犯罪、暴力、麻薬:
2013年7〜12月

ほか「犯罪、暴力、麻薬」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2013/12 朝日新聞 刑務所で医師不足…改善へ 矯正医「技能習得しにくい」
コカイン、メタンフェタミン応答は'黒い6'研究用ハツカネズミの2つの亜種の間で異なります。
2013/12 EurekAlert  Cocaine, meth response differ between 2 substrains of 'Black 6' laboratory mouse

2013/12 Science C57BL/6N系統マウスに認められる細胞質FMR(脆弱X精神遅滞タンパク質)会合タンパク質2(Cyfip2)遺伝子の変異がコカイン応答を規定する
2013/12 LiveScience Teens' Marijuana Use Continues to Rise
重いマリファナ常用者には、異常な脳の構造と記憶力貧困があります。
2013/12 EurekAlert Heavy marijuana users have abnormal brain structure and poor memory
大麻と吸う運転は、新しい飲酒運転ですか?
2013/12 EurekAlert  Is smoking cannabis and driving the new drinking and driving?
2013/12 モロッコ:大麻の医療的使用の合法化について前例のない議論
 モロッコは大麻の生産がアメリカに次ぎ第2位、違法な生産元としては第1位
 「大麻の医療的、産業的使用のための合法的なプロジェクトの提案への第一歩」
'第三者罰'の進化
2013/12 EurekAlert  Evolution of 'third party punishment'
 共同体の社会的な強い結びつきと、ほとんどの人々が長い間の共同体の中にいればいるほど、傍観者は、知覚された悪行のために隣人を罰するよう望んでいそうです。
米国中の共同体は未成年者による喫煙、飲酒、暴力、および犯罪を抑えます。
  それらの町がティーンエイジャーの中学校数年間Communities That Care防止システムを使用したとき、より少ない高校生がアルコールを飲み始めて、タバコを吸って、卒業の前で犯罪を犯して、暴力に従事していました。
  この共同体主導のシステムの肯定的な影響が高校を通って支えられたのがわかりました。
2013/12 EurekAlert  Communities across US reduce teen smoking, drinking, violence and crime
2013/12 BioToday マリファナで女性化乳房が生じうる
人口の1パーセントは63パーセントの凶悪犯罪
  スウェーデンのすべての凶悪犯罪の大部分が少ない数の人々によって送られます。
  彼らは、乱暴な犯罪が人生で早々展開する(92パーセント)(薬物乱用問題)が人格障害としばしば診断したほとんどすべての男性であり、大きい数の非暴力の犯罪を犯します。
2013/12 EurekAlert  1 percent of the population is responsible for 63 percent of violent crime convictions
2013/12 本川・社会実情データ図録  都道府県別の他殺者数
  山梨、高知、和歌山と続く他殺率。最低は長野と東京
道徳的な暴挙は陪審員に影響を及ぼすかもしれません。
2013/12 EurekAlert  Studies: Moral outrage may influence jurors





2013/11 本川・社会実情データ図録  他殺率の推移(国際比較)
  他殺被害者の数は21世紀に入っておおむね各国で減少傾向。例外はジャマイカ、メキシコ、韓国など。
十代の大麻使用はいくつかの発展途上国で上昇中です。
2013/11 EurekAlert Cannabis use among teens is on the rise in some developing countries
市販の鎮痛剤でマリファナ記憶障害を防ぎます。
2013/11 EurekAlert Preventing marijuana-induced memory problems with over-the-counter painkillers
コカイン中毒で損なわれた自己認識にリンクされた脳異常を見つけます。
2013/11 EurekAlert Mount Sinai finds brain abnormalities linked to impaired self-awareness in cocaine addiction
cyberdevianceとサイバー犯罪が18歳に関して十代で15歳に関して始まって、ピークに達する
2013/11 EurekAlert Like other offenses, cyberdeviance and cybercrime seem to start and peak in the teen years
 ほかの非行行動と大差ない
多レベル研究は最低賃金と犯罪発生率の間のリンクを全く見つけません。
2013/11 EurekAlert Multilevel study finds no link between minimum wage and crime rates
シカゴの銃による暴力の新しい研究
  人のソーシャルネットワークが個人が銃の殺人の犠牲者になるかどうかの主要な予言者である
  人種、年令、性、貧困、またはギャング提携よりさらに
2013/11 EurekAlert Study finds social networks are key to city violence
動物実験では、急激なドラッグ禁断が精神的退化の引き金となります。
2013/11 EurekAlert In animal study, 'cold turkey' withdrawal from drugs triggers mental decline
暴力行為の3分の1は酒絡み
2013/11 EurekAlert Alcohol-related aggression: Social and neurobiological factors
中毒者はハイを求めるより感情的な不安から逃れたがるのかもしれません。
2013/11 EurekAlert Addicts may be seeking relief from emotional lows more than euphoric highs
より高い死亡率に関連している犯罪
  前科をもっている人々、若い状態で死ぬ
2013/11 EurekAlert Crime associated with higher mortality rates
コンピュータモデルは犯罪ホットスポットを予期します。
2013/11 EurekAlert Computer model anticipates crime hot spots
大麻常用者、こらえ性なくなる
2013/10 EurekAlert Regular cocaine and cannabis use may trigger addictive behaviors
2013/10 朝日新聞 脱法ドラッグ、所持・使用にも罰則 使う側も摘発対象に
2013/10 BioToday 脳のキヌレン酸レベル亢進薬でマリファナ依存を治療しうる
2013/10 【日本語ブログ】全米の高校生の10%が両親が知らない内に覚醒剤を服用している、ミシガン大医学部
2013/10 EurekAlert Sending multiple sclerosis up in smoke
マリファナのいくつかの混合物が、脳と脊椎の炎症を予防することによってネズミの多発性硬化症と同様の病気を治療するのを助けることができる
2013/10 Science コカインは腹側被蓋野のGABA神経伝達を選択的に低下させることでドーパミンニューロンを脱抑制する
2013/10 ABC@オーストラリア Psychopath prediction 'no better than chance'
 精神病の囚人が釈放後に再収監される可能性がどれくらいありそうであるかを予測するのに使用される評価方法は、「全く役に立ちません」。
男のトラは外呑みで 女のトラは家呑みで
2013/09 EurekAlert Partner violence linked to specific drinking environments
 パートナーに対する暴力
2013/09 EurekAlert 'Guns do not make a nation safer,' say doctors
銃で、国は、より安全になりません
  下側の銃の所有権がある国が、より高い銃の所有権があるそれらより安全である
2013/09 LiveScience States With More Guns Have More Homicides
 火器の家にある率が高い州には、不均衡に大きい数の銃関連の殺人があります。
  調査結果は、銃規制が殺人発生件数を減らすかもしれないのを示します。
2013/09 朝日新聞 交流サイト、少女の犯罪被害増加 無料アプリ利用者急増
2013/09 EurekAlert Tracking criminal movement using math
犯罪の運動を分析する数学的モデル
社会科学: 殺人の数学
2013/09 Nature Social science: The mathematics of murder
doi:10.1038/501170a
2013/09 EurekAlert Western University scientists discover a novel opiate addiction switch in the brain
アヘン耽溺が脳に発生する基本的な分子過程を明らかにする顕著な新しい発見
2013/08 BioToday 違法薬物依存や精神・物質使用疾患の世界的負担の解析
2013/08 EurekAlert Perception of marijuana as a 'safe drug' is scientifically inaccurate
'安全な薬剤'というマリファナの把握は科学的に不正確です。
  十代の脳は中毒になりやすいし、いろいろな長期のマイナス効果を受ける
コカインでネズミは脳の学習とメモリ構造に急速な新しい成長を示した
2013/08 EurekAlert Gallo Center study in mice links cocaine use to new brain structures
薬物使用が継続的な薬物使用を伸ばす薬物探索行動につながるかもしれない
2013/08 BBC News Cocaine 'rapidly changes the brain'
 コカインで数時間以内に脳の構造を変えることができます。
  麻薬中毒の第一歩であるかもしれないことで
2013/08 EurekAlert Cocaine's effect on mice may explain drug-seeking behavior
ネズミへのコカインの効果は薬物探索行動について説明するかもしれません。
2013/08 BioToday コカインは樹状突起棘を増やしてコカイン欲求行動を促しうる
2013/08 EurekAlert Prison education cuts recidivism and improves employment, study finds
刑務所教育が常習犯を切って、雇用を改良する
  一般教育と職業訓練を受ける囚人は、そのような機会を受けない同輩より、リリースの後に刑務所にかなりより戻りそうになくて、仕事にありつきそうです
2013/08 EurekAlert Studies explore weapons/arrests in domestic violence cases
ヒューストンの家庭内暴力ケース40パーセントに武器
2013/08 EurekAlert Community intervention program reduces repeat intimate-partner violence
コミュニティ介入プログラムは繰り返される親密なパートナー暴力を減少させます。
2013/08 EurekAlert LSD and other psychedelics not linked with mental health problems
メンタル・ヘルス問題にリンクされなかったLSDなどの幻覚剤
 LSD、マジック・マッシュルーム、メスカリンボタンの使用はメンタル・ヘルス問題を発生するという人の危険を増加させません
2013/08 【日本語ブログ】LSDや他の幻覚剤の使用と精神病との間に関連性はない
2013/08 BioToday 幻覚剤を使用しても精神衛生問題リスクは上昇せず
2013/08 LiveScience 'Magic Mushrooms' Not Linked to Mental Health Problems: Study
2013/08 BBC News Study describes family killer types
 犯罪学者は1980年からの新聞犯罪レポートの分析から2012年まで4つの異なったタイプの「家族破壊者」を見つけます。
2013/08 EurekAlert Characteristics of family killers revealed by first taxonomy study
 最初の分類学研究で明らかにされた家族の殺人者の特性
2013/08 LiveScience Murderers Who Kill Their Families May Share Some Traits, Study Suggests
 配偶者や我が子を殺す殺人事件は比較的まれですが、1980年から2012年までの事件を分析した新しい研究は、これらの悲劇的な行為の速度が増加しているかもしれないのを示します
  加害者には、いくつかの共有された特性があるかもしれません。
2013/08 BBC News What can a brain scan tell us about free will?
 脳スキャンに自由意志を見ることはできるか
 脳腫瘍で性犯罪に走るケース
2013/08 BBC News Murders could follow maths law
 ブラジルのチームのレポート
  人口増加に従っていくつの殺人が起こるかを予測、数式が助けることができる
2013/08 EurekAlert Prisons must do more to provide health and social care to growing population of older prisoners
刑務所は、増加している高齢囚人の人口に健康と社会医療を供給するためにそれ以上のことをしなければなりません。
2013/08 LiveScience Teens Quit Pot If Their Friends Are Smoke-Free
コカイン痩せ
2013/08 EurekAlert The skinny on cocaine
  慢性のコカインの使用が脂肪を格納する身体能力を減少させるかもしれない
2013/08 BBC News Rise in violence 'linked to climate'
 気候変動は世界中の暴力の増加に強くリンクされます。
2013/08 National Geographic Wars, Murders to Rise Due to Global Warming?
2013/08 National Geographic JP 地球温暖化で紛争や殺人が増加?
2013/08 【日本語ブログ】気候変動が生じると紛争や暴力の増加する、カリフォルニア大バークレー
2013/08 Science 気候変動と暴力を関連付けた研究により論争が勃発
2013/08 news@nature.com Warming climate drives human conflict
2013/08 AFP 気温上昇で人間の暴力が増加、米研究
2013/08 ワイアードビジョン 「平均気温2度の上昇で、集団間暴力が50%以上増加」
脳がどうコカイン中毒を'学ぶか'
2013/08 EurekAlert New insight into how brain 'learns' cocaine addiction
学習関連のタンパク質が脳で「喜び」分子ドーパミンのドラッグで誘発された突進に対応して新しい小道を鍛造するために他のタンパク質でどう働いているか
2013/07 BioToday 大麻成分THCで多発性硬化症進行抑制できず/無作為化試験
2013/07 BBC News Pope warns against drug legalisation
 法王のフランシス、ラテンアメリカのドラッグ合法化プランに対して警告
2013/07 BBC News Forensic changes 'threat to justice'
 イギリスの政府が科学捜査に関する一貫した戦略を思いつかない場合、刑事裁判は危難にさらされるかもしれません。
2013/07 EurekAlert Univ. of MD finds that marijuana use in adolescence may cause permanent brain abnormalities
思春期のマリファナ使用、永久的な脳異常を引き起こすかも
2013/07 EurekAlert Cannabis constituent has no effect on MS progression, study shows
大麻(テトラヒドロカンナビノールかTHC)の主要有効成分、多発性硬化症に効果がある証拠が全くない
2013/07 EurekAlert Ketamine as anesthetics can damage children's learning and memory ability
麻酔薬としてのケタミンは子供の学習と記憶能力を破損する場合があります。
2013/07 EurekAlert Childhood abuse raises drug users' suicide risk
子どものころに虐待を受けた麻薬愛用者は自殺率が高め
2013/07 EurekAlert A hidden epidemic: Street children show high levels of drug use
ストリートチルドレンは高いレベルの薬物使用を示しています。
2013/07 EurekAlert Scripps research team shows 'bath salts' stimulant could be more addictive than meth
MDPV(「バスソルト」として販売された現れている麻薬)
  メタンフェタミンより中毒性が高いかもしれないという証拠
2013/07 LiveScience 'Bath Salt' Drugs May Be More Addictive Than Meth
2013/07 朝日新聞 酒のんでモルヒネ、「依存」のリスク高まる
 ネズミ実験 星薬科大学の鈴木勉教授ら
ハーブの覚せい剤
2013/07 LiveScience Why the Herbal Stimulant 'Khat' Was Banned
 何世紀もの伝統的な使用にもかかわらず、ハーブは暴力とテロにリンクを持っているかもしれません。
 麻薬チャット(Khat、学名:Catha edulis)
  東アフリカとアラビア半島の熱帯に自生するニシキギ科の常緑樹の一種。カート、カット
マジックマッシュはネズミの恐怖感覚を麻痺させる
2013/07 LiveScience Magic Mushrooms Can Erase Fear in Mice

 以上、 →2013年7〜12月の記事でした


→ 「犯罪、暴力、麻薬」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー