脳、神経科学:
2012年9〜12月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/12 【日本語記事】BioToday 
 ジストログリカンはSlitを適所配置して神経軸索の伸長を先導する
2012/12 毎日新聞 まばたき:脳リセットの働き? 大阪大などのチームが発表
2012/12 日本経済新聞 まばたきによる脳機能切り替え観察 阪大と情通機構
2012/12 朝日新聞 まばたきで気分リフレッシュ? 大阪大グループが発見
 映画を見ている人がストーリーの展開に応じて、ほぼ同じタイミングでまばたきしている
2012/12 【日本語記事】BioToday
 瞬きはデフォルトモードネットワーク活性化して注意解放を促しうる
2012/12 EurekAlert
  Study reveals how the brain categorizes thousands of objects and actions
脳が1,000の物と動作でどのようにカテゴリを写像するか
 脳が効率的にコンパクト空間のカテゴリの多様性を表す
2012/12 EurekAlert
 Scientists construct first map of how the brain organizes everything we see
脳が私たちが見る物と動作のすべてのカテゴリを整理するために配線される
 脳がどうこれらの組分けを組織化するかに関する最初の対話的な地図を作成
2012/12 【日本語記事】Nature 脳:行動選択の神経回路
ヒト脳で前頭前皮質(PFC)に傷害があると、突発行動または動機付け低下のどちらかが生じる
2012/12 Nature 脳: 行動負荷への応答を制御する、前頭前皮質から脳幹への投射
 A prefrontal cortex-brainstem neuronal projection that controls response to behavioural challenge
doi:10.1038/nature11617
2012/12 EurekAlert MRIs reveal signs of brain injuries not seen in CT scans, UCSF/SFGH researchers report
MRIsがCTスキャンで見られなかった脳障害のサインを明らかにすると報告します。
 病院のMRIsはCTスキャンより軽度外傷性脳損傷の人々のために長期の結果を予測するのが上手であるかもしれません
2012/12 EurekAlert 
病院のMRIsはCTスキャンより軽度外傷性脳損傷の人々のために長期の結果を予測するのが上手であるかもしれません

2012/12 EurekAlert
 Hybrid tunnel may help guide severed nerves back to health
ハイブリッドトンネルは、断ち切られた神経を健康に誘導して戻すのを助けるかもしれません。
 断ち切られた神経終末の再接続を誘導するために困難なものと同様に軟質の材料で作られたトンネルを建設
 大規模な神経損傷を受けた患者が、感覚と動きを取り戻すのを助けることに向かった第一歩であるかもしれません

2012/12 EurekAlert Even the smallest stroke can damage brain tissue and impair cognitive function
最も小さいストロークさえ、脳組織を損なって、認識的な機能を損なうことができます。
2012/12 LiveScience Concussions May Affect Kids for Months
脳震盪は何ヶ月も子供に影響を与えうる
脳のスキャンは、子どもたちが脳損傷を経験した後に構造変化は3ヶ月持続していることを明らかにした。
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 遺伝子間の長い非コードRNA・LINC00299は脳発達に必要なようだ
2012/12 【日本語記事】BioToday 樹状突起棘はシナプスの電気信号を増幅す
2012/12 EurekAlert
 Concussions affect children's brains even after symptoms subside
軽度外傷性脳損傷を被った子供における脳変化、または震動が、負傷の兆候が過ぎ去った後にさえ、負傷に何月も続くように持続しています

2012/12 EurekAlert  New research investigates how the common 'cat parasite' gets into the brain
トキソプラズマ原虫寄生体が宿主の行動に影響を及ぼすためにどう脳に入る
2012/12 LiveScience Mind-Control Parasites Hijack Immune System, Too
マインドコントロール寄生虫はあまりにも、人間の免疫システムをハイジャック
 免疫細胞は寄生虫侵略のフリーライドを提供します。
2012/12 EurekAlert How the common 'cat parasite' gets into the brain
2012/12 【日本語記事】BioToday
 トキソプラズマ原虫は樹状細胞のGABA伝達を乗っ取って感染を広げる
2012/12 EurekAlert 脳:視覚のマス目の自己組織化
 グリッド細胞集団がラット嗅内皮質中でモジュール状に配置され、異なるグリッドのスケールや方向、シータ波調節を維持し、その一方で環境変化に独立して応答している
脳: 内嗅領グリッド地図は離散的である
2012/12 Nature The entorhinal grid map is discretized
doi:10.1038/nature11649

シナプス結合していない近くの細胞の活動に影響を及ぼすエファプス効果
2012/12 【日本語記事】Nature 生理: 隣り合うニューロン間のクロストーク
 ショウジョウバエの嗅覚受容器ニューロン(ORN)が、大きなエファプス信号によって相互に交信し合い、嗅覚行動にかなりの影響を与えている
嗅覚: 神経どうしが交わす親密なささやき
2012/12 Nature Olfaction: Intimate neuronal whispers
doi:10.1038/nature11757
生理: 嗅覚神経回路のニューロン集団間で見られる非シナプス性抑制
2012/12 Nature
 Non-synaptic inhibition between grouped neurons in an olfactory circuit
doi:10.1038/nature11712
2012/12 EurekAlert Where 'where it's at' is at in the brain
「アレはどこにあるっけ」を司る脳の部位はここだっけ
 個人の周りのスペースのアイテムや位置を相関させる上で、脳は神経科学者の予想とは異なった領域を使用する

2012/11 Volunteerism and self-selection bias in human positron emission tomography neuroimaging research
 脳イメージングでサンプリング時にバイアスが発生。
 PETスキャンに協力してくれる人にはスリルを求める傾向が強い人が多い。

2012/11 EurekAlert Brain cell transplants in early 2013
パーキンソン病患者5人が脳の細胞移植を受けるでしょう、2013年前半に。
ヨーロッパの研究TRANSEUROの一部として、ランド(スウェーデン)のSkane大学病院で
2012/11 Science 認知機能を支える大規模な神経回路モデル
A Large-Scale Model of the Functioning Brain
霊媒トランス状態の脳
2012/11 LiveScience How a Medium's Brain Changes in a Trance
恍惚状態での脳の変化
媒体は霊と??通信するために主張するように、脳のスキャンでは、活動を明らかにする。

神経: 樹状突起棘によるシナプス電位増幅が入力協働性を強める
2012/11 Nature
 Synaptic amplification by dendritic spines enhances input cooperativity
doi:10.1038/nature11554

2012/11 【日本語記事】BioToday 
 非コードRNA・sncRNA715は髄鞘形成に不可欠なMBP生成を阻害する
2012/11 【日本語記事】 WSJ日本版
 脳の10%しか使っていない? 「神経神話」が教育に混乱
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 出生時体重が重かった若者は脳が大きい
2012/11 news@nature.com Neuroscience: Faces warp as brain area is zapped
脳の部位が急に動いているとき、顔面は、ゆがみます。

自動書記中の脳
2012/11 EurekAlert
 Brazilian mediums shed light on brain activity during a trance state
ブラジル人の霊媒は昏睡状態の間、脳活動を解明しました。
 精神図法(死亡者か精神が媒体の手を通して書くと信じられている書くことのフォーム)の間、ブラジル人の霊媒の脳血流を分析しました。
2012/11 EurekAlert Uncommon features of Einstein's brain might explain his remarkable cognitive abilities
アインシュタインの脳の珍しい特徴は彼の顕著な認識力について説明するかもしれません。
 アルバート・アインシュタインの脳の一部がほとんどの人々のものと異なっているのがわかりました
 ディーン・フォークによって導かれた新しい研究によると。
2012/11 news@nature.com Snapshots explore Einstein’s unusual brain
スナップはアインシュタインの珍しい脳を探ります。
Photos reveal unique features of genius’s cerebral cortex.
写真は天才の大脳皮質のユニークな特徴を明らかにします。
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 死後すぐに撮影されたアインシュタイン脳写真の初の解析結果
2012/11 LiveScience Einstein's Brain Reveals Clues to Genius
2012/11 EurekAlert This is your brain on freestyle rap
これはフリースタイルのラップのあなたの脳です。
2012/11 EurekAlert Migraines associated with higher incidence of brain lesions among women; effect on health uncertain
女性の中で脳障害の、より高い発生に関連している偏頭痛。
 健康への影響は不確実です。
2012/11 EurekAlert New form of brain plasticity: Study shows how social isolation disrupts myelin production
新種の脳の可塑性: 社会的隔離がどうミエリン生産を中断するか
 長期の間に社会的に隔離される動物は、複雑な感情的で認識的な振舞いに原因となる脳の部分の、より少ないミエリンにします。

2012/11 EurekAlert
 A better brain implant: Slim electrode cozies up to single neurons
より良い脳インプラント: 個々のニューロンまでのスリムな電極保温カバー
 ミシガン大学で開発された薄くて、フレキシブルな電極
 最も近い競争より10倍小さく、神経の活動長期測定は、ついに実用的になるかもしれません。
2012/11 【日本語記事】Nature 脳:中脳ニューロンによる報酬と忌避の調節
脳梁切断
2012/11 EurekAlert UCSB scientists report 'new beginning' in split-brain research, using new analytical tools
分離脳研究
 左右の半球の間の脳の配位パターンにおける動力学変化
2012/11 【日本語記事】Nature 発生:皮質介在ニューロンでの細胞死
大脳皮質の主要な抑制性細胞である介在ニューロンでは、発生中の神経細胞死が内因的に決定されたものである







2012/10  Intra- and interbrain synchronization and network properties when playing guitar
デュエットでギターを演奏する際に、2人の協調が必要な時ほど脳波が同期。
脳梗塞後の臍帯血細胞移植治療、タイミングが大事
2012/10 EurekAlert Therapeutic time window important factor for cord blood cell transplantation after stoke
 実験的脳梗塞に続く様々な時間間隔、4時間、24時間、72時間、120時間と14日間
 人間のへその緒の血中単核細胞をテストネズミに移植した結果
 72時間のタイムウィンドウの中の移植が脳の退化の減少と同様に機能的な回復における早めの改良をもたらした。
 比較で、14日たってからの移植は利益を全く示しませんでした。
2012/10 EurekAlert Single protein targeted as the root biological cause of several childhood psychiatric disorders
いくつかの幼年期の行為障害の根の生物学的要因として狙う単一のタンパク質
 タンパク質(SRGAP3)が奇形であるなら、ネズミ脳機能で問題を起こす
 子供のメンタル・ヘルスと神経障害と同様の状態で兆候を引き起こして。
2012/11 EurekAlert Caffeine's effect on the brain's adenosine receptors visualized for the first time
陽電子放射断層撮影による分子イメージ
 カフェイン摂取のネガ・ポジ効果について初めて調査
 生きている人間の脳でカフェインの結合部位をイメージングするのを可能にしました。

魚油と(脳卒中、脳血管発作、一過性脳虚血発作)リスク低下
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 オメガ-3脂肪酸豊富な魚の摂取と脳血管疾患リスク低下が関連する
2012/10 EurekAlert
  Couple of weekly portions of oily fish can help ward off stroke
週に2~3回油の乗った魚を食べれば
2012/10 EurekAlert Scientists propose revolutionary DNA-based approach to map the wiring diagram of the brain
科学者は、脳の配線図を写像するために革命のDNAベースのアプローチを提案します。
 神経科学者のチームはマウスの脳全体のニューロンの接続性("connectome")を決定する新しくて潜在的に革命の方法を提案しました
2012/10 EurekAlert A circuit diagram of the mouse brain
マックスプランク科学者は、電子顕微鏡の下で全体のマウス脳を分析することを目指します。
2012/10 Population Differences in Brain Morphology and Microstructure among Chinese, Malay, and Indian Neonates
新生児の脳形態に見る民族間(マレー人、中国人、インド人)の差異
2012/10 【日本語記事】BioToday
 血中の単球は脳に入ってマイクログリア機能を担いうる
2012/10 news@nature.com Testing magnesium's brain-boosting effects
マグネシウムの脳を上げる効果をテストします。
Simple ion therapy faces human trials after ten years of preparation.
単純イオン療法は、10年間の準備の後に人体試験に直面しています。
2012/10 Science 脳スキャンが悪いニュースを運んできたら
When a Brain Scan Bears Bad News
2012/10 Science グリア前駆細胞を用いた神経疾患の治療及びモデル動物の確立
Glial Progenitor Cell-Based Treatment and Modeling of Neurological Disease
2012/10 【日本語記事】National Geographic 神経再生には“痛み”も必要!?
カンナビノイドが、切断された神経の再生を妨げる働きもする
 名古屋大学大学院理学研究科の松本邦弘教授らの線虫を使った研究
2012/10 EurekAlert First micro-structure atlas of the human brain completed
完成した人間の脳の最初のミクロ構造地図帳
 人間の脳白質のミクロ構造の最初の地図帳を造りました。
2012/10 Nature 神経: in vivoでバレル皮質ニューロンの曲げ方向同調を決める非線型的な樹状突起情報処理
 Nonlinear dendritic processing determines angular tuning of barrel cortex neurons in vivo
doi:10.1038/nature11451
2012/10 LiveScience When You're At Rest, Your Brain's Right Side Hums
あなたが安静時なら、あなたの脳の右側がハミング
 忙しい右半球は、情報の整理に役立つかもしれません。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 安静時の右脳と左脳の活動は異なる
2012/10 ScienceDaily Do Lefties, Righties Benefit Differently from Power Nap? At 'Rest,' Brain's Right Hemisphere 'Talks' More Than Left Hemisphere Does
2012/10 EurekAlert Using the eye as a 'window into the brain'
'脳への窓'として目を使用します。
 安価で、わずか5分の目のスキャン
 多発性硬化症で正確に人々の脳傷害の量を算定して、病気がおよそどれくらいすばやく進歩をしているかという手がかりを提供できます
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 前脳から海馬へのACh分泌低下は空間記憶障害や過活動を招く

2012/10 EurekAlert
 New findings illuminate basis in brain for social decisions, reactions
社会的な決定、反応の脳における基礎
 「社会的な脳」の発火は、愛他的な動機、振舞い、および区別の痛みに応じる脳の領域でその脳の部位が重要であることを明らかにします。
脳: ドーパミン作動性ニューロンは、非典型的なGABAの放出を介して線条体出力を抑制する
2012/10 Nature Dopaminergic neurons inhibit striatal output through non-canonical release of GABA
doi:10.1038/nature11466
脳の発生: ニューロンの家系図を作り直す
2012/10 Nature Brain development: The neuron family tree remodelled
doi:10.1038/490185a
神経: 網膜での神経活動の波が、発達期の視覚系全体にわたるパターン化された活動を調整する
2012/10 Nature Retinal waves coordinate patterned activity throughout the developing visual system
doi:10.1038/nature11529
2012/10 【日本語記事】MT Pro 
 子供のころの情緒的ネグレクトが高齢期の脳梗塞リスクに/米・Rush Memory and Agingプロジェクト
2012/10 BBC News Strokes in young people 'rising', study finds
若者の脳卒中は '上昇'
 不健康な生活習慣が原因で若い年齢でより一般的に、アメリカ
2012/10 LiveScience Strokes Occurring in Younger Age Groups, Study Finds
20から55の年齢はより多くの人々が脳卒中を持っている。
2012/10 【日本語記事】Nature 脳:ドーパミンとGABAが共同利用する輸送系
 ドーパミン作動性ニューロンに、線条体からの出力の抑制という意外な機能がある
 この抑制の源が速効性の伝達物質GABA

2012/10 EurekAlert
 NIH researchers provide detailed view of brain protein structure
ニューロテンシン(脳で神経細胞活動を調節する神経ペプチドホルモン)がどう受容体と対話するかに関する最初の非常に詳細な記述
 神経ペプチドホルモンがG-タンパク質の結合した受容体と呼ばれる受容体のクラスを起動するのに新しい結合機構を使用する

2012/10 【日本語記事】BioToday 
 リコピン血清濃度が高い男性は脳卒中をおこしにくい
2012/10 LiveScience Tomato Compound May Cut Men's Stroke Risk
2012/10 ABC@オーストラリア Tomato compound tied to lower stroke risk
2012/10 【日本語記事】BioToday 
どの脳卒中/出血リスク患者でもアピキサバンはワーファリンに勝る
2012/10 朝日新聞 てんかんの運転免許条件「緩和を」 学会が提言
2012/10 EurekAlert Can eating tomatoes lower the risk of stroke?
トマトとトマトベースの食物を食べるのはストロークの下側のリスクに関連しています

2012/10 EurekAlert
 Whether we like someone affects how our brain processes movement
私たちがだれかが好きであるかどうかが私たちの脳がどう動きを処理するかに影響します。
2012/10 LiveScience Tracking Uncertainty's Origin in the Brain
脳における不確実性の起源を追跡
科学者たちは、ラットがその心を変える瞬間を見つける。
2012/10 Science ヒトの脳が大きいのはなぜか
Why Are Our Brains So Big?
ソーシャルネットワークのサイズと社会性にリンクされた特定の脳の部位のものとの相関関係
 社会的脳仮説が人間の脳進化の複雑なコースを説明できないくらい安易であるかもしれない
2012/10 Science ヒトやヒトの脳がユニークなのはなぜか
Why Are You and Your Brain Unique?
2012/10 Science 脳をもっと柔らかくすることは可能か
Can We Make Our Brains More Plastic?
2012/10 Science 脳のパズル
Brain Teasers
2012/10 Science 脳の不思議
MYSTERIES OF THE BRAIN
2012/10 Science
 神経科学における概念モデルと計算論的シミュレーションの統合
Theory and Simulation in Neuroscience
2012/10 EurekAlert New human neurons from adult cells right there in the brain
脳で見つけられた別のタイプの成熟細胞から新しい人間のニューロンを発生させる方法を発見しました。
 成人脳のからのPDGFRによって分類された周皮細胞で誘導されたセルについてニューロンのプログラムを変えることの直接観察
2012/10 【日本語記事】BioToday  脳の非神経細胞を神経細胞へと変換できた

2012/10 EurekAlert
 Study suggests immune system can boost regeneration of peripheral nerves
免疫システムの調整が末梢神経の再生を向上させうる
 負傷への免疫反応を調節すると、断ち切られた末梢神経の再生は加速するかもしれません
 負傷に応じる大食細胞セルの活動を変更することによって、レートを劇的に増加させました。
2012/10 EurekAlert Camels give President Obama's Alzheimer's plan a lift
ラクダはオバマ大統領のアルツハイマーのプランを車に乗せます。
 血液脳関門を越えて、脳組織に拡散して、特定の目標に達することができる
 ラクダ科の動物から、新しいクラスの抗体
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 ラクダが作る抗体可変部VHHは中枢神経系の診断/治療薬として有望
話し手と聞き手の脳波にみられる同調っぽさ
 内容特有のEEGコーディネート
2012/10 Content-specific coordination of listeners' to speakers' EEG during communication

2012/10 読売新聞 呼吸のリズ ム作る脳細胞群、研究グループが発見
2012/10 朝日新聞 脳内に呼吸のペースメーカー 日本の研究チーム発見
2012/10 EurekAlert Homolog of mammalian neocortex found in bird brain
鳥の脳に見られる哺乳類の新皮質のホモログ
 人間や哺乳類の脳において、ほとんどの高次処理は新皮質で起こると考えられます。
 解剖学的構造が大幅に異なる鳥の脳においても、細胞が哺乳類の新皮質のものと同様であることがわかりました。

2012/10 EurekAlert
 Rehabilitation robots uncover stroke disabilities and improve care: Study
リハビリテーション用ロボットは、脳卒中障害を明らかにし、ケアを改良します
 ポスト脳卒中治療を特定して、カスタム設計するのを助けるロボット
2012/09 EurekAlert Duke Medicine news - Apixaban superior to warfarin across range of patient risk scores
apixabanと呼ばれる新しい抗凝血剤
 出血の危険性がある心房細動患者で脳卒中を防ぐことにワルファリンより優れています
2012/09 EurekAlert Exercise improves memory, thinking after stroke, study finds
脳卒中後の運動、記憶力を改善する
 6カ月の運動は記憶、言語、思考、および判断能力をおよそ50パーセント改良できます。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 有酸素運動/筋トレで脳卒中患者の認知機能が全般的に改善しうる
背骨から頭蓋骨がはずれちゃった!のに、手術とリハビリで歩行も会話もできるまでに回復した事例
交通事故で頭蓋骨が背骨から分離した若い女性、奇跡的な回復を示す
2012/09 LiveScience Woman Survives Rare Internal Decapitation
女性はレア内部斬首に耐える
若い女性は、彼女の頭蓋骨が自動車事故で彼女の背骨から分離した後奇跡的な回復をしている。
2012/09 Genetic and environmental influences on structural variability of the brain in pediatric twin: Deformation based morphometry
大脳容量、総灰白質量、総白質量に及ぼす遺伝の影響はどれも約7割。特に左の遺伝率が高い。
被殻、淡蒼球の遺伝率は8割。右小脳や脳梁後部は有意ではないものの環境の影響が6割弱。
2012/09 EurekAlert Compelling evidence that brain parts evolve independently
脳の部分がお互い独自に進化できるという証拠
2012/09 EurekAlert Human brains outpace chimp brains in the womb
チンパンジーと人間の胎児の脳成長を追跡して、比較
2012/09 EurekAlert Human brains develop wiring slowly, differing from chimpanzees, GW University professor finds
チンパンジーと異なって、人間の脳がゆっくり配線を開発する
 大脳皮質のミエリンがどれくらい急速に成長するかを明らかにします
2012/09 Prolonged myelination in human neocortical evolution
大脳新皮質でのミエリン化はチンパンジーでは性的成熟とともに完了するが、ヒトではなかなか終わらない。
2012/09 EurekAlert Understanding the brain by controlling behavior
ピンポイントのレーザー光線パルスで線虫の「脳」ニューロンを操る
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 5-hmCはシナプス機能遺伝子に集中し、スプライシングに寄与しうる
2012/09 【日本語記事】Nature 
発生:神経筋接合部からの誤ったシグナル
2012/09 EurekAlert New cranial neural crest cell line developed
新しい頭蓋の神経堤細胞株は発生しました。
 研究者は首尾よくボディーを必要である多くの異なった細胞種類に展開する可能性を示す実験室で育てられることができるネズミから大量に得られる神経堤細胞の安定個体群を発生しました
2012/09 EurekAlert Human brains share a consistent genetic blueprint and possess enormous biochemical complexity
人間の脳は、一貫した遺伝子の設計図を共有して、莫大な生化学の複雑さを持っています。
2012/09 【日本語記事】Nature
 脳の地図帳:ヒトの脳の分子トポグラフィーが前例のない精度で作成された
 海馬のカルシウム結合タンパク質CALB1は、マウスおよびアカゲザルと比較した場合、ヒトで特異的なパターンを示す
2012/09 LiveScience 
遺伝子マップは脳の青写真を示しています
 全体の人間の脳の3Dマップは、私たちの脳は、同じ基本的な分子設計図を共有し、驚くほど似ていることがわかる。
2012/09 BBC News Human brain gene map shows striking similarities
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 人の脳では遺伝子のおよそ84%が活動している
 2人の男性の脳トランスクリプトーム解析の結果
遺伝: 成人脳のトランスクリプトームを解剖学的に解析した包括的アトラス
2012/09 Nature
 An anatomically comprehensive atlas of the adult human brain transcriptome
doi:10.1038/nature11405
頭痛を起こす頭痛薬
2012/09 BBC News Painkillers 'are the cause' of millions of headaches
50人に1人にあまりにも多くの鎮痛剤を服用することによって自分自身に激しい頭痛を与えている
2012/09 LiveScience Eye Tracking Could Diagnose Brain Disorders
アイトラッキングは、脳疾患診断が可能
人の視線は、脳内の複雑な作業の結果である。
2012/09 LiveScience New Atlas May Help Solve Mysteries of the Human Brain
新しいアトラスは、人間の脳の謎を解決するのに役立つ
3Dマップが正常と異常の脳間の遺伝的差異を明らかにする必要があります。
2012/09 EurekAlert Disability caused by traumatic brain injury in children may persist and stop improving after 2 years
子供の脳外傷によって引き起こされた障害は、2年後に固執していて、向上するのを止めるかもしれません。
 適度の、または、激しい脳外傷を被った子供
 負傷の2年後にまだかなりの機能的障害と減少している生活の質を持っているかもしれません。
'マルチ入力マルチ出力の非線形'(MIMO)モデル
'multi-input multi-output nonlinear' (MIMO) model
2012/09 EurekAlert
 Neural stem cells regenerate axons in severe spinal cord injury
神経の移植は決定をする能力を回復します。
 猿で首尾よく意志決定の過程を回復
 猿の脳の前面に神経の装置を置くことによって、回復し、向上さえできました
2012/09 EurekAlert Scientists use prosthetic device to restore and improve impaired decision-making ability in animals
動物で損なわれた意思決定能力を回復して、改良するのに人工器官を使用します。
脳卒中サバイバー、男性のほうがうつ病率高め
2012/09 EurekAlert Uncertain about health outcomes, male stroke survivors more likely to suffer depression than females
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 予防的全脳照射で手術/放射線治療NSCLC患者の脳転移リスクが下がる
2012/09 EurekAlert
 Fasting makes brain tumors more vulnerable to radiation therapy
断食は脳腫瘍を放射線治療により傷つきやすくします。
2012/09 LiveScience
 1 Aging Brain Cell Affects the Entire Brain, Study Suggests
1老化脳細胞は、脳全体に影響を与える
社会経験に依存するオリゴデンドロサイト成熟化と髄鞘形成の臨界期
2012/09 A Critical Period for Social Experience–Dependent Oligodendrocyte Maturation and Myelination
離乳後の母仔分離は前頭前野での不可逆的なミエリン鞘異常を誘発。2週間が臨界期。
2012/09 Science
 社会性の獲得の臨界期はグリア細胞の成熟と髄鞘化に決定される
2012/09 EurekAlert
 How early social deprivation impairs long-term cognitive function
ひどいネグレクトに苦しむ子は、認識機能障害を持つ大人に育ちがち
 若年期の間の社会的隔離は、脳の白質のセルがミエリン、脂肪性の「絶縁」を神経線維に熟して、生産するのを防ぎます
2012/09 LiveScience Mystery of How Social Isolation Messes with Brain Solved
社会的孤立が脳をダメにする機序
ネグレクトされた子供たちが大人になって苦労する理由をマウスの研究では、説明することがあります。
2012/09 産経新聞 ミカン皮が脳神経守る 脳梗塞治療に期待
 皮に含まれる有機化合物に、脳の神経細胞を守るタンパク質を増やす働き
 脳梗塞で起きる脳神経の機能障害を遅らせる治療薬の開発につながる可能性

2012/09 EurekAlert
 NFL players may be at higher risk of death from Alzheimer's and ALS
NFLプレーヤーはアルツハイマーやALSなどでの、より高い死亡の危険性で来ているかもしれません。
 一般的な米国人口と比べてプロ・フットボール選手が
 アルツハイマー病やALのように、脳細胞を損なう病気による死の、より高いリスクでいるかもしれない
2012/09 cnn.co.jp NFL選手、3倍の確率でアルツハイマーやALSを発症 米調査
2012/09 EurekAlert A blueprint for 'affective' aggression
ネズミで感情の攻撃性に関連している脳の領域地図
2012/09 EurekAlert
 Even in normal range, high blood sugar linked to brain shrinkage
正常な値の範囲であっても、高めの血糖値は脳の萎縮との相関が見られる
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 たとえ正常範囲内でも高血糖は脳萎縮をもたらしうる
2012/09 ScienceDaily
 Even in Normal Range, High Blood Sugar Linked to Brain Shrinkage
海馬や扁桃体が委縮
2012/09 LiveScience 'Normal' Blood Sugar May Still Affect Brain Health
fMRIで社会不安障害における治療反応を予測
2012/09 Predicting Treatment Response in Social Anxiety Disorder From Functional Magnetic Resonance Imaging



 以上、 →2012年9〜12月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー