教育、子ども、乳幼児~思春期:
2014年7〜12月

ほか「教育、子ども、乳幼児~思春期」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 BioToday 妊婦の多種微量栄養素補充で乳児死抑制できず/バングラディシュ
2014/11 BioToday 一時より終日預かりの方が就学に必要な技能や健康がより整う
2014/11 BioToday 就学前小児の言語発達遅延の検診は支持も否定もできない/USPSTF
2014/11 BioToday 乳幼児の咳がプラセボで治まることが無作為化試験で示された





2014/10 スラッシュドット ジャパン 幼少期のネグレクトと注意欠陥多動性障害との関連性
 幼少期の3年間をこうした施設で過ごした子供は、衝動の抑制や集中力に 関わる大脳皮質の組織が薄くなっている
2014/10 Evolution and Human Behavior  What the future held: childhood psychosocial adversity is associated with health deterioration through adulthood in a cohort of British women 未来が保持したもの: 幼年期の心理社会的な逆境はイギリス人の女性の群で成人期までの健康劣化に関連しています。
2014/10 BioToday [医学] リーダー格の母親からの遊戯指南で小児の認知や言語が改善
2014/09 BioToday [医学] 受精から2歳までの約1000日間は十分なビタミンEが特に不可欠
2014/09 【日本語ブログ】乳児期の言語獲得の遺伝的影響
2014/09 MT Pro わが国の小児多発性硬化症の特徴が全国調査で明らかに/視力低下や痙攣による初発が海外より高率
2014/09 【日本語ブログ】出生時体重と母乳栄養がその乳児のその後の人生における健康を左右する
2014/09 毎日新聞 <赤ちゃん>「教えたがり」…受動的な子供観見直しも
 1歳半の赤ちゃんが「あのおもちゃ、見たことないでしょ」などと相手にとって未知の物を推測し、指をさして教えている
 九州大の研究チーム
2014/09 朝日新聞 1歳児、すでに「教えたがり」 九大実験で判明
2014/09 Science 乳児期の食事は免疫系に持続的な影響を与える Infant Diet Has Lasting Effects on Immune System
2014/08 BioToday 幼少期の一過性の腸内微生物妨害で肥満化体質が確立しうる
2014/08 Nature 武力紛争のトラウマによる子どもの精神疾患に、関心と取り組みが必要だ。 Save the children
2014/08 BioToday 小児期の成長ホルモン使用と出血性脳卒中リスク上昇が関連
2014/08 Science 将来の味覚
2014/08 Evolution and Human Behavior  Developmental changes in children's facial preferences 子供の顔の好みにおける発達上の変化
2014/07 読売新聞 児童・園児、4人に1人が虫歯…鼻などアレルギー増加傾向
2014/07 BioToday 通説とは異なり、読み技能の発達は小学4年以降も続くようだ
2014/07 朝日新聞 乳幼児の車内放置、絶対ダメ 5分で熱中症になる恐れも
2014/07 Science 子どもの成長に焦点
 2014年9月までには、国連の作業部会は総会の国連の事務総長と社長に持続可能な開発Goalsに関する最終報告書を提示するでしょう。 これらの目標(ミレニアム開発目標の後継者)が2030を通して世界的な行動を案内するので、初期児童の発育がこの枠組みでまだ事実上記述されていないのは、不運です。
児童の発育に投資するのは、改良された健康、経済的、そして、社会的な結果の基礎です。 「正しく」始めの頃を得ないのは乱暴な振舞い、憂うつ、非伝染性疾病の、より高いレート、および低賃金にリンクされます、そして、それは否定的に国の国民総生産に影響します。
児童の早期発育が有効に記述されないと、国は貧困にロックされるでしょう、そして、持続可能な開発は達成されないでしょう。



 以上、 →2014年7〜12月の記事でした


→ 「教育、子ども、乳幼児~思春期」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー