意識・記憶・学習・ウソ:
2013年1〜4月

ほか「意識・記憶・学習・ウソ」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


高高度で大事な決断をすべからず
2013/04 BBC News Mental tasks 'impaired in the air'
魚油を摂取して肉や乳製品を避ければ記憶力アップ
2013/04 EurekAlert More evidence suggests eating omega 3s and avoiding meat, dairy linked to preserving memory
2013/04 NTV 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー
 1日にたくさんの場所を回るバスツアーが人気の理由は?
右の手をぎゅっと握ると記憶力アップ
2013/04 EurekAlert Clenching right fist may give better grip on memory
2013/04 ABC@オーストラリア Total recall just a fist clench away
2013/04 BBC News Clenching fists 'can improve memory'
2013/04 EurekAlert Gone, but not forgotten
脳の主要な部分への損害の後に深遠な記憶喪失に苦しむ記憶喪失者の詳細に徹底的な基本的な神経生物学
私たちが目標とする検索を始めるとき、脳の様々な視覚と非可視領域が人、動物またはものを捜し出すために流動する
2013/04 EurekAlert
 Lost your keys? Your cat? The brain can rapidly mobilize a search party
2013/04 【日本語記事】BioToday
 物を多く覚えれるようにする訓練で問題解決力も改善しうる
2013/04 【日本語記事】BioToday
 睡眠の記憶強化作用は別の類似記憶に妨害されやすいようだ
2013/04 EurekAlert Going places: Rat brain 'GPS' maps routes to rewards
海馬状隆起用途が次にネズミが従うルートを想像するために空間的な情報を覚えていた
2013/04 EurekAlert
 Bad decisions arise from faulty information, not faulty brain circuits
悪い決定は不完全な脳のサーキットではなく、不完全な情報から起こります。
認知神経科学: 感覚的ノイズが間違った決定に向かわせる
2013/04 Nature Cognitive neuroscience: Sensory noise drives bad decisions
2013/04 EurekAlert
 Musicians who learn a new melody demonstrate enhanced skill after a night's sleep
新しいメロディーを学ぶミュージシャンが、一夜の睡眠の後に高められた技能を示します。
2013/04 【日本語記事】BioToday
 睡眠中の徐波振動に同期した音刺激で記憶が改善しうる
2013/04 【日本語記事】BioToday
 デフォルトモードネットワークを封じ込めて脳は集中力を促す
 背側前帯状回と両側前島による脳回路・課題制御ネットワーク(task control network;TCN)がデフォルトモードネットワーク(Default Mode Network;DMN)を十分に抑制している状態では課題遂行能が改善
2013/04 EurekAlert Why we buy music
私たちが音楽を買う理由
  初めてそれを聞くとき、1つの音楽を購入すると決めるとき、何が私たちの脳で起こるかを明らかにします。
  新しい音楽の報酬を与えることを作って、音楽を購入するという決定を予測する特定の脳活動を正確に指摘します。
2013/04 EurekAlert Sound stimulation during sleep can enhance memory
睡眠の間の音刺激は記憶を高めることができます。
2013/04 EurekAlert Subconscious mental categories help brain sort through everyday experiences
潜在意識の精神的なカテゴリは、脳が日常茶飯事を分類するのを助けます。
2013/04 【日本語記事】BioToday [医学]
  海馬の場所神経には様々なタイプの嗅内神経が入力している
2013/04 【日本語記事】BioToday
 最大利益を放棄して少ない方を選ぶのは自己保身の一種
 自分の立場に不安があったり脅えがあると利益を最大化せずにより少ない方を選ぶようになる
2013/04 Science  ヒト、およびラットは蓄積されたノイズ情報を最適に意思決定に反映させることができる
2013/04 Science 嗅内皮質と海馬の機能的結合性のoptogeneticsによる解析
2013/04 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 学習は脳にDNAレベルでのダメージを与える
2013/04 【日本語記事】MT Pro
 頭を使うだけでDNAにダメージ、健康人はすぐ修復/米動物実験





2013/03 EurekAlert Teachers' gestures boost math learning
教師のジェスチャーは数学学習を向上させる。
  インストラクターが手のジェスチャーを使用するとき、学生は、よく振る舞います--代数などの、よりハイレベルの数学の利益をもたらすことができた簡単な授業で使う道具。
2013/04 National Geographic Hand Gestures May Boost Students' Math Learning
2013/04 【日本語記事】National Geographic 教師の手振りで数学の成績が上がる
2013/03 【日本語記事】BioToday 
 新しい学習が以前の学習を妨害する干渉作用が睡眠で解消しうる  
2013/03 LiveScience The Brainy Science of Finding Your Car Keys
 いつもの場所の小さい変化と、見知らぬ場所に遭遇したときとでは、異なった脳細胞が働きます
2013/03 LiveScience How the Brain Remembers Your Sister's Cousin's Boyfriend
 脳は、複雑な社会的な結びつきを覚えるのに近道を使用します。
2013/03 【日本語記事】BioToday 
  海馬の覚醒期鋭波活性は意思決定に必要な選択肢の評価に寄与しうる
2013/03 【日本語記事】BioToday 
  誠実な人ほど大学の成績が良い/メタ解析
2013/03 Science 学習における2つの革命
2013/03 EurekAlert 
 Exploring the link between traumatic brain injury and people who are homeless
脳外傷とホームレス化
2013/03 EurekAlert
 Brain mapping reveals neurological basis of decision-making in rats
 脳マッピングはネズミの意志決定の神経学的な基礎を明らかにします。
2013/03 【日本語記事】BioToday 
 フルオキセチンは慢性ストレスによる海馬シナプス強化を正常化する
 セロトニンはセロトニン受容体を介して海馬の興奮性シナプスを強化する作用を有する
2013/03 ABC@オーストラリア Unconscious brain can predict decisions
 選択を意識する数秒前に、無意識の脳活動で、人の決定を予測できます。
2013/03 【日本語記事】BioToday 罰も報酬と同様に意思決定力を高めうる
2013/03 【日本語記事】BioToday
 ゾルピデムは睡眠紡錘波を亢進して言語記憶固定を改善しうる
2013/03 Science 恐怖記憶に対する特定の文脈への帰属を制御する神経基盤
2013/03 【日本語記事】BioToday 医学] ガムを噛むと集中力を長らえうる
2013/03 EurekAlert Support cells found in human brain make mice smarter
人間の脳にあるサポート細胞で、ネズミは賢くなります。
  ヒトのグリア細胞をネズミに移植
2013/03 EurekAlert Using human brain cells to make mice smarter
2013/03 【日本語記事】BioToday 情報源記憶をラットも有する
2013/03 読売新聞 プロ棋士の直観、「尾状核」訓練すれば素人も
 理化学研究所の脳科学総合研究センター
 プロ棋士の直観が働いている時に、脳のどこが活発に働くかを調べ
2013/02 EurekAlert First grade math skills set foundation for later math ability 
一年の数学の技能は後の数学能力の基礎を設定します。
一年に基本的な数学技能を取得しそこなった子供、7年生の時点で、成年期に必要である数学的な才能のテストではるかに遅れをとる
2013/02 EurekAlert Linking insulin to learning
インシュリンを学習にリンクします。
インシュリンとインスリン様ペプチドの小道がどうボディーにおける別の重要な役割を果たすかを示しました。
2013/02 【日本語記事】National Geographic 噛むことで注意力と判断速度がアップ
2013/02 【日本語記事】BioToday 
 心象を支える前頭前野神経発火持続にNMDA受容体NR2Bが必要
2013/02 【日本語記事】BioToday
 メチルフェニデートは高脂肪食に伴うマウス学習/記憶障害を防ぐ
2013/02 【日本語ブログ】ショウジョウバエにおいて空腹な状態はCRTCを活性化させ長期記憶の形成を促進する
2013/02 LiveScience Brain Scans Can Predict Your Political Ideology

2013/02 EurekAlert Human cognition depends upon slow-firing neurons
人間の認識力は遅い発火ニューロンに依存する。
 システムの故障がどう原因となるかを統合失調症やアルツハイマー病などの病気に説明します。
2013/02 EurekAlert
 Bilingual children have a better 'working memory' than monolingual children
バイリンガル子供には、単一言語の子供より良い'ワーキングメモリ'があります。
2013/02 EurekAlert
 Why there are bad learners: EEG activity predicts learning success
成績の上がらない学習者がなぜいますか: EEG活動は学習成功を予測します。
 脳が学習されるために不十分に情報を処理する
2013/02 【日本語記事】BioToday
 情報解読時の活性化脳領域はその後の無意識下思考時にも活性を保つ
2013/02 EurekAlert Carnegie Mellon brain imaging research shows how unconscious processing improves decision-making
脳のイメージング研究は無意識の処理がどう意志決定を改良するかを示しています。
 意識している脳が異なったタスクでそらされるときさえ、決定をするのに原因となる脳の領域がずっとアクティブである
お友達に学業成績の良い子が多いお子さんは、成績が上がりやすい
2013/02 LiveScience Do Good Grades Spread Like Measles?
はしかのように広がる良い成績をか?
それらよりも良い成績を得る友人とたむろ生徒たちはクラスのランクの上昇を見てしまいがち
2013/02 EurekAlert GPA may be contagious in high-school social networks
2013/02 Science 記憶の予測誤差処理は恐怖記憶の再固定を制御する
2013/02 BBC News Can you use your brain to 'change your age'?
脳トレーニング "は、あなたの年齢を変える"ことはできますか?
脳スキャンや卓球は老化の効果を逆にすることができますか?
2013/02 LiveScience Exercising Your Brain May Improve Your Life

2013/02 EurekAlert
 Brain research provides clues to what makes people think and behave differently
脳の物理接続の違いが人々がお互いと異なって思って、振る舞うことに関する根にあります。
 個人差が起こる正確な脳の領域を写像
 個人の脳の接続性が世界の初期の認知のための領域より情報を統合するのに関連する領域で異なる
2013/02 【日本語記事】BioToday
 連結性の個人差が大きい脳領域は考え方や行動の個人差と関連しうる

2013/02 EurekAlert Finding the way to memory
DCC(netrinとして知られている神経系の重要なタンパク質のための受容体)が脳の神経細胞接続の可塑性を規制する際に重要な役割を果たす
2013/02 LiveScience The Brain Retroactively Edits Conscious Experience
脳が遡及意識体験を編集
脳は、遡及的に、それが実際に見てきました後に半秒と同じくらい何かを見ての意識体験を再現することができ
2013/01 Working alone won't get you good grades
ひとり独学で頑張る大学生より、共同学習やネットで連絡取りながらの学習をする大学生のほうが、成績が良さげ。

2013/01 EurekAlert
 Scientists uncover previously unknown mechanism of memory formation
記憶形成の未知のメカニズムを発見
 初めて、microRNAsのために情動記憶にかかわるへん桃核と呼ばれる脳の部分でのメモリの開発で重要な役割を確認
2013/01 【日本語記事】BioToday
 加齢に伴う内側前頭前野萎縮は徐波睡眠を妨げて長期記憶を害しうる

2013/01 BBC News Boosting sleep 'may slow memory rot'
睡眠をブーストすると、 "メモリの腐敗を遅らせるかもしれない '
それは睡眠不足に取り組むことによって私たちの年齢として、記憶や学習の低下を遅らせることが可能かもしれない、米国の研究者は願っています。
脳に植えつけられた電極で
2013/01 EurekAlert In-brain monitoring shows memory network
初めて、脳の領域が記憶を思い出すために同時に一緒に働くのを示しました。
2013/01 EurekAlert
 Poor sleep in old age prevents the brain from storing memories
老年における睡眠不足は、脳が思い出を格納するのを妨げます。
2013/01 EurekAlert
 CSHL neuroscientists pinpoint location of fear memory in amygdala
へん桃核で恐怖記憶の位置を正確に指摘
 特定のクラスのニューロン(成長ホルモン分泌抑制ホルモン陽性のニューロン)はそのメモリを恐怖応答に翻訳しなければなりません。
2013/01 EurekAlert Science needs a second opinion: Researchers find flaws in study of patients in 'vegetative state'
科学はセカンド・オピニオンを必要とします:
 研究者は'植物状態'における、患者の研究をあらを捜します。
 脳波検査法が植物状態にあるように診断された3人の患者で認識に関する証拠を特定したと主張した非常にピーアールされた調査研究の発行された統計、方法、および調査結果を疑っています。
2013/01 Science 飢餓はショウジョウバエにおいてCREBのコアクチベーターCRTCによる長期記憶形成を促進する
2013/01 毎日新聞 空腹:記憶力が向上 東京の研究チーム、ハエで実験
2013/01 読売新聞 適度な空腹で記憶力アップ…脳内が活発化
2013/01 【日本語記事】National Geographic 空腹が記憶力をアップ
2013/01 Science 脳は飢餓状態において嫌悪的記憶の固定を抑制して適応行動を促す
2013/01 【日本語記事】Nature 神経: LTPと記憶について考え直す

2013/01 LiveScience Tiny Distractions Can Double Mistakes
小さな注意散漫ミスを倍増させることができ
お使いの携帯電話をちらっと見てなど、わずか3秒の気晴らしは、あなたの注意をそらすとあなたが作る間違いの数を倍増させることができます。
2013/01 【日本語記事】BioToday
 加齢に伴う学習困難は古い情報を消す脳の衰えに起因しうる
2013/01 LiveScience Menopausal Brain Fog Really Does Exist
閉経期脳霧は本当に存在
新しい研究では、閉経後の女性が忘れ理由について若干投げかけている。

2013/01 【日本語記事】Nature 神経生物学:記憶の機構を再考する
PKM-ζの喪失は、LTPあるいは記憶形成に影響しない
2013/01 Nature 神経科学: 記憶と単一の分子
 Neuroscience: Memory and the single molecule
doi:10.1038/nature11850
2013/01 Nature 神経生物学: Prkczヌルマウスが示す正常な学習および記憶機能
 Prkcz null mice show normal learning and memory
doi:10.1038/nature11803
2013/01 Nature 神経生物学: 海馬のシナプス可塑性、記憶および学習にPKM-ζは必要でない
 PKM-ζ is not required for hippocampal synaptic plasticity, learning and memory
doi:10.1038/nature11802
2013/01 【日本語記事】BioToday 
 海馬歯状回顆粒細胞苔状繊維とCA3神経のシナプスが海馬活動を調節

2013/01 LiveScience Older Brains Work Harder to Multitask
古い脳はマルチタスクに苦労する
年を取ると、脳はマルチタスクに懸命に働く必要があるかもしれません
2013/01 EurekAlert How the brain copes with multi tasking alters with age
年齢に応じて、脳がどうマルチタスクに対処するかは変わります。
 脳の前部前頭葉皮質の血流のパターン
 同じタスクを実行するために、健康なより年取った人々はOxy-Hbにより高くて若者達より持続している増加を持っていました。

2013/01 時事通信 記憶を思い出す様子を測定=サルの脳神経細胞で 東大
2013/01 日本経済新聞 「思い出す」脳の仕組み解明 東大教授らサルで実験
2013/01 EurekAlert Study shows cognitive benefit of lifelong bilingualism
二言語併用能力の一生の認識的な利益を示しています。
 1つのタスクから別のものに切り替わるところでは、
 幼少のときから2つの言語を話した高齢者は、ただ一つの言語スピーカーより速いです
2013/01 LiveScience Early Bilingualism Improves Thinking in Old Age
初期のバイリンガリズムは、古い時代に思考が向上
バイリンガルの高齢者は、単に一つの言語を話す高齢者よりも速くタスクを切り替えることができます。
2013/01 LiveScience Bilingualism May Keep Older Brains Nimble

2013/01 EurekAlert
 Eliminating useless information important to learning, making new memories
新しい思い出をして、学ぶのに重要な役に立たない情報を排除します。
 私たちが年をとるとき、それは、まさしく旧情報をフィルターにかけて、排除する能力であるかもしれません
 学ぶために、新しいもの(より強くそれを作る)を中に入れるより報告します。
2013/01 EurekAlert
 Newly found 'volume control' in the brain promotes learning, memory
脳の新たに見つけられた'ボリューム・コントロール'は学習、メモリを促進します。
 研究者は学習とメモリのために神経細胞活動のための「ボリューム・コントロール」として脳の海馬状隆起で機能するシナプス、震央を報告します。

2013/01 EurekAlert Western neuroscience study reveals new link between basic math skills and PSAT math success
基本的な数学の技能とPSAT数学成功の間の新しいリンク
 非常に基本的な一桁の演算(5+2の=7か7-3=4)に精通している学生ほうがよくPreliminary大学進学適性試験で高い点をとる
2013/01 LiveScience Big Bird Helps Scientists Study Brain Development
ビッグバードは、科学研究の脳の発達を支援
セサミストリートを見ている子供たちの脳のスキャンでは、幼児の学習方法などを示しています。
2013/01 LiveScience Kid's Brains On Sesame Street Studied | Video


 以上、 →2013年1〜4月の記事でした


→ 「意識・記憶・学習・ウソ」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー