睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚:
2013年9〜12月

ほか「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


NSEとS-100Bの朝の血液集中
  これらの分子は脳で通常見つけられます。
  睡眠不足の後の血液におけるそれらの上昇は、睡眠不足が脳組織の損失に関与するかもしれないのを示すかもしれません。
2013/12 EurekAlert  Sleep to protect your brain
2014/01 BioToday 睡眠欠如は神経変性を亢進しうる
2014/01 AFP 睡眠不足で脳にダメージ?スウェーデン研究
2013/12 Science ナルコレプシーのカギを握る豚インフルエンザ
2013/12 Science 眠ることはおそらく掃除すること
2013/12 ナルコレプシーは自己免疫疾患の可能性あり Study Points to Narcolepsy as Autoimmune Disease
 ヒトのナルコレプシーは、ヒポクレチン(hypocretin)という、覚醒を促す神 経ペプチドを産生する細胞の喪失が原因であることが示されている
あなたが幼児のために選択する就寝時刻はその人の内部の体内時計と同期しているかもしれません
2013/12 EurekAlert  Bedtime for toddlers: Timing is everything, says CU-Boulder study
睡眠障害と糖尿病の加齢関係をネズミに見た
2013/12 EurekAlert  Sleep-deprived mice show connections among lack of shut-eye, diabetes, age
食事のアミノ酸は、動物の脳外傷後に睡眠障害を救います。
2013/12 EurekAlert  Dietary amino acids relieve sleep problems after traumatic brain injury in animals
 主要なアミノ酸のカクテルをネズミに提供した科学者が、動物の脳障害によって引き起こされた睡眠障害を改良しました。
2013/12 EurekAlert  Dietary amino acids improve sleep problems in mice with traumatic brain injury
食事のアミノ酸は脳外傷のネズミで睡眠障害を改良します。
2013/12 栄養補助食品は傷害を受けた脳の眠気と闘う Dietary Supplement Combats Sleepiness in Brain Injured
 分枝鎖アミノ酸が脳外傷後のオレキシンニューロンの興奮性 を回復させるように作用し、それによって覚醒が促進されている可能性
同輩と両親との関係を含む社会的な結びつきが、若者の中で睡眠の型を変えるのにさらに原因となるかもしれない
2013/12 EurekAlert  Social ties more important than biology when it comes to teen sleep problems
2013/11 BioToday 体内時計の転写活性化因子の障害は神経変性を誘発しうる
2013/11 スラッシュドット ジャパン 夜更かしは免疫システムにも悪影響
サーカディアンリズムの規則の基礎となる生物物理学的過程
2013/11 EurekAlert  Controlling our circadian rhythms
幼児の脳での接続が睡眠の間、強くなるのがわかります。
2013/11 EurekAlert Connections in the brains of young children strengthen during sleep, CU-Boulder study finds
2013/11 EurekAlert  Insomnia linked to mortality risk
いくつかの不眠兆候が男性の死亡率増加に関連している
2013/11 BioToday 不眠症状と死亡リスク上昇の関連が示された/米国男性試験
睡眠薬で昏睡患者が目覚めた機序
2013/11 EurekAlert Discovery of brain activity in severely brain injured patients who 'wake up' with sleep drug
より健康な体重にリンク 一貫した就寝時刻と起床時間
2013/11 EurekAlert Consistent bed time and wake time linked to healthier weight
孤独な十代の酒飲みは成人早期にアルコール濫用に陥る傾向があります
2013/11 EurekAlert Teens who drink alone more likely to develop alcohol problems as young adults
2013/11 読売新聞 ドライバーの眠気を察知すると「座席ブルッ」
 呼吸の状態からドライバーの眠気を察知
 居眠り運転を防ぐ自動車用のシート
2013/11 BioToday 体内時計が血栓促進因子PAI-1を朝に増やす
夜の睡眠が不足している健常青年では、風邪、インフルエンザや、胃腸炎などの急性の病気が多め
2013/11 EurekAlert Bradley Hospital researchers link lack of sleep in teens to higher risk of illness





午後遅くと宵の口のカフェインは、夜の睡眠を妨げる
2013/11 EurekAlert Late afternoon and early evening caffeine can disrupt sleep at night
夜更かしティーンエイジャーは、学業と感情的な困難により傾向があります
2013/11 EurekAlert Teen night owls likely to perform worse academically, emotionally
2013/11 【日本語ブログ】夜型のティーンは長期的には成績は悪くまた精神状態も安定しない、カリフォルニア大バークレー
2013/11 news@nature.com  Neuroscience: Cells grow in sleeping brains
2013/11  Immune Response Relies Upon the Cycles of the Sun
 免疫反応は太陽のサイクルに依存している
2013/11 朝日新聞 眠り下手の現代人に…「睡眠大学」ネットでオープン
 日本睡眠教育機構
2013/11 Science Th17細胞分化は体内時計で制御される
2013/11 BioToday よく寝る子は食べる量が少なくてすむようだ
2013/11 BioToday 神経ペプチドVIPは概日神経の同調を解いて環境適応を促しうる
植物: シロイヌナズナの概日時計の光合成による同調
2013/10 Nature Photosynthetic entrainment of the Arabidopsis thaliana circadian clock
褐色脂肪細胞の中のセル核のタンパク質は体温の毎日のコントロールを治めます。
2013/10 EurekAlert Cell nucleus protein in brown fat cells governs daily control of body temperature
2013/10 BioToday Rev-erbαは褐色脂肪機能を調節して体温の日内変動を生み出す
2013/10 LiveScience Long Naps Linked to Diabetes
糖尿病にリンクされた長い仮眠
2013/10 EurekAlert Sleep apnea is associated with subclinical myocardial injury
睡眠時無呼吸は無症状の心筋の負傷に関連しています。
2013/10 EurekAlert New biological links between sleep deprivation and the immune system discovered
睡眠不足と免疫システムの間の新しい生物学的リンクを発見
2013/10 EurekAlert The molecular clock of the common buzzard
ハゲタカの分子時計
2013/10 EurekAlert Researchers show how plants tell the time
植物
2013/10 EurekAlert Less sleep associated with brain imaging findings of Alzheimer disease in elderly
少ない睡眠、睡眠品質不足は高齢者のアルツハイマー病を示す異常な脳のイメージ調査結果に関連しています
2013/10 EurekAlert Shorter sleep duration and poorer sleep quality linked to Alzheimer's disease biomarker
2013/10 MT Pro 高齢者では睡眠の長さと質がAβ沈着に影響/米・BLSA-NI
2013/10 BioToday 短い睡眠時間とアルツハイマー病の特徴Aβ沈着亢進が関連する
2013/10 EurekAlert UCLA scientist uncovers biological clock able to measure age of most human tissues
女性の胸のように、身体のいくつかの部分が残りより速く年をとります。
2013/10 こだわりアカデミー 脳内の情報伝達物質「オレキシン」が睡眠と覚醒を制御
 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 機構長 柳沢正史
2013/10 EurekAlert Brain may flush out toxins during sleep
脳は睡眠の間、毒素を洗うかもしれません。
  ネズミを使用して、研究者は、初めて脳細胞の間のスペースが睡眠の間増加するかもしれないのを示しました、脳が覚醒時に増す毒素を洗うのを許容して。
2013/10 BBC News Sleep 'cleans' the brain of toxins
2013/10 ABC@オーストラリア Sleep keeps brain fit by clearing waste
2013/10 AFP 脳の老廃物排出、就寝後にスピードアップ
2013/10 LiveScience A Night's Sleep Cleans Brain of Harmful Toxins
昼間に作られた有害な毒素が、 就寝時に特有な脳の変化によって取り除かれる
2013/10 EurekAlert Go to bed! Irregular bedtimes linked to behavioral problems in children
子供で行動問題にリンクされた不規則な就寝時刻
2013/10 ABC@オーストラリア Behavioural problems linked to bedtimes
2013/10 AFP 不規則な就寝時刻が子どもの行動障害の原因に、英研究
2013/10 BioToday 就寝時間が不規則な子は問題行動を呈しやすい
2013/10 【日本語ブログ】睡眠不足の経済損失、東京で4757億円 イケア調査
2013/10 Science バソプレシンV1a受容体とV1b受容体の遺伝子を二重欠損させたマウスは時差ぼけに耐性を持つ
2013/10 EurekAlert Scientists shed light on the brain mechanisms behind a debilitating sleep disorder
2013/10 EurekAlert Circadian rhythms in skin stem cells protect us against UV rays
皮膚幹細胞におけるサーカディアンリズムはUV光線に対して私たちを保護します。
2013/10 EurekAlert Sleeping in on the weekends doesn't fix all the deficits caused by workweek sleep loss
週末に寝坊しても、平日の睡眠不足で引き起こされた疲れは埋め合わせできない
2013/10 BioToday  短い神経ペプチドFは睡眠を促す
 神経ペプチドF(NPF)様の短い神経ペプチドF(sNPF)
  ショウジョウバエ実験
2013/10 National Geographic 時差ぼけ解消の鍵を握るホルモンを確認
2013/10 朝日新聞 体内時計で症状変化
  花粉症やじんましんなどのアレルギーが夜中や明け方にひどくなるのは、細胞の活動が周期的に変動する体内時計が関わっている
2013/09 毎日新聞 花粉症:明け方に症状悪化は「時計遺伝子」関与 山梨大
2013/10 EurekAlert Sleeping too little -- or too much -- associated with heart disease, diabetes, obesity
あまりに少ない睡眠(6時間以下)とあまりに多くの睡眠(10時間以上)を慢性病にリンクします--45歳以上の大人達に冠状動脈性心臓病、糖尿病、心配、および肥満を含んでいます。
2013/09 毎日新聞 花粉症:明け方に症状悪化は「時計遺伝子」関与 山梨大
2013/09 news@nature.com  Neuroscience: Lit neurons show sleep patterns
点灯されたニューロンは睡眠の型を示しています。
2013/09 EurekAlert Tick tock: Marine animals with at least 2 clocks
少なくとも2個の時計がある海生動物
2013/09 EurekAlert Coastal animals have their own tidal timer -- separate from the 24-hour body clock
沿岸の動物には、それら自身の潮のタイマがあります--24時間の体内時計から、分離して
2013/09 BBC News Sea lice have time 'and tide' clocks
2013/09 National Geographic Marine Animals Keep Time With Multiple Clocks
2013/09 National Geographic JP 海洋生物に2つの体内時計、人間も?
2013/09 LiveScience 'Tidal Body Clocks' Found in 2 Marine Animals
2013/09 EurekAlert UMass Amherst study finds daytime naps enhance learning in preschool children
昼寝が就学前の児童で学習を機能アップする
2013/09 BBC News Daytime naps 'can boost learning'
2013/09 スラッシュドット ジャパン 幼児には昼寝させた方が良いらしい、昼寝は効果的な学習に不可欠
2013/09 EurekAlert Calming fear during sleep
恐怖記憶は、眠っていた間、記憶に幾重にも露出することによって、減らされました。
2013/09 news@nature.com  Sleep therapy can change bad memories 
2013/09 ABC@オーストラリア Sleep used to quell fearful memories
2013/09 BioToday 恐怖体験関連刺激の睡眠中追体験でその恐怖記憶が軽減しうる
2013/09 LiveScience Fears Can Be Healed During Sleep
2013/09 National Geographic Sleep Through Your Alarm
睡眠の質が良いとルックスも向上する
2013/09 EurekAlert Sleep better, look better? New research says yes
2013/09 【日本語ブログ】「日本人は睡眠時間が最も短くベットも最も汚い」世界の睡眠事情調査
 アメリカ、ドイツ、イギリス、メキシコ、カナダ、日本の6カ国
 最も長く眠る国民は、メキシコで平均睡眠時間は7時間6分。2位はカナダの7時間3分。ドイツ(7時間1分)、イギリス(6時間49分)、アメリカ(6時間31分)、日本6時間22分
 「毎晩、またはほぼ毎晩良く眠れる」人の割合は日本が最も高く54%。他国はすべて40%台
2013/09 BioToday 不眠患者は作業記憶課題に必要な脳の操縦が不得手なようだ
2013/09 EurekAlert Sleep deprivation increases food purchasing the next day
睡眠不足は購入する食物を増加させます。
2013/09 EurekAlert Sleep boosts production of brain support cells
睡眠は脳の支持細胞の生産を上げます。
 睡眠はミエリンとして知られている、脳と脊椎で神経細胞映像に絶縁材を形成し続けるセルの再現を増加させます
2013/09 BBC News Sleep 'boosts brain cell numbers'

 以上、 →2013年9〜12月の記事でした


→ 「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー