睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚:
2012年1〜6月

ほか「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/06 読売新聞 寝不足の脳は不快なものに反応、抑制利きにくい
 4時間睡眠で寝不足の時は、不安や緊張などに反応する脳の扁桃体の活動が8時間睡眠時に比べて活発になった。
夢遊状態で暴れる人
2012/06 EurekAlert
 Smoking, head injury, pesticide use may be risk factors for rare sleep disorder
喫煙、頭部負傷、殺虫剤の使用 まれな睡眠障害のための危険因子かも
 喫煙、頭部外傷、殺虫剤暴露、農耕、および、低学歴
 睡眠中の蹴ったり殴ったりを引き起こすまれな睡眠障害のための危険因子であるかもしれません
2012/06 【日本語記事】BioToday
 早起きを好む人は夜型の人に比べてより幸せで健康的で前向き
2012/06 読売新聞 機嫌悪い・起きない…中学生の7割、睡眠に問題
 厚生労働省研究班
2012/06 読売新聞 「羊が1匹…」眠れない?日本語だからという理由
英語なら、「シープ(羊)」という発音を繰り返せば自然に腹式呼吸になる
2012/06 EurekAlert Learn that tune while fast asleep
ぐっすりと眠っている間、その旋律を学んでください。
 あなたが練習したその旋律を刻み付けたいですか?
 たぶん、同じメロディーにあなたの睡眠の間、演奏されている状態であなたがうたた寝するべきである
 研究は睡眠の間、思い出を現役に戻すことができて、過程でそれらの格納を強化できるのを示すおもしろい既存の証拠から、成長します。
2012/06 【日本語記事】BioToday
 夜勤女性は乳癌リスクが高い~最初の妊娠前の夜勤は特にリスク高し
2012/06 EurekAlert The role of dopamine in sleep regulation
睡眠制御におけるドーパミンの役割
 睡眠規則を制御することにおける、神経伝達物質ドーパミンの新しい機能を発見
 ドーパミンは人間に「サーカディアンリズム」を書き取るのに一番重要な松果腺で行動します
2012/06 LiveScience Feel-Good Brain Chemical's Role in Sleep
睡眠の満足感を与える脳内化学物質の役割
ドーパミンレベルを増やすと、朝に目覚めるものである可能性があります。

2012/06 EurekAlert
 Obesity, depression found to be root causes of daytime sleepiness
昼間の眠気のルーツに肥満とうつ
2012/06 EurekAlert
 Studies show sleep times influenced by race, ethnicity and country of origin
2つの新しい研究が人種・民族のバックグラウンドに基づくアメリカ人の中で睡眠の不一致を報告します。
 白人が一番良く眠る アジア系は昼間眠い 黒人は睡眠不足
2012/06 EurekAlert New research showing how real-life exposure to violence disrupts a child's sleep habits
新しい研究は、子供の世界の暴力が睡眠に影響を与えるのを示しています。
 暴力が厳しければ厳しいほど、より多くの睡眠が影響を与えられます。
 時間が経過するとき、殺人を目撃する子供が、より無節操な睡眠を持っています。
2012/06 EurekAlert
 Sleep apnea persisting into teens can impact life skills, study finds
十代まで持続する睡眠時無呼吸がライフ・スキルに影響を与えうる
2012/06 EurekAlert
  Top risk of stroke for normal-weight adults: Getting under 6 hours of sleep
6時間未満の睡眠不足状態、脳卒中を招く
2012/06 【日本語記事】BioToday
 普段の睡眠が6時間未満の正常体重成人は脳卒中症状リスクが高い
暗いときに音刺激に過敏に反応してしまう人たち
2012/06 EurekAlert
 Some adults with sleep disturbances are actually afraid of the dark, study says
「暗闇恐怖症」で睡眠障害になっている成人もけっこういる
 「よく眠れる人と比べて、不眠者は暗闇で、より容易に驚きました。」
2012/06 LiveScience Can't Sleep? Could Be a Fear of the Dark
2012/06 【日本語記事】BioToday 暗がりが怖くて眠れない人がいる
2012/06 【日本語記事】AFP 眠れない?それは暗闇恐怖症かも、カナダ研究
2012/06 EurekAlert
 Sleep deprivation may lead to higher anxiety levels, fMRI scans show
睡眠の不足が惹起する不安障害
2012/06 EurekAlert
 Brain scans show specific neuronal response to junk food when sleep-restricted
睡眠不足で強まるジャンクフードへの特定の脳内ニューロン反応
 寝不足状態の脳、有害な食物の光景で報酬機能が活性化する:fMRIスキャン
2012/06 EurekAlert
 MRI scans show how sleep loss affects the ability to choose proper foods
MRIスキャンは睡眠不足がどう適切な食物を選ぶ能力に影響するかを示しています。
2012/06 【日本語記事】BioToday
 睡眠時無呼吸患者は炭水化物渇望を呈しやすい

2012/05 【日本語記事】BioToday
 夜勤は乳癌リスクを高めうる~朝型の女性は特にリスク高し
2012/05 【日本語記事】Nature 進化 : すべての生物にある時計マーカー
ヒト赤血球と藻類で、ペルオキシレドキシンタンパク質の酸化還元の周期が関係する、転写を基盤にしないタイプの概日振動が見つかった
この種の細胞計時機構が、数十億年もの間に生物界全体を通して酸化還元の恒常性維持機構と共進化してきた可能性
この結びつきは、嫌気的代謝を進化史の片隅へと追いやった25億年前の「大酸化事変」にまでさかのぼると考えられる。
進化:ペルオキシレドキシンは、概日リズムの保存されたマーカーである
2012/05 Nature Peroxiredoxins are conserved markers of circadian rhythms
doi:10.1038/nature11088
時差ボケで不妊?
2012/05 EurekAlert Females face different clock problem
女性は異なった時計問題に直面しています。
 混乱させたサーカディアンリズムと生殖の生理学の間の明確な線を描きます。
 明暗サイクルでネズミで繰り返された変化で環境面で生物学的サイクルの時計を混乱させるなら、
 妊娠結果に関する問題がある
 そして、効果は劇的である場合があります。
2012/05 LiveScience Daily Rhythm Disruptions Linked to Fertility Problems
不妊の問題にリンクされた毎日のリズムの崩壊
マウスは、研究者は通常の睡眠と覚醒のサイクルを破壊したときに子孫を持つことが少ない傾向にあった、新しい研究は述べています。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 重症睡眠呼吸障害の人は癌による死亡リスクが高い
2012/05 【日本語記事】MT Pro
 睡眠時呼吸障害とがん死に関連,最大4.8倍のリスク上昇
米,22年追跡の地域住民対象コホート研究
2012/05 news@nature.com A biological clock to wind them all
体内時計はそれらを皆、巻き上げします。
Enzymes that mop up toxic hydrogen peroxide may have formed life's first circadian clock.
毒性の過酸化水素をぬぐい取る酵素は、人生の最初の生物学的サイクルの時計を形成したかもしれません。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 体内時計と不調和な生活と睡眠不足は肥満や糖尿病リスクを高めうる
2012/05 LiveScience 
目覚まし時計を使うと、FAT作成されますか?
私たちの自然な時計と私たちのアラームの間に不一致が私たちの健康を傷つける可能性があります。
2012/05 EurekAlert
 Sleepwalking more prevalent among US adults than previously suspected, Stanford researcher says
米国の大人達(840万以上)の約3.6パーセントは夢中歩行することの傾向があるのがわかりました。
2012/05 LiveScience
 More Than 8 Million Americans Sleepwalk, Surprising Scientists
800万人以上のアメリカ人がスリープウォーク、驚くべき科学
大人の夢遊病は驚くほど一般的である。
2012/05 【日本語記事】MT Pro 成人の「夢遊病」,30%が経験あり
米国の2万人規模の横断研究

2012/05 EurekAlert Obesity and the biological clock
肥満と体内時計
 緊急のアポイントメント、きつい仕事時刻表、および消耗性の社会的なスケジュール
 それらは頻繁に私たちの本質的な生体リズムと衝突します。
 食い違いはいわゆる社会的なjetlagをもたらします。(jetlagは健康への脅威です)。

創薬:時計に効く薬
2012/05 Nature Drug discovery: Time in a bottle
A biological clock synchronizes animal behaviour and physiology with Earth's 24-hour rotation.
Drugs targeting the clock's 'gears' show promise for treating obesity and other metabolic disorders.
doi:10.1038/485045a
2012/05 【日本語記事】Nature 代謝:代謝の時計を合わせる
 強力な合成REV-ERBアゴニストを発見し、SR9011およびSR9009と命名
 時計遺伝子の発現調節には、核内受容体であるREV-ERB-αとREV-ERB-βが中心的な役割を果たしている。
代謝:合成REV-ERBアゴニストによる概日行動と代謝の調節
2012/05 Nature Regulation of circadian behaviour and metabolism by synthetic REV-ERB agonists
doi:10.1038/nature11030
生理:概日行動と概日代謝のREV-ERB-αとREV-ERB-βによる調節
2012/05 Nature Regulation of circadian behaviour and metabolism by REV-ERB-α and REV-ERB-β
doi:10.1038/nature11048
2012/05 LiveScience Odd Ways the Mind Warps Time
奇妙な方法マインドワープタイム
あなたの年齢、感情の状態およびアクティビティのもタイプは、時間を知覚する方法に影響を与えることができます。
2012/05 EurekAlert Excessive sleepiness may be cause of learning, attention and school problems
学習、注意、および行動上の問題を持っている子供は、過度の昼間の眠気(EDS)に苦しんでいるかもしれません
 臨床実験は、それらが夜十分長い間眠るのを示していますが。
2012/05 EurekAlert Longer sleep times may counteract genetic factors related to weight gain
長めの睡眠時間は肥満遺伝因子の効果を打ち消すかもしれません。
 一夜あたり9時間以上眠るは実際に体重への遺伝的影響を抑圧するかもしれません
 双子の1,088組で睡眠とBMI値(BMI)を調べる新しい研究
 一夜あたり7時間未満眠っている双子は、増加するBMIとBMI、2倍高い後者への過度の睡眠者より大きい遺伝的影響に関連していました。
 遺伝的影響はグルコース代謝、エネルギー使用、脂肪酸の格納、および満腹を含んでいます。
2012/05 【日本語記事】BioToday 睡眠時間が短いと肥満関連遺伝子が発現しやすくなるようだ
2012/05 読売新聞 夜尿症治療、時計遺伝子カギ…京大グループ解明
2012/05 読売新聞 体内時計が「おねしょ」防ぐ…夜尿症治療に光
 「時計遺伝子」が、膀胱の筋肉を収縮しやすくするたんぱく質の量を睡眠中は減らす

2012/05 毎日新聞 睡眠中:ぼうこう容量、体内時計が制御 京大など解明
2012/05 ABC@オーストラリア Wee small hours of the morning explained
朝のおしっこ小さな時間は説明
夜行性の障害:高齢者が頻繁に排尿するために夜に起きなければならない理由を説明するタンパク質を特定
2012/05 LiveScience Why the Urge to Pee Ruins Sleep for Some
なぜ遺跡がいくつかのスリープ尿意
タンパク質は、頻繁に夜間頻尿のためのせいにするかもしれません。
2012/04 Science 時間が「登り下り」するという認識
Where Time Goes Up and Down
The Yupno people, who inhabit a remote valley in Papua New Guinea, think of time topographically.
No matter which way a speaker is facing, he or she will gesture uphill when discussing the future and point downhill when talking about the past.
脳細胞の加齢変化は睡眠問題を引き起こすかもしれません。
2012/04 EurekAlert Brain cell changes may cause sleep troubles in aging
2012/04 EurekAlert Study: Insomnia takes toll on tinnitus patients
不眠は耳鳴患者の上で被害をもたらします。
 耳鳴によって苦しめられた3600万人以上に関しては、不眠は条件でマイナスの影響がある場合があります
2012/04 【日本語記事】BioToday 不眠で耳鳴り症状が悪化しうる
2012/04 【日本語記事】Nature 生理:自然条件下での生体リズム
概日リズム:晴れた午後には怠けていられない
2012/04 Nature Circadian rhythms: No lazing on sunny afternoons
doi:10.1038/484325a
生理:自然条件下でのショウジョウバエの概日行動リズムの意外な特徴
2012/04 Nature Unexpected features of Drosophila circadian behavioural rhythms under natural conditions
doi:10.1038/nature10991
2012/04 Science 昆虫における二分節の周期性を持つ分節時計
A Segmentation Clock with Two-Segment Periodicity in Insects
2012/04 【日本語記事】MT Pro
 睡眠制限+概日リズム障害で健康人が前糖尿病状態に/米研究
2012/04 EurekAlert Lack of sleep is linked to obesity, new evidence shows

寝不足は糖尿病や肥満を招く
2012/04 EurekAlert Less sleep, disrupted internal 24-hour clock means higher risk of diabetes and obesity
2012/04 Science 睡眠研究が示唆する糖尿病と肥満の引き金
Sleep Study Suggests Triggers for Diabetes and Obesity
2012/04 Science シロイヌナズナの概日時計の核心のマッピングは振動子のネットワーク構造を定義する
Mapping the Core of the Arabidopsis Circadian Clock Defines the Network Structure of the Oscillator
2012/04 EurekAlert Accentuating the positive memories for sleep
睡眠のための積極的な思い出を強調します。
 睡眠は私たちの思い出を保存することにおける強力な役割を果たします。
 しかし、最近の研究は、覚醒が否定的であるか外傷性のイベントの思い出を曇らせるかもしれないのを示していますが、新しい研究によって、また、覚醒がポジティブな記憶を下がらせるのがわかりました。
 ネガティブな記憶もポジティブな記憶も刻みこむ







2012/03 LiveScience Depression Linked with Sleep Breathing Problems, Study Finds
うつ病は睡眠呼吸障害から?
睡眠中の睡眠時無呼吸症候群と他の呼吸障害は、うつ病の発症に貢献するかもしれない
2012/03 EurekAlert CDC study forges link between depression and sleep apnea
憂うつと睡眠時無呼吸のリンク
 眠る間の鼻息、喘ぐことまたは停止息づかいが絶望的の気持ちと失敗を含むほとんどすべての憂うつ兆候にリンクされました。
 うつといびきとの協会が全くありませんでした。
2012/03 Science Control of Sleep by Cyclin A and Its Regulator
サイクリンAによる睡眠の制御およびその調節因子
2012/03 EurekAlert Sleep disturbances hurt memory consolidation
睡眠障害は記憶の固定に害を与えました。
 睡眠障害は否定的に通常、一夜の睡眠で起こる記憶の固定と増進に影響を与えます。
2012/03 EurekAlert Learning best when you rest: Sleeping after processing new info most effective, new study shows
新素材を学んだすぐ後に寝つくのが最も有益である

2012/03 EurekAlert Circadian rhythms have profound influence on metabolic output, UCI study reveals
サーカディアンリズムが新陳代謝の出力に深遠な影響を与える
 肝臓の現在の何百もの代謝産物について分析
 体内時計がアミノ酸、炭水化物、および脂質のような主要な構成要素の生産を大いに制御する
2012/03 EurekAlert Obesity raises death risk tied to sleeping pills
肥満は睡眠薬がらみの死亡リスクを高める
2012/03 EurekAlert  Lack of sleep may increase calorie consumption
寝不足はカロリー消費を上げるかもしれません。
 十分に眠らないなら、あなたは食べ過ぎることができます--そして、その結果、肥満体によりなりそうです。
2012/03 【日本語記事】BioToday 睡眠不足はカロリーの摂り過ぎを招く
2012/03 【日本語記事】BioToday レム睡眠行動障害は軽度認知障害やパーキンソン病リスクを高めうる
レム睡眠行動障害(rapid eye movement sleep behavior disorder;RBD)
2012/03 LiveScience Talk Therapy May Be Key to Treating Insomnia
トークセラピー不眠症を治療する鍵となる可能性があります
睡眠薬と認知行動療法(時にはトークセラピーと呼ばれる)の両方が不眠症を治療するために使用されているが、専門家は、ますます話の治療の代わりにピルを推奨しています。
2012/03 【日本語記事】MT Pro 睡眠薬処方例の死亡リスクは最大5.3倍,がんも増加/米マッチドコホート研究
2012/03 LiveScience Morning People Most Creative in the Evening
朝型人間が最もクリエイティブになるのは晩方
あなたはそれだと思うときにあなたの最高の創造的な時間ではありません。
いびきに "子どもの行動のリンク"
2012/03 BBC News 'Child behaviour link' to snoring
いびきや、子供たちは他の夜間の呼吸状態が行動上の問題から危険にさらされているが、11000英国の子供たちの研究は示唆している。
2012/03 LiveScience Kids with Sleep Apnea More Likely to Develop Behavioral Problems
行動上の問題を開発する可能性睡眠時無呼吸と子供たち
彼らの睡眠時呼吸障害を持つ子どもは、新しい研究では多動性や攻撃性を開発する可能性が高かった。
2012/03 【日本語記事】BioToday 睡眠時呼吸障害小児は行動、情緒、社交性障害を呈しやすい
2012/03 【日本語記事】Nature 生理:生物時計が心臓に影響を与える仕組み
 マウスでは概日リズムと不整脈原性の間につながりがある
 転写因子Klf15は概日時計の構成成分により調節されている。
 Klf15は、イオンチャネルKChIP2の発現を調節する。
生理:概日リズムが心臓の再分極と不整脈原性を制御する
2012/03 Nature Circadian rhythms govern cardiac repolarization and arrhythmogenesis
doi:10.1038/nature10852
2012/03 LiveScience Caffeine Disrupts Sleep for Morning People But Not Night Owls
カフェインは朝型の人々の睡眠を損なうが、夜ふかしさんにはそうでもない
カフェインは他の人がぐっすり眠ることができますが一部の人々は、一晩トス回しができます。
違いは、自然に朝型の人、または夜のフクロウだかどうかである可能性があります。
睡眠の質 "は年齢とともに向上する"
2012/03 BBC News Sleep quality 'improves with age'
高齢者が悪い睡眠に苦しむ傾向がある - 実際には逆
高齢化はシャット目の時間が短縮されます
ABC: Latest News in Science
LESS疲れた:古いはじめ、実際にそれを向上させることができ、睡眠の質に影響を及ぼすことはほとんどありません。
2012/03 EurekAlert Study: Sleep gets better with age, not worse
睡眠薬は、 "死亡リスク"をもたらす
2012/02 BBC News Sleeping pills 'linked to increased death risk'
一般的に処方睡眠薬は、ユーザーの死亡リスクの増加とリンクされているように見えますが、研究者が発見した。
2012/03 【日本語記事】BioToday 睡眠薬使用は死や癌のリスクを高めうる
2012/03 【日本語記事】AFP 睡眠薬で早死リスク増大の恐れ、米研究
2012/02 【日本語記事】BioToday 体内時計とは独立して睡眠維持を促す遺伝子insomniacが見つかった
2012/02 EurekAlert The heart beats to the rhythm of a circadian clock
生物学的サイクルの時計のリズムへのハートビート
 朝目覚めたすぐ後や、夜遅くにより起こりそうなサドンデスにつながる生物学的サイクルの時計と致死的な不整脈の間の分子連鎖
2012/02 EurekAlert Circadian rhythms linked to sudden cardiac death, study finds
サーカディアンリズムが突然心臓死にリンクされた
心臓突然死の時のリンク
2012/02 BBC News Sudden cardiac death: Time of day link found in mice
どのように一日の時間は研究者によって同定された不整脈による死亡のリスクを高めることができます。
2012/02 【日本語記事】BioToday 心臓イオンチャンネル転写の日内変動が不整脈誘発に寄与する
体内時計 "を変化させる"免疫システム
2012/02 BBC News Body clock 'alters' immune system
時刻は、米国の研究者によると、感染を得るためのリスクの重要な因子である可能性があります。
2012/02 EurekAlert Trouble sleeping? It may affect your memory later on
眠れない? それは後であなたの記憶に影響するかもしれません。
 あなたが夜得る量と睡眠の質は、のちのちあなたの記憶力に影響するかもしれません
2012/02 【日本語記事】BioToday 100年以上前から現代に至るまで子供は常に寝不足とみなされている
2012/02 EurekAlert Plants use circadian rhythms to prepare for battle with insects
植物は、昆虫との戦いの用意をするのにサーカディアンリズムを使用します。
2012/02 High school students test best with 7 hours' rest
高校生は7時間の休息で最もよくテストします。
 現在の睡眠ガイドラインから約2時間そり落とすと、16~18歳がアカデミックによく振る舞う
2012/02 【日本語記事】BioToday 時計神経はJAK/STAT伝達調節を介して覚醒/睡眠周期を生み出しうる
2012/02 【日本語記事】BioToday 睡眠時無呼吸は血管疾患リスク因子の一つとみなすべきかもしれない
2012/02 EurekAlert Sleep apnea linked to silent strokes, small lesions in brain
隠れ脳卒中や、脳の小さな病変にリンクされた睡眠時無呼吸
2012/02 Sleep deprivation tied to increased nighttime urination in preadolescence
思春期前に増加するおねしょの裏に睡眠妨害
 睡眠妨害によって、年令8-12の健康な小児はかなり頻繁に小便して、尿により多くのナトリウムを排出して、排泄に重要なホルモンの制御が変化した
2012/01 EurekAlert Bedwetting can be due to undiagnosed constipation, research shows
研究は、夜尿症が診断未確定の便秘のためであることができることを示しています。
 おねしょの原因は便秘?
2012/01 【日本語記事】BioToday 睡眠時無呼吸は突発性難聴リスクを高めるかもしれない
寝不足で食欲が増加するその機序
2012/01 EurekAlert Lack of sleep makes your brain hungry
寝不足で、あなたの脳は空腹になります。
 睡眠不足によって、人の食欲感覚に貢献する特定の脳の領域が、食物イメージに対応してさらに活性化する
2012/01 【日本語記事】BioToday 睡眠不足は食物刺激に対する脳反応を促進しうる
睡眠はトラウマな記憶を悪化させるおそれがある
2012/01 LiveScience Sleep May Worsen Traumatic Memories
睡眠はいつも最も良い薬であるかもしれないというわけではありません。
忘れられない出来事を目撃したすぐ後にうたた寝するのは、不愉快な思い出に結ばれた否定的情動を、保存し強化さえするかもしれません。
2012/01 EurekAlert Sleep preserves and enhances unpleasant emotional memories
睡眠は、不快な情動記憶を保存して、高めます。
2012/01 【日本語記事】BioToday 睡眠は嫌な思い出の持続/増強をもたらしうる
2012/01 Disruption of biological clocks causes neurodegeneration, early death
体内時計の分裂は神経変性、死前半を引き起こします。
 サーカディアンリズムの分裂が明確に神経変性加速、運動機能の損失、および若死にを引き起こす場合がある
2012/01 【日本語記事】BioToday 睡眠の問題が幼児期まで続く赤ちゃんは結構多いようだ
2012/01 【日本語記事】BioToday 幼児の睡眠不足は刺激的な経験や困難から学ぶ能力を妨げうる


 以上、 →2012年1〜6月の記事でした


→ 「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー