動物行動学 動物の心:
2013年1〜3月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2013/03 EurekAlert 
By keeping the beat, sea lion sheds new light on animals' movements to sound
2013/03 EurekAlert
 Symbiotic bacteria program daily rhythms in squid using light and chemicals
共生のバクテリアは、イカの中で光と化学物質を使用することで生活のリズムをプログラムします。
2013/03 LiveScience Did You Hear Something? Mice Can Cough, Study Finds
咳き込むネズミ
2013/03 朝日新聞 チンパンジーもリズム刻める テンポに合わせ電子ピアノ
2013/03 EurekAlert
 In solving social dilemmas, vervet monkeys get by with a little patience
 社会的ジレンマを解決する際に、ベルベットモンキーは少しの忍耐をもってなんとかやっていきます。
 ベルベットモンキーは、一緒に働く必要があるとき、何をしたらよいかをお互いに伝えないし、または非協力的な振舞いを罰することもない。
2013/03 EurekAlert Lunar cycle determines hunting behavior of nocturnal gulls
月齢 太陰周期は夜行性のカモメの狩猟行動を決定します。
2013/03 BBC News Sea hares' sticky defence uncovered
ウミウシ
2013/03 EurekAlert Sea hares outsmart peckish lobsters with sticky opaline
2013/03 LiveScience Sea Hare Snots Lobster
ネズミは発声する天賦の才能を示しています。
2013/03 EurekAlert Mice show innate ability to vocalize
人間と鳥は、発声することを学ばなければなりませんが、聴覚障害の雄ネズミがネズミの声を聞くと同じようにメスに対して発声する
2013/03 EurekAlert Archerfish get an eye test
2013/03 EurekAlert
 Risk management in fish: How cichlids prevent their young from being eaten
2013/03 EurekAlert Male lions use ambush hunting strategy
 長い間、狩ることとなると、雄ライオンが女性に依存していると信じられています。
  しかし、新しい証拠は、事実上、雄ライオンがそのものとして非常に成功しているハンターであると示唆します。
2013/03 LiveScience Chimps Trade Tools To Help Out Pals
 チンパンジーは仲間を助けるツールを取り引きします。
  チンパンジイは、仕事を完了させるために作戦を練ることができます…そして、おそらく人間の協力のルーツを明らかに
2013/03 EurekAlert Origins of human teamwork found in chimpanzees
2013/03 LiveScience Male Mice Go From Violent Virgins to Doting Dads
マママウスと子供と同居すると、マウスパパは落ち着きます。
2013/03 EurekAlert Sexually naïve male mice, fathers respond differently to pups
 性的にナイーブな雄ネズミは妊婦を仲間として加えて、同居した男性より新生な子犬によって放たれた化学信号に異なって応じます
2013/03 LiveScience Cock-A-Doodle-Doo! Roosters Really Do Know What Time It Is
2013/03 EurekAlert What do American bullfrogs eat when they're away from home? Practically everything!
ウシガエルは、自分の大きな口に入るならどんな有機体でも食べる
2013/03 EurekAlert Social bees mark dangerous flowers with chemical signals
社会的なハチは化学信号を危険な花に付けます。
  いくつかの社会的なハチ種が、捕食者の存在を検出するとき、それらの群居に接近するとそれらの同種が順番に可能な捕食者への攻撃応答を引き起こす警告する
  また、以前に攻撃されたことがある花をマークするのに化学信号を使用するのを示しました。
2013/03 EurekAlert
 Study questions the role of kinship in mass strandings of pilot whales
 ニュージーランドやオーストラリアでの大規模ストランディングで死んだごんどう鯨
  各出来事に多くの非血縁個体を含んでいました
2013/03 EurekAlert Oh mother, where art thou?
 大規模ストランディングにかかわる個々のヒレナガゴンドウクジラの親族関係について説明するのに遺伝子のデータを使用しました
 拡大家族のメンバーであるというわけではない
2013/03 ABC@オーストラリア Stranding not a family affair for whales
2013/03 【日本語記事】AFP
 クジラの集団座礁、「家族の助け合い」ではなかった 国際研究
2013/03 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 鯨の「集団座礁」は家族を助けるためのものではない
2013/03 EurekAlert Doing business with a parrot
交換実験でボタンインコのセルフ・コントロールを観測
2013/03 【日本語ブログ】オウムとビジネスをする
2013/03 EurekAlert  Whale's streaming baleen tangles to trap food
2013/03 EurekAlert
 Bottlenose dolphin leaders more likely to lead relatives than unrelated individuals
非血縁個体より親類を導きそうなバンドウイルカリーダー
2013/03 EurekAlert Mystery of 'zombie worm' development unveiled
ゾンビ虫'開発の神秘は明らかになりました。
  骨を食べる虫はどのように再生しますか?
  海洋研究開発機構のミヤモトノリオたちによる新しい研究
  「ゾンビ虫」として知られている、Osedax虫の後胚の開発と性的な成熟化の詳細観察でこの質問を解明します。
2013/03 BBC News Whales feed with 'tangled hair net'
 ヒゲクジラののどの中の髪のような構造は罠食物にもつれます。
2013/03 LiveScience Whales Trap Dinner with Mouthful of Swirling Bristles
2013/03 【日本語記事】Nature 神経科学:鳥を歌わせるのは何
 タイミングを正確に計った発声の制御
 HVCニューロンは時間をコードしているのではなく、さえずりについて予測的な「順」感覚運動モデルを実行している
神経科学: さえずりの構成単位
2013/03 Nature  Neuroscience: The units of a song
doi:10.1038/nature11957
神経科学: 基本的ジェスチャー動態はさえずり前運動皮質ニューロンにより符号化される
2013/03 Nature  Elemental gesture dynamics are encoded by song premotor cortical neurons
doi:10.1038/nature11967
2013/03 朝日新聞 ペンギンはやっぱり「クール」 低い体表温度で寒さ防ぐ
2013/03 EurekAlert Prairie dogs disperse when all close kin have disappeared
  いかなる他の種に関しても観測されていない散布の衝撃的なパターン。
2013/03 Science 長年の観察によりプレーリードッグの秘密が明らかに
2013/03 Science
 プレーリードッグ類はすべての近親者がいなくなっても出生地から分散する
2013/03 EurekAlert When food is scarce, a smaller brain will do
食物が不十分なら、小さい脳
  栄養が不良であるときに、若い脳がどう保護されるか
  完全に機能的で、より小さい脳を作り出すための対処戦略
  ハエ幼虫での発見は、信じられないほど融通のきく器官として脳を見せ、発達している人間の脳を理解するために意味を持っているかもしれません
2013/03 EurekAlert Bees get a buzz from caffeine
ハチはカフェイン入り花の蜜から騒音を得ます。
2013/03 Science 花密中に含まれるカフェインは受粉媒介者の報酬記憶を増強する
2013/03 National Geographic Bees Buzzing on Caffeine
2013/03 【日本語記事】National Geographic ミツバチはカフェインで記憶力アップ
2013/03 news@nature.com Insect wings shred bacteria to pieces
昆虫翼はバクテリアを断片に細かく裂きます。
  せみの翼の抗菌'ナノピラー'は細菌細胞膜より引きちぎります。
2013/03 読売新聞 身勝手な人、サルだって嫌い?…餌受け取り敬遠
2013/03 朝日新聞 他人に不親切・不公正な人、サルも嫌う 京大などが実験
 他人に対して不親切だったり、不公正だったりする人物を見ると、サルは自分自身に害が及ばなくてもその人を避ける傾向がある
2013/03 news@nature.com  Monkeys stay away from meanies
2013/03 LiveScience  Monkeys Shun Selfish Others
2013/03 朝日新聞 たばこで巣、狙いはダニ退治 メキシコの大学、鳥調査
 都会の鳥がたばこの吸い殻を巣の材料に使うのは、ダニから身を守るため
ことばの科学: リズムに合わせる
2013/03 Nature  Speech science: Tuned to the rhythm
 舌鼓を打つ猿顔のコンピュータアニメを見たアカゲザルの応答
  顎、舌、および人間の話言葉を特徴付ける唇振動が、リズミカルな霊長類表情から進化した可能性。
doi:10.1038/494434a





2013/02 LiveScience The Odd Reason Some Fish Migrate
一部の魚が渡りをする奇妙な理由
  食べ物や伴侶を見つけることではありません。
2013/03 EurekAlert Fish migrate to safer environments
捕食リスクが低い安全なエリアに渡りをする魚
  スウェーデンのランド大学からの新しい研究
 ウグイの類魚が周囲の流れか沼沢地に湖を出て、動くのを示しています。(そこでは、それらが捕食者から、より安全です)。  
2013/03 news@nature.com  Ecology: Fish migration reduces predation
2013/03 【日本語ブログ】魚は天敵を避けて安全な環境へと移動する
2013/02 LiveScience Nut-Cracking Monkeys Show Humanlike Skills
くるみ割りのサルは人間のようなスキルを示す
  サルとヒトは共通で、このスキルを持っています。
2013/02 毎日新聞 チンパンジー:感情的な刺激への感受性 初めて確認
 京都大と東京大などの研究グループが脳波測定
 仲間の表情を見分け、異常を感じている
2013/02 【日本語記事】National Geographic 仲間の情動に反応するチンパンジー
2013/02 Songbirds' brains coordinate singing with intricate timing
鳴鳥の脳は複雑なタイミングと歌を調整します。
2013/02 EurekAlert Wasp transcriptome creates a buzz
ワーカーには女王よりアクティブなトランスクリプトームがある
 女王か労働者にするゲノムの部分を特定するために本来真社会性のハチのゲノム(トランスクリプトーム)の能動部品を配列
2013/02 BBC News Study finds dolphins mimic calls of social group
イルカのは仲間の呼び出しを模倣する
  イルカは最も近い仲間を追跡する方法として、彼らのそれぞれ異なる笛を模倣する
2013/02 BBC News
 Whipsnade Zoo research shows chimpanzees 'solve puzzles for fun'
知的お楽しみ
 チンパンジー "は楽しみのためにパズルを解く"
  ベッドフォードシャー州の野生動物園での研究
2013/02 EurekAlert The ultimate chimp challenge
2013/02 【日本語記事】BioToday 
 オットセイが半分の脳だけ眠らせているときの神経伝達物質の状態
2013/02 LiveScience How Seals Sleep With Half A Brain
2013/02 【日本語記事】AFP 片側の脳だけ眠るオットセイ、誘発物質特定で不眠治療に光
2013/02 【日本語サイト】社会の維持に不可欠な「働かないアリ」の存在 
 北海道大学大学院農学研究員准教授 長谷川 英祐
2013/02 【日本語ブログ】ショウジョウバエにおいて空腹な状態はCRTCを活性化させ長期記憶の形成を促進する
2013/02 EurekAlert Bees attracted to contrasting colors when looking for nectar
蜜を探すとき色のコントラストに引きよせられたハチ
 対照をなす花色は、青ざめた花の上の有色の静脈のパターンより予備知識があるのでハチに食料を集めさせるのに重要です。
 花の花弁における着色のパターン
2013/02 EurekAlert
 Research shows that coldness triggers northward flight in migrating monarch butterflies
オオカバマダラの渡り、寒気が北向き飛行の引き金となる
2013/02 EurekAlert For monarchs to fly north, first they've got to chill

2013/02 EurekAlert Towards a new moth perfume
新しいガ香水に向かって
 ガの遺伝子における単一突然変異は、完全に新しいにおいを生産できるように示されています。
 害虫駆除のためにフェロモンのオーダーメイドの生産に貢献するかもしれない
2013/02 EurekAlert New study shows how seals sleep with only half their brain at a time
アザラシが一度に半分の彼らの脳で眠る脳内物質のいくつかを特定
2013/02 news@nature.com Bumblebees sense electric fields in flowers
マルハナバチは花に電場を感じます。
Electroreception may help pollinators to guess where others have already fed on nectar.
Electroreceptionは、花粉媒介者が、他のものがどこで既に蜜を食べたかを推測するのを助けるかもしれません。
2013/02 EurekAlert Roots of language in human and bird biology
人間の言語と鳥の生物学のルーツ
エピジェネティクス
2013/02 EurekAlert Epigenetics shapes fate of brain vs. brawn castes in carpenter ants
後生学はオオアリで筋肉カースト制度に対して脳の運命を形成します。
 後成的制御がオオアリの1つのカースト制度、「メジャー」を区別するのに主要である
 居留地の屈強なAmazonsとして、「未成年者」と比べて、彼らの、より小さくて、より賢い姉妹。
 2つのカースト制度が、同じ遺伝子でありながら、しかし、きわだって異なった振舞いを持って、形成されます。
ナワバリから出て行け
2013/02 EurekAlert 'Get off my lawn:' Song sparrows escalate territorial threats – with video
'私の芝生を離れてください'ウタスズメは領土の脅威を徐々に拡大します。
 領土のウタスズメは、進入しているライバルを避けるのにますます険悪な信号を使用します。
 最初に、侵入者の歌に合っている早めの警告、当時の翼の振り--鳥の「鳥をはじき出します」のバージョン--論争が激しくなるので、他のすべての信号が失敗したなら、最終的に、攻撃してください。
2013/02 EurekAlert
 Stanford scientist uncovers the reproductive workings of a harvester ant dynasty
収穫アリ王朝の生殖
 女王アリがどれくらい首尾よく新しい居留地を確立するかを測定しました。
 女王が交配の数10年後にまだ繁殖していたのを明らかにしました。

2013/02 読売新聞 チンパンジー、1から19を順番に記憶…世界初
2013/02 LiveScience Chimps Have Better Short-term Memory Than Humans
いくつかのチンパンジーは迅速少なくとも9の数字の位置を記憶させることができます。
2013/02 LiveScience Chimps Quickly Recall Numbers | Video
2013/02 【日本語記事】National Geographic 海の生物は痛みを感じるか? 議論再燃
2013/02 National Geographic Debate Continues: Did Your Seafood Feel Pain?
2013/02 朝日新聞 まるでネコ! アブラムシに足から着地する能力、確認
 20センチの高さから落としたところ、95%が脚から着地
2013/02 毎日新聞 イカ:「飛行」を連続撮影で確認…北大グループ
 北海道大北方生物圏フィールド科学センターの山本潤助教らのグループ
 空中で加速、ひれなどを翼のように広げてバランスを保つ
 一連の動作は「飛行」に当たる
2013/02 読売新聞 スルメイカの群れ?ジェット推進で海上を滑空
 連続写真の解析で確認
 「漏斗」を用いた海水のジェット推進も、水中と空中の両方で行っていた
2013/02 朝日新聞 イカ、フライ30メートル 滑空生態解明、北大グループ
 外洋性のアカイカかトビイカの子どもとみられ、体長約20センチ
2013/02 【日本語記事】National Geographic 本当にイカは飛ぶ
2013/02 EurekAlert  Magnetic map guides salmon home
海で何年も費やされた後に、帰って来るベニザケ
 磁気地図はどうやら彼らの顕著な方向感覚に原因となります。
2013/02 EurekAlert Salmon may use magnetic field as a navigational aid
2013/02 EurekAlert
 Animal magnetism: First evidence that magnetism helps salmon find home
2013/02 BBC News Sockeye salmon 'sense magnetic field of home'

アリの蛹、状態は聞かれることを意味します。
2013/02 EurekAlert For ant pupae, status means being heard
アリが化学手がかりに加えて音を通して抽象的な情報を伝えることができる
2013/02 EurekAlert Evidence that at least 1 mammal can smell in stereo
ステレオでかぎ出すことができるモグラ
2013/02 朝日新聞 モグラ、左右かぎ分け 鼻ふさぐと迷う 米研究者が実験
 トウブモグラ
2013/02 【日本語記事】National Geographic モグラの鼻、においを立体的に把握
2013/02 National Geographic Moles Smell in Stereo to Find Food, Dodge Predators
2013/02 LiveScience Moles Smell the World from Both Sides
2013/02 EurekAlert
 Research suggests meerkat predator-scanning behaviour is altruistic
捕食者をスキャンするミーアキャット行動は愛他的
 潜在的捕食者を見つけるために、大人のミーアキャットは、しばしばより高く登るか、後足の上に立ちます。
 捕食者が検出されるなら、彼らはグループの残りに警告するといういくつかの異なった警報を使用します。
 個々というよりむしろそれらを捕食者をスキャンする振舞いがグループの利益のためのものである
2013/02 EurekAlert Grooming helps insects keep their senses sharpened
グルーミングは、昆虫が彼らの感覚を鋭くしておくのを助けます。
 昆虫グルーミング(明確に触角の掃除)が昆虫自体によって作り出された環境汚染物質と化学物質の両方を取り除くのを示しています。
 グルーミングが、昆虫が多くの機能に原因となる鋭い嗅覚を維持するのを助ける
2013/02 BBC News Insects groom to improve sense of smell
ゴキブリが臭いの感覚を向上させるために、アンテナをグルーミング
2013/01 EurekAlert This is what a fish thought looks like
 初めて、研究者は、考えが生きている魚の脳を通して「泳ぐこと」を参照できました。
2013/02 【日本語記事】ワイアードビジョン 「魚の思考」をライブで視覚化:動画
2013/02 【日本語記事】National Geographic 脳内の視覚活動をリアルタイムで可視化
熱帯魚ゼブラフィッシュの稚魚が、周囲を動き回るゾウリムシを目で追う時の脳活動の様子をリアルタイムで観察
 国立遺伝学研究所の武藤彩助教、川上浩一教授や埼玉大学脳科学融合研究センターの中井淳一教授ら
2013/01 EurekAlert Leading by the nose: Star-nosed mole reveals how mammals perceive touch, pain
ホシハナモグラは、哺乳動物がどのように接触、痛みを知覚するかを明らかにします
2013/01 EurekAlert Bonobos predisposed to show sensitivity to others
クルリと振り向いても脳に損傷はございませんフクロウ
2013/02 LiveScience Biological Twist: How Owls Spin Heads Around
生物学的なツイスト:フクロウの周りヘッズスピン方法
特殊な血管が致命的な急速なヘッドターンからフクロウを防ぐことができます。
2013/02 LiveScience How Owls Rotate Their Heads 270 Degrees | Video
フクロウは首の血管の損傷や脳への血液供給を遮断することなく、彼らの頭に270度回転する
2013/01 EurekAlert  Owl mystery unravelled: Scientists explain how bird can rotate its head without cutting off blood
2013/02 【日本語記事】AFP フクロウの頸動脈はなぜ切れない?米医学チームが解明
2013/02 毎日新聞 チンパンジー:ストローの使い方、仲間をまねて学ぶ
 京都大霊長類研究所の山本真也特定助教らの研究グループ
2013/02 LiveScience Chimps Learn Tool Use by Watching Others
2013/02 LiveScience
 Chimp See, Chimp Do - Learning Tool Use by Watching Others | Video
2013/01 EurekAlert Chimp see, chimp learn: First evidence for chimps improving tool use techniques by watching others
2013/02 朝日新聞 チンパンジーも技見て盗む 京都大が確認
2013/01 【日本語記事】Nature 遺伝: ヒアリでは社会性染色体が女王の数を支配する
2013/02 Nature 遺伝: ヒアリではY染色体に似た社会性染色体が異なるコロニー構成を生じさせる
 A Y-like social chromosome causes alternative colony organization in fire ants
doi:10.1038/nature11832
2013/01 【日本語記事】Nature
 そっとひとなで:なでられるのが快感となる訳を説明する「マッサージ」ニューロン
2013/01 news@nature.com Mice have 'massage neurons'
ネズミには、'マッサージニューロン'があります。
Nerve cells that detect gentle touch in mice are a hit with cats too.
ネズミに優しい接触を検出する神経細胞は、猫をもってもヒットです。
2013/02 Nature 生理: 有毛皮膚へのマッサージ様ストローキングを検知するC繊維のin vivoでの遺伝学的同定
 Genetic identification of C fibres that detect massage-like stroking of hairy skin in vivo
doi:10.1038/nature11810
2013/02 【日本語記事】BioToday
 マッサージ様の心地よい刺激に反応する皮膚感覚神経が見つかった
2013/02 LiveScience That's the Spot: Massage Neurons Found
2013/01 朝日新聞 アブラムシ、赤ちゃんとおばあちゃんがタッグ 巣を守る
 ヨシノミヤアブラムシ
 巣を守る「兵隊」は、生まれたばかりの幼虫と、繁殖を終えたメス
 虫こぶの開口部分に集まっている
2013/01 EurekAlert Primates too can move in unison
霊長類も一斉に動くことができます。
 日本人の研究者は、初めて霊長類が他のものと共に調和している彼らの身体の動きを変更するのを示しています
 人間がまさしくそうするように。
 人間は無意識に同期に彼らの同輩と共にいる彼らの動きを変更します。
2013/01 LiveScience Monkeys Spontaneously Sync Up Movements
サルは、自発的に運動を同期
ニホンザルの研究は、サルが自分の動きを調整する傾向があることを示しています。
2013/01 朝日新聞 フンコロガシ、天の川が道しるべ 北欧などのチーム発表
2013/01 news@nature.com Animal behaviour:Milky Way shows beetles the light
動物行動: 天の川は甲虫に光を見せています。
2013/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 糞虫は星明かりで方向を知る:研究結果
2013/01 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン フンコロガシは天の川の地図を見る
2013/01 【日本語記事】AFP フンコロガシ、天の川を道しるべにまっすぐ移動 研究

2013/01 EurekAlert
 Pavlov's rats? Rodents trained to link rewards to visual cues
パブロフのネズミ?
 報酬を視覚的な合図にリンクするよう訓練された齧歯動物
 小さいゴーグルで装備されていたネズミの実験
 脳の初期のビジョン処理センターが視覚刺激をリレーするだけではなく、時間間隔を「学ん」で、将来の報酬への明確に調節された期待を作成もできることを学んだ
フンコロガシ
2013/01 EurekAlert Dung beetles use stars for orientation
糞虫はオリエンテーションに星を使用します。
 小さい脳と最小量のコンピューティングパワーがある昆虫はオリエンテーションに天の川を使用すると立証された最初の動物になりました。
2013/01 EurekAlert Dung beetles follow the Milky Way
2013/01 EurekAlert The benefits of social grooming
社会的なグルーミングの利益
 チンパンジーでは、ホルモンオキシトシンを親類と非親類協力パートナーの両方との社会的関係を維持する際に重要な役割を果たしそうである
2013/01 BBC News Chimpanzee co-operation linked to 'social bond' hormone
なぜチンパンジーは友情を形成するか
 無関係なチンパンジーが性的関係なしにお互いに協力した理由
2013/01 BBC News Mouse burrowing 'in their genes'
マウスは "彼らの遺伝子に"穴を掘る
マウスの穴を掘る行動が学習を通じてわずか数遺伝子領域としないことによって駆動され、研究者は言う - 私たち自身の行動の意味を持つ。
2013/01 Nature
 DNA解析で、野生ネズミの巣穴作り行動にかかわる遺伝子が明らかに。
 Behaviour genes unearthed
doi: 10.1038/493284a
2013/01 Nature 進化遺伝学: すみかを作るための遺伝子
 Evolutionary genetics: Genes for home-building
doi:10.1038/493312a
2013/01 Nature 進化: Peromyscus属マウスの複雑な巣穴の進化には別々の遺伝的モジュールが複数関与している
 Discrete genetic modules are responsible for complex burrow evolution in Peromyscus mice
doi:10.1038/nature11816
2013/01 【日本語記事】National Geographic 幼・老アブラムシが共同防衛戦線
2013/01 EurekAlert
 Scientists identify new 'social' chromosome in the red fire ant
アカヒアリの社会的染色体を新たに特定
2013/01 LiveScience Fire Ant Monarchy Ruled by 'Social Chromosome'
"社会染色 'によって支配火災Antの君主
蟻の社会的行動のための最初の知られている遺伝子は、1つまたは多数の女王のコロニーが定められています。
2013/01 【日本語記事】AFP
 アリの社会構造決めるカギは「超遺伝子」にあり、国際研究
バイオロギング
2013/01 LiveScience 'Critter Cam' Reveals Secrets of Penguin Hunts
"クリッターカムは"ペンギンの採餌行動の秘密を明かす
水中カメラはペンギンの南極ダイブの秘密を明らかにしている
2013/01 LiveScience Hunting Behavior of Penguins Revealed | Video
2013/01 BBC News Cameras reveal penguins' efficient hunting techniques
ペンギンは "効率的な"殺し屋
アデリーペンギンの採餌習性のビデオ映像、鳥の効率的な狩りスタイルの親密な詳細を明らかに
 日本の科学者たち
2013/01 朝日新聞 アデリーペンギンはエサ捕り上手 国立極地研が撮影成功
 国立極地研究所の渡辺佑基助教ら
2013/01 EurekAlert Quail really know their camouflage
うずらは本当に彼らのカモフラージュを知っています。
 日本ウズラはカモフラージュ専門家です。
 母親うずらが、それら自身の卵のスポットパターンを「知っ」て、最もよく隠す場所に産む
2013/01 LiveScience Quail Moms Customize Their Egg Camouflage
ウズラのお母さんは彼らの卵迷彩をカスタマイズ
2013/01 National Geographic Hunting for Quail Eggs? Mind Your Steps
2013/01 【日本語記事】National Geographic
 ウズラ、卵の模様ごとに産卵場所を変更
2013/01 news@nature.com
 Animal behaviour:Quail pick nests that best hide eggs
2013/01 EurekAlert 'Shell-shocked' crabs can feel pain
'戦争神経症'のカニは痛みを感じることができます。
2013/01 LiveScience Crabs Really Do Feel Pain: Study
カニは本当に痛みを感じますか
2013/01 朝日新聞 イモムシが育てる美食家
 ヤナギを食べるハムシの群れの好みは、同じヤナギを食べるイモムシやアブラムシの割合で変わる
2013/01 EurekAlert Chimpanzees successfully play the Ultimatum Game
チンパンジーは首尾よく最後通牒ゲームをプレーします。
 チンパンジーには公正さの感覚がある
2013/01 ABC@オーストラリア Chimps possess a sense of 'fairness'
2013/01 BBC News Sharing: Chimp study reveals origins of human fair play
2013/01 LiveScience Chimps Have a Sense of Fairness
チンパンジーは最後通牒ゲームをプレイ
2013/01 LiveScience Chimps Play the Ultimatum Game | Video
2013/01 Nature 動物行動: 年は上だが賢くはない
 Animal behaviour: Older but less wise
doi:10.1038/493167a
2013/01 LiveScience Mysterious Giant Squid Finally Caught on Film
ついに写真に撮られる神秘的なダイオウイカ
悪名とらえどころのない生き物は、その自然の生息地で初めて撮影された。
2013/01 【日本語記事】National Geographic サメの胚、“フリーズ”して身を守る
2013/01 BBC News Shark embryos 'freeze' to evade predators
シャーク胚 "は、捕食者を検出"
胚竹サメは卵のケースで "凍結"を開発し、捕食を逃れるために呼吸が止まる、科学者たちは言う。
2013/01 National Geographic Embryonic Sharks Freeze to Avoid Detection
2013/01 LiveScience Plugged In: Shark Fetuses Detect Predators' Electric Fields
2013/01 EurekAlert
 Banded mongooses structure monosyllabic sounds in a similar way to humans
群れのマングースは人間同様の方法で単音節の音を構造化します。
 単音節の呼び出しさえ人間の話言葉の母音と子音システムに匹敵した状態で構造化されます。
2013/01 LiveScience Mongoose Calls More Humanlike Than Thought
バンデッドマングースはやや音節を形成するために、子音と母音を一緒に入れて、人間のような音の離散的なユニットを組み合わせて、研究者は言う。
2013/01 EurekAlert Scientists use marine robots to detect endangered whales
絶滅の危機に瀕しているクジラを検出するのに海洋ロボットを使用します。
 北大西洋ホッキョククジラ
2013/01 National Geographic
 Sharp-Eared Robots Find Whales—And Help Them Escape Danger
2013/01 LiveScience Underwater Robots Hear 9 Endangered Whales
2013/01 【日本語記事】National Geographic 魚雷型ロボットでクジラを探知
2013/01 EurekAlert Whales' foraging strategies revealed by new technology
新技術で明らかにされたクジラの採餌戦略
 吸着カップで動物に取り付けられたマルチセンサタグ
 詳細に空前の彼らの様々な飼料のテクニックを明らかにしています。
2013/01 EurekAlert Networking ability a family trait in monkeys
ネットワーク能力は猿の一家の特徴です。
 自由な及んでいる猿の軍と彼らの系図の分析の社会的な相互作用における2年間の勤勉な観測
 自然淘汰の兆候が子孫の振舞いに影響しているのがわかりました。
2013/01 EurekAlert
  Nursing gerbils unravel benefit of multiple mothers in collective mammals
アレチネズミの育児は集合的な哺乳動物の複数の母親の利益を解きます。
 グループとして彼らの若者を育てる齧歯動物などの哺乳動物では、幼児は他の女性と同様に彼らの母親から世話されるでしょう。
 エコロジストは、長い間新生児がこれで様々な病気に抗体を備蓄できると考えていますが、実証は現在まで欠けています。

2013/01 【日本語記事】National Geographic こうしてハゼは滝を昇るようになった
2013/01 National Geographic
 How Fish Evolved to Climb Waterfalls With Their Mouths
2013/01 【日本語記事】National Geographic “裏切り者”が生き延びる粘菌の世界
2013/01 National Geographic How "Cheating" Slime Mold Escapes Death
2013/01 EurekAlert Cheating -- and getting away with it
2013/01 EurekAlert They hunt, they kill, they cheat: Single-celled algae shed light on social lives of microbes

2013/01 EurekAlert Cheating slime mold gets the upper hand
キイロタマホコリカビにおける'詐欺師'変異で詐欺師緊張は社交的パートナーを搾取できます
飼育下の動物は野生の同輩よりパズルを解くのが上手
2013/01 EurekAlert Captive hyenas outfox wild relatives
とりこになっているハイエナは野生類縁種を出しぬきます。
 パズルを解決することとなると、監禁状態における動物は彼らの野生の同胞よりよく異なった動物です。
2013/01 EurekAlert How do songbirds sing? In 3D!
鳴鳥は3Dで鳴きます。
2013/01 EurekAlert Songbird sings in 3D
2013/01 LiveScience Secret to Fish's Waterfall-Climbing Ability Found
見つけた魚の滝クライミング能力への秘密
 急な滝を登るハゼが餌の筋肉を使用しています。
2013/01 LiveScience Certain Fish Can Climb Up Waterfalls | Video
2013/01 EurekAlert Waterfall-climbing fish use same mechanism to climb waterfalls and eat algae
滝を上昇させる魚は、滝に登って、藻を食べるのに同じメカニズムを使用します。
2013/01 Science 
 ワニの頭の鱗は発生上の単位ではなく物理的なひび割れにより生じる
Crocodile Head Scales Are Not Developmental Units But Emerge from Physical Cracking

2013/01 EurekAlert
 Food for friendship: Bonobos share with strangers in exchange for company
友情のための食物: ボノボは仲間と引き換えに見知らぬ人と共有します。
 受取人が社会的な相互作用をそれらに提供する場合にだけ、ボノボは、自発的に食物を共有して、見知らぬ人のためにそれら自身の食事を差し控えさえするでしょう、1月2日にデューク大学のJingzhi TanとブライアンHareによって発表された研究に従って。
2013/01 EurekAlert Bonobos will share with strangers before acquaintances
2013/01 EurekAlert
 Dance of water molecules turns fire-colored beetles into antifreeze artists
不凍化たん白質と水の分子との相互作用が寒さに対する保護にかなり貢献する
 甲虫Dendroides canadensisの幼虫が摂氏-30度の温度に耐える


 以上、 →2013年1〜3月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー