統合失調症:
2012年

ほか「統合失調症」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


精神病初回エピソードの有病率は地域の絶対的剥奪の程度,人口密度,収入の不平等と相関 ロンドン東部での調査
2012/12 EurekAlert Schizophrenia linked to social inequality
社会的不公平にリンクされた統合失調症
 都市部における統合失調症発症率の高さ
 近所の増加する剥奪、増加する人口密度、および不平等の増加の結果と考えることができます
統合失調症の発症率に社会的格差の影響を見た
2012/12 EurekAlert
 In schizophrenia patients, auditory cues sound bigger problems
統合失調症患者では、聴力手がかりは、より大きい問題を鳴らします。
 統合失調症患者において、シンプルな聴力トーンの神経処理不具合は脳の広い帯状の領域にわたる情報処理機能不全に発展しうる
2012/11 EurekAlert
 Could poor sleep contribute to symptoms of schizophrenia?
睡眠不足と統合失調症
 不規則な睡眠の型と反連動している脳活動が病気の兆候のいくつかの引き金となることができた
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 統合失調症ではノンレム睡眠時に海馬-前頭皮質同調障害が生じうる
2012/11 EurekAlert 
  Schizophrenia genetic networks identified; Connection to autism found
特定された統合失調症遺伝的ネットワーク。見つけられた自閉症との接続
2012/10 EurekAlert Study: Use of antipsychotic drugs improves life expectancy for individuals with schizophrenia
抗精神病薬の使用は統合失調症患者で平均余命を改良します。

2012/10 EurekAlert Inflammation and cognition in schizophrenia
統合失調症における炎症と認識力
 統合失調症の生態に、免疫があって扇動的のメカニズムが重要であるという増加している数の手がかりがあります。
 統合失調症に関連している頭脳の機能変更のときにインターロイキン-1Bの遺伝子(IL1B)の衝撃について調査

統合失調症とクリエイティビティ
2012/10 EurekAlert Link between creativity and mental illness confirmed
 創造的な職業における人々はしばしば一般住民より精神病の治療を必要とする
2012/10 LiveScience Creativity Linked to Mental Illness, Study Confirms
2012/10 BBC News Creativity 'closely entwined with mental illness'
2012/10 Mental illness, suicide and creativity: 40-Year prospective total population study
 統合失調症や双極性障害とクリエイティビティ(科学や芸術に関する職業)
2012/10 EurekAlert A gene implicated in schizophrenia risk is also associated with risk for cannabis dependence
統合失調症のリスクに関係した遺伝子も大麻依存のためのリスクに関連しています。
 タンパク質は、シナプスの開発と機能でこの遺伝子、NRG1、ErbB4受容体のためのコードであることを含意しました。
2012/10 EurekAlert Does immune dysfunction contribute to schizophrenia?
免疫機能障害は統合失調症に貢献しますか?
 主要組織適合複合体と呼ばれる免疫のシステム機能にかかわるゲノムの領域が遺伝子の敏感さにかかわる
2012/10 【日本語記事】BioToday 
統合失調症でよく突然変異する4つの遺伝子が新たに見つかった

2012/10 EurekAlert
 Rare genetic disorder points to molecules that may play role in schizophrenia
まれな遺伝病は統合失調症における役割を果たすかもしれない分子を示します。
 統合失調症における役割を果たすかもしれない分子経路を特定
 22q11削除シンドロームとして知られている遺伝病の約30パーセントは統合失調症を発生します
 Serca2





2012/09 Response randomization of one- and two-person rock–paper–scissors games in individuals with schizophrenia
統合失調症の人はじゃんけんで出す手がランダムでない。
2012/09 読売新聞 統合失調症に関わる遺伝子解明
 滋賀県立成人病センター研究所の谷垣健二専門研究員たち
 22番染色体にわずかな欠損があるタイプ
 「ブレタゼニル」と「SL651498」という物質を投与したところ、精神症状が治まった。
 欠けた遺伝子のうち、COMT遺伝子を脳に導入したところ、精神症状も治まった。
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 統合失調症患者の約4割が背外側前頭前皮質炎症経路の変化を示した
2012/09 Holding blame at bay? ‘Gene talk’ in family members’ accounts of schizophrenia aetiology
統合失調症患者がいる家族が遺伝子について語ったとしても、特に母親は責任を感じる。
2012/09 【日本語記事】京都新聞 統合失調症、脳神経の一部に異常 京大グループ特定
 「前頭葉」に伸びている神経の束「神経線維」は細く、神経が結合する部分の大脳皮質が薄くなっていた。
 情報伝達がうまくいかず、その結果として、情報を受け取る皮質の厚みも薄くなった可能性

2012/08 EurekAlert With a little training, signs of schizophrenia are averted
少しのトレーニングで、統合失調症の兆候は逸らされます。

2012/08 Poor Nutrition at Age 3 and Schizotypal Personality at Age 23: The Mediating Role of Age 11 Cognitive Functioning
3歳で栄養失調→11歳で認知機能低め→23歳時点で統合失調型人格特性が高め。
2012/07 Creative Thinking Deficits in Patients With Schizophrenia: Neurocognitive Correlates
統合失調症がある入院患者においては創造的思考が乏しい:神経認知学的相関

2012/07 産経新聞 世界初、統合失調症の貼り薬 大日本住友と日東電工が本格試験へ
20年から経口タイプで販売している統合失調症薬「ロナセン」に貼り薬を加える。

2012/07 EurekAlert
 Johns Hopkins researchers link 2 biological risk factors for schizophrenia
統合失調症のために2つの生物学的危険因子をリンクします。
2012/07 【日本語記事】BioToday 
DISC1変異はD-セリン欠乏を介して統合失調症様症状を誘発しうる
endophenotypes
2012/07 EurekAlert Using biomarkers to identify and treat schizophrenia
統合失調症の診断と治療に生体標識を使用します。
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 統合失調症や双極性障害の親や兄弟姉妹を持つ人は自閉症リスク高い
2012/07 Family History of Schizophrenia and Bipolar Disorder as Risk Factors for Autism
Arch Gen Psychiatry. 2012;():1-5. doi:10.1001/archgenpsychiatry.2012.730
2012/07 EurekAlert Common factors suggested in study of autism spectrum disorders, schizophrenia, bipolar disorder
2012/07 EurekAlert Autism, schizophrenia and bipolar disorder may share common underlying factors, study suggests
2012/07 EurekAlert Mount Sinai finds common factors in autism spectrum disorders, schizophrenia, and bipolar disorder
2012/06 【日本語記事】MT Pro
 ゲームで統合失調症の認知機能が改善,「認知矯正療法」に期待高まる
国立精神・神経医療研究センター・中込和幸氏に聞く
2012/06 Temperament and character personality profile in relation to suicide attempts in patients with schizophrenia
統合失調症がある自殺未遂入院患者と関連したテンペラメントとキャラクタパーソナリティ・プロフィール
http://dx.doi.org/10.1016/j.comppsych.2012.04.007
2012/05 【日本語記事】MT Pro
 低知能と統合失調症は共通の遺伝要因で規定されているのか?
双生児と兄弟ペアを含むスウェーデンの地域住民コホートの縦断研究
2012/05 EurekAlert
 Researchers identify key genes and prototype predictive test for schizophrenia
研究者は統合失調症のための主要な遺伝子と原型予測試験を特定します。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 ベンゾジアゼピン使用が統合失調症患者の死亡に大いに寄与しうる
2012/05 EurekAlert Psychiatric medication effects on brain structure
脳構造への向精神薬物療法効果
 慢性の抗精神病薬治療が脳の構造的な改造に通じるかもしれないとますます認められます。
統合失調症と精神病の処理に使用される抗精神病薬は、皮質灰白質損失入院患者に貢献するかもしれませんが、双極性障害とマニアの処理に使用されるリチウムは、灰白質入院患者を保存するかもしれません。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 統合失調症の抗精神病薬維持治療で再発リスクが低下する/メタ解析

2012/05 EurekAlert Evidence of familial vulnerability for epilepsy and psychosis
てんかんと精神病のための家族の脆弱性に関する証拠
 2つの異状が異なるように見えるかもしれませんが、てんかんと精神病は関連しています。
 てんかんに伴う個人は統合失調症をより持っていそうです
 てんかんに関する家系は精神病のための危険因子です。
2012/04 EurekAlert Research links childhood trauma to schizophrenia
小児期の精神的ショックと統合失調症
 激しいトラウマを経験した子供、晩年に統合失調症を発症する率が3倍
よく眠れば回復する
2012/04 LiveScience Better Sleep May Help Improve Schizophrenia
睡眠障害と統合失調症は密接に絡み合うことができます。
2012/03 EurekAlert Epigenetic changes in blood samples may point to schizophrenia
血液サンプルにおける後成的変化は統合失調症を示すかもしれません。
2012/03 EurekAlert  Genetic risk and stressful early infancy join to increase risk for schizophrenia
遺伝的危険率とストレスが多い早期乳児期は、統合失調症のために危険を増加させるように接合します。
 異常な脳の発達のために自然と養育の両方がどう人のリスクに影響できるかを理解しているほうがよい
2012/03 EurekAlert Smokers could be more prone to schizophrenia
喫煙家は統合失調症により傾向があるかもしれません。
 喫煙は統合失調症リスクの遺伝子の衝撃を変更します。
 煙が多ければ多いほど、衝撃は、より強いです。

2012/03 EurekAlert  Children at risk for schizophrenia show disordered brain networks Wayne State finds
統合失調症発症のリスクのある子は、紊乱している脳のネットワークを見せています。
 精神病の親の子に、統合失調症で脳のネットワーク機能の発達上の違いを発見
2012/03 【日本語記事】BioToday 統合失調症の親の子を特徴付ける脳領域相互作用異常が見つかった
2012/03 【日本語記事】BioToday 自己表現を促す芸術療法で統合失調症改善せず/無作為化試験
2012/02 EurekAlert Study challenges guidelines on art therapy for people with schizophrenia
2012/02 EurekAlert Restoring reality: Training improves brain activation and behavior in schizophrenia
現実を回復します: トレーニングは統合失調症で脳の活性と振舞いを改良します。
 特定のタイプのコンピューター認知トレーニングが統合失調症で個人で顕著な神経の、そして、行動の改良につながる
2012/02 Schizophrenia patients' ability to monitor reality may be helped by computerized training
現実をモニターする統合失調症患者の能力はコンピューター化しているトレーニングで助けられるかもしれません。

2012/01 EurekAlert In schizophrenia research, a path to the brain through the nose
統合失調症研究、鼻~脳経路
 病気の経過を直接研究できるような生体脳組織を得ることが困難
 培養された神経幹細胞が精神科疾患メカニズムの研究に役立つかも
 しかし、どこで、それらの細胞をゲットする?
 嗅覚の粘膜は「成人性」幹細胞で新しい感覚ニューロンを絶えず作り直しているから、これが使えそうだ
2012/01 EurekAlert Brain activity linked to delusion-like experience in CAMH study
妄想のような経験にリンクされた脳活動
 統合失調症患者は簡潔で、温和なフォームの妄想的な考えを引き起こすテストの間、より大きい脳活動を示しました。
 この効果は統合失調症なしの比較群では見られませんでした。
2012/01 EurekAlert Schizophrenia diagnosis associated with progressive brain changes among adolescents
未成年における統合失調症の診断と進行性の脳変化
 統合失調症などの精神病と診断された若者にみられる前頭葉灰白質量の減少と脳脊髄液の増加

 以上、 →2012年の記事でした


→ 「統合失調症」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー