動物行動学 動物の心:
2007年5月~8月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 仲間の行動を察知する 動物の心


2007/07 【日本語ブログ】どうぶつのこころ チンパンジーは相手の意図に応じて報復する
人間も動物も、見られていると感じると、お行儀がよくなります
2007/07 PhysOrg People, animals behave better when watched: study
動物は共感できるのか
2007/07 Blog: Do animals feel empathy? (Scientific American)
Frans B.M. de Waal フランス・ドゥ・ヴァールほか
2007/05 PhysOrg Animal communication plays important role in pattern formation
動物のコミュニケーションは、パターン形成で重要な役割を演ずる

past 動物行動研究者


2006年4月【日本語サイト】NEC未来を見る | Wisdom 人間だけが言語をもっていることの不思議  岡ノ谷 一夫

past サル経由人間行き


2007/08 Newyorker Swingers
Bonobos are celebrated as peace-loving, matriarchal, and sexually liberated.
ボノボは賛美される ― 平和的で、女性支配、そして性的に自由。…そうなのか?
2007/08 BBC News Orangutans use 'charades' to talk
オランウータンは、『ジェスチャーゲーム』で話を通す
 メッセージを伝えるために、意図的に身ぶりを部分修正するか、繰り返す。
2007/08 National Geographic Orangutans "Play Charades" to Communicate With People
オランウータンは、「ジェスチャーゲームを演ずる」 ― 人々とコミュニケートするために
2007/07 news@nature.com  Orang-utans are cunning communicators
Apes modify their gestures depending on human response
2007/08 EurekAlert Monkeys learn in the same way as humans, psychologists report
サルは人間と同じ手段で学ぶ
 マカクは情報に受動的なだけではなく積極的に学習することで利益をえる
2007/07 Discovery Chimp Study: Only Humans Are Spiteful
チンパンジー研究:人間だけだ、意地悪い動物は
2007/07 New Scientist Spite is a uniquely human emotion
2007/06 EurekAlert Nurtured chimps rake it in
育てられたチンパンジーは、荒稼ぎする
ヒトとの相互作用・刺激は、チンパンジーの認知能力を増強する
2007/05 【日本語記事】Science日本版 二足歩行の起源が樹上であった可能性
Upright Walking May Have Begun in the Trees
2007/05 【日本語記事】読売新聞 二足歩行は樹上生活が起源…オランウータン分析で新説
2007/05 【日本語記事】毎日新聞 二足歩行:ヒトの始まりは樹上 オランウータン観察、英チームが解明
2007/05 BBC News Upright walking 'began in trees'
2007/05 National Geographic Upright Walking Started in Trees,
Ape Study Suggests

2007/05 EurekAlert Human ancestors learnt to walk upright in the trees, say experts
2007/05 news@nature.com Upright orangutans point way to walking
2007/05 New Scientist Our upright walking started in the trees
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 チンパンジーの意思伝達 言葉よりもジェスチャー
2007/04 world-science Ape facial expressions foster group harmony, study finds
類人猿は、表情でグループ調和を促進する
2007/04 BBC News Ape gestures 'show human links'
類人猿ジェスチャーは、『ヒトつながりを示す』
類人猿が ジェスチャーを用いてコミュニケートするという ―ヒト言語の発展に関する堅い証拠
2007/04 New Scientist Bonobos and chimps 'speak' with gestures
2007/05 BBC News Animal world's communication kings
  The discovery that apes can "talk" using hand gestures may shed more light on language development.

past 霊長類:類人猿


2007/08 news@nature.com  Chimps practise self control
チンパンジーは、自己コントロールを実践する
Apes distract themselves with play to resist temptation.
類人猿は、誘惑に抵抗するために彼ら自身の気を散らす
2007/07 【日本語記事】goo/共同通信 チンパンジーで長寿を研究 京都大が78匹を調査
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2007071701000566.html
親切にするチンパンジー
2007/06 New Scientist 'Altruistic' chimps act for the benefit of others
2007/06 news@nature.com Is it a chimp-help-chimp world?
Clever experiment shows altruism in great apes.
2007/06 EurekAlert Human-like altruism shown in chimpanzees
2007/06 PLoS Biology Spontaneous Altruism by Chimpanzees and Young Children
2007/06 New Scientist Chimps may display genuine altruism
2007/06 EurekAlert 'Cultured' chimpanzees pass on novel traditions
『洗練された』チンパンジーは、新しい伝統を渡す
それらの新しく設けられた「文化的な実践」は、他の群れまで広がることができる。
2007/06 New Scientist Chimp culture is passed between groups
2007/06 MSNBC Chimps pass on gadget use like humans
2007/06 EurekAlert New collaborative research reveals chimpanzees can sustain multiple-tradition cultures
チンパンジーは、複数の伝統文化を持続させることができる
2007/05 New Scientist Cogitating monkeys can calculate statistics
熟考しているサルは、統計値を計算することができる
 協力して一連の見込みに基づく手がかりを合計することによって、2つの行動のどちらがより多く彼らに報酬をもたらすか正確に評価することができるために
 彼らの推理は脳におけるニューロンの発火率に反映する
2007/06 Howard Hughes Medical Institute Study Reveals Primates, and Their Neurons, in the Act of Reasoning
2007/05 New Scientist Stressed female chimps kill rivals' young
ストレスを与えられたメスのチンパンジーは、ライバルのお子さんを虐殺する
 メスのチンパンジーはオスなみに致命的
2007/05 EurekAlert Female-led infanticide in wild chimpanzees
2007/05 BBC News Female chimps can become killers
2007/05 New Scientist Female chimps can resort to infanticide

文化・道具


イソップの寓話を地で行くオランウータン
 深い容器の中のナッツは、容器に水を吐き入れれば手が届くようになります
2007/07 PhysOrg Clever orangutans confirm Aesop's fable
2007/07 news@nature.com Smart apes spit
賢い類人猿はつばを吐く  ピーナッツ・パズルを解決するために水を用いるオランウータン
2007/03 EurekAlert New evidence of 'human' culture among primates
霊長類の中の『ヒト』文化の新しい証拠
 南米のサルにおける石道具の使用は社会的に学習されたもの
2007/03 BBC News Monkeys' stone percussion studied
Research in Brazil has produced fresh evidence that primates may have something approaching human "culture".

2007/02 【日本語記事】毎日新聞 チンパンジー:狩り用の武器作る セネガルに生息--米誌に論文
2007/02 【日本語記事】読売新聞 ヤリで狩り、びっくりチンパンジー…アフリカで観察
2007/02 New Scientist Spear-wielding chimps snack on skewered bushbabies
2007/02 EurekAlert Chimpanzees found to use tools to hunt mammalian prey
2007/01 news@nature.com Chimps make spears to catch dinner
Wooden weapons are a first in animal kingdom.
2007/02 BBC News Chimpanzees 'hunt using spears'
2007/02 【日本語記事】goo/共同通信 チンパンジーが「武器製造」 木の枝からやり、西アフリカ
女が、狩人なんだね ~カール・ジンマー
2007/02 The Loom : Woman the Hunter?
2007/02 【日本語記事】読売新聞 チンパンジーが4300年前に作った打製石器を発見
2007/02 EurekAlert The chimpanzee stone age
2007/02 New Scientist Did prehistoric chimps use stone tools too?
2007/07 ABC@オーストラリア Chimps in the gym teach us a thing or two

past 霊長類:おサルさん


いわゆる母親語
2007/08 EurekAlert Monkeys use 'baby talk' to interact with infants
サルは、『幼児言葉』を用いる ― 幼児と対話するために
 メスアカゲザルは特別な発声を用いる ― 幼児と対話する間、
2007/08 Discovery Monkeys Use 'Baby Talk' With Infants
2007/08 National Geographic Monkeys Use Baby Talk With Infants
2007/07 EurekAlert Monkeys don't go for easy pickings
サルのエサ探しはそんなに安直ではありません
 距離より採餌の機会を考慮する霊長類
 群れにおける社会的な含意と、得られる食物の品質をも考慮に入れている
2007/05 【日本語ブログ】 どうぶつのこころ 協力を理解するフサオマキザル
2007/05 【日本語ブログ】 どうぶつのこころ やはり協力をするが理解できていないフサオマキザル
2007/05 【日本語ブログ】 どうぶつのこころ 協力するチンパンジー
おサルのお尻はまっかっか おサルのお顔もまっかっか
 霊長類の赤い皮膚や赤毛を進化させたのはカラー視覚
2007/05 EurekAlert Color vision drove primates to develop red skin and hair, study finds
 採餌のために三原色の視覚が生じ、そこから性淘汰で体色に赤色が発生

past 海棲哺乳類


ザトウクジラの脳構造
2007/07 Seed Media Whale of a Brain
イルカの脳は社交性によって高度に進化している説
2007/05 world-science Dolphin braininess due t social life, studies suggesto
2007/05 【日本語記事】goo/時事通信 イルカにも「アイルランド訛り」?=音声の比較調査で
2007/05 EurekAlert DNA reveals hooded seals have wanderlust
DNAは、ズキンアザラシが旅心を持つことを現す
世界全てのズキンアザラシ母集団が同じ遺伝学的な多様性を共有する

past 哺乳類たち


ネコは甘味がわからない
2007/08 Scientific American Strange but True: Cats Cannot Taste Sweets
2007/05 EurekAlert Young meerkats learn the emotion before the message in threat calls
若いミーアキャットは意味より先に警戒音で感情反応する
音響と『感情』の物理的に組み込まれたつながりが、存在するかもしれない

有蹄類


地雷の避け方を学習するゾウたち~アンゴラ
2007/07 National Geographic Elephants "Learn" to Avoid Land Mines in War-Torn Angola
 Elephants moving into war-ravaged southern Angola from neighboring countries appear to have developed the ability to avoid the land mines that litter the region


2007/06 news@nature.com Elephants run in slow motion
ゾウは、スローモーションで走る
 珍しい歩きぶりは、大きい動物の手足にストレスを減らす可能性があった。
見知らぬ天敵は恐がらない
2007/06 EurekAlert Prey not hard-wired to fear predators
several large prey species, including moose, caribou and elk, only fear predators they regularly encounter.
大鹿、カリブー、ヘラジカたち、恐怖するのは彼らが定期的に遭遇する捕食動物だけ。
それヨソさんのお声でっしゃろ  うちらはうちらの警戒音しか聴きまへん ~ゾウ
2007/06 New Scientist Elephants only heed warning calls from local herds
2007/05 EurekAlert Mule deer moms rescue other fawns
ミュールジカのおかあさんは、ヨソの子を救う
 我が子が安全だとわかっていても、悲鳴がオジロジカの子のものであっても
 オジロジカは我が子の姿がなくオジロジカの悲鳴が聞こえたときだけに反応する傾向

齧歯類


2007/08 news@nature.com Body clock might stop during hibernation
冬眠の間、体内時計は止まっているのかも
冬ごもりしているハムスターの脳は、時間を記録しない。
2007/08 【日本語記事】Science日本版 CO2の臭気を感知するマウス
2007/08 【日本語記事】Science日本版 CO2の臭気を感知するマウス
Mice Catch a Whiff of CO2
2007/08 Discovery Squirrels Outwit Rattlesnakes in Infrared
リスは、赤外線でガラガラヘビの裏をかく
2007/08 New Scientist Squirrels wield a hot, secret weapon
2007/08 National Geographic Squirrels Heat Their Tails to Fend Off Rattlesnakes
リスは、彼らの尾を熱する ― ガラガラヘビを払いのけるために
2007/07 Discovery Big Food Makes Squirrels More Vigilant
大きなごちそうは、リスを用心深くさせる
ネズミに見られるおかげさま行動  お返し、利他行動、社会性
2007/07 news@nature.com Generosity among rats
ネズミにおける一般化された相互関係
2007/07 PLoS Biology Generalized Reciprocity in Rats

コウモリ


炭素同位体で判明
 密を食うコウモリ、糖の代謝がダントツ最速の生物でないかい
2007/08 EurekAlert Why nectar-feeding bats need a 'power drink' to fly
{甘露-摂食コウモリが『パワー飲物』を必要とする ― 飛ぶために} 理由
2007/06 EurekAlert Fruit bats are not 'blind as a bat'
夜行性のフルーツ・コウモリ(オオコウモリ)は、桿体も錐体も持っている
2007/05 news@nature.com Bats fly like a bee
  Videos reveal how bats turn quickly and get lift.
2007/05 National Geographic Bats Have an Aerodynamic Edge Over Birds, Study Shows
コウモリは、鳥に対する空力の優勢を持つ
2007/05 【日本語記事】Science日本版 コウモリの飛行の秘密が明らかに
Bat Flight Secrets Revealed







past 鳥類


センサーを仕込んだ電子卵で母鳥の抱卵行動を記録いたします
2007/08 Discovery Spy in the Nest Snoops on Bird Moms
巣内でスパイする電子卵
2007/08 【日本語記事】Science日本版 ヘルパーから恩恵を受ける母鳥
2007/08 【日本語記事】Science日本版 ヘルパーから恩恵を受ける母鳥
Mama Bird Benefits From Help
ヒナにエサをくれる仲間の鳥がいると、ルリオーストラリアムシクイの母鳥はそのぶん小さい卵を生む
2007/08 EurekAlert Mother's little helpers
 Birds with child-care assistance invest less in eggs
2007/08 EurekAlert Birds learn to fly with a little help from their ancestors
いつ雨が降るのか見込みが立たないから進化した協力行動
 効率的に繁殖するために繁殖をしないという選択肢
2007/08 EurekAlert Savanna habitat drives birds, and perhaps others, to cooperative breeding
サバンナのアフリカ・ムクドリは、気候が過酷なときには隣人の繁殖補助に専念する
2007/08 EurekAlert Uncertainty of rainfall breeds cooperation in birds, study finds
2007/08 EurekAlert Uncertainty drives the evolution of 'cooperative breeding' in birds
生得的飛翔の進化
2007/07 EurekAlert Learning to evolve: With a little help from my ancestors
 飛翔のスキルは簡単に上達する ― ―遺伝的に用意されている潜伏記憶のおかげ
2007/07 EurekAlert Chickens also orient themselves by the Earth's magnetic field
ニワトリは、地磁気によって環境に順応する 渡り鳥以外の鳥における磁気センサー
2007/05 PhysOrg Mother birds 'engineer' their offspring
母鳥は、子供たちの『遺伝子を組み替える』
体の大きさの割に長い抱卵が長くと育児が短い鳥種は、より高いアンドロステンジオンの集中がある
母は、卵に男性ホルモンを渡す これらのホルモンは、ひなの発達と行動に影響する
2007/05 EurekAlert Tropical birds have slow pace of life compared to northern species, study finds
熱帯の鳥、北部の種と比較して生活のペースが遅い
2007/07 EurekAlert Birds take cues from their competitors
鳥は、彼らのライバルから手がかりを得る
female members of two migrant flycatcher species can acquire a novel preference for nesting sites on the basis of the apparent attraction of competing resident tits for nest boxes bearing an otherwise meaningless symbol.
渡り鳥ヒタキのメスは、常駐シジュウカラの魅力に基づいて新しい巣を獲得する

鳥の認知科学、記憶・学習


一つどころか、二つの道具を駆使するニューカレドニアカラス
2007/08 EurekAlert New caledonian crows find 2 tools better than 1
2007/08 New Scientist Crows wield tools with human-like skill
2007/08 BBC News Cleverest crows opt for two tools
2007/07 news@nature.com Owls' ears map the world
Stealthy birds are better at detecting horizontal shifts in sound sources.
2007/07 EurekAlert Art and music for the birds
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 「賢いカラス」脳地図で証明 慶応大グループ
2007/05 【日本語記事】読売新聞 カラスの知的行動、脳地図で証明
 伊沢栄一・慶応大准教授
2007/05 【日本語記事】毎日新聞 カラス:やっぱり賢かった 知的活動部分が発達--慶大グループ、「脳地図」作製
 「巣外套(そうがいとう)」「高外套」

鳴鳥


2007/07 EurekAlert Steroids, not songs, spur growth of brain regions in sparrows
スズメで脳領域の成長を刺激するのは歌ではなくステロイド
鳥の歌にも流行りすたり
2007/07 New Scientist Bird song goes out of fashion too
2007/06 EurekAlert Bird song study gives clues to human stuttering
鳥歌研究は、ヒト吃音に手がかりを与える
2007/06 news@nature.com Birds with rhythm sing scary harmonies
Pairs of magpie-larks use choral skills to intimidate rivals.
2007/06 National Geographic Birds That Sing Together Scare off Invaders
2007/05 EurekAlert Eavesdropping comes naturally to young song sparrows
若い歌スズメ的には、盗み聞きは自然っすよ

渡り鳥


都会のヨーロッパクロツグミは渡り者より冬越し定住者が繁栄する
2007/05 EurekAlert Urbanization favors sedentary males
都会化は、定住性のオスを支持する

past 社会性昆虫たち


2007/08 【日本語記事】毎日新聞 シロアリ:にせ卵で駆除 中に殺虫剤、巣に運ばせ…岡山大など、フェロモンの正体解明
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/archive/news/
2007/08/20070829dde041040007000c.html
 人工的に合成した「卵認識フェロモン」リゾチームを塗ったにせ卵
多様性のおかげで元気になるミツバチたち
2007/07 【日本語記事】Science日本版
 ミツバチのコロニーにおける遺伝的多様性は生産性と適応度を向上させる
Genetic Diversity in Honey Bee Colonies Enhances Productivity and Fitness
2007/07 EurekAlert Genetic diversity in honeybee colonies boosts productivity
2007/06 PhysOrg Competition, loss of selfishness mark shift to supersociety
競争と、利己性の喪失が記すsupersocietyへのシフト ~社会性昆虫研究
2007/06 ABC@オーストラリア Bees go wild over purple flowers
紫外線に惹かれるマルハナバチはサバイバル率が高め
2007/06 Discovery Bees' Violet Preference Makes Sense
2007/06 EurekAlert Undergraduate research shows leaderless honeybee organizing
指導者のないミツバチにおける組織化
2007/05 ABC@オーストラリア Marching ants fix their own roads
よりなめらかな道を作るため、凸凹にあわせて道路補修材として自分の身体を投じるグンタイアリ
2007/05 EurekAlert Flexible genes allow ants to change destiny
柔軟な遺伝子で、運命を変化させるアリ
ハキリ蟻における柔軟な遺伝学的なコーディングの発見は、{自然の究極的な自己組織化している種のうちの1つが各労働者タイプの最適の数を産む ― 集団をなめらかに走ることを確実にするために} 方法に、新しい光を注ぐ。
2007/05 EurekAlert Researchers at Illinois explore queen bee longevity
女王蜂の長寿を探検
老いた女王は 若い女王より非常に高いビテロジェニン表現型を示した
働きバチは、女王より低レベルのビテロジェニン

past 昆虫


2007/08 【日本語記事】Nature@日本 生理:ショウジョウバエはソーダ水の味がわかる
発酵した果物の目印となる二酸化炭素も嗅ぎつける
2007/08 EurekAlert Researchers find new taste in fruit flies: carbonated water
2007/08 EurekAlert Flies prefer fizzy drinks
兄弟は、早死にする殺戮マシンとして生まれた消耗品
 キンウワバトビコバチ(寄生バチ)の奇怪な血縁関係をご覧じろ
2007/08 New York Times Lessons From an Insect's Life Cycle: Extreme Sibling Rivalry
昆虫のライフ・サイクルからのレッスン:極端な兄弟の競争
By CARL ZIMMER カール・ジンマー
 メスは、キンウワバ(キャベツ・ルーパー蛾)の卵の中に、1、2卵を産み付ける。
 宿主卵からイモムシが孵ると、スズメバチ卵は微細なブドウのふさに成長する。
 ぶどうの房からは3000匹ものクローン兄弟ウジがわいてくる。
 ウジの3/4は宿主の幼虫を体内から喰らう
 ウジの1/4は宿主ではなく兄弟ウジを喰らう兵隊ウジ
 この兵隊ウジは成虫にもならなければ、そも生殖用の細胞ももってはいない
 どうやら兵隊ウジは血縁のないウジを殺すことに長けているらしい
 一匹の母親が2卵産み付けた場合、無精卵からはオスばかりと受精卵からはメスばかりが生まれ、メスはオスを殺しまくる
 繁殖効率と遺伝子の血縁度からして、計算上オスよりメスを残すパターンが必然的になるらしい
 畢竟、オスの兵隊は腰抜け、メスの兵隊は数でも優るし殺戮しまくり
 また、早熟兵隊は同種のウジを殺す傾向があるが、育ちの遅い兵隊は異種ウジを餌食にする
キンウワバトビコバチ Copidosoma floridanum
 アメリカ原産の寄生生物で、多胚性昆虫の中でも多胚が極端に多いことで知られる多胚性寄生蜂
2007/07 【日本語記事】毎日新聞 キチョウ:性別、幼虫時に細菌が決める--産総研など解明
 全昆虫の20%以上はボルバキアに感染している
2007/06 【日本語記事】Science日本版
 ショウジョウバエのキノコ体に投射するドーパミン回路は環境の顕著性(saliency)に基づく意思決定を調節する
Dopamine-Mushroom
Body Circuit Regulates Saliency-Based Decision-Making in Drosophila
2007/06 news@nature.com The tell-tale grasshopper
Can forensic science rely on the evidence of bugs?
パブロフのゴキブリ、続報
2007/06 EurekAlert Pavlov's cockroach: Classical conditioning of
salivation in an insect

 昆虫 驚異の微小脳マシン  水波誠
2007/06 Scientific American Cockroaches can learn -- like dogs and us
マルカメムシが何を食うかは腹の虫しだい!
2007/06 【日本語記事】産業技術総合研究所 共生細菌による昆虫の害虫化の発見
 昆虫自身の遺伝子ではなく腸内共生細菌によって決まる食餌
2007/06 【日本語記事】毎日新聞 マルカメムシ:腸の共生細菌で害虫化 遺伝子以外は新発見、防除策に期待
まずそうな音
 おいしくない別種の蛾の音に似た蛾が生き残っていく世界
2007/05 EurekAlert Moths mimic sounds to survive
空腹のコウモリでいっぱいの夜空において、良い味の蛾は、味の悪い近縁種のサウンドを模倣することによってサバイバルの機会を増大する
2007/05 EurekAlert For many insects, winter survival is in the genes
多くの昆虫は、遺伝子で冬をサバイバル
北の昆虫は、寒い月を生き残るためにたくさんの専門タンパク質を用いる
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 ハエに「自発的意志」 米独研究チームが計測実験
2007/05 New Scientist Fruit flies display rudimentary free will

past クモ、ダニ


2007/08 【日本語記事】cnn.co.jp 幅20メートルの巨大クモの巣を発見 テキサス州立公園
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200708310012.html
2007/08 National Geographic Water Spider Spins Its Own "Scuba Tank"
ミズグモは、それ自身の「スキューバ・タンク」を紡ぎ出す

past 爬虫類、両棲類


かよわい間は安全より食欲優先
 赤ちゃんのサンショウウオは「被補食サイズ」より大きく成長しようと急ぐ
2007/08 National Geographic Baby Salamanders Rush to Grow Bigger Than "Bite Size"
 捕食者に食われてしまうようなサイズである間は、おとなしくしていずに、敢えて食われるリスクを冒してまでも、たくさん食って被補食対象である期間を短くやりすごす仕組み
2年食わなくても生きていけるのはなぜなのか、ヘビを半年飢餓状態に放置しました
2007/08 news@nature.com Snakes strike back at starvation
2007/07 【日本語記事】Nature@日本 ヤモリとイガイ:強力な新規接着剤を生み出した「意外」なコンビ
2007/06 EurekAlert Study shows lizard moms dress their children for success
トカゲおかあさん、成功のために彼らの子供たちを着かざらせる
female side-blotched lizards are able to induce different color patterns in their offspring in response to social cues, "dressing" their progeny in patterns they will wear for the rest of their lives
2007/06 ABC@オーストラリア Cane toads cannibalise their young
オーストラリアのオオヒキガエル、彼らの若者を生きたまま食べる
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 カメ命拾い3千キロの旅 中国で僧侶が放流 父島で保護
2007/05 New Scientist Mites give poison frogs their toxic might
ダニは、毒カエルに彼らの有毒な力を与える
2007/05 National Geographic Toxic Frogs Get Their Poison From Mites

past 甲殻類~サカナ~水棲動物


2007/08 EurekAlert Inside the brain of a crayfish
ザリガニの脳の中に
Scientist looks at integration of dissimilar senses
科学者は、異なる感覚の統合で着目する
甲殻類の脳のおよそ4割は、嗅覚に捧げられる。
ヒト脳では視覚の処理が3割
アゴに目があるエレファントノーズ
2007/08 EurekAlert Elephantnose fish 'see' with their chin
完全な暗闇でも、離れたところにある死んだ生物と生きものを見分けることができる
2007/08 news@nature.com 'Seeing' through the chin
Elephantnose fish distinguish shapes in the dark with their electric-sensing chin.
2007/08 National Geographic Tagged Tuna Reveal Migration Secrets
タグを付けたマグロから、渡りの秘密
2007/08 BBC News Fisherman catches 'living fossil'
2007/07 Discovery 'Living Fossil' Fish Hooked in Asia
2007/07 New York Times `Didn't You Pummel Me?'
『君は、私をしたたかに殴らなかったか?』
 ザリガニは誰に負けたかを覚えていることができ、その記憶を用いて同じ敵との再試合を避けている気配
2007/07 National Geographic Gardening Fish "Domesticate" Crops of Algae
カーデニングなさる魚は、藻類を「農作物化する」
2007/07 【日本語記事】エキサイト/ロイター ロックミュージックは水槽の魚にどんな影響を与えるのか?
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184984132.html
2007/07 news@nature.com Crabs use their shells for garbage disposal
Fiddler crabs rid excess lead from their system by moulting.
お魚にも右脳左脳
 新奇なモノに関する情報を処理するのは左、という脳機能局在を確認
 でも、実験室で育った魚は新奇情報処理を右でやってます:生育環境しだい?
 さらには、この結果から「お魚の感情」についての考察も可能
 補食されやすい種では、脳機能局在が発達しているほうが機能的だからか
2007/07 New Scientist When fish get emotional
2007/07 【日本語記事】読売新聞 シーラカンスの卵25個、インドネシア海域で確認
2007/06 National Geographic Coral Reef Fish Starve Themselves to Maintain Social Order
サンゴ礁魚は、自ら飢える ― 社会的な順序を維持するために
 のさばっているやつと闘ってばかりもいられない
2007/06 EurekAlert How fish punish 'queue jumpers'
魚は、どのように『割り込み野郎』を罰するか
Fish use the threat of punishment to keep would-be jumpers in the mating queue firmly in line and the social order stable
2007/05 【日本語記事】ワイアードビジョン サメを撃退できる希土類磁石
2007/05 EurekAlert New research shows sharks use their noses and bodies to locate smells
サメは、においの場所を突き止めるために鼻と体を用いる
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 シーラカンスが釣れちゃった インドネシア
2007/05 【日本語記事】読売新聞 生きた「シーラカンス」つかまえた…インドネシア近海
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 深海の貝、シマイシロウリガイは細菌を「家畜化」
2007/05 【日本語記事】Science日本版 クマノミが音を出す仕組み
Nemo’s Noisemaker
2007/05 National Geographic Nemo's Secret: Clownfish Use "Snappy" Trick to Make Weird Sounds
2007/05 National Geographic Young Fish Return to "Home Reefs" to Settle Down
2007/05 【日本語記事】Science日本版 懐かしのわが家へ
Fish Return to Reef Sweet Reef
サンゴ礁:成長した後再び「懐かしのわが家」に戻ってくる魚の幼生
2007/05 New Scientist Baby fish home in on mother's reef
2007/05 EurekAlert Coral reef fish make their way home
2007/05 EurekAlert Nemo comes home with a tag
ネモは、家にタグとともにやって来る
オーストラリアの、アメリカ人のとフランスのサンゴ礁科学者のチーム、魚を追跡することで漁場を元に戻す珊瑚礁の持続可能な管理に革命
帰巣率6割
2007/05 BBC News Tags follow 'Nemo' fish to home
2007/05 EurekAlert Why do oysters choose to live where they could be eaten?
New research details oyster's selection of home ties to future reproductive capacity

past 微生物~線虫


2007/08 EurekAlert The world's oldest bacteria
世界の最も古いバクテリア
 初めてDNAを発見 50万年以上生きているバクテリアから
2007/08 National Geographic Frozen Bacteria Repair Own DNA for Millennia
凍ったバクテリア千年紀のための自分自身のDNA修理する
 バクテリアは、凍結状態で数十万年サバイバルすることができる ― まさに十分生きて居続けることによって ― 良い修復作業で彼らのDNAを保つのに
フリーライダーが多いシュードモナス菌のコロニーは、ヨソとの競争に負けてしまいますよ
2007/08 EurekAlert Social parasites of the smaller kind
より小さい種類の社会的な寄生体 微生物の詐欺は、彼ら自身の失脚を組織化する
これらのバクテリアは、環境から鉄を純化するために協力する
Too many cheats spoil the broth
あまりに多くのいかさまは、煮出し汁を損なう
2007/07 Discovery New Microbe Could Revamp Photosynthesis
新しい微生物は、光合成を改造する可能性があった ~イエローストーン
2007/07 【日本語記事】Science日本版 Candidatus Chloracidobacterium thermophilum:好気性光合成細菌アシドバクテリウム
An Aerobic Phototrophic Acidobacterium
2007/07 EurekAlert Amoebae control cheating by keeping it in the family
粘菌は家族で結束することによってごまかしをコントロール している
 社会的アメーバにおける単細胞詐欺師と親族コントロール

past ほか


2007/06 【日本語記事】毎日新聞 <無人島>虫が大繁殖、消滅の危機 瀬戸内海
 ホボロ島:ナナツバコツブムシが岩に穴を開け、そこから海蝕が進む
 ~沖村雄二・広島大名誉教授(地質学)
 コツブムシのたぐい SPHAEROMA SIEBOLDII
2007/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 虫に食い尽くされる島
2007/05 EurekAlert Einstein researchers' discover 'radiation-eating' fungi
『放射能-摂食』カビを発見
2007/05 National Geographic Fungi Gobble Radiation to Grow, Study Says
2007/05 New Scientist Radiation-loving fungi: the perfect space food?


 以上、 →2007年5月~8月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー