免疫、進化疫学、進化医学:
2012年1〜6月

ほか「免疫、進化疫学、進化医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/06 EurekAlert Dietary fiber alters gut bacteria, supports gastrointestinal health
食物繊維は腸バクテリアを変更して、胃腸の健康サポート
 食物繊維が異なったタイプの有益なバクテリアに向かって腹におけるシフトを促進する
2012/06 日本経済新聞  毛は免疫のスイッチ? 皮膚炎の解明にも期待
 哺乳動物の毛には、皮膚から微生物などが入り込む危険を察知すると、侵入者と戦う免疫細胞を呼び集める働きがある
 慶応大医学部皮膚科の永尾圭介専任講師と天谷雅行教授ら
2012/07 読売新聞 哺乳類の体毛は免疫スイッチ…マウスで証明
2012/06 EurekAlert
  Gut microbes battle a common set of viruses shared by global populations
腸の細菌は世界人口によって共有された1の共通集合のウイルスと戦います。

2012/06 EurekAlert For our guts, not just any microbiome will do
私たちの腸に関しては、どんな細菌叢でもいいというわけじゃない。
 通常、人間で見つけられる1セットの好意的な細菌を運ぶネズミが、適切な免疫システムを開発しないで、その結果病気に影響されやすい状態で残されています。
 動物が微生物のパートナーに共進化して、それら自身の特別なアレイに頼ったのを示しています。
2012/06 EurekAlert Stanford-led study explains how stress can boost immune system
ストレスで免疫力がアップするその機序
2012/06 読売新聞 イチゴに花粉症抑える効果…7日以上食べれば
北九州工業高等専門学校の川原浩治教授
「GAPDH」という酵素
 「とよのか」ではIgE抗体の量が22・3%、「あまおう」は16・7%減少した。
 マウスに与えた量を体重60キロの人に換算すると、一日に「とよのか」(1個15グラム)を20個以上、1週間以上続けて食べる必要がある
2012/06 Science 飛沫感染性A/H5N1インフルエンザウイルスが哺乳類宿主において進化する可能性
The Potential for Respiratory Droplet-Transmissible A/H5N1 Influenza Virus to Evolve in a Mammalian Host
2012/06 EurekAlert Avian flu viruses which are transmissible between humans could evolve in nature
ウイルス学:哺乳動物への鳥インフルエンザ感染
2012/06 Nature Virology: Bird flu in mammals
doi:10.1038/nature11192
医学:H5N1亜型鳥インフルエンザウイルスの改変によるヒトへの馴化の研究
2012/06 Nature Engineering H5N1 avian influenza viruses to study human adaptation
doi:10.1038/nature11170
2012/06 Science 進化、安全性および高病原性インフルエンザウイルス
Evolution, Safety, and Highly Pathogenic Influenza Viruses
2012/06 ABC@オーストラリア Pet dogs can help prevent childhood asthma
ペットの犬は小児喘息を防ぐことができます
番犬:あなたの愛犬に住んでいる微生物は、新しい研究によると、あなたの免疫システムを強化し、小児ぜんそくを防ぐのに役立つ可能性があります。
2012/06 EurekAlert Brothers in arms: Commensal bacteria help fight viruses
共生細菌は、ウイルスと戦うのを助けます。 ネズミ実験
2012/06 【日本語記事】BioToday 人に宿る微生物群マイクロバイオーム研究の一連の成果が公開された

2012/06 【日本語記事】Nature
 旅の道連れ:ヒトマイクロバイオームプロジェクトの最初の成果は、ヒトに住み着いている微生物叢は健康な場合でも個々人で異なることを明確に示している
2012/06 【日本語記事】Nature ヒト腸内マイクロバイオームの多様性
3か国の約150家族に属する500人以上から得た検体群
2012/06 EurekAlert Human Microbiome Project finds vast individuality in healthy human bacterial populations
2012/06 EurekAlert Mapping the healthy human microbiome
2012/06 EurekAlert
 Forsyth Team collaborates with Human Microbiome Project
2012/06 EurekAlert Human Microbiome Project outlines powerful new methods for cataloging and analyzing microbes
2012/06 EurekAlert Forsyth scientists define the bacteria that live in the mouth, throat and gut
2012/06 EurekAlert More than 1 way to be healthy: Map of bacterial makeup of humans reveals microbial rare biosphere
2012/06 EurekAlert
 Consortium of scientists maps the human body's bacterial ecosystem
2012/06 Science 人体の常在菌調査でその豊かな多様性が明らかに
Microbial Survey of Human Body Reveals Extensive Variation
2012/06 ABC@オーストラリア Scientists map genes of human microbes
2012/06 BBC News Human Microbiome Project reveals largest microbial map
2012/06 【日本語記事】BioToday
 病原菌全ゲノム解析で感染制御に役立つ情報を十分早く引き出しうる
微生物学:我々は「誰」なのかを調べる
2012/06 Nature Microbiology: Learning about who we are
doi:10.1038/486194a
微生物学:健康なヒトのマイクロバイオームの構造、機能および多様性
2012/06 Nature
 Structure, function and diversity of the healthy human microbiome
doi:10.1038/nature11234
微生物学:ヒトマイクロバイオーム研究のための枠組み
2012/06 Nature A framework for human microbiome research
doi:10.1038/nature11209
微生物学:ヒト腸内マイクロバイオームの年齢および地理にわたる解析
2012/06 Nature Human gut microbiome viewed across age and geography
doi:10.1038/nature11053
2012/06 読売新聞 アトピー慢性化、原因たんぱく質を発見
2012/06 【日本語記事】National Geographic
 アトピー性皮膚炎の原因蛋白質を特定
2012/06 EurekAlert City kids more likely to have food allergies than rural ones
都会の子は田舎の子より食物アレルギー持ちである割合が高め
2012/06 【日本語記事】BioToday
 哺乳類腸は大腸炎なりやすさに影響を及ぼしうる真菌群を宿している
2012/06 【日本語記事】BioToday 治療不可能な淋病が世界的に広まっている
2012/06 Science クロスオーバー免疫細胞の発見により曖昧になる自然免疫と獲得免疫の境界
Crossover Immune Cells Blur the Boundaries
2012/06 LiveScience Gut Check: Future of Drugs May Rest with Your Microbes
チェック消化管:医薬品の未来はあなたの微生物で休むことが
私たちの腸内微生物が医療の未来に重要な役割を果たす可能性があり、科学者たちは言う。
2012/06 Science 微生物群ゲノムへの取り組み
Tackling the Microbiome
2012/06 Science 腸内細菌叢
The Gut Microbiota
2012/06 Science ヒト微生物群と疾患について見定める
Taking Stock of the Human Microbiome and Disease
2012/06 Science 自らの微生物群と自分自身
My Microbiome and Me
2012/06 Science 微生物群の研究で代役として用いられたブタ
Pigs as Stand-Ins for Microbiome Studies
2012/06 Science 汝の腸内共生生物に再び栄光あれ
Honor Thy Gut Symbionts Redux
2012/06 Science メタゲノムに基づく治療学の時代が来たのか?
Is It Time for a Metagenomic Basis of Therapeutics?
2012/06 Science ヒト微生物群ゲノムの理解に向けた環境理論の適用
The Application of Ecological Theory Toward an Understanding of the Human Microbiome
2012/06 Science 宿主と腸内細菌叢の代謝性相互作用
Host-Gut Microbiota Metabolic Interactions
2012/06 Science 微生物叢と免疫系の相互作用
Interactions Between the Microbiota and the Immune System
2012/06 Science スポーツは微生物を刺激するか?
Do Sports Events Give Microbes a Chance to Score?
2012/06 Science ヒト微生物群ゲノムの理解に向けた環境理論の適用
The Application of Ecological Theory Toward an Understanding of the Human Microbiome
2012/06 Science 宿主と腸内細菌叢の代謝性相互作用
Host-Gut Microbiota Metabolic Interactions
2012/06 Science 微生物叢と免疫系の相互作用
Interactions Between the Microbiota and the Immune System
2012/06 EurekAlert  How infectious disease may have shaped human origins
伝染病はどう人間の起源を形成したかもしれないか。
 免疫システムに関連する2つの特異遺伝子の不活化
エシュリキア属大腸菌K1やGroup B Streptococciなどのいくつかの病原性の菌株、敗血症の主な原因、および人間の胎児、新生児、および幼児の髄膜炎から改良された保護の近代人の選択された先祖を与えたかもしれないと示唆します。
2012/06 【日本語記事】BioToday 中国での薬剤耐性結核の蔓延は深刻
2012/05 Nature A war not yet won
ポリオの根絶まであと一歩のところに来ているが、気を緩めるのはまだ早い。
doi:10.1038/485547b
2012/05 EurekAlert 16th-century Korean mummy provides clue to hepatitis B virus genetic code

2012/05 LiveScience Ancient Mummy Child Had Hepatitis B
韓国の子供のミイラ(16世紀)にB型肝炎ウイルス
その臓器は比較的よく保存されていたB型肝炎を持っていた最古の完全なウイルスゲノムの説明を生産している韓国でミイラ化した子。
2012/05 朝日新聞 ネックレス、ピアス…金属アレルギーの原因、厚労省調査
 ニッケルやコバルトなど3種類の金属がアレルギーの主な原因
2012/05 読売新聞 「日本型」はしか姿消す、代わりに目立つ欧州型
 日本で流行していた型のはしかウイルスが、2010年5月を最後に国内で検出されておらず、代わって欧州など海外に多い型が目立つ
ウコンで免疫力アップ
2012/05 EurekAlert Like curry? New biological role identified for compound used in ancient medicine
クルクミン(料理スパイスウコンで見つけられた化合物)が、
既知のタンパク質のレベルの控え目な、しかし、測定できる増加が
「生まれながら」の免疫システムで重要であることを引き起こす場合がある
2012/05 Science 二足歩行動物であるがゆえの負担
The Burdens of Being a Biped
踵骨骨棘とくじいた足首の傾向があるより容易に折る脊椎骨、より薄い骨、および足を私たちに残しました。
私たちの比較的不活発なライフスタイルと、より長い寿命は私たちの整形外科の欠点を悪化させるだけです。
2012/05 news@nature.com Evolution: Tooth-enamel similarities
2012/05 Science 歯学の進化論
An Evolutionary Theory of Dentistry
人間の歯、顎、および口は現代の産業社会の食事への健康な方法で適合させられません。
私たちは、下品な種子、ナット、塊茎、果物、および肉で栄えるように進化しました。
2012/05 LiveScience Low Ranking Baboons Have Bad Immune Systems
地位の低いヒヒは免疫がしょぼくなる
 社会的地位は、霊長類の健康とウェルネスに大きな影響を与える。
2012/05 EurekAlert New study examines relationship between social status and wound healing in wild baboons
上位の男性のヒヒが他の男性ほど負傷から、よりはやく回復して、病気になりそうにないのがわかります。
2012/05 EurekAlert
  Relationship between social status and wound-healing in wild baboons
2012/05 EurekAlert Viral infections in infancy are not associated with wheezing symptoms in later childhood
幼年時代におけるウイルス性の感染力は学童期の喘息と関連づけられません。
 幼年時代の間のウイルス性の感染力の数は幼年期に後でゼイゼイいうと関連づけられません
みつばち花粉のサプリメント
2012/05 EurekAlert  Bee pollen supplements can cause anaphylactic reactions
 厳しいアナフィラキシー反応を引き起こす場合があります
2012/05 LiveScience Baby's Gut Bacteria Can Influence Immunity
赤ちゃんの腸内細菌は免疫に影響を与えることができます
母乳の赤ちゃんの腸内微生物は、健康な免疫システムに貢献しています。
2012/05 EurekAlert
  Breast-fed babies' gut microbes contribute to healthy immune systems
母乳で育てている赤ん坊の腸の細菌は健康な免疫系に貢献します。
2012/05 National Geographic Runner's High Hardwired in People—And Dogs
人や犬にハードワイヤーランナーズハイ
"ランナーズハイ"と呼ばれる快感が持久力を構築するために、ヒトとイヌの祖先の動機かもしれないが、新しい研究は述べています。
2012/05 【日本語記事】National Geographic ランナーズハイは進化の適応
2012/05 Science ヒトの真菌感染症に立ち向かう
Tackling Human Fungal Infections
2012/05 news@nature.com
 Environmental health: Less biodiversity, more allergies
環境衛生:より少ない生物の多様性、より多くのアレルギー
2012/05 EurekAlert Biodiversity loss may cause increase in allergies and asthma
生物多様性損失はアレルギーと喘息の増加を引き起こすかもしれません。
 減退する生物の多様性は世界中の都市に住んでいる人々で
 喘息、アレルギー、および他の慢性の炎症性の病気の上昇に貢献しているかもしれません
2012/05 BBC News Lack of contact with nature 'increasing allergies'
緑のスペース "アレルギーを防ぐ"
"自然環境"への暴露の欠如は、アレルギーや喘息を開発する多くの都市住民に結果する
2012/05 読売新聞 細菌感染、発熱で攻撃する体の仕組み解明








2012/04 【日本語記事】BioToday
 アレルギー性過敏反応は最適でない環境の回避を促す役割がありそう
2012/04 EurekAlert Breastfeeding is associated with a healthy infant gut
母乳養育は健常乳児腸に関連しています。
 幼児の細菌による腸の早期定着は消化器と免疫の発達で大事
 免疫システムにかかわる遺伝子に関する幼児の表現、および病原体に対するディフェンスに調合乳で育てることの細菌定着の違いをそれに示して、変化への先導を母乳で育てている赤ん坊に示しています。
2012/04
 Why do the different people's bodies react differently to a high-fat diet?
異なった人々の身体はなぜ高脂肪食に異なって反応しますか?
 油っこい食べ物で栄養に富んだ食事は私たちの腸管内菌叢で不均衡を引き起こします。
 腸管内菌叢の構成はボディーが糖尿病などのある新陳代謝の異状を開発する方法を決定するように思えます
2012/04 LiveScience
 Ancient Egyptian Mummy Suffered Rare and Painful Disease
古代エジプトのミイラはまれで、痛みを伴う病気に苦しんで
古代エジプト人は稀cancerlike病に苦しんでいただろう。
2012/04 【日本語記事】Nature
 保険のコスト:アレルギーは環境内の毒物に対する防御対策の「裏面」なのか
2012/04 Science 若齢期における微生物への曝露はナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)の機能に持続的な影響を及ぼす
Microbial Exposure During Early Life Has Persistent Effects on Natural Killer T Cell Function
2012/04 'Junk DNA' can sense viral infection
'ジャンクDNA'はウイルス感染を感じることができます。
 ウイルスに感染していると、ncRNAが病原菌の存在を示す信号を発する
2012/04 EurekAlert
 Pistachio consumption may promote a beneficial gut environment
ピスタチオ消費は有利な腸の環境を促進するかもしれません。
2012/04 【日本語記事】BioToday
 sasXの遺伝子水平伝播が中国でのMRSA流行を後押しした
2012/04 news@nature.com Microbiology: How gut flora can turn deadly
微生物学: 腸管内菌叢はどう致命的になることができるか。
2012/04 BBC News Ancient virus DNA thrives in us
古代のウイルスDNAは私たちのうちに繁栄する
数百万年前に我々の祖先に感染した古代のウイルスの痕跡は、以前考えられていたよりも私達のより広まっています。
2012/04 朝日新聞 子どもの花粉症発症、平均7.4歳 「免疫力が低下か」
2012/04 朝日新聞 震災でアトピー悪化55% アレルギーの子どもを調査
2012/04 朝日新聞 免疫反応抑える化合物特定 九大、移植医療への応用視野
 DOCK2の働きを抑える化合物「CPYPP」
2012/04 LiveScience Blood Type May Increase Risk of 'Stomach Bug' Infection
血液型は '胃バグ "感染症のリスク増大のおそれ
人の血液型は、一般的な胃のバグへの感受性を決定することができる。
2012/04 【日本語記事】BioToday ある種のロタウイルスは血液型A型抗原を介して細胞に感染する
 細胞接着蛋白質VP8*はA型血液型抗原(Histo-blood group antigen)グリカンを認識する
2012/04 news@nature.com Immunology: How fat spurs inflammation
免疫学: 脂肪はどう炎症に拍車をかけるか。
2012/04 EurekAlert  Excessive worrying may have co-evolved with intelligence
過度の心配性は知性とともに共進化したかもしれません。
2012/04 EurekAlert
 Genetic adaptation of fat metabolism key to development of human brain
人間の脳の開発に主要な脂肪代謝の遺伝的適応
 約30万年前に、人間は、多く以上の量のオメガ-3とオメガ-6個の脂肪酸を作り出すことができるように遺伝学的に適合しました。
 この適合は近代人でのユニークな脳の容量の開発に重要であったかもしれません。
 今日の生活状況では、この遺伝的適応は代わりに心血管疾患のような異状を開発するというより高いリスクに貢献します。
2012/04 National Geographic
 Drug-Resistant Bacteria Found in 4-Million-Year-Old Cave
4万年前の洞窟で発見された薬剤耐性菌
原始的なニューメキシコ州の洞窟の奥深くに、科学者たちは、現代的な抗生物質を戦うことができる細菌の約100種類を発見しました。
2012/04 【日本語記事】National Geographic 原始の洞窟で薬剤耐性菌を発見
ハンチントンの "低下"癌のリスク
2012/04 BBC News Huntington's disease 'lowers' cancer risk
ハンチントン病、衰弱、脳の状態を持つ人々はスウェーデンの調査によると、癌から "保護"しているように見える。
2012/04 【日本語記事】BioToday
 ハンチントン病などのポリグルタミン病患者は癌になり難い

2012/04 EurekAlert Social stress that molds monkey immune system helps researchers understand how stress affects humans
猿免疫システムを成形する社会的ストレスは、ストレスがどのように人間に影響するかを理解するのを助けます。
 メスアカゲザルの社会的な地位が変化するなら、免疫システム変化は伴う
この調査結果には、低社会経済的な状態のストレスがどのように人の健康に影響するか
そして、個人の身体が彼らの社会環境におけるシフトの後にどのように適合するか意味があるかもしれません。
2012/04 EurekAlert Changes in monkeys' social status affect their genes
猿の社会的な地位の変化は彼らの遺伝子に影響します。
2012/04 EurekAlert Social stress changes immune system gene expression in primates
社会的ストレスによって変化する霊長類の免疫遺伝子発現
メスの社会環境とその状態に伴う圧力の中の猿のランキングはおよそ1,000の遺伝子の表現を劇的に変更します
 研究はゲノム全体のスケールで霊長類で社会的な地位と遺伝的調節の間のリンクのデモをする1番目です
社会環境と生物学の間の強く、可変のリンクを明らかにして。
2012/04 news@nature.com Monkey genetics track social status
遺伝学の道の社会的な地位をからかってください。
Low-ranking animals have overactive immune genes that may lead to ill health.
低ランキング動物には、病気に通じるかもしれないとても活動的な免疫遺伝子があります。
2012/04 BBC News Social rank 'linked to immunity'
2012/03 EurekAlert Inner weapons against allergies: Gut bacteria control allergic diseases
腸バクテリアはアレルギー性疾患を制御します。
2012/03 EurekAlert The body's bacteria affect intestinal blood vessel formation
腸内細菌が血管の構成に影響する
2012/03 EurekAlert Genetics of flu susceptibility
インフルエンザの敏感さの遺伝学
 私たちがどうインフルエンザ感染症に応じるかに影響を及ぼす人間の遺伝子を特定
2012/03 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 不潔な環境はアレルギーを予防する?
無菌状態のマウスでは、免疫細胞のiNKT (invariant natural killer T ) 細胞が多かった。
通常状態のマウスは iNKT 細胞が少なめであった。
2012/03 朝日新聞 拒絶反応ない腎移植に成功 骨髄壊して手術 米チーム
 抗がん剤と放射線で、白血球などの免疫に関わる細胞を作り出す骨髄を破壊、免疫反応が起きない状態にした後に腎臓を移植する。
 一方、腎臓提供者から骨髄液を採取、免疫反応にかかわる物質を調整した後、移植手術の翌日に患者に入れる。
 すると患者の骨髄細胞が腎臓提供者のものに入れ替わる。
2012/03 Science Gut Microbes Keep Rare Immune Cells in Line
腸内細菌は希少な免疫細胞を抑制する
2012/03 毎日新聞 スギ花粉症:乳酸菌「フェカリス菌」に緩和効果 伊藤園

2012/03 EurekAlert  Tracing the UK's No. 1 sexually transmitted infection
性的にイギリスのNo.1をたどると、感染は伝わりました。
クラミジア全体のゲノム配列を使用して、株の変化を臨床試験方法で捕らえる
2012/03 LiveScience How Chlamydia Evolves into New Strains
クラミジアは、新型インフルエンザに進化する方法
他の株でDNAを交換する細菌の能力は、このSTDが進化することができます。
2012/03 【日本語記事】Nature 免疫:皮膚免疫を与えるT細胞
2012/03 Depression could be evolutionary byproduct of immune system
うつは免疫システム進化の副産物であるかもしれません。
 感染と戦うのを助けたうつを促進する遺伝的変異
2012/02 読売新聞 肌のアレルギー、黄砂に含まれるニッケルが原因
抗体ではなく、ハードボディ:女性がブラッド·ピット以上のよだれを垂らす本当の理由
最強の免疫応答を持つ男性が最も魅力的と見られている。
2012/02 LiveScience Antibodies, Not Hard Bodies: The Real Reason Women Drool Over Brad Pitt
2012/02 【日本語記事】BioToday コルチゾールはテストステロン-免疫-性的魅力の正の関連を妨げうる
男性のテストステロンレベルが高いことはより強力な免疫系を有することや女性をより惹きつける顔を有することと関連
 この関連はグルココルチコイドストレスホルモン・コルチゾールのレベルが低い男性においてより強い

体内時計 "を変化させる"免疫システム
2012/02 BBC News Body clock 'alters' immune system
時刻は、米国の研究者によると、感染を得るためのリスクの重要な因子である可能性があります。
2012/02 朝日新聞 妊婦の食事、子どものアトピー発症に影響? 千葉大研究
2012/02 【日本語記事】BioToday 清涼飲料水を毎日500ml以上飲む成人は喘息やCOPDになりやすい
2012/02 EurekAlert Drinking large amounts of soft drinks associated with asthma and COPD
喘息とCOPDに関連しているソフトドリンクの多量を飲みます。
2012/02 【日本語記事】BioToday 母乳保育を受けた子は肺機能がより良好で、喘息になりにくい
2012/02 EurekAlert Breastfeeding and lung function at school age: Does maternal asthma modify the effect?
学齢における母乳養育と肺の機能: 母の喘息は効果を変更しますか?
2012/02 Human immune cells react sensitively to 'stress'
人間の免疫体は敏感に'ストレス'に反応します。
 初めて、人の血液で循環するあるセル(いわゆる単核細胞)が活性酸素種に非常に敏感であることを示しました。
2012/02 朝日新聞 中枢神経に侵入する免疫細胞、入口は腰椎の血管に
 村上正晃・大阪大准教授(免疫学)らのグループ
2012/01 EurekAlert Tracking the birth of an evolutionary arms race between HIV-like viruses and primate genomes
HIV様ウイルスと霊長類ゲノム間の進化軍備競争の誕生を追跡

2012/01 Science An Explosive Return of the 'Great Pox'
梅毒(グレートポックス)の爆発的再燃
2012/01 【日本語記事】BioToday 生後3ヶ月間の急速な体重増加は喘息症状リスクを高めうる
2012/01 朝日新聞 食物アレルギー「食べて治す」は注意 治癒は半数以下
2012/01 【日本語記事】BioToday 12歳以上のアメリカ人の自己抗体保有率はおよそ14%
 関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトーデス(SLE)、1型糖尿病などの自己免疫疾患を引き起こしうる
2012/01 EurekAlert NIH study shows 32 million Americans have autoantibodies that target their own tissues
3200万人のアメリカ人が自身の組織を狙う自己抗体を持っている
2012/01 EurekAlert Hopkins researchers find 'Google Flu Trends' a powerful early warning system for emergency departments
'Google Flu Trends'が強力な早期警戒方式である
2012/01 【日本語記事】UK Today (JAPAN JOURNALS) 運動は免疫力を高めるが…激しいと逆効果
2012/01 news@nature.com Twitter data accurately tracked Haiti cholera outbreak
ツイッターデータは正確にハイチコレラの大発生を追跡しました。
 ソーシャルメディアは、大発生のときに有利なスタートを疫学者に与えるかもしれません。
2012/01 news@nature.com India on track to be declared polio-free next month
順調なら来月、インドはポリオなしであると宣言されます。
The polio virus has disappeared from the country for 12 months, but it could still be re-imported from neighboring nations.
ポリオの発生は12カ月見えなくなっていますが、隣接している国からそれをまだ逆輸入できました。
2012/01 Scientists crack medieval bone code
中世の白骨体でブルセラ病の存在を確認


 以上、 →2012年1〜6月の記事でした


→ 「免疫、進化疫学、進化医学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー