科学と社会:
2013年7〜12月

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2013/12 【日本語ブログ】気候変動否定論には誰が資金提供を行っているのか?
データは'驚異的なレート'で科学に失われています。
2013/12 EurekAlert  Data are lost to science at 'astonishing rate'
 500以上の手当たりしだいに選択された研究の慎重な評価によって、論文の後ろのオリジナルのデータが急ピッチで科学に失われたのがわかりました。
80パーセントの科学的データは20年間以内に失われています、時間がたつにつれてデータのアクセシビリティを追跡する新しい研究によると。
2013/12 EurekAlert  Scientific data lost at alarming rate
2013/12 news@nature.com  Scientists losing data at a rapid rate
2013/12 National Geographic Redditが温暖化否定の投稿を規制
2013/12 National Geographic Reddit Science's Ban on Climate Change Denial Posts Rears Its Head Again
2013/12 読売新聞 革新技術研究に550億円基金…救助ロボなど
2013/12 読売新聞 研究不正防止のため第三者機関を…学術会議提言
2013/12 朝日新聞 研究者の倫理研修義務化を提言 不正防止で日本学術会議
2013/12 毎日新聞 中国:探査機、月面着陸に成功…「宇宙大国」世界に誇示
2013/12 読売新聞 3科学誌は商業主義…ノーベル受賞者が「絶縁」
 ネイチャー、サイエンス、セル
2013/12 スラッシュドット ジャパン ノーベル賞を受賞したランディ・シェックマン教授、3大科学誌に対し不満の意を示す
医学者の生物医学研究従事率が減っている
2013/12 EurekAlert  New analysis shows that physician scientists are less likely to be engaged in biomedical research than in past
ピア・レビュー科学はツイッターで急増していますが、だれが何をさえずらせているか、そして、なぜですか?
2013/12 EurekAlert  Peer-review science is taking off on Twitter, but who is tweeting what and why?
2013/12 【日本語ブログ】学術論文に関わるツィートは誰がどんな目的でつぶやいているのか?
2013/12 news@nature.com Twitter buzz about papers does not mean citations later
論文についてのつぶやきが多くても、引用との相関関係を見つけません。
2013/12 Nature 博物館やコレクターが、ゲノミクスの初期の装置や器具を競って収集へ。 Museums hunt for relics from genomics’ early days
2013/12 Nature 画像検索が、研究論文の不正疑惑の捜査のきっかけに。 Image search triggers Italian police probe
2013/12 読売新聞 元東大教授が論文撤回…分子生物学会、不正確認
環境に対する配慮を上げるには、破滅を迫らせるのではなく、長い未来を強調してください。
2013/12 EurekAlert To boost concern for the environment, emphasize a long future, not impending doom
2013/11 Science 中国における研究規範
2013/11 Science 中国の論文市場
2013/11 Nature 研究倫理: 内部告発のための3つの方法 Research ethics: 3 ways to blow the whistle
2013/11 Nature 予算の窮迫で、大気中の二酸化炭素濃度の長期的観測が途絶える恐れが。 Budget crunch hits Keeling’s curves





研究者は働き過ぎ
2013/11 ABC@オーストラリア Survey shows scientists are working overtime
2013/11 Science 科学者兵士がアフガニスタンでの対反乱作戦に参加
科学者の将来の影響を予測するモデルはしばしば失敗します。
  大学が科学者の今後の貢献を予測するのに部分的に使用するモデルは以前に思われるほど頼もしくはありません。
2013/10 EurekAlert Study: Models to predict scientists' future impact often fail
ClinicalTrials.govに登録された585の大きくて、ランダマイズされた臨床試験の新しい分析によって、29パーセントが科学雑誌で発行されていないのがわかります。
  さらに、未発表の治験のおよそ78パーセントには、ウェブサイトで利用可能などんな結果もありませんでした。
2013/10 EurekAlert Results from many large clinical trials are never published
2013/10 日本経済新聞 科学者の研究も3分の1は「恣意的」という衝撃
 癌研究分野において画期的とされる53の論文のうち、その実 証結果を再現できたのはたった6つだけだ
2013/10 BBC News Nasa reverses Chinese scientists ban
米国の政府機関閉鎖が、科学界に後遺症を。
2013/10 Nature Pain of US shutdown lingers
2013/10 National Geographic JP 米国、政府閉鎖で科学分野に長期的影響
麻酔薬の死刑執行への利用が、米国の医療用麻酔薬の供給を滞らせる恐れが。
2013/10 Nature Death row incurs drug penalty
科学界から、セクシャルハラスメントをなくさなくてはならない。
2013/10 Nature End harassment
doi: 10.1038/502409b
被引用度の最も高い論文は古い情報と新しい情報のバランスが良い
2013/10 Highest-Impact Papers Strike Balance Between Old and New
 Atypical Combinations and Scientific Impact
2013/10 Science  不確実な知識と既存の知識の結合がインパクトの高い科学研究を生み出す
上級のオープンAccess出版モデル
2013/10 EurekAlert Advanced Open Access publishing model
2013/10 EurekAlert How are Open Access and MOOCS disrupting the academic community in different ways?
オープンAccessとMOOCSはどのように異なった方法で学界を混乱させていますか?
土のざんごうを掘るか、または種子に水をまいている、一度も手を汚したことがないデータを分析する「植物生物学者」の新世代
2013/10 Science 生物学の乾いた未来
2013/10 Science NASAの会議、中国人学生を締め出し
2013/10 NatureJP 研究のインパクト:価値ありと見なされる科学研究を探す
2013/10 news@nature.com Study aims to put IPCC under a lens
社会科学者は気候パネルの内部の力学がどう結果に影響するかを調べたがっています。
ネイチャー・パブリッシング・グループは、来春、科学データの有効活用を目指して、オープン・アクセスのオンラインデータ雑誌Scientific Dataを創刊する。
2013/09 Nature Launch of an online data journal
doi:10.1038/502142a
2013/10 Science  科学論文引用の長期的なインパクトを定量化する
2013/10 Science オープンアクセス時代のはじまり
2013/10 Science ピア・レビューを恐れているのは誰だ?
2013/10 Science 科学出版界の予見者
2013/10 Science ネガティブシンキングの力
2013/10 Science そこのあなた、研究内容について何か隠しているのでは?
2013/10 Science 出版の裏で横行するスパイ活動
2013/10 Science ゲノムを厳重保管し、研究を監禁するというのか?
2013/10 Science 年次総会:不備のないものを改善する
2013/10 Science 総会をバーチャル環境に移行した場合に失われるもの
2013/10 Science こびへつらう学会からは何も生まれない
2013/10 Science  伝統的な出版形態を維持しつつ、ソーシャルメディアの影響を受ける学術コミュニケーション
2013/10 Science 科学における対話のあり方:継ぎ目をしっかり留める
2013/10 【日本語ブログ】ピアレビューなんて怖くない、嘘の論文を学術専門誌に投稿するとどうなるのか?
2013/10 National Geographic Fake Cancer Study Spotlights Bogus Science Journals

科学者は、研究の意義や有用性を、ソーシャルメディアなどを使って直接社会に分かりやすく伝える工夫をすべきだ。
2013/09 Nature Cross the road
doi: 10.1038/502006a
2013/09 朝日新聞 不適切な臨床研究118件 全国調査、データ捏造は1件
特許の収益化の難しさで、米国の大学が倫理的ジレンマに。
2013/09 Nature Universities struggle to make patents pay
doi: 10.1038/501471a
実在しない著者が研究論文を出すという謎めいた不正行為に、同じ分野の研究者が当惑。
2013/09 Nature Mystery over obesity ‘fraud’
doi: 10.1038/501470a
米国の海洋掘削研究に、予算問題の荒波が。
2013/09 Nature Drilling hit by budget woes
doi: 10.1038/501469a
2013/09 読売新聞 iPSなど森口論文、14本不正…東大最終報告
2013/09 ABC@オーストラリア Dung beetle astronomy study wins Ig Nobel
2013/09 スラッシュドット ジャパン イグ・ノーベル賞、日本人が7年連続受賞
2013/09 産経新聞 「オペラで延命」にイグ・ノーベル医学賞 日本人、7年連続
2013/09 毎日新聞 イグ・ノーベル賞:「オペラで延命」など日本人7年連続
2013/09 読売新聞 マウスにオペラ聴かせ…イグ・ノーベル医学賞
2013/09 AFP イグ・ノーベル賞、「タマネギ涙」の謎に挑んだ日本人も受賞
2013/09 news@nature.com  The 2013 Ig Nobel Prizes
2013/09 朝日新聞 涙出ないタマネギ開発 イグ・ノーベル賞に日本人2氏ら
2013/09 読売新聞 イグ・ノーベル賞に日本人、マウスにオペラで…
2013/09 【日本語ブログ】2013年のイグノーベル賞、フンコロガシの研究で南アフリカの研究者が受賞
2013/09 EurekAlert Researchers' tweets move science forward
研究者のさえずりは科学を前方へ動かせます。
  科学的刊行物の開発の間、さえずる利点について説明します。
2013/09 スラッシュドット ジャパン 科学系の部活がない中学校が70%を超える
2013/09 読売新聞 科学系の部活ない中学が73%、指導教員不足で
米国でバイオ企業の新規株式公開が相次いでいるが、ブームがいつまで続くかに懸念も。
2013/08 Nature Biotech boom prompts fears of bust
doi: 10.1038/500513a
科学分野でも、隠喩には利用価値があることが多いが、その扱いには慎重さも必要だ。
2013/08 Nature Beyond compare
doi: 10.1038/500501b
2013/08 朝日新聞 「地震予知」看板やめます 国の研究、災害予測に軸足
2013/08 毎日新聞 生命科学分野:研究者の1割 不正の現場を目撃 学会調査
2013/08 news@nature.com  US behavioural research studies skew positive
アメリカにおける行動の調査研究、積極的歪曲
  '米国効果'がパブリッシュ・オア・ペリッシュ精神状態の結果
2013/08 Science 全論文の半数が、何らかの形で無料で読まれている
研究論文のオープンアクセスが激増し、2011年度では約半数に。
2013/08 Nature Half of 2011 papers now free to read
doi: 10.1038/500386a
2013/08 Science 6人の研究者が長期懲役刑、トルコ科学界最悪の日
不安定な政治のオモチャにされなければ、トルコの科学はもっと発展できるだろう。
2013/08 Nature Beyond headscarf symbolism
doi: 10.1038/500253a
イギリス政府の新任教師トレーニングプログラムは十分な科学と数学専門家を回復させていません
2013/08 BBC News England faces science teacher gap
2013/08 朝日新聞 巨大加速器の誘致「現時点では認めず」 日本学術会議
2013/07 毎日新聞 東京大:論文に多数の不正 調査委、43本「撤回が妥当」
2013/07 朝日新聞 東大43論文に改ざん・捏造疑い 元教授グループ
2013/07 読売新聞 科学研究の不正防止策、半年以内に…学術会議
 高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究のデータが改ざんされていた問題を受け
2013/07 news@nature.com  Canada used hungry indigenous children to study malnutrition
Canadaは、栄養不良を研究するのに空腹な原住民の子供を使用しました。
  怒りは1940年代と1950年代に知らず知らずの土着の市民のテストを詳しく述べる記事に従います。
2013/07 AFP 恐竜や天文学、基本知識の保有率が減少 豪州調査
植物性プランクトンに関する特許の8割以上は、
2013/07 EurekAlert Japan, China and South Korea account for 84 percent of the macroalgae patents
日本、中国、および韓国はmacroalgae特許の84パーセントを占めます。
米国で新しい科学教育指針が作成され、それを取り入れた州では気候変動学と進化学を高校より前に教えることに。
2013/07 Nature Evolution makes the grade
doi: 10.1038/499014a
2013/07 Science 東へと向かう日本のキメラ胚
キメラ胚はすぐ、太陽でいい目を見るかもしれません。
  日本人の幹細胞生物学者Hiromitsu Nakauchiは結局交換人体組織と器官を作成するために人間の多能性細胞をブタ胎児に植えつけることを目指すテクニックを開拓しています。
  日本はそのような研究のときにヒト細胞を使用することで禁止を解除することに向かって前進しました。 しかしながら、倫理的に悲惨な調査のための可決の過程の遅れの結果、Nakauchiは、彼の実験をカリフォルニアに動かすのを計画しています。
2013/07 Science 持続可能な社会のための科学

 以上、 →2013年7〜12月の記事でした


→ 「科学と社会」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー