動物行動学 動物の心:
2013年4〜6月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2013/06 EurekAlert Caterpillars attracted to plant SOS
喰われて空中に遭難信号を放つ植物は、かえってもっと多くの敵を引きよせるかもしれません
 SOSに引きよせられたイモムシ
2013/06 EurekAlert Social network size predicts social cognitive skills in primates
ソーシャルネットワークサイズは霊長類における社会的な認知技術を予測します。
2013/06 EurekAlert Social animals have more social smarts
社会性動物には、より社会的な知恵があります。
 集団規模が大きい種のキツネザルは、他者に隠れて食物を盗むのが上手
2013/06 news@nature.com Buddies help monkeys to survive tough times
多くの友人がいるバーバリーマカク属の猿はそれほど社交的でない人より天災を生き続けそうです。
2013/06 BBC News Study confirms social brain theory
2013/06 LiveScience Social Lemurs Have More 'Street Smarts,' Study Finds
2013/06 EurekAlert Social networks shape monkey 'culture' too
ソーシャルネットワークは猿'文化'も形成します。 リスザル
2013/06 ABC@オーストラリア Panoramic snapshots help ants find home
 アリは何mも離れたところから、一度も行ったことがない領域でさえ、巣に戻る方法を見つけることができます。
2013/06 EurekAlert Making a beeline for the nectar
花芯の印がセンターにハチを向ける印ほど重要でない
2013/06 National Geographic For Some Arctic Birds, Time of Day Is Irrelevant
 太陽が決して沈まないとき、北極鳥の4つの種の生物学的サイクルの時計は狂うようになります。
grey mouse lemur
2013/06 EurekAlert Personality test finds some mouse lemurs shy, others bold
 個体によっては内気、個体によっては傍若無人なキツネザル
ハキリアリ
2013/06 EurekAlert Researchers unearth bioenergy potential in leaf-cutter ant communities
 新たにカット植物の材料を使用することで菌類とバクテリアの盛んな共同体を耕作します。
2013/06 毎日新聞 マウス:絵の違い判別 画風違う2作品、確率8割
2013/06 Science ショウジョウバエでは2つのパラレルな神経経路がCO2の忌避行動を仲介する
2013/06 BBC News Cheetah acceleration key to success
 チーターの動きのスゴさは、最高速度ではなく、急速な加・減速度にあり
2013/06 ABC@オーストラリア Speed and braking make cheetahs a champion
2013/06 National Geographic チーターの狩猟能力、速度より加速力
2013/06 National Geographic A Cheetah Can Get You Without Hitting Top Speed
2013/06 Nature 野生の走り:GPS追跡によって明らかになったチーターの優れた狩猟能力の秘密
2013/06 毎日新聞 チーター:一またぎで秒速3m加速…狩猟能力の秘密解明
2013/06 news@nature.com Speed test for wild cheetahs
doi: 10.1038/498150a
最新式の追跡装置によって、チーターの驚くべき敏捷性が明らかに。
生体力学: 野生チーターの狩猟の移動運動力学
2013/06 Nature Locomotion dynamics of hunting in wild cheetahs
doi:10.1038/nature12295
カリブ海におけるロブスターの幼生分散
2013/06 EurekAlert 'Tailing' spiny lobster larvae to protect them
2013/06 EurekAlert Harbor porpoises can thank their worst enemy, the killer whale for their success
ネズミイルカの繁栄はシャチ様のおかげ





2013/06 EurekAlert Fraternal singing in zebra finches
鳴鳥の鳴き声は、通常、模倣学習で1世代から次まで伝えられて、人間の話言葉の獲得と同様であると考えられます。
  歌は大人のモデルからしばしば学習されますが、兄弟の中に活発な音声学習に関する何らかの証拠があります。
アカウミガメは視覚を用いて軽食用のクラゲを見つける
2013/06 EurekAlert Turtles watch for, snack on gelatinous prey while swimming
アカウミガメは、軽食用のクラゲを見つけるのに視覚的な合図を使用します。
 東京大学、楢崎友子 PLOS ONE
2013/06 EurekAlert 'Seeing' and communication: Electric fish style
電気魚スタイルのコミュニケーション
2013/06 LiveScience In Monkey Brain, Seeing Human Parallels
 研究は、進化へのヒントが社会生活能力であることを明らかにします。
 猿脳で 人間の類似を見る
2013/05 news@nature.com Babies learn to babble like birds learn to sing
赤ん坊は、鳥が、歌うことを学ぶように、ペチャクチャしゃべることを学びます。
 研究は生まれながらの声の能力の理論に挑戦します。
神経科学: 鳴禽類とヒト乳幼児における音節組み合わせ能力の段階的獲得
2013/06 Nature Stepwise acquisition of vocal combinatorial capacity in songbirds and human infants
doi:10.1038/nature12173
行動生態学: 収穫アリコロニーで見られる集団制御による採餌活動の抑制がもたらす報酬
2013/06 Nature The rewards of restraint in the collective regulation of foraging by harvester ant colonies
doi:10.1038/nature12137
2013/06 朝日新聞 マウス、チュウ象画の画風を認識 米科学誌に発表
 画家の画風を認識する能力がある:慶応大の渡辺茂名誉教授
2013/06 news@nature.com ラットは上を目指す
 齧歯類の両眼の協調
 自由行動中のラットは、両眼の視野が頭上で常にオーバーラップするように眼球を動かしているが、両眼が常に連動しているわけではない
神経科学: ラットは両眼視野の持続的融合を犠牲にして頭上の視野を維持する
2013/06 Nature Rats maintain an overhead binocular field at the expense of constant fusion
doi:10.1038/nature12153
2013/06 EurekAlert By trying it all, predatory sea slug learns what not to eat
簡単な神経系の一種の捕食性のウミウシ類には以前に思われるより複雑な認識力がある
2013/06 LiveScience Cool Video: Sea Slug Dance Reveals Primitive Learning
2013/06 EurekAlert Magpies take decisions faster when humans look at them
カササギは、人間や捕食者に直接見つめられると「より速く、思考する」っぽい
カツオドリはお互いのプレートを食べません。
2013/06 EurekAlert Gannets don't eat off each other's plates
カツオドリの居留地は、広大な排他的漁獲エリア主張します が、 ライバルの居留地からそれらの領土を防御するようなことを何もしません
2013/06 EurekAlert How similar are the gestures of apes and human infants? More than you might suspect
雌のチンパンジー、ボノボ、および人間の幼児でジェスチャーを比較
 心理学者が、3つの種の中で顕著な類似性を見つけました
2013/06 LiveScience Pick Me Up! Apes and Human Babies Use Similar Gestures
 発達過程の類似性は、ジェスチャーが言語進化で重要な役割を果たしたと示唆します。
2013/06 EurekAlert Social networks could help prevent disease outbreaks in endangered chimpanzees
野生のチンパンジーのソーシャルネットワークを分析
 ソーシャルネットワークは、絶滅の危機に瀕しているチンパンジーの病気の発生を防ぐのを助けるかもしれません。
2013/06 EurekAlert Chimpanzees have 5 universal personality dimensions
チンパンジーには、5つの普遍的な個性の特質があります。
 感化/「非-信頼性」、支配、開放性、外向性、同調性、それと 几帳面さ
2013/05 毎日新聞 サル:群れが大きいと「まばたき」増える 情報伝達か
2013/05 Science 個体の追跡から空間的な拘束の強さがアリの社会組織の重要な調節因子であることが示された
2013/05 EurekAlert Going home
亀に分子ツールを使用
  異なった島からのメスには異なった免疫遺伝子がある
  家に帰って、繁殖するのが寄生体抵抗における利点にリンクされる
2013/05 EurekAlert Why animals compare the present with the past
動物が過去と現在を比べる理由
 そのような比較が進化上の利点を個人に与えることができる
2013/05 EurekAlert Team finds gene that helps honey bees find flowers (and get back home)
ミツバチが花を見つけて家に帰るのを助ける遺伝子
2013/05 EurekAlert Apes get emotional over games of chance
サルは機会のゲームに関して感情的になります。
 人間のように、チンパンジーとボノボは、危険負担戦略がうまく行かないとき、怒って口をとがらすか、またはかんしゃくを起こすことによって、彼らの決定の結果への感情的な反応を示します
2013/05 BBC News Apes are emotional about choices
2013/05 LiveScience Apes Have Temper Tantrums, Too
2013/05 news@nature.com Long-lived insects raise prime riddle
北米東部で17年ゼミが大量発生し、その謎の解明に、研究者たちが意気込みを。
doi: 10.1038/497545a
2013/05 LiveScience Smart Spiders Learn Best Way to Snag Prey
賢いクモは犠牲を引っかける最も良い方法を学びます。
鳥の巣を乗っ取るハチの警告
2013/05 EurekAlert Bees tell birds to buzz off
ハチは、急いで去るように鳥に言います。
2013/05 EurekAlert Rats have a double view of the world
ネズミには、二重世界観があります。
  齧歯動物はそれぞれ反対の方向に彼らの目を動かして、その結果、いつもそれらの上の領空を見守ります。
2013/05 LiveScience Googly Eyes Help Rats Watch for Birds
2013/05 Science 動物は未来を想像できるか:新たなデータをめぐる議論
2013/05 EurekAlert Scientists offer first definitive proof of bacteria-feeding behavior in green algae
バクテリアを消費する緑藻のイメージ
2013/05 EurekAlert Bittersweet: Bait-averse cockroaches shudder at sugar
2013/05 BBC News Cockroaches evolving to evade traps
2013/05 ABC@オーストラリア Cockroaches join sugar-free craze
2013/05 47news ゴキブリ“甘い物嫌い”に進化 駆除剤避け生き延びる
2013/05 LiveScience Yikes! Cockroaches Evolved to Avoid Sugary Baits
2013/05 スラッシュドット ジャパン 十分に進化したゴキブリはゴキブリ駆除用品に騙されない
2013/05 読売新聞 「甘くないぞ」…ゴキブリ、生存戦略で味覚変化
2013/05 毎日新聞 ゴキブリ:駆除剤食べぬ種出現 「甘い物嫌い」に進化
2013/05 EurekAlert Ants and carnivorous plants conspire for mutualistic feeding
食虫植物は、蚊の幼虫が栄養物を盗むのを防ぐためにアリとタッグを組む
2013/05 National Geographic Carnivorous Plant Keeps House With Ants
2013/05 National Geographic 食虫植物と共生するボルネオのアリ
2013/05 【日本語ブログ】どうして食虫植物がエサとなるはずのアリと共生できるのか? 研究者が謎を解明
2013/05 朝日新聞 魚に「利き鼻」あった 脳内の新生細胞、左右決める
 日仏の研究チームがゼブラフィッシュを使った実験で突き止めた
鳥のプレイリストは精神的な長所と短所を示すかもしれません。
2013/05 EurekAlert Bird's playlist could signal mental strengths and weaknesses
最も大きいプレイリストを持っているのに雄鳴鳥が房で最も賢くならない
2013/05 AFP 毒ヘビの黒い模様、超微細ナノ構造で光吸収 独研究
2013/05 BioToday 有酸素運動に伴う気分高揚をヒト同様にイヌも感じうる
2013/05 EurekAlert Evolution shapes new rules for ant behavior, Stanford research finds
アリ行動の新しい規則を形成する進化
2013/05 【日本語ブログ】進化はアリの行動様式に新しいルールを与える、スタンフォード大
2013/05 【日本語記事】National Geographic 他種を“家族”に受け入れる動物たち
2013/05 EurekAlert Using earthquake sensors to track endangered whales
海洋学者は、海底地震計によって記録された30万以上のナガスクジラコールを分析して、北西太平洋沖で150以上のナガスクジラ道を特定させました。
哺乳類の中でも新生児期に脳が大きいのはアザラシ。誕生時点ですでに大人期の70%の大きさ。
2013/04 Brain size in neonatal and adult Weddell seals: Costs and consequences of having a large brain
 新生児と成体のウェッデルシールで脳の体積(brM)と頭蓋の容量(CC)を測定
  新生児のウェッデルシールには、大人の70%のbrMがありました。
2013/05 EurekAlert Genes define the interaction of social amoeba and bacteria
遺伝子は社会性アメーバとバクテリアの相互作用を定義します。
2013/05 朝日新聞 イルカの知能探れ 世界初、超音波とらえるパネル開発中
 長崎県佐世保市の九十九島水族館「海きらら」
 世界初の「音響タッチパネル」
ガのずば抜けた聴力
2013/05 news@nature.com Moth smashes ultrasound hearing records
2013/05 EurekAlert Researchers discover world's most extreme hearing animal
2013/05 BBC News Wax moth can sense highest frequency
2013/05 LiveScience Moth with Ultrasonic Hearing Discovered
2013/05 【日本語ブログ】ハチノスツヅリガの可聴域の上限は300kHz、動物界で最高の聴力の持ち主の発見
仲間の声を聞き分けるコウモリ
2013/05 EurekAlert Do bats know voices of friends they hang out with?
においの感覚の連動している使用(かぐ)と接触(彼らのほおひげを通した)でネズミが環境の高速「スナップ」を作成する
2013/05 EurekAlert Rats take high-speed multisensory snapshots
2013/05 Multiple Modes of Phase Locking between Sniffing and Whisking during Active Exploration
 ラットは鼻をクンクンさせる運動とひげをぴくぴくさせる運動を協調できる。
2013/05 【日本語記事】Nature 神経科学: 口と顔の動きを制御する親時計
2013/05 LiveScience Iron Balls in Bird Brains May Sense Magnetic Fields
鳥の脳の鉄のボール の感覚磁場
2013/05 EurekAlert Bats use blood to reshape tongue for feeding
摂食のために血液を使用し舌を造り直す こうもり
2013/05 National Geographic
 Bat's Super-Long Tongue Powered by Blood (With Video)
2013/05 LiveScience Shape-Shifting Bat Tongue Mops Up Nectar
2013/05 LiveScience Tongue Erections Help Bats Sop Up Nectar
2013/05 【日本語記事】National Geographic 花蜜食コウモリの舌は血流で形状が変化
2013/05 読売新聞 スッポンの鼻、犬より繊細?…理研チームが発表
 スッポンは、においを嗅ぎ分けるセンサーの種類が多く、嗅覚の繊細さは脊椎動物でトップ級かもしれない
 スッポンの嗅覚受容体を作る遺伝子の数を調べた結果、1137個
冬眠する霊長類ってけっこういるじゃん
2013/05 EurekAlert Primate hibernation more common than previously thought
2013/05 ABC@オーストラリア Lemurs' long-buried secrets revealed
2013/05 LiveScience Dwarf Lemurs Hibernate Like Bears
2013/05 news@nature.com Tree-loving lemur digs hole in winter
木を大好きなキツネザル、冬に仮住まいは掘られます。
2013/05 【日本語記事】BioToday
 アミン受容体TAAR4欠損マウスは猫の尿臭を忌避しない
ミツバチの解毒遺伝子発現を増加させる物質をはちみつの中に見つけます。
  ハチが食物を製造するために集める蜜と花粉粒のいくつかのコンポーネントが解毒遺伝子の表現を増加させる
2013/05 EurekAlert
  Team finds substances in honey that increase honey bee detox gene expression
2013/04 BBC News Laboratory flies turn to cannibalism
2013/04 ABC@オーストラリア  Jumping dew drops keep cicada wings clean
2013/04 LiveScience ‘Jumping’ Dew Drops Clean Cicada Wings
2013/04 LiveScience Cicada Wings Are Self-Cleaning
2013/04 ABC@オーストラリア Dolphins have a taste for noisy fish
 イルカうんちの分析は、いくつかのイルカが、騒がしい獲物を食べるのを好むと確認します。
2013/04 EurekAlert Bizarre bone worms emit acid to feast on whale skeletons
奇妙な骨の虫ゾンビワームは、クジラの骸骨のごちそうを食べるために酸を放ちます。
2013/04 LiveScience Zombie Worms Drill Whale Bones with Acid
2013/04 EurekAlert Cicadas get a jump on cleaning
2013/04 ScienceDaily Fish Win Fights On Strength of Personality
大きい奴がいつも勝つというわけではない
 魚が食物について争うとき、サイズよりむしろ個性(攻撃性)しだいである
2013/04 Automated cognitive testing of monkeys in social groups yields results comparable to individual laboratory-based testing
社会集団における、猿の自動化された認識的なテストは個々の実験室ベースのテストに匹敵する結果をもたらします。
2013/04 【日本語記事】AFP
 捕食魚コーラルグルーパー、仲間に「サイン」送って獲物を捕獲
2013/04 LiveScience Fish Use ‘Sign Language’ to Help Out Hunting Buddies
郷に入っては郷に従うベルベットモンキー
2013/04 EurekAlert Culture vultures
 新しいグループにわたる成人男子が、すぐに彼らの新しい隣人の社会規範に従った
2013/04 朝日新聞 サルも「郷に入っては郷に従う」 食習慣あっさり変更
2013/04 Science
 野生の霊長類の採食行動は社会的学習の強い影響を受け、決定される
2013/04 LiveScience Everybody's Doing It: Monkeys Eat What Others are Eating
仲間から学ぶことができるクジラ
2013/04 EurekAlert Whales able to learn from others
2013/04 news@nature.com Humans are not the only copycats
人間は唯一の模倣者ではありません。
2013/04 Science ネットワークを基盤とした拡散分析により明らかになったザトウクジラにおけるロブテール採食法の社会的伝達
2013/04 National Geographic
 Do Whales Have Culture? Humpbacks Pass on Behavior
2013/04 【日本語記事】National Geographic ザトウクジラの狩りは“文化”か?
2013/04 LiveScience Humpback Whales Learn Hunting Technique from Peers
2013/04 時事通信 魚捕る新技術、30年間伝承=ザトウクジラ、仲間同士で−米東海岸で・英大学など
2013/04 EurekAlert Decoding touch
脳神経細胞の起動を観測することによってネズミがどんな特定の物によって触れられたかを理解するのが可能である
2013/04 EurekAlert Can the friend of my friend be my enemy?
友人の友人は私の敵であるかもしれませんか?
  だれを助けたらよいか、または捨てたらよいかを決める際に人間が複雑な社会的な状況に続くことができるのに従って、動物が社会的な構成を判断する際に同じレベルに関する洗練を使用すると判明
2013/04 LiveScience What Makes Guppies Jump? | Video
2013/04 【日本語記事】ワイアードビジョン
 ヒトと(ほとんど)同じように話すサル
 ゲラダヒヒは、唇を鳴らし て人間の声と似た音をつくり出すことができる。
国際研究は、象がどのように世界を'見るか'を明らかにします。
2013/04 EurekAlert New Think Elephants International research reveals how elephants 'see' the world
2013/04 LiveScience Ants 'Use Math' to Find Fastest Route
アリと数学と合理性
2013/04 ABC@オーストラリア Reef sharks dive by the moon
 月と水温は灰色の暗礁鮫のダイビングのふるまいに影響します。
2013/04 Science コウモリとラットでは空間記憶を表象する嗅内皮質のシータ律動の神経同期の様相が異なる
2013/04 EurekAlert Neural activity in bats measured in-flight
立体でナビゲートしたように、バットの脳の場所細胞の活動を測定し
2013/04 Science コウモリの海馬における3D空間情報処理機構の解明
2013/04 LiveScience Drunk Fruit Flies! Lots of Animals Self-Medicate
 酔っぱらっているショウジョウバエ! 多くの動物が自己に医療を施しています。
2013/04 news@nature.com Tracking whole colonies shows ants make career moves
全体の居留地を追跡するのは、アリがキャリア戦略をするのを示しています。
Comprehensive tagging reveals workers switch tasks as they age.
包括的なタグ付けは、年をとるのに応じて労働者がタスクを切り換えるのを明らかにします。
2013/04 news@nature.com How to blackmail your parents for food
  食物のために親を脅迫する方法
  ひな鳥は、危険に身をさらすことによって、食物を強奪します。
2013/04 ABC@オーストラリア Queen bee works hard for the honey
 働きバチより働き者の女王蜂
2013/04 EurekAlert Self-medication in animals much more widespread than believed
動物セルフメディケーションの習慣が以前に思われるよりはるかに広範囲の状態で多いように見えます
2013/04 EurekAlert
 Penn research shows that young children have grammar and chimpanzees don't
幼児には文法があるが、チンパンジーにはない
多雨林の中の植物学者
2013/04 EurekAlert Botanists in the rainforest
チンパンジーは、果物を発見するのに植物の技能を使用します
2013/04 EurekAlert Beavers use their noses to assess their foes
ビーバーは、敵を評価するのに鼻を使用します。
 ビーバーの肛門腺分泌が時代と社会的な地位の情報を含む
2013/04 EurekAlert Birds find ways to avoid raising cuckoos' young
托卵を避けるために人間の近くに巣を造る ツバメ
2013/04 LiveScience Swallows Flock to Humans to Avoid Cuckoos
2013/04 EurekAlert Rare primate's vocal lip-smacks share features of human speech
まれな霊長類の唇音は人間の話言葉の特徴を共有します。
 ゲラダヒヒが好意的な遭遇に使用する声の唇味は、驚異的な類似性を人間の話言葉に持っています
 スピーチのようで、起伏するリズムで交信するのが知られている唯一の人間でない霊長類
 他のサルの呼び出しは、通常1か2つの音節であり、ピッチとボリュームにおけるそれらの急速な変動を欠いています。
2013/04 BBC News Primate 'wobble' gives speech clues
2013/04 EurekAlert No map, no problems for monarchs
オオカバマダラは、(数千マイルも離れた)避寒サイトに届くのに地図なしで飛んで、基本的なオリエンテーションと目印を使用します
2013/04 LiveScience Monkey See Monkey Do: Geladas Mimic Faces
 猿まね:ゲラダヒヒは表情をまねます。
2013/04 【日本語記事】BioToday チンパンジーも内省する
 自分の思考を客観的に把握する”思考の思考(メタ認知)”能力
中間管理職はつらいよ
2013/03 EurekAlert
 Monkey study reveals why middle managers suffer the most stress
中くらいの階層構造のものが最も社会的な圧力を受ける
2013/04 BBC News Monkeys show 'middle manager stress'
2013/04 【日本語ブログ】中間管理職はなぜもっともストレスに晒されるのか? サル研究によって判ったこと
中間管理職
2013/04 National Geographic Why Monkeys in the Middle Are More Stressed
2013/04 【日本語記事】National Geographic サルから学ぶストレス解消法
2013/04 BBC News Day to night camouflage for crabs
 若いツノユウレイガニは捕食者からカモフラージュのために昼夜で外観を変えます。
2013/04 LiveScience Spooky Crabs Darken Camouflage From Day to Night
2013/04 news@nature.com Animal behaviour:Chemically camouflaged fish
  動物行動: 化学的にカモフラージュされた魚
2013/04 LiveScience Fish Uses Chemical Cloaking to Hide from Prey
2013/04 Nature Animal communication: Bees of bigger hives forage better
  動物の意志伝達: より大きい巣のハチは、よりよく食料を集めます。
2013/04 読売新聞 天才チンパンジー、リズムに合わせピアノたたく
 アイ(雌、36歳)
2013/04 【日本語記事】National Geographic 音のリズムを取るチンパンジー
2013/04 【日本語記事】ワイアードビジョン
  「ビートに合わせて踊れるアシカ」の研究:動画
2013/04 LiveScience Dancing Sea Lion Keeps a Beat
仲間を真似学習するハチ
2013/04 LiveScience Surprisingly Simple Logic Explains Amazing Bee Abilities
 一度も見たことがない2つのものを一緒に、関連づけることを学ぶ
2013/04 Science マルハナバチによる花の電場の検知と学習
2013/04 EurekAlert Bumblebees use logic to find the best flowers
 マルハナバチは、最も良い花を見つけるのに論理を使用します。
  なぜ蜜を探すとき、ハチがお互いをコピーして、答えが著しく簡単であるか

 以上、 →2013年4〜6月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー