免疫、進化疫学、進化医学:
2014年4〜6月

ほか「免疫、進化疫学、進化医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 BioToday 肥満や2型糖尿病と腸内細菌レベルの関連が示された
2014/06 BioToday 西アフリカで進行中のエボラ流行は過去最大となった
2014/06 BioToday イエダニアレルギー舌下錠は有効~治療後も効果は持続する
2014/06 Nature 危険な病原体の研究にはリスクが伴うものであり、研究による恩恵とリスクの厳しい見極めが必要だ。 Biosafety in the balance
2014/06 BioToday 絶食は幹細胞を満たして化学療法や老化による免疫低下を防ぐ
2014/06 BioToday 食事成分の腸内微生物への影響は他の成分によって変化しうる
2014/06 BioToday きつい運動は食事と相まって腸内微生物多様性を高めるようだ
2014/06 National Geographic JP アレルギー物質放出の仕組みを解明
2014/06 読売新聞 怖い歯周病菌、のむと内臓等にダメージ…立証か
 歯周病の原因となる細菌をのみ込むと腸内細菌が変化して様々な臓器や組織に炎症を起こす
2014/06 毎日新聞 アレルギー:反応起こすたんぱく質特定 新薬開発に光
2014/06 Nature 腸内TH17細胞が示す共生細菌抗原に限定された特異性 Focused specificity of intestinal TH17 cells towards commensal bacterial antigens





2014/05 news@nature.com 胎児細胞は暗記力が強い。 Immunology: Fetal cells have a good memory
2014/05 news@nature.com 栄養学的介入は腸の微生物叢を回復できません。  Malnutrition in children mars gut microbiome  栄養失調は腸内細菌叢を損なう
2014/06 National Geographic JP 栄養失調の子供が“追い付けない”理由
 栄養失調の乳幼児の消化管では微生物の生態系が確立されていない
2014/06 National Geographic Why Can’t Once-Malnourished Children “Catch Up”? Answer May Lie in Gut
2014/06 Nature 未成熟な腸内細菌叢 Immaturity in the gut microbial community
2014/06 NatureJP 栄養不良への腸内微生物叢の応答
  微生物叢の未成熟は、広く用いられている2種の栄養学的介入では完全には改善されない
2014/05 news@nature.com 胸腺の老いたT細胞に取って代わる新しい細胞
2014/05 Science 深刻なウイルス、西半球を征服へ
2014/05 BioToday 生後1年間の抗生剤使用と喘息リスク上昇の関連が示された
2014/05 BioToday 生後1年間の抗生剤使用と後の喘鳴発現リスク上昇が関連する
2014/06 スラッシュドット ジャパン 赤ちゃんのうちに様々なバクテリアに晒されると、アレルギーを発症しずらくなる
2014/05 BioToday プロバイオティクス細菌から磁性細菌ができた
2014/05 Nature ヒトの全身にわたる微生物群集タイプの動態と関連性 Dynamics and associations of microbial community types across the human body
2014/05 朝日新聞 腸の難病、健康な人の便で治療? 慶大病院が臨床試験
2014/05 産経新聞 肥満、第3の要因に「腸内細菌の変化」 伝統的な和食で予防可能
2014/05 NatureJP 食細胞での活性酸素種産生
2014/05 Nature 途上国でも抗生物質の入手が容易になってきているものの、法整備が追いついておらず、耐性菌が深刻な問題に。 Antibiotic resistance sweeping developing world
2014/05 news@nature.com 肥料からの薬物耐性 Microbiology: Drug resistance from manure
2014/05 Science 白血球における自己免疫疾患および神経変性疾患リスクアレルの影響の偏り
2014/05 National Geographic JP 薬剤耐性菌の感染拡大、世界で脅威に
2014/05 スラッシュドット ジャパン 世界保健機関、抗生物質が多くの国々で効かなくなってきていると警告
2014/04 AFP 無害の細菌が急速に“人食い”へ進化
2014/04 BioToday 良く寝るとNFκB活性が亢進して感染症抵抗性が高まりうる
2014/04 news@nature.com  Ancient bones show signs of struggle with coeliac disease
 古代の骨は、セリアック病戦いサイン グルテン不耐性の裕福な若い女性は、食を変えることによって、それを管理しようとしました。
2014/04 理研 腸管免疫系と腸内細菌の共生関係の構築に必須の分子を発見
2014/04 news@nature.com 殺生物剤はバクテリアの結合を上げます。  Antimicrobials: Biocide boosts bacterial binding
2014/04 EurekAlert 現代の狩猟採集民の腸内細菌を解読  Lifestyle determines gut microbes
2014/04 EurekAlert ゲノム疫学  New tool advances investigations of disease outbreaks
2014/04 EurekAlert  台所はマルチ薬剤耐性菌の源です。   Kitchens are a source of multi-drug resistant bacteria
2014/04 MT Pro 花粉症に対する舌下免疫療法薬が米国で初承認
2014/04 日本経済新聞 花粉症、10月にも新治療 舌裏にスギのエキス滴下
2014/04 NatureJP 鳥インフルエンザウイルスの進化史
2014/04 National Geographic New Gene Map of Deadly Bird Flu Points to Pandemic Concerns
2014/04 EurekAlert  ワクチン接種に続いて起こる体臭変化  Body odor changes following vaccination これは免疫活性化による身体上におい変化の最初のデモンストレーションです。
2014/04 BioToday ワクチン接種で体臭が変化しうる/マウス実験
2014/04 EurekAlert 疝痛を伴う幼児にプロバイオティクスを与えるのは今日発行されている大きいトライアルに従ってどんな利益も持っているように見えません。  Probiotics do not help infants with colic
2014/04 LiveScience Probiotics Don't Help Fussy Babies
2014/04 BioToday プロバイオティクス乳酸菌の乳児疝痛抑制効果認められず
2014/04 Nature ビタミンAは免疫にも重要 A is for immunity
2014/04 NatureJP ビタミンAは仔の免疫に必要とされる
DNAにおける化学パターンの分析は病気について説明するための見込みを示していますが、わずかな結果しかまだ模写されていません。
2014/04 news@nature.com  Epigenomics starts to make its mark

 以上、 →2014年4〜6月の記事でした


→ 「免疫、進化疫学、進化医学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー