老化の科学、高齢者の心理:
2014年

ほか「老化の科学、高齢者の心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 NHKクローズアップ現代 長寿の鍵は“口”にあり~口腔ケア最前線
2014/11 BioToday 中年の男と女は共に約3人に2人の割合で心血管疾患を発現しうる
2014/11 MT Pro おばあちゃんの肌が若返る,iPS細胞老化研究で可能性示す
2014/11 National Geographic JP 肥満は認知能力を低下させる?
2014/11 National Geographic Rise in Weight Linked to Cognitive Decline in Older Adults
2014/11 BioToday 高齢者がビタミンB補給しても認知機能は改善せず/無作為化試験
2014/11 NHKクローズアップ現代「ペットと孤立する高齢者~老いの日々をどう生きる~」  





2014/11 朝日新聞 若者は安定志向、シニアはチャレンジ精神 傾向くっきり
2014/11 毎日新聞 <ニホンザル>人に似て…年齢に比べ早い老化の症状を確認
 2歳で脳が萎縮し、糖尿病に特徴的な血液の数値も高い
 ウェルナー症候群など人間の早老症と症状が完全に一致するものはなく、人間で判明している原因遺伝子22個に異常はなかった
2014/11 読売新聞 生後8か月でしわだらけ、早老症サル発見…京大
2014/11 朝日新聞 早老症のサルを初確認、老化の解明に期待 京大霊長類研
2014/11 Science 加齢する脳
2014/11 Science 加齢に伴う脳の可塑性の変化:認知神経科学研究の新たな方向性
2014/11 Science 脳の加齢によって言語機能はどう変わるか:神経回路の劇的変化によって減衰する機能・維持される機能
2014/11 Science 高齢化社会の経済、及び社会への影響
2014/11 Science 加齢による認知機能の変化:運命は変えられるか?
2014/11 Nature 抗加齢薬に関する試験が、イヌを使って行われることに。 Pet dogs set to test anti-ageing drug
2014/10 AFP ココアの「フラバノール」で記憶力低下が改善、米研究
2014/11 BioToday 加齢に伴う海馬歯状回機能障害がココアフラバノールで改善しうる
2014/11 National Geographic JP 癌化促す細胞老化がハエにもあった
2014/10 朝日新聞 介護リハビリ後の自宅復帰希望、高齢者3割 家族は1割 
2014/10 BioToday 体重が重いと肝臓は早く老化するようだ
2014/10 BioToday 砂糖入り炭酸飲料と細胞老化指標テロメアの劣化の関連が示された
2014/10 BioToday ミトコンドリアの抗酸化能亢進で老化骨格筋の機能が改善しうる
2014/10 脳画像から運転能力を評価できる可能性 ~白質病変は高齢者の運転能力を有意に低下させる 東京大学生産技術研究所
2014/10 毎日新聞 <脳の劣化>「白質病変」あると 運転、まず右折苦手に
2014/10 UK Today (JAPAN JOURNALS) 高齢者が恐れる病気がんよりも認知症
2014/10 AFP 高齢者の嗅覚機能低下、5年以内の「死期」示唆か 米研究
2014/09 BioToday 高齢者の座り時間短縮とテロメア延長が関連
2014/09 MT Pro 高齢女性の脳卒中予防に高カリウム食が有効/米・9万例超の前向きコホート研究
2014/08 MT Pro 高齢者への非定型抗精神病薬使用で急性腎障害リスク上昇/カナダの住民研究で追認
2014/08 ワイアードビジョン  睡眠時間が短い人の脳は老化が早い 炎症の度合, 認知力, 脳の容積から、睡眠時間が少いと脳室が拡大、認知能力も低下する
 Sleep Duration and Age-Related Changes in Brain Structure and Cognitive Performance
2014/08 BioToday 米国高齢者の度を過ぎた癌検診は多く、害をもたらしうる
2014/08 BioToday 視床下部中間核抑制性神経の減少が高齢者の睡眠断片化と関連
2014/08 BioToday 定期的運動を始めると閉経後乳癌リスクはすぐに下がるようだ
2014/08 BioToday 高齢者の睡眠障害と自殺リスクがうつと独立して関連
2014/08 NatureJP 衰える血液幹細胞
2014/08 Nature 年取った造血幹細胞はストレスをためる Old blood stem cells feel the stress
2014/08 Nature 複製ストレスは老化した造血幹細胞の機能低下の強力な駆動因子である Replication stress is a potent driver of functional decline in ageing haematopoietic stem cells
2014/08 BioToday 老化に特有の腱タンパク質切断パターンが存在するようだ
2014/08 MT Pro 睡眠時間が短い高齢者では脳の老化が速い
2014/08 朝日新聞 ゴマや赤ワインの老化予防効果、細胞レベルで確認 京大
 抗酸化作用があるとされる赤ワインに多いポリフェノールやゴマ成分のセサミンを与えると、細胞の生存率が1~2割回復
 人工的に異常なたんぱく質がたまりやすくして観察
2014/07 本川・社会実情データ図録
 ひとり暮らし高齢者の比率の推移(主要国比較)
  日本のひとり暮らし高齢者は急増し1割を超えたが、もとから3分の1はひとり暮らしだった欧米や日本より急増した韓国よりは少ない
2014/07 朝日新聞 熱中症対策、水だけ補給は逆効果 高齢者は特に要注意
 水だけを補給すると体内の塩分濃度が薄まって尿が出やすくなり、かえって熱中症になりやすい
2014/07 本川・社会実情データ図録 ひとり暮らし高齢者の比率の推移(主要国比較) 日本のひとり暮らし高齢者は急増し1割を超えたが、もとから3分の1はひとり暮らしだった欧米や日本より急増した韓国よりは少ない
2014/07 読売新聞 アサガオの花、老化遺伝子あった…長持ち可能に
2014/06 BioToday ストレスホルモンは老化に伴う短期記憶障害をもたらす
2014/06 MT Pro フレイルの評価指数,高齢外傷患者の転帰予測に有用/前向きコホート研究で検討
2014/06 MT Pro シニカルな高齢者では認知症リスク3倍超/フィンランド・住民ベースのコホート研究
 他者への不信感が強い“シニカル”な高齢者
2014/06 読売新聞 「抗酸化」ふんだん「若返り弁当」…学会が開発
 日本抗加齢医学会
2014/06 読売新聞 細胞老化の仕組み、名市大グループが解明
 「細胞周期」から外れて老化するメカニズム
 分裂前の準備期で、がん抑制遺伝子のp53とRbたんぱく質が活性化し、分裂を回避して通常の2倍のDNA量を持ったまま増殖が止まっている
2014/05 BioToday メラトニン補助摂取で骨が強くなる/老齢ラット実験
2014/05 National Geographic Scientists Urge Study of Environmental Factors That May Speed Aging
2014/05 Nature 加齢における老化細胞の役割 The role of senescent cells in ageing
 老化細胞は、最近、がんに対する保護以外の複雑な生物学的過程における役割を持って、初期成長逮捕の後に一連の進歩的でさまざまの細胞内状態を表すために示されます。 進行の基礎となるメカニズムと鋭くて慢性の老化細胞の、より良い理解は新しい治療方針につながるかもしれません。
2014/05 血管の老化は、筋肉のエネルギー消費を妨げることを発見~肥満や糖尿病を悪化させている可能性~ 成果  科学技術振興機構(JST) 新潟大学
2014/05 本川・社会実情データ図録 高齢者の悩みやストレスの国際比較
日本の高齢者は、現状では、スウェーデンの高齢者とともに、欧米主要国の多くと比べて、健康問題も人間関係、生活費問題も悩みが比較的小さい
2014/05 本川・社会実情データ図録 コンビニの客層変化
コンビニエンスストアの中心的な利用客は若者層からシニア層へ大きく転換
2014/05 BioToday よく運動する高齢者は心拍変動が良好
2014/05 Science 血液中の若返り因子が高齢マウスの時間を巻き戻す
2014/05 Science 幼若マウスの全身性因子によってマウス老化脳の血管と神経幹細胞が若返る
2014/05 Science GDF11の全身濃度を回復させるとマウス骨格筋の年齢関連性機能障害が改善される
2014/05 National Geographic Swapping Young Blood for Old Reverses Aging
2014/05 National Geographic JP 若い血液との交換で若返りが可能?
2014/05 MT Pro 吸血鬼伝説が現実のものに?「若い生き血」の抗加齢作用に関する報告相次ぐ/Nature Medicine,Scienceにマウスモデル用いた実験結果
2014/05 スラッシュドット ジャパン 若い血液との交換で若返りが可能?
2014/05 BioToday 血中因子GDF11補充で老化マウスの脳や骨格筋が若返りうる
2014/05 BioToday 老齢マウスに若いマウスの血を入れると認知機能が改善しうる
2014/05 AFP 若い血液の輸血で認知機能が向上、マウス実験で確認 米研究
2014/05 朝日新聞 筋力・活力の老化は「フレイル」 学会が命名、予防提言
 米国老年医学会の評価法 
①移動能力の低下
②握力の低下
③体重の減少
④疲労感の自覚
⑤活動レベルの低下 のうち、三つ

2014/04 BioToday 感情鈍麻症状と脳萎縮が関連する  平均年齢76歳
2014/04 EurekAlert 高齢者でビタミンD欠乏と認識力関係  Study examines vitamin D deficiency and cognition relationship
2014/04 EurekAlert 認識的な運動能力は24歳でピークに達しました  Study says we're over the hill at 24
2014/04 EurekAlert シニアと睡眠薬: エンパワーされた高齢患者は賢明に選びます。  Seniors and sleeping pills: Empowered patients choose wisely
2014/04 BBC News Living organ regeneration 'first'
 生きている動物の老化した器官は初めて、DNA操作で若々しい状態に作り直されました。
2014/04 EurekAlert  身体機能と自立心は、高齢者で生活空間の移動性を決定します。  Physical function and sense of autonomy determine life-space mobility in older people
2014/04 EurekAlert  後半寿命認識力に、身体的活動は有益です。 1週間に少なくとも二度身体的活動に従事していた人は、それほどアクティブでなかった人より認知症の下側のリスクを持っていました。  Physical activity is beneficial for late-life cognition
 また、中年以降に身体的によりアクティブになるのが認知症危険を下げるのに貢献するかもしれない
2014/04 EurekAlert  高齢者で不整脈リスク高めにリンクされた鎮痛剤・抗炎症剤 Painkillers linked to heightened irregular heartbeat risk in older adults
2014/04 EurekAlert  定期的な有酸素運動は、高齢女性で記憶脳部位を向上させる。 Regular aerobic exercise boosts memory area of brain in older women 2014/04 Nature 老化時計の監視人 The clock-watcher  Biomathematicianスティーブ・ホルバートはエピジェネサインで人間の加齢を測定するきわだって正確な方法を発見しました。
2014/03 EurekAlert 1日あたり2個以上のダイエット・ドリンクを飲む閉経後の女性が心臓発作、ストロークまたは他の心血管障害をより持っているかも  Too many diet drinks may spell heart trouble for older women
2014/03 EurekAlert 癌化学療法が'分子老化'を加速する C researchers show cancer chemotherapy accelerates 'molecular aging'
2014/03 LiveScience 'Anti-Aging' Hormone May Actually Shorten Life
 'アンチエイジング'ホルモンは実際に寿命を短くするかもしれません。
精神的に、やりがいのある仕事は、引退のずっと後にあなたの心を鋭く保つかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Mentally challenging jobs may keep your mind sharp long after retirement
2014/03 BioToday 筋肉量が多い高齢成人はより長生きする
80代以上の 独居高齢者における口腔の知覚と認知機能
2014/03 EurekAlert  Cognitive function and oral perception in independently-living octogenarians
 阪大 池邉一典
2014/03 BioToday 味覚や口腔触覚能の低下は認知機能低下と関連しうる
高齢で、活動的で、自信がある脳卒中介護人は最も幸福です。
  自身の趣味と関心を楽しみ続けていたとき、ストローク介護人は、より幸福でした。
2014/03 EurekAlert  Older, active, confident stroke caregivers are happiest
2014/03 朝日新聞 睡眠、高齢者は量より質 厚労省が「新・睡眠指針」 
筋肉量の多い高齢者ほど、死亡率が低め
2014/03 EurekAlert  Older adults: Build muscle and you'll live longer
2014/03 BBC News Catching a yawn is 'linked to age'
 伝染性のあくびは、年をとるように疲労か感情移入より密接にリンクされます。
 高齢者はうつりにくい
高齢アメリカ人の2割は、飲み合わせの悪い処方をされている
2014/03 EurekAlert  One in 5 older Americans take medications that work against each other
自尊心を上げると、高齢者の健康上の問題は防がれます。
2014/03 EurekAlert  Boosting self-esteem prevents health problems for seniors
高い蛋白食(特に動物性たんぱく質)は、年配の個人が物理的に、心理学的に、社会的により高いレベルで機能するのを助けるかもしれません
2014/03 EurekAlert  Diets high in animal protein may help prevent functional decline in elderly individuals
2014/03 【日本語ブログ】動物性タンパク質の多い食事は高齢者の機能低下予防の効果がある、国立健康栄養研究所
高齢者はがん治療への適切なアクセスを拒みがち。
2014/03 EurekAlert  'Older people denied proper access to cancer care' according to Queen's study
2014/03 NHKためしてガッテン 30代で骨粗しょう症!?意外な真犯人&驚きの新薬
2014/03 National Geographic Q&A: Genome Pioneer Craig Venter Plans Largest Human Genome Project to Aid Longevity
2014/03 BioToday 老化疾患の治療を見つける新会社をCraig Venter氏等が設立
2014/03 EurekAlert  UF researchers find drug therapy that could eventually reverse memory decline in seniors
 記憶力衰退を逆にすることができた薬物療法
ドラッグは、ストロークのリスクがそんなに高くないときに、ストロークを避けるためにしばしば80代の人々に処方されます、そして、ドラッグには、反対側効果があって
2014/02 EurekAlert  Over 80s often over-treated for stroke prevention
 80才以上の高齢者、脳卒中リスクがさほど高くなくても脳卒中予防薬を投与されると逆効果
ビタミンD不十分な高齢者は、免疫機能で妥協した傾向があります
2014/02 EurekAlert  Vitamin D deficiency may compromise immune function
2014/02 MT Pro 中高年の身体機能低下が糖尿病発症リスクに/米 Health and Retirement Study のデータを解析
高齢の親は頻繁に彼らの中年の子を援助します
  この援助に関する知覚はメンタル・ヘルスに影響するかもしれません
2014/02 EurekAlert Parents' attitudes about helping their grown children affect their mental health
2014/02 BioToday 座っている時間が長くなるほど日常的動作障害リスクが高まる
 60歳以上の高齢成人2286人の試験の結果、座位時間が1時間増える毎に日常生活動作(ADL)に支障をきたすリスクが46%高まる
高齢者でアクティブな甲状腺は、うつの危険を上げるかもしれません。
2014/02 EurekAlert  Active thyroid may raise risk of depression in older individuals
2014/02 BioToday 甲状腺がより活発な高齢者はうつ病発現リスクが高いようだ
朝に低く、晩の高いコルチゾール値は、高齢者で虚弱に貢献します
2014/02 EurekAlert  Stress hormone linked to frailty
2014/02 BioToday コルチゾール日内変動の異常と高齢者の脆弱さが関連する
男性がどう彼らの老後にアプローチするか
  どれくらい満足であるかが人口の約80パーセントにおいて比較的安定したままで残っている
  「苦労」に対処するという不幸の認知は、65-70歳から悪くなる傾向。
 考えられる原因は、配偶者か友人の健康問題、認知機能低下またはご逝去です。
2014/02 EurekAlert  Aging men: More uplifts, fewer hassles until the age of 65-70
幹細胞は筋肉をより強くします
2014/02 news@nature.com  Regenerative medicine: Stem cells make muscles stronger
2014/02 Nature 老いた筋肉の遺伝学的若返り Genetic rejuvenation of old muscle
2014/02 Nature 老化した筋幹細胞は可逆的静止状態から老化状態へと転換する Geriatric muscle stem cells switch reversible quiescence into senescence
2014/02 NatureJP 筋肉が老いるとき
2014/02 EurekAlert  Turning back the clock on aging muscles?
晩年に自営業になる理由は性、文化で異なります。
2014/02 EurekAlert  Reasons for becoming self-employed in later life vary by gender, culture
60歳以上では、1日に座ることを費やす時間は、どのくらい運動するかにかかわらず障害者にされるという危険を倍増させうる
2014/02 EurekAlert  New sitting risk: Disability after 60
 座りっきりは運動不足とほとんど同じくらい障害の強い危険因子です
2014/02 MT Pro 閉経後のエストロゲン単独療法で緑内障リスク低下の可能性
不十分な睡眠が50歳以上の広範囲の痛み開始の最も強くて、独立している予言者である
2014/02 EurekAlert  Could restless sleep cause widespread pain in older folks?
浅い眠りが高齢者の広範囲の痛みを引き起こす場合
一人暮らしの高齢者が倒れて動けない状態を感知するシステム
2014/02 EurekAlert  Helping preserve independent living
私たちが年をとるのに応じて、私たちを幸福にするものは、変化します。
2014/02 EurekAlert  YOLO: Aging and the pursuit of happiness
運動は網膜変性を遅くするかもしれません。
2014/02 EurekAlert  Exercise may slow retinal degeneration
 適度な有酸素運動は、加齢黄斑変性症のモデルの網膜機能を保存するのを助けます。
2014/02 EurekAlert  Exercise may slow progression of retinal degeneration
2014/02 BioToday 有酸素運動で網膜変性を抑制しうる
栄養剤が高齢者で認識能力を改良する
2014/02 EurekAlert  Nutritional supplement improves cognitive performance in older adults, study finds
 酸化防止剤豊富な栄養剤の高齢者の精神能力への効果を調査
 ブルーベリーや緑茶抽出物を含むサプリメントが、認知処理速度を改良する
2014/02 BioToday 栄養補助剤NT-020で高齢者の認知処理が改善/無作為化試験
年齢で高齢ドライバーを判断しないでください
 一律 取消しよりむしろ彼らの運転を自己規制するよう奨励します。
2014/01 EurekAlert  Don't judge older drivers by age: QUT study
2014/01 朝日新聞 歯がない人ほど肺炎に 細菌で感染、名古屋大など調査
聴覚の衰えた高齢者ほど、脳の萎縮の進みが速い
2014/01 EurekAlert  Hearing loss linked to accelerated brain tissue loss
入院した65歳以上の大人達の半分は代理の意思決定者を必要とします。
2014/01 EurekAlert  Regenstrief, IU study: Half of hospitalized adults over 65 need surrogate decision-makers
2014/01 LiveScience Happier People Keep Healthier as They Age
 年をとるとき、幸福な人々は、より健康なままです。
2014/01 BioToday より楽しく生きている高齢者は身体機能が衰えにくい
高齢の脳が記憶力イマイチなのは、認知能力がどうのより、知識の量を増加させる過程に時間を食うようになるため
2014/01 EurekAlert  Older brains slow due to greater experience, rather than cognitive decline
2014/01 BioToday 老化による認知作業の遅れは情報増加に起因するようだ
2014/01 【日本語ブログ】老人の思考が鈍るのは認知能力の低下によるものではなく経験による情報量の増加が原因
2014/01 National Geographic An Aging Brain Is Still Pretty Smart
2014/01 National Geographic JP 脳機能の老化は知識量の増大も要因
2014/01 LiveScience The Myth of Age-Related Cognitive Decline
視力障害者の65パーセントと盲目の82パーセントが50歳以上である
2014/01 EurekAlert  Researchers collaborate to reduce effects of the aging eye
高齢者の脳トレ効果は定かにあらず
2014/01 LiveScience Elderly Brain Training Benefits Not Clear
ダンスとバーチャルリアリティ 年配の女性の尿失禁に関する有望な治療
2014/01 EurekAlert  Dance and virtual reality: A promising treatment for urinary incontinence in elderly women
認識的なトレーニングの恩恵は高齢者で10年続くことができます。
2014/01 EurekAlert  Benefits of cognitive training can last 10 years in older adults
抗酸化剤Tiron
  皮膚が、より長い間より若く見えながら滞在するのを助けるかもしれません。(Tironは何人かのタイプの日焼けによる損傷に対する総保護を提供します)。
2014/01 EurekAlert  Fresh faced: Looking younger for longer
2014/01 Nature 生命系統樹全体にわたって見られる老化の多様性 Diversity of ageing across the tree of life
2014/01 NatureJP 老化の仕方は種によってさまざま
2014/01 【日本語ブログ】種によって異なる老化
高齢の消防士は熱耐性が高め。
2014/01 EurekAlert  Older firefighters may be more resilient to working in heat
 より年取った消防士が繰り返された職業的な熱のストレス暴露による長期の熱の適合の兆候を示すかもしれない
よく運動していたティーンエイジャーは晩年に心臓発作が少なめ。
2014/01 EurekAlert  Fit teenagers are less likely to have heart attacks in later life
人種差別は、アフリカ系アメリカ人の男性で老化を加速するかもしれません。
2014/01 EurekAlert  Racism may accelerate aging in African-American men
2014/01 National Geographic Your Aging Brain Will Be in Better Shape If You've Taken Music Lessons
 あなたが音楽のレッスンを取ったなら、あなたの老齢脳が、より良い形であるでしょう。
カロリー制限と同じアンチエイジング効果を引き起こすためにどの遺伝子を「オフにすることができるか」を予測するコンピュータ・アルゴリズムを開発
2014/01 EurekAlert  Turning off the 'aging genes'
2014/01 BioToday  発現抑制で老化を阻止しうる遺伝子同定アルゴリズムができた

 以上、 →2014年の記事でした


→ 「老化の科学、高齢者の心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー