免疫、進化疫学、進化医学:
2012年7〜12月

ほか「免疫、進化疫学、進化医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/12 Female facial appearance and health
顔が女性的あるいは魅力的だと過去1年で風邪を発症した回数が少ない
2012/12 【日本語サイト】理研
 自然免疫と獲得免疫の両方を活性化させるがん免疫療法を開発
2012/12 【日本語記事】BioToday ヒトの血液型抗原生成酵素は細菌由来かもしれない
アレルギーを持つ子がいじめられる率
2012/12 EurekAlert Mount Sinai survey shows that nearly 1 in 3 children with food allergies experience bullying
食物アレルギーと診断された子供の約3分の1はいじめられます
 米国の子供のおよそ8パーセントはピーナッツ、ナッツ、ミルク、卵、貝などの食物にアレルギーです。
2012/12 【日本語記事】MT Pro 
 小児の食物アレルギーといじめの実態,3人に1人が経験/親が把握は2人に1人,米研究
2012/12 EurekAlert U of T Researchers uncover major source of evolutionary differences among species
種の中で進化的差異の主な供給源を発見します。
 人間がなぜ他の種で見つけられなかった病気に影響されやすいか
 人間と他の脊椎動物の基本的な違いの遺伝的な根拠
2012/12 EurekAlert
 Host cholesterol secretion likely to influence gut microbiota
食事で引き起こされたコレステロール代謝における変化が腸管内菌叢を変更できる

2012/12 EurekAlert Changes in the gut bacteria protect against stroke
腸バクテリアにおける変化は卒中から守ります。
 人間の腸内細菌叢変化が徴候的なアテローム性動脈硬化症とストロークに関連している
2012/12 EurekAlert OU study suggests the bacterial ecology that lives on humans has changed in the last 100 years
人間で生活するバクテリアの生態系が、ここ100年間で変化した
 古代人microbiomesを理解するのに古代のDNAを使用できる
 古代人からの細菌叢には、人の健康への最近の変化を理解するための広い達している意味があります
 どんな善玉菌が私たちの抗生物質と無菌習慣の現在の豊富な使用の結果、失われたかもしれないなどのように。
2012/12 EurekAlert
 The aging immune system is more functional than previously believed
高齢期の免疫システムは意外と機能的です。
 T細胞として知られている専門化している種類の免疫体、高齢期にも機能を保有する
 そして、若い人からのT細胞と同じ活力に従ったウイルス感染力にこたえることができます。
 加齢につれて免疫が悪化するので、高齢者の感染リスクが悪化するのだと一般に信じられているとき、これは貴重な調査結果です。

2012/12 【日本語記事】BioToday 
 個々人に固有の微生物株が簡単に他と入れ替わることはなさそうだ

2012/12 EurekAlert
 Steroid hormone receptor prefers working alone to shut off immune system genes
糖質コルチコイド・ホルモンがどう主要な免疫システムの遺伝子を止めるかを示している詳細な分子絵
細胞: フコースの感知は細菌の腸内定着を調節する
2012/12 Nature Fucose sensing regulates bacterial intestinal colonization
doi:10.1038/nature11623
2012/12 BBC News What Ebola virus means for primate populations
エボラウイルスは、霊長類にどのような影響を与えるか
それは類人猿の未来に何を意味するのか?
マイばい菌
2012/12 EurekAlert My microbes
私の細菌

2012/12 EurekAlert
 Origin of intelligence and mental illness linked to ancient genetic accident
知性の起源と古代の遺伝子の事故にリンクされた精神病

2012/12 EurekAlert Food allergies? Pesticides in tap water might be to blame
浄水に使用される化学物質は、食物アレルギーを引き起こしうる
2012/11 EurekAlert Flu outbreaks predicted with weather forecast techniques
天気予報のテクニックで予測されたインフルエンザの大流行
 季節性インフルエンザの大発生の局地予報
 天気予報に使用されるテクニックを適合させる新しいシステムを開発しました。
2012/11 ABC@オーストラリア Influenza forecast: Cloudy with a chance of flu?
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 腸上皮細胞は分泌物を使って有益細菌を選択的に増幅するようだ
2012/11 news@nature.com 細胞:免疫細胞運命のキュリン3による調節
2012/11 読売新聞 マラリアの免疫物質を解明…原虫の活動抑止
 大阪大免疫学フロンティア研究センターなどの研究チーム
 リポカリン2は血中の鉄分を維持しながら白血球など免疫細胞の働きを活発化させ、原虫の活動を抑え込む
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 鞭虫を飲んでサルの下痢が改善した
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 異なる細菌株のバイオフィルム内共生は抗生剤耐性の拡散を促しうる
魚油
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 生後6-12ヶ月に魚を食べ始めると喘息になり難くなるかもしれない
 生後6-12ヶ月に魚を食べ始めた子は生後1年間魚を食べなかった子に比べて生後48ヶ月時点での喘息様症状・喘鳴リスクが低い
2012/11 EurekAlert
 Beneficial microbes are 'selected and nurtured' in the human gut
有益な細菌は人間の腹の中で'選択されて、保育されます'。
 人間を含む動物が、活発に最も良いパートナーである腸の細菌を選択して、栄養価の高い分泌で彼らを保育します
2012/11 news@nature.com Microbiology: Ancient origin for gut microbiome
2012/11 news@nature.com DNA sequencers stymie superbug spread
DNAシーケンサで見る耐性細菌の広がり
Whole-genome analysis helps identify source of MRSA outbreak on infant ward.
全ゲノム分析は、幼児の区でMRSAの大発生の源を特定するのを助けます。
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 全ゲノムシークエンスで英国の病院がMRSA流行を食い止めれた
2012/11 【日本語記事】National Geographic 
 人のへその生物多様性、熱帯雨林のよう
2012/11 読売新聞 鳥インフルウイルス、侵入危険度示す予測図作製
2012/11 朝日新聞 鳥インフルの侵入リスクを地図化 平野部など高い予測
 国立環境研究所
2012/11 EurekAlert
 Triclosan in cosmetics and personal care products can increase allergy risk
化粧品とパーソナルケア製品の中のトリクロサンはアレルギー発症リスクを悪化させうる

2012/11 EurekAlert Experts report 1 of 2 remaining types of polio virus may be eliminated in Pakistan
ポリオウイルスの残る2株のうちの1つがパキスタンで根絶されるかもしれない
 世界中のポリオケースは、2012年に歴史的な安値に達しました
 どんな新しい大発生もなく
2012/11 LiveScience Chimp and Human Gut Bacteria Nearly Identical
チンパンジーとヒトの腸内細菌とほぼ同一
2012/11 【日本語記事】National Geographic
 “巨人症”の古代ローマ人の骨を確認

2012/11 EurekAlert An egg a day to keep allergies away
アレルギーを遠ざける1日あたり1個の卵
2012/11 EurekAlert Central and southern living might turn you vegetarian
中央の、そして、南の生活はあなたをベジタリアンに変えるかもしれません。
the lone star tick causes alpha-gal meat sensitivity, 32 percent higher in regional population.
 ひとりの星のダニがα-肉に感度をもたらすことを学びます、地域人口では32パーセントより高いです。
2012/11 EurekAlert
 The Internet becomes next Nostradamus for allergy season
インターネットはアレルギーの季節のための次のノストラダムスになります。
2012/11 EurekAlert
 Socioeconomic status linked to childhood peanut allergy
幼年期のピーナッツアレルギーにリンクされた社会経済的な状態

2012/11 BBC News Hormones in menstrual cycle 'affect asthma'
月経周期は、 "喘息に影響 'を
女性の月経周期は、潜在的に喘息などの条件が悪化し、呼吸器症状の重症度に影響を与え、研究は示唆している。
2012/11 National Geographic
 Ancient Roman Giant Found—Oldest Complete Skeleton With Gigantism
巨人症で、古代ローマの巨大見つかり最古の完全な骨格
2012/11 LiveScience
 Peanut Allergies More Common in Kids from Wealthy Families
裕福な家庭の子供たちは、ピーナッツアレルギーのリスクが高いかもしれません。
2012/11 【日本語記事】BioToday へそのバクテリア解析
2012/11 Science ヘプシジンと鉄-感染軸
Hepcidin and the Iron-Infection Axis
2012/11 Sugar and spice and everything not so nice
人々の2~3パーセントがスパイスアレルギー(成長すると予想した数)にかかっている





2012/10 【日本語記事】BioToday 
 宿主-微生物相互作用関連遺伝子と炎症性腸疾患の関連が示された
2012/10 Science 免疫反応が細胞の初期化を助ける
Immune Reactions Help Reprogram Cells
2012/10 New target discovered for food allergy treatment
酵素Pim1キナーゼのレベルがピーナッツアレルギーのネズミの小腸で上昇する
 Pim1の活動を抑制すると、ピーナッツへのアレルギー反応は著しく抑えられました。
2012/10 EurekAlert
 New genomics study shows ancestry could help solve disease riddles

2012/10 EurekAlert Dysentery epidemic killed many in the 1700s-1800s
流行性赤痢は、1800 1700年代-年代に多くを殺しました。
 1800 1700年代-年代に、赤痢は、多くの死を引き起こす病気でした。
 事実上、スウェーデンのいくつかの領域に、すべての死の90パーセントが最も悪い大発生の間の赤痢のためありました。
有害な遺伝子は、特定のステージで利益があるからこそ生き残り
2012/10 EurekAlert
 Genetic tradeoff: Harmful genes are widespread in yeast but hold hidden benefits
遺伝子の見返り: 有害な遺伝子は、イーストで広範囲ですが、隠された利益を保持します。
2012/10 【日本語記事】Nature 免疫:BATF–IRF4に関連する免疫応答
2012/10 薬事日報社
 【理研研究グループ】日本人のアトピー性皮膚炎発症‐関連の8ゲノム領域を発見

2012/10 EurekAlert
 Genes and immune system shaped by childhood poverty, stress
幼年期の貧困、ストレスによって形成された遺伝子と免疫システム
プリオン病を広範に播種するカラス
2012/10 EurekAlert
 Crows don't digest prions, may transport them to other locations
カラスはプリオンを消化せずに、他の場所にそれらを輸送するかもしれません。
 プリオンが脳に感染したネズミを食べたカラスは、糞でこれらの病原菌を伝えることができ
 プリオンによって引き起こされた病気の地理的な普及で役割を果たすかもしれません、
 慢性消耗病やスクレイピーのように。
2012/10 LiveScience Depression May Be Caused By 'Allergy' to Stress
うつ病はストレスに対する "アレルギー"が原因である可能性があり
 マウスでの研究では、免疫応答は、うつ病の症状を引き起こしたことを示唆している。
2012/10 EurekAlert Mice at risk of asthma, allergies can fight off skin cancer
喘息、アレルギーで危険なネズミは皮膚癌を撃退できます。
 喘息やアレルギーにかかわる分子は、ネズミの皮膚がんに抵抗力があるよう
2012/10 Science ヒトの移動がマラリアに与える影響を定量化する
Quantifying the Impact of Human Mobility on Malaria
2012/10 EurekAlert Exercise could fortify immune system against future cancers
運動は将来の癌に対して免疫システムの栄養価を高めるかもしれません。
口内細菌叢
 環境が予想より口腔微生物叢を決定することに大きい役割を果たす
2012/10 EurekAlert
 In the bacterial world of your mouth, nurture wins out over nature
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 口腔細菌群の組成は主に環境因子に依存しているようだ
2012/10 LiveScience Gut Bacteria Build Weapons from Viruses
腸内細菌は、ウイルスから武器を構築
腹PK戦の間に、細菌はライバルを取り除くためにウイルス兵器を使用しています。
2012/10 EurekAlert
 Genome-wide study identifies 8 new susceptibility loci for atopic dermatitis
ゲノム全体の研究はアトピーのために8の新しい敏感さ座を特定します。
理研
 敏感さに関連している8新しい座を日本の人口におけるアトピーに特定しました。
2012/10 朝日新聞 アトピー関与の遺伝子領域発見 理研がゲノム調査
2012/10 【日本語記事】BioToday 
アトピー性皮膚炎と関連する8つの遺伝子座が新たに見つかた

2012/10 EurekAlert
 Mosquito genetics may offer clues to malaria control, Virginia Tech researchers say
密接に関係づけられたアフリカの蚊の種はそれらの最近の進化の間に複数回、人間のマラリアを移す能力を溯源しました。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 ハマダラカのマラリア媒介能は前進や後退を繰り返して進化してきた
2012/10 【日本語記事】Nature 免疫: 胎児の免疫防御
同じパートナーとの2度目以降の妊娠の際には子癇前症などの合併症が起こる確率が低下する
 胎児特異的な制御性T細胞は、2度目の妊娠時にはより速い動態で再蓄積する。
免疫: 妊娠は胎児の抗原に対してアネルギーを維持する制御性記憶を刷り込む
2012/10 Nature
 Pregnancy imprints regulatory memory that sustains anergy to fetal antigen
doi:10.1038/nature11462
2012/10 【日本語記事】Nature 医学: 糖尿病と腸内メタゲノム
ゲノミクス: 居住者のリスク
2012/10 Nature Genomics: Resident risks
doi:10.1038/490044a
医学: 2型糖尿病患者の腸内微生物相に関する全メタゲノム関連研究
2012/10 Nature
 A metagenome-wide association study of gut microbiota in type 2 diabetes
doi:10.1038/nature11450
2012/10 EurekAlert
 Study suggests immune system can boost regeneration of peripheral nerves
免疫システムの調整が末梢神経の再生を向上させうる
 負傷への免疫反応を調節すると、断ち切られた末梢神経の再生は加速するかもしれません
 負傷に応じる大食細胞セルの活動を変更することによって、レートを劇的に増加させました。

2012/10 【日本語記事】BioToday 
 2型糖尿病患者は腸内微生物バランス失調を呈しうる
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 ドナーT細胞IFNγR阻害で造血幹細胞移植に伴うGvHDを抑制しうる
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 乳児期プロバイオテック摂取のアレルギー抑制効果示せず/5歳児解析
2012/10 読売新聞 デング熱、日本で146人発症…昨年2倍強

2012/10 EurekAlert
 Researchers halt autoimmune disease myasthenia gravis in mice
自己免疫疾患重症筋無力症のマウスモデルにおいて
 引き金となる破壊的な免疫反応を狙うことによって止める遺伝子ベースの療法を開発

2012/10 EurekAlert
 Evolutionary analysis improves ability to predict the spread of flu
進化解析はインフルエンザの普及を予測する能力を改良します。
 世界中の患者から孤立している何千ものインフルエンザ株のDNA配列を分析しました、1968までさかのぼって。
 どの株が生き残っていて、伝染しそうであるか、そして、どの変異が死に絶えるかもしれないかを決定できました
2012/09 EurekAlert Blocking key protein could halt age-related decline in immune system, Stanford study finds
特定のタンパク質を妨げると免疫システムの加齢に伴う衰退が停止するかもしれない

2012/09 EurekAlert
 Pregnancy generates maternal immune-suppressive cells that protect the fetus
妊娠は母の免疫抑圧細胞を発生させ胎児を保護します。
2012/09 EurekAlert Gut bacteria could cause diabetes
腸バクテリアは糖尿病を引き起こす場合がありました。
2012/09 EurekAlert Discovery may shed light on why some HIV-positive patients have more virus
発見は一部のHIV感染者が、より多くのウイルスにかかっている理由
 HIVに感染している何人かの人々がなぜ他のものより彼らの血流でウイルスの多くのより多くの量を持っているか
 ヒト遺伝子の抗ウイルス薬メカニズムを解きました。

2012/09 EurekAlert
  Study finds that natural killer T-cells in fat tissue guard against obesity
脂肪組織の中のナチュラルキラーT細胞が肥満に用心する
 iNKT細胞が肥満とメタボリック症候群に用心することにおける警備役をプレーする
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 幼少期RSウイルス感染は調節性T細胞を妨げて喘息リスクを高めうる

2012/09 ABC@オーストラリア Scientists probe tummy bug gene swap
腸内細菌は、密接に関連している場合、もっと毒性の強い、または抗生物質に耐性を作る遺伝子を共有する可能性が高い
2012/09 読売新聞 ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
2012/09 EurekAlert
  Researchers sequence genome of malaria-causing parasite
最も一般的なフォームのマラリアを引き起こす寄生体が、同じ遺伝的変異を共有する
 有機体が大陸の向こう側に分離さえされるとき。
2012/09 Sugary Drinks Increase Bad Bacteria in Gut, Risk of Diabetes
糖度の高い飲料は腸内細菌叢を悪化させ糖尿病リスクを増悪させる
2012/09 EurekAlert TB outbreaks could be 'solved' by DNA tracking
すぐにDNA配列を使用することで人から人までの結核などの命を奪う病気の普及を再建すると、病原体の起源と動きは特定されます。
喘息の子がいじめられがちなそのわけ
2012/09 ScienceDaily Why Children With Asthma Are More Likely to Be Bullied
 スポーツで仲間はずれ
 親の過干渉
2012/09 EurekAlert
 Study explores why children with asthma are more likely to be bullied
喘息の子が、いじめられがちである理由

2012/08 Science 常在細菌により区画化された皮膚免疫の制御
Compartmentalized Control of Skin Immunity by Resident Commensals
免疫学: 肺を経由して移動する免疫細胞
2012/08 Nature Immunology: Licensed in the lungs
doi:10.1038/488595a
2012/08 EurekAlert Monogamy and the immune system
一夫一婦主義と免疫システム
 単婚系と乱交系、分子のレベルでネズミの2つの種の違いを調べました。
 ネズミのライフスタイルが女性の生殖器官の中に住んでいる細菌集団に直接的な衝撃を持っていたと発見しました。
 これらの違いは免疫に関連する遺伝子の上で細菌性疾患に対して高められた多様化淘汰と互いに関連します。
2012/09 LiveScience Promiscuity Boosts Immune Systems in Mice
乱交は、マウスの免疫システムをブースト
彼らの一夫一婦制のカウンターパートと比較して、無差別マウスははるかに堅牢な免疫を開発しました。
2012/08  Human and soil bacteria swap antibiotic-resistance genes
人間の病気を引き起こす病原菌と土壌中のバクテリア、
 最近だけでも7種類以上の抗生物質抵抗性遺伝子を交換しているぞ
2012/08 Science
 土壌細菌とヒト病原体で共有されている抗菌レジストーム(Resistome)
The Shared Antibiotic Resistome of Soil Bacteria and Human Pathogens
2012/09 LiveScience Soil Microbes Harbor Nasty Antibiotic Resistance Genes
土壌微生物と病気の原因となる微生物、抗生物質耐性遺伝子を交換
2012/08 LiveScience Eating Nuts in Pregnancy May Lower Kids' Asthma Risk
妊娠中のナッツを食べることはキッズ喘息のリスクを下げる可能性があり
妊娠中のピーナッツを食べることは、その後の人生で、喘息の子供のリスクを減らすかもしれない。
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 食品中の脂肪の有益作用や有害作用は消化管微生物に左右されうる
2012/08 EurekAlert New insights into why humans are more susceptible to cancer and other diseases
人間が癌などの病気により影響されやすい理由への新しい洞察
 チンパンジーはめったに癌、または人間に一般的に起こる他のさまざまな病気にかかりませんが、彼らのゲノムDNA配列は私たちのものとほとんど同じです。
 それで、それらの秘密は何ですか?
 メチル化と呼ばれるあるDNA変更の違いが役割を果たすかもしれないのがわかりました。
2012/08 EurekAlert
 More clues about why chimps and humans are genetically different
DNAメチル化が人間のいくつかの病気関連の表現型のために重要な役割を果たすと暗示します、癌と自閉症を含んでいます。
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 肺炎桿菌は抗生物質耐性多細胞塊を血流中で容易に形成しうる
2012/08 EurekAlert Poxviruses defeat antiviral defenses by duplicating a gene
ポックスウイルスは、遺伝子をコピーすることによって、抗ウイルス防御を破ります。
 ポックスウイルス(天然痘ほか)が異なったホストのためにホスト免疫に対抗するためにすぐに、一時ウイルスを助ける遺伝子の複本を生産することによって抗ウイルス防御を破るために適合できる
2012/08 EurekAlert Researchers uncover how poxviruses such as smallpox evolve rapidly -- despite low mutation rates
医学:腸内微生物相の構成は高齢者では食餌と健康状態に相関している
2012/08 Nature
 Gut microbiota composition correlates with diet and health in the elderly
doi:10.1038/nature11319

2012/08 EurekAlert People with allergies may have lower risk of brain tumors
アレルギーの人々には、脳腫瘍の低めのリスクがあるかもしれません。
2012/08 LiveScience Jungle Dwellers' Anti-Rabies Blood Stuns Researchers
一部ペルー人は自然に狂犬病感染に抵抗することが見出された。
2012/08 LiveScience Vampire Bat Bites Help Shield Peruvians from Rabies
アマゾンの人々は、任意の予防接種なしで狂犬病に対する免疫を示しています。
2012/07 朝日新聞 犬と育つ赤ちゃん、感染症かかりにくく 北欧の研究報告
 フィンランドのチーム
2012/07 EurekAlert Autoantibodies damage blood vessels in the brain
自己抗体は脳の血管を損ないます。
 自己免疫機序がアルツハイマーと血管性認知症の病気の発生と進行における重要な役割をプレーする
2012/07 news@nature.com
 Hunter-gatherer genomes a trove of genetic diversity
狩猟採集民ゲノムは遺伝的多様性の貴重な発見です。
Sequences from African groups offer genetic clues about disease, height and ancient human breeding.
アフリカのグループからの系列は病気、高さ、および古代の人間の繁殖に関する遺伝子の手がかりを提供します。
2012/07 news@nature.com The skin’s secret surveillance system
皮膚の秘密の監視システム
Microorganisms that reside on the skin found to influence host immunity.
皮膚の上に住んでいる微生物は、影響ホストにとって免疫を見つけました。
2012/07 LiveScience Protective Skin Microbes Help Fight Off Disease
保護スキン微生物は病気を撃退
皮膚の微生物は、彼らが戦う準備をし、私たちの免疫細胞を刺激するために表示されます。
2012/07 EurekAlert NIH team describes protective role of skin microbiota
免疫学:栄養不良は悪玉細菌を活躍させる
2012/07 Nature Immunology: Malnutrition promotes rogue bacteria
doi:10.1038/487437a
2012/07 Science 2型免疫応答の新しいパラダイム
New Paradigms in Type 2 Immunity
ダニに噛まれると赤肉アレルギーになるわけ
2012/07 EurekAlert Carnivores: Beware of ticks
ダニによって噛み付かれたなら、あなたがなぜ赤肉にアレルギーになる
2012/07 LiveScience Ancient Poop Gives Clues to Modern Diabetes Epidemic
古代人のうんちには現代人の10倍もの繊維が含有されておりまして
そりゃ今の人間は糖尿病になりまくるわな
2012/07 EurekAlert Feces fossils lend new insights into connection between Native-Americans, diabetes
2012/07 EurekAlert
 Feces fossils yield new insights into ancient diets and 'thrifty genes'
2012/07 EurekAlert Study shows how aging impairs immune response
加齢がどう免疫反応を損なうか
 酸化防止剤を管理するのが、免疫機能のこの損失を逆にするのを助けるかもしれない
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 経口免疫治療で卵アレルギー小児の28%が卵を食べれるようになった
2012/07 EurekAlert Children allergic to eggs can benefit from 'egg therapy'
2012/07 EurekAlert Mount Sinai finds that oral immunotherapy shows promise as treatment for children with egg allergy
2012/07 EurekAlert
 UNC researchers discover promising new treatment for egg allergy
2012/07 EurekAlert
 Oral immunotherapy shows promise as treatment for egg allergy
2012/07 LiveScience Egg Allergies 'Cured' in Kids Using Small Doses
卵アレルギーは少量を使用したキッズで "硬化"
HIVの一つのタイプは、他の進行を妨げる可能性があります。
虫垂、尾骨、男の乳首、体毛、親知らず
2012/07 LiveScience 5 Useless Body Parts
無駄なボディパーツ5つ
人間の体は私たちはもはや必要がない不要な臓器や手足、体の部分がいっぱいです。
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 若い頃と老いた時の免疫担当遺伝子は全く異なるようだ/ハエの実験
2012/07 EurekAlert
 Decline of immune system with aging may have a genetic cause
彼らの人生(青春と中年)の2つの異なった段階でミバエを調べることによって、米国の科学者のチームは時代に応じて感染を避ける私たちの能力がなぜ減退するかを説明する重要な洞察
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 多発性硬化症の約半数がKIR4.1に対する自己抗体反応を有していた
2012/07 【日本語記事】AFP
 「犬と一緒に育つ赤ちゃんは病気に強い」、研究
2012/07 【日本語記事】BioToday
 イヌがいる家の赤ちゃんは呼吸器感染症をおこしにくい
2012/07 【日本語記事】MT Pro 生後早期に犬と接触した幼児の風邪リスクが減少
フィンランドの前向き出生コホート研究
2012/07 EurekAlert Searching for an ancient syphilis DNA in newborns
新生児で古代の梅毒のDNAを捜し求めます。
The ancient bones of newborns are very useful to recover the ancient DNA of the bacteria causing syphilis, the Treponema pallidum pallidum.
新生児の古代の骨は、梅毒を引き起こすバクテリアの古代のDNAを回復するために非常に役に立ちます
梅毒トレポネーマ淡蒼球。
2012/07 朝日新聞 皮膚の免疫、毛包が制御 アトピー・脱毛症治療に期待
免疫細胞が毛包から皮膚に移り、免疫反応を起こしていた
2012/07 【日本語記事】Nature 医学:乳脂肪は腸内細菌叢を変化させる
 硫酸還元細菌の腸管内濃度を高め、高感受性マウスでの実験的大腸炎の発症率を増加させる
微生物学:脂肪と胆汁と腸の微生物
2012/07 Nature Microbiology: Fat, bile and gut microbes
doi:10.1038/487047a
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 睡眠不足はストレスへの免疫応答に似た顆粒球の変化をもたらす
2012/07 EurekAlert
 Sleep deprivation effect on the immune system mirrors physical stress
2012/07 時事通信 慢性アレルギーの根治薬期待=原因細胞抑える仕組み解明 千葉大
 アレルギー疾患を引き起こす免疫細胞「Th2」の働きを抑える仕組み

 以上、 →2012年7〜12月の記事でした


→ 「免疫、進化疫学、進化医学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー