心理学:
2013年

ほか「心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2013/12 【日本語ブログ】社会心理学的にはブレーンストーミングが効果的じゃないってのは有名な話しらしい
貧困に窮する人々に関しては、過去の栄光などの、より良い時代を覚えているのは、数個のIQポイントを脳機能改良して、重要な援助サービスから助けを求めるそれらの意欲を増加させます
2013/12 EurekAlert  Self-worth boosts ability to overcome poverty
2013/12 EurekAlert  Congregations' smaller racial groups feel less belonging and are less involved, Baylor study finds
 グループ内の多数派人種集団である人々は所属と関与を強く感じます。
 多数派度合いが半数だろうがほとんどメンバーのすべてだろうがにかかわらず
人々の自己報告された幸福'経験'に関するデータは、政策を知らせるのを助けるかもしれません。
2013/12 EurekAlert Data on people's self-reported 'experienced' well-being could help inform policies
スポーツ競技などの能力ベースのタスクの目標は、タスク完了のときにどのくらい恥かプライド感じるのに影響を及ぼす
2013/12 EurekAlert Goals affect feelings of pride and shame after success and failure
仕事における楽しみは、従業員保有を促進しますが、生産性に害を与えるかもしれません。
2013/11 EurekAlert Fun at work promotes employee retention but may hurt productivity
匿名でサポートを提供する人が、大義に資する人より意味深長に原因を支持している傾向がある
2013/11 EurekAlert Slackers unite: How fundraisers convert social supporters into socially active citizens
2013/11 National Geographic Good News or Bad News: Which Do You Want First?
 医師や専門家が善悪のニュースを送る最も良い方法
2013/11 National Geographic JP 悪いニュースを伝えるタイミングは?
2013/11 LiveScience How Many Friends Can Your Brain Handle?
 人付き合いのいい人であることはただあなたの脳を変えるかもしれません: 友人と素晴らしい社会的な技能の大規模回路網をもっている人々では、ある一定の脳の領域は、より少ない友人と一緒にいる人々より大きくて、よりよく接続されています。
2013/11 BioToday 注意深い人はパターン予想が苦手
2013/11 National Geographic Hand-Scrubbing Washes Away Bad Feelings … And Motivation?
2013/11 National Geographic JP 手洗いで挫折感が縮小、やる気も低下
信頼できると考えられる人の顔、自身のと似ていると知覚します
2013/11 EurekAlert New study shows trustworthy people are perceived to look similar to ourselves
米国大統領の雄大な自己愛が総合的な大統領の偉大さの歴史家による格付けに関連している
2013/11 EurekAlert Grandiose narcissism reflects US presidents' bright and dark sides
戦争を生きぬくのはグループの団結へ導きます。
  戦争経験は人間の心理に長期効果を持つ
 自身のグループのメンバーのために、よりすばらしい平等に向かって人々の動機を移行させて
2013/11 EurekAlert Living through war leads to in-group solidarity
朝、道徳的ですが、午後に不正直です。
2013/10 EurekAlert Moral in the morning, but dishonest in the afternoon
'寄付効果'として知られている一般的なバイアスは、狩猟採集民社会に存在しません。
2013/10 EurekAlert Common bias known as the 'endowment effect' not present in hunter-gatherer societies
 自己の所有物の価値を 高く見積もる傾向
人々は、彼らが単独である時よりグループの一部であるときに、より魅力的であるとして評定される傾向があります
2013/10 EurekAlert People seem more attractive in a group than they do apart
2013/10 EurekAlert Washing your hands makes you optimistic
手を洗うのに、あなたは楽観的になります。
  手を洗うのは私たちがどう思って、判断して、決めるかに影響を及ぼします。





2013/09 news@nature.com  Psychology: Young people resist bad news
 心理学: 若年層は悪いニュースに抵抗します。
2013/09 【日本語ブログ】2回「どうしたんですか」と言うと人の本音を引き出せる
「自分は人に好かれている」と過大評価する子は、おともだちをいじめる率が低め
2013/08 EurekAlert Children who overestimate their popularity less likely to be bullies
 正確に自分の人気度を見積もれている子や、実際より自分は好かれてないと見積もる子に比べて
2013/08 EurekAlert Belief in precognition increases sense of control over life
未来について予言する私たちの能力を支持する科学的な証拠が与えられた人々は、よりすばらしい人生コントロール感を感じます
2013/08 LiveScience 人々が心細く思うとき、事前認知への信念は上昇します。
 多くの人々が、未来について予言できると信じています、そして、今、新しい研究はこれがあるかもしれない理由を解明します。 信念は、人々が彼らの生命がそれら自身のコントロールの下にないという感じに対処するのを助けるかもしれません。
2013/08 EurekAlert Psychological adaptation to urbanization, technology reflected in word usage over last 200 years
文化がここ2世紀に、発展して増加する市街化、技術、および形式的教育
  人間の心理も現代環境に適応し変化してきている
心理学: 目の前のゴリラに気付かない
2013/08 Nature Psychology: Spot the gorilla
doi:10.1038/500036a
2013/07 EurekAlert Are you hiring the wrong person?
あなたは間違った人を雇っていますか?
  雇用部長が、過去の性能の文脈を無視する傾向がある
2013/07 EurekAlert Professionals often attribute applicants' success to personal traits, not circumstance
専門家はしばしば求職者や新卒の履歴を、環境ではなく、個人的能力の結果と考えます。 アメリカ
2013/07 EurekAlert  Unattractive people more likely to be bullied at work, new Notre Dame study shows
職場いじめのターゲットは「つまらない人」
2013/07 EurekAlert Recession led teens to focus on social problems and the environment
不況は、十代が社会問題と環境に焦点を合わせるように導きました。
2013/06 EurekAlert New study says a person's physical environment affects their likelihood of dishonest behavior
膨張性の物理的環境が個人により強力であると感じさせる
  そして、パワーのこれらの気持ちは順番に、盗むことなどの、より不正直な振舞い、不正行為すること、および交通違反さえ引き出すことができます。
2013/06 BioToday 体を支える環境が大きくなると不誠実に振る舞いがちになる
 仕事机や車の座席等
2013/06 ABC@オーストラリア The power of first impressions
 第一印象のパワー
2013/06 BBC News  Applause is a 'social contagion'
 パフォーマンスの質は聴衆が与える拍手の量を追い立てません。
2013/06 ABC@オーストラリア Sound of clapping is infectious
 間違った時に拍手して恥をかきたくないなら、慎重に周囲の音のボリュームを聞いてください。
2013/06 LiveScience Clapping Contagion: Applause Spreads Like a Disease
社会的行動は伝染性です。
2013/06 スラッシュドット ジャパン プレゼンの善し悪しは拍手の長さでは測れない
説得の幾何学: 着席レイアウトはどのように消費者に影響を及ぼしますか?
2013/06 EurekAlert The geometry of persuasion: How do seating layouts influence consumers?
 四角いテーブルより、円卓に着いたほうが、判断上の参加・同調意欲が高まる
2013/06 EurekAlert People attribute minds to robots, corpses that are targets of harm
「伝統」認定の欺瞞
  長く続いているっぽいシステムは機能的にまずいところがあっても「正しく正当なもの」とみなされがち
2013/06 Perceived system longevity increases system justification and the legitimacy of inequality
知覚されたシステム寿命はシステム正当化と不平等の合法性を増強します。
 資本主義的なシステム、インドのカースト制度システム
2013/05 EurekAlert Change, conflict cue memories of life's milestones: Study
どのように人生の出来事について考えて、思い出すか、そして、私たちが新しい国で古い値と信念をどのように潜在的に進展させるかに、社会的価値がかなり影響する
2013/05 EurekAlert Walking or bicycling to work influenced by others
歩いて通勤や、自転車通勤する同僚がいると、ほかの人も歩いて通勤や自転車通勤をしはじめる
「汝疑う事なかれ」
2013/05 Want to move up at work? Be a true believer
企業職務の「狂信的な支持者(ビリーバー)」である社員/従業員は、信じない冷めてる者より昇進しやすく影響力も強め
何人かの人々は自己幻想が非常に上手であるので、彼らは特定のタスクでどれくらい下手であるかに完全に気づきません。
2013/05 ABC@オーストラリア You're not as good as you think you are
自己幻想がうますぎて、自分がどれだけダメダメかに気づけない人々
  ダメすぎるランキングのビリケツ1割に含まれるダメダメさんたち、自分を平均より上だと立派に信じていなさる
良い講義はぎこちない講義よりも学生を自信過剰にさせる
2013/05 Engaging lecturers can breed overconfidence
パフォーマンスの失敗を過剰に恐れている人は眼球運動を行うとよい。
2013/05 Choking Under Pressure: Degrading Flashforwards Related To Performance Anxiety
 性能心配に従って目の運動が学生のイメージ鮮明さと情動性を減少させるかどうかテスト
自己確言が、ストレスが与える問題解決性能への損傷効果から守ることができる
2013/05 EurekAlert Carnegie Mellon Research shows self-affirmation improves problem-solving under stress
2013/05 Seeing Human: distinct and overlapping neural signatures associated with two forms of dehumanization
ヒトを見る: 2つのフォームの非人間化に関連する神経信号の異なりと重なり
2013/04 The Hobgoblin of Consistency: Algorithmic Judgment Strategies Underlie Inflated Self-Assessments of Performance.
一貫性のおばけ: 戦略が基礎となるアルゴリズムの判断はパフォーマンスの自己査定をふくらませました。
 首尾一貫を通した末に結論を間違った者は、完全に一貫して正しい関係者のように彼らの性能をほとんど同じくらい高く評価しました。
2013/04 EurekAlert
 Extreme political attitudes may stem from an illusion of understanding
極端な政治的態度は理解の幻想によるものかもしれません。
  政治的方策がどう働いているかを説明する経験をさせると、過激な政治的意見が丸くなる
ブラック企業の効用? 「マイナス思考は人をクリエイティブにする」2013/04 LiveScience The Surprising Thing That Makes People Creative
人々をクリエイティブにする驚異的なもの
 ネガティブな感情や考えは従業員の創造性にかなり貢献しうる
 マイナス思考の期間がそれに先行するとき、創造性が最も高い状態である
2013/04 NTV 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー
 1日にたくさんの場所を回るバスツアーが人気の理由は?
2013/04 EurekAlert Whether human or hyena, there's safety in numbers
単独であるときに、人間は、脅威が実際より大きいとみなします。
心が弱い? 自制心が強い人達と付き合えばいいらしいよ
2013/04 EurekAlert
 Low on self-control? Surrounding yourself with strong-willed friends may help
セルフ・コントロールでは、低いですか?
  意志強固な友人に自分を取り巻くのは助けるかもしれません。
2013/04 EurekAlert Reframing stress: Stage fright can be your friend
あがり症
 震える手、ドキドキしている心臓、および汗まみれの手のひらを見る方法を再考することを学ぶならば、精神的にも身体的にもよく振る舞うのを助けることができる
2013/03 Do-gooder or ne'er-do-well? Behavioral science explains patterns of moral behavior
空想的社会改良家ですかそれともろくでなしですか?
  行動学は道徳的な振舞いのパターンについて説明します。
 「目的は手段を正当化する」という考え方を持っている人々は、善行と悪行のバランスをとる傾向が高め
  善は善であり悪はあくまで悪であると考える人は、その行動が悪行であっても、バランスをとらずに一貫させる傾向が強め
 スペイン/シンガポール
2013/03 【日本語記事】ワイアードビジョン
 どのようにSNSは死を迎えるか:Friendsterで検証
2013/03 EurekAlert
 'Prevent death' message more effective than 'save life' in blood donation campaigns
'死を防いでください'という献血運動における'命を救ってください'より効果的なメッセージ
スタンフォード監獄実験での「加害者」をも想定に含めて
2013/03 Hurting someone else can hurt you just as much
 誰かを痛めつけることはすなわち、自分をも同じくらい痛めつけることになる。
 無視、仲間はずれ、追放・・・実験で誰かを村八分にすると、された側もした側も心が傷ついてたよ(ネガティブムードになる)
 対面状態ではなくても、被害者は相手に怒りを感じ、加害者は恥・罪の意識・ストレスにかられる
2013/03 LiveScience  Bullies Hurt By Their Own Cruelty
2013/03 【日本語記事】BioToday
 誰かを仲間外れにすることは自らも精神的苦痛を被りうる
2013/02 【日本語サイト】科学技術振興機構
  「自分は平均より優れている」と思う心の錯覚はなぜ生じるのか
  脳内の生物学的仕組みを世界で初めて発見
2013/02 時事通信 「自分は優秀」錯覚の仕組み解明=抑うつ症状の診断に期待 放医研など
 「自分は平均より優れている」という思い込み(優越の錯覚)
 この錯覚が脳内の異なる部位の連携の強弱や、神経伝達物質に影響される
 放射線医学総合研究所などの研究
 抑うつ状態ではこの錯覚が弱い:成果は抑うつ症状の診断などへの応用が期待できる
2013/02 毎日新聞 脳科学:ドーパミン分泌で「自分は優秀」錯覚 うつ改善も
 「ドーパミン」の量が多い人ほど、錯覚を抑える脳の働きが弱かった
 自信回復や、うつ症状の改善の治療法開発に役立つ可能性
 適度な錯覚は自分を肯定的にとらえ、心の健康に重要だが、錯覚が弱まると「自分は劣っている」と悲観的でうつ状態に陥りやすい
 自己評価の高い人ほど、ドーパミンを出す部位「線条体」の活動が活発な一方、状況を判断する役割を担う前頭葉の働きが弱くなっていた。

2013/02 LiveScience Slacking Off at Work? Why It's a Good Thing
職場で怠け?なぜそれが良いことだ
労働者が仕事の一部で怠け癖がつくと、彼らはしばしば別にフォーカスをシフトしています。
 仕事のタスクの中で焦点を再び合わせるのが、従業員の適応性の重要コンポーネントであり、総合的なパフォーマンス・アセスメントの一部であるべきである
2013/02 【日本語記事】ワイアードビジョン 世論調査は投票に影響を与えるだろうか?
パワハラは職場全体を苛む
2013/02 EurekAlert
 Targets of bully bosses aren't the only victims, new UNH research shows
嘲笑で従業員を狙う虐待的なボス、世論の批判、およびダンマリ戦術
 彼らがいじめる従業員に有害な影響を持っているだけではなく、
 身代りの虐待的な指揮に悩む従業員の仕事仲間のために否定的に作業環境に影響を与えます
2013/02 【日本語記事】BioToday
 新参者は古参者間の信頼を崩してグループ機能劣化を招く
2013/01 EurekAlert Adding new members to group increases distrust among older members, impacts coordination
2013/02 【日本語記事】BioToday 職場での無礼は増え、勤労を蝕んでいる
 従業員の創造性・生産性・振る舞いや顧客の購買意欲に悪影響
2013/01 EurekAlert 'Moral realism' may lead to better moral behavior
'道徳的実念論'は、より良い道徳的な振舞いに通じるかもしれません。
 「道徳的実念論」に接した人々は、より良い道徳的行動に動機づけられるかもしれません。
 毎日の意志決定上にメタ倫理学の影響を評価
2013/01 Forcing choice may hamper decision-making, study finds
選択を強制すると適切な意志決定が妨げられるかもしれない
 選択を抑制するのは、必ず良いことであるというわけではありません
 複雑な状況下で、競合する選択肢から敢えて決断せねばならない場合、リスク高めの道を選びがち
2013/01 LiveScience Tiny Distractions Can Double Mistakes
小さな注意散漫ミスを倍増させることができ
お使いの携帯電話をちらっと見てなど、わずか3秒の気晴らしは、あなたの注意をそらすとあなたが作る間違いの数を倍増させることができます。
2013/01 LiveScience Job Interview Secret: Your Timing Could Mean Everything
就職の面接の秘密:あなたのタイミングはすべてを意味するかもしれない
エースあなたの次の面接にしたいですか?これをやろうとする。
2013/01 LiveScience Break Your New Year's Resolution? You're Not Alone
新年の決意を破る?あなただけではありません
アメリカ人の三分の一はすでに自己改善のための彼らの目標にだまされてきた。
2013/01 LiveScience Boredom at Work May Boost Creativity
仕事における退屈は創造性を上げるかもしれません。
特にあなたのうんざりする仕事に夢想する余地があるなら、仕事での退屈は実際に創造性のための恩恵であるかもしれません。
2013/01 【日本語記事】BioToday 退屈な仕事は創造性を高めうる
2013/01 【日本語記事】UK Today (JAPAN JOURNALS) 
 三日坊主よりはマシ? 新年の抱負、4割が2週間で挫折
2013/01 読売新聞 友達ができない 休学
 独りぼっちが怖い・・・トイレで食事 レンタルフレンド
 友達ができないからと、休学や退学してしまう学生もいる
 「本来、友達とかと一緒に行くべき場所に、1人で行くという選択肢はないんです。こんなところに1人で来ているやつって思われるのって、しんどいんですよ」
2013/01 Science 
 人間は過去の変化は認めるが、未来の自分はもう変わらないと錯覚する
The End of History Illusion

 以上、 →2013年の記事でした


→ 「心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー