脳、神経科学:
2006年7〜12月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 心脳問題/脳研究と倫理/脳科学の未来

 関連項目→ 生命倫理・ヒトの未来
2006/09 【日本語記事】 「脳」ブームの危うさ
 理研 神経回路メカニズム研究グループ 津本忠治
 脳研究は誤解や間違ったリアクションを引き起しやすい
 大脳に対する興奮性作用の発見という科学的な観察結果を、脳の働きを良くするという思い込みへと飛躍させた論理の逸脱
文化は、あなたの脳を配線する
2006/10 ABC@オーストラリア Culture wires your brain
The culture you are born into influences the way your brain works
 あなたの脳の働き具合は文化的インプットしだい
ラマチャンドラン、心・脳・意識について語る
2006/10 Seed On My Mind: V.S. Ramachandran
On Consciousness Evolved
ジョゼフ・ルドゥー先生に10の質問
2006/08 Gene Expression: 10 Questions for Joseph LeDoux
 ・脳の恐怖回路
 ・感情と判断、道徳心理学
 ・記憶のメカニズム
 ・恐怖記憶のキャパシティ
 ・遺伝学が神経科学に与えたインパクト
 ・扁桃核の可塑性
 ・長期の恐怖記憶保持
 ・ジュディス・リッチ・ハリス著『子育ての大誤解』との対立点
 ・感情システムの種間差異
 ・もし人生が二度あるならば

脳と知能


育成環境と才能
2006/12 EurekAlert Developing our brightest minds

past 脳はこんなこともやっている


2006/09 【日本語記事】 Nature neuroscience@日本 父親になると脳の構造が変わる
霊体離脱も脳のいたずら
2006/10 Out-of-Body Experience? Your Brain Is to Blame - New York Times
2006/10 Nature Digest 【日本語PDF:修道女の神聖な体験と脳スキャン】 Nuns go under the brain scanner
2006/10 New York Times Out-of-Body Experience? Your Brain Is to Blame
 By SANDRA BLAKESLEE
脳への電気刺激で引き起こされる複雑怪奇な幻覚
2006/09 news@nature.com Brain electrodes conjure up ghostly visions

瞑想



past 脳のメンテナンス


2006/11 EurekAlert Zinc plays important role in brain circuitry
亜鉛は、脳回路において重要な役割を演ずる
2006/09 EurekAlert Copper circuits help brain function -- could tweaking the circuits make us smarter?
銅の回路は、脳機能を促進する−回路の微調整で賢くなれる?
日光浴で脳パワーアップ
2006/08 EurekAlert Daytime light exposure dynamically enhances brain responses
2006/08 EurekAlert Brain stimulation that may boost vision from the corner of your eye
脳刺激で視野アップ
ウコンの力には脳年齢改善効果もある!?
2006/08 New Scientist Popular curry spice is a brain booster
yellow ginger, haldi, turmeric or E100, the yellow root of Curcuma longa





past 脳の成長過程 神経の盛衰


発生:初期神経発生における電気活動
2006/12 Nature Electrical activity in early neuronal development
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 発生 : 電気活動は脳の発生にも重要
2006/12 【日本語記事】asahi.com 神経細胞が伸びる仕組み解明 理研グループ
 誘因性ガイダンス分子が神経細胞の伸び方向決定にも関与
乳幼児突然死症候群と脳幹の異常、より強いリンクあり
2006/10 EurekAlert Brainstem abnormality link to SIDS stronger than previously indicated
2006/10 EurekAlert SIDS infants show abnormalities in brain area controlling breathing, heart rate
2006/10 EurekAlert A potential biological cause for sudden infant death syndrome
2006/10 New Scientist Brain defect may cause 50% of cot deaths
2006/11 BBC News Brain flaws 'linked to cot death'
2006/10 EurekAlert Most important actors in the growth process of neurons identified
ニューロンの成長プロセスの中の最も重要な因子
 軸索の成長とニューロンの活動は、互いに完全に独立している 
2006/09 EurekAlert Harvard scientists identify compounds that stimulate stem cell growth in the brain
脳において幹細胞成長を刺激する化合物 LTB4 and LXA4
2006/08 New Scientist New brain cells die without a job to do
哺乳類の脳を再接続する−神経単位は、気まぐれな友人を作る
2006/08 EurekAlert Rewiring the mammalian brain -- neurons make fickle friends
脳は、新しい神経接続を急遽ぎょうさんこしらえた末に最適な接続だけを残していくことによって新しい経験に適応する
細胞:ニューロンを壊すスイッチ
2006/07 Nature Developmental neurobiology: A destructive switch for neurons

子供から大人へ


2006/12 EurekAlert Brain wave changes in adolescence signal reorganization of the brain
思春期における脳の信号再編成にともなう脳波変化
2006/12 EurekAlert Regulatory pathway in brain development possible basis for malformations
脳発育における調節経路と奇形
2006/11 EurekAlert Adult neurogenesis newly adult-born neurons are functionally similar to mature neurons
成体神経細胞新生 大人になって発生した新生ニューロンは、機能的に成熟した神経単位に似ている
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「サイエンス・ショー」 MP3ファイル 50分
Science Show 2006-10-14
30:30 脳科学と犯罪者
 ネット Teenagers' brains, 十代の犯罪者、彼らの脳が成長中だとしたら、大人になったら犯罪をおかした脳とは違う脳になっているだろうか?
 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

若人が自己中で浅慮なのは脳がチガウから
2006/09 New Scientist Why adolescents put themselves first
 大人と子供とでは、判断に用いる脳部位が異なります。
  思春期は脳構造の大規模な改変時期。
 神経繊維は特に意思決定区域と他者感情認知(思いやり・共感)部位で増加します。
 ティーンエイジャーにおける意思決定担当はメンタライジング・ネットワークの後部(上側頭溝)。
 成人ではそれが前頭葉前部皮質になって「他人の身になってくだす判断」スキルもアップするわけで。
 そんなこんなで、お子さん段階では「おのれの行動とその結果に対する配慮がろくでもない」のです。
 Sarah-Jayne Blakemore, a cognitive neuroscientist from University College London
2006/09 BBC News Seeing the teenager in the brain
ホルモンだけじゃない ティーンエイジャーの勝手な行動は未発達の脳も原因?
2006/09 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)


2006/08 EurekAlert Study provides insight into how the brain loses plasticity of youth
若者の脳が可塑性を失うしくみ
Immune system protein puts brakes on neuronal plasticity
免疫性のシステム・タンパク質がneuronalな可塑性にブレーキをかける

科学なポッドキャスト:幼い子どもと脳の発達 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 30分
Early childhood and the developing brain
 〜ABC@オーストラリア 「All in the Mind」
 人間の成長には、ほかの人間との交流が大変大切。
 もし適切な社交経験を得られなかったら、その子はどうなるのか。
 ブカレストの孤児院調査。 遅れる思春期発達。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。 ネット All in the Mind
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。


past 脳は機能の柔軟性が高いデリケートな器官


脳:視覚剥奪による皮質内抑制の増強
2006/09 Nature Potentiation of cortical inhibition by visual deprivation
10.1038/nature05079
皮質の可塑性
2006/08 EurekAlert Cortical plasticity: it's time to get excited about inhibition
 視覚の剥奪によって発育の初期の段階で誘導される長続きする皮質のシャットダウンは、皮質の抑制の大規模な増加の結果である

past 脳は故障がおきやすいデリケートな器官


2006/12 EurekAlert Achieving asymmetry in the brain
 神経芽細胞分化を促進する有糸分裂酵素Aurora-A、その変異がもたらす機序と脳腫瘍
2006/11 EurekAlert Chemotherapy temporarily affects the structures of the human brain
化学療法は、一時的に人間の脳の構造に影響を及ぼす
2006/11 【日本語記事】goo/共同通信 環境ホルモンの受容体特定 ビスフェノールAで九大
2006/11 【日本語記事】goo/西日本新聞 脳内にBPA受容体 九大・下東教授ら発見 発達障害との関連で注目
2006/10 【日本語記事】 ヘルスデージャパン 癌克服後も患者を悩ませる「ケモブレイン(chemo brain)」
癌化学療法を受けた元患者が、慢性的な記憶力および注意力の障害に悩まされることがある
化学療法は、脳の記憶機能に長期変化をおよぼす
2006/10 BBC News Chemo makes brain 'work' harder
Chemotherapy produces long-term changes in the part of the brain dealing with memory
文字どおり筋肉バカ?  ステロイドを取りすぎると脳がダメになる
2006/09 EurekAlert Elevated testosterone kills nerve cells
テストステロンが多すぎると神経細胞が死んでしまう
アヒルは眉毛のある四つ足動物
 アルツハイマー患者の描画に見る概念の混同と脳ダメージマッピング
2006/09 BBC News Strange ducks shape brain science
 意味の枠が壊れる場合、側頭極(Temporal pole :側頭葉の前端)がやられてるんですね
2006/09 New Scientist Semantic memory pinpointed in the brain
脳において位置を正確に示される意味記憶
しょっちゅう鉛にさらされる職種、脳腫瘍で死ぬ率50パーセントアップ
2006/08 EurekAlert Study links lead exposure to brain cancer in adults
2006/08 EurekAlert Protein plays broader role than originally thought in neurofibromatosis
神経線維腫症においてタンパク質はより幅広い役割を演ずる
2006/08 EurekAlert UNC study shows ingredient commonly found in shampoos may inhibit brain development
シャンプーの成分、脳発育を妨げるかも
2006/07 EurekAlert Long-term ibuprofen regimen after brain injury worsens cognition in animal study
脳損傷の後の長期のイブプロフェン処方は、動物の調査において認識を悪化させる
2006/07 EurekAlert Cause of neuronal death in Down's syndrome, Alzheimer's disease could be surprisingly simple

脳卒中 脳溢血


2006/10 EurekAlert Brain protein improves stroke symptoms in rats, even when injected after 3 days
脳タンパク質はラットにおいて卒中症状を改善する — 3日以後注入されるときでも、
Granulocyte-Colony Stimulating Factor (G-CSF) 顆粒球コロニー刺激因子
2006/10 New Scientist Speed may protect the brain against stroke damage
メタンフェタミンは、卒中の後、脳を保護するかもしれない、
微細脳卒中をやって気づかないままで暮らしている人はけっこう多いんですよ
2006/10 EurekAlert Stroke symptoms common among general population
2006/08 EurekAlert Internal body clock dictates timing of different types of stroke
体内時計は、卒中の種類によって異なるタイミングを命令する
朝にはこの卒中、夜はまた違う卒中
2006/08 BBC News Stroke risk peaks every 12 hours
脳卒中ピーク、2020年に288万人 厚労省研究班
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
脳卒中:夏場が危険 発汗で血液濃縮、詰まりやすく「脳梗塞に」
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞

脳脊髄液減少症


2006/11 【日本語記事】毎日新聞 脳脊髄液減少症:不登校だと決め付ける前に、理解を 文科省、教師に周知図る
2006/11 【日本語記事】goo/朝日 脳脊髄液減少症 研究会が暫定ガイドラインを作成
2006/10 【日本語記事】 asahi.com 頭痛やめまいの原因、「脳脊髄液減少症」に診療指針
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 脳脊髄液減少症:診断指針策定へ 脳神経外科学会、発症解明研究に着手
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 クローズアップ2006:学会、「髄液漏れ」研究へ 適正治療、普及に光明
脳脊髄液減少症:記憶・運動障害…悩む小中高生 苦しさ分かって
2006/08 【日本語記事】 毎日新聞

神経難病


2006/11 EurekAlert Protein protects against nerve degeneration
タンパク質NMNATは、神経変性症に対して保護する ショウジョウバエとマウスで
2006/11 EurekAlert First international gene screen for typical ALS is on track
2006/11 UCLA News Myelin to Blame for Many Neuropsychiatric Disorders
2006/11 EurekAlert U of MN researchers link early brain development to adult-onset neurodegenerative disease
初期の脳発達から神経変性病
2006/11 EurekAlert USC researchers closer to cure for multiple sclerosis and other myelin-related diseases
多発性硬化症や他のミエリンがらみの病気に対する治療をめざして
2006/10 【日本語記事】 Science日本版 ルー・ゲーリック病の原因蛋白質を発見
Lou Gehrig's Disease-Causing Protein Found
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 たんぱく質異常:認知症FTDと難病ALSで共通−−欧米3カ国のグループ解明
2006/10 EurekAlert Penn researchers find Lou Gehrig's, FTD disease protein
2006/10 EurekAlert Researchers discover misfolded protein clumps common to dementia, Lou Gehrig's disease
2006/10 EurekAlert Scientists show drug can counteract muscular dystrophy in mice
科学者は、明らかにする — 薬がマウスにおいて筋ジストロフィーを防止することがありえることを
2006/09 【日本語記事】 asahi.com ALSへの脳梗塞薬投与、保険適用を要望
 脳梗塞薬「エダラボン」は保険適用外のため年120万〜300万円自己負担に
2006/08 EurekAlert Toxic molecule may cause most common type of muscular dystrophy
筋肉細胞において有毒なRNA(リボ核酸)を除く
筋疾患における突然変異
Mutations in a Muscle Weakness Disease
 先天性筋無力症症候群の患者サブグループでDOK-7蛋白質の突然変異を確認
2006/08 【日本語記事】 Science日本版
2006/08 EurekAlert New biomarkers could help doctors spot Alzheimer's and other neurodegenerative diseases
cutting-edge proteomics system, called iTRAQ
神経変性疾患:核心に迫る
2006/08 Nature Neurodegenerative disease: Cut to the chase
A family of enzymes called caspases [mdash]
best known for their involvement in programmed cell death [mdash] now seems to be pivotal
in the progression of two neurodegenerative diseases.
10.1038/442641a
ALS治療に新手法、米教授ら進行抑制ラットで成功
2006/07 【日本語記事】 読売
2006/07 BBC News Muscular dystrophy reversal clue
神経難病抑えるリンパ球 腸に存在、細菌で活性化?
2006/07 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
多発性硬化症を抑えるリンパ球発見、マウスで立証
2006/07 【日本語記事】 読売
脳脊髄液
2006/07 EurekAlert Cerebrospinal fluid used to deliver therapeutics for Lou Gehrig's disease to brain
2006/07 EurekAlert Promising therapy for ALS delivers antisense drug directly to nervous system
タンパク質(calbindin-D28K)の形を描く
2006/07 EurekAlert NC State scientists characterize protein linked to neurodegenerative diseases
2006/07 EurekAlert UF scientists reverse muscle contractions in mouse model of muscular dystrophy
2006/07 EurekAlert Discovery of agile molecular motors could aid in treating motor neuron diseases

多発性硬化症


2006/12 EurekAlert High levels of vitamin D in the body may decrease the risk of multiple sclerosis
2006/11 EurekAlert Downstate researchers target multiple sclerosis
新しいcalpain抑制剤:経口投与は、動物のモデルにおける多発性硬化症(MS)の経過を抑制する。
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 多発性硬化症:再発予測法を開発 神経難病、治療法の改善に道
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 多発性硬化症:再発予測法を開発 神経難病、治療法の改善に道
 血液検査で予測、国立精神・神経センター神経研究所
遺伝:多発性硬化症に関連するMHCの共通ハプロタイプの機能的なエピスタシス
2006/10 Nature Functional epistasis on a common MHC haplotype associated with multiple sclerosis
2006/10 【日本語記事】 asahi.com 多発性硬化症の進行予測法 厚労省チーム発見
 血液中のナチュラルキラー細胞の表面にたんぱく質CD11cが異常に多く現れる
2006/10 BBC News Gene found that helps combat MS
2006/09 BBC News Vitamin 'may block MS disability'
2006/09 New Scientist Vitamin hope for multiple-sclerosis treatment
2006/09 【日本語記事】 毎日新聞 多発性硬化症:難病でも前向きです−−患者メッセージ募集
2006/08 EurekAlert Multiple sclerosis damage found in 'normal' brain tissue
『普通の』脳組織において発見される多発性硬化症損害
 多発性硬化症(MS)の作用は、目にみえて影響を受ける区域を越えて{表面上普通に見える} 脳の広範な部分に広がる
多発性硬化症、遺伝子が同じでも北国のほうが発症率が高い
2006/08 EurekAlert Multiple Sclerosis in genetically susceptible twins is augmented by the northern environment
多発性硬化症の徴候を悪化させる細胞信号
2006/08 EurekAlert Alleviating the burden of Multiple Sclerosis
多発性硬化症、男のほうが子に遺伝させがち
2006/07 EurekAlert Men with multiple sclerosis pass disease to offspring more often than women

パーキンソン病


2006/12 EurekAlert Transplanted brain cells hold promise for Parkinson's disease
移植された脳細胞は、パーキンソン病のために見込みを握る
2006/11 EurekAlert Parkinson disease can lead to errors on driving test
パーキンソン病は、運転のテストでエラーにつながることがありえる
2006/11 EurekAlert Parkinson's mutation stunts neurons
2006/10 New Scientist Ecstasy as a brain booster for Parkinson's?
2006/10 EurekAlert Parkinson's disease impacts brain's centers of touch and vision
パーキンソン病は、触覚と視覚の脳のセンターに影響を与える
2006/10 EurekAlert Dopamine imbalances cause sleep disorders in animal models of Parkinson's disease and schizophrenia
ドーパミン・アンバランスによって、パーキンソン病と統合失調症の動物のモデルで、睡眠障害が起きる
2006/09 EurekAlert Researchers announce results of study on genetic variation in Parkinson's disease
パーキンソン病での共有遺伝バリエーション:最初の大規模な研究
2006/09 EurekAlert Laser probe of a brain pigment's anatomy may offer insight into Parkinson's disease
脳色素の解剖のレーザー調査は、パーキンソン病に対する洞察を提供するかもしれない
2006/09 EurekAlert Pesticide exposure could increase risk of early onset of Parkinson's disease
農薬暴露は、パーキンソン病の初期の始まりの危険率を増大する可能性があった
2006/09 EurekAlert Pre-clinical study finds Parkinson's cell death blocked by stopping inflammatory factor
前臨床研究は、パーキンソンの細胞死がブロックされると発見する — 炎症性の要因を止めることによって
2006/08 New Scientist Link between Parkinson's and rhinitis revealed
パーキンソン病に鼻炎
2006/08 EurekAlert Nicotine found to protect against Parkinson's-like brain damage
2006/08 EurekAlert Mayo Clinic links allergies to Parkinson's disease
2006/08 EurekAlert Variability in certain gene associated with increased risk of Parkinson's disease
特定の遺伝子変異がパーキンソン病危険率をあげる
2006/08 EurekAlert Strong evidence of a genetic risk factor for Parkinson's disease
2006/08 EurekAlert New discovery about Parkinson's at the Montreal Neurological Institute
2006/07 EurekAlert New genetic model for Parkinson's disease
 TFAMと呼ばれている遺伝子は、ドーパミン神経細胞のゲノムから自動的に削除される。
 TFAMなしで、ミトコンドリアは通常機能することができない。
2006/07 EurekAlert Parkinson patients can be apathetic without depression
うつ病なしで無気力なパーキンソン患者が、いることがありえる
2006/07 EurekAlert Neurologists with expertise in brain stimulation therapy help Parkinson's patients
2006/07 EurekAlert Dopamine drug leads to new neurons and recovery of function in rat model of Parkinson's

ハンチントン病


2006/12 EurekAlert Mayo discovers link between Huntington's and abnormal cholesterol levels in brain
ハンティントンと異常なコレステロール・レベルの脳における関連
2006/10 EurekAlert Study identifies possible mechanism for brain damage in Huntington's disease
2006/07 EurekAlert Study identifies potential drug target for Huntington's disease
 a novel inhibitor of Poly (ADP-ribose) polymerase (PARP1) and their findings that PARP1 inhibitors can protect HD-affected cells from damage in laboratory assays.

トゥーレット


2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 トゥレット症候群:急に叫び、顔しかめたり 子供の2割、通学せず
 日本トゥレット協会
2006/10 BBC News Steroids 'kill off brain cells'
2006/09 EurekAlert Controlling behavior of children with tourette and tic disorders
トゥーレットとチック障害で子供の行動を制御する Parent Management Training (PMT)

高次脳機能障害



てんかん


2006/12 EurekAlert New neurons could act to alleviate epilepsy
新しいニューロンで癲癇を緩和する
2006/10 EurekAlert Commonplace sugar compound silences seizures
 2−デオキシグルコ−スは、ラットの癲癇発作をブロックする。
2006/09 【日本語記事】 Science日本版 てんかん症候群に関連する蛋白質 Proteins Linked to Epilepsy Syndrome
癲癇患者の女の子の脳を剥いて直接確認
2006/09 UC Berkeley Slow brain waves play key role in coordinating complex activity
スロー脳波、複雑な活動をコーディネートする重要な役割
2006/08 EurekAlert Boosting key protein in brain could improve seizure treatment, Stanford study finds
脳内の自然タンパク質は、より有望な癲癇治療の根拠でありえた
2006/07 EurekAlert UCLA develops unique nerve-stimulation epilepsy treatment
脳ペースメーカー癲癇治療

頭痛


2006/12 EurekAlert Fear of migraine destroys quality of life for men
偏頭痛に対する恐怖は、男性にとって生活の質(QOL)を破壊する
2006/10 EurekAlert Brain changes in patients with migraine

past 昏睡


2006/11 Nature Digest 【日本語PDF:揺らめく意識】 Flickers of consciousness
「植物状態」と診断されていても外部からの刺激に対して脳内活動を示す患者
重度の昏睡でも快復しうるかのようにゆがめた報道をしがちな新聞記事
2006/10 EurekAlert Reporters struggle to cover comas in newspaper articles, Mayo Clinic study finds
植物状態の患者に意識がある可能性
2006/09 Discovery Vegetative Patients May Have Awareness
 外傷性脳障害とまで行かずとも、精神疾患でも「意識はあるが体を動かせない」状態は観察されるわけで。
2006/09 news@nature.com Thoughts of woman in 'waking coma' revealed
Brain scans of vegetative patient ignites debate over her awareness.
昏睡患者、『コミュニケートする』
2006/09 BBC News Vegetative patient 'communicates'
脳:植物状態でも意識
2006/09 【日本語記事】 毎日新聞
脳神経回復のナゾを探る 19年のちに意識回復を果たした脳をスキャン
2006/07 EurekAlert Man emerges from 19 years in minimally conscious state as brain repairs itself
2006/07 news@nature.com 'Miracle recovery' shows brain's resilience
Man who 'awoke' after 19 years shows how nerve cells can regrow.
2006/07 BBC News How man woke from 19-year 'coma'
2006/07 New Scientist 'Rewired brain' revives patient after 19 years

past 脳の修復、神経の再生や増殖


2006/12 EurekAlert Stem cell activity deciphered in the aging brain
加齢脳において解読される幹細胞活動
2006/12 New York Times With Lasers and Daring, Doctors Race to Save a Young Man龝 Brain
2006/11 【日本語記事】 毎日新聞 損傷脊髄:ラットで再生に成功 かび抽出の物質投与 治療薬開発に期待−−慶大など
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 神経細胞の突起を伸ばすたんぱく質発見、難病治療に道
 プロトルーディン:九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授ら1万〜3万人に1人の割合で起きる「遺伝性痙性対麻痺(けいせいついまひ)」の患者にプロトルーディンの遺伝子変異が見られる
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 脊髄損傷の治療に道 神経再生促す化合物を確認
 セマフォリン3Aを抑制するSM216289:慶応義塾大の岡野栄之教授(生理学)らの研究チーム
2006/11 【日本語記事】 読売 損傷脊髄の再生、促進物質突き止めラットで成功
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 脳卒中リハビリ、「やる気」次第?
 国際神経リハビリテーション学会連合の日米国など25地域、今冬調査スタート
 2年後をめどに結果
2006/11 EurekAlert Growth factor stimulates rapid extension of key motor neurons in brain
モーター・ニューロン成長因子 insulin-like growth factor 1 (IGF-1)
2006/11 【日本語記事】 読売 神経細胞:突起を伸ばすたんぱく質、九大教授ら確認 まひなど治療に道
2006/09 EurekAlert Drug improves memory loss for traumatic brain injury patients
2006/09 EurekAlert Gamma Knife offers non-invasive treatment for vascular disorders, tumors in the brain
ガンマ・ナイフは、非侵入性の治療を脈管の障害(脳の中の腫瘍)に対して提供する
2006/08 EurekAlert Preoperative brain mapping alters tumor surgery
外科手術前の脳マッピングは、腫瘍手術を変える
2006/09 EurekAlert Combined therapies may boost immune response and long-term protection against brain tumors
酸欠脳を救え
2006/08 EurekAlert Oxygen deprived brains repaired and saved
イモガイの毒を脳のお薬に
2006/08 EurekAlert A new tool against brain disease
 Snail toxin may spur new meds for Alzheimer's, Parkinson's, depression
2006/08 EurekAlert Healing potential discovered in everyday human brain cells
ありふれた脳細胞に幹細胞なみの可能性
2006/08 Discovery Study: Brain Cells Morph Like Stem Cells
2006/08 New Scientist Adult brain cells made to multiply and regenerate
2006/08 EurekAlert Brain's cannabinoid system 'mellows' seizures
脳のカンナビノイド・システムは、発作を『やわらげる』
脳神経維持 仕組み発見  国立遺伝学研 ダウン症解明に期待
2006/08 【日本語記事】 読売
脳神経回路維持の仕組み判明、ダウン症解明に光
2006/08 【日本語記事】 ヤフージャパン(読売新聞)
2006/08 EurekAlert Alzheimer's medication shows promise in treating nerve agent and pesticide poisoning
アルツハイマーの薬物投与は、約束を示す — 神経ガスと農薬中毒を治療する際に
2006/07 EurekAlert Synthetic version of scorpion venom delivers radioactive iodine to malignant brain tumors
サソリ毒液の合成の異形は、悪性の脳腫瘍に放射性のヨウ素を伝える
2006/07 BBC News Silk fibre to help repair nerves
2006/07 EurekAlert New research promising for improving brain cell survival after brain injury

past 脳が情報を処理する機序、学習・記憶する機序

 関連項目→ 記憶・学習
2006/12 EurekAlert Paying attention sets off symphony of cell synchronization
注意力を払うことは、細胞同期のシンフォニーを引き立たせる
読み・書き・計算 シェークスピア版
2006/12 EurekAlert Reading Shakespeare has dramatic effect on human brain
シェークスピアを読むことは、ヒト脳に対する劇的な効果を持つ
 シェークスピア言語は明確な脳活動を興奮させる。そして、更なる劇的効果を詩人のプレイと詩に加える。
2006/12 Howard Hughes Medical Institute Neuron's "Hardware Store" Discovered
2006/12 EurekAlert Structure essential for brain remodeling identified
脳リモデルにとって不可欠な構造
 学習と記憶形成の間、脳は小さい構造をその神経細胞の表面で構築するかリモデルする — 新しい情報を格納するために。
 そのような建設のために脳が原料を調達する場所
2006/11 EurekAlert Proteins anchor memories in our brain
2006/11 EurekAlert Hopkins researchers discover how brain protein might control memory
脳タンパク質が長期記憶を制御するそのしくみ
 1、2時間以上脳がものを覚えているのを援助するタンパク質「Arc」
睡眠中に脳をチンして記憶アップ
2006/11 New Scientist Zapping sleepers' brains boosts memory
 睡眠の間、穏やかな電流を脳に加えることは、かなり記憶を高めることがありえる
2006/10 EurekAlert Human brain region functions like digital computer, says CU-Boulder professor
2006/08 EurekAlert Scientists learn how the brain 'boots up' to process information from the senses
知覚から情報を処理するために脳が『起動する』方法
2006/07 EurekAlert 'Friend' protein keeps nerve signals in check
神経のお供 日本人にトモシンと命名されたタンパク質の、学習と記憶における役割

ミラーニューロン


聴覚のミラーニューロン
2006/10 Mixing Memory : Auditory Mirror Neurons
自分の身体と他者の体を識別する? ミラーニューロン
2006/10 Mixing Memory : Is That My Hand Or Yours? Mirror Neurons and the Sense of Self and Other
ミラーニューロンあってのコミュニケーション  脳内『鏡』から見る我々の社会的理解
2006/09 Washington Post How Brain's 'Mirrors' Aid Our Social Understanding
 「模倣」機能を研究したら、心を持つ動物が多く思えるあまり、菜食主義者になりました

脳と行動


2006/12 EurekAlert On the golf tee or pitcher's mound, brain dooms motion to inconsistency
ゴルフ・ティーまたはピッチャーのマウンドで、脳は動作に不一致を宣告する
3DCGで幻肢を動かせる!
2006/11 BBC News 3D system 'moves' phantom limbs
2006/10 EurekAlert Making the connection between a sound and a reward changes brain and behavior
音-報酬間の接続を作ると、脳と行動が変わる
2006/08 EurekAlert Spineless tales provide strong backbone to human brain research
蛾、ハエと頭足類 無脊椎動物の研究から、脳が行動を管理する機構を探る
ホルモンがペプチドニューロンを組織し、さらには本能的行動を形成する
2006/07 EurekAlert UC Riverside researchers show how the brain turns on innate behavior

past 脳と意欲

  行動中毒、嗜好中毒になる機序/ごほうびや罰に反応する脳の研究   関連項目→ 性格・感情
社会的排除は知性を損なう
 イジメや村八分で脳の判断能力や学習力が貧弱になってしまう
 後頭部・頭頂部・前頭葉前部の皮質領域が影響こうむる
2006/11 EurekAlert Social exclusion changes brain function and can lead to poor decision-making
2006/10 【日本語記事】 Science日本版 脳における分かち合いと利己主義
Sharing and Selfishness in the Brain
人間は高頻度磁気刺激で自分本位になる
2006/10 news@nature.com Brain blast squelches the desire to punish
脳爆発は、懲らしめる欲望を抑圧する
前頭皮質は、対立の審判をする — 利己と公平の間で。
2006/10 New Scientist Sense of justice discovered in the brain

政治 経済


ブランドネームに反応する脳
2006/11 EurekAlert MRI shows brains respond better to name brands
2006/08 EurekAlert Location, location, location!
Brain neurons found to combine economic value and spatial information
2006/07 EurekAlert Political allegiance impacts brain's response to candidates
政治的な忠誠は、候補者への脳の反応に影響を与える

past 脳のいろいろな部位の機能/脳内物質・神経伝達物質 神経研究


構造生物学:ニューロン上で結ばれる危険な関係
2006/12 Nature Structural biology: Dangerous liaisons on neurons
2006/12 EurekAlert Electrical activity alters language used by nerve cells
電気的な活動は、神経細胞によって用いられる言語を変える
{ニューロンがコミュニケートする} 化学物質言語は、神経系を発達させることにおける電気的な活動のパターンに依存する
2006/12 EurekAlert Beyond the book: Software automates access to brain atlases
本を越えて:ソフトウェアは、脳地図帳へのアクセスを自動化する
内在性の神経ステロイドは2 つの別々の膜貫通部位を介してGABAA 受容体を調節する
2006/11 Nature Endogenous neurosteroids regulate GABAA receptors through two discrete transmembrane
2006/11 EurekAlert Mysterious 'neural noise' actually primes brain for peak performance
ミステリアスな『神経のノイズ』は、ピーク能力のために実際に脳の用意をする
あなたのニューロンが 互いにコミュニケートできるのは NMDA (N-methyl-d-aspartate)レセプターのおかげ
2006/10 EurekAlert Researchers add to understanding of how brain cells communicate
2006/10 EurekAlert Scientists identify switch for brain's natural anti-oxidant defense
神経科学:毛細血管の調節機構
2006/10 Nature Neuroscience: Controlled capillaries
2006/10 EurekAlert Novel pathway regulates timing of brain cell development
 Findings may aid in understanding Alzheimer's, schizophrenia, autism
2006/10 【日本語サイト】 科学技術振興機構報 脳が安定して情報処理できる謎を解明(近くの細胞が協調して一緒に活動)
おのれにシナプスをつけてどうする?  ニューロンにおける自己コネクションの役割
2006/05 ScienceWeek NEUROSCIENCE: ON AUTAPSES
 The following points are made by Kaori Ikeda (Current Biology 2006 16:R308):
自分自身にシナプスを形成している神経細胞 (Autapse)
2006/09 EurekAlert Young brainy students create world first
 A new 3D brain model is at the centre of a project created by a group of postgraduate students
慢性関節リューマチのモデルにおいて、関節炎は、中枢神経系(CNS)によって感じとられコントロールされうる
2006/09 EurekAlert The mind-body connection: how CNS regulates arthritis
2006/09 New Scientist Spine injection cuts arthritis inflammation
2006/09 National Geographic First-Ever Brain "Atlas" Completed
2006/09 Discovery Mouse Brain Mapped in Detail
2006/09 New York Times Atlas Squeaked: A Complete Map of the Brain of a Mouse
「脳内マリフアナ」、小脳での運動学習能力に影響
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
 これを言うなら脳内カンナビノイドのほうが元祖なんだから
 マリファナを脳外カンナビノイドと言うべきじゃないかという
 ついわけのわからんツッコミをしたくなる
成獣の海馬歯状回では新生ニューロンがNMDA 受容体を介して細胞特異的に組み込まれる
2006/08 Nature NMDA-receptor-mediated, cell-specific integration of new neurons in adult dentate gyrus
10.1038/nature05028
脳 : 引きに恵まれて生き残る
2006/08 【日本語記事】 Nature@日本
長めの軸索、伝達上とても効率的  アルツハイマーや自閉症ではこの長めの神経繊維が少ない
2006/08 EurekAlert Study provides new insights into brain organization
Arcタンパク質の役割
2006/07 EurekAlert MIT researchers watch brain in action
2006/07 EurekAlert Think fast! Rice undergrad unlocks nerve speed secret
Study finds protein responsible for quick release of neural signals
神経筋接合部:形成たんぱく質を特定 Dok-7
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞

脳機能局在


2006/12 EurekAlert Novel brain areas associated with the recognition of gender, ethnicity and the identity of faces
ジェンダー、民族、顔の識別と結びつけられる新しい脳領域
脳:頭頂葉皮質における視覚カテゴリーの経験依存的な表現
2006/09 Nature Experience-dependent representation of visual categories in parietal cortex
10.1038/nature05078
2006/09 EurekAlert Brain's action center is all talk
動きと語の精神的な強い関連 言葉を聞くだけで、その動きの脳領野が反応してしまう
2006/09 EurekAlert Mirrors in the mind: New studies elucidate how the brain reflects onto itself the actions of others
心の中のミラー:脳が他者の行動を反映する方法
2006/09 New Scientist 'Spectrum of empathy' found in the brain
リンゴを食べる音で、あなた自身がリンゴを食べる時と同じニューロンが発火する
2006/08 EurekAlert Everything in its place: Researchers identify brain cells used to categorize images
イメージを分類する脳細胞を同定
2006/07 EurekAlert Alcoholics' deficits in smell are linked to frontal lobe dysfunction
アルコール中毒での嗅覚障害は、前頭葉機能不全に関係がある

性差


脳神経:男と女、細胞レベルからして違っている
2006/10 Society for Neuroscience RESEARCH IN GENDER AND BRAIN SUGGESTS DIFFERENCES AT CELL LEVEL

遺伝子がらみ


2006/11 EurekAlert Identification of a key gene required for brain neural circuit formation
ウィリアムズ症候群、脳と音楽 〜Ursula Bellugi
2006/10 EurekAlert Williams Syndrome, the brain and music
 遺伝子障害のひとつ。
 平均IQが60程度であるにもかかわらず、超人的なリズム感覚、鋭敏な聴覚、卓越した音楽記憶力
 掃除機の音で機種をあてることもできたり
 健常者よりおよそ15パーセントほど小さい脳体積であるにもかかわらず、音楽と言語を解釈する際に必要とされる側頭葉は、健常者と同程度のボリュームを持つウィリアムズ症候群。
 健常者は左の側頭平面 planum temporale のほうが右より大きい
 ウィリアムズ症候群ではそれが左右対称っぽい
 また、視覚皮質は細胞が小さめで稠密:萎縮気味、反面、聴覚系は細胞が大きくゆったりしている
脳病にやられやすい家系
 遺伝子一個のエラーで特定の伝染病に劇的にかかりやすくなってしまう
2006/09 EurekAlert Inheriting a tendency to brain infection
2006/08 EurekAlert 'Sticky' mice lead to discovery of new cause of neurodegenerative disease
たとえ遺伝子が完全に普通であるとしても神経変性のいくつかの病気は生じうる

past 脳-電磁波 脳-磁気



past 脳検査技術 脳波



脳スキャンで心を読む



past 脳改造、ワイアド

 関連項目→ サイボーグ


2006/11 New Scientist  Artificial memory aid mimics the brain's audio cues
人工の記憶補助ツール、脳の音声の合図を模倣する
 携帯装置は脳の「音韻のループ」機能にならって記憶合図に音情報の短い切れっぱしを用いる。
シリコン・ナノワイヤで神経信号操作
2006/08 EurekAlert Nanowire arrays can detect signals along individual neurons

思考で操作するツール


2006/11 【日本語記事】 読売 「考えるだけ」でスイッチ切り替え、日立が実験成功
 「光トポグラフィ」で暗算時の血液量変化を感知
2006/11 【日本語記事】 読売 脳の血液量で電源オン・オフ実験成功

脳を操作するツール


2006/11 EurekAlert Deep brain stimulation offers new hope for dystonia treatment
深い脳刺激は、ジストニア治療に新しい希望を与える
電子神経インプラントによって誘導される運動皮質の長期的な可塑性
2006/11 Nature Long-term motor cortex plasticity induced by an electronic neural implant
神経生物学:交差する回路
2006/11 Nature Neurobiology: Crossed circuits
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 脳 : 頭の中のコネのつけ方
脳内チップで脳の配線を変えてしまう
2006/10 EurekAlert Electronic chip, interacting with the brain, modifies pathways for controlling movement

past 動物


2神経直結
2006/11 EurekAlert Two nerve cells in direct contact
ハエの視覚センター2半球間における視覚の流れフィールド
社交性ニューロン 群れる鳥と群れない鳥の脳比較
2006/10 EurekAlert Groups and grumps: Study identifies 'sociality' neurons

past 脳の進化


2006/12 EurekAlert Complexity constrains evolution of human brain genes
複雑さは、ヒト脳遺伝子の進化を束縛する
 ヒト脳の爆発的な巨大化と複雑さにもかかわらず
 脳組織に関わる遺伝子群の進化ペースは数百万年前のヒトとチンパンジーの分岐以降、遅くなった
精神疾患に関わるニューロンは、複雑な社会的認識のために進化したのかもしれない
2006/12 EurekAlert Neurons targeted by dementing illness may have evolved for complex social cognition
ヒト、霊長類、そしてクジラ類に見られるエコノモ神経(VENs)
 種を越えて、VENsは認識、感情と社会的な行動と結びつけられる額の脳領域に局所化される
2006/12 EurekAlert Study offers window into human behavior, brain disease
前頭側頭型痴呆 frontotemporal dementia (FTD) として知られている退行性の脳疾患とフォン・エコノモ・ニューロン

フォン・エコノモ細胞 Von Economo neurons (VENs):皮質の錐体細胞のように大きい頂上神経突起を持つが、基礎的な樹状突起の集積を欠く神経細胞

※ ザトウクジラにも、人間のによくにた脳細胞
2006/11 EurekAlert Humpback whales have brain cells also found in humans
2006/11 New Scientist Whales boast the brain cells that 'make us human'
チンパンジーと人間、脳はどこで分岐したのか
2006/11 EurekAlert Unraveling where chimp and human brains diverge
 科学者は、特定の脳領域と一致する遺伝子のネットワークを特定した
2006/11 EurekAlert Neuron cell stickiness may hold key to evolution of the human brain
ニューロンのねばねばは、人類脳の進化の鍵を握るかもしれない

past そのほか


2006/12 EurekAlert 'Botox' can ease writer's cramp
『ボトックス』は、書痙 [しょけい]を和らげることができる
2006/12 BBC News Botox 'could help writers' cramp'
2006/11 EurekAlert Vaccine for brain tumors shows promising results
脳腫瘍のためのワクチンは、結果を約束することを示す
2006/11 New Scientist Brain cancer vaccine made from patients' tumours
2006/07 EurekAlert Possible birthplace of malignant brain tumors identified
2006/07 New Scientist Probable cause of deadly brain cancers established


 以上、 →2006年7〜12月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー