脳、神経科学:
2014年7〜12月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 ワイアードビジョン  実現近づく「脳が若返る」薬(大人になると絶対音感が身につかないわけ)
2014/12 NatureJP 神経疾患へのAUTS2の関与
2014/12 EurekAlert 神経伝達の精度を決める仕組みの解明  沖縄科学技術大学院大学
2014/12 BioToday [医学] 外傷性脳損傷のプロゲステロン治療の有益作用示せず
2014/12 EurekAlert 脳の多階層な構造・機能の解明を目指して
 日本においても「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト(Brain/MINDSプロジェクト)」が開始され、今後10年間で脳の構造と機能を様々な階層でマッピングすることを目指し
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)は17の研究実施機関の1つに採択
2014/12 news@nature.com  負傷は脳のゴミ処理を鈍らせます。 Neuroscience: Injury blunts brain waste disposal
2014/12 BioToday てんかん成人の修正アトキンス食はケトン食と同様の効果を有する





2014/11 MT Pro 急性期脳梗塞患者への低用量投与に “効果不十分”を懸念/リバーロキサバンで国循が検討
2014/11 news@nature.com てんかんは遠方から制御されます。 Neuroscience: Epilepsy controlled from a distance
2014/11 Science 哺乳類皮膚の低閾値機械的侵害受容器:ニューロンと非ニューロン組織の協調作用
2014/11 NatureJP シナプス小胞の迅速な再構築の機構
2014/11 BioToday 内側嗅内皮質が損傷しても海馬の場所細胞は形成されて機能する
2014/11 科学技術振興機構 多発性硬化症で神経が傷つけられる仕組みを解明~神経疾患に対する新たな治療法開発に期待 
2014/11 BioToday 心房細動患者のダビガトラン治療はワーファリンより出血しやすい
2014/11 BioToday [医学] 心房細動は潜在性脳梗塞リスクが高い
2014/11 Science 加齢する脳
2014/11 Science 加齢に伴う脳の可塑性の変化:認知神経科学研究の新たな方向性
2014/11 Science 脳の加齢によって言語機能はどう変わるか:神経回路の劇的変化によって減衰する機能・維持される機能
2014/11 BioToday 脳卒中後すぐに降圧治療を始めても身体機能転帰は改善せず
2014/10 動物の動く速さをコントロールする。-動物の運動速度を支える神経回路の解明-  東京大学
2014/10 Science 内側前頭前野は競争ゲームにおいて最適な方略の推論処理に寄与する
2014/10 Science 若々しい脳を解き放つ Unlocking a Youthful Brain PirB と呼ばれる脳の受容体を標的にすることで、マウス成獣の神経回路を若々しい神経 回路(未成熟の状態)に戻せる
2014/10 脳画像から運転能力を評価できる可能性 ~白質病変は高齢者の運転能力を有意に低下させる 東京大学生産技術研究所
2014/10 毎日新聞 <脳の劣化>「白質病変」あると 運転、まず右折苦手に
2014/10 news@nature.com Marmosetsは日本の野心満々の脳のプロジェクトの星です。 Ten-year brain-mapping effort will use monkeys to study human neural and mental disorders. 10年の脳マッピングの努力は、人間の神経と精神障害を研究するのに猿を使用するでしょう。 Marmosets are stars of Japan’s ambitious brain project
  霊長類(マーモセット)を使って脳神経回路の全容解明を目指す、日本のBrain/MINDS計画の詳細が明らかに。
2014/10 Science 脈絡叢で加齢により誘導される1型インターフェロン応答は脳機能を抑制する
2014/10 news@nature.com 脳のナビゲーションシステムの発見者 Nobel prize for decoding brain’s sense of place
  2014年ノーベル医学生理学賞は、脳の空間認識の研究で、ヨーロッパの3氏に。
2014/10 Nature 米国のBRAIN計画は、神経科学の大規模研究推進に向け、本格的にスタートした。 BRAIN gain
2014/10 Science  ドーパミンは樹状突起棘の構造可塑性に対して狭い時間枠でのみ作用する
2014/10 高血糖は脊髄損傷を悪化させる可能性がある High Blood Sugar May Worsen Spinal Cord Injury
2014/10 科学技術振興機構 長期記憶形成時の脳部位に応じた遺伝子発現調節機構の発見
2014/09 BioToday [医学] 背外側前頭前皮質を傷めた人は自分が得するように嘘をつきやすい
2014/09 スラッシュドット ジャパン 中国で小脳の無い女性が見つかる
2014/09 news@nature.com 16年間植物状態にいる男性からのブレーンスキャンは健康なビューアーのものと同様の活動を示しています。 Hitchcock thriller reveals busy mind in 'vegetative' man
2014/09 NatureJP 神経科学: 世界を理解する仕組み
2014/09 理研 頭皮の毛根細胞を利用した精神疾患の診断補助バイオマーカーの発見
2014/09 科学技術振興機構 脳神経細胞の特殊な移動様式を制御する仕組みの一端を解明
2014/08 BioToday [医学] 前頭前皮質の損傷に伴う行動/神経変化研究からその機能を考察
2014/08 BioToday γ脳波を生む発火頻発介在神経同調は触覚刺激検出を高めうる
2014/08 news@nature.com 光信号はストローク回復を上げます。 Neuroscience: Light signals boost stroke recovery
2014/08 National Geographic JP 見えなくても手の動きは脳でわかる
2014/08 news@nature.com  High-risk brain research wins NSF backing Agency awards $10.8 million in grants to support US government initiative.
2014/08 朝日新聞 ラットの神経細胞で「人工脳」作成に成功 米研究チーム
 神経細胞を特殊な物質で培養して、原始的な「脳」を人工的に作る
2014/08 BioToday 小児期の成長ホルモン使用と出血性脳卒中リスク上昇が関連
2014/08 Science 脳内チップ
2014/08 BioToday 脳卒中患者全てを迅速に治療する集約化で死亡率が下がりうる
2014/08 BioToday 脳卒中のtPA治療は年齢や重症度を問わず良好な転帰を増やす
2014/08 BioToday 首の矯正術は脳卒中へと通じうる頸動脈解離リスクを高める
2014/08 MT Pro 頸椎矯正と脳卒中の関連についてAHA,ASAが声明
2014/07 BioToday 肉体労働者やサービス業従事者は冠疾患や脳卒中リスクが高い
2014/07 MT Pro 患者本人や家族による脈拍チェックが脳卒中の再発予防に有用/独・前向き研究で実施可能性を検討
2014/07 AFP  脳信号で大衆の好みを予測、広告への応用も 米研究
2014/07 時事通信 小頭症マウス、脳サイズ回復=遺伝子治療の可能性期待 医科歯科大など
 胎児期のPQBP1欠損マウスにAPC4を補充
 遺伝子の運び屋ウイルス(ベクター)を母親マウスに注射
 小頭症マウスの脳サイズが部分的に回復しただけでなく、学習能力などが改善
2014/07 時事通信 いじめ対策に脳科学活用=「心の動き」横断研究―文科省
2014/07 NatureJP : 皮質ニューロン分化の制御
2014/07 BioToday 脳卒中患者の末梢脈拍自己測定で心房細動を識別しうる
2014/07 BioToday 米国の脳卒中発現やその後の死亡率は低下している
2014/07 BioToday 脳卒中経験患者の手術は重大有害心血管イベントを生じやすい
2014/07 BioToday 脳性麻痺患者との血縁がより強いと脳性麻痺をより生じやすい
2014/07 MT Pro ヘビメタのコンサートで硬膜下血腫/原因はヘッドバンギング,Lancetで症例報告
2014/07 Nature ヨーロッパのHBP(ヒューマン・ブレイン・プロジェクト)に対する科学者からの批判が強まっており、明確な方向性としっかりした運営体制が求められている。 Brain fog
2014/07 Nature HBP(ヒューマン・ブレイン・プロジェクト)の方針変更をめぐり、神経科学の研究者たちに深い亀裂が。 Row hits flagship brain plan
2014/07 news@nature.com 脳傷害で危険な赤ん坊の低体温の使用は長期障害の危険を少なくします。 Cooling protects oxygen-deprived infants Coolingは酸素で恵まれない幼児を保護します。
2014/07 BioToday 低体温治療を受けた周産期仮死新生児の6-7歳時の転帰は良好
2014/07 news@nature.com 負傷と病気に失われた頭脳の機能を回復する移植はディフェンス代理店からサポートを得ます。 Memory-saving devices snag US research funds
2014/07 朝日新聞 脳振盪、甘く見ないで 2度目のショックで死亡例も
 セカンドインパクト症候群
2014/07 Nature 神経の遠隔刺激用電気回路を体内に埋め込んで治療するというエレクトロシューティカル分野に、期待と関心が。 Electroceuticals spark interes
2014/07 読売新聞 脳卒中から5年内で死亡リスク10倍
 自殺や交通事故などで死亡するリスク

 以上、 →2014年7〜12月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー