性格/性向/感情/幸福感:
2014年1〜6月

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 news@nature.com 脳のサーキットは社会的なふるまいに拍車をかけます。 Neuroscience: Brain circuit spurs social behaviour
2014/06 ためしてガッテン  本当にあった「やる気スイッチ」!その異常とは?
2014/06 news@nature.com  Sun-seekers court addiction  日焼け
2014/06 news@nature.com  Neuroscience: Tanning might be addictive
2014/06 BioToday 腹側被蓋野の刺激でサルの選択-画像の好み-が変化する
2014/06 スラッシュドット ジャパン 若い頃に「格好よく」あろうとした人々は大人になると負け組に?
 22歳の段階では一時期はイケてる層であった彼らは人間関係 の能力において同年齢の中で劣ると評価されがちであった
2014/06 National Geographic JP “笑いが病気を治す”の真相は?
2014/06 National Geographic Is Laughter the Best Medicine?
2014/05 news@nature.com うつネズミには、興奮性ニューロンがあります。 ストレス対処にかかわる細胞を特定
  Depressed mice have excitable neurons
2014/05 NatureJP 攻撃行動を引き起こす視床下部ニューロン
2014/05 Nature 複数のサブタイプの扁桃体介在ニューロンによる、脱抑制を介した恐怖学習制御 Amygdala interneuron subtypes control fear learning through disinhibition
2014/05 AFP 身近な人との口論は早世リスク、追跡調査で判明
2014/05 BioToday 最初に生まれた子の成績が良いのは志に支えられているようだ
 弟や妹に比べてより志が大きい
2014/05 BioToday 感情は前帯状回と炎症の連携を介して心血管疾患に寄与しうる
2014/05 BioToday DNA修飾の一種5-hmCの蓄積は行動順応を促す後成的状態を生む
 恐怖消去(fear extinction)で前頭前皮質内での5-hmCのゲノム全域再配置
 メチル化DNAを5-hmCに変える酵素群Tetの一つTet3を介した5-hmC蓄積はDNA脱メチル化の単なる中間産物ではなく経験に応じた遺伝子発現や順応行動を促す後成的状態の確立と関連する
2014/05 本川・社会実情データ図録  幸福度の男女差(推移と国際比較)
  女性の方が男性より幸福度の高い状態が続く。
  日本女性の幸福度の対男性超過度は世界ランキングでトップ





2014/04 BioToday  笑いはコルチゾールレベルを下げて記憶を改善しうる
2014/04 AFP 感情コントロールが不要になる眼鏡型装置、日本の科学者が開発
2014/04 National Geographic JP S攻撃行動を抑える前頭葉の働き解明
2014/04 BioToday 感情鈍麻症状と脳萎縮が関連する  平均年齢76歳
2014/04 EurekAlert  Cultivating happiness often misunderstood, says Stanford researcher
 幸福のパラドックス: 幸福の追求が幸福度を下げる場合
 広くて抽象的な目標は幸福の暗黒面を呼び入れる--非現実的な期待。
2014/04 AFP 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
2014/04 LiveScience Mad at Your Spouse? Low Blood Sugar May Be to Blame
2014/04 EurekAlert  外向的な行動で、より幸福な人間になります。  Outgoing behavior makes for happier humans  通文化的に
2014/04 BioToday 文化の違いを超えて社交的な人はより幸せなようだ
2014/04 EurekAlert  頭部外傷は子供を友だちが少ない子にする。  Head injuries can make children loners
 事故の3年後、右前頭葉の治らず長引く怪我が下側の社会的能力(グループへの参加、友人の数など)に関連しているのがわかりました。
2014/04 EurekAlert  寂しさはDNA修復に影響を与えます。  Loneliness impacts DNA repair
 アフリカの灰色のオウムのテロメアの長さ
2014/04 【日本語ブログ】孤独はDNAの修復機能に影響を与える、ウィーン獣医科大
2014/04 EurekAlert 肥満の人は疲れていて座業的になる、逆もまたしかり。  Does a junk food diet make you lazy? UCLA psychology study offers answer
2014/04 【日本語ブログ】UCLA: ジャンクフードを多く摂取する食生活を取ると生活習慣は怠惰になる
2014/04 BioToday 精製食でラットはより太り、意欲をなくす
2014/04 BBC News 'Love drug' increases group lying  「愛のホルモン」オキシトシンを吸入した後、グループのメンバーは、より嘘をつきそうです。
嘘つきホルモン
「愛のホルモン」オキシトシンを吸入させるとウソをつく頻度が高まった
道理を曲げて考えることに抵抗がなくなるらしい

2014/04 EurekAlert 私たちが主に報酬を予期するのにかかわる脳の領域を通る人々の人気を追跡する  The social circuits that track how we like people and ideas
2014/04 EurekAlert 島の活動過剰が問題ギャンブルに通じるかもしれない  Scientists identify part of brain linked to gambling addiction
2014/04 EurekAlert 側部の手綱が慢性的に不活発なネズミは飲酒が止まらないし懲りない   A brain region for resisting alcohol's allure
2014/04 EurekAlert 苦難でポジティブ思考、順境でネガティブ思考に走るように出来ている脳  Positive, negative thinkers' brains revealed
夜型人間に多い未婚のリスクテイカー
2014/04 EurekAlert  Night owls, unlike early birds, tend to be unmarried risk-takers
2014/04 EurekAlert  初期介入は、成人期に攻撃的な行動を抑えます。  Early intervention reduces aggressive behavior in adulthood 幼稚園と10年の間の子供のための教育的介入プログラムは、社会的な脅威に対応してテストステロンレベルを湿らせることによって、成長後の攻撃的な行動を抑えます
2014/04 LiveScience Brain Images Reveal How We Distinguish Real and Fake Laughter  脳画像は私たちがどう本当の、そして、にせの笑いを区別するかを明らかにします。
2014/03 EurekAlert 瞬間に生きる中毒者は、ある種類の治療から最も利益を得るかもしれません。
Addicts who live in the moment may benefit most from certain kinds of treatment
 簡単な認識力テストは、依存症と戦う個人が、どれくらい上手に、ある処理に応じるかを予測できるかもしれません
2014/03 EurekAlert  脳スキャンは正義に関する懸念を感情ではなく、理由にリンクします。 Brain scans link concern for justice with reason, not emotion
2014/03 EurekAlert 認知解析に使用できる記録された表情の数を3倍にする   Computer maps 21 distinct emotional expressions -- even 'happily disgusted'
2014/03 EurekAlert 幼いころの慢性ストレスが、成人期に不安、攻撃性を引き起こす。 Neurobiologists find chronic stress in early life causes anxiety, aggression in adulthood
2014/03 個人主義、日本では幸福感低い? 京大調査 : 京都新聞
 京都大こころの未来研究センターの内田由紀子准教授
 日本では個人主義が強くなると、友人が少なく、幸福感も低い傾向にある
 調和を重んじる日本の価値観に 合っていないことが背景にある
2014/03 BioToday 笑ったふりを脳は見破り、その理由を探ろうとするようだ
 面白い時の笑い声と偽の笑い声への脳の反応は異なる
歯の損失をうつと不安にリンクします。
2014/03 EurekAlert  Study links tooth loss to depression and anxiety
幼児期での'愛のホルモン'システムの不十分な発達に薬物やアルコール中毒などの中毒行動を関連づけることができました
2014/03 EurekAlert  Can 'love hormone' protect against addiction?
 オキシトシン
私たちはなぜ恐怖によって目が皿のようで嫌気から横目になりますか?
2014/03 EurekAlert  Eyes are windows to the soul -- and evolution
数学不安と遺伝子
2014/03 EurekAlert  Who's afraid of math? Study finds some genetic factors
2014/03 BioToday 数学の苦手意識の個人差の40%は遺伝的要因に起因する
2014/03 BioToday 他人の個性を判断して交友する能力は知能の一部かもしれない
2014/03 スラッシュドット ジャパン 幸せなプログラマは問題解決能力が向上する
2014/03 【日本語ブログ】幸福な人は良く働く、ウォーリック大
 幸福な従業員は生産性が 12%増加する
2014/03 BioToday 幸せだと仕事の生産性が高まる
2014/03 BBC News Catching a yawn is 'linked to age'
 伝染性のあくびは、年をとるように疲労か感情移入より密接にリンクされます。
 高齢者はうつりにくい
伝染性のあくびは感情移入にリンクされないかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Contagious yawning may not be linked to empathy; still largely unexplained
2014/03 BioToday あくびの伝染は同情や知性とは関連しない
感情探知器で、運転は、より安全になるかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Emotion detectors could make driving safer
「恥を知れ。」
 この簡単な一言が一時的に、またはあまりにも頻繁に使用されたら永久に、個人の価値と自己評価の感覚を破壊する。
2014/03 EurekAlert  You should be ashamed -- or maybe not
非社交的な若者が空気を読めない理由
2014/03 EurekAlert  Why antisocial youths are less able to take the perspective of others
 社会的な相互作用の神経画像法研究
主要な感情的なハブで心配を規制するのにかかわる脳と逃走・闘争反応でカンナビノイド受容体を見つけました。そこでは、マリファナが効果を生みます。
2014/03 EurekAlert  Discovery sheds new light on marijuana's anxiety relief effects
2014/03 BBC News Angry people 'risking heart attacks'
 怒りは約2時間の「危険ウィンドウ」が激発に続いていて、心臓発作か脳卒中の引き金となるかもしれません。
2014/03 EurekAlert  Study shows nearly fivefold increased risk for heart attack after angry outburst
  激オコの後に心臓発作リスク五倍増
 怒りの激発に続く2時間で心臓発作のリスクのほとんど五倍の増加。
2014/03 BioToday 激怒の後は心血管イベントを生じやすい/メタ解析
若者不安障害に関する効果的な治療には、永久の利益があります。
2014/02 EurekAlert  Effective treatment for youth anxiety disorders has lasting benefit
脳の感情制御センターで酸性度を高めるのは心配を減少させます
2014/02 EurekAlert  Increasing brain acidity may reduce anxiety
「惜しかった!」なのに「当たった」同然に過剰反応するギャンブラーの脳
2014/02 EurekAlert  Study uncovers why almost winning is just as good for some gamblers
  脳におけるギャンブラーが同様にニアミスに反応するように導く変化
2014/03 National Geographic Near Wins Stoke Gamblers’ Brains
2014/03 National Geographic JP ギャンブル好きの人特有の脳の反応とは
積極的な気分で健康な食べ物の選択をする人が、しばしば否定的ムードにおける人(その人は、今現在の味と知覚経験にさらに焦点を合わせます)より将来の医療利益を考えています。
  何か快いものに焦点を合わせようとするのは不摂生な食物の消費を抑えることができます。
  あなたを幸福にすることについて考えると、あなたは77パーセントも健康な食事をするでしょう!
2014/02 EurekAlert  Mood and food: The better your mood, the better you eat
地獄信者はちょっと不幸
2014/02 LiveScience People Who Believe Hell Are Less Happy
男性がどう彼らの老後にアプローチするか
  どれくらい満足であるかが人口の約80パーセントにおいて比較的安定したままで残っている
  「苦労」に対処するという不幸の認知は、65-70歳から悪くなる傾向。
 考えられる原因は、配偶者か友人の健康問題、認知機能低下またはご逝去です。
2014/02 EurekAlert  Aging men: More uplifts, fewer hassles until the age of 65-70
2014/02 Science 恐怖学習の形成に海馬CA1野のニューロンの樹状突起への抑制が寄与する
2014/02 BBC News Fear suppressing neurons found
2014/02 LiveScience Money, Sleep and Love: What Makes a Happy Parent?
 親は非親よりわずかに幸福であるかもしれませんが、本当に重要なことは金融的保証、結婚のセキュリティ、および睡眠のようなリソースです。

2014/02 BioToday 米国で最も幸福な州はノースダコタ州
2014/02 LiveScience The Happiest and Saddest States of 2013

Top 10 States in Well-Being in 2013 (scores out of 100):

  • 1. North Dakota – 70.4
  • 2. South Dakota – 70.0
  • 3. Nebraska – 69.7
  • 4. Minnesota – 69.7
  • 5. Montana – 69.3
  • 6. Vermont – 69.1
  • 7. Colorado – 68.9
  • 8. Hawaii – 68.4
  • 9. Washington – 68.3
  • 10. Iowa – 68.2

Bottom 10 States in Well-Being in 2013 (scores out of 100):

  • 50. West Virginia – 61.4
  • 49. Kentucky – 63.0
  • 48. Mississippi – 63.7
  • 47. Alabama – 64.1
  • 46. Ohio – 64.2
  • 45. Arkansas – 64.3
  • 44. Tennessee – 64.3
  • 43. Missouri – 64.5
  • 42. Oklahoma – 64.7
  • 41. Louisiana – 64.9

Most Improved: States showing steady improvement since 2010 and number of points improved

  • Nevada - +2.4 points
  • Montana - +2.0
  • Vermont - +2.0
  • Nebraska - +1.9
  • Iowa - +1.3
  • Maine - +1.3
  • Arizona - +1
  • Wisconsin - +1
  • Mississippi - +0.7
  • Texas - +0.6
  • California - +0.6

'美しくも悲しい'音楽は、人々が気分が良くなるのを助けることができます。
2014/02 EurekAlert  'Beautiful but sad' music can help people feel better
2014/02 BioToday 運動で分泌される成分・乳酸はノルアドレナリン分泌を促す
 アストロサイトから分泌される乳酸は脳青斑核神経を活性化してノルアドレナリン分泌を促す
2014/02 BioToday  孤独は行動変化を促して遺伝子存続の可能性を高めうる
2014/02 スラッシュドット ジャパン 脳は顔文字を笑顔だと認識する
2014/02 ワイアードビジョン 脳は「顔文字」を、実際の顔と同様に認識
バスで見知らぬ人との会話を始めるのは拷問のように見えるかもしれませんが、それで、人々は実際により幸福になります。
2014/02 LiveScience Why You Should Put Down Your Smartphone and Talk to Strangers
競争力において不利な立場はリスクテイキングを容易にします。
2014/02 Competitive disadvantage facilitates risk taking
振舞いを制御する脳の部位に恐怖記憶のサイトをリンクする新しい神経回路の発見
2014/02 EurekAlert  Scientists discover a new pathway for fear deep within the brain
2014/02 理研 「気分の波」を緩和する薬剤の作用メカニズム解明に一歩前進
私たちが年をとるのに応じて、私たちを幸福にするものは、変化します。
2014/02 EurekAlert  YOLO: Aging and the pursuit of happiness
あなたは成績優秀者ですか?
  最も良い製品さえあなたを不満であるままにするかもしれません。
2014/02 EurekAlert  Are you a high achiever? Even the best products might leave you dissatisfied
 絶えずベストを求めて努力すると、後悔と不満のような負の感情は私たちの日常生活の他の部品でつのっているかもしれません。
男性と女性の脳の違いがどう暴力の性差に貢献するか
2014/02 EurekAlert  Is the male or female brain more vulnerable to triggers of violent behavior?
個人が危険な振舞いに従事しているとき、人々がどう決定をするかで脳活動を関連させる新しい研究  酔っぱらい運転や危険な性行為のように脳の願望システムがアクティブ過ぎるのではなく、それらのセルフ・コントロールシステムが十分アクティブでない
2014/02 EurekAlert 
Brain scans show we take risks because we can't stop ourselves
2014/02 【日本語ブログ】人は自分自身の行動の抑止を行うことができない、心脳スキャンに実験結果で判明
2014/02 BioToday 脳の自制系の活動が弱い時に危険を冒してしまうようだ
2014/02 EurekAlert  Understanding fear means correctly defining fear itself, NYU's LeDoux concludes
高い教育レベルではなく、自己有用感(逆境感の少なさ)が死亡率危険を減少させます。
2014/02 EurekAlert  Perceived control reduces mortality risk at low, not high, education levels
 人の人生の間、ほとんど教育を持っていない人々でコントロール感を持っているのが死亡率を減少させることができる
2014/02 EurekAlert  New study finds feeling 'in control' can help you live longer
無力感は世界の…重さを文字通り増加させます。
2014/02 EurekAlert
  Feeling powerless increases the weight of the world... literally
2014/02 LiveScience To the Powerless, World Weighs Heavier
2014/02 BBC News Four emotions inform 'all behaviour'
2014/02 EurekAlert
  Written all over your face: Humans express 4 basic emotions rather than 6
  人間は6よりむしろ4つの基本感情を述べます。
2014/02 BioToday 人が顔の表情で伝えれる感情は通説の6つではなく4つ
言語に苦労する内気な子供
 これらの子供は、または言語を理解するのが不十分とか延着するとかよりむしろ単に応じるのに気が重いです
2014/02 EurekAlert  'I know it but I won't say it'
2014/02 LiveScience The Real Reason Shy Toddlers Speak Late
体温に従って、タンパク質は甲状腺ホルモンレベルを変更します。
  それは、何人かの人々が熱浴かサウナにあるとき、得る幸福な感じを解明します。
2014/01 EurekAlert Protein modifies thyroid hormone levels according to body temperature
悪夢ナイトメアは悪い夢より大きい感情的な影響を与えます、そして、恐怖はいつも要素であるというわけではありません。
  事実上、それは悪夢の3分の1でほとんど欠けています。
2014/01 EurekAlert  University of Montreal study analyzes content of nightmares and bad dreams
脳の接続は、信仰を形成するのを助けますか?
2014/01 EurekAlert  Do brain connections help shape religious beliefs?
食物依存症にリンクされたこらえしょうのない性格
2014/01 EurekAlert  Impulsive personality linked to food addiction
2014/01 BioToday 衝動的な人は食物依存症を呈しやすい
世界の危険な地域は攻撃的な子供を生産します。
2014/01 EurekAlert World's dangerous neighborhoods produce aggressive children
こらえしょうのない人ほど、より早い速度で彼らの目を動かす傾向がある
2014/01 EurekAlert  Fast eye movements: A possible indicator of more impulsive decision-making
2014/01 LiveScience Happier People Keep Healthier as They Age
 年をとるとき、幸福な人々は、より健康なままです。
2014/01 BioToday より楽しく生きている高齢者は身体機能が衰えにくい
適度の量の自己愛が有能なリーダーを作る
2014/01 EurekAlert  Narcissism -- to a point -- can make a more effective leader, researchers find
2014/01 EurekAlert  Narcissism and leadership: Does it work to be a jerk?
食物を他のものと共有するチンパンジー、尿にホルモンオキシトシンのレベル高い
2014/01 EurekAlert  The way to a chimpanzee's heart is through its stomach
2014/01 BBC News Comedians 'have psychotic traits’
 多くの他の創造的なタイプのように、コメディアンは個性タイプを精神病にリンクさせます。
感情移入駆動の振舞いは捕らえられた仲間を抑制者から解放するネズミで観測されました。
2014/01 EurekAlert
  Social experience drives empathetic, pro-social behavior in rats
 これは同じ家系のネズミにさえ適用されます--それ自体と異なった系統のネズミの中で育てられたネズミは、それ自身の種類の見知らぬ人を助けないでしょう。
2014/01 National Geographic 競争相手を怒らせるのは意図的な戦略
2014/01 National Geographic Men Anger Opponents on Purpose
2014/01 LiveScience Getting Others Mad May Be a Winning Strategy
2014/01 BioToday 人は競争で相手を怒らす効果を予期し、うまく利用しうる
 男子大学生が参加した試験の結果
 怒りは頭を使う課題の競争ではその成績を悪くし、腕力の競争では逆にその成績を改善しうる
家に子供がいる34~46歳のアメリカ人は家で子供のいないそれらより高い生活満足度を評定します。
2014/01 EurekAlert  Americans with and without children at home report similar life satisfaction but more positive and negative emotions
2014/01 LiveScience Does Having Children Make People Happier?
2014/01 LiveScience Humans Use Sound Cues to Read Dog's Emotions
 ほとんどの犬の飼い主がキャンキャンほえ喜びと不満の遠吠えについて違いを感じることができる
 仲間人間で見つけるように、犬で感情を認識するために同じ総則を 人々が使用します。
2014/01 スラッシュドット ジャパン 感情と感覚の関係性は世界共通
 人がよく感じる感情はそれぞれに異なる身体的感覚を伴う
2014/01 朝日新聞 麻酔薬ケタミン、脳の「やる気」活性化 新抗うつ薬期待
 理化学研究所、この薬が脳の「やる気」に関係する2カ所を、同時に活性化していることを突き止めた
町や都市の緑地はメンタル・ヘルスにおける重要で持続している改良に通じるかもしれません
2014/01 EurekAlert  Green spaces deliver lasting mental health benefits
2014/01 EurekAlert  Green space can make people happier for years
2014/01 BBC News Green spaces 'improve mental health'
2014/01 BioToday 緑多い居住地は人をより幸せにするようだ
2014/01 LiveScience Mindfulness Meditation May Reduce Anxiety, Depression
2014/01 NatureJP 恐怖関連行動の制御
2014/01 Nature 前前頭皮質のパルブアルブミン介在ニューロンは神経活動を成形して恐怖表現を促す Prefrontal parvalbumin interneurons shape neuronal activity to drive fear expression

 以上、 →2014年1〜6月の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー