性格/性向/感情/幸福感:
2006年

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 人生向き不向き


罪を洗い清める ー マクベス効果
Washing Away Our Sins -- The Macbeth Effect
 清潔な人はよく信頼される 肉体的な清濁と倫理的な清濁の心理的互換性
2006/09 【日本語記事】 Science日本版
名前で分かる!?——事故を起こしやすいドライバーはこの人!
2006/07 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
本好きは遺伝するか否か 〜Twins' Early Development Study (TEDS)
 環境や教育だけではどうにもならない部分もある
 遺伝だけで決まらない部分もある
2006/04 WebMD Whether Or Not Children Will Love Books Is Linked To Genes

past 年齢と性格 成長と人格


2006/08 EurekAlert Personality predictors of intelligence change from younger to older adulthood
若者からより年をとった成人期への知性変化のパーソナリティ予測指標
 若いときの知性指標は新奇探求傾向
 老いては愛想の悪さが知性指標
三つ子の希望、百までも
 あなたの人生の見通しが明るいか否かは、幼いときの経験しだい
 貧困家庭出身者は悲観的
2006/07 EurekAlert Your outlook in life is forged in childhood
仕事の能力、子供時代が左右=多様な体験で「目標持ち率先」−民間シンクタンク
2006/07 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
三つ子の行動、思春期の非行を予測でき
2006/07 EurekAlert Early childhood behavior predicts adolescent alcohol and drug use
2006/06 New Scientist People do mellow with age, brain scans suggest
2006/06 BBC News The brain gets 'mellow' with age
2006/05 Science Violent Developments: Disruptive kids grow into their behavior
New research has identified a spectrum of interacting elements that contribute to impulsive violence in young people.
あなたがだまされやすいのは逆境で育ったから
2006/05 BBC News Hard knocks make gullible adults
完全主義者の父、青少年期の我が子において摂食障害傾向を強めてしまう
2006/05 EurekAlert Perfectionist fathers can reinforce tendencies
2006/04 EurekAlert Seniors look on the bright side
 Dwindling time fuels happier outlook
年代によって異なる感情影響
2006/03 EurekAlert Mood affects young and old differently, study finds
中学までに自然に親しんでないと環境問題に無関心な大人になりますよ
2006/03 EurekAlert 'Wild' nature play before age 11 fosters adult environmentalism
40代の大人ってけっこう孤独
2006/03 EurekAlert One in three adults are lonely, especially people in their forties
2006/03 BBC News Forties 'are the lonely decade'
次の子が生まれる前に良い人間関係に接していた長子、兄弟関係を良く保つ
2006/01 EurekAlert Study links early friendships with high-quality sibling relationships
2006/01 PhysOrg.com(UPI) Study: Early friendships good for children

past 感情の進化心理学


ヒトにみられる偏狭な利他行動
2006/08 Nature Parochial altruism in humans  10.1038/nature04981
天気と犯罪 天候と進化心理学
2006/08 ヤフー/Washington Post Science: Human Behavior
the link between hot weather and crime *
市場と進化心理学
 利口な投資家さえ、感情で失敗する  トクより損に過敏な私たち
2006/01 Stuff.co.nz Even the canny investor falls prey to emotion
まずは日本の「カワイ〜!」中毒をごろうじろ
 キティちゃんを飾りまくるトラックの運ちゃん 警察だってピーポくん
 かわいさの進化心理学
2006/01 New York Times The Cute Factor

past 社交性  母性  オキシトシン


2006/12 Anthropology News 47(9) Learning From "Damaged Goods"
刑事司法専攻の学生は感情移入テストの成績が最低 Criminal Justice
社交性ニューロン 群れる鳥と群れない鳥の脳比較
2006/10 EurekAlert Groups and grumps: Study identifies 'sociality' neurons
母性という脳改変
2006/01 ScienCentral Mommy's Brain





past 感情と判断 政治経済、消費行動


好きでもあり、嫌いでもあり
2006/10 EurekAlert Emotionally ambivalent workers are more creative, innovative
心情的に相反する感情を持つ労働者は、より創造的で、革新的である
people who feel mixed emotions interpret the experience as a signal
混ざり合った感情を抱いている人々は、経験を異常な環境におかれているサインだと解釈し、
創造的な思索能力を駆使することによってなんとか状況に対処しているわけで
非合理的なヒトの脳 The Irrational Human Brain 判断と感情
2006/08 【日本語記事】 Science日本版
ヒトの脳における気分や偏見と合理的な意思決定の関係 フレーミング効果と扁桃体
Frames, Biases, and Rational Decision-Making in the Human Brain
2006/08 【日本語記事】 Science日本版
2006/08 EurekAlert Irrational decisions driven by emotions
おてんとうさんがみているから正直者なんだよ パノプティコン
2006/06 EurekAlert 'Big Brother' eyes encourage honesty, study shows
2006/06 New Scientist Big Brother eyes make us act more honestly
2006/06 BBC News Big Brother eyes 'boost honesty'
正直の秘密は意外に単純!?——「他人の視線」を意識すると、人は不正を避けようとする
2006/06 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
人間、運転中に眠気を感じても運転を続けてしまうもんなんですよ
2006/06 EurekAlert People keep driving even when sleepy
2006/06 Scientific American News: Scientists Identify Brain Region Responsible for Calculating Risk versus Reward
神経:眼窩前頭皮質ニューロンは経済的価値を符号化する
2006/05 Nature Neurons in the orbitofrontal cortex encode economic value
人々は、メンバーがフリーライダーを罰することができるグループに属することを好む
2006/04 EurekAlert People prefer belonging to groups in which members can punish freeloaders
2006/04 PhysOrg.com Punishment linked to profits, says study
2006/04 Scientific American Threat of Punishment Is Key to Cooperation
ネガティブな感情の出所を確認することは、判断に対する感情影響を大幅に減らす
2006/01 EurekAlert Identifying the source of negative emotions greatly reduces their influence on unrelated decisions
脳:他人の公正さを知覚することによって共感的神経反応が調節される
2006/01 Nature Empathic neural responses are modulated by the perceived fairness of others
迷信ってけっこう経済にダメージ与えているかも
 13日の金曜日恐怖には古来からの由緒がございまして
2006/01 National Geographic Friday the 13th Phobia Rooted in Ancient History
役割モデルは倫理的行動に影響する
2006/01 EurekAlert Role models influence ethical behavior
 役割モデルがジャーナリストやコーチだと、倫理的にヤバイ行動も選択しがち(道理より目的優先)

政治


2006/07 EurekAlert Political allegiance impacts brain's response to candidates
政治的な忠誠は、候補者への脳の反応に影響を与える
政治は理屈じゃなく感情的
 ネポティズム、認知的不協和回避、集団成極化現象の脳スキャン
2006/01 EurekAlert Emory study lights up the political brain
2006/01 New York Times A Shocker: Partisan Thought Is Unconscious
2006/01 MSNBC Political bias affects brain activity

past 幸福感


与える喜び
2006/12 ScienCentral Joy of Giving
"'Tis Better to Give Than Receive"
2006/12 【日本語記事】 中央日報@韓国 「韓国人の幸せ指数は69.1点
民族的アイデンティティを獲得しているお子さん、幸せめ
2006/10 EurekAlert Ethnic identity gives teens daily happiness boost
家庭内暴力オヤジのもとで育った息子
 オヤジのことをあまり育児に関与しない存在だとみなし、愛されていた感が少なめ
 世の中の良し悪しもじゅうぶん教えてはくれなかった
 のちに息子が家庭内暴力オヤジになる率も高率
2006/10 EurekAlert Growing up in a violent home: New study reveals secrets between sons and fathers
お幸せに
2006/08 EurekAlert Depressed people benefit more from marriage than others
うつっぽい人々は結婚からより多くの利益を得る

2006/07 EurekAlert University of Leicester produces the first-ever 'world map of happiness'
The 20 happiest nations in the World are:
デンマーク スイス オーストリア アイスランド バハマ
フィンランド スェーデン ブータン ブルネイ カナダ
アイルランド ルクセンブルグ コスタリカ マルタ オランダ
アンティグア・バーブーダ マレーシア ニュージーランド ノルウェー セイシェル
Other notable results include:
23. USA
35. Germany
41. UK
62. France
82. China
90. Japan
125. India
167. Russia
The three least happy countries were:
176. Democratic Republic of the Congo
177. Zimbabwe
178. Burundi
2006/07 New Scientist Wealthy nations hold the keys to happiness

西洋的”豊かさ”指標=幸福とみなして社会データから割り出すか、実際に住人の心理調査をした上で文化差もかんがみて割り出すか、比較指標の取り方しだいで結果はえらい違ってくる。


選択の自由が幸福度で優るというわけではない
2006/07 EurekAlert Freedom to choose won't make you happier
  there is frequently no difference between how happy people are as a result of making a
choice themselves or having a choice made for them.
世界で一番幸せな国:バヌアツ
 人類が幸せになるのに地球を荒らす必要はないぞ
 富や消費は幸福にはつながらないことをもうそろそろわかれよ
2006/07 BBC News Happiness doesn't cost the Earth
地球上で最も幸せな国はバヌアツ  英シンクタンク公表
2006/07 【日本語記事】 asahi.com

英国の独立系シンクタンク公表 対象178カ国「地球幸福度指標」日本95位、英国108位、米国150位 地球幸福度指標とはHappy Planet Indexのことで、この数値は地球上で最も幸せな国を調べるものではなく、人間の幸福(human well-being)と生態学的効率(ecological efficiency)との関係を表す尺度とのこと。
老いたくない? 老後は悲惨という間違い
 若人は老後が不幸だと思い込み、老人は過去の思い出を過大評価
 実際は幸福度計測でハッピーなのは高齢期
2006/06 EurekAlert Hope I die before I get old?
 Study finds attitudes about aging contradict reality
青年は青少年より幸せです ちゃんと人生やっている感アップ 特に女性で
2006/05 EurekAlert Young adults happier than adolescents
2006/05 BBC News Britain's happiness in decline
BBCの新シリーズ「幸福の科学」
2006/04 BBC News The science of happiness
脳の「喜び回路」スイッチ
2006/03 EurekAlert Pitt researchers find 'switch' for brain's pleasure pathway

マテリアリズム 金銭欲


「金があれば幸せだ」ってのはたいがい実態にそぐわないデマなんですよ
2006/07 ScienceDaily Link Between Income And Happiness Is Mainly An Illusion
収入が多いと幸福になれるという話は、ほとんどウソである
金の話にさらすと人間は社交性を失う
2006/11 【日本語記事】 Science日本版 良くも悪くもお金は人を自立させる
For Better or Worse, Money Encourages Self-Sufficiency
コインの両面:良かれ悪しかれ金は事態をエスカレートさせる
2006/11 EurekAlert Two sides of the same coin: Money spurs changes for better and worse
 金は人間を目標に向かうよう夢中にさせ社交をおろそかにさせる
2006/11 EurekAlert Money: It's more than an incentive according to University of Minnesota researcher
ブランド信者が熱くなるとき
2006/07 EurekAlert You argue when you care
 New study explains why loyal customers get defensive when their brands are criticized
金より心
 結婚へのコミットメントと感情的な約束は、妻の幸福の鍵である
2006/03 EurekAlert Study finds commitment to marriage, emotional engagement key to wives' happiness

幸福追求の科学


幸福を処方いたします 〜マーティン・セリグマン
 Sonja Lyubomirsky Ed Diener Richard E. Lucas Martin Seligman
2006/11 Discovery The Art of Happiness, by Prescription
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 心理 : 「幸せ」を測る
2006/08 EurekAlert Ever-happy mice may hold key to new treatment of depression
万年幸福ネズミは、うつ病の新しい治療の鍵を握るかもしれない  TREK-1遺伝子ノックアウトマウス
2006/05 BBC News Scientists' short-cut to happiness

past 癒し リラックス 信仰


教会に行けば呼吸がラクになる
2006/11 EurekAlert Go to church and breathe easier
瞑想は心臓病の危険因子を改善するかもしれない
2006/06 EurekAlert Meditation may improve cardiac risk factors in patients with coronary heart disease
信仰や霊にかまける若い医師、うつ病にご注意
2006/03 EurekAlert 'Spirituality' is related to depression among young physicians

past お笑い

 お笑いの研究は、日本と欧米とでは温度差がある気配
周囲の笑いにつられて笑う脳のしくみ
2006/12 EurekAlert Laugh and the whole world laughs with you -- Why the brain just can't help itself
2006/12 news@nature.com Laughter: it's catching
2006/08 New Scientist Joke generator gives disabled kids a sense of pun
冗談発生器で、障害児の言語スキルアップ
“笑いと健康”を分析、大村崑さんら招き公開実験 「笑いと健康学会」
2006/07 【日本語記事】 読売
心ほぐす効果、公開実験=「笑いと健康学会」初の大会
2006/07 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
科学なポッドキャスト:Discovery News Update: January 24, 2006【podcast 音声】【英語】MP3 約5分
 吉本興業の糖尿病お笑い療法 笑いで遺伝子スイッチを入れまっせ!ahyahya
 テムズ川のクジラ騒ぎ
 コロンブスのDNA調査
 バイキングの歯のおしゃれ ほか

女のお笑いがモテないわけ
2006/01 Independent Why men don't fancy funny women
 ... because it scares the poor dears. Research shows men find female wits a turn-off.
So how bothered are Catherine Tate and co?
恋愛でユーモアのセンスが求められるのは男だけ
2006/02 【日本語記事】 Excite エキサイト : ニュース
お笑いとロマンス
2006/01 news@nature.com Laughter paves the way for romance
 Studies suggest humour signals big brain and good partner-potential.
お笑いは百薬の長
2006/01 PhysOrg.com No joke: Laughter may well be the best medicine

past 楽天家、自信、性格の明暗

アメリカは、ヨーロッパや日本とは違って「明るく自信に満ちねばダメ」という強迫観念まみれの文化
人間、おしなべて自信過剰
2006/01 ScienCentral  Everybody窶冱 Above Average

ナルシスム 仲間感


2006/07 EurekAlert People more likely to help others they think are 'like them'
 Feelings of empathy lead to actions of helping but only between members of the same group
脳スキャンで偏見をキャッチ  何をヒトでなしとして扱っているか
  仲間じゃない人間の写真を見たとき、嫌気で反応する脳
2006/06 EurekAlert Detecting prejudice in the brain

自己評価 self-esteem


自分に自信がない? それなら意外な結末になる犯罪小説は読まないほうがいいですよ
2006/12 EurekAlert Low self-esteem? Avoid crime novels with surprise endings
 高い自尊心の人は、予想に反する展開を楽しむが、
 自己評価が低い人々は、彼らの推理通りになってくれるような筋立てを好む
自己評価が低いほど公私ともに不幸
 どうせダメだから愛されてないのさ
 自尊心が低い人間では、職場での調子が、伴侶からの愛の感じ方を左右してしまう
2006/07 EurekAlert Self-esteem key to not letting the job get in the way of your relationship
ゴス好き、リスカなどの自傷癖多い:ゴスは傷つきやすい子を守るファッション?
2006/04 BBC News Goths 'more likely to self-harm'
2006/04 New Scientist Goth subculture may protect vulnerable children
歯列矯正で自尊心向上
2006/03 EurekAlert Braces align crooked teeth and boost self-esteem

ひっこみじあん 不安


2006/08 EurekAlert Research shows no direct association between anxiety symptoms and adverse pregnancy outcomes
不安症と不運な妊娠結果は直接の関連なし
マウスにおいて皮質5-HT2A受容体シグナル伝達は不安様行動を制御する
Cortical 5-HT2A Receptor Signaling Modulates Anxiety-Like Behaviors in Mice
マウスの脳における不安 Anxiety in the Mouse Brain
2006/07 【日本語記事】 Science日本版
マウスの不安行動を制御する大脳内の仕組みの一端を解明
 - 大脳皮質でセロトニン信号を伝達する受容体の一つが関与 -
2006/07 【日本語記事】 理研
2006/07 Scientific American Mother's Presence Can Override Fear in Rat Pups
ネズミにおいて、母の存在は子の恐れ克服をつちかう
社会不安に抗生物質が効く場合
2006/03 EurekAlert Study shows antibiotic can boost benefits of therapy for social anxiety disorder
未熟児で生まれるとひっこみじあんになるかも
 早産の女子、うつに陥る率も高め
2006/02 BBC News Prematurity 'affects personality'

past 気分の落ち込み 悲嘆、落胆


2006/07 Psychiatr News Volume 41, Number 13, page 30 Adult Separation Anxiety Often Overlooked Diagnosis
成人の分離不安、誤診もしくは見逃されがち
見えない傷跡:ことばの虐待、成長後の不安(うつ病)の引き金に
2006/05 Florida State University Invisible scars: Verbal abuse triggers adult anxiety, depression
重荷を抱えた人、世間を見る目まで重荷に歪む
 しんどいときには丘が山岳に見えるし道のりも長く思えてしまう
2006/06 EurekAlert Challenge is in the eye of the beholder: A heavy burden can slant our world
グリーフケア:死産・流産…幼子を亡くした親への対応、配慮欠ける医療機関
2006/06 【日本語記事】 毎日新聞
うつ病、不安や自殺企図に関係のある否定的なボディイメージ
2006/06 EurekAlert Negative body image related to depression, anxiety and suicidality

past 恐怖の科学


2006/10 BBC News Attraction aims to measure fear
2006/09 EurekAlert Emotional control circuit of brain's fear response discovered
2006/09 EurekAlert How the brain keeps emotions at bay
 前側帯皮質 anterior cingulate cortex (ACC)
2006/09 Scientific American Brain Area Foils Fear
2006/09 New Scientist Activating the feeling of being followed
科学なポッドキャスト:恐怖の神経学 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 17分
Freud's Drawings from Brain to Mind / Neurobiology of Dread
 サイエンス・フライデイ Science Friday
強い恐れは苦痛担当脳部位を活性化させる
2006/05 EurekAlert Neurobiology of dread gives scientists clues about human decision making
2006/05 news@nature.com Dread prompts pain in the brain
Imaging shows that anticipation can be as horrible as the event itself.
2006/05 New Scientist Dread lights up like pain in your brain
2006/03 BBC News Hormone could cut spider phobia
2006/03 Scientific American News: Stress Hormone Conquers Phobias
2006/03 news@nature.com A pill to beat fear?
ヘビ恐い? ムシ嫌い?  恐怖対策 恐怖症解消法
2006/01 ScienCentral Forgetting Fear

past 気分や性格と健康


2006/12 EurekAlert Strong emotions in Shakespeare's plays lead to fits and fatalities
シェークスピア作品で強い感情にみまわれる登場人物たち、かんたんに発作や気絶に見舞われがち 死ぬこともあり
幸福と他のポジティブな感情は、健康でより多くの重要な役割を演ずる
2006/11 EurekAlert Happy people are healthier, Carnegie Mellon psychologist says
2006/10 EurekAlert Anxiety disorders linked to physical conditions
2006/08 EurekAlert Anger and hostility speed up decline in lung power
怒りと敵意は、肺体力において衰弱の速度を上げる
2006/08 BBC News Anger 'compromises lung function'
怒りは、『肺機能に累を及ぼす』
2006/09 New Scientist Angry men have less lung power to shout about
加齢による肺機能低下、「怒り」で加速と 米研究
2006/09 【日本語記事】 cnn.co.jp
2006/08 EurekAlert Type A personality is not linked to heart disease in large study
タイプAパーソナリティは、広範な調査において心臓病に関係がない
 ヒト遺伝子がかなり人の健康と行動の一因となるとはいえ
2006/08 EurekAlert Anxiety before surgery complicates recovery in children

past 五感・環境・音楽と気分


音楽で患者さんの不安をやわらげる
2006/09 EurekAlert Music helps patients tune out test anxiety
2006/05 EurekAlert USC engineering class creates tools to analyze musical expression
2006/03 EurekAlert Scent of fear impacts cognitive performance

past 衝動・がまん 行動中毒 行動矯正


2006/12 EurekAlert Impulsiveness linked to activity in brain's reward center
脳の報酬センターにおける活動にリンクされる衝動性
2006/12 EurekAlert Deal or no deal?
Need for immediate reward linked to more active brain region
よりアクティブな脳領域にリンクされる即時の報酬のための必要性
 個々の好みは、活動の大きさと一致して、中毒やギャンブル問題のリスクを指し示すかもしれない
2006/07 ScienceDaily Avoiding Punishment Is Its Own Reward
罰を避けること自体、快感である
心理学者は、特定の種類の行動の実験から証拠を持つ — 罰を避けることはそれ自身で報酬であると。
自宅勤務はうまく機能せず——かえって仕事中毒になる恐れあり
2006/09 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)

スタッフ同士の連絡がとりにくかったり、勤務時間が不規則 になったり
日光浴中毒
2006/03 EurekAlert Small study points to addictive effects of frequent tanning

ギャンブル


脳:ヒトの報酬追求行動はドーパミン依存的予測誤差に支えられている
2006/09 Nature Dopamine-dependent prediction errors underpin reward-seeking behaviour in humans
10.1038/nature05051
脳 : ギャンブルするならドーパミン
2006/08 【日本語記事】 Nature@日本
ギャンブル脳
2006/08 EurekAlert Brain's 'gambling circuitry' identified
インターネットが原因——ギャンブル依存症の女性が増加
2006/05 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
重度のギャンブル中毒が遺伝している家系例
2006/03 EurekAlert Study finds pathological gambling runs in families
ポッドキャスト:Science Of Gambling Discovery.Com Podcast
 ギャンブル中毒の科学
【podcast 音声】【英語】MP3、26分

past 攻撃性・短気 怒り 反社会行動


2006/12 EurekAlert Brain images show hysteria not an imaginary disorder
ヒステリーは想像上の病にあらず〜脳スキャン
2006/12 ABC@オーストラリア Psychopaths may have faulty brains
サイコパスの脳は不完全 感情処理がまともでない
2006/12 BBC News Psychopaths' brains 'different'

2006/11 EurekAlert Steroid users may be more likely to commit crimes involving weapons, fraud
ステロイド使用者、武器犯罪や詐欺に手を出す率高め
2006/07 ScienceDaily Psychologist Adds Scientific Insight To Loaded Label Of 'Psychopath'
『サイコパス』に関する新しい知見
 米国の受刑者男性5-25%と女性7-15%はサイコパスっぽい
 そも、総人口の1%くらいはサイコパスではないか
 サイコパスが読みとれていないのは感情サインだけにあらず、感情に関わらないサインも察知できていない
 ただし、感情サインの読み取りがメイン主題である場合、常人と同じ感情察知はできるっぽい
どうして些細なことさえなくてもキレてしまう人がいるの?
 パーソナリティ研究
2006/10 EurekAlert Why some people react aggressively without provocation while others don't
2006/09 EurekAlert Fruit fly aggression studies have relevance to humans, animals
2006/09 EurekAlert Cartoons help measure hostile assumptions, risk of aggression in urban girls
漫画は、敵対的な憶測(都会に住む女の子の中の攻撃の危険率)を測るのを促進する
2006/08 EurekAlert Study shows aggressive students often lack psychological evaluations and effective treatment
キレやすい生徒に心理学的査定と効果的治療を
2006/08 New Scientist Single gene turns fruit flies into fighters
攻撃的な子供のための学校ベースの防止プログラムは、行動を改善する
2006/07 EurekAlert School-based prevention programs for aggressive children improve behavior
4駆のドライバー、お行儀悪い
 ケータイする率は高いし、シートベルトもすっぽかしがち
2006/06 EurekAlert 4x4 drivers more likely to flout mobile phone and seat belt laws
2006/06 BBC News 4x4 drivers 'put others at risk'
男の攻撃性を左右するセロトニン系遺伝子と、攻撃性を抑える育て方
2006/06 EurekAlert Why men are more aggressive: What a mother should know
ストレスとテストステロン、オキシトシン
2006/06 EurekAlert Studies of married couples, soccer and hockey teams focus on brain's response to stress
2006/06 New Scientist Anger disorder is common in US population
2006/06 Nature All the Rage: Survey extends reach of explosive-anger disorder
A mental disorder that encompasses a wide range of recurring, hostile outbursts, including domestic violence and road rage, characterizes considerably more people than previous data had indicated.
武器をいじった男、テストステロン(攻撃ホルモン)レベルが高くなる
 テストステロンレベルが高くなった男、辛いものを好む
2006/05 PhysOrg.com Study links guns and hormones in men
2006/05 New York Times In Men, 'Trigger-Happy' May Be a Hormonal Impulse
児童の行動問題を引き起こす副流煙
2006/04 EurekAlert Environmental tobacco smoke linked to behavior problems in children and pre-teens
2006/05 EurekAlert Multiracial youth more likely to engage in violent behavior, substance abuse
MAOA遺伝子問題
2006/03 New Scientist A brain primed for violence?
キレさせます
 攻撃に関連した遺伝子は、脳の衝動制御回路を弱める
2006/03 EurekAlert Aggression-related gene weakens brain's impulse control circuits
暴力的ゲームはヒト行動を荒れさせる P300計測より
2006/01 BBC News Violent games 'affect behaviour'

past 性差


神経性ホルモン/笑みの性差 女は男よりしょっちゅうスマイル
 男のスマイルは男性ホルモンのテストステロンに阻まれている
2006/06 Physiol Behav. 2006 Jul 30;88(4-5):303-8.   Gender differences in smiling: An evolutionary neuroandrogenic theory.
エロ画像に目もくらみ
 エッチな画像を見た男性ホルモンの多い男、衝動性の抑えがゆるくなるらしい
 女性じゃそんな傾向はございません
2006/04 PhysOrg.com Study finds sex changes men's behavior
 men become impulsive when fed "sexual cues."
2006/04 news@nature.com Lingerie makes hagglers happy-go-lucky
2006/04 BBC News Sex cues ruin men's decisiveness
攻撃行動と母の行動に影響する性染色体遺伝子
2006/03 EurekAlert Sex chromosome genes influence aggression and maternal behavior, say UVa researchers
キレてます
 筋肉増強ステロイドは思春期の脳を攻撃的にする@動物実験
2006/02 EurekAlert Animal models show that anabolic steroids flip the adolescent brain's switch for aggression
2006/02 BBC News Steroids 'risk to teenage brains'
2006/02 BBC News Child drug use 'aggression link'

past 新しもの好き  スリル指向 飽きっぽさ


周囲に倣ってスピード狂
2006/12 EurekAlert Family and friends set the speedo
カツアゲや通り魔、金が目的にあらず 目的はスリル
2006/11 EurekAlert Street robbery is not just for the money
冒険好きの遺伝
2006/06 New York Times That Wild Streak? Maybe It Runs in the Family
危ないことが好きになる遺伝子 neurod2
2006/01 ScienCentral  Fearless Gene

past 気分の読み取り 感情察知 表情分析


鑑賞者の気分に合わせて姿を変える芸術登場
2006/08 New Scientist Artwork morphs to match viewer's mood
A new video painting tracks the expressions of onlookers and metamorphoses to match their emotions
見物人の表情をスキャンして彼らの感情にマッチするよう変化するビデオペインティング
2006/08 BBC News Artwork 'changes to suit moods'
2006/07 EurekAlert Anxious adults judge facial cues faster, but less accurately
不安症な成人、表情判別は素早いけれど、その判断はけっこうマトハズレ
2006/07 ScienceDaily Anxious Adults Judge Facial Cues Faster, But Less Accurately
不安な成人は、表情をよりすばやく判断するが、その判断はかえって不正確
2006/06 ScienceDaily  Fear Circuit Flares As Bipolar Youth Misread Faces
躁鬱病の若者、顔を読み誤って恐怖回路が燃え上がる
ユーザのご機嫌をうかがうパソコン
2006/06 BBC News Computers 'set to read our minds'
 An "emotionally aware" computer system designed to read people's minds by analysing expressions will be featured at a major London exhibition.
男の不機嫌顔によく反応するのは男
2006/06 EurekAlert Do angry men get noticed?
2006/06 New Scientist Angry young men get noticed
2006/06 New York Times Men Are Better Than Women at Ferreting Out That Angry Face in a Crowd
躁鬱病の若人は、中立の顔に敵意を見る
2006/05 New Scientist Bipolar teens see hostility in neutral faces
男が子ども好きかどうか、女は男の表情で選別できる
 長期伴侶としての選別眼
 でもアバンチュールには、子を虐待しかねない高テストステロン男に惹かれかねないわけで
2006/05 New Scientist Mens friendliness to children shows in their faces
2006/05 PhysOrg.com Women Use Facial Cues to Determine Relationships
2006/05 BBC News Women 'sense qualities in a man'
2006/05 EurekAlert Women attracted to men when they see interest in children refected in their faces
2006/02 Proc Biol Sci. 2006 Jan 7;273(1582):83-9. Women use voice parameters to assess men's characteristics.
喜びは黄色、悲しいと青に NECが感情を表すLED
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
ユーザのご機嫌ぐあいを察知するコンピュータ
2006/01 PhysOrg.com Computers estimate emotions

past 感情と記憶 感情と知覚


2006/10 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS) 幸せな記憶ほど不正確!? より長くはっきりと残るのは嫌な思い出

幸せな記憶ほど、その詳細については不正確になりがちで、しかもこのような記憶の持ち主は自分の記憶が正しいと信じる傾向が強い反面、嫌な思い出ほど、正確かつ鮮やかに記憶に残る。外的な出来事に関する記憶は、個人的な出来事の記憶よりも時間と共に正確さを失うことがあるほか、楽しい、幸せな記憶は事実と虚無の区別がつかなくなりがち
2006/09 BBC News Anticipation 'boosts bad memory'
マーフィーの法則
2006/09 EurekAlert Anticipation plays a powerful role in human memory, brain study finds
期待はヒト記憶(脳)で強力な役割を演ずる
 「やっぱり!」感で記憶力アップ 活発になる扁桃核と海馬
親密さと想起をつかさどる海馬
2006/02 EurekAlert A fork in memory lane
 hippocampus supports two aspects of recognition
恐怖によって記憶を刻むタンパク質
2006/01 EurekAlert Activation of a protein solidifies fear memory in the brain

past 感情操作 感情修正


2006/11 EurekAlert Hypnosis helps women cope with breast biopsy
催眠は、女性が乳房生検に対処するのを援助する —
2006/12 BBC News Hypnosis 'aids breast biopsies'
高齢女性、ホルモン療法で感情反応が回復する
 女性ホルモン・エストロゲン減退は感情を処理する脳の能力に影響を及ぼす
 ホルモン療法を受けた高齢女性は、ネガティブなイベントにより敏感
2006/10 EurekAlert Women on hormone therapy regain emotion response
あれもこれもソレも早く  早い思考で躁病っぽく能天気になる私たち
2006/09 EurekAlert Study explores 'manic' thinking
 How fast thinking makes us happy, energized and self-confident
観測問題!?
 「万引きしたことありますか?」とアンケートをとると、万引きの発生件数が増えてしまう
 「麻薬の経験はありますか?」と調査をすると、対象者の麻薬摂取量が増えてしまうという事実
 調査自体が調査対象の行動を変えてしまうジレンマ、これは痛い
2006/07 newsobserver.com | Survey questions themselves may affect behavior
 ●ネット メーカ研究員の週報

了解を取り付けたければ相手にコーヒーを飲ませなさい
 カフェインを摂取すると合意に達しやすくなる
2006/06 EurekAlert Coffee makes us more likely to say 'yes'
2006/06 New Scientist Drinking coffee makes you more open-minded
感情コントロールマシン
2006/03 Washington Post Mood Machine
 The pocket-watch-sized device is billed as "a pacemaker for the brain"

past ほか


2006/12 【日本語記事】毎日新聞 サブリミナル:邪魔は「こっそり」…注意力乱す効果、新たに確認
 ボストン大大学院の對馬淑亮(つしまよしあき)、ハーバード大医学部の佐々木由香・助教授

19〜39歳の米国人と日本人計16人に実施。小さな水玉模様の画面の中央にアルファベットと数字を素早く表示し、その中から数字だけを見つける課題を約600回やってもらった。画面の水玉は不規則に動いているが、その中に、一定方向に規則的に流れる水玉を0%、5%、10%、20%、50%の割合で混ぜたところ、正答率は5%の時が最低で、最高だった20%の場合より1割程度低かった。この「5%の規則性」は、被験者がその存在を意識できない「サブリミナル刺激」といえることから、正答率が下がったのはサブリミナル効果が原因と推定。規則性が10%以上の時には、額のあたりにある大脳の「前頭前野」が活発に働いていたが、5%の時には、ものの動きを見分ける後頭部の「視覚野」が活発に働いていた。「大きな邪魔が入ると前頭前野が排除するが、サブリミナルな邪魔は前頭前野に届かず、効率が下がるのだろう」
不正を働いた人物に電気ショック…男は「満足」_

女性の場合は「痛み」をつかさどる領域が活発に反応したのに対し、男性は「報われた」と感じる領域が最も活発に
2006/01 【日本語記事】 読売
2006/01 National Geographic Men Like to See Cheaters Suffer, Brain Study Shows
2006/01 PhysOrg.com Revenge: Why men are better at it than women
2006/01 PhysOrg.com Men find retribution more rewarding
2006/01 Discovery Sexes' Reponse to Others' Pain Differs
2006/01 BBC News Revenge 'more satisfying for men'
2006/01 New Scientist Brain scans reveal men's desire pleasure in revenge
「他人の不幸を喜ぶ」傾向、男性に強いと 英研究
2006/01 【日本語記事】 cnn.co.jp
2006/01 New York Times This Is Your Brain on Schadenfreude
感情的ボディーランゲージの神経生物学を目指して
2006/02 Nature Reviews Neuroscience 7, 242-249 (March 2006) | doi:10.1038/nrn1872
 Opinion: Towards the neurobiology of emotional body language
妊娠中のストレス、胎児の感情発達を左右する
2006/07 New Scientist Stress in pregnancy hits offspring's emotional brain
しでかしてしまった! とあわてる脳部位は「吻側前帯状回」(痛みの管理に関与することで知られる箇所)
  rostral anterior cingulate cortex, or rACC
2006/04 EurekAlert Oops! Researchers publish new findings on the brain's response to costly mistakes
2006/04 BBC News Mistakes 'aid OCD understanding'
なぜなぞ科学:やる気が出る時、脳では何が起きているの?_

東大理学部の岡良隆教授(神経生物学)ら ドワーフグーラミーで実験

この魚のオスは、メスがそばにいると、口から泡を吐いて水草につけて、卵を育てるための巣を作り、メスを誘って卵を産ませる。巣作りの途中でメスを引き離しても、オスは巣作りを2〜3時間続ける。 岡さんらは、この魚の脳にあり、具体的な働きは不明な「終神経GnRH」というホルモンに着目。メスから引き離された後も巣作りを続けているオスに、このホルモンの働きを妨げる薬を注射した。注射後30分ほどで、オスは泡を吐く回数を減らし、さらに30分で吐かなくなった。注射をされないオスより約30分、あきらめが早かった。  一方、ホルモンの働きを強める薬を注射すると、オスはメスがいなくなっても、約4時間にわたって巣作りを続けた。 このホルモンは脳全体で広く放出されていた。また、このホルモンが出る部分を壊した魚も、巣作りや放精の能力は失われなかった。このため岡さんらは、このホルモンが魚の行動を起こす意欲、つまり「やる気」を出させていると推測した。 同じホルモンは人間の脳にもある。ただし精巣や卵巣を刺激するホルモンと似た物質で、岡さんは「うかつに薬にして脳に入れれば副作用が怖い」と話す。また人間では魚ほど脳の広い範囲では出ておらず、やる気には他の物質の関与も考えられるという。
2006/02 【日本語記事】 毎日新聞
2006/02 Proceedings: Biological Sciences   DOI: 10.1098/rspb.2005.3349
Schizotypy, creativity and mating success in humans
2006/01 New Scientist Sex before stressful events keeps you calm


 以上、 →2006年の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー