犯罪、暴力、麻薬:
2014年

ほか「犯罪、暴力、麻薬」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 産経新聞 SF?「犯罪予知」ソフト独警察が実験 「人権侵害」懸念も
2014/12 Evolution and Human Behavior Regulatory adaptations for delivering information: the case of confession
 情報を配布することへの規定の適合: 自供に関するケース
2014/12 BioToday [医学] 脳セロトニンレベルが高いと薬物依存になり難いようだ
2014/12 Science 夏のアルバイトが貧困層の若者の暴力を減らす
2014/12 Nature 職業的アイデンティティーは不誠実さを増す? Professional identity can increase dishonesty
  実験は、銀行員が正直に平均的に振る舞いますが、彼らが彼らのプロのアイデンティティについて考えるために用意された後に決定をするとき、彼らの不正直が増加するのを示しています。
2014/11 news@nature.com 透明脳はコカインの、そして、怖い効果を明らかにします。 Circuits that respond to addiction and terror are modelled in three dimensions. 依存症とテロに応じるサーキットは、三次元でモデル化されます。 Transparent brains reveal effects of cocaine and fear
2014/11 スラッシュドット ジャパン 映画やゲームの暴力描写と実際の暴力発生率との関連性はない
2014/11 AFP 暴力犯罪と関連する遺伝 子を特定か、研究





2014/10 National Geographic JP 米国、大麻で盛り上がる観光産業 2014/10 Evolution and Human Behavior  Criminal offending as part of an alternative reproductive strategy: investigating evolutionary hypotheses using Swedish total population data 代替の生殖戦略の一部としての犯罪行為
  スウェーデンの総人口データを使用することで進化論の仮説を調査します。
2014/10 朝日新聞 危険ドラッグ規制強化へ、薬事法改正案提出 野党7党
2014/10 UK Today (JAPAN JOURNALS) 危険ドラッグによる死亡率過去3年で3倍に
 危険ドラッグを原因とする昨年の死者数は、イングランド及びウェールズにおいて104人

2014/09 毎日新聞 危険ドラッグ:好奇心から乱用 若者に急拡大 大麻も
2014/09 朝日新聞 危険ドラッグとみられる救急搬送、5年半で4469人
2014/09 BioToday 思春期若者の大麻使用抑制は健康や社会に広く有益なようだ
2014/08 BioToday 医療での大麻使用許可とオピオイド過量投与死亡率低下が関連
2014/08 Nature 一部の州のマリファナ合法化を受け、薬物やアルコールが成長期の脳に与える影響について米国立薬物乱用研究所(NIDA)が大規模な長期研究を。 Teen drug use gets supersize study
2014/08 時事通信 危険ドラッグで41人死亡=12年以降で、今年急増― 察庁  
  危険ドラッグの使用が原因で死亡したとみられる人が2012年以降、全国で少なくとも41人に上る
2014/07 朝日新聞 「脱法」改め「危険ドラッグ」 警察庁と厚労省が新名称
2014/07 MT Pro “エクスタシー”の使用で脊髄動脈瘤破裂/BMJ系列誌で症例報告
2014/07 BioToday 麻薬エクスタシー使用で後脊髄動脈瘤が生じうる
2014/07 朝日新聞 脱法ドラッグ、40万人使用か 厚労省研究班が推計
2014/06 BioToday 統合失調症関連遺伝子が多い人ほど大麻を使用しやすい
2014/06 BioToday マリファナ使用の合法化は有害健康作用を被る人を増やしうる
2014/06 BioToday 米国高校生の危険な習慣の調査~喫煙は減り、大麻使用が上昇
2014/06 Science ハイ状態の合法化によってウルグアイがマリファナ研究の標識に
2014/05 news@nature.com うつネズミには、興奮性ニューロンがあります。 ストレス対処にかかわる細胞を特定
  Depressed mice have excitable neurons
2014/05 NatureJP 攻撃行動を引き起こす視床下部ニューロン
2014/05 news@nature.com 再発につながるコカイン誘発性脳変化
2014/05 MT Pro 抗精神病薬や気分安定薬は暴力犯罪の減少にも有効/スウェーデン・精神障害8万例超で検討
2014/05 Nature 対照的な型のコカイン誘発可塑性が薬物依存再発の要素を制御する Contrasting forms of cocaine-evoked plasticity control components of relapse
2014/05 BioToday 女性への親密者からの暴力の検診の妥当性は示されていない
2014/05 National Geographic Bullying's Long-Term Effects Seen in Both the Bullied and the Bully
2014/05 National Geographic JP いじめの加害者、成長後は健康?
2014/05 BioToday 抗精神病薬は暴力犯罪率低下と関連する
2014/05 BioToday コカイン依存に脆弱X症候群蛋白質FMRPが必要なようだ
2014/05 Science 麻薬に曝される若い脳
2014/04 BioToday  大麻使用者の心血管有害事象の特徴~およそ1/4は死亡
2014/04 BioToday 陣痛誘発/促進と自閉症の因果関係は裏付けられていない
2014/04 news@nature.com 統計的研究は、約4%の米国の死刑囚が潔白であると見積もっています。  Death-penalty analysis reveals extent of wrongful convictions
2014/04 LiveScience How Personality Increases Risk of Drug Abuse
  薬物乱用に走りやすい性格
2014/04 BBC News 'Love drug' increases group lying  「愛のホルモン」オキシトシンを吸入した後、グループのメンバーは、より嘘をつきそうです。
嘘つきホルモン
「愛のホルモン」オキシトシンを吸入させるとウソをつく頻度が高まった
道理を曲げて考えることに抵抗がなくなるらしい

2014/04 EurekAlert  学生で脳異常にリンクされたときどきのマリファナ使用  Casual marijuana use linked to brain abnormalities in students
2014/04 EurekAlert Brain changes are associated with casual marijuana use in young adults
 感情と動機にかかわる2つの脳の領域の大きさ形状は少なくとも1週間に一度マリファナを吸うヤングアダルトにおいて異なるかもしれません
2014/04 LiveScience Even Casual Pot Use Changes the Brain
 1週間数回マリファナを吸い、薬物におぼれていなくても、脳に変化を持っているかもしれません。
2014/04 BioToday 時々の大麻使用でも側坐核や扁桃体がいびつになる
2014/04 【日本語ブログ】日常的なマリファナの使用は脳に変異を生じさせる、ノースウエスタン大
2014/04 EurekAlert  未来を思い描くことができない若者が、より多くの犯罪を犯します。 UT Dallas study: Youth who fail to envision future commit more crimes
2014/04 EurekAlert わずかな金銭的インセンティブで薬物注射常用者のB型肝炎ワクチン接種率を劇的に改良します。 わずか30ポンド、小さい金銭的誘因は薬物を注入する人々のB型肝炎ウイルスワクチン接種のコースを完成する可能性を劇的に広げることができます  The Lancet: Small cash incentives dramatically improve hepatitis B vaccination rates among injecting drug users
2014/04 BioToday 最大30£の褒美支払いで薬物使用者ワクチン接種遵守率が改善
2014/04 EurekAlert 南部の死刑囚の監房犯罪者が米国の他の領域からの犯罪者よりそれらの決算表における犯罪を謝りそうである  Are Southern death-row inmates more polite? 南部の州は、名誉の文化を是認して、伝統的な礼儀正しさ標準を固く守る
2014/04 EurekAlert 米国の学校や公の集会に対する若い男性の犯罪の高発生率  Why were young males behind recent attacks on schools and public gatherings?
2014/03 Nature 米国では大麻の使用が合法化された州があるにもかかわらず、官僚主義の弊害で、その研究にはいまだに厳しい制限が。 Federal red tape ties up marijuana research
大学生の時々の麻薬使用者の脳の差
2014/03 EurekAlert  Brain differences in college-aged occasional drug users
 予期的な機能に関連している脳の部分でニューロンの活動を損ないましたカ
エクスタシーからmephedroneに切り替わる気晴らしのための麻薬ユーザが、危険を理解していません。
2014/03 EurekAlert  Recreational drug users who switch from ecstasy to mephedrone don't understand the dangers MDMA
2014/03 BioToday 大麻で多発性硬化症の痛み、痙攣、頻尿が改善しうる/AAN指針
錠剤フォームか口頭のスプレーにおける医療目的でのマリファナ使用はいくつかのMS兆候を緩和するかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Guideline: Medical marijuana in pill form or oral spray may ease some MS symptoms
酒、大麻、薬物を使用する親の子は酒、大麻、薬物に走りやすい
2014/03 EurekAlert  Future generations could inherit drug and alcohol use
2014/03 EurekAlert  Some truth to the 'potent pot myth'
いっぺん犯罪仲間に関与したら、仲間を抜けてからも長いこと人生でハンデを負う
 貧困、不健康、薬物乱用
2014/03 EurekAlert  Negative effects of joining a gang last long after gang membership ends
2014/03 スラッシュドット ジャパン 40年以上ぶりにLSDの臨床試験が行われる
米国のコカイン使用半減、マリファナ消費がはね上がる。
2014/03 EurekAlert  US cocaine use cut by half, while marijuana consumption jumps, study finds
主要な感情的なハブで心配を規制するのにかかわる脳と逃走・闘争反応でカンナビノイド受容体を見つけました。そこでは、マリファナが効果を生みます。
2014/03 EurekAlert  Discovery sheds new light on marijuana's anxiety relief effects
2014/03 BioToday  扁桃体中心核に内在性カンナビノイド伝達機構がある
2014/03 本川・社会実情データ図録
 主な無差別襲撃事件
  無差別襲撃事件のうち被害者が多いのは2001年の大阪教育大付属池田小の児童襲撃事件と2008年の東京・秋葉原の通行人襲撃事件
2014/03 47news 日本は「自白に頼りすぎ」 国連委員、改善求める
2014/03 National Geographic JP 大麻合法化の影響、NIDA所長に聞く
攻撃性や非行は早くセックスする台湾人のティーンエイジャーの中で一般的です。
2014/03 EurekAlert  Aggression, rule-breaking common among Taiwanese teenagers who have early sex
警告ではなく、パートナーを逮捕させたアフリカ系アメリカ人の被害者は、むしろ2倍若死にしがち
2014/03 EurekAlert  Mandatory arrest in domestic violence call-outs causes early death in victims
リウマチ患者が療法として草の大麻を使用するのを思いとどまるように
2014/03 EurekAlert  Herbal cannabis not recommended for rheumatology patients
2014/03 BioToday マリファナ使用による死亡例が初めて報告された
鎮静剤の乱用は、脳の報酬システムの正常な機能に必要であるRGS9-2タンパク質の活動を変更して、また、不意に鎮痛とオピオイド耐性に敷居を変更しました。
2014/02 EurekAlert  Opioid abuse initiates specific protein interactions in neurons in brain's reward system
2014/02 BioToday 合成麻薬アセチルフェンタニルが米国で広まっている
薬物注射者の中でHIV感染を減少させると、エイズ死亡率は異性愛の人で下げられます。
2014/02 EurekAlert  Reducing HIV transmission among drug injectors lowers AIDS mortality in heterosexuals
1つのタスクに関する性能に関して嘘をつくのは人々に従来の規則で、より制限されていないと感じさせることによって、その後のタスクで創造性を高めるかもしれません
2014/02 EurekAlert  Dishonesty and creativity: 2 sides of the same coin?
2014/02 Nature 知的障害のある被告人を正しく守るために、科学が果たせる役割がある。 Intelligent testing
2014/02 Nature 死刑に値する知能とは? Smart enough to die?
不況時のときにさえ、中小企業が刑事司法制度に報告する従業員による窃盗は、16パーセントぽっちである
2014/02 EurekAlert  Surprising survey: Most small businesses remain silent rather than report employee theft
死刑のような激論を引き起こす恐れのある問題では、合衆国の州最高裁裁判官は公共の大多数感情により同調しそうです
2014/02 EurekAlert  Targeted campaigns provoke judges to cater to majority sentiment on the death penalty
 しかしながらこれは、営利団体が金にまかせて特定の見解を支持し始めた時にのみ起きる現象である
2014/02 BioToday コカイン使用後24時間は脳卒中を生じやすい
2007年の許可証から購買(PTP)へのピストル法に関するミズーリの撤廃はミズーリの殺人発生率の16パーセントの増加の原因となりました
2014/02 EurekAlert  Repeal of Missouri's background check law associated with increase in state's murders
2014/02 BBC News Rise in deaths from 'legal highs'
 脱法ハーブでの死者数増加
コカインは、使用の24時間以内にストローク危険を増加させるかもしれません。
2014/02 EurekAlert  Cocaine may increase stroke risk within 24 hours of use
犯罪を犯した後に、有罪と恥は、再犯罪を予測します。
2014/02 EurekAlert  After committing a crime, guilt and shame predict re-offense
合衆国での犯罪へのウォルマート効果
2014/02 EurekAlert  Study shows drop in crime rates are less where Wal-Mart builds
 1990年代にウォルマートが広がったカウンティーで犯罪衰退が妨げられた
習慣性のある麻薬ユーザの死亡率は一般住民より14倍高い
2014/02 EurekAlert  The fatality rate among hard drug users is 14 times higher than for the general population
2014/02 Nature 薬物依存は病気ではなく社会問題だという、動物実験反対運動家の不当な主張を鵜呑みにすべきではない。 Animal farm
マリファナを解禁した州は、医学的介入を必要としている子供の急増を見ました、子供での意図的でないマリファナ露出の総合的な数が低いままで残っていましたが。
2014/02 EurekAlert  Decriminalizing pot may land more kids in the ER
2014/02 BioToday マリファナ使用自由化米国州では小児の誤使用が増えている
男性と女性の脳の違いがどう暴力の性差に貢献するか
2014/02 EurekAlert  Is the male or female brain more vulnerable to triggers of violent behavior?
強盗の間に殺人を犯した強盗殺人犯は、仮釈放中に犯罪を犯す率が高め
2014/02 EurekAlert  Murderers who killed during robberies more likely to return to crime when paroled
2014/01 BBC News Why US pot smokers still have a record
マリファナの影響を受けた男性より、酒に酔った男性のほうが彼らのパートナーに対して物理的、心理学的、性的な攻撃性を犯しそうである
2014/01 EurekAlert  U of Tennessee research finds link between alcohol use and domestic violence
2014/01 LiveScience Marijuana Use During Pregnancy Affects Baby's Brain
2014/01 EurekAlert  Cannabis during pregnancy endangers fetal brain development
大麻は妊娠中に胎児脳開発を危険にさらします。
米国は合成マリファナを含むデザイナードラッグによる病気の、より多くの発生と可能な死の用意をするべきです
2014/01 EurekAlert  More illness from synthetic marijuana likely
思春期のマリファナ使用は直接マリファナにさらされなかった大人の子孫に悪影響を持っているかもしれません。
2014/01 EurekAlert  Parental exposure to THC Linked to drug addiction, compulsive behavior in unexposed offspring
 動物における強迫行動とneurobiological変化を増加させました。
銃へのアクセスは自殺、殺人の危険を増加させます。
2014/01 EurekAlert  Access to guns increases risk of suicide, homicide
2014/01 BioToday  Sativexは大麻離脱症状を緩和する~大麻使用抑制効果は示せず
2014/01 BBC News Obama plays down marijuana dangers
エクスタシーがどうユーザの陶酔感の気持ちを生産するか
2014/01 EurekAlert  Study reveals how ecstasy acts on the brain and hints at therapeutic uses
危険な犯罪地域を訪問した学生、そのエリアの居住者に匹敵する、異なった信用とパラノイアのレベルをすばやく開発しました。
2014/01 EurekAlert  A brief visit to a neighborhood induces the social attitudes of that neighborhood
囚人は、自分が非囚人と同じくらい遵法であると信じています。
  私たちが、自分達が私たちの同輩より良いと考えているという信念はまた、有罪判決を受けた犯罪者に有効です。
  囚人が、自分たちには非囚人より親切や、道徳や、セルフ・コントロールや、寛大さなどの、より親社会的な特性があると信じている
2014/01 EurekAlert  Prisoners believe they are just as law abiding as non-prisoners
2014/01 BBC News New York allows medical marijuana
アルコール、タバコ、薬物乱用は重度の精神病患者で高率
2014/01 EurekAlert  Alcohol, tobacco, drug use far higher in severely mentally ill
2014/01 EurekAlert  Severe mental illness tied to higher rates of substance use
2014/01 EurekAlert  Study: Half of black males, 40 percent of white males arrested by age 23
  半分の黒人男性、白人の男性の40パーセントが、23歳までに逮捕された
 それは、就業、学業、共同体参加への彼らの能力に害を与える
2014/01 朝日新聞 脱法ハーブ、強い毒性 マウス実験で細胞数減らす
大麻中毒から脳を保護する、発見された分子
2014/01 EurekAlert Molecule discovered that protects the brain from cannabis intoxication
2014/01 大麻の影響を中和する   Counteracting the Effects of Cannabis
  プレグネノロンと呼ばれる天然のステロイドホルモン
2014/01 Science プレグネノロンは大麻中毒の脳を保護できる

 以上、 →2014年の記事でした


→ 「犯罪、暴力、麻薬」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー