文化人類学:
2005〜2006年

ほか「文化人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 総論


2006/10 Anthropology News 47(7)  Anthropology and Human Rights
Do Anthropologists Have an Ethical Obligation to Promote Human Rights?

科学なポッドキャスト:【podcast 音声】【英語】「消えゆく言語 消えゆく文化」 MP3ファイル 18分
Interview with Anthropologist Wade Davis
 人類学者ウェイド・デイヴィス インタビュー 

  *  科学なポッドキャスト:ゾンビ伝説からタトゥーの人類学まで

●いにしえの刻印:入れ墨(タトゥー)と文身(体斑紋)の神聖なる起源
Ancient Marks: The Sacred Origins of Tattoos And Body Markings
Wade Davis Chris Rainer (ペーパーバック - 2006/4/30)
Mandala Pub Group; Bk & DVD版
 著名な写真家の手による伝統的な入れ墨・文身の美麗な記録がこの価格! しかもDVD付き!


2006/06 EurekAlert Anthropologists escape into the wider world
世界の少数民族、どんどん死に絶え絶滅していく気配
2006/05 New Scientist Worlds indigenous groups may risk a 'slow death'
近親相姦忌避と近親相姦タブーはどう違う
2006/05 John Hawks Anthropology Weblog : Oyama taboo ontogeny
人類学実践上の魅力的なジレンマ
 生医学的研究とその守秘義務、そして自分の研究内容を明かさない人類学者の登場
2006/05 Anthropology News 47(5) Where Are We Going?
 Engaging Dilemmas In Practicing Anthropology Hugh Gusterson MIT
文化的能力は人種差別への裏口?
2006/03 Anthropology News Is Cultural Competency a Backdoor to Racism?
知的所有権法と伝統的知識 伝統的知識保有者のための効果的な法的保護はいかに
2006/02 EurekAlert Intellectual property law and the protection of traditional knowledge
ケネウィックマン的 祖先の宝を返せ問題
 それはおまえらのものじゃない
 Peru and Yale in reclaiming Inca artificats
 the American Museum of Natural History and the remains of 85 ancestoral individuals of the Inupiat peoples.
2006/02 Two modern Kennewick-like controversies | Anthropology.net
2006/02 Anthropology.net Two new centers for anthropology
閉経を祝う文化
 「もう幸賢な血を無駄に流さずに済むようになった」
 更年期を過ぎた女性がいただくシャーマニスティックなポジション
2006/01 Cultural studies on menopause | Anthropology.net

名誉の文化に関する進化心理学的展望
2005/11 Evolutionary Psychology 3: 381-391 An Evolutionary Psychological Perspective on Cultures of Honor
人間についての前世紀的迷信2つ
2005/09 Dienekes' Anthropology Blog: The Myths of the 20th century
近親相姦、自殺、人種差別… 倫理的相対主義と絶対的タブー
2005/06 Global Politician Ethical Relativism and Absolute Taboos
2005/05 EurekAlert New anthropological research on gender
 Cameroon, Thailand, & Hong Kong
多総合的言語:Nuuchahnulth (pronounced Noo-cha-noolth)の辞書がついにできました
2005/05 EurekAlert First-ever dictionary aids campaign to save Native American languages
世界最大のヒトDNAデータベース構築計画に批判の声
2005/04 【日本語記事】 ワイアードジャパン
 ジェノグラフィック・プロジェクト
 『バイオ植民地主義に関する先住民族協議会』(IPCB)
千の顔を持つヒロイン:物語における女性キャラ特性の普遍的傾向
2005/04 Evolutionary Psychology 3: 85-103  The Heroine with a Thousand Faces: Universal Trends in the Characterization of Female Folk Tale Protagonists
世界的労働市場における仕事と失業
2005/03 American Anthropological Association Work and Unemployment in the Global Labor Market
「1,2,3,たくさん」の文化から推察する数把握の生得的閾値
2005/02 American Psychological Association  Fuzzy math
 A remote tribe that lacks a counting system suggests limitations on inborn representations of number.





past アメリカ人類学協会 AAA


2006/08 Anthropology News 47(6)


特集「人類学と人権」:人権はヒューマンユニヴァーサルたりえるのか?
2006/05 Anthropology News 47(5)
 Fluidity of Human Rights in Practice 人権の流動性 Sally Engle Merry
  鵺のような「人権」概念を釘づけようとしても実際的ではない
  それより力と資源をめぐるグローバル&ローカル紛争において「人権」がどう立ち現れているのかを見ねば
 The Globalization of Human Rights  人権のグローバライゼーション Kamari Maxine Clarke
  帝国の遺産:西欧のローカル概念である「人権」が世界を席巻していく
 Anthropology and the Philosophy of Human Rights  人類学と人権の哲学 Mark Goodale
  西欧的人権概念がローカルの道徳規範を撹乱する場合
  人権普遍性の哲学の問題に対しては人類学的にどうこうしきれるものではないが貢献はできるしすべき
 Anthropologists Should Participate in the Current Immigration Debate  
  人類学者は、現在の出入国管理討論に参加しなければならない JC Salyer
 On the Rallies in America for Immigran Rights  移民の権利とアメリカ Rose Wishall Ediger
渡航で喰らった冷ややかなグローバライゼーションレッスン
2006/05 Anthropology News 47(5)  Being Officially Nowhere
 A Sobering Lesson in Globalization Robert Fletcher
バルカン諸国のバセットハウンド フィールドに飼い犬をつれていくという愚かな行為とその教訓
2006/05 Anthropology News 47(5)  Basset Hounds in the Balkans
 On the Challenges of Dogs and Fieldwork Kristen Ghodsee
甦る人種生物学と人種医学 「黒人用医薬」
 アイデンティティではなく病態生理学を扱う 社会的正義? 科学者がなせること
2006/03 Anthropology News 47(4)  BiDil and the Possibility of a Resurgent Racial Biology and Medicine
2006/03 Anthropology News 47(4)  人類学と人権
 ・Anthropology and Human Rights - An Open Exchange
 ・Do anthropologists have anything useful or relevant to say about human rights? : Six Perspectives
 ・Anthropology Can and Should Be Relevant
 ・Possible Anthropological Contributions
 ・A Call to Words
 ・Challenges in Transitional Justice
 ・Ambivalence Leads to Limited Relevance
人種と民族性の再考@健康格差
2006/03 Anthropology News Rethinking Race and Ethnicity in Health Disparities
人種という社会構築問題
 いっそのこと「人種」じゃなく「リネージ」にしちゃえば?
2006/02 Anthropology News 47(2) The Problem of 'Race as a Social Construct'
  By Eric C Thompson
教育の中の日常的な人種差別反対主義
2006/02 Anthropology News 47(2) Everyday Antiracism in Education
By Mica Pollock
文化とグローバライゼーションについて:環境自治の再定義
2006/02 Anthropology News 47(2) On Culture and Globalization: Redefining Environmental Governance
By Lourdes Arizpe
2005/12 Anthropology News 47(1) Models for the Future of Anthropology
2005/12 Anthropology News 47(1)  Call to an Anthropology of Health Policy
2005/12 Anthropology News 46(9) UNESCO and Cultural Diversity: An Unconventional Approach? By Paul J Nuti
2005/12 Anthropology News 46(9) The Neoliberal State in Disaster Management By Judy Whitehead
  One month before Katrina, a similar - natural - disaster occurred in Mubai, India
2005/09 Anthropology News 46(6)  The Ethics-Review Process
The ethics-review process is shaping not only the nature of anthropological knowledge, but the very nature of ethnographic methods, influencing what kinds of information can be collected, how it can be collected and from whom.
2005/09 Anthropology News 46(6)  Three Questions about Race, Human Biological Variation and Racism
Do humans vary biologically? Is the idea of race a useful categorization of human biological variation? Is race a useful categorization to track lived experiences, sociopolitical injustices and racism?
テリー・シャイボ尊厳死問題とアメリカ人類学会
2005/05 American Anthropological Association What Can Anthropology Contribute to the Terri Schiavo Debate?
2005/05 Anthropology News  Talking Back to the "Culture of Life"
 Death-in-Life and Biopolitics
2005/01 Anthropology News Military Bases and Ethnographies of the New Militarization

past 欧州


ポストコロニアルなフランスにおける都市暴力と市民権
2006/05 Anthropology News 47(5)  Urban Violence and Civil Rights in Postcolonial France
 Paul A Silverstein
フランスでは人類学が終焉を迎えているって!?
 人類学者を150人雇用しているフランスの大手研究機関、「研究論題から人類学を削除することを考慮中」
2006/01 The end of anthropology in France! | Anthropology.net

past 北アメリカ


アメリカのメディアにおける人類学今昔
2006/02 Anthropology News 47(2) Anthropology's Past and Present in American Media
By Micaela di Leonardo
<文化多様性条約>米国また孤立 191国中151国賛成
2005/10 【日本語記事】 ヤフージャパン(毎日新聞)
2005/09 National Geographic Using Hands As Bait, "Noodlers" Stalk Giant Catfish
スピリチュアリティの土着性と政治学
 集団のアイデンティティのカギとして機能する霊性
 60年代のカスタネダなどから延々続くスピリチュアリティ・ファンタジームーブメントがネイティブの霊性を撹乱する
 継承者は純血でなければならないか  知的遺産として権利継承の対象とすべきかいなか
2005/04 Anthropology News Indigenousness and the Politics of Spirituality

past 中南米


ホンジュラスのイグアナ保護
2006/12 Anthropology News 47(9) Utilans and the Utilian Spiny-Tailed Iguana in Today's World
開発、自然保護、観光旅行の三つどもえ
2006/11 【日本語記事】JanJan アルゼンチン:先住民族の静かなる消滅
 森林破壊は先住民にとっておよそ150種にも及ぶ薬草の喪失をも意味する
2006/11 IPS-Inter Press  Silent Extinction of Mbya Guaran? People
2006/11 Anthropology News 47(8)  Maya Entrepreneurs and the Global Textile Trade
マヤ企業家とグローバルな織物の通商

科学なポッドキャスト:Life on Mars? 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 24分
We examine whether the language you speak dictates the way you think, and the new evidence that says the atmosphere on Mars was once thicker than Earth's own.
生成文法もサピア=ウォーフ仮説もびっくり!
数の概念も、色の表現もなく、過去未来についての言い回しもほんのわずかだけ
アマゾンの狩猟採集民ピーラーハー族が持つ驚愕の言語体系!(前半の10分)

2006/03 驚愕の言語体系ピラハー


アマゾン奥地のネイティブ、ちゃんと幾何学を理解いたします
2006/01 EurekAlert Indigenous Amazonians display core understanding of geometry
戦争での人類学?
アルゼンチンの汚い戦争は、我々に何を教えることができるか
テロ対策自体が市民に多大の犠牲を背負わせる
2005/09 Anthropology News 46(6)  Anthropology at War? What Argentina's Dirty War Can Teach Us
過去が前方にあり、未来は後ろにある そんな時間観の文化も世の中にはあり@南米アイマラ族
2005/02 Guardian How time flies
 For the Aymara people living in the Andes, the past lies ahead and the future lies behind. Laura Spinney looks at how different languages reflect, and shape, our conception of time

グアテマラ



メキシコ


親族中心の生態学 〜環境人類学
 Raramuri(タラウマラ族@北メキシコ)は、荒野という概念を持たず、当然それを指す語も持たない
2006/06 National Geographic Indigenous Group Keeps Ecology All in the Family
2005/09 Anthropology News 46(6)  Cultural Difference and Globalization: Transborder Mexican Indigenous Migrants
The social and political actions of indigenous migrants challenge predictions that processes of cultural and economic globalization will result in homogeneity.

past オーストラリア



アボリジニ


科学の名において盗まれた遺骨の返還を、科学が援助する
2006/12 ABC@オーストラリア Science helps return stolen human remains
 アボリジニの遺骨は、最新技術を用いて古来の埋葬地にで再び眠りにつく
 本国へ送還された先祖の遺骨を元の土地に戻すことに成功したNgarrindjeriの人々
2006/11 EurekAlert Report finds most programs ineffective for Aboriginal children
アボリジニの「夢見」壁画
2005/12 www.abc.net.au Wollemi rock art shows Aboriginal Dreaming
2005/04 EurekAlert Aboriginal Canadians at high risk for severe trauma
 10-fold greater risk of injury secondary to assault and a 3-fold greater risk of traumatic suicide.

past アフリカ


貧困緩和のカギは移住@アフリカ
2006/06 EurekAlert Poverty in Africa: Migration can help


サラーウィー族難民若者の可動性と治療
2006/05 Anthropology News 47(5)  Mobility and the Care of Sahrawi Refugee Youth
 Gina Crivello, Elena Fiddian and Dawn Chatty
2005/04 Dienekes' Anthropology Blog: Clicks and pygmies

past 中東/イスラム圏


イスラムの女性服
2006/08 EurekAlert Researchers explore how religious garment defines a new generation of women
研究者は、{宗教的な衣服が女性の新世代の意味を明確にする} 方法を調査する
「何が我らをヒトたらしめるのか」
 パキスタンで生きる小頭症(劣性遺伝)のありようから読み解く
 寺などで特殊なポジションにおかれ「チュア」と呼ばれる彼ら
 が、パキスタン政府はチュアたちを寺から排除!
 伝説曰く
 「子どもが欲しいなら授けてやろう。
  ただし最初の子は「チュア」になる。
  その子は寺の元で神に仕えさせねばならない。
  さもなければ産まれる子すべてが「チュア」になるであろう。」
 一方で巷では「小頭症は親や坊主が健康な子を虐待した結果だ」
 これを称して「ボンサイ説」orz
 パキスタンでは近親婚が多く(6割の相手がイトコ!)劣性遺伝が表に出やすい
 先進国では出生前診断で排除される
 小頭症例は脳の進化を解く鍵に
2006/08 Telegraph What makes us human?: 英国Channel 4で8月の12日と19日に放送予定
強姦されたら、被害者はその犯人と結婚しなければならない
 強姦犯と結婚するように命じたイスラム的判断
 犯したのは義理の父親 被害者は五人の子持ち@インド
2005/07 WashingtonTimes Victim ordered to wed rapist
2005/06 【日本語記事】 強姦された義父と結婚、インド|『ユアサの事件簿』心理斬りっ!
ところ変われば倫理も変わる:宗教と人工生殖
 イスラム教文化圏におけるIVFと精子・卵子提供
 エジプト:不妊治療クリニックが人口140万人に1件の割合
 なんとレバノンは不妊治療クリニックが30万人に1件という多さ!
 イスラム多数派のスンニ派は、夫婦間の体外受精は許容するが配偶子提供や代理出産は御法度
 レバノンなどに多いシーク派は、配偶子提供を「養子」や「一夫多妻」の延長とみなす派と、そうでない派があって、かなり複雑
2005/02  Anthropology News Religion and Reproductive Technologies
 IVF and Gamete Donation in the Muslim World

past 中央アジア/南アジア


科学なポッドキャスト:【podcast 音声】【英語】「アンタッチャブル:インドの不可触民とカースト」 MP3ファイル 36分
India's Untouchables 2006-08-16 The Best of National Geographic Magazine
 人間以下の扱いをうける不可触民とその未来
 選り抜きナショナル・ジオグラフィック
ネパールにおける「モンゴル人種」の出現
 Gurungs, Magars, Rais, Limbus and Sherpas、我らは民族ではなくモンゴル人種である
2006/02 Anthropology News 47(2) The Emergence of a Mongol Race in Nepal
By Susan Hangen
地元民を救った伝承の知恵 「揺れたら逃げろ」@インド洋大津波
2005/10 EurekAlert Disaster lessons: What you don't know can kill you
 They have a long oral tradition that remembers what happened in 1907
ネパール、人権、人類学
2005/05 Anthropology News Anthropology in a Time of Crisis
 A Note from Nepal
「土地が水になったとき」 彼らを救った民族的語りに耳を傾けよ
 地のゆさぶりは土が水に変化する予兆 死者の異界と接続する地震
 津波とアンダマン諸島のOngees
 ネイティブの地域社会は、災害に対してより大きい回復力を示した
 井戸や家屋など、外来の施設はもとより活用されていなかったし
2005/03 American Anthropological Association 'When Land Became Water'
 Tsunami and the Ongees of Little Andaman Island
アンダマン〜ニコバルのネイティブたち、インド洋大地震の津波被害をまぬがれる
 プリミティブな生活様式を守る貴重な民俗
 絶滅を危惧されたが、岸から遠いジャングル住まいだったので無事
2004/12 Yahoo! News India's Tribal People Safe After Tsunami-Official
 India's dwindling aboriginal population in the remote Andaman and Nicobar islands is safe as most lived in jungles, far away from the coast hit by a devastating tsunami.
2005/01 National Geographic Did Island Tribes Use Ancient Lore to Evade Tsunami?

past 東南アジア


台湾「先住民チャンネル」放送開始 民族独自の文化発信
2005/07 【日本語記事】 asahi.com
グローバライゼーションと暴力
 極性を与えられた文化的な固定観念は、新しい暴力に貢献する  タイ南部の宗教間対立
2005/03 American Anthropological Association Polarized Cultural Stereotypes Contribute to New Violence
狩猟採集民が古代の暮らしを見せてくれるというのは幻想
 近隣の高地民族とは違い狩猟採集生活をしてきた特異なタイのムラブリ族
 でもムラブリは以前は農耕民だった
2005/02 EurekAlert An evolutionary road less traveled

past 東アジア


「世界に誇りたい日本の捕鯨文化」 文化人類学者 高橋順一
2005/06 【日本語記事】 こだわりアカデミー
忘れられた偉人・渋沢敬三
 人類学・民族学・民俗学の黎明期を支えた「陰徳の精神」  〜文化人類学者  飯島茂
2005/05 【日本語サイト】こだわりアカデミー
日本がわい曲した地名が依然韓国内に
2005/02 【日本語記事】 中央日報@韓国

past 中国


2006/12 【日本語記事】JanJan 漢民族の大量流入に脅かされるウイグル族の文化と生活
チベット・中国 西蔵に鳥葬に関する新規定 撮影や報道を禁止
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
チベット自治区で行われている拷問や人権侵害の証拠
 ネパールに流れ込む難民が抱えるPTSD、心のダメージ
2005/11 EurekAlert Study finds torture and human rights abuses among Tibetan refugees

past そのほか


京大名誉教授の米山俊直さん死去  文化人類学広める 胃がんのため9日死去 享年75歳
2006/03 【日本語記事】 asahi.com
アフリカ民族調査、文化人類学の米山俊直氏死去
2006/03 【日本語記事】 読売

2006/03  米山俊直(よねやま・としなお)氏 2006年3月9日没 享年75才




 以上、 →2005〜2006年の記事でした


→ 「文化人類学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー