性格/性向/感情/幸福感:
2013年9〜12月

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


感情がボディーでどう写されるか
2013/12 EurekAlert  Finnish research team reveals how emotions are mapped in the body
2013/12 Evolution and Human Behavior The cost of cowardice: punitive sentiments towards free riders in Turkana raids 
 臆病のコスト: トゥルカナ族襲撃でのフリーライダーに向けられた懲罰的な感情
リラックスしようとするより、エキサイトするように自分たちに言いきかせれば、演説や数学テストなどの心配な場面で、能力を向上させることができます
2013/12 EurekAlert Getting excited helps with performance anxiety more than trying to calm down, study finds
2013/12 Evolutionary Psychology  Evolutionizing grief: Viewing photographs of the deceased predicts misattribution of ambiguous stimuli by the bereaved
 故人の写真を見ると、あいまいな刺激の錯誤帰属は死別で推算します。
より高い長期の脳卒中リスクにリンクされた不安
2013/12 EurekAlert  Anxiety linked to higher long-term risk of stroke
間欠性爆発性障害は血液に全身性炎症のマーカーのレベルが倍
  研究は良いメンタル・ヘルスか他の行為障害で炎症マーカーと衝動的な攻撃性の間の人々で見られない直接の因果関係を記録します。
2013/12 EurekAlert  Markers of inflammation in the blood linked to aggressive behaviors
2013/12 LiveScience Anger Disorders May Be Linked to Inflammation
 乱暴な行動と怒りはボディーの炎症にリンクされるかもしれません。
富裕国の居住者は、よりすばらしい人生満足を持っている傾向がありますが、貧しい国に住んでいるものが、より重要な人生の意義を持っている
2013/12 EurekAlert  Residents of poorer nations find greater meaning in life
 貧しい国では、人生の意義が、よりすばらしい信仰心の結果、より高いかもしれない
医師は幸福であるというよりむしろ正しくしたいことによって不必要にストレスが多い人生を送る多くのカップルを見ます。
2013/12 EurekAlert  Experts discover whether it's better to be right or be happy
2013/12 BioToday 正しくあることは幸せを支えているようだ
 例え間違っていると思ったとしても妻の意見や要求に常に従うように夫に依頼する介入は夫のQOLを低下させました。
2013/12 Science 恐怖学習によって、恐怖反応の到来を意味する感覚刺激に対する神経応答が促進される
2013/12 BioToday 恐怖と関連付いた匂いへの嗅覚神経の出力は亢進する
笑いは、特定の患者にとっては、有害である場合さえあります
2013/12 EurekAlert  Is laughter really the best medicine?
2013/12 LiveScience Mood Sweater Automatically Shows Your Feelings
 ムードセーターは自動的にあなたの気持ちを示しています。
発達の大事な時期に父親が不在だと、社会的・性格的ハンデを抱えた大人になる
2013/12 EurekAlert  Dads: How important are they?
2013/12 BioToday 父親不在での成長は社交行動や前頭前野神経伝達を障害しうる
電気脳刺激は人の'辛抱する意志'を喚起するかもしれません。
2013/12 EurekAlert  Electrical brain stimulation may evoke a person's 'will to persevere'
 刺激されると個人が挑戦を予期して、それに打ち勝つ強い動機を持っていることを引き起こす脳の部分
2013/12 スラッシュドット ジャパン 前帯状皮質への電気刺激が困難を乗り越える意思を生み出す
タンパク質PC7が、あるタイプの心配や、学習や情動記憶などの認識能力に影響することによって脳における重要な役割を果たす
2013/12 EurekAlert  An important discovery related to anxiety disorders and trauma
 不安障害やトラウマに関連する振舞いを制御するのに重要な影響を与えるかもしれません。
人々の自己報告された幸福'経験'に関するデータは、政策を知らせるのを助けるかもしれません。
2013/12 EurekAlert Data on people's self-reported 'experienced' well-being could help inform policies
2013/12 news@nature.com  Fearful memories haunt mouse descendants
ネズミが体験した恐怖の記憶は2世代あとまで引き継がれる
マウスが、あるにおいを恐れるようになるよう訓練されるとき、仔がそのにおいにより敏感になる
  仔はそれに一度も遭遇したことがありませんが。
2013/12 EurekAlert Mice can inherit learned sensitivity to a smell
2013/12 BBC News 'Memories' pass between generations
2013/12 ABC@オーストラリア Mice can 'warn' sons, grandsons of dangers via sperm
2013/12 BioToday 身についた行動はDNAメチル化変化を介して後の世代に伝わる
2013/12 AFP 雄の子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム、マウスで発見
2013/12 朝日新聞 恐怖の記憶、精子で子孫に「継承」 米研究チーム発表





2013/11 【日本語ブログ】経済発展により人々は幸福を買うことはできるのか? 国民の幸福度は国民所得が36000ドルで頂点に達する
幸福度と免疫
2013/11 Nature 免疫学: 幸福の追求 Immunology: The pursuit of happiness
外向的な子と内向的な子はお皿のサイズによって影響される度合いが異なる。
2013/11 EurekAlert  Extrovert and introvert children are not equally influenced by plate size
2013/11 BioToday 食器の大きさが摂食量に及ぼす影響は性格によって異なる
否定的イベントへの繰り返し露出があなたのムードとあなたの考えへの効果を中和する
2013/11 EurekAlert  The good news in bad news
2013/11 Evolutionary Psychology Is cooperativeness readable in static facial features? An inter-cultural approach 
 協調性は静的な顔の特徴に読み込み可能ですか? インター文化的なアプローチ
前脳に前部前頭葉の外皮のレベルに位置する介在ニューロンが、大いに恐怖応答のコントロールにかかわる
2013/11 EurekAlert Where and how are fear-related behaviors and anxiety disorders controlled?
高い感情的知性は、より良い意志決定につながります。
2013/11 EurekAlert Higher emotional intelligence leads to better decision-making
扁桃核のサイズと接続性を測定することによって幼児が日常生活で経験している心配の度合いを予測できます
2013/11 EurekAlert Size, connectivity of brain region linked to anxiety level in young children, Stanford study shows
2013/11 BioToday 扁桃体の大きさや連結性が小児の不安レベルと関連する
退屈が日常生活でどう経験されるか
2013/11 EurekAlert Boredom research has now become more interesting
2013/11 BioToday 最も性質が悪い第5の退屈(apathetic boredom)が同定された
2013/11 National Geographic JP 退屈しない退屈の研究
2013/11 National Geographic The Most Boring Article You'll Read Today
権力を振るうことに不慣れな人は執念深くなる
2013/11 EurekAlert People new to power more likely to be vengeful
 他方では、経験豊富なパワー所有者は知覚された悪行において、より許容性があるのがわかりました。
親の監督はギャンブル問題の可能性を下げます。
  あなたの子供を見守ると、青年期までにギャンブルに走る可能性を下げることができます。
  11歳のときに不十分な親の指揮を持っていて、14歳でも減退し続けていた若者は、同輩よりかなり16-22代の問題ギャンブラーである傾向がありました。
2013/11 EurekAlert Parental monitoring lowers odds of a gambling problem
2013/11 BioToday 社会的恐怖と対捕食者恐怖を生む視床下部神経群は異なる
2013/11 LiveScience Contaminated Minds: Why Some People Feel Perpetually Unclean
2013/11 BBC News Financial crisis hits happiness levels
心配や悲しみのような否定的情動を経験するとき、悪い決定をよりかなりする傾向があります。
2013/11 EurekAlert Gambling addicts present brain function abnormalities that affect their decision-making capacity
 ギャンブル中毒者には意志決定のキャパシティに影響する頭脳の機能異常がある。
2013/11 EurekAlert Neuroscientists determine how treatment for anxiety disorders silences fear neurons
疑似体験療法(不安障害に関する一般的治療)がマウス脳で抑制合流点を改造する
2013/10 EurekAlert Delaying gratification, when the reward is under our noses
脳のメモリシステムが、目の前の誘惑と戦うのを手伝う
2013/10 BioToday 将来のために目前の快楽追及を制する想像力に海馬が必要
2013/10 EurekAlert What makes creativity tick?
話し言葉から人の創造性を測定できる迅速な、しかし、信頼できるテストを作成
朝、道徳的ですが、午後に不正直です。
2013/10 EurekAlert Moral in the morning, but dishonest in the afternoon
2013/11 BioToday 道徳心は朝に最も高くてその後下がっていく
メシウマの科学
2013/10 EurekAlert Your pain, my gain: Feeling pleasure over the misfortune of those you envy is biological
  不運に関する喜びをあなたがねたむ感じるのは生物学的です
 頬筋と関連神経の応答の電気的活動を測定
  他のもの(「意地悪的喜び」として知られている反応)の痛みを楽しむのに生物学的に敏感である
2013/10 BioToday セロトニン生成を促すトリプトファンは対人信頼を高めうる
2013/10 Science 右前頭前野への非侵襲的な電気刺激は社会規範の遵守をさらに促進する
2013/10 EurekAlert Emotionally intelligent people may influence the emotions of others based on their own goals
感情的に知的な人々はそれら自身の目標に基づく他のものの感情に影響を及ぼすかもしれません。
 感情的に知的な人々には、それら自身の関心を満たすために他のものを操る能力があります。
人間の個性特色の進化上の利益
 大胆さで外向的であるか内気で恥ずかしがり屋- 少ししか人生のコースを切り替えません。
2013/10 EurekAlert UCSB anthropologist studies the evolutionary benefit of human personality traits
2013/10 LiveScience Creative or Neurotic: What's Your State's Personality?
 アメリカ版県民性地図
2013/10 LiveScience Most Neurotic & Creative States Revealed in US Personality Map
2013/10 EurekAlert Keep your friends close, but…
他のものの痛みに感情移入すると関連している脳の部分が好感をもてる人々と対照的に憎らしい人々の苦しみを見ることによって、より強く動かされるのを示しています。
2013/10 EurekAlert Happiness lowers blood pressure
幸福ホルモンドーパミンによって制御された合成の遺伝子モジュールは、血圧を下げるエージェントを生産します
2013/10 EurekAlert Sticks and stones: Brain releases natural painkillers during social rejection, U-M study finds
社会的な拒絶の間、脳が自然な鎮痛剤を放出する
 脳にはそれ自身の社会的な痛みを緩和する方法があるかもしれない
2013/10 EurekAlert Why we can't accurately judge our friends' behavior
人々は見知らぬ人より知人の振舞いをポジティブに評価します、一連のタスクに関する実績にかかわらず。
2013/10 EurekAlert Reading literary fiction improves 'mind-reading' skills
読解力フィクションが1セットの技能と複雑な社会的関係、および機能的社会に基本的な思考過程を高める
2013/10 BioToday  小説を読むことで他人の気持ちを理解する能力が改善しうる
社会規範へのコンプライアンスを制御する特定の脳の領域
2013/10 EurekAlert Brain stimulation affects compliance with social norms
2013/10 LiveScience Zapping the Brain Makes People Obey Social Norms
すべての人間社会には、服装規定から反近親相姦法まで、人々がどう様々な状況において振る舞うべきであるかを指定する社会規範があります。 科学者は、現在、人々が、それに従うのを選ぶか否かに関係なく、脳への電気の活力に影響を及ぼすことができるのを示しました。
2013/10 EurekAlert New research reveals that oxytocin could make us more accepting of others
「愛のホルモン」オキシトシンは他の人々の承認を増加させるかもしれません
 オキシトシンは自己他の知覚の境界を鋭くする
2013/09 EurekAlert Testosterone promotes reciprocity in the absence of competition
テストステロンは競争がないとき相互関係を促進します。
 競争の脅威が全くないときだけ、テストステロンを上げると、寛大さを促進できます
2013/09 EurekAlert A neurological basis for the lack of empathy in psychopaths
サイコパスの共感の欠如の神経学的な基礎
2013/09 EurekAlert Chronic aggressive behavior in boys: Epigenetic sources?
何人かの少年によって不都合な家族から示された慢性の攻撃的な行動は、妊娠と幼児期の間の後成的変化のためであるかもしれません。
2013/09 EurekAlert Wide-faced men make others act selfishly
広い顔をした男性は他のものを利己的に行動させます。
2013/09 EurekAlert Could oxytocin be useful in treating psychiatric disorders?
ホルモンオキシトシンは自閉症や統合失調症などの行為障害を扱うことにおける役割を果たすかもしれません
恐怖症
2013/09 EurekAlert Diminishing fear vicariously by watching others
他の誰かが安全に推定上有害な物と対話するのを見るのが、これらの条件性恐怖応答を消すのを助けて、それらが後で再浮上するのを防ぐことができる
日常的サディズム
2013/09 EurekAlert Everyday sadists take pleasure in others' pain
2013/09 LiveScience Strange Case of 'Hyper Empathy' after Brain Surgery
 人のへん桃核、構造が感情にかかわった脳を取り除くのは、彼らが他の民族の感情を認識するのをより困難にすることができましたが、奇想天外な事件、女性に何の正反対は予想されたか--彼女が「超-感情移入」を開発したのを示しました。
2013/09 EurekAlert 'Love hormone' may play wider role in social interaction than previously thought
オキシトシン(強い母親子供と性的な付属の構成と維持における重要性のためしばしば「愛のホルモン」と呼ばれる)が以前に理解されるより広い範囲の社会的な相互作用にかかわる
2013/09 NatureJP 社会的支え:オキシトシンが社会的相互作用の報酬形成を助ける仕組み
神経科学: 社会的報酬には側坐核でのオキシトシンとセロトニンの協調的活動が必要である
2013/09 Nature Social reward requires coordinated activity of nucleus accumbens oxytocin and serotonin
doi:10.1038/nature12518
2013/09 BioToday 側坐核へのオキシトシン-セロトニン協調作用が社交性に必要
2013/09 EurekAlert Positive emotion influences a depressive-to-happy state and increases life satisfaction
玉が小さい父さんはイクメン
2013/09 EurekAlert Testes size correlates with men's involvement in toddler care
 データは、人間の男性の生態が子育ての努力に対して仲間になることへの投資の間のトレードオフを反映するのを示します。
2013/09 BBC News Testicle size 'link to father role'
2013/09 CNN.co.jp : 睾丸が小さいほど子育てに熱心? 米研究
2013/09 AFP 睾丸の大きさと育児参加に関連性、「大きいほど良く」はない 米研究
2013/09 BioToday 精巣が小さい男性は子育てに積極的
2013/09 LiveScience The Happiest (and Saddest) Countries
 韓国41位 日本43位 中国93位
1. Denmark  2. Norway   3. Switzerland  4. Netherlands  5. Sweden
2013/09 LiveScience The Happiest Country in The World Is ...
2013/09 National Geographic 5 Takeaways From UN's Global Report on Happiness
 富、天気…、および自転車を含んでいて、世界中で幸福に影響を及ぼすいくつかの驚異的な要素?
2013/09 National Geographic JP 世界幸福度ランキング2013、国連
2013/09 スラッシュドット ジャパン 人は遺伝子的に近い相手を友人に選ぶ?
 友人同士の遺伝子の共通性を平均すると、高祖父母が兄弟である者同 士と同じぐらい似ていた
目先の利益に振り回されない人はよく信用される
2013/09 EurekAlert Ability to delay gratification may be linked to social trust, new CU-Boulder study finds
満足を遅らせる人の能力(将来、現在、より大きい報酬で、よりわずかな報酬を差し控える)を人が、どれくらい信頼できることへの報酬与える人は知覚するかに依存するかもしれません
ネガティブな気分で始まった日が一番生産性が高く、その日はポジティブな気分で終わっ ている
2013/09 スラッシュドット ジャパン 機嫌が悪いときほど人はクリエイティブになるという研究結果
2013/09 EurekAlert Fear of holes may stem from evolutionary survival response
穴への恐怖は進化論の生存応答によるかもしれません。  trypophobia
2013/09 【日本語ブログ】蓮画像に対する恐怖は人類の進化に根ざした自己防衛本能、研究者
 穴の集合体に対して様々な嫌悪感を 感じる症状

 以上、 →2013年9〜12月の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー