教育、子ども、乳幼児~思春期:
2012年7〜12月

ほか「教育、子ども、乳幼児~思春期」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/12 EurekAlert For pre-teens, kindness may be key to popularity
思春期直前の子供、親切なら人気もの
 親切な行為を実行する9~12歳は、より満足であるだけではなく、同輩からよく承認される
2012/12 EurekAlert Kindness key to happiness and acceptance for children
2012/12 Impact of early vs. late childhood early life stress on brain morphometrics
子どもに対するストレスが脳容量に与える影響は年齢によって違う。8-17歳のストレスがACCと島の委縮に関連し、7歳までのストレスでは関連なし。
2012/12 時事通信 子どもの肥満、福島で顕著=原発事故で運動不足か 全国は減少傾向・文科省調査
言葉が達者な乳幼児は、癇癪の少ない幼児に育つ
2012/12 EurekAlert Toddlers' language skills predict less anger by preschool
2012/12 LiveScience Early Language Skills Help Kids Manage Anger
初期の言語能力は子供が怒りを管理するのに役立つ
良い言語スキルを持つ幼児は彼らが就学前の入力したときに怒りを管理するより良いことができます。

口が達者な乳幼児は、癇癪が少ない子に育つ。
2歳〜4歳を観察。
発達初期に言語能力が高かった幼児はキレにくい。
言葉で怒りや不満を表現でき、自制心も比較的高め。

2012/12 EurekAlert Bullying by childhood peers leaves a trace that can change the expression of a gene linked to mood
幼い頃にお友達からいじめを受けた子、情動関連遺伝子の表現形に傷跡が残る
 大人になっても心の問題を抱えやすくなりがち
2012/12 LiveScience Bullying May Alter Gene Expression, Study Finds
いじめの子供は気分の調節に関与する遺伝子の発現の変化を持っている可能性がある

2012/12 EurekAlert
 Father's death affects early adolescents' futures in developing world
父親をなくした開発途上地域の若者、将来に影響します。
 父親の死は、子供の人生で後の成功に長期効果を持つ
 子供の小児期後期~思春期に父親が亡くなるなら、特に有害である場合があります
2012/12 EurekAlert 1 in 10 6- to 8-year-olds has sleep-disordered breathing
6歳の約10パーセントには、最近のフィンランドの研究によると、睡眠呼吸障害があります。
2012/12 LiveScience Concussions May Affect Kids for Months
脳震盪は何ヶ月も子供に影響を与えうる
脳のスキャンは、子どもたちが脳損傷を経験した後に構造変化は3ヶ月持続していることを明らかにした。

2012/12 日本の子ども 理数得点が上昇傾向 NHKニュース
 算数・数学と理科の平均得点は小中学校ともに上昇傾向
 授業に実験や観察を多く取り入れるなど学校が指導を改善したためではないか
親の育て方で作られる「非コミュ」もしくは人間関係恐怖症
2012/12 'Commitment-phobic' adults could have mom and dad to blame
 お子さんに対するネグレクトも、過干渉も、人間関係恐怖症な人に育つ要因です
2012/12 LiveScience Good Partners Make Good Parents, Study Finds

2012/12 LiveScience Babies Spot Faces with Adult-Like Brain Power
大人っぽい頭脳パワーで顔を検知する赤ちゃん
彼らは基本的な図形を区別するのが得意な方も前に、4ヶ月の幼い赤ちゃんは大人のような形式で顔を処理することができる
自室にテレビがあるお子さんは肥満児になる率が高め:アメリカ
2012/12 EurekAlert Bedroom TV viewing increases risk of obesity in children
2012/12 LiveScience Bedroom TVs Linked to Childhood Obesity
寝室のテレビは小児肥満にリンク
2012/12 EurekAlert
 Can going hungry as a child slow down cognitive decline in later years?
子供時代に飢餓を経験した人、比較的高齢期の認知機能の衰えペースが遅め
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 幼少期に飢えを経験した黒人は高齢期に認知機能が低下しにくい
2012/12 EurekAlert
 UT study: Students who are more physically fit perform better academically
級友より健康な中学校生徒は、良い成績を取って、標準検査に優れています

2012/12 EurekAlert
 Just a spoonful: Sweet taste comforts babies during injections
甘味は注射の間、赤ん坊を慰めます。
 砂糖の甘味は免疫の間、何らかの安らぎを赤ん坊に提供するかもしれません。

身体を動かしてよく遊ぶ子は、学業成績も良さげ
2012/12 EurekAlert Fit kids finish first in the classroom
適任の子供は最初に、教室で終わります。
2割の子は貧困の中で暮らしているアメリカ
2012/12 EurekAlert 1 in 5 children live in poverty -- A new report examines effect of poverty on children
欠乏で活動的な5人の子供の1--最新の報告は子供への貧困の効果を調べます。
2012/12 EurekAlert  Infants learn to look and look to learn
幼児は、学ぶために見て、見ることを学びます。

貧しいと集中できない?
2012/11 EurekAlert
 Family's economic situation influences brain function in children
家族の経済状況は子供の頭脳の機能に影響を及ぼします。
 低所得家庭の子供は、裕福な家庭の子より、環境からの雑情報をフィルタするのに苦労する
 注意の集中のしかたが、脳波やストレス反応からして違っている
 低所得家庭の子供は、ストレスが多いぶん、「かすかな危険反応」になんでもかでも反応するようになってしまってるんじゃないか

2012/11 EurekAlert
 Reducing sibling rivalry in youth improves later health and well-being
子供のうちに兄弟げんかの仲直りが上手になれば、成長後の健康度や幸福度が高めになるよ
「外で遊ばないと虫歯になりますよ」
2012/11 EurekAlert
 New review associates vitamin D with lower rates of tooth decay
ビタミンD不足で子どもの虫歯が増える可能性

2012/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 いじめられないように学力を低くみせる子供たち、米国で話題に
三つ子の魂・・・
2012/11 EurekAlert Brainy babies – Research explores infants' skills and abilities
幼児が早くから示す能力が、幼年期の人生以降で後で技能の開発を形成できる
芸術にいそしむ学生は不幸っぽい?
2012/11 EurekAlert Teens in arts report depressive symptoms, study says
 音楽や演劇や美術などの芸術系クラブ活動に参加する十代は、気分の落ち込みや悲しみを感じると報告する率が高め

2012/11 EurekAlert
  Low muscle strength in adolescence linked to increased risk of early death
思春期に筋力がしょぼい状態だと若死にのリスクが高めになる
2012/11 BBC News Early death link to muscle power
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 思春期の筋力が弱かった男性は早死にしやすく精神疾患になりやすい

2012/11 EurekAlert
 Happy youngsters more likely to grow into wealthy adults, study finds
幸福度の高いお子さんは裕福な大人になる割合が高め
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 若い頃に満ち足りていた人や幸福だった人は稼ぎが多い
2012/11 LiveScience Are Happy Kids More Likely to Be Rich?
2012/11 LiveScience Happy Teens Earn More in Adulthood
2012/11 EurekAlert  Teenagers urged to exercise to ward off bone disease
骨の病を避けるために運動するよう促されたティーンエイジャー
 1週間あたり少なくとも3時間フットボールをするか、または走る
 ティーンエイジャーが座る長引いている期間によって引き起こされた彼らの骨の健康に可能性のあるダメージを打ち消すのを助けるかもしれません。
早くに水泳を習う子は発達が早め
2012/11 EurekAlert Children who swim start smarter
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 早くから水泳を習い始めた子は発達が早いようだ
ミルクを飲む子はよく育つ
2012/11 EurekAlert
 New study finds milk-drinking kids reap physical benefits later in life
ミルクを飲む子供が人生で後で身体的な利益を獲得するのがわかります。
 ミルクが子供として習慣を飲み始めるのが一生の利益に通じることができます
 成人後の身体能力とバランスを改良さえして

2012/11 EurekAlert
 Fantasy-reality confusion a primary cause of childhood nighttime fears
フィクションと事実を区別する子供の能力が夜の恐怖に打ち勝つのに非常に大きなインパクトを持っている
2012/11 EurekAlert
 Babies rely on words to 'decode' underlying intentions of others
赤ん坊は、他のものの基本的な意志を'解読する'ために単語を当てにします。
 他のものの意志を理解する幼児の能力における言葉の力
 2つの実験に基づく結果は、差し迫っている目新しい出来事に対する目新しい単語を紹介すると強力な影響が振舞いを模倣する幼児の傾向に与えられたのを示しています。
 幼児がどんなに型破りであってもそれが命名されたなら振舞いをより模倣しそうだった、無名のままで残っていたなら、研究は目立っています。
2012/11 EurekAlert Church-going teens go further with school
教会に通う子は進学率が高め
2012/10 EurekAlert 5 year olds are generous only when they're watched
5才児は、見られている時だけ良い子
2012/10 Young Children Are More Generous When Others Are Aware of Their Actions
転居の多い子、ホームレス状態の子、学業にハンデ
2012/10 EurekAlert
 Homelessness, high mobility threaten children's achievement
 住所不定である、または移る子供が、頻繁に同じくらいあまり移らない他の低所得より慢性的に低数学と読書術の学生がいます。
2012/10 EurekAlert
 Parenting and temperament in childhood predict later political ideology
幼年期の子育てと性向は成長後の政治的イデオロギーを予測します。
 政治上の考え方は個人のしつけ、人生経験、および環境の製品です。
 育児方法と幼年期の性質が後の人生で政治上のイデオロギーを形成することにおける有力な役割を果たすかもしれない
2012/10 LiveScience Parenting Style May Shape Political Views
子育てのスタイルは、政治的見解を形作ることがある
服従を大切にする両親の子は、若年成人で保守的である可能性が高くなります。

心に異常をきたしている子には、いじめっこが含まれる率が3倍
2012/10 EurekAlert
 Children with mental health disorders more often identified as bullies
メンタル・ヘルス異状と診断された子供は、いじめっ子として3倍より特定されそうでした
2012/10 BBC News Brain change link to anti-social behaviour in girls
脳の変化の悪行リンク
行動障害を持つ十代の少女の脳は、仲間のものと構造的に異なっている、研究者が発見した。
寝不足の子はスポーツで負傷しやすい
2012/10 EurekAlert Lack of sleep tied to teen sports injuries
2012/10 EurekAlert
 Genes and immune system shaped by childhood poverty, stress
幼年期の貧困、ストレスによって形成された遺伝子と免疫システム

2012/10 EurekAlert Decreased gene activity is likely involved in childhood risk for anxiety and depression
減少している遺伝子活動はおそらく幼年期の不安やうつリスクにかかわります。
 遺伝子のグループの活性低下は、幼児では、心配している脳の「恐怖センター」が、なぜ想像と本当の脅威を区別することを学ぶことができないかを説明するかもしれません、ウィスコンシン研究の新しい大学によると。
2012/10 【日本語記事】MT Pro 
 鼻腔内異物に対する「ママのキス」法の有効性と安全性/英国のグループによるシステマチックレビュー

2012/10 LiveScience How Books at Home May Affect Child's Brain Later
家にある本は子供の脳に影響を与えるかもしれない
 小児期の早い時期に、家庭に本や知育おもちゃがあると、その後の人生で、子供の脳の構造を予測する可能性
 その後の家庭環境はさほど影響しない。
2012/10 【日本語記事】BioToday  小児の脳白質の発達と読み能力が関連する
2012/10 EurekAlert
 Studies report early childhood trauma takes visible toll on brain
幼い頃の精神的な傷は、脳に目に見える傷を残す
 幼少期のトラウマは、生涯続く脳、学習、および行動への影響を残す:動物に関する研究によると。

2012/10 【日本語記事】MT Pro 
 子供のころの情緒的ネグレクトが高齢期の脳梗塞リスクに/米・Rush Memory and Agingプロジェクト
2012/10 LiveScience 'Uncanny Valley' Unease May Start in Infancy
"不気味の谷"不安はまだ揺籃期に開始することができる
研究では、赤ちゃんは見知らぬ人と母親の顔を組み合わせて写真を見て好きではないことがわかった。
2012/10 EurekAlert The Marshmallow Study revisited
「マシュマロテスト」再考
 満足を遅らせることができるのが天賦の才能のように環境によって同じくらい非常に影響を及ぼされる
2012/10 LiveScience
 Twist on 'Marshmallow Test' Shows Environment Affects Self-Control
2012/10 EurekAlert
 Brain scans can predict children's reading ability, Stanford researchers say
脳スキャンが子供の読字能力を予測できる
 幼児で不十分な読書術に関連している神経構造を特定できて、苦学生のための早期警戒方式につながるかもしれません。
2012/10 EurekAlert A problem shared is a problem halved
共有された問題は、半分にされた問題です。
 いじめは大人達か同輩のどちらかからの社会的支援を持っていない学校の少女の精神の健康に有害です。
 対照的に、大人達か同輩からの社会的支援は否定的な結果と憂うつを少なくするように見えます。
2012/10 BBC News Limit children's screen time, expert urges
スクリーンの前で過ごす子どもたちの時間制限
 画面中毒や健康問題を食い止めるために抑制されるべき
2012/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 3歳未満にはテレビを見せたら駄目?
極貧地区から軽度貧困地区への転居
2012/10 EurekAlert Moving from high-poverty to low-poverty neighborhoods appears beneficial for some adolescent girls
高貧困地域から低貧困エリアへの転居は何人かの思春期の少女にとって有益に見えます。
 何人かの少女が高い貧困地区から低い貧困地区まで家族を動かしたプログラムの利益を得ましたが、
 健康関連の脆弱性を先在させる家族からの少年と若者は、メンタル・ヘルス利益を経験するように見えませんでした。
11歳における執行的職能のための幼児の認識力の含意
2012/10 Implications of Infant Cognition for Executive Functions at Age 11


2012/10 LiveScience Risky Business: The Real Reason Teens Do Stupid Things
危険なビジネス:10代が愚かな事をしでかす本当の理由
 同時に、彼らはより多くの曖昧さを受け入れることもできる。
2012/10 EurekAlert No fear: Why teens are likelier to take gambles
十代がギャンブルをより取りそうである理由
 結果が未知であるときに、危険を受け入れても構わないと、より思っている
 若者が一般的に低年齢の小児と大人達より多くの危険を冒す
反抗期がある子って今や絶滅危惧種?
2012/10 BBC News Is the teen rebel a dying breed?
十代の反乱は廃れる運命にあるものですか?
ティーンエイジャーは、酒とタバコと少ない薬を飲んでいますか?







2012/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 幼いうちに脳に刷り込まれる「ファーストフードのロゴ」
 子供達の脳には、ファーストフードのロゴがすり込まれており、こうしたロゴを見ると幸福感や食欲を司る部分の働きが活発になる
2012/09 LiveScience
 The Preschool Laboratory: Young Children Think Like Scientists
幼稚園研究所:幼い子供が科学者のように考える
 幼児の遊びは本当に実験で、研究は示しています。

2012/09 LiveScience Toys Cars Offer Mobility to Children with Disabilities
おもちゃの車は、障害児へのモビリティの提供
アシスティブロボティクスは、子どもたちが先天的不動の有害発達への影響を克服するのを助ける。

2012/09 LiveScience
 Teens' Late-Night Cellphone Use Linked with Mental Health Problems
精神衛生上の問題とリンクされたティーンズ深夜携帯電話の使用
十代の若者、寝る前の携帯電話使用は、精神衛生上の問題にさらされる可能性がある。
2012/09 EurekAlert Learning to overcome fear is difficult for teens
恐怖に打ち勝つことを学ぶのは十代の間、難しいです。
 危険がもう存在してさえいないとき、若者の脅威への反応が高いままで残っている
 ティーンエイジャーの脳が脅威でいったん引き起こされると、脅威への感情的な反応を抑圧する能力は減少
2012/09 Altered fear learning across development in both mouse and human
 マウスでも人間でも思春期に恐怖の消去学習をするのは難しい。

2012/09 Science
 幼児における科学的思考:理論的進歩、実証的研究、そして政策における意義
Scientific Thinking in Young Children: Theoretical Advances, Empirical Research, and Policy Implications
2012/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 
小さな子どもたちも科学者と同じように思考する

2012/09 EurekAlert Researchers investigate aggression among kindergartners
幼稚園児の攻撃性を調査
 すべての攻撃的な子供が同じ理由で攻撃的であるというわけではありません
 一部が生理的にそそられている間攻撃的な何人かの幼稚園児が低言語能力を示す
 問題行動の異なった根本にある原因で異なったタイプの治療が子供を助けるのに必要であるかもしれない
2012/09 Kids who get gifts of scratch lottery tickets gamble earlier in life
若いうちにスクラッチくじに親しんだ子、そのぶんギャンブルはじめる年齢が若めになりがち。
2012/09 Selective Imitation of In-Group Over Out-Group Members in 14-Month-Old Infants
一歳2ヶ月の子、同じ言語圏の人の行動をまねしたがる。
子供時代の肥満、将来への影響でかい
2012/09 EurekAlert Future health risks for obese children may be greater than previously thought
将来の脳卒中と心臓病の30-40%高いリスク
 子供として肥満体である、または思春期であることが以前に思われるより大きい影響を将来の健康に与えるかもしれません
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 正常範囲を超えるBMIの小児は心血管疾患リスク指標が有意に悪い
2012/09 EurekAlert Study links active video gaming with higher energy expenditure in children
アクティブなビデオゲーム、子供で高いエネルギー消費
 休息や座業的なテレビゲームプレーと比べて、
ダンスやボクシングなどの身体を動かすTVゲームは増加する心拍数、酸素摂取量、およびエネルギーの消費に関連していました。
2012/09 Attention training towards positive stimuli in clinically anxious children
怒った顔の中から幸せそうな顔を見つける練習をした子は、過剰な不安が和らぐ
遊び友だちは、その子がどんな大人になるかお見通し
2012/09 EurekAlert Playground peers can predict adult personalities
遊び場同輩は成長後の個性を予測できます。
 遊び場の上でさえ、友人は自分が己を知っているより自分のことをよく知っています。
 小中学校の同級生が大人になったあなたの成功を最もよく予測できるかもしれない
 「誰が成功しそう?自分はどのくらい出世しそう?」
 アンケートを取っておいたら、20年後をよく言い当てていたのは自分ではなく友人たち
2012/09 LiveScience Will Your Kid Succeed in Life? Ask Their Friends
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 子供時分の友人からの評価で成人期の成功をより正確に予測しうる

2012/09 EurekAlert
 Emotional neglect in children linked to increased stroke risk later in life
成人後の脳卒中リスク増にリンクされた幼年期の感情的ネグレクト
「カッコいい名前を野菜につけると児童がよく食べる」
2012/09 Catchy vegetable names increase affinity for greens
ウィザード・ブロッコリ! イナヅマ・ニンジン!
2012/09 LiveScience Catchy Names Get Kids to Eat Veggies
キャッチーな名前は子供が野菜を食べるために取得する
2012/09 EurekAlert Pacifiers may have emotional consequences for boys
おしゃぶりには、少年のための感情的帰結があるかもしれません。
 おしゃぶりは、幼年時代の間に表情を試着する機会を奪うことによって、男の子の情緒上の発育を妨げるかもしれません。
2012/09 EurekAlert Disability caused by traumatic brain injury in children may persist and stop improving after 2 years
子供の脳外傷によって引き起こされた障害は、2年後に固執していて、向上するのを止めるかもしれません。
 適度の、または、激しい脳外傷を被った子供
 負傷の2年後にまだかなりの機能的障害と減少している生活の質を持っているかもしれません。
2012/09 EurekAlert
 Longer exercise provides added benefit to children's health
より長い運動は子供の健康への付加利益を提供します。
 3カ月の毎日20分の活発な身体的活動は子供の彼の全身脂肪や糖尿病の危険を減少させることができます
40分ならさらに効果あり
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 運動量が多いほど太り過ぎ/肥満児インスリン抵抗性はより低下する
2012/09 EurekAlert
 Higher levels of BPA in children and teens associated with obesity
子供と十代のビスフェノールAの高いレベル、肥満に関連
 尿のビスフェノールAの、より高い集中を持っていた人が、肥満体である可能性高め
2012/09 EurekAlert Higher levels of BPA in children and teens significantly associated with obesity
2012/09 ABC@オーストラリア Obesity, BPA link tenuous say experts
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 成人と同様に小児でも尿中BPA濃度上昇と肥満リスク上昇が関連する
2012/09 ScienceDaily Babies' Ability to Detect Complex Rules in Language Outshines That of Adults, Research Suggests
言語の複雑な規則を検出する赤ん坊の能力、大人達のものにまさる
2012/09 EurekAlert Head start for little language learners
赤ん坊には、大人達のものにまさる言語の複雑な規則を検出する能力があります
社会経験に依存するオリゴデンドロサイト成熟化と髄鞘形成の臨界期
2012/09 A Critical Period for Social Experience–Dependent Oligodendrocyte Maturation and Myelination
離乳後の母仔分離は前頭前野での不可逆的なミエリン鞘異常を誘発。2週間が臨界期。
2012/09 Science
 社会性の獲得の臨界期はグリア細胞の成熟と髄鞘化に決定される
2012/09 EurekAlert
 How early social deprivation impairs long-term cognitive function
ひどいネグレクトに苦しむ子は、認識機能障害を持つ大人に育ちがち
 若年期の間の社会的隔離は、脳の白質のセルがミエリン、脂肪性の「絶縁」を神経線維に熟して、生産するのを防ぎます
2012/09 LiveScience Mystery of How Social Isolation Messes with Brain Solved
社会的孤立が脳をダメにする機序
ネグレクトされた子供たちが大人になって苦労する理由をマウスの研究では、説明することがあります。
2012/09 news@nature.com Neuroscience: Social isolation thins neural sheath
神経科学: 社会的隔離は神経のさやを薄くします。
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 幼少期社会的隔離による行動/認知障害にErbB3伝達異常が関与しうる
 前頭前皮質オリゴデンドロサイト成熟や髄鞘形成の永続的障害
 マウス研究成果
2012/09 Fish Oils May Improve Reading Skills and Behavior in Children
魚油の摂取で子供の読解力が上昇

2012/09 EurekAlert
  Study finds how BPA affects gene expression, anxiety; Soy mitigates effects
幼いときのビスフェノールA暴露、
 へん桃核の重要な遺伝子発現変化を引き起こすことによって、不安度が高く出るようになる
遊び場における社会的疎外
2012/09 EurekAlert Social exclusion on the playground
子供に関しては、社会的疎外は感情的な幸福から学力達成度までのすべてに影響を与えることができます。
2012/09 EurekAlert Children exposed to 2 phthalates have elevated risk of asthma-related airway inflammation
フタル酸ジエチルとフタル酸ブチルベンジルにさらされた子供は、喘息関連の気道炎症の危険を上げました
喘息の子がいじめられがちなそのわけ
2012/09 ScienceDaily Why Children With Asthma Are More Likely to Be Bullied
 スポーツで仲間はずれ
 親の過干渉
2012/09 EurekAlert
 Study explores why children with asthma are more likely to be bullied
喘息の子が、いじめられがちである理由
幼児に見る指差しの聞き手選好と言語発達の相関
2012/08 Hand preference for pointing and language development in toddlers.

言語のジェスチャーと指すための手の好みレベルを12~30カ月年令の46人の幼児で評価
言語(DQ)が100を超えた子供で右利き度合いが高め
2012/08 EurekAlert Young children share rewards based on merit
幼児は長所に基づく報酬を分担します。
2012/08 EurekAlert Pretend play may not be as crucial to child development as believed, new study shows
ごっこ遊びはそんなに児童の発育には重要でないかも

貧しい家庭に育っても、バイリンガルならなんぼか有利
2012/08 EurekAlert Speaking 2 languages also benefits low-income children

2012/08 ScienceDaily
 Kindergarten Readiness: Are Shy Kids at an Academic Disadvantage?
引っ込み思案な幼児は学業にハンデ
 ひどく内気な就学前の児童が彼らの話好きで騒々しい同輩より高いアカデミックなリスクでいる
 就学前の年齢早々内気でよそよそしい振舞いを見せる子供が、最も低い学力と共に始めて、1年の向こう側にアカデミックな学習スキルが最も遅い利得を示した
2012/08 EurekAlert
 Kindergarten readiness: Are shy kids at an academic disadvantage?
2012/08 Defining the developmental parameters of temper loss in early childhood: implications for developmental psychopathology
幼い頃における疳の虫の発生パラメータを定義します: 発達上の精神病理学のための含意
ほとんどすべての(83.7%)の未就学児には、かんしゃくが時々ありましたが、8.6%だけでは、毎日のかんしゃくがありました。
 臨床的に問題があるインディケータは、予測できず、長引き、そして/または、破壊的
 より軽い振舞いは、予想可能文脈にフラストレーションを反映する傾向がありました。
2012/08 EurekAlert When to worry about kids' temper tantrums
癇癪
2012/08 Young Children Consider Merit when Sharing Resources with Others
未就学児童(3歳、5歳)でも他人の貢献度を考慮して報酬を分配する。
2012/08 Health Tip: Is Anxiety Affecting Your Child?
Insomnia is a potential warning sign
子どもの不安障害のサイン
・悪い夢を見るなど、睡眠に支障が出る
・食事に変化が見られる
・親にくっついて離れない
・遊んでいる間、ショックを受けた出来事を行動で示す
・ショックを受けた出来事に関わることを避ける
・同じことがまた起こるのではないかと恐れる
2012/08 EurekAlert Income, 'screen time' affect soda, junk food consumption
収入と映像視聴時間は炭酸飲料、ジャンクフードの消費に影響します。
 アルバータ大学の研究者は1,800人のエドモントン-領域未就学児の食生活について調査

理不尽な精神的苦痛を示す大人に対しては、3歳児はさほど共感を示しません。
2012/08
 Young Children Sympathize Less in Response to Unjustified Emotional Distress.
若い頃から幼児の共感と向社会的行動が感情的な表示への自動応答でないと示唆しますが、表示された苦悩が正当であるか否かに関係なく、考慮に入れることをむしろ伴います。
2012/08 LiveScience Toddlers Show Less Sympathy for Whiners
若い子供たちは適切なリアクション度合いの違いを知っているように見える
幼い頃に音楽を習った経験があれば、成長後も音感が良好
2012/08 A Little Goes a Long Way: How the Adult Brain Is Shaped by Musical Training in Childhood
2012/08 LiveScience Kids' Music Lessons Have Lasting Brain Benefits
2012/08 EurekAlert A little music training goes a long way
2012/08 BBC News Antibiotics can make young children heavier, says study
抗生物質が子どもの体重にリンク
若い赤ちゃんに抗生物質を与えることは、米国の研究者によると、その後の人生で自分の体重を増加させることができる。
2012/08 ABC@オーストラリア Giving babies antibiotics linked to obesity
6ヶ月の年齢の前に赤ちゃんの抗生物質を与えることは、新たな研究によると、彼らはぽっちゃりした子になることが原因となることがあります。
2012/08 EurekAlert  Antibiotic use in infants before 6 months associated with being overweight in childhood
2012/08 EurekAlert Study suggests early exposure to antibiotics may impact development, obesity
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 生後6ヶ月間に抗生物質曝露した小児は太りすぎになるリスク高い
2012/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 人間も乳幼児期に抗生物質を投与されると太る?
2012/08 【日本語記事】MT Pro
 生後6カ月未満の抗菌薬使用が過体重を引き起こす/エイボン親子縦断研究の分析
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 大きないびきがずっと続いている幼児は問題行動リスクが高い
2012/08 EurekAlert Brain scans don't lie about age
ブレーンスキャンは年齢詐称させない
 正確に年齢を特定できる、およそ1年の誤差でブレーンスキャンを使用できるのを示しています。
2012/08 EurekAlert Multi-dimensional brain measurements can assess child's age
正確に92パーセントの精度に従った子供の年令を算定できる多次元脳の測定を発生しました。
2012/08 ABC@オーストラリア Brain scan study reveals owner's age
2012/08 Neuroanatomical Assessment of Biological Maturity

幼いときにこらえ性があったかどうかで、成人後のメタボ度合いがわかる
2012/08 EurekAlert
 Children's self-control is associated with their body mass index as adults
子供のセルフ・コントロールは大人達としてそれらのBMI値に関連しています。
 4歳のときに、より長い間満足を遅らせるのが30年後に低いBMI値を持つ
2012/08 LiveScience
 Kids' Abilities to Delay Gratification May Keep Them Thin Later in Life

2012/08 EurekAlert
 Children's physical activity levels are not enough to counteract sedentary lifestyles
子供の身体的活動レベルは、運動不足なライフスタイルを打ち消すために十分ではありません。

2012/08 LiveScience Do Babies Have a Moral Compass? Debate Heats Up
赤ちゃんは道徳コンパスを持っていますか?議論がヒートアップ
新しい研究は、赤ちゃんが間違って右から伝えることができるが示唆以前の研究に疑問を投げかけている。
2012/08 EurekAlert Babies may not have a 'moral compass' after all
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 赤ちゃんが道徳観を持つことを示唆した研究成果は疑わしい
2012/08 朝日新聞 「カンガルーケア」と呼ばないで 安全イメージ独り歩き
2012/08 EurekAlert New study finds external stimulation impacts white matter development in the postnatal brain
外部からの刺激が出生後の脳における白質の発達に影響を与える
 外部の刺激が脳の特定地域の生後発育に影響を与える
 脳の感覚皮質でのNG2を急送しているオリゴデンドロサイト先祖細胞(NG2セル)の成長と収集を調べるのに感覚遮断を使用
2012/08 EurekAlert Brain activity may predict teens' heavy drinking
脳活動はティーンエイジャーの深酒を予測するかもしれません。
 ティーンエイジャーの発達中の脳に影響する深酒
 脳活動のあるパターンは、子供がアルコール中毒になるリスクを予測する
2012/08 Brain response to working memory over three years of adolescence: influence of initiating heavy drinking.
酒を飲み始める前から前頭葉と頭頂葉の活動は低い子が、大酒のみになりがち
 酒を飲み始めるとワーキングメモリ課題中に前頭葉と頭頂葉の活動が増加。
2012/08 LiveScience Will Your Teen Become a Problem Drinker? The Brain Tells All

2012/08 EurekAlert
 Preschool children who can pay attention more likely to finish college
おそらく、注意を払うことができる就学前の児童が大学を卒業する見込みは50%以上
 430人の保育園児のグループを追跡
 注意を向けて指示に従ってタスクを完成、などの社会的行動技能が学力よりさらに重要であるかもしれない
4歳時点の注意持続能力が21歳の数学や読解能力や、25歳までの大学卒業に相関。
2012/08 Relations between preschool attention span-persistence and age 25 educational outcomes

2012/08 EurekAlert
 Growing up grateful gives teens multiple mental health benefits, new research shows
感謝の心を持つ子は心も身体も健康に
 感謝している十代は彼らのそれほど感謝していない同輩より幸福である傾向があります
 ドラッグとアルコールをより誤用しそうになくて
 人生に意義を感じる、生きる上での満足感を感じる、幸福度と将来の明るさがアップ、気分の落ち込みも減った
2012/08 EurekAlert
 Students with strong hearts and lungs may make better grades, study finds
強い心臓と肺がある学生が良い成績を取るかもしれない
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 心肺機能が高い中学生は国語や算数の成績も良い
2012/08 Feeling fat may make you fat
太っていると感じている子は、もっと太るかも
 自分たちが太っていると知覚する標準体重の十代は、肥満方向に成長しがち
2012/08 Being Normal Weight but Feeling Overweight in Adolescence May Affect Weight Development into Young Adulthood—An 11-Year Followup: The HUNT Study, Norway
2012/08 Poor Nutrition at Age 3 and Schizotypal Personality at Age 23: The Mediating Role of Age 11 Cognitive Functioning
3歳で栄養失調→11歳で認知機能低め→23歳時点で統合失調型人格特性が高め。
2012/08 EurekAlert Adolescents' personalities and coping habits affect social behaviors, MU researcher says
若者の人柄と対処習慣が社会的行動に影響する
 若者の展開する個性と対処習慣がどう他のものに振舞いに影響するか
2012/08 LiveScience Why Being Social in Youth Is Linked to Adult Happiness
2012/08 A 32-Year Longitudinal Study of Child and Adolescent Pathways to Well-Being in Adulthood
思春期の学業成績より人間関係資産の方が後の幸福につながる
 そのいっぽうで、成績優秀→人的つながりの質向上→幸福度向上 もあり
2012/08 EurekAlert Early relationships, not brainpower, key to adult happiness
2012/08 【日本語記事】ワイアードビジョン
 32年の追跡調査でわかった「幸福な人生の秘訣」
ニュージーランドに生まれた子ども約1,000人を対象とした32年間にわたる追跡調査データ
 十代のころに両親との関係が良好
 学校を好き
 「何か悩み事があったり、怒りを覚えたときに相談できる相手」を持つ
 自分の将来について楽観的で、自立していて、おおむね忙しい毎日を送っている

2012/08 EurekAlert Childhood defiance correlated with drug dependence
幼年期の反抗は薬物依存と互いに関連しました。
 反抗行動を示す子供が、ニコチン、大麻、およびコカインへの依存症になるという危険を冒します。
 それにもかかわらず、活動過剰は本来物質乱用か依存のどんな固有のリスクにも関連しているように思えません。
2012/08 EurekAlert Teen survival expectations predict later risk-taking behavior
十代における生存期待は後のリスクテイキング行動を予測します。
 「健康に長生きできそうにない」という将来の見込みを抱く若年層は実際にそうなるような暮らしをやりがち
2012/08 Adolescent Expectations of Early Death Predict Adult Risk Behaviors
中年までに自分は死ぬんじゃないかとみなす若者は薬物に走りやすく、実際に早死にする。
2012/07 Using yuk! and weird! to teach children new morals
子どもに「宇宙人のモラル」を教える
 子供は、あるふるまいの不道徳を認識するために嫌気の気持ちと不自然の信念で、用意されます、特にこれらの要素が結合されているとき。

2012/07 EurekAlert Toddlers object when people break the rules
人々が規則を破るとき、幼児は、反対します。
 3歳が明確に標準ベースの反論をしました
2012/07 LiveScience Early Neglect Alters Kids' Brains
幼時のネグレクトはキッズブレインズを変化させる
孤児院で重要な期間を費やしては、長期的な影響を持っています。
2012/07 EurekAlert
 Social deprivation has a measurable effect on brain growth
社会的隔離は脳成長に測定可能な効果を持っています。
2012/07 Nighttime Fears and Fantasy-Reality Differentiation in Preschool Children.
夜を怖がる幼児は空想と現実の区別が苦手
三ヶ月の時点で、よくかまってくれる父親がいた赤ちゃんは、一歳児になった時点で良い子度が高め
2012/07 EurekAlert
 Child's behavior linked to father-infant interactions, study shows
2012/07 EurekAlert TV habits predict kids' waist size and sporting ability
テレビの習慣は子供のウエストのサイズとスポーツ能力を予測します。
 2~4歳当時のテレビ視聴量は、10歳時点での肥満度とスポーツ参加度を予測する
2012/07 EurekAlert
 Could a larger waistline be a result of too much TV as a child?
何時間もの子供がテレビを見ながら費やせば費やすほど、彼らの筋肉のフィットネスが、より悪い
2012/07 BBC News TV habits 'can predict kids' waist size and fitness'
2012/07 LiveScience Too Much TV at Age 2 May Cut Athletic Ability Later On
幼いころに心に傷を負った女子、喫煙率高め
2012/07 EurekAlert Childhood trauma linked to adult smoking for girls
十代の子、7割近くがキレる怒りを経験、8%は激怒障害に基準に合致
2012/07 LiveScience
 Explosive Anger More Common in Teens Than Once Thought
一度考えられていたよりも高校生のより一般的な爆発的怒り
十代の若者の3分の2は激怒障害の8パーセント会議基準に、怒りの攻撃を報告した。
2012/07 EurekAlert Uncontrollable anger prevalent among US youth

 




 以上、 →2012年7〜12月の記事でした


→ 「教育、子ども、乳幼児~思春期」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー