社会心理学 集団心理:
2012年

ほか「社会心理学 集団心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


社会的好みは実験の順序によって変わる
2012/12 The endogenous nature of the measurement of social preferences
2012/12 LiveScience People May Be Stingier Than Thought
人々は思ったよりケチンボかもしれません
 経済的なゲームで人々は他の人に寄付するが、それは寛容だからではなく、彼らのペイオフを最大化する方法を知らないだけなのだ

2012 /12 Scienc e Diederik Stapel 元教授に関する最終報告、社会心理学全体の責を問う
Final Report on Stapel Also Blames Field As a Whole
2012/12 EurekAlert Evolution: Social exclusion leads to cooperation
進化:社会的疎外は協力につながります。
 社会的疎外なる罰の戦略が、協同作用の進化について説明するのを助ける
疑わしげな心、柔軟な精神: 不信用が創造性を高めるとき。
2012/10 Suspicious spirits, flexible minds: when distrust enhances creativity.
公的な条件では不信感が創造性を妨げる
 私的な条件では不信感で創造的になる。
ゴシップの共進化と職場のソーシャルネットワークにおける友情
2012/09 The co-evolution of gossip and friendship in workplace social networks
友情が噂話を生むのか、うわさが友情を育むか?
 職場ではうわさが友情を築く。
 噂話の度が過ぎる人は友人が少ない。
対人距離からの遠近歪みは顔面の社会的判断のための暗黙の視覚的な合図です。
2012/09 Perspective Distortion from Interpersonal Distance Is an Implicit Visual Cue for Social Judgments of Faces
パーソナル・スペースから撮られた写真は信頼ゲーム上の投資を減少させる。信頼性、能力、魅力も低い。
2012/09 【日本語記事】Nature 
社会心理学:寛大さはタイミングの問題
 我々の直観的応答は協力であるらしいが、
 考える時間がもっとある場合には、自己の利益の論理が集団的行動を押さえ込み、より寛容でなくなる
ヒトの行動: 協力的に働く直観
2012/09 Nature Human behaviour: A cooperative instinct
doi:10.1038/489374a
社会心理学: 自発的な寛大さと計算された強欲
2012/09 Nature Spontaneous giving and calculated greed
doi:10.1038/nature11467
2012/09 LiveScience Facebook Friends Carry Huge Influence on Voter Turnout
Facebookの友達は、投票率に多大な影響
Facebookメッセージで34万余の有権者が投票所へ行く。
2012/09 A 61-million-person experiment in social influence and political mobilization
最も影響があるのは親交が深い友だが、友達の友達も重要。
2012/09 【日本語記事】Nature
 選挙運動で実験: 投票日の影響の調査で、親密な付き合いはFacebookでのつながりに勝ることがわかった
社会科学: 背中をつつかれて投票に行く
2012/09 Nature Social science: Poked to vote
doi:10.1038/489212a
社会科学: 社会的影響と政治動員における6,100万人の実験
2012/09 Nature
 A 61-million-person experiment in social influence and political mobilization
doi:10.1038/nature11421
2012/09 EurekAlert Facebook boosts election turnout
2012/09 EurekAlert
 Social psychologists espouse tolerance and diversity -- do they walk the walk?
社会心理学者は寛容と多様性を信奉します--彼らは歩行しますか?
Periodically, someone will make the observation that there is a lack of political diversity among psychological scientists;
だれかが定期的に、心理学的な科学者の中に政治上の多様性の不足があるという観測をするでしょう。
a discussion about what should be done inevitably ensues.
必然的にするべきであることについての議論は続きます。
The notion of a liberal bias is certainly worthy of concern, but we have few of the facts necessary to understand and address the issue.
寛容な偏見の概念は確かに関心にふさわしいのですが、私たちは事実のわずかしか問題を理解して、記述するのに必要にしません。
In a new article, researchers ask several questions in order to gain a clearer picture of the ideological diversity between and within social psychologists.
論文では、研究者は、社会心理学者の間と、そして、社会心理学者の中でイデオロギーの多様性の、より明確な絵を獲得するためにいくつかの質問をします。
2012/09 LiveScience Friends with Benefits? Study Says Attraction Between Friends More of a Burden
友人関係が負担になるとき
異性の友人への魅力は、より頻繁に利益よりも負担です。





めんどくさすぎない程度
2012/08 The "cost of caring" in youths' friendships: considering associations among social perspective taking, co-rumination, and empathetic distress.
若者の友情における「気にかけることのコスト」
  社会的視点の取り、共同反芻、および感情移入の苦悩
(すなわち、友人の見解を推論して、理解する社会的に認識的な能力)
 友情における強い感情移入の苦悩を少女が少年より経験
 強い友情に伴う強い感情移入の苦悩も予測したので、友情を中に入れる社会的視点が、調整トレードオフを持っていた
嘘つきの機転スキルは高め
2008/08 The Creativity of Lying: Divergent Thinking and Ideational Correlates of the Resolution of Social Dilemmas
嘘が上手い人は社会的ジレンマの局面で創造的な解決策を見出すのがうまい

2012/08 Human responses to unfairness with primary rewards and their biological limits
お金の駆け引きする人間は、不公平な申し出を拒絶する傾向があります
人間で静脈の塩水を使用することで適度の、または、厳しい渇きを引き起こして、最後通牒ゲームで水で不公平への応答を調べました。
厳しい渇きさえの誘導にもかかわらず、私たちの対象は不公平な申し出を拒絶しました。
さらに、私たちのデータは個人(価値の客観的な生理的な測定基準でというよりむしろ水の主観的価値で決定しているトレードオフ)に第一の報酬の価値に対してこの公正動機を交換したという一時的な証拠を提供します。
私たちのデータは第一の報酬で値切る間公正に関して人間注意を示しますが、その主観的な私利はこの公正動機を制限するかもしれません。

2012/08 EurekAlert
 Financial incentives 'can undermine motivation and worsen performance'
金銭的誘因は'動機をひそかに害して、性能を悪化させることができます'。
 保健専門家の金銭的誘因(能力給)計画が「動機をひそかに害して、性能を悪化させることができる」と警告します。
 また、彼らは、システムのゲーミングが充満していると言います。
2012/08 EurekAlert Performance pay for physicians may backfire: BMJ editorial
医師のための能率給は裏目に出るかもしれません
2012/08 EurekAlert Friendships promote better farming in developing countries
友情は発展途上国で、より良い農耕を促進します。
 エチオピアの田舎の農業者がどう新しい農耕技術を学んで、それら自身の農場にそれらを採用するか
 ご近所の人から学ぶより、友人から学ぶほうが、強い動機付け要因である
貧しい人々はケチで不親切
2012/08 LiveScience More Altruism Found in Wealthier Neighborhoods
裕福な地域に見つけられる多くの利他主義
低所得地域の人々ははるかに少ない失われた手紙を提供する可能性が高かった。
2012/08 EurekAlert Lost letter experiment suggests wealthy London neighborhoods are 'more altruistic'
不着の手紙実験は、裕福なロンドン近所が'より愛他的であること'を示します。
2012/08 Lost Letter Measure of Variation in Altruistic Behaviour in 20 Neighbourhoods
2012/08 EurekAlert
 Strangers on a bus: Study reveals lengths commuters go to avoid each other
バスの上の見知らぬ人: 長距離通勤者がお互いを避けに行く
 あなたはバスの上にいます、そして、唯一の無料の席の1つがあなたの横にあります。
 どのように、およびなぜかがします。あなたは、別の乗客がそこに座るのを止めますか?
 新しい研究は通勤者がお互いを避けるのに使用する戦術を明らかにして、習慣は'非社会的な遷移挙動'を記述します。
2012/08 LiveScience Strangers on a Bus: Why Fellow Travelers Avoid Interaction
最後通牒ゲーム、アメリカンドリームで緩和される不平等感
2012/07 A pinch of opportunity makes deep inequality more palatable
ひとつまみの機会で、深い不平等は、よりおいしくなります。
 意志決定と人々の公正さの認知でそれがどう影響を及ぼされたか
 まさしく機会の小さいヒントには、不公平を不都合な人々にとって、より許容できるようにして、不均衡に強力な効果があります

2012/06 Responding to unfair offers made by a friend: neuroelectrical activity changes in the anterior medial prefrontal cortex.
相手が友人なら、不公平な申し出にも応じます
  neuroelectrical活動は前方の内側前頭前皮質で変化します。
2012/06 Suffering makes you egoist: acute pain increases acceptance rates and reduces fairness during a bilateral ultimatum game.
苦しみはあなたをエゴイストにします
 激痛は、双方の最後通牒ゲームの間において許容度を広げ、公正さを減少させます。

苦労して稼いだ金と、あぶく銭
2012/06 Exploring the Effects of Working for Endowments on Behaviour in Standard Economic Games
独裁者ゲームでは影響しないが,公共財ゲームの場合は苦労して稼いだ金群の協力が減る。
ビッグ・ブラザーのポスターで作業が丁寧になる
2012/06 Images of Eyes Enhance Investments in a Real-Life Public Good
目の画像がバス停におけるごみ収集/分別の行動に与える影響
 ごみ収集行動の発生頻度には影響がなかったが、個々の収集時間は増加。
2012/05 EurekAlert When equality loses
平等が損をするとき
 チームやグループの中の平等が重要であると信じる私たちの傾向にもかかわらず、
 仲間内の階層構造が、グループ内の闘争を減らし高生産性につながる
 皆がハイパワーを持っているチームは諍いが多く、役割分担もいまいちで、より少ないコーディネート、統合、およびパワーと状態の、より広い分配で組になるより不十分な生産性を経験しそうです。
2012/03 山岸教授退職記念特別講演会 「ヒトと人の間~進化・文化・制度」 - Togetter
2012/03 山岸俊男教授退職記念講演会@竹橋
船頭多くして船山に登る?
2012/03 2 heads are not always better than 1
2つのヘッドが1よりいつも良いというわけではありません。
 共同作業で行う重要な決定
「他の誰かと共に働くことによって判断をする人々は、より自信があります。」

社会科学:おどしか、すかしか?
2012/03 Nature Social science: Carrot or stick?
doi:10.1038/483039a
報酬と罰は、協力行動を惹起できますが、実行するには高価くつく。
サークル活動への参加が任意であるときに、非協力的なふるまいを罰するのが、より安い方法である


 以上、 →2012年の記事でした


→ 「社会心理学 集団心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー