食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2014年1〜6月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 BioToday 肥満や2型糖尿病と腸内細菌レベルの関連が示された
2014/06 BioToday 寒いと褐色脂肪が増えてインスリン感受性が改善する/ヒト試験
2014/06 MT Pro 炊事,掃除,洗濯をよくする人ほど糖尿病の代謝マーカーが良好
2014/06 BioToday 肥満は脂肪細胞HIF-1αを誘導してインスリン抵抗性をもたらす
2014/06 BioToday ベージュ脂肪細胞の熱発生を促すホルモンMetrnlが見つかった
2014/06 BioToday FTOはレプチンに比してグレリン優勢にして体重増加を促しうる
2014/06 スラッシュドット ジャパン 明るい部屋で眠ると体重が増える?
2014/06 MT Pro 地中海食で子供の肥満15%減少/欧州8カ国で実施のIDEFICS研究
2014/06 MT Pro 親と一緒に朝食や夕食を食べる子供は肥満が少ない
2014/05 AFP 世界21億人が過体重か肥満、子どもや発展途上国にも 報告書
2014/05 BioToday 行動介入時のダイエット飲料摂取で体重がより低下しうる
2014/05 BioToday  33年間の世界の肥満/太り過ぎ蔓延~成人で28%、小児は47%上昇
2014/05 MT Pro 「肥満は社会格差の反映」は間違い?!/米国がん学会専門誌に総説
2014/05 MT Pro 「精神病化」するIT社会における摂食障害患者の「正常性」とは?
2014/05 朝日新聞 肥満の人、世界に21億人 成人、80年から28%増
2014/05 BioToday 肥満はマクロファージ概日時計を狂わせて代謝異常を促しうる
2014/05 BioToday 転写因子EBF1レベル低下で白色脂肪細胞はより肥大する
2014/05 BioToday 成人期の体重低下は例え一過性でも心血管リスクを改善しうる
2014/05 BioToday 時計遺伝子PER1のリン酸化部位変異は摂食パターンを狂わす
2014/05 BioToday  菜食をしても食欲抑制は改善しないようだ
2014/05 BioToday 過体重中年女性の高心血管リスクへの進展を運動で抑制しうる
2014/05 BioToday  FTO遺伝子近くの繊毛遺伝子RPGRIP1Lの発現低下は過食を招く
2014/05 血管の老化は、筋肉のエネルギー消費を妨げることを発見~肥満や糖尿病を悪化させている可能性~ 成果  科学技術振興機構(JST) 新潟大学





2014/05 毎日新聞 減量:ゆっくり食事で効果 かむほどカロリー消費
2014/05 朝日新聞 ゆっくり食べるとエネルギー消費アップ 減量効果に期待
2014/05 産経新聞 肥満、第3の要因に「腸内細菌の変化」 伝統的な和食で予防可能
2014/05 news@nature.com  Metabolism: Hunger marks offspring's genome
2014/05 BioToday リラグルチドで体重低下の維持が改善しうる
2014/04 BioToday 太り過ぎといわれた女児は将来肥満になりやすい
2014/04 MT Pro スタチン使用者は大食いになっている?ガイドラインと反する実態が明らかに/米NHANESの反復横断調査
2014/05 BioToday 米国のスタチン使用者のカロリーや脂肪の摂取量が上昇
2014/04 BioToday 小児の扁桃除去に伴う肥満率上昇は認められず
2014/04 BioToday 海馬のトリグリセリド粒子分解酵素の抑制は体重増加を招く
2014/04 読売新聞 メタボ健診、改善効果あり…厚労省調査
2014/04 EurekAlert  ビタミンD欠乏は重度の肥満体の人々で貧しい移動性に貢献します。  Vitamin D deficiency contributes to poor mobility among severely obese people
 厳しく肥満体の人々では、ビタミンDはアクティブなライフスタイルと、より座業的なライフスタイルの違いを作るかもしれません
2014/04 EurekAlert  高いBMI母は死産、乳児死亡の危険を増加させました。  Mothers with higher BMI have increased risk of stillbirth, infant death
2014/04 BioToday 高BMI妊婦は死産や乳児死のリスクが高い/メタ解析
2014/04 BioToday 食べ過ぎは血管減少を介して褐色脂肪組織を白色化する
2014/04 EurekAlert 妊娠中の体重の増加が過度でも過少でも、生まれた子は肥満児になりやすい
  Women who gain too much or too little weight during pregnancy at risk for having an overweight child
2014/04 EurekAlert  Women who gain too much or too little weight during pregnancy at risk for having an overweight child
2014/04 EurekAlert  フェイスブックは女性を否定的ボディー・イメージに導くかもしれません。 Increased time on Facebook could lead women to negative body images
2014/04 BBC News 'Selfie' body image warning issued
2014/04 LiveScience Dislike: Facebook May Hurt Women's Body Image
2014/04 EurekAlert 摂食障害が女性の問題という知覚、男性ケースの救いを遅らせる
 女性だけが摂食障害を持っているという広範囲の知覚によって男性患者が必要とする助けとサポートを得ることができません  Perception that eating disorders women's problem delays men getting help
2014/04 BBC News Male eating disorders 'overlooked'
2014/04 産経新聞 男性の中性脂肪、高くても「健康」 人間ドック学会など新基準値公表
2014/04 BioToday ココアのプロシアニジンオリゴマーは体重増加抑制作用が強い
2014/04 BioToday 肥満は大腸癌に似た大腸上皮エンハンサー特徴を誘導する
2014/04 EurekAlert 多くの肥満研究が実質的に合衆国の超過重量に関連している死亡危険を過小評価する  Penn researcher finds mortality risks of being overweight or obese are underestimated
2014/04 EurekAlert 親の肥満と 子供の自閉症リスク  Parental obesity and autism risk in the child  父方の肥満は母体肥満よりすばらしいリスク因子であるかもしれません
2014/04 BioToday 肥満の父親の子は自閉症になりやすい
2014/04 EurekAlert  生涯、小児肥満症は1子供あたり1万9000ドルかかります。  Over a lifetime, childhood obesity costs $19,000 per child
米国の子供の上昇中の重症の肥満
2014/04 EurekAlert  Severe obesity on the rise among children in the US
2014/04 BioToday 米国小児肥満率は下がっておらずむしろ上昇傾向を示している
2014/04 UK Today (JAPAN JOURNALS) ダイエットに最も効果的な食事の時間、発表! 朝・昼・晩と守ってね  3度規則正しく食事をすることが必須
  最も効果的な時間は、朝…午前7時11分、昼…午後零時38分、晩…午後6時14分
2014/04 EurekAlert 室内日焼けをやる子、 不健康なダイエット方法にリンク  Indoor tanning by teens linked to unhealthy weight control methods
2014/04 EurekAlert 肥満の人は疲れていて座業的になる、逆もまたしかり。  Does a junk food diet make you lazy? UCLA psychology study offers answer
2014/04 【日本語ブログ】UCLA: ジャンクフードを多く摂取する食生活を取ると生活習慣は怠惰になる
2014/04 BioToday 精製食でラットはより太り、意欲をなくす
2014/04 EurekAlert  肥満体のおとうさんネズミはエピジェネ変化した乳房組織をもつ太った娘を生産します。
  In mice, obese dads produce heavier daughters with epigenetically altered breast tissue
2014/04 EurekAlert  喫煙は肥満体の女性の脂肪と砂糖味覚能力を鈍くするかもしれません。  Smoking may dull obese women's ability to taste fat and sugar
2014/04 BioToday 喫煙する肥満女性は脂肪や甘味を感じ難い
2014/04 Nature 脂肪をため込む遺伝子を標的とする Targeting a fat-accumulation gene
2014/04 BioToday 炭水化物消化遺伝子と肥満の関連が示された
2014/04 EurekAlert 中学になる前から喫煙し始めた男は、息子が肥満児である率が高め   Men who started smoking before age 11 had fatter sons
2014/04 EurekAlert 朝明るい光への毎日の露出が、その日のより遅く露光量の大部分を持っていた人よりかなり低いBMI値を持っていました  Morning rays keep off pounds
2014/04 BioToday 朝に光を最も浴びる人はそれが午後の人に比べてより痩身
2014/04 LiveScience Bright Idea: Morning Light Exposure Linked to Lower Weight
2014/04 EurekAlert 肥満児の認知機能の発達は健康体重の子供より遅い  Study finds link between child's obesity and cognitive function
2014/04 EurekAlert  2歳までの母乳と食事: 子供肥満の危険を防ぐ手段  Breast milk and diet up to 2 years old: A means of preventing the risk of child obesity  母乳で育てるのが20歳のときに肥満のリスクに防護効果を持っている
2014/03 EurekAlert 彼らが脂肪を減少させるか否かに関係なく、肥満プログラムは子供の血圧を下げます。  Whether they reduce fat or not, obesity programs lower kids' blood pressure
2014/03 EurekAlert  Life expectancy gains elude overweight teens
  延びつつある平均余命は太った十代には訪れない
2014/03 BioToday 少食は食物不足時の生殖維持機構の副産物として寿命を延ばす
2014/04 news@nature.com Monkeys that cut calories live longer
 長期研究は減少している摂取食事の利益に関する討論を再開させます。
2014/03 日本経済新聞 太りやすい体、太りにくい体 差は「ミトコンドリア」
2014/03 BioToday 少量を頻回に食べてもエネルギー消費は上昇しない
2014/03 【日本語ブログ】やせている人も肥満の人と同様に死亡リスクが高い
2014/04 EurekAlert  Underweight people at as high risk of dying as obese people, new study finds
子供で肥満レベルを予測するのに、簡単な血液検査(DNAを読むことができる)を使用できた
2014/03 EurekAlert  Blood test may help predict whether a child will become obese
2014/03 【日本語ブログ】血液検査で子供が将来 肥満になるかどうかを判別することができる新検査法を開発、サウサンプトン大学
2014/03 EurekAlert  簡単な血液検査は、子供が肥満体になるかどうかと予測するかもしれません。 Simple blood test may predict if a child will become obese
睡眠不足の子は食べ過ぎる
2014/03 EurekAlert  Shorter sleepers are over-eaters
2014/03 BioToday 夜間睡眠時間が短い幼児はカロリー摂取量がより多い
FAT10の遺伝子の削除は、ネズミで体脂肪を減少させて、加齢を遅くします。
2014/03 EurekAlert  Deletion of FAT10 gene reduces body fat, slows down aging in mice
2014/03 BioToday 血圧やBMIの上昇と腎癌リスク上昇の関連が示された
2014/03 MT Pro 肥満+ナトリウム過多で10歳代でもテロメアが短縮/AHA EPI NPAM2014年次集会
2014/03 BioToday ナトリウム摂取量が多くて太っている若者のテロメアは短い
肥満手術は子宮がんの危険を減少させます。
2014/03 EurekAlert  Bariatric surgery decreases risk of uterine cancer
肥満体の女性でそれほど有効でない標準のIVF薬物療法投与量
2014/03 EurekAlert  Standard IVF medication dose less effective in obese women
子どものころの虐待は体重を規制しているホルモンを損なうかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Childhood abuse may impair weight-regulating hormones
親が厳しく、感情的に敏感でない子供は、親が健康な境界を設定して慈愛深く振舞いについて議論する子供より、約1/3で肥満体である傾向があります。
2014/03 EurekAlert  Ruling with an iron fist could make your child pack on pounds
2014/03 BioToday 会話や愛情なく一方的に親から制限されている子は太りやすい
聴覚障害の大人達は、プログラムでアメリカサインランゲージを使用することで首尾よくやせました。
2014/03 EurekAlert  Program taught in American Sign Language helps deaf achieve healthier weight
油料理の食物の定期的な消費からの肥満の危険は遺伝子構造に依存するかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Risk of obesity from regular consumption of fried foods may depend on genetic makeup
2014/03 EurekAlert  Fried foods may interact with genes to influence body weight, say experts
2014/03 BioToday 揚げ物の常食は遺伝的に肥満化しやすい人をより太らせる
 ファーストフード
2014/03 LiveScience Obesity Genes? Fried Foods Worse for Some People
2014/03 Nature 肥満の犯人との距離を詰める Closing the distance on obesity culprits
2014/03 BioToday 家畜同様にヒトも抗生剤で肥えうる
子供を太らせる親
2014/03 EurekAlert  Many parents have infant-feeding, TV, and activity practices which may increase obesity risk
多くの両親には、肥満危険を増加させるかもしれない、幼児の摂食、テレビ、および活動実践があります。
2014/03 BioToday 身近にテイクアウト料理店が多いと肥満になりやすい
2014/03 BioToday 太っている女性は卵巣癌を生じやすい
2014/03 BioToday 内臓脂肪は皮下脂肪と起源が違い、Wt1発現中皮細胞から生じる
親の半数は我が子の体重異常が見えてない
2014/03 EurekAlert  One out of 2 parents do not see their child's weight problem
大きいウエストの円周をもっている男女は、より若死にしそうであって、BMI値、喫煙、アルコールの使用、および身体的活動を説明した後に、心臓病や、呼吸困難や、がんなどの病気で、より死にそうでした。
2014/03 EurekAlert  Large waist linked to poor health, even among those in healthy body mass index ranges
2014/03 中央日報@韓国 「韓国の肥満率、OECD中最も低いが…社会的格差の加速化が問題」
2014/03 news@nature.com  New contender for 'fat gene' found
2014/03 BioToday  FTO遺伝子変異はIRX3発現変化を介して肥満リスクを高めうる
オキシトシンは拒食症に関する新たな治療を提供するかもしれません
2014/03 EurekAlert  'Love hormone' could provide new treatment for anorexia
2014/03 BBC News 'Love hormone' may treat anorexia
2014/03 BioToday 拒食症患者の病的強迫観念がオキシトシンで緩和しうる
FTOの中の肥満で関連している要素がIRX3(機能的な肥満遺伝子であるように見えるゲノムの遠方の遺伝子)と対話する
2014/03 EurekAlert  IRX3 is likely the 'fat gene'
2014/03 MT Pro 米国の肥満率に改善見られず/2011~12年のNHANESデータで検討
2014/03 National Geographic JP カロリー表示が肥満を誘発?
過度のチョコレートとたっぷりの油で揚げられた食物を食べるのから得られた即時の満足と喜びは、増量から低い自尊心の気持ちまで及ぶ否定的な結果の諸刃の剣にずっと通じることができます。
2014/03 EurekAlert  What's the upside of feeling too sad for chocolate?
十代の思春期の少女での肥満が成績の悪さレベルに関連している
2014/03 EurekAlert  Obesity associated with lower academic attainment in teenage girls, says new study
より多くのジャンクフードを購入するとき、低~中所得国の女性の肥満レベルは、富に沿って上昇する傾向がありますが、学歴の高い消費者がこの効果を緩和する良い食べ物の選択をする。
2014/03 EurekAlert  Education 'protects' poor women from fattening effects of rising wealth
  教育は貧しい女性を成り上がり課程の肥満から'保護します'。
2014/03 BioToday  大腸癌検診は効果的な体重低下運動/食事介入の良い機会になる
2014/03 LiveScience New Most and Least Obese States Revealed
 アメリカで最も太い州
町にカジノができると、 世帯所得増加、貧困水準減少、幼年期肥満の減少になる
2014/03 EurekAlert  Opening a casino linked with lower rate of overweight children in that community
2014/03 BioToday カジノ新設/拡張地域で小児の肥満/太りすぎリスクが低下した
2014/03 LiveScience Child Obesity Rates Lower in Communities with Casinos
頻繁なフェイスブック使用が摂食障害のリスクにリンクされた
2014/03 EurekAlert  Hungry for 'likes': Frequent Facebook use linked to eating disorder risk, study finds
不十分な睡眠は肥満の若者で心臓病、糖尿病の危険を予測します。
2014/03 EurekAlert  Inadequate sleep predicts risk of heart disease, diabetes in obese adolescents
2014/03 EurekAlert  Obese adolescents not getting enough sleep?
2014/03 BioToday 睡眠時間が短い肥満の子は心血管代謝リスク指標が悪い
2014/03 LiveScience Too Little Sleep Increases Heart Disease Risk in Obese Adolescents
人種差別の経験がアフリカ系アメリカ人の女性で肥満に関連している
2014/03 EurekAlert  Study finds experiences of racism associated with weight gain in African American women
2014/03 MT Pro 肥満は幼稚園時に始まる/米国の前向き観察研究から
2014/03 BioToday 肥満やホルモン避妊薬で多発性硬化症リスクが上昇しうる
帝王切開で生まれた赤ん坊は、太りすぎ大人であるか、または肥満体であるより傾向があります。
2014/02 EurekAlert  Caesarean babies are more likely to become overweight as adults
2014/02 BBC News C-section 'link to later obesity'
2014/03 BioToday 帝王切開で生まれた子は成人期に太り過ぎや肥満になりやすい
肥満や糖尿病に伴う認知機能低下は定期的な運動かおなかの脂肪の外科切除でしばしば逆にすることができます
2014/02 EurekAlert  Exercise, surgically removing belly fat improves cognition in obese, diabetic mice
居心地が悪いネガティブな感情に襲われていると、不健康な食べ物に走りやすい。
居心地の良いポジティブなムードにあると、ヘルシーな食生活を選ぶ傾向がある。

積極的な気分で健康な食べ物の選択をする人が、しばしば否定的ムードにおける人(その人は、今現在の味と知覚経験にさらに焦点を合わせます)より将来の医療利益を考えています。
  何か快いものに焦点を合わせようとするのは不摂生な食物の消費を抑えることができます。
  あなたを幸福にすることについて考えると、あなたは77パーセントも健康な食事をするでしょう!
2014/02 EurekAlert  Mood and food: The better your mood, the better you eat
2011-2012の肥満の普及は米国に大人達の約1/3と子供と十代の17パーセントで高いままで残っています
2014/02 EurekAlert Obesity prevalence remains high in US; no significant change in recent years
2014/02 BBC News Obesity rate falls among US toddlers
 米国の幼い子供の肥満率は2004年の調査以来43%下がりました。
2014/02 BioToday 現在の米国人の肥満率は2003-2004年と変わらず高い
2014/02 LiveScience Having a Twin Linked with Anorexia, Puzzling Researchers
 双子の片方か三つ子であることが拒食症を発生するという人の危険を増加させるかもしれません。
'Body Shape Index'として知られているテクニックが、死亡率のBMI値より有能な予言者である
2014/02 EurekAlert  New study supports body shape index as predictor of mortality
不飽和脂肪は腹に脂肪がつくのを防ぐ
2014/02 EurekAlert  Abdominal fat accumulation prevented by unsaturated fat
 食物の脂肪構成が、血液の中のコレステロール値と心疾患のリスクに影響を及ぼすだけではなく、脂肪がボディーにどこに格納されるかを決定もするのを示す人間に関する最初の研究
2014/02 BioToday 飽和脂肪は脂肪蓄積を促し、不飽和脂肪は筋肉を増やすようだ
2014/02 BioToday 肥満女性の1年間の脂肪燃焼運動は僅か1時間~男性は4時間未満
同じ量でも一日に少しずつ何回もに分けて与えたほうがネコは太らない
2014/02 EurekAlert  Smaller meals more times per day may curb obesity in cats
新鮮果物や野菜が高騰すると幼児が太る
2014/02 EurekAlert  High cost of fruits, vegetables linked to higher body fat in young children
将来の見通しが食習慣に影響を与えるかもしれない
2014/02 EurekAlert  Food & moods
デブの鼻の細菌は、スリムで魅力的な男性より多い
2014/02 EurekAlert  Beauty & bacteria: Slim, attractive men have less nasal bacteria than heavy men
2014/02 BioToday 肥えている男性に比べて痩身の男性は鼻の病原性細菌が少ない
根っからの食欲は、急速な成長と遺伝子、肥満になりやすい体にリンクされます
2014/02 EurekAlert  Why tackling appetite could hold the key to preventing childhood obesity
 満腹反応性(内部の'充満'信号に対応して食べる減少している衝動)と、より高い食物の反応性(おいしい食物の光景かにおいに対応して食べる増加する衝動)
2014/02 BioToday 目下のこと以外に注意を向ければ食べ物の選択が改善しうる
 気分が悪いと健康的ではない食品を選びがち:自制の緩みは目下のこと以外に注意を向けることで正せるかもしれません。
2014/02 BBC News Eating disorders can be 'fatal'
 摂食障害は'致命的であることができます'。
2014/02 BBC News Is Australia facing an obesity crisis?
 世界の最も太る国の1つに変わるオーストラリア
サモアの人口がどう世界の肥満の最も高い速度の1つを開発したか
2014/02 EurekAlert  Obesity in Samoa: A global harbinger?
肥満妊婦に健康的な食べ物と運動アドバイスを提供する研究、重さ4kg(8.8ポンド)以上が生まれる赤ん坊の数のかなりの減少を示しました。
2014/02 EurekAlert  Pregnancy study leads to fewer high birth weight babies
糖尿病と肥満での腸管内菌叢の衝撃
2014/02 EurekAlert  Inside out at the 2014 AAAS meeting: The impact of gut flora on diabetes and obesity

2014/02 EurekAlert  Geographic variation of human gut microbes tied to obesity
肥満に結ばれた人間の腸の細菌の地理的変異
 北半球に住んでいる人々が、肥満に関連しているFirmicutesの多くの割合を、および、わずかな割合のBacteroidetesを持っている
太りすぎであるより傾向があるファーストフード店の近くに住んでいる子供
2014/02 EurekAlert Children living close to fast food outlets more likely to be overweight
2014/02 ABC@オーストラリア Cold climates linked to 'fat' gut bacteria
 寒い気候に生きる人々が、肥満に関連している腸バクテリアプロフィールを持っています。
太りすぎは海馬細胞健康を反映する分子の減少と関連しているように見えます
  記憶、学習、感情、おそらく食欲制御にもかかわった脳の一部
2014/02 EurekAlert  Excess weight linked to brain changes that may relate to memory, emotions, and appetite
2014/02 BioToday 太っている人は海馬の神経完全性マーカーNAAのレベルが低い
 N-アセチルアスパラギン酸
身体醜形障害に認知行動療法
2014/02 EurekAlert  RI Hospital: Cognitive behavioral therapy benefits patients with body dysmorphic disorder
少々の減量さえ、邪魔な睡眠時無呼吸を防いで、治療できます。
2014/02 EurekAlert  Even moderate weight loss can prevent and cure obstructive sleep apnoea
マンガコミックは、若者で果物消費を促進するのを助けるかもしれません。
2014/02 EurekAlert  Manga comics may help promote fruit consumption among youth
 果物取入口を促進するマンガコミック(日本の面白い芸術)への露出が健康な軽食選択をかなり改良した
においの認知への効果でどう食物摂取量を支配するかを解明
2014/02 EurekAlert  Mechanism elucidated: How smell perception influences food intake
テレビ、車、コンピュータの所有は低~中度収入国の肥満と糖尿病の速度増大に関連している
2014/02 EurekAlert  Obesity, type 2 diabetes epidemics spreading to developing world as more own TVs, computer
2014/02 EurekAlert  Cars, computers, TVs spark obesity in developing countries
  車、コンピュータ、テレビは発展途上国で肥満を引き起こします。
2014/02 BioToday テレビ、車、パソコンの所有と肥満や2型糖尿病が関連する
2014/02 EurekAlert  Study provides surprising new clue to the roots of hunger
2014/02 BioToday 肥満男性は結腸直腸癌前癌病変を生じやすい
2014/02 MT Pro 14歳児の肥満,半数近くは5歳で既に過体重に/米国の前向きコホート研究ECLSを分析
太りやすい生まれ順
2014/02 BBC News Birth order link to being overweight
2014/02 LiveScience Firstborns May Have Higher Heart Disease, Diabetes Risks
 長子には、より高い心臓病、糖尿病リスクがあるかもしれません。
2014/02 BioToday 第一子は第二子に比べて太りやすいようだ
2014/02 朝日新聞 食べる量、カロリ-よりBMIで 体格に合わせ新基準
2014/02 BioToday  ナトリウム摂取量が多い子はより太っている/米国試験
2014/02 National Geographic JP 震えるだけで脂肪が燃焼?
2014/02 National Geographic To Burn Fat, You Could Exercise … or Shiver
幹細胞を使用する肥満治療
2014/02 EurekAlert  Obesity treatment using stem cells is the topic of 2013's most-visited news release on EurekAlert!
親の50パーセント以上が彼らの太りすぎの、または、肥満体の子供の体重を過小評価する
2014/02 EurekAlert  'Not my child' -- Most parents fail to recognize if their child is overweight
身震いと運動が白色脂肪を褐色に変換するかもしれないという証拠
2014/02 EurekAlert  Evidence that shivering and exercise may convert white fat to brown
2014/02 EurekAlert  Shivering could elicit some of the same benefits as exercise
2014/02 EurekAlert  Will your child be a slim adult?
2014/02 朝日新聞 「寒っ」と身震い、メタボ予防に効果? 米チーム実験
2014/02 BioToday  寒さによる震えはイリシン分泌を介して褐色脂肪熱発生を促す
2014/02 読売新聞 レモン食べると肥満防止効果、中性脂肪を抑制
 ポリフェノールの一種「エリオシトリン」に中性脂肪を抑制するなど肥満防止に効果がある
 レモンが多用される地中海料理を食べる人たちに肥満や循環器疾患が少ない
健康に良い食べ物への、より良いアクセスは、肥満に取り組むために十分ではありません。
2014/02 EurekAlert  Better access to healthy foods is not enough to tackle obesity
 健康に良い食べ物へのアクセスを改良する政府イニシアチブは米国に肥満に限定的な影響を持っているかもしれません。
ほとんどの人は、平日にやせて、週末に太ります
2014/02 EurekAlert  Whether you lose or gain weight depends on weekdays
2014/02 BioToday 体重を維持/減少する人の体重変動はより周期的
豊かな国における肥満に上昇とファーストフードの増加
  肥満のまん延を記述するのに、公共の政策がどれくらい重要であるか
2014/02 EurekAlert  Tighter economic regulation needed to reverse obesity epidemic -- study
胃バイパス患者の大部分が、数日以内に彼らの二型糖尿病を神秘的に回復します、どんな減量も起こる前に。
  インシュリンを作り出すベータセルが手術の後に数と性能で増大する
2014/01 EurekAlert  Gastric bypass improves insulin secretion in pigs
肥満手術を受けた患者は、栄養補助食品を取って、栄養摂取に厳密な注意を向ける必要があるかもしれません
2014/01 EurekAlert  Gastric banding patients should closely monitor nutrition following surgery

2014/01 BioToday  肥満手術は最終手段とせずに適切なら治療法の一つとすべき
2014/01 BioToday 小児期の肥満は幼稚園入園時に太り過ぎだった子に主に生じる
成人期にメタボリック症候群にリンクされた若いときの貧しい朝食
2014/01 EurekAlert  Poor breakfast in youth linked to metabolic syndrome in adulthood
肥満を病気と認定すると心理的なコストがあるかもしれない
2014/01 EurekAlert  Labeling obesity as a disease may have psychological costs
特定のプロバイオティクスは、女性がやせるのを助けることができました。
2014/01 EurekAlert  Certain probiotics could help women lose weight
2014/01 BioToday 禁煙者と喫煙経験がない人の体重増加に有意差はない
2014/01 BBC News Pregnancy fat 'may alter baby brain'
 妊娠中に高脂肪食には、赤ん坊の発生中の脳を変更して、肥満の危険を増加させる可能性があります。
不経済ではなく、より良い食習慣が肥満率を安定させました。
2014/01 EurekAlert  Better eating habits, not bad economy, stabilized obesity rates
 米国肥満率が上昇しなくなったのは、景気の失速のせいよりも、詳しい情報と努力の結果が健康な食べ物の選択へ導いたから
肥満か肥満関連疾患を治療するために薬物療法を開発することの、より近くでステップでウエストからヒップへの増加する比、潜在的に感動的な科学に関連している5つの新規遺伝子を特定
2014/01 EurekAlert  UofL epidemiologist uncovers new genes linked to abdominal fat
  腹の脂肪にリンクされた新規遺伝子
過度の増量を防ぐ新しいウェブベースのコースはヤングアダルトの健康を改良するかもしれません。
2014/01 EurekAlert  New web-based course to prevent excessive weight gain may improve health in young adults
温和な寒さへの日常的な暴露は人々がやせるのを助ける健康で持続可能な方法であるかもしれません
2014/01 EurekAlert  Exposure to cold temperatures can help boost weight loss
2014/01 ABC@オーストラリア Exposure to cold may help shed kilos
2014/01 BioToday  震えない程度の寒さへの曝露でエネルギー消費を促しうる
2014/01 LiveScience Cold Air Could Help You Lose Weight
2014/01 BBC News Obesity measure 'too high' for many
 肥満度が許容範囲とみなされる何百万人ものイギリスの人々、それでもまだ健康に差し支えるほどに体重があり過ぎる
2014/01 朝日新聞 脂肪蓄積を抑える「希少糖」脚光 甘味料に予約殺到
 家庭用シロップ「レアシュガースウィート」
2014/01 BioToday ダイエット飲料を飲む太り過ぎや肥満の人はよく食べる/米国
2014/01 BioToday 拒食症患者の短期入院後の通院治療は入院継続に劣らない
減量手術に、イギリスの200万人は適任であるかもしれません
2014/01 EurekAlert  2 million people eligible for weight loss surgery
2014/01 BioToday 親の学歴が低い子供の肥満率は依然として上昇している/米国
上昇するファーストフード消費を小児肥満症の急速な増加を引き起こす重要な要因とみなすのがトレンドだが、ファーストフード消費は、はるかに大きい問題の単なる副産物である
  養護施設で起こる貧しい一日中食事の習慣。
2014/01 EurekAlert  Fast food not the major cause of rising childhood obesity rates
人口密度が高い近所に住むのは実際に糖尿病と肥満の危険を減少させることができます。
  ウォーキングしづらいエリアに住んでいるトロント人、糖尿病・肥満リスク33パーセント高い
2014/01 EurekAlert  Living in densely populated neighborhoods can actually decrease risk of diabetes and obesity
未就学児の中で3つの最も重要な子供肥満の危険因子
2014/01 EurekAlert Illinois study identifies 3 risk factors most highly correlated with child obesity
 不十分な睡眠
  太った親
  親による子供の食事制限
2014/01 BioToday この冬の米国インフルエンザ入院成人のほぼ半数が肥満
自分が痩せぎす過ぎると考える十代の少年が他の少年と比べると太り過ぎと思う十代人さえより成人後にうつに陥る高いリスクでいます、
2014/01 EurekAlert  Fear of being too skinny may put teen boys at risk for depression, steroid use
昼にアボガド半個で食欲抑制
2014/01 EurekAlert  New research: Effects of eating half an avocado with lunch on satiety & desire to eat between meals
  昼食が間食する満腹願望にある状態で半分のアボカドを食べるという効果
ナッツと肥満の関係
2014/01 EurekAlert  International Tree Nut Council funded study links nut intake with lower risks of obesity
私たちがどれくらい太るのになるかを決定する際に私たちの体内時計を整える特異遺伝子が、中心的役割を果たすかもしれない
2014/01 EurekAlert  How fat might be controlled through the body clock
動機づけのツールとして彼らの毎月の健康な食物割り引きを失うという危険を使用するなら、食料品店では、人々は健康なオプションをより選びそうです
2014/01 EurekAlert  Laying money on the line leads to healthier food choices over time
2014/01 BioToday 血小板活性化因子受容体は褐色脂肪を介して肥満を抑制しうる
2014/01 BBC News Developing world obesity quadruples
 開発途上地域肥満4倍
2014/01 朝日新聞 肥満防ぐタマゴ開発中 岐阜大など、脂質吸収抑える抗体
 リパーゼにだけ結合して働きを邪魔するたんぱく質(抗体)
 ニワトリにブタのリパーゼを注入してリパーゼ抗体を作らせ、親鳥の抗体が濃縮したタマゴの黄身を精製
年をとるのに従って褐色脂肪の発熱活性が抑えられる
2014/01 EurekAlert  Scientists explain age-related obesity: Brown fat fails
幼児期に喘鳴の罹患歴がある子は、肥満が学齢児童の肺機能減少の重要な危険因子です
2014/01 EurekAlert  Overweight linked with reduced lung function in children with a history of early childhood wheezing
「ABO式血液型ダイエット」には生活習慣病のリスク因子を下げる効果がまったくない
2014-01  ABO Genotype, ‘Blood-Type’ Diet and Cardiometabolic Risk Factors

 以上、 →2014年1〜6月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー