01 EurekAlert  Babbling babies -- responding to one-on-one 'baby talk' -- master more words
2014/01 BioToday 読み聞かせのプロに生じた失読症の症例報告
 原発性中枢神経系血管炎と呼ばれる珍しい脳血管炎症を恐らく原因とする脳卒中に起因しうる純粋失読症
'失読症'で患者を再読可能にするテクニック。
2014/01 EurekAlert Researchers report technique that enables patient with 'word blindness' to read again

 以上、 →2014年の記事でした


→ 「言語」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー