妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産:
2014年7〜12月

ほか「妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 BioToday 新生児へのビタミンA補給の一貫した生存改善効果示せず
2014/12 AFP 妊婦のプラスチック化学物質への暴露、子どもの知能指数低下と関連か
2014/12 読売新聞 胎児感染を防げ…難聴などの原因、サイトメガロウイルス
 産科医へ対応マニュアル 難聴や脳障害などの原因
2014/12 読売新聞 難聴などの原因ウイルス、初の胎児感染予防策
2014/12 BioToday 太り過ぎや肥満の妊婦の乳児は死亡リスクが高い
2014/12 MT Pro 胎内高血糖曝露が成人期女性での肥満のリスクに/第30回日本糖尿病・妊娠学会で報告





2014/11 東京新聞 虐待防止、妊娠期から継続支援を 厚労省専門委
 虐待による死亡事案のうち1歳未満の赤ちゃんが犠牲となるケースが多い
2014/11 BioToday 生体腎を提供した女性は妊娠時に高血圧や高血圧腎症を生じやすい
2014/11 MT Pro 日本の産科医は何歳まで分娩を取り扱っている?/最新の勤務実態調査で明らか
2014/11 本川・社会実情データ図録 市区町村別合計特殊出生率(上位・下位市区町村のみ)
  鹿児島県伊仙町が2.81でトップ、京都市東山区が0.77 で最低。最上位地域には九州・沖縄の島しょ部が多く、最下位地域には東京、大阪、京都の都心部が多い。
2014/11 読売新聞 早産児治療 痛み少なく…学会で指針案
 早産児らが採血や注射などを受ける際の痛みを和らげるケアの方法を示した指針案
 早産児治療の痛み緩和へ…体包む・採血前に甘味
2014/11 読売新聞 「もらい乳」32施設で実施、無殺菌で感染例も…厚労省研究班調査
 全国の新生児集中治療室(NICU)の25%が実施
2014/11 BioToday 薬による中絶の自己評価で妊娠継続の見過ごしあり/無作為化試験
2014/10 朝日新聞 分娩医、10年後に地方で急減 日産婦など試算
2014/10 BioToday 早産対策の出生前ステロイドで新生児死が増加/低~中所得国試験
2014/10 BioToday 高齢の女性から生れた子供ほどミトコンドリアDNA変異が多い
2014/10 BioToday [医学] 妊娠前の健康的生活は妊娠糖尿病を防ぎうる
2014/09 BioToday 出産予定日推定に関するガイドラインを米国産科婦人科学会が発表
2014/09 BioToday 自閉症の子の母親は妊娠の少し前~授乳期の鉄摂取が少ない
2014/09 BioToday [医学] 妊婦の硫酸マグネシウム摂取と子の就学期転帰改善は結びつかず
2014/09 中央日報@韓国  ソウルの妊婦、4人中3人は30歳以上
2014/08 BioToday [医学] 早産児へのEPO投与とMRI所見に基づく脳損傷リスク低下が関連
2014/08 BioToday 妊婦はツナを一切控えるべき/Consumer Reports
2014/08 BioToday てんかん女性の妊娠中の抗てんかん薬使用と流産は関連しない
2014/08 Science 将来の味覚
妊婦はアドバイスで妊娠している間に食べるべきものと母乳で育てるのに関して友人、家族、および医師から弾幕砲火を浴びせられます。 そのアドバイスの大部分は、栄養に焦点を合わせられましたが、最近の何年もの科学者で早めの食物経験の別の重要な一面を探検し始めました--風味。 甘味への愛や苦味への反感などのいくつかの好みが遺伝学的に決定していますが、証拠の増加しているボディーは、異なった風味のための私たちの特有の傾向の大部分が先天的であるのではなく、かなり学識があると示唆します。 本当に、人間の幼児と動物での研究は私たちが、子宮と同じくらい早く異なった風味を学んで、愛し始めるかもしれないのを示します。
2014/08 毎日新聞 <京都大>「早産ほど赤ちゃん高い声で泣く」発表
2014/08 朝日新聞 早産の赤ちゃん、高い声で泣く? 神経の働きが影響か
2014/08 BioToday 分娩後出血傾向の個人差の約30%が母親の遺伝/環境要素に由来
2014/08 BioToday 早産リスク妊婦の半数が有益な出生前薬物治療を受けれてない
2014/08 BioToday 逆子の帝王切開の増加で周産期転帰が改善/オランダ
2014/08 MT Pro 妊娠中のニコチンパッチ使用から2年,児への影響は?/SNAP試験のフォローアップ解析
2014/08 Science 子宮内低栄養により成体での精子メチロームと世代間代謝が障害される
2014/08 Science 早産:多くの病因を持つ1つの病理現象
2014/08 Science 受胎前からの子育て
2014/08 Science 母親の精神疾患
 合衆国では、500000人以上の女性が、毎年、産後抑鬱症を経験します。 十代と低所得母親の中では、レートは4のうちの1です。 多くの落胆している母親に関しては、兆候は、妊娠中に始まって、また、心配を無能にするのを含むかもしれません。
 動物実験は可能な相互接続された貢献者を強調しました、ホルモンの調節異常、視床下部・下垂体・副腎系、遺伝的脆弱性、および後生的な効果の異常を含んでいます。 社会的で行動の研究は出産前後期の憂うつの社会人口統計学的な予言者を明らかにしました、憂うつの経歴、低い社会経済的な状態、社会的支援の不足、およびストレスが多い生活上の出来事を含んでいます。
2014/07 BioToday 女性の赤血球葉酸濃度上昇と子の神経管欠損リスク低下が関連
2014/07 朝日新聞 先天異常率「全国と同じ」 厚労省、福島の赤ちゃん調査
2014/07 BioToday  流産や死産の経験がある女性は冠動脈心疾患を生じやすい
2014/07 BioToday 後に離婚しやすい不和な夫婦は女児をよく授かる
2014/07 BioToday ホルモン避妊をしていた女性は妊娠糖尿病を生じやすい
2014/07 BioToday  妊娠中~産後の看護師家庭訪問で母親や子の長期生存が改善
2014/07 Science 栄養不良が精子に及ぼす世代間影響 Poor Nutrition’s Intergenerational Influence on Sperm
 妊娠マウスのカロリー制限はその子孫の精子に影響を及ぼす可能性
 発達時にある胎仔のメチル化が、この低栄養環境により変化する
2014/07 news@nature.com  Starvation in pregnant mice marks offspring DNA
2014/07 朝日新聞 妊婦に抗がん剤、子どもに影響なし 乳がん患者を調査
2014/07 BioToday 末っ子をより遅くに生んだ女性は長生きする
2014/07 スラッシュドット ジャパン 「35歳を超えると妊娠しづらくなる」説、現代における統計的な根拠はない?
 比重が高まるのは40歳~41歳ぐらいから

 以上、 →2014年7〜12月の記事でした


→ 「妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー