科学と社会:
2012年7〜12月

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 2012年の科学界を代表する10人
2012/12 毎日新聞 論文捏造:元東邦大准教授 筑波大が60本「不正」と認定
 麻酔学の論文の大半が捏造
2012/12 Nature 中国で特許の急増に伴い、訴訟も増えているが、司法が追いついていない面も。
 China’s patent boom brings legal wrangles
doi: 10.1038/492323a
2012/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 科学好きのためのギフト10選
2012/12 Science 人類学にとって恐ろしく悲惨な年?
An Annus Horribilis for Anthropology?
2012/12 Science イタリアの地震学者の有罪判決に動揺する研究者たち
Italian Quake Verdicts Rattle Researchers
2012/12 BBC News Alan Turing: Scientists call for pardon for codebreaker
科学者たちは、チューリング恩赦を求める
英国の一流の科学者の中には、暗号解読Bletchleyのパークアラン・チューリングに死後恩赦を付与するために政府に呼びかける。
2012/12 【日本語記事】中央日報@韓国
 韓国の数学・科学の実力は最高、生徒の自信・関心は最低 
2012/12 【日本語記事】中央日報@韓国 
 韓国の理数学力は世界トップ 「好き」は低水準 
2012/12 Science 実験的地形がバイオスフィア2への出資金を集める
Experimental Landscapes Raise Stakes at Biosphere 2
2012/12 news@nature.com Japan in pole position to host particle smasher
ポールポジションの日本はホスト粒子粉砕者でそうします。
Physicists seek home for the multi-billion-dollar International Linear Collider.
物理学者は何10億のドルの国際Linear Colliderで家を求めます。
2012/12 Science 100億ドルの衝突型加速器への入札で日本が孤立
Japan Stands Alone in Bid for $10 Billion Collider
2012/12 LiveScience L'Aquila Earthquake Forces Geologists to Rethink Risk
ラクイラ地震部隊の地質学者はリスクを再考する
振とう科学者たちは、いくつかの地震学者は、ラクイラ地震で、過失致死罪で有罪判決を受けた後、公衆に災害リスクを伝える方法を再考アール
多くの女性が生物学コースを離脱するのはなぜ
2012/12 EurekAlert Why do so many women leave biology?
 初期段階でのキャリア競争がその要因であるらしい。特に子持ちの女性で傾向が顕著。
 アメリカ・カナダでの調査
2012/12 Nature An unhealthy obsession 米国の生物医学研究者は、助成システムの不備より、助成総額の低迷という真の問題にこそ、抗議の声を上げるべきだ。
doi:10.1038/492007a
2012/12 朝日新聞 活断層定義「12~13万年」を「40万年」に
 原子力規制委員会
 原子力発電所の耐震設計上考慮すべき活断層
 従来の「過去12万~13万年以内に活動したもの」から「40万年以内に活動したもの」に広げる方針
2012/12 【日本語記事】中央日報@韓国
 ソウル大学獣医学部の教授、論文17本すべてをねつ造
2012/12 朝鮮日報@韓国 幹細胞:ソウル大女性教授が論文捏造
2012/12 Science インド、地震調査のアメリカ人専門家を入国拒否
India Barred Entry to U.S. Author of Seismic Review
2012/12 日本経済新聞 未来予想が当たらない… 科学技術の進歩頭打ち?
 ここ20年は、専門家の未来予想が当たらなくなった
2012/11 Nature Misguided cancer goal
病気との闘いに、科学的に見て実現性のない過大な目標を掲げるのは、適切な戦略ではない。
doi:10.1038/491637a
2012/11 読売新聞 科学研究成果の悪用防止で規範策定…学術会議
2012/11 読売新聞 宇宙機構のPCにウイルス、ロケット情報流出か
2012/11 Science 地に落ちた象牙の塔の立て直しが進む
Raising Up a Fallen Ivory Tower
2012/11 Science 成長目覚ましい中南米の科学界
Growing Latin American Science
2012/11 Science 科学ジャーナル間を行き来する論文原稿の動きが解き明かす、隠された投稿のパターン
Flows of Research Manuscripts Among Scientific Journals Reveal Hidden Submission Patterns
2012/11 Nature Save scientific sites
文化遺産の保護運動では、さまざまな科学分野の文化遺産も忘れてはならない。
doi:10.1038/491302a
2012/11 Nature A shaky restart
日本が、原子力の安全性について国民の納得を得ようとするなら、福島の事故からもっと学ぶべきだ。
doi:10.1038/491301b
2012/11 Science 中国における組織工学の推進
 China's Push in Tissue Engineering
2012/11 Science EUの予算削減から科学を除外させようと研究者が陳情
 Researchers Lobby to Spare Science From E.U. Budget Cuts
 宇宙開発予算

2012/11 Science
 億万長者が新規生物医学ネットワークへの資金援助を復活させる
 Billionaire Restores Funding for Novel Biomedical Network
 不況で滞っていた Sheldon Adelson の財団からの研究費援助、再開
2012/11 毎日新聞 京都賞:東工大の大隅氏ら3人に 科学や思想の発展に貢献
コンピューター科学者、アイバン・エドワード・サザランド氏(74)
インド国籍の文芸批評家、ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク氏(70)
分子細胞生物学者の大隅良典・東京工業大特任教授(67)
2012/11 Science 科学資金調達のために声をあげよ
Speak Up for Science Funding
2012/11 Retractions
論文が撤回された分野における引用数が5~10%減少
2012/11 日本経済新聞 卒業生の満足度、北大が首位 東大は15位
アラブ世界の女性科学者
2012/11 Nature How women scientists fare in the Arab world
劣悪な報道
日本のメディアは詐欺の効果を悪化させる際にかなりの役割を果たしました。
2012/11 Nature Bad press
doi:10.1038/491007b
2012/10 Science 卓越性はイエス、エリート主義はノー
Excellence, Ja, Elitism, Non
グローバルな研究大学に関するScienceのシリーズにおける3番目のエントリーはフランスとドイツのそれぞれの大学システムを見ます。
これらの2つの科学的強力な企業が強める中でそれらの大学最も良い平行なイニシアチブを追求しています。
それらの目標? 強くなるには、国の他のアカデミックな団体の品質を浸食せずに、一握りの名門大学で研究してください。
2012/10 Science 世界市民としての科学者
The Scientist as World Citizen
2012/10 Science インドネシア、初等教育から科学を除外
Indonesia to Drop Science for Youngest Students
2012/10 読売新聞 世界最高レベル研究拠点、新たに3グループ選定
 「世界トップレベル研究拠点プログラム」(WPI)の拠点研究機関
 筑波大、東京工業大、名古屋大の3グループ
2012/10 BBC News L'Aquila ruling: Should scientists stop giving advice?
2012/10 Science 有罪判決により、イタリアの防災は混乱
Convictions Leave Italy's Civil Protection in Chaos

2012/10 Guardian The inexorable rise of open access scientific publishing
オープンアクセスのジャーナルの急増
2012/10 Professional Physical Scientists Display Tenacious Teleological Tendencies: Purpose-Based Reasoning as a Cognitive Default.
プロの物理学者はしぶとい目的論的な傾向を表示します: 認識的なデフォルトとしての目的ベースの推理。
 時間的制約があると目的論を受け入れる傾向が増す。
2012/10 news@nature.com Viral research faces clampdown
US biosecurity concerns could harm collaboration.
米国バイオセキュリティ懸念は共同作業に害を及ぼすかもしれません。
2012/10 毎日新聞 伊地震判決:日本の科学者に波紋 予知失敗で禁錮6年
 09年に起きたイタリア中部ラクイラの大地震
2012/10 読売新聞 地震予知失敗で実刑、東海地震「判定会長」驚き
2012/10 読売新聞 地震予知できなくなる…実刑判決に科学界が反発
2012/10 news@nature.com
 Italian court finds seismologists guilty of manslaughter
イタリアの法廷は、地震学者が故殺に関して有罪であることがわかります。
Six scientists and one official face six years in prison over L'Aquila earthquake.
6人の科学者と1人の職員がラクイラ地震の上の獄中の6年に直面しています。
2012/10 ABC@オーストラリア Earthquake scientists' trial splits experts
2012/10 BBC News L'Aquila quake: Italy scientists guilty of manslaughter
2012/10 LiveScience
 Italian Scientists Get 6 Years for L'Aquila Earthquake Statements
2012/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 イタリア地裁、地震予知失敗で学者ら7人に対し実刑判決を言い渡す
2012/10 Science ラクイラの専門家たちへの禁固刑、科学者たちに衝撃
Prison Terms for L'Aquila Experts Shock Scientists
2012/10 Nature Shock and law
イタリアの地震予知をめぐる科学者への有罪判決は、科学を嘲弄するものであり、科学界は強く抗議すべきだ。
doi:10.1038/490446b
2012/10 EurekAlert
 US NAS and Royal Society Issue Statement on Earthquake Case in Italy
2012/10 EurekAlert EARTH: Voices: L'Aquila judgement's disturbing details
ラクイラの判断の不穏な詳細
2012/10 Nature Drug firm to share raw trial data
グラクソ・スミスクライン(GSK)社が、臨床試験の生データを全面的に公開する方針を。
Declan Butler
doi:10.1038/490322a
2012/10 Nature Global reach
科学の国際化が進んでいるが、多くの利点があると同時に限界もあることに注意すべきだ。
doi:10.1038/490309b
2012/10 毎日新聞 山中教授:研究支援の充実訴え 政府の会合で
2012/10 朝日新聞 「国産で研究開発したい」 山中教授、枝野経産相と会談
2012/10 Science 生物を調べる新しい方法 OneZoom
New Way to Look at Life
アプローチはGoogle Mapsのように働いています
 ユーザは、詳細を見るために木の幹、枝、および枝先へとスムーズにスケールを移動することができます
 そして、構造は無限の量の情報を組み込むことができます。
2012/10 【日本語記事】Nature
 科学研究の変わりゆく世界地図:人やアイデアの動きは世界の科学研究をどう変えていくのだろうか
2012/10 読売新聞 地震「予知」は誤解招く…学会が名称見直しへ
 17日に北海道函館市で開かれた日本地震学会
2012/10 朝日新聞 地震予知は「用語的に不適切」 学会が検討委員会廃止へ
2012/10 毎日新聞 地震学会:「予知は困難」見直し着手へ
2012/10 Nature Fighting chance
遺伝学と経済学が共同すれば、大きな実を結ぶ可能性がある。
doi:10.1038/490144a
2012/10 Nature Economics and genetics meet in uneasy union
集団遺伝学データを経済的成功の予測に利用した論文が、論争の種に。
doi:10.1038/490154a
2012/10 news@nature.com Economics and genetics meet in uneasy union
経済学と遺伝学は不安な組合で達成されます。
Use of population-genetic data to predict economic success sparks war of words.
経済上の成功を予測する人口遺伝子のデータの使用は舌戦をかきたてます。
2012/10 Science 国立衛生研究所(NIH)の出資とロビー活動の関連を示唆する研究
NIH Funding Shifts With Disease Lobbying, Study Suggests
2012/10 Science 地震を予知できなかった7人の被告人
The Seven Defendants
2012/10 Science 法廷になお続くラクイラ地震の余震
Aftershocks in the Courtroom
2012/10 BBC News 
ノーベル賞受賞者 "が与えられていました悪い学校のレポート '
 英国の科学者ジョン·ガードンは、医学や生理学のためのノーベル賞を授与されているが、 彼の科学的業績は彼の学校の理科の先生によって予測されていませんでした。
2012/10 ロイター
 ノーベル賞共同受賞のガードン博士、学生時代は「落ちこぼれ」
2012/10 【日本語記事】AFP
 「生物学の道は諦めろ」と言われていた、ノーベル賞のガードン博士
2012/10 【日本語記事】中央日報@韓国
 ノーベル賞受賞のガードン教授「暗記ばかりさせられ生物学の成績は最下位」 
2012/10 【日本語記事】中央日報@韓国
 成績最下位に手術下手な医師…ノーベル賞、落ちこぼれの反乱(1)
2012/10 【日本語記事】中央日報@韓国
 成績最下位に手術下手な医師…ノーベル賞、落ちこぼれの反乱(2)
2012/10 読売新聞 山中・京大教授にノーベル賞…iPS細胞作製
 授賞理由は「体細胞のリプログラミング(初期化)による多能性獲得の発見」。
2012/10 読売新聞 山中教授「まだ1人の患者さんも救っていない」
2012/10 読売新聞 iPS研究所に倫理専門家を…山中教授が意向
 科学研究と同時に、社会とのつながりを重視した倫理面での研究を進める必要性
2012/10 日本経済新聞 基礎研究「軽視」に風穴 山中氏にノーベル賞 
2012/10 読売新聞 日本のノーベル賞受賞者数、世界8位の19人に
6カ国のメディア報道を分析
 報道のうち一割に懐疑的表現
2012/10 EurekAlert Climate sceptics more prominent in UK and US media
イギリスと米国メディアで、より著名な気候懐疑論者
 アメリカ:ニューヨーク・タイムズとウォール・ストリート・ジャーナルの3分の1が温暖化懐疑論
 イギリス2割 中国7% インドとフランス6% ブラジルは3パーセント
 英米では保守の論評で懐疑論が多め
科学的文学における、撤回された記事の視覚分析的な研究
2012/10  【PDF】 A Visual Analytic Study of Retracted Articles in Scientific Literature
撤回された論文が与える影響をその論文を引用している文献の多さやネットワークなどから視覚化
2012/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 「科学者は仕事中毒」実証される:国による違いも
 科学論文のダウンロード数を調査することで、世界の科学者が働き過ぎであることが実証された。
 夜間や週末の仕事、食事の取り方などが国によって違うこともわかった。
2012/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 中・米・独の科学者の働き方の違い
2012/10 毎日新聞 原子力の図書館:廃止 安全委→規制庁に引き継がれず
「内容に間違いがあったから」ではなく
 撤回された学術論文のうち、7割近くは「うそっぱち、二重投稿、盗作などの不正行為」が原因。
2012/10 EurekAlert Misconduct, not error, accounts for most scientific paper retractions
誤りではなく、不正行為がほとんどの学術論文取消しを説明します。
 不正行為がすべての学術論文取消しの2/3に原因となるのがわかりました。
2012/10 news@nature.com Misconduct is the main cause of life-sciences retractions
不正行為は生命科学取消しの主因です。
Opaque announcements in journals can hide fraud, study finds.
研究によって、ジャーナルにおける不透明な発表が詐欺を隠すことができるのがわかります。
2012/10 ABC@オーストラリア Most retractions due to misconduct: study
2012/10 Misconduct accounts for the majority of retracted scientific publications
PubMedにある生命科学論文の撤回理由は21%がエラーが原因で、67%が不正によるもの。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 文献撤回の主因は不正~捏造による撤回頻度は30年間で10倍も上昇
2012/10 Nature Misconduct is the main cause of life-sciences retractions
生命科学分野の論文撤回の主な原因は、不正行為であることが明らかに。
doi:10.1038/490021a
2012/10 【日本語記事】National Geographic 
今年も発表、イグ・ノーベル賞








2012/09 Nature Poison postures
GM(遺伝子組み換え)作物についての研究発表は、科学的な議論、検証を損なうことのないよう、安易な一般化を避けて慎重に行うべきだ。
doi:10.1038/489474a
2012/09 Nature Rat study sparks GM furore
GMトウモロコシで、ラットの発がん率が上昇したという研究結果が大きく報じられ、大騒ぎに。
doi:10.1038/489484a
2012/09 Nature Open-access deal for particle physics
素粒子物理学界で、論文のオープンアクセス出版が、実現間近に。
doi:10.1038/489486a
2012/09 【日本語記事】中央日報@韓国 ノーベル賞受賞年齢、ますます高まる
中国企業がアメリカの遺伝子解析会社を買収
2012/09 news@nature.com China buys US sequencing firm
中国は米国配列会社を買います。
BGI’s rescue of Complete Genomics will keep a valued technology afloat.
BGIのComplete Genomicsの救出は評価された技術を浮くように保つでしょう。
2012/09 Nature China buys US sequencing firm
中国の大手ゲノム研究企業が、最先端技術を持つ米国のゲノム解読企業を買収へ。
doi:10.1038/489485a
2012/09 Nature Retraction record rocks community
日本の麻酔科医による大量の論文ねつ造が発覚し、学界に衝撃が。
doi:10.1038/489346a
2012/09 Nature Through the gaps
論文ねつ造などの不正行為をなくすには、それを許している学界の体質、体制を改革しなくてはならない。
doi:10.1038/489335a
2012/09 毎日新聞 イグ・ノーベル賞:「黙らせる機械」日本人が受賞
2012/09 読売新聞 日本のおしゃべり妨害器に「イグ・ノーベル賞」
 授賞式で2人は、ゲストのノーベル賞受賞者に対し3メートルほどの距離から「スピーチジャマー」の効果を試す実演をしたが、スピーチを止めることができず、会場は笑いに包まれた。
2012/09 朝日新聞 うるさい人撃退 装置開発の日本人にイグ・ノーベル賞
2012/09 ABC@オーストラリア Swinging ponytails and sloshing coffee win IgNobels
 ポニーテールの形状を予測する方程式を思い付いた物理学者
2012/09 BBC News Ig Nobel honours ponytail physics
2012/09  John Hawks The highest award in anthropology?
人類学で最優秀賞?
信じられない!霊長類学者フランス・ドゥ・ヴァール(フランツ・デ・ワール)がイグ・ノーベル賞だなんて!
2012/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 2012年のイグ・ノーベル賞受賞者発表、産総研が開発したスピーチ・ジャマーも受賞
2012/09 LiveScience Will Science Someday Rule Out the Possibility of God?
科学はいつか神の可能性を排除するのだろうか?
物理学者はそれが始めても、どのように、科学は最終的には宇宙に関する絶対にすべてを説明することを主張している。

2012/09 EurekAlert
 Funding for medical research and science programs faces draconian cuts
医学の研究と科学計画のための基金は厳しいカットに直面しています。
 2011年のBudget Control条例によって始められて、隔離は2013年1月2日に始まる連邦政府の補助金に自動カットを課すでしょう。
2012/09 Science ハーバードの心理学者、政府から制裁措置を受ける
Government Sanctions Harvard Psychologist
2010年に、ハーバード大学調査は、心理学者のマーク・ハウザーが科学的不正行為に従事していたと結論を下しました。
先週、米国保健・福祉省、研究課、Integrityは調査結果を確認しました、
ハウザーが方法を作って、改竄して、連邦政府によって資金を供給された6におけるデータが研究されるのを明らかにして。
ニュースはハウザーが何か悪行に関して有罪であるかどうかと疑った人に閉鎖をもたらしました。
しかし、どちらの調査も、ハウザーの刊行物の数百のどれが調査されたかを示さないので、
多くの研究者がどう彼の仕事の残りを見なすかに関して不確実なままでいます。
2012/09 Science 中国小児におけるゴールデンライス研究への非難と広がる混迷
Charges Fly, Confusion Reigns Over Golden Rice Study in Chinese Children
遺伝子を組み換えた米が4年前に中国人の学童に与えられた
米国によって資金を供給された研究は中国のメディアの火事嵐の引き金となりました。
「モルモット」として子供を使用
新聞の特約寄稿家は主な作者、ボストンのタフツ大学の両方を起訴しました。
いくつかの話が第二次世界大戦で中国人の囚人の日本の生物戦争実験に研究をたとえました。
熱狂は、研究の数人の中国人の共同制作者が仕事から自分たちを遠ざけるようにうながしました
そして、彼らのひとりは中断しました。
2012/09 Negative results are disappearing from most disciplines and countries
1990年~2007年の間にポジティブ報告偏向が22%以上も増加。
社会科学や生医学で多い。アジア、アメリカ、ヨーロッパの順で顕著。
2012/09 Misrepresentation of Randomized Controlled Trials in Press Releases and News Coverage: A Cohort Study
研究成果のポジティブな側面ばかり報道されるのは、アブストラクトの書き方にも原因がある
2012/09 EurekAlert 'Spin' in media reports of scientific articles
実際の研究の発表された概要から頻繁に誤解に来ます
2012/09 【コラム】科学者の大発見時の年齢が上昇 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com
ノーベル賞を受賞した科学者が重要な発見を行った年齢は、20世紀中に平均で約6歳上がった。
 米国で初めて特許を取得した人の年齢も上昇している。
 科学者が本格的な研究に入るのが遅くなっている
2012/09 Science 出世するチャンスを求めてアジアに殺到
科学的研究への制限は救える命を奪ってはいないか
2012/09 EurekAlert Are restrictions to scientific research costing lives?
 重大な研究を自由に利用可能にすることによって命が救われるかもしれないかどうか尋ねます。
 マラリアの専門のバードKnolsが論争する
アジアとアフリカのいくつかの地域では、毎年病気で発表された3,000の記事への完全なアクセスが
医師と研究者に拒絶されるので、マラリアに対する戦いが厳しく妨げられます。
 同時に、発展途上国で働いている科学者は、国民の健康アリーナでグローバルなプレーヤーになるのを阻まれます。
2012/08 Nature Open for business
ヨーロッパが科学技術の推進目標を達成するには、研究者ビザをもっと入手しやすくすべきだ。
doi:10.1038/488557a

「彼はなぜ死んだ、なぜ私はこの病気を・・・」
2012/08 People merge supernatural and scientific beliefs when reasoning with the unknown, study shows
未知の事象について推論するとき、人々は超自然的信念と科学的な信念を混ぜっ子になさいます。
 子供より大人達のほうが、実存的な問いについて超自然的な解にたどりつきがちなのだ
 多国間調査

2012/08 毎日新聞 大学論文:化学分野は退潮傾向、世界での存在感低下
2012/08 What motivates rejection of (climate) science?
 1つ以上の陰謀説に加入したか、または強く自由市場経済を支持した人は、他の科学と同様に気象科学からの調査結果をより拒絶しそうでした。
2012/08 Tomoko Ohta profile
『現在の生物学』は尊敬すべき日本人集団遺伝学者太田朋子のインタビューを掲載している
Current Biology has published an interview of the esteemed Japanese population geneticist Tomoko Ohta
2012/08 Science 経済危機によって根本的見直しを迫られるスペイン考古学
Economic Crisis Forces Spanish Archaeology to Rethink Its Roots
2012/08 Science アフリカにおけるサイエンスの新しい夜明け
A New Dawn for Science in Africa
2012/08 Science 科学を上手にコミュニケーションする
Capably Communicating Science
2012/08 Science 予算削減の施行は、規模にかかわらず科学の痛手に
Big or Small, Science Will Suffer If Sequestration Goes Into Effect
2012/08 Nature Repeat after me
論文の盗用はルーマニアだけでなく欧州政界に横行しており、その根絶を目指す学界の試みは、幅広い支援に値する。
doi:10.1038/488253a
2012/08 Nature Safety shambles
福島第一原発の事故対応の不備や安定化作業における被爆隠しが明らかになり、日本の原子力の今後に懸念が高まっている。
doi:10.1038/488253b
2012/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 理研の「基幹研究所」廃止へ?
2012/08 【日本語記事】大学の学位授与数はオンライン大学が従来の大学を上回る
 USA TODAY アメリカの事例
2012/08 Science Unfortunate oversight
科学者と産業界とのつながりについては、本人が思う以上に他者は厳しい目を向けており、情報の全面公開を強く心がける必要がある。
doi:10.1038/488005a
2012/08 Science Marching orders
政策の変化を望むなら、科学者も声を上げ、行動すべきだ。
doi:10.1038/488005b
2012/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 生物学がぼくらの未来を変える!? 21世紀を生きるための科学リテラシーとは

2012/07 Science 南極研究設備の改修のため科学研究予算が削減される見通し
Needed Antarctic Upgrades Would Trim Science Budget
2012/07 Science 米国下院委員会、社会保険福祉省の予算削減と国立衛生研究所(NIH)の予算凍結を可決
Panel Votes to End Prevention Fund, Cut Economics Studies, Freeze NIH
2012/07 Science 惑星科学により圧迫される予算
Planetary Science Is Busting Budgets
2012/07 BBC News Science graduates 'lack skills needed by business'
英国は、科学のスキル不足に直面している "
大学は経済成長に必要なスキルを持つ十分な科学の卒業生を生成するために失敗している、ローズ委員会報告書のハウスは検出されます。
2012/07 EurekAlert
 Generation X is surprisingly unconcerned about climate change
世代Xは気候変動に関して驚くほど無関心です。
2012/07 Science 実際には科学離れが起きていないとしたら?
What If the Science Pipeline Isn't Really Leaking?
2012/07 朝日新聞 原発事故、文化のせい? 国会報告書に海外から批判


 以上、 →2012年7〜12月の記事でした


→ 「科学と社会」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー