認知症、アルツハイマー病:
2012年7〜12月

ほか「認知症、アルツハイマー病」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/12 【日本語記事】MT Pro   MRIでアルツハイマー病と前頭側頭葉変性症を鑑別,正確度75%/総タウ蛋白質/Aβ比で,米研究
2012/12 BBC News Brain scan 'can sort dementia by type'
脳スキャンはタイプによって認知症を並べ替えることができます
 侵襲的なテストを必要とすることなく、認知症のさまざまなタイプを区別する方法を発見
2012/12 EurekAlert MRI can screen patients for Alzheimer's disease or frontotemporal lobar degeneration

2012/12 EurekAlert Scientists establish link between inflammatory process and progression of Alzheimer's disease
周知の炎症過程がアルツハイマー病で重要な役割を果たす
 インターロイキン-1ベータと呼ばれる親炎症性サイトカイン
2012/12 EurekAlert
 Alzheimer's Disease: Inflammation as a new therapeutic approach
2012/12 EurekAlert Alzheimer's disease: Cutting off immune response promises new approach to therapy
2012/12 EurekAlert Alzheimer's patients with non-spousal caregivers are less likely to participate in clinical trials
非結婚の介護人と一緒にいるアルツハイマーの患者は臨床実験中より参加しそうにはありません。
2012/12 EurekAlert
  People without spouses under-represented in Alzheimer's clinical trials
アルツハイマーの臨床試験で不十分に表示された配偶者のいない人々

2012/12 【日本語記事】BioToday 
 アミリン受容体拮抗薬はアルツハイマー病薬として有望
  Aβによる海馬の長期増強の抑制をアミリン受容体アンタゴニストAC253で阻止しうる
 マウス実験結果
2012/12 EurekAlert Kentucky team inhibits Alzheimer's biomarkers in animal model by targeting astrocytes
活性星状細胞がアルツハイマー病における有害な役割を果たすかもしれないという最初の直接証拠
2012/12 EurekAlert
 Can going hungry as a child slow down cognitive decline in later years?
子供時代に飢餓を経験した人、比較的高齢期の認知機能の衰えペースが遅め
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 幼少期に飢えを経験した黒人は高齢期に認知機能が低下しにくい
2012/12 【日本語記事】BioToday
 apoE4を標的とするアルツハイマー病薬開発に力を注ぐべき
孤独感で高齢期の認知症リスクが高まる(実際に孤独であるか否かにかかわらず)
2012/12 EurekAlert
 Feeling lonely linked to increased risk of dementia in later life
孤独であると感じるのは晩年に認知症の増加するリスクにリンクされました。
2012/12 LiveScience Loneliness Linked with Dementia Risk
2012/12 EurekAlert In US first, Johns Hopkins surgeons implant brain 'pacemaker' for Alzheimer's disease
アルツハイマー病のために脳の'ペースメーカー'を注入します。
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 ビタミンD摂取量が少ない高齢女性はアルツハイマー病になりやすい
2012/11 読売新聞 認知症の精神科入院増加、最多5万3千人に
 昨年は5万3400人と過去最多
 今回の調査は、東日本大震災の影響で宮城県の3市2町と福島県を除く集計
2012/11 EurekAlert
 Active lifestyle boosts brain structure and slows Alzheimer’s disease
アクティブなライフスタイルは、脳の構造を上げて、アルツハイマー病を遅くします。

2012/11 【日本語記事】BioToday 
 PPARγはERK経路を正してアルツハイマー病認知障害を改善しうる
2012/11 EurekAlert
 Decreased kidney function leads to decreased cognitive functioning
減少している腎臓機能は減少している認識的な機能に通じます。

2012/11 EurekAlert Bad air means bad news for seniors' brainpower
大気汚染地域に住むのは高齢者で認識的な機能を減少させました
2012/11 読売新聞 認知症「様子見る」…新潟県では7割
 家族に認知症の症状が表れてもすぐには病院に行かず様子を見るという人が約7割にのぼる
 新潟県内で69・0%(全国71・7%)
 もっともなりたくない疾患を聞いたところ、認知症が57・0%(同54・9%)で最多、癌26・0%(同27・9%)、脳卒中12・0%(同9・1%)
 もっとも知識を持っていない疾病は認知症31・0%(同30・7%)
2012/11 EurekAlert Gene nearly triples risk of Alzheimer's, global team including Mayo Clinic finds
アルツハイマー病の危険をほとんど3倍にするためにとても強力な遺伝子
2012/11 EurekAlert Possible link between immune system and Alzheimer's
免疫システムの遺伝子とアルツハイマー病で変異の間のリンクを発見
 変異は患者を病気を3倍より開発しそうなようにします、人口のちょうど0.3パーセントに影響します
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 TREM2遺伝子変異とアルツハイマー病リスク上昇の関連が示された
 炎症を抑制する蛋白質をコード(triggering receptor expressed on myeloid cells 2)
2012/11 薬事日報社
 【エーザイ】親が認知症になった際は約76%が自宅介護を希望‐意識調査から
2012/11 EurekAlert Measuring metabolism can predict Alzheimer's progress with 90 percent accuracy
測定新陳代謝は90パーセントの精度でアルツハイマーの進歩を予測できます。
 脳の新陳代謝で病気の進行に関する早めの手がかりを見つけることができる
 初期のときに簡単な血液検査とアルツハイマーを検出して、診断するのを可能にして。
2012/11 BBC News Alzheimer's detected decades before symptoms
アルツハイマー病は、数十年前の発見
アルツハイマー病の最初の兆候のいくつかは、最初の症状は、通常表示される二十年以上前に、脳内で発見されています。
2012/11 BBC News Dementia 'second leading cause of deaths in women'
認知症は、女性の死因第2位
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 IRX4204の抗アルツハイマー病効果がマウス実験で示された

2012/10 EurekAlert
 Regular physical activity reduces risk of dementia in older people
定期的な身体的活動は、より年取った人々の認知症の危険を減少させます。
2012/11 【日本語記事】MT Pro
 高齢者が運動すると脳血管性認知症のリスクは60%抑制/国際共同試験LADIS
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 閉経後早期のホルモン治療開始とアルツハイマー病リスク低下が関連
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 食事中の炭水化物割合が高い高齢者は認知障害や認知症を呈しやすい
2012/10 EurekAlert Biomarkers in cerebrospinal fluid can identify patients with Alzheimer's disease
脳脊髄液のサンプルの特定の生体標識の分析で、アルツハイマー病患者とほかのタイプの認知症患者を区別できます。

2012/10 EurekAlert
 Aspirin may slow the decline in mental capacity among elderly patients
アスピリンはお年寄りの患者で意思能力の衰退を遅くするかもしれません。
2012/10 news@nature.com Disrupted sleep may predict Alzheimer’s
混乱させた睡眠はアルツハイマーを予測するかもしれません。
Poor sleep patterns linked to formation of Alzheimer's plaques.
睡眠不足パターンはアルツハイマー病のプラーク形成にリンクされました。

糖分や炭水化物が多い食事をしている高齢者、ボケる率が高め
2012/10 EurekAlert Eating lots of carbs, sugar may raise risk of cognitive impairment, Mayo Clinic study finds
 炭水化物の多い食物を食べる70歳以上の人々、軽度認知障害の発症リスクが約4倍

2012/10 EurekAlert
 Caffeine may block inflammation linked to mild cognitive impairment
カフェインは軽度認識障害にリンクされた炎症を妨げるかもしれません。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 カフェイン等のアデノシン阻害剤で前向性健忘が改善しうる
2012/10 EurekAlert Benzodiazepine use and dementia in the over 65s
不安と不眠に効く薬ベンゾジアゼピン使用と認知症
 65歳以上における認知症のベンゾジアゼピン使用と開発の間のリンク
2012/10 BBC News Aspirin may 'slow elderly brain decline', study finds
2012/10 【日本語記事】BioToday 
低用量アスピリン常用高齢女性は認知機能が低下しにくい
2012/10 毎日新聞 ツシマヤマネコ:アルツハイマーに? 脳に神経変化
 死んだツシマヤマネコ14頭(生後3日~15歳以上)の脳を調査。
 6頭にアミロイド蓄積があり、うち5頭に神経原線維変化が見られた。
 一方で、老人斑は見つからなかった。
 08年には動物園で死んだチーター2頭でも同様の変化が見つかっているが、イヌやサルからは見つかっていない。
2012/10 【日本語記事】National Geographic
 ツシマヤマネコにもアルツハイマー病?
ガジガジ噛める
 咀嚼が元気な高齢者はボケにくい
2012/10 EurekAlert Chewing ability linked to reduced dementia risk
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 高齢者の咀嚼能力の低下と認知機能障害リスク上昇が関連する

妊婦が高血圧だと、生まれる子がのちのちボケやすくなるかも
2012/10 EurekAlert
 Mom's high blood pressure in pregnancy could affect child's IQ in old age
妊娠におけるおかあさんの高血圧は老年で子供のIQに影響するかもしれません。
 妊婦の高血圧が子供の高齢期の思考技能に影響を与えるかもしれない
2012/10 BBC News Mum's hypertension 'lowers child IQ', study suggests
2012/10 【日本語記事】BioToday 
妊娠中の高血圧は老齢期まで続く子の認知機能低下傾向と関連する
2012/10 EurekAlert
 Alzheimer's disease in men linked to low levels of hormone, IGF-1
ホルモン、低レベルのインスリン様成長因子-1にリンクされた男性のアルツハイマー病
2012/10 EurekAlert
 Eliminating visual clutter helps people with mild cognitive impairment
視覚の混乱を排除すると、軽度認知障害が軽減される場合
 初期段階のアルツハイマー病と診断された人々のための記憶障害が類似体の違いを問題に一部決定することになっているかもしれない
 調査結果はまた、排他的に記憶を支持するとかつて信じられていた脳の一部(中間の側頭葉)が物体認識における役割を果たす説もサポート
2012/10 EurekAlert
 Alzheimer's sufferers may function better with less visual clutter






2012/09 EurekAlert
 Over 65s at increased risk of developing dementia with benzodiazepine
ベンゾジアゼピンで65年代の上で認知症発症リスク増加
 ベンゾジアゼピン(不安や不眠の治療薬)を取り始める65歳以上の患者
 15年以内に認知症を発症するリスク約50パーセント増
2012/09 LiveScience Sleep, Anxiety Drugs Linked to Dementia
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 高齢者のベンゾジアゼピン使用と認知症リスク上昇の関連が示された
2012/09 EurekAlert Melatonin and exercise work against Alzheimer's in mice
メラトニンと運動の組み合わせはアルツハイマーのネズミに不利に働きます。
 メラトニンの2つのneuroprotective療法、自発的の体操、および一日当たりの摂取量の組み合わせ
 アルツハイマー病の3回の異なった変異がある齧歯動物において脳の劣化に相乗効果
2012/09 EurekAlert Scientists reverse Alzheimer's-like memory loss in animal models by blocking EGFR signaling
EGFR合図を妨げることによって、動物モデルにおけるアルツハイマーのような記憶喪失を逆にします。
 EGFR抑制剤(現在中古の抗ガン剤、およびいくつかの以前に試されていない合成品のクラス)
 アルツハイマーの病気の2人の動物モデルにおける記憶喪失を逆にする際に有効性を示す
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 AβによるEGFR活性化の阻害でAβによる記憶障害を抑制しうる

2012/09 Science アルツハイマー病予防
Preventing Alzheimer’s Disease
2012/09 ScienceDaily Surgery Has a More Profound Effect Than Anesthesia On Brain Pathology and Cognition in Alzheimer's Animal Model
アルツハイマー病リスク遺伝子を持つマウスは手術後に認知機能の低下が持続したが、リスク遺伝子がないマウスは認知機能が低下しなかった。
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 白内障-アルツハイマー病の関連にδカテニン遺伝子変化が寄与しうる
2012/09 EurekAlert
 Investigators identify gene linking cataracts and Alzheimer's disease

2012/09 【日本語記事】BioToday 
 認知症患者のビタミンCやβカロチン血清濃度は低い
2012/09 EurekAlert
 Vitamin C and beta-carotene might protect against dementia
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 イチョウエキスでアルツハイマー病予防できず/GuidAge試験
2012/09 EurekAlert LSUHSC research finds ginkgo biloba doesn’t improve cognitive function in MS

2012/09 EurekAlert
 Why does Alzheimer's disease affect twice as many women as men?
アルツハイマー病はなぜ男性より女性が倍罹りやすいか
2012/09 EurekAlert
 Study in mice suggests sleep problems may be early sign of Alzheimer's
ネズミでの研究は、睡眠障害がアルツハイマーに関する初期徴候であるかもしれないと示唆します。
2012/09 BBC News Bad sleep may predict Alzheimer's, says study

2012/09 EurekAlert
 NFL players may be at higher risk of death from Alzheimer's and ALS
NFLプレーヤーはアルツハイマーやALSなどでの、より高い死亡の危険性で来ているかもしれません。
 一般的な米国人口と比べてプロ・フットボール選手が
 アルツハイマー病やALのように、脳細胞を損なう病気による死の、より高いリスクでいるかもしれない
2012/09 EurekAlert Scientists dramatically reduce plaque-forming substances in mice with Alzheimer's disease
アルツハイマー病のネズミで問題の物質を劇的に減少させます。
 アルツハイマー病ネズミから特定の酵素を排除すると、プラークの生成に原因となる物質が90パーセントの減少に通じる
ジャンクフードの摂取は認知症リスクを悪化させうる
2012/08 Gorging on junk food may not just make you fat, it could also give you dementia
2012/08 EurekAlert For mitochondria, bigger may not be better
ミトコンドリアの場合、大きければ良いというわけではないわけで
 ミトコンドリアの長さにおける異常はアルツハイマーなどの神経変性疾患の開発を促進します。
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 タウはミトコンドリアを引き伸ばして神経毒性をもたらしうる

2012/08 Eight Medical Reasons Why You May be Always Angry
怒りっぽくなる8つの医学的根拠。
甲状腺機能亢進、高コレステロール、糖尿病、鬱、認知症、自閉症、睡眠薬、月経前症候群
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 肥満と代謝異常の両方を有する中年は認知機能がより早く低下する

2012/08 【日本語記事】BioToday 
 機能する歯の保持や歯磨きの日課で認知症リスクが低下しうる
2012/08 EurekAlert
 Red wine compound could help seniors walk away from mobility problems
転倒対策に赤ワインのレスベラトロール
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 赤ワイン成分レスベラトロールで老齢マウスの歩行能が改善しうる
2012/08 EurekAlert Brain enzyme is double whammy for Alzheimer's disease
脳酵素はアルツハイマー病のためのダブルパンチです。
 BACE1がまさしく助け生産物β-澱粉体よりそれ以上のことをするのがわかりました
 それは記憶喪失の原因となる別の細胞過程を規制します。
2012/08 EurekAlert
 'Alzheimer protein' seems to slow down neurotransmitter production
'アルツハイマータンパク質'は神経伝達物質の生産を減速させるように思えます。
 APPの現在の量は神経伝達物質の生産としたがって、神経細胞の中のコミュニケーションに、不可欠の酵素の量に関連しました。
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 APP蛋白質切断障害は神経伝達物質生成異常に直接的に関与しうる
 βアミロイドの前駆体・アミロイド前駆蛋白質(APP)量は神経伝達物質の生成に不可欠な酵素MAT2A量と関連する
2012/08 【日本語記事】MT Pro 
フラボノイド520mg以上のココア飲料でMCIの認知機能改善/45mgでは効果示さず,伊・二重盲検並行群間RCT
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 CRPレベルが高い認知機能正常高齢者の血縁者は認知症リスクが低い
 C反応性タンパク質(CRP)レベル
2012/08 Science アルツハイマー病を発症前に食い止める
Stopping Alzheimer's Before It Starts

2012/08 EurekAlert
 Is too much brain activity connected to Alzheimer's disease?
あまりに多くの脳活動がアルツハイマー病に接続されますか?
 脳の最もよく接続された部分での高いベースライン値のニューロンの活動はアルツハイマー病の開発で重要な役割を果たすかもしれません。
2012/08 EurekAlert
 Delirium increases the risk of developing new dementia 8-fold in older patients
高齢患者の精神錯乱は、認知症の発症リスクを8倍にする
 精神錯乱のエピソードを経験した高齢者は、認知症をかなりより発症しそうです。
2012/08 EurekAlert Hebrew SeniorLife links delirium and long-term cognitive decline in Alzheimer's patients
2012/08 【日本語記事】Nature アルツハイマー病に対する「自然」防御
アルツハイマー病の症状の見られない高齢者には、APP遺伝子のコード領域に変異
これがアルツハイマー病や認知機能低下に対する保護作用を示す
アルツハイマー病:保護的に働く変異
2012/08 Nature Alzheimer's disease: A protective mutation
doi:10.1038/488038a
医学:APPの変異はアルツハイマー病および加齢に関連した認知機能低下に保護作用を示す
2012/08 Nature A mutation in APP protects against Alzheimer’s disease and age-related cognitive decline
doi:10.1038/nature11283
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 APOE4はAβ血管排出妨害を介してアルツハイマー病リスクを高めうる
2012/07 【日本語記事】BioToday
 グリア細胞標的薬の抗アルツハイマー病効果がマウス実験で示された
2012/07 読売新聞 ヤマイモ成分にアルツハイマー改善効果…富山大
2012/07 読売新聞 アルツハイマー患者、誘発物質が長寿者の2倍
 105歳以上の長寿者と神経難病患者由来のiPS細胞(新型万能細胞)を変化させた神経細胞を比較
 105~110歳で亡くなった2人の皮膚細胞から作製したiPS細胞を神経細胞に変えることに成功
 患者の細胞における「ベータアミロイド」などの生産量は、長寿者の2倍

2012/07 EurekAlert
 New biomarker in the blood may help predict Alzheimer's disease
血液の中の新しい生体標識は、アルツハイマー病を予測するのを助けるかもしれません。
 セラミドの、より高いレベルはアルツハイマー病を発症するという人の危険を増加させるかもしれません
2012/07 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 アルツハイマーを予防する遺伝子発見?
 1,800人のアイスランド人のゲノムを分析
 APP遺伝子の中に、アミロイド斑の形成を減らし、 アルツハイマー病と認知機能低下を防ぐ突然変異が見つかった。
2012/07 BBC News Drinking alcohol, even in moderation, 'a dementia risk'
少々の酒であっても、痴呆のリスク
"適度"のアルコール量を飲むことも 認知症のリスクを増加させる。
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 飲酒はたとえ適度であっても認知症リスクを高めうる/女性対象試験
2012/07 【日本語記事】BioToday
 栄養補助製品Souvenaidでアルツハイマー病患者の記憶機能が改善
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 相談/教育/支援によるアルツハイマー病多面的介入の効果認められず
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 健忘性認知障害で死亡リスクが約2倍上昇する/70歳以上高齢者試験
2012/07 EurekAlert Amnestic mild cognitive impairment doubles risk of death
健忘軽度認識障害は死亡の危険性を倍にします。
2012/07 読売新聞 認知症予防には…恋をすること、新聞を読むこと
2012/07 BBC News Alzheimer's 'early signs timeline developed'
アルツハイマー病の初期の兆候がマッピングされた '
症状が現れる前に科学者たちはアルツハイマー病の目に見えない進歩の "タイムライン"を組み立てています。
2012/07 【日本語記事】BioToday
 アルツハイマー病は症状発現の20年以上前から始まっているようだ
2012/07 EurekAlert
 First detailed timeline established for brain's descent into Alzheimer's
2012/07 【日本語記事】MT Pro アルツハイマー病は25年前から始まっている/遺伝性ADのアットリスク者対象研究
2012/07 【日本語記事】AFP
 アルツハイマー病防ぐ遺伝子変異発見、認知機能維持にも
2012/07 【日本語記事】BioToday
 アルツハイマー病を防ぐAPP遺伝子変異が見つかった
2012/07 EurekAlert
 Nutrient mixture improves memory in patients with early Alzheimer's
栄養物カクテルが初期アルツハイマー患者の物覚えを良くすることができる
2012/07 LiveScience Bees Do It: Brain Aging Reversed
蜂はそれを行う:脳の老化は、逆
調査結果は、ヒトで認知症の治療に適用することができます。
2012/07 EurekAlert
 Chronic inflammation in the brain leads the way to Alzheimer's disease
脳の慢性炎症、アルツハイマー病の発症を下ごしらえする


 以上、 →2012年7〜12月の記事でした


→ 「認知症、アルツハイマー病」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー