うつ病、躁鬱病、自殺:
2013年1〜4月

ほか「うつ病、躁鬱病、自殺」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


効く遺伝子の人、効かない遺伝子の人
2013/04 Impact of 5-HTTLPR and BDNF polymorphisms on response to sertraline versus transcranial direct current stimulation: Implications for the serotonergic system
経頭蓋直流電気刺激によるうつ治療、5-HTTLPRの長い人が有利。
家族との関係はうつ病の発症率を左右する
2013/04 EurekAlert
 Risk of depression influenced by quality of relationships, U-M research says
配偶者、家族、友人との人間関係で、将来の大うつ病発症リスクを予測しうる
 よく会うか疎遠かの交流頻度多寡ではなく、関係の質が問題
2013/04 Early-Stage Psychotherapy Produces Elevated Frontal White Matter Integrity in Adult Major Depressive Disorder
 早期の精神療法は成人の大鬱病において前頭葉の白質を生産します。
2013/04 EurekAlert Faith in God positively influences treatment for individuals with psychiatric illness
神への信頼は明確に精神病治療に影響を及ぼします。
  神への信念は精神医学の病気に関する短期的な処理を受けるものの結果をかなり改良するかもしれません
2013/04 LiveScience Faith May Help Treat Mental Illness, Study Suggests
より高いレベルの神への信念を報告した患者が、より良い処理結果を持っていました。
 信仰心篤い患者のほうが、心の病への治療でよく回復する
2013/04 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 信仰がうつの治療効果を左右する?
2013/04 EurekAlert
 Over-diagnosis and over-treatment of depression is common in the US
過剰診断と過剰うつ病治療は米国で一般的です。
2013/04 EurekAlert Antidepressants linked with increased risks after surgery
手術後のリスク増にリンクされた抗うつ剤
2013/04 【日本語記事】BioToday
 治療を要しうる自殺リスク上昇成人を検診ツールで同定しうる
2013/04 Suicide Ideation of Individuals in Online Social Networks
 オンラインソーシャルネットワークの個人の自殺の観念構成
日本で優位なソーシャルネットワーキングサービスから得られた大きいデータセットを調べました。
 「不-推移性」(すなわち、ユーザを含む三角形の少数)、および部分への共同体の数がこの順で自殺の観念構成に最も貢献した
2013/04 Unsupervised classification of major depression using functional connectivity MRI
 MRIを用いた大うつ病の監督を受けない分類
2013/04 news@nature.com Neuroscience: Stimulating depression away
治療の効かないうつ病の患者は、電極が中間の前脳のサイトで挿入された後に、急速な改善を示しました--動機と報酬に関連している領域。
  脳深部電気刺激法
うつは心臓病を招き、心臓疾患はうつを招く
2013/04 EurekAlert Social stress and the inflamed brain
 社会的ストレスと炎症を起こしている脳
2013/04 【日本語記事】BioToday 
 抗精神病薬は双極性障害の脳遺伝子発現異常を正常化しうる
うつ病になりやすい思考スタイルに日々接していると、気分の落ち込みが伝染しちゃうかも
2013/04 Risk factor for depression can be 'contagious'
うつ病の危険因子は伝染するかも
  大学のルームメートとの新しい研究
  うつに陥らせやすくする特定の思考スタイル、実際に6カ月後に同居人のうつ兆候を増加させて「落ち込ませる」
2013/04 LiveScience  Negative Thoughts Can Be Contagious
2013/04 EurekAlert Anxious about life? Tylenol may do the trick
タイレノールが人間の状態、または実存的な畏怖で恐怖と心配の心理的効果を減少させるかもしれない
2013/04 EurekAlert
 ECT can restore quality of life for some severely depressed patients
電気ショック療法によって、憂鬱症が6カ月小康状態に入る患者は、生活の質が健常人のものと同様である
2013/04 EurekAlert Do drugs for bipolar disorder 'normalize' brain gene function? U-M study suggests so
双極性障害のためのドラッグは脳の遺伝子機能を'正常にしますか?'
2013/04 【日本語記事】BioToday
 抗うつ薬効果個人差の42%が一般的な遺伝的変異に起因する
2013/04 【日本語ブログ】うつ病はCRP値の上昇を通して心血管疾患や2型糖尿病のリスクを増大させる
2013/04 【日本語記事】MT Pro 「小児での有効性確認できず」抗うつ薬6剤の添付文書を改訂/海外の臨床試験結果を受けた措置
2013/04 【日本語記事】MT Pro 「小児への抗うつ薬否定しない」添付文書改訂で学会が共同声明/日本うつ病学会・日本児童青年精神医学会が断薬リスクなど訴え
2013/04 ABC@オーストラリア Scans reveal key difference in mental disorders
 境界性人格障害と双極性障害の脳の生物学的差異
 境界性人格障害はへん桃核の活動を高めました そして、彼らはそれを規制できません
 双極性障害は、良いときに、全く通常、機能できますが脳の余分な努力の費用でそれをしなければならない
2013/03 【日本語記事】中央日報@韓国 ソウルの自殺率、ニューヨークの5倍
2013/04 EurekAlert 
 Multiple factors predict repeat suicide-related behavior in youth: Study
 若者の再度の自殺企図リスクを割り出す重複因子
2013/04 EurekAlert Effectiveness of a spray that greatly improves dry mouth sensation caused by anti-depressants
抗うつ剤によって引き起こされた乾いた口の感覚を大いに改良するスプレーの有効性
  薬物療法で誘発されたxerostomy(乾いた口)で唾液生産を刺激する1%のリンゴ酸を含む製品の有効性
2013/04 EurekAlert College athletes twice as likely to have depression than retired collegiate athletes
大学の運動選手は退職した大学運動選手より2倍鬱病になります傾向がある。
2013/03 LiveScience Exercise Offers Fewer Benefits to the Depressed
 運動の利益はうつ患者さんには少なめに出る。
  うつは健康な振舞いの恩恵のいくつかを減衰させるかもしれません。
2013/03 【日本語記事】MT Pro
 「うつ病」の用語GL作成に向け委員会案へのパブコメ募集中/4月24日まで,日本うつ病学会用語検討委員会
2013/03 読売新聞 新型抗うつ薬、効果なし?18歳未満「慎重に」
 海外での臨床試験で有効性が確認できなかったための措置。対象となる抗うつ薬は6種類。商品としてはレクサプロ、ジェイゾロフト、サインバルタ、レメロン、リフレックス、ルボックス、デプロメール、トレドミンの8種類。
2013/03 朝日新聞 小児の抗うつ薬「慎重に」 説明書に記載指示 厚労省
2013/03 EurekAlert
 Common gene variants explain 42 percent of antidepressant response
共通遺伝子異形は42パーセントの抗うつ反応について説明します。
2013/03 EurekAlert The hunt for a successor to lithium for bipolar disorder
双極性障害のためのリチウムの後継者の狩り
2013/03 news@nature.com
 Serotonin receptors offer clues to new antidepressants
セロトニン受容体は新しい抗うつ剤の手がかりを提供します。
Shapes of binding sites could help drug discovery and the study of consciousness.
結合部位の形は創薬と意識の研究を助けるかもしれません。
2013/03 EurekAlert
 Anxiety, depression identify heart disease patients at increased risk of dying
不安やうつを抱えている心臓病患者は、どんな原因でも死ぬリスクが倍
2013/03 EurekAlert 
 Heart failure patients with depression have 4 times risk of death
中~重度の鬱病は心不全患者の死亡率を4倍にします
2013/03 【日本語記事】BioToday 
  うつだけでなく不安も冠動脈心疾患患者死亡リスク上昇と関連する
2013/03 EurekAlert University of Maryland School of Medicine finds depression stems from miscommunication between brain cells
 細胞の間のexcitatory信号の伝達がうつで異常になる
 セロトニンなどのホルモンのような脳内物質のレベルに焦点を合わせることの代わりに
2013/03 【日本語記事】MT Pro 産後4~6週でうつ病発症10%以上,うち23%が双極性障害/米研究,産後の女性1万人対象
2013/03 EurekAlert Surprising rate of women depressed after baby
1万人の女性の新しくて、大規模な研究は、驚くほど大きい数の女性が産後うつ病にかかっていると報告します。
2013/03 EurekAlert Neuron loss in schizophrenia and depression could be prevented with an antioxidant
酸化防止剤で統合失調症やうつにおけるニューロンの損失を防止できました。
  γアミノ酪酸(GABA)不足は統合失調症と憂うつに関係しました。
自閉症スペクトラム児は自殺企図率が高めな気配
2013/03 EurekAlert
 Autistic children may be at greater risk of suicide ideation and attempts
  自閉症の子供は自殺の観念構成と試みの、より高いリスクでいるかもしれません。
2013/03 本川・社会実情データ図録
 自殺は本当に増えているのか
  自殺者数では過去最多のレベルが続いているが、自殺率では戦後直後とほぼ同等レベル、標準化自殺率では戦後直後の3分の2のレベル。
2013/03 【日本語記事】BioToday
 キヌレン酸生成酵素変異と双極性障害患者精神症状の関連が示された
2013/03 【日本語記事】MT Pro
 “気分障害が運転に支障を及ぼす根拠を” 日本うつ病学会が要望書/自動車運転の罰則整備に反対表明
2013/03 EurekAlert
 Portion of hippocampus found to play role in modulating anxiety
歯状回の選択的活性化(海馬状隆起の一部)が学習に影響せずに不安を減少させることができる
 パニック障害やPTSDのような 不安障害を治療するのにこの脳の領域を狙う療法は最小量の認識的な副作用で使用できた
家族からの支えが厚い母さんは、産後うつ病になる率が低め
 ストレスホルモンが低くおさえられるから
2013/03  Stress hormone foreshadows postpartum depression in new mothers
ストレス・ホルモンはなりたての母親の産後抑鬱症を予示します。
 家族から強い社会的支援を受ける女性は、特定のストレス・ホルモンの激増から保護され、産後抑鬱症をより発症しそうにない
2013/03 EurekAlert Pregnant mothers with strong family support less likely to have postpartum depression, study finds







大うつ病におけるネガティブ感情と経済上の判断にあらわれるバイアス
2013/02 A negative emotional and economic judgment bias in major depression
うつ病の人は最後通牒ゲームで不公平な提案を過度に制裁する
2013/02 BBC News Five psychiatric disorders 'linked'
五精神障害は、 'リンク'
  主要な調査によると、自閉症、注意欠陥·多動性障害、双極性障害、大うつ病性障害と統合失調症を共有いくつかの遺伝的危険因子
2013/02 LiveScience Depression, Autism & ADHD May Share Genes
自閉症、注意欠陥多動性障害、双極性障害、大うつ病性障害と統合失調症は、いくつかの遺伝的リスク要因を共有することがあります。
2013/02 【日本語記事】BioToday
 カルシウムチャンネル伝達遺伝子が5つの主要精神疾患に寄与しうる
2013/02 【日本語記事】MT Pro
 うつ病患者への低強度介入,効果は重症と軽症でほぼ同じ/英・メタ解析
 うつ病患者に対する手引き書やインターネットなどを用いた低強度の心理学的介入の治療効果
2013/02 【日本語記事】BioToday
 重症うつ病患者もより軽症患者と同様に低強度介入の恩恵を得うる
2013/02 EurekAlert
 New study examines the factors underlying suicides in the Army National Guard
国家陸上警備隊における自殺の基礎となる要素を調べます。
 2004年以来、米国陸軍における自殺率が上昇中。
 2007年から2010年までの間の自殺のケースの中では、若い白人の男性がいかなる他のも人口であるより危険であった
2013/02 EurekAlert
 Memory strategy may help depressed people remember the good times
うつに苦しむ人々が、その日その日のポジティブな経験を思い出すのを手伝うかもしれない記憶方略を強調します。
2013/02 LiveScience Why Insomnia Increases Suicide Risk
 不眠症は自殺のリスクを増大させる理由
2013/02 【日本語記事】BioToday
 大うつ病患者は心血管疾患と関連するIL-6レベルが高い
2013/02 【日本語記事】MT Pro 科学的根拠に基づく自殺予防対策,コンソーシアム設立へ/来年度以降,学術団体・研究機関の相互連携目的に
2013/02 【日本語ブログ】兵士の自殺者増加の要因を探る: 若い白人は他の人種的集団に比べて自殺リスクが高い 2013/02 時事通信 「自分は優秀」錯覚の仕組み解明=抑うつ症状の診断に期待 放医研など
 「自分は平均より優れている」という思い込み(優越の錯覚)
 この錯覚が脳内の異なる部位の連携の強弱や、神経伝達物質に影響される
 放射線医学総合研究所などの研究
 抑うつ状態ではこの錯覚が弱い:成果は抑うつ症状の診断などへの応用が期待できる
2013/02 毎日新聞 脳科学:ドーパミン分泌で「自分は優秀」錯覚 うつ改善も
 「ドーパミン」の量が多い人ほど、錯覚を抑える脳の
働きが弱かった
 自信回復や、うつ症状の改善の治療法開発に役立つ可能性
 適度な錯覚は自分を肯定的にとらえ、心の健康に重要だが、錯覚が弱まると「自分は劣っている」と悲観的でうつ状態に陥りやすい
 自己評価の高い人ほど、ドーパミンを出す部位「線条体」の活動が活発な一方、状況を判断する役割を担う前頭葉の働きが弱くなっていた。
2013/02 【日本語サイト】科学技術振興機構
  「自分は平均より優れている」と思う心の錯覚はなぜ生じるのか
  脳内の生物学的仕組みを世界で初めて発見
2013/02 EurekAlert
 UCLA life scientists identify drug that could aid treatment of anxiety disorders
スコポラミンは、不安障害を治療するのがそれの新用途になるかもしれない

2013/02 EurekAlert New evidence for link between depression and heart disease
うつと心臓病の間のリンクの新しい証拠

2013/02 EurekAlert
 Physical activity linked to lower rates of depression in bariatric surgery patients
肥満手術患者のうつ発症率低下にリンクされた身体的活動
 肥満手術を受ける大人達にとって、適度の強度身体的活動の1週間(1日あたり8分)あたりちょうど1時間はうつ病治療か心配の92パーセントの下側の可能性に関連していました、Public Healthのピッツバーグ大学Graduate学校によって導かれた新しい研究に従って。
2013/02 EurekAlert Alcohol abusers' depression often related to drinking
大酒飲みに見られる、しばしば鬱的な兆候のエピソードは大量のアルコール摂取の直接の結果です。
2013/02 【日本語記事】BioToday 未治療のうつ病は帯状疱疹ワクチンの効果を弱めうる
2013/02 時事通信 睡眠不足続くと情緒不安定=脳機能低下、うつ病など類似 精神神経センター
2013/02 EurekAlert Study of insomnia finds a new predictor for suicidal thoughts
不眠の研究は自滅的な考えに関して新しい予言者を見つけます。
 不眠と自殺という考えの間のリンクを確認
 この関係が機能不全の信念と態度によって悪夢と同様に睡眠に関して調停されるのを示します。
2013/02 EurekAlert Losing hope of a good night's sleep is risk factor for suicide
2013/02 朝日新聞 不安抑えるには? 東大、脳の働き解明 うつ治療に期待
 東京大の廣川信隆特任教授ら
 不安を抑える脳内たんぱく質KIF13Aの働き
若人のうつ、アバターで解消
2013/02 EurekAlert CWRU study suggests interacting with avatars may reduce depressive symptoms in young adults
アバターと対話するのがヤングアダルトで鬱的な兆候を減少させるかもしれないのを示します。
 18~25歳が早めに、事務所訪問について予行演習して、自己マネジメント能力を学ぶ方法としてコンピューター化しているアバター(診療看護師や医師のような医療サービス提供者の仮想の3Dイメージ)と対話すると憂うつ兆候がかなり減少するかもしれない
2013/02 時事通信 「思春期」ストレス、うつ病要因に=マウス実験で判明 名城大
2013/02 EurekAlert Almost 8 percent of US stroke survivors may have suicidal thoughts
米国の脳卒中生存者のおよそ8パーセントには、自滅的な考えがあるかもしれません。
2013/02 【日本語記事】MT Pro 「脳卒中後の希死念慮,がんの場合より高率」米NHANES調査/国際脳卒中学会2013ニュースリリース
2013/02 【日本語記事】MT Pro 大うつ病へのSSRI+直流電流刺激,単独療法より有効/ブラジル・二重盲検RCT
2013/02 【日本語記事】MT Pro 「死にたい」と考える若者の実態/米国NCS-Aの調査から
2013/02 EurekAlert Same factors influence depression in stroke patients, spouse caregivers
同じ要素は脳卒中患者、配偶者介護人の抑鬱に影響を及ぼします。
 自尊心、楽観主義、および知覚されたコントロールはストローク生存者と彼らの配偶者介護人の憂うつに影響を及ぼします。
 医療サービス提供者は対にし、別々にではなく生存者と介護人を評価するべきです。
 自尊心はそれぞれパートナーのうつに影響を及ぼしました。
 結婚の楽観主義はストローク生存者のうつに影響を及ぼしました。
12-15歳にアレルギー性鼻炎に罹患していると、後にうつ病になりやすい。
2013/02 Allergic rhinitis in adolescence increases the risk of depression in later life: A nationwide population-based prospective cohort study
ネイティブアメリカン
2013/02 EurekAlert American Indians are at much greater risk of suicide following acute alcohol intoxication
インディアンは急性アルコール中毒に自殺が続くパターンで高いリスク
2013/01 EurekAlert Study supports heart rhythm problems with some antidepressants
研究はいくつかの抗うつ剤に関する心臓の鼓動問題を支持します。
 一部の選択的セロトニン再取込み阻害薬(SSRIs)抗うつ剤
 長いQT間隔(心筋の電気的活動の持続時間)、心臓調律異常のためのマーカーにリンクされます
2013/01 EurekAlert Mass. General study clarifies antidepressant contribution to arrhythmia risk
2013/02 BBC News Heart risk link to SSRI antidepressants confirmed
SSRI系の抗うつ薬は、種類によっては、わずかではあれど重篤な心臓病の危険性をもたらす
2013/01 【日本語記事】BioToday 特定の抗うつ薬と用量依存的なQT延長リスク上昇の関連が示された
2013/01 Nature 神経科学: 中脳ドーパミンニューロンの制御によるうつ関連行動の迅速な調節
 Rapid regulation of depression-related behaviours by control of midbrain dopamine neurons
doi:10.1038/nature11713
2013/01 Nature 神経科学: ドーパミンニューロンは神経による符号化およびうつ関連行動の発現を調節する
 Dopamine neurons modulate neural encoding and expression of depression-related behaviour
doi:10.1038/nature11740
2013/01 【日本語記事】Nature
 神経科学: うつに果たす腹側被蓋野ニューロンの役割
2013/01 EurekAlert
 Astrocytes identified as target for new depression therapy
アストロサイト 星状細胞は厳しい睡眠妨害の後に見られるうつ病患者の急速な気分改善に関わるのかもしれない

2013/01 自殺率低い地域の特徴を研究 NHKニュース
特に低かった徳島県の旧海部町の特徴
 悩みがあったとき、周りに助けるを求めることに抵抗が少ない
 近所づきあいが緊密すぎず、立ち話やあいさつ程度のつきあいが多い
 人を人物本位で評価する人が多い
2013/01 EurekAlert Are antidepressants overused?
イギリスの抗うつ剤処方箋は2011年に4600万の処方箋まで9.6パーセント増加しました。
2011年イギリスにおける抗うつ剤の処方、前年比で一割増加。
でも、処方されても効き目がある人は2割足らず。これ過剰処方ですか?

2013/01 EurekAlert
 Physical and sexual assault linked to increased suicide risk in military
軍で増加する自殺危険にリンクされた身体的で性的な襲撃
 成人後の性犯罪被害経験があると自殺企図率が高め
うつ病の反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)治療において、外向的だと症状の改善が早め。rTMSで神経質傾向が減少。
2013/01 Are neuroticism and extraversion associated with the antidepressant effects of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS)? An exploratory 4-week trial
2013/01 うつ病の発症メカニズム解明 NHKニュース
 成長期のマウスにストレスを与えると、脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下し、認知力の低下などにつながる
 名古屋市の大学などの研究グループ
2013/01 日本経済新聞 思春期のストレスがうつ病の一因に 名城大、マウスで解明
2013/01 BBC News 'Grief and anxiety are not mental illnesses'
'悲しみと不安は精神的な病気ではありません'
精神疾患の過剰診断にご注意を
2013/01 BBC News Self-help books 'treat depression'
セルフ·ヘルプ·ブック 'を扱ううつ病'
セルフヘルプ書籍のNHSの処方は、うつ病のための効果的な治療法
2013/01 LiveScience Concussions May Boost Football Players' Depression Risk
脳震盪はサッカー選手 'うつ病のリスクを高める可能性
脳震盪から脳の損傷は、うつ病のリスクを高める可能性があります。
2013/01 EurekAlert
 Depression after heart attack: Threat perception has to be addressed
心臓発作を経験したあと、心臓病に強く脅威を感じる患者は、うつ病に陥る率が高め
2013/01 EurekAlert
 How do happiness and sadness circuits contribute to bipolar disorder?
幸福と悲しみの回路はどのように双極性障害に貢献しますか?
 双極性障害は、マニアの高値と憂うつの安値の間の予測できないで劇的な気分変動で特徴付けられた激しい気分障害です。
 これらのムードエピソードは気分正常状態と呼ばれた、'通常の気分'の期間に起こります。
2013/01 【日本語記事】BioToday 
 双極性障害患者の感情制御時の脳活動は刺激の種類や病期毎に異なる
2013/01 EurekAlert Depressed stroke survivors may face triple the risk of death
うつ状態の脳卒中経験者、死亡リスクが3倍になってるかも

2013/01 BBC News
 Conductor with bipolar disorder on music and mental illness
音楽と精神疾患についての躁うつ病コンダクター
双極性障害を持つ指揮者は他のミュージシャンを支援する
2013/01 EurekAlert Declining access to electroconvulsive therapy: A clinical choice or an economic one?
現代の電気ショック療法は最も安全で最も効果的な抗うつ治療の1つ
 電気ショック療法へのアクセス減:臨床の選択かそれとも経済的要因?

発展途上国に多い産後うつ病
2013/01 EurekAlert Postpartum depression prevalent in under-developed countries, could impact baby health and mortality
産後抑鬱症は発育不十分の国で一般的であり、赤ん坊の健康と死亡率に影響を与えることができました。
 発展途上国で小児死亡率を減少させて、幼い健康を改良するための努力は新しいおかあさんのメンタル・ヘルスを記述しなければなりません。
甘くされた飲料、特にダイエット・ドリンクを飲むのが大人達のうつリスク増に関連している
2013/01 EurekAlert Hold the diet soda? Sweetened drinks linked to depression, coffee tied to lower risk
甘味飲料はうつにリンク
 コーヒーは、危険を下げる
2013/01 BBC News Diet drinks' 'link to depression' questioned
2013/01 LiveScience Drinking Diet Soda Linked to Depression
鬱病に関係している飲料ダイエットソーダ
飲むダイエットソーダは、うつ病のリスク増加にリンクされています。
2013/01 【日本語記事】MT Pro 
 加糖飲料摂取に要注意! 1日4缶でうつ病リスク3割超上昇/26万人超の中高年を調査,第65回米国神経学会で発表へ
2013/01 【日本語記事】BioToday 甘い飲み物はうつ病発現リスクを高めうる
2013/01 【日本語記事】BioToday 
 食事とうつ病の関連を長期無作為化試験で調べる必要がある

2013/01 朝日新聞 抗うつ薬、脳細胞生成に効果 藤田保健大、マウスで実験
 フルオキセチン
 新しく生まれた細胞には、周りの神経細胞が死ぬのを防ぐ働きも
2013/01 EurekAlert
 Induction of adult cortical neurogenesis by an antidepressant
抗うつ剤によるアダルト皮質神経発生の誘導
2013/01 EurekAlert ate-life depression associated with prevalent mild cognitive impairment, increased risk of dementia
一般的な軽度認識障害、認知症のリスク増に関連している人生後期のうつ
 65以上のグループにおけるうつは一般的な軽度認識障害と認知症の増加するリスクに関連しているように見えます。
2013/01 【日本語記事】BioToday 認知機能障害に伴ってうつ病が生じうるようだ


 以上、 →2013年1〜4月の記事でした


→ 「うつ病、躁鬱病、自殺」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー