食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2012年9〜12月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


摂食障害の人は食物を奇妙な組み合わせで食べる人が多い
2012/12 Secretive food concocting in binge eating: Test of a famine hypothesis 

2012/12 朝日新聞 正月食べすぎ、時差ぼけ注意 マウス実験、体内時計狂う
 本来寝る時間にだけマウスにエサを与えたら、PKCγ遺伝子の働きで体内時計が調整され、寝ているはずの時間に起き出すようになる
2012/12 読売新聞 中性脂肪下げる処方箋不要の薬、来年度にも発売
 持田製薬が製造する高脂血症治療薬「エパデール」を、処方箋なしで買える一般用医薬品として承認
 スイッチOTCと呼ばれる、転用した大衆薬は生活習慣病分野で初めて。
2012/12 朝日新聞 生活習慣病の薬、市販に 初認可、医師会は反発
 効き目は強いのに病院の処方箋なしで買える「スイッチ薬」
 すぐ病院に行くのでなく、まずスイッチ薬を使う人が増えれば、医療費が抑制できる
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 肥満を誘発しうる内毒素生成エンテロバクター細菌が見つかった

2012/12 【日本語記事】BioToday 
 腸内細菌による食欲制御を裏付ける結果が得られている
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 後ろ向きに走ると膝への衝撃を和らげつつカロリーをより消費しうる
2012/12 EurekAlert Targeting taste receptors in the gut may help fight obesity
腹の中で味覚受容体を狙うと、肥満対策になるかもしれません。
 腹の中で味覚センサーを狙うのが、有望な新しい戦略であるかもしれない
2012/12 ABC@オーストラリア China researchers link obesity to bacteria
中国の研究者は、細菌に肥満をリンク
バグをGUT:新しい論文では、ヒトでの微生物の存在を変えるダイエッ??トは肥満と戦うことを示唆している。
2012/12 【日本語記事】AFP
 腸内細菌が肥満の原因に? 食生活改善で30キロ減、中国研究
2012/12 EurekAlert
  Hair care issues contribute to exercise barriers for African-American women
一部の黒人女性、ヘアスタイルが崩れるのを嫌がって運動不足に
2012/12 LiveScience Hair Concerns Keep Some Women from Gym
2012/12 EurekAlert
 Study: Curbing car travel could be as effective as cutting calories
毎日の車での移動と消費されたカロリーの両方が体重に関連して、どちらかを減少させているのを示します、少量に従ってさえ、BMI値の減少に伴う相関物。
2012/12 EurekAlert
 Aerobic exercise trumps resistance training for weight and fat loss
有酸素運動は体重維持と減量のためのレジスタンストレーニングに切り札を出します。
 エアロビクスのトレーニングは燃えている脂肪のための運動の最良の態様です
 エアロビクスのトレーニング、レジスタンストレーニング、および2つの組み合わせを比較
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 母親の妊娠前BMIが高いことと子の認知機能が低いことが関連する
2012/12 【日本語記事】BioToday
 Tyk2やStat3が褐色脂肪分化に必要~Tyk2発現低下と肥満が関連
2012/12 【日本語記事】BioToday 
 肥満薬オルリスタットは種々の薬剤の代謝に関わる酵素を阻害する

2012/12 EurekAlert
 Taxes on sugary drinks and high fat foods could improve health
甘ったるい飲み物と油っこい食物の高い税金は健康を改良するかもしれません。
 ソフトドリンクと高飽和脂肪の食物の税金と青果物のための補助金は、有益な食事の変化に通じて、潜在的に健康を改良するかもしれません
自室にテレビがあるお子さんは肥満児になる率が高め:アメリカ
2012/12 EurekAlert Bedroom TV viewing increases risk of obesity in children
2012/12 LiveScience Bedroom TVs Linked to Childhood Obesity
寝室のテレビは小児肥満にリンク
2012/12 EurekAlert
 Metformin improves blood glucose levels and BMI in very obese children
メトホルミンは非常に肥満体の子供で血糖値とBMIを改良します。

2012/12 EurekAlert Joslin scientists: Brown adipose tissue beneficial for metabolism and glucose tolerance
褐色脂肪組織が耐糖能、体重、および新陳代謝に有益な影響を与える
2012/12 EurekAlert Brown fat transplants help mice lose weight
褐色脂肪移植は、ネズミがやせるのを助けます。
2012/12 EurekAlert Obesity and overeating during menopause together promote breast tumor growth and progression
更年期の間、肥満と暴食は胸の腫瘍成長と進行を促進します。
 ネズミモデルでは、閉経前の肥満は閉経後の食べ過ぎを扱う能力を損ないました。
 肥満動物の腫瘍は増加するエネルギー使用と増殖の、より多くのマーカーを表しました。

2012/12 【日本語記事】MT Pro
 低脂肪食による体重減少効果が明らかに/英・系統的レビューとメタ解析
肥満体の女性の場合、一日に少しずつ何回も食べるのではなく、
 一日に数回だけ、ドカンと食べるほうがダイエット効果が高そう
2012/12 EurekAlert
 Eating fewer, larger meals may prove healthier for obese women
より少なくて、より大きい食事を食べるのは肥満体の女性には、より健康であると判明するかもしれません。
低脂肪食でダイエット
2012/12 EurekAlert
 Experts show that diets lower in fat lead to reductions in weight and BMI
低脂肪ダイエット、重さとBMIでの減少に通じます。
2012/12 ABC@オーストラリア Cutting down on fat shed kilos
2012/12 【日本語記事】BioToday 脂肪摂取抑制で体重が減る/メタ解析
2012/12 EurekAlert Gladstone scientists discover novel mechanism by which calorie restriction influences longevity
カロリー制限が寿命に影響を及ぼす新規機序
一種の低糖質が年をとる効果を遅らせることができた新規機序を特定しました。
(低カロリーの食事(「ケトン食療法」と呼ばれる))
2012/12 EurekAlert Can the memory of a good meal fill your belly?
素敵な食事に関する記憶は腹を満たすことができますか?
 食べ過ぎたっぽい食事をしたとの認識にある人は、その食事のあと長い間空腹を感じずに過ごす

2012/12 EurekAler t
 Bye bye Mediterranean diet, the poorest can't afford it anymore
貧しかったら地中海ダイエットどころじゃねぇぜ
 調査結果は、減少している経済上の資源が肥満の、より少ない健康によい食事と、より高い普及に関連しているのを示しています。
2012/12 EurekAlert Could high insulin make you fat? Mouse study says yes
高いインシュリンで、あなたは太るようになる場合がありますか?
マウス研究では、はいと書かれています。
 食べ過ぎるとき、肥満は慢性的に高いインシュリンレベルの結果、展開するかもしれません。
2012/12 時事通信 過食でカロリー消費低下=飢餓に備え蓄積か 肥満メカニズム解明・東北大
 高カロリーの食事をすると、脳が基礎代謝を担う「褐色脂肪」の働きを低下させ、肥満を引き起こす
2012/11 BBC News Childhood obesity 'can be predicted by check at birth'
出産テストは '肥満を予測することができます'
赤ちゃんが小児期に肥満になる可能性は、単純な式を用いて、出生時に予測することができ、研究者は言う。
2012/11 EurekAlert Daily steps add up for midlife women's health
毎日の歩行は中年女性の健康度を向上させる
 一日6000歩以上
2012/11 LiveScience Probiotic Bacteria May Burn Belly Fat
プロバイオティクス細菌は、腹の脂肪を燃やして
腸内で脂肪の吸収を防ぐプロバイオティクスサプリメントは減量につながる可能性があります
2012/11 EurekAlert  'Obese but happy gene' challenges the common perception of link between depression and obesity
'デブで幸福な遺伝子'はうつと肥満のリンクの一般的な認知に挑戦します。
 遺伝子FTO(肥満への最たる遺伝子の貢献者)がうつのリスクの8%減少に関連しているという証拠
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 BMI上昇をもたらすFTO遺伝子変化とうつ病リスク低下が関連する
2012/11 LiveScience Obesity Gene May Shield Against Depression
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 太り過ぎや肥満の女性は関節リウマチリスクが高い
2012/11 【日本語記事】BioToday 
 座位時間が長い人はたとえ運動していても心臓周囲脂肪がつきやすい
2012/11 EurekAlert
 Childhood obesity more likely to affect children in poorer neighborhoods
貧しい近所に住んでいる子供は、より裕福な住居の子供よりおよそ30パーセント肥満体である傾向があります

2012/11 【日本語記事】BioToday 
 体重低下介入で睡眠の質が改善しうる
2012/11 EurekAlert
 More plus-size models could change women’s obsession with thin bodies
ふくよかなサイズモデルがやせた体への女性の妄想を変えることができました。
 広告が豊かなサイズモデルを見せるなら、潜在的にやせた体のためのイギリス人の女性の妄想を変えることができるでしょう

2012/11 EurekAlert
 What's your ideal weight? Answer depends on what you see
あなたの理想体重はどのくらいですか? 答えはあなたが見るものによります。
 「視覚食事」、または女性が見るイメージ
 あるボディータイプを成功に関連づけるのとちょうど同じくらい、彼女らの体重の好みに重要であるかもしれません







2012/10 LiveScience Doctors Biased Against Fat People, Too, Study Says
太っている人に偏見を抱いている医師たち
医師が太りすぎまたは肥満である人々に偏見を抱いている
 さらにはそれに気づいてないかもしれません
2012/10 【日本語記事】MT Pro
 思春期のBMI値が成人期の末期腎不全発症と関連
 120万例対象のイスラエル研究

2012/10 EurekAlert
 Sleep duration affects hunger differently in men and women
睡眠時間は飢餓に男女で異なって影響します。
 大人達が得る睡眠の量を増加させるのが減少している食物摂取量に通じるかもしれません
 が、ホルモンの作用過程が男女の間で異なるのを示します。
2012/11 【日本語記事】BioToday
 寝不足は男女間で異なる仕組みを介して過食を誘発しうる
2012/10 EurekAlert Gen X overtaking baby boomers on obesity
ベビーブームに生まれた人の前任者より肥満体になる経路にGeneration Xが既にある
2012/10 EurekAlert Even physically active women sit too much
身体的によく運動している女性でも、運動不足な女性と同じくらい座り過ぎています。
妊婦の肥満と喫煙は、生まれてくる子が肥満するリスクを高める
2012/10 EurekAlert
 Overweight and smoking during pregnancy boost risk of overweight kids

2012/10 【日本語記事】BioToday 
 太り過ぎ期間が長期化するほど肥満化はより不可逆的になるようだ
肥満手術を受けて痩せておくと、生まれる子が将来の肥満度と心臓病リスクから解放される
2012/10 EurekAlert
 Obese moms give birth to heart healthier kids following bariatric surgery
2012/10 EurekAlert
 New clues to how the brain and body communicate to regulate weight
脳とボディーが体重を制御する上でどう交信するか新しい手がかり
 褐色脂肪の脂肪を燃やす特性の基礎となる神経回路についての新しい調査結果
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 視床下部弓状核GABA分泌神経は褐色脂肪活性化により肥満を防ぐ
2012/10 EurekAlert New genes discovered for adult BMI levels
大人達で体重インデックスレベルに関連している3つの新規遺伝子異形を特定
2012/10 EurekAlert Study: Amish children are 2 times more physically active than non-Amish children
アンモン派子供は非アーミッシュの子供より物理的に2倍活発です。
 年長さんのアーミッシュの子供は、非アーミッシュの子供よりはるかに身体的に活発
 肥満傾向が3ぶんの1
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 脳インスリン抵抗性は白色脂肪組織での脂肪分解制限を打ち消す
2012/10 EurekAlert Changes in sleep architecture increase hunger, eating
睡眠構造における変化は食欲を増加させます。
2012/10 EurekAlert Partial sleep deprivation linked to obesity
肥満にリンクされた部分的な睡眠妨害
寝室(自室)に電子メディアがある子、寝不足や肥満に陥りやすい
2012/10 TV, devices in kids' bedrooms linked to poor sleep, obesity
テレビ、パソコン、TVゲーム、ケータイ・・・複数あると傾向は強まる
2012/10 EurekAlert
 Gastric bypass surgery just as effective in teenagers as in adults
胃バイパス手術はティーンエイジャーでも大人の場合と同じくらい有効です。

2012/10 【日本語記事】BioToday 
 長期の食の好みはカロリー量に基づいて形成されるようだ/ハエ実験
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 朝食を抜くと高カロリー食を好むように脳活動が変化しうる
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 睡眠不足は脂肪細胞のインスリン抵抗性を招く
2012/10 EurekAlert Weight loss does not improve fertility
減量は受胎機能を改良しません。
 やせるのは、女性の繁殖力向上に通じませんが、性機能を改良します
2012/10 LiveScience How Sleep Deprivation Affects Fat Cells
睡眠不足は、脂肪細胞にどのような影響を及ぼすか
インスリンに応答する脂肪細胞の能力は、睡眠不足の影響を受ける可能性が、新しい研究では、見つけることができます。
2012/10 BBC News Skipping breakfast primes the brain to seek out fat
朝食抜きは太る
 脳のスキャンはスキップ朝食は脂肪、高カロリーの食品をはるかに魅力的に見せていることを示す。
2012/10 EurekAlert Obese teen boys have up to 50 percent less testosterone than lean boys, UB study finds
肥満体の十代の少年、やせっぽちの少年より最大50パーセント少ないテストステロンを持っている
 肥満体の14~20歳の男性が同じ年令の普通の男性より少ないテストステロンを持っている
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 肥満男児はテストステロン血漿濃度が低い
2012/10 EurekAlert Starvation hormone markedly extends mouse life span, UT Southwestern researchers report
飢餓ホルモンがマウス寿命を著しく広げる
 増殖因子-21(FGF21)が得た一層のホルモン線維芽細胞を生産した遺伝子導入マウスにそれらの食物摂取量を制限する必要はなくダイエットする利益を見つけました。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
BDNF遺伝子欠損で精神疾患や肥満が生じうる
医学: FTO遺伝子型はボディマス指数の表現型のばらつきに関係する
2012/10 Nature
 FTO genotype is associated with phenotypic variability of body mass index
doi:10.1038/nature11401

2012/10 【日本語記事】中央日報@韓国
 韓国人の体型、肥満・低体重の二極化
2012/10 【日本語記事】中央日報@韓国
 高度肥満と女性の低体重 両極化が進む=韓国 
2012/10 EurekAlert Minutes of hard exercise can lead to all-day calorie burn
数分の激しい運動は終日のカロリー燃焼に通じることができます。
 1日あたりちょうど2.5分間激しい運動に従事するのは、ボランティアが余分な1日あたり200カロリーを燃やすように導きました。
2012/10 EurekAlert
 Healthy diets have long-lasting positive effects even with partial weight regain
健康によい食事には、部分的な体重の再増加があっても持続的な明白な効果があります。
 炭水化物の少ない地中海食の持続、6年後の明白な効果
 長期の間に改良された脂質状態(低級コレステロール、トリグリセリド、および動脈硬化)
2012/10 EurekAlert
 Grape consumption associated with healthier dietary patterns
より健康な食習慣に関連しているブドウ消費
 ブドウ消費は米国の子供と大人達で、より健康な食習慣に関連しています。
2012/10 【日本語記事】ワイアードビジョン
 チョコレートにはドラッグのように依存性がある?
2012/10 ABC@オーストラリア Fast food designed to keep you hungry
あなたが空腹を保つように設計されているファーストフード
 あなたが食べ過ぎるように使う卑劣な科学
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 飽和脂肪酸や糖が多い高エネルギー食は血液脳関門機能を障害しうる
2012/10 読売新聞 遅い夕食やっぱり太る…体内時計混乱、早大実験
 食事の間隔が乱れていると、体内時計がずれる
 体内時計の混乱によって肥満や糖尿病になりやすい
2012/10 LiveScience Science of Skinny: Women's Body Hatred Lies in Genes
2012/10 EurekAlert Medication use higher among overweight, obese kids
肥満児は何らかの服薬をしている率が高め
遺伝子のタイプによって、痩せ願望に陥りやすくなる女性
2012/10 EurekAlert
 For some women, genes may influence pressure to be thin
中程度の肥満よりはるかに速く
2012/10 EurekAler t
  Severely obese are fastest growing group of overweight Americans, study finds
過度の肥満体が、太ったアメリカ人の最速増加グループである
 著しい肥満体(100ポンド以上)であるアメリカ人の割合は、急速に増加し続けていますが、成長率は遅くなりました。
肥満体の脳は減量を阻むかもしれません
2012/10 ScienceDaily
 Obese Brain May Thwart Weight Loss: Diets High in Saturated Fat, Refined Sugar May Cause Brain Changes That Fuel Overconsumption
 飽和脂肪や糖分が多い食事は、脳を変化させ過食させます。
 高カロリー食が、海馬に依存する識別パフォーマンスと血液脳関門保全に与える影響
2012/10 EurekAlert  The obese brain may thwart weight loss
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 太りすぎや肥満の常態化に伴って正常体重の概念が変化している
2012/10 EurekAlert
 Overweight teens get mental health boost from even small amounts of exercise
肥満児は少しの運動でも精神状態が上向きになりうる
 最小量の適度の運動でも、肥満度の高い十代の子の自己評価は学業、社交、ホディー・イメージなどで向上する
2012/10 EurekAlert 'Cafeteria diet' hastens stroke risk
'カフェテリア食事'はストローク危険を急がせます。
 脂肪と糖分が豊富な西洋の食事は若年での健康上の問題の生涯、脳卒中リスクを劇的に増加させるか、または死につながります。
2012/09 Eat NINE meals a day to cut your cholesterol (and help you lose weight)
一日の食事を9回に分けて摂るとコレステロールや体重が減る
2012/09 EurekAlert Obesity-related hormone discovered in fruit flies
ショウジョウバエに、脊椎動物の唯一の特性であると思われた主要な代謝ホルモンを発見
2012/09 EurekAlert Joslin scientists identify molecular process in fat cells that influences stress and longevity
加齢とストレス抵抗性で大きな役割を果たす新しい要素(脂肪組織におけるmicroRNA処理)を特定
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 砂糖入り飲料を水や無糖飲料に代えれば小児の体重増加を抑えうる

子供時代の肥満、将来への影響でかい
2012/09 EurekAlert
 Future health risks for obese children may be greater than previously thought
将来の脳卒中と心臓病の30-40%高いリスク
 子供として肥満体である、または思春期であることが以前に思われるより大きい影響を将来の健康に与えるかもしれません
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 正常範囲を超えるBMIの小児は心血管疾患リスク指標が有意に悪い
2012/09 EurekAlert Obesity promotes prostate cancer by altering gene regulation
肥満は、遺伝子調節を変更することによって、前立腺癌を促進します。
2012/09 【日本語記事】BioToday 肥満は前立腺癌進展を促しうる
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 インターロイキン6は肥満抑制作用があるようだ
2012/09 EurekAlert Pacific Islanders have high obesity, smoking rates
太平洋諸島出身者には、高い喫煙率と、重度の肥満があります。
 合衆国に住んでいる太平洋のIslandersの健康を詳しく述べる最初の研究
 高い率の肥満と喫煙を驚くほど見つけました。
2012/09 EurekAlert
 The effect of body mass index on blood pressure varies by race among children
血圧へのBMI値の効果は子供では人種によって異なります。
 肥満は黒人の子供で等しく太った白人の子供より厳しく血圧に影響を与えます
2012/09 EurekAlert
 Minority children at a higher risk for weight problems in both the US and England
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 砂糖入り飲料の多飲は遺伝的なBMI上昇傾向/肥満リスクを高めうる
2012/09 For Weight Loss, Sleep Is Just as Important as Diet and Exercise
ダイエットには、身体的運動量なみに睡眠の質も大事
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 肥満マウスのmiR-34a阻害は肝脂肪低下や血糖レベル改善をもたらす
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 アディポネクチン遺伝子導入は肥満治療法として有望

2012/09 LiveScience Will Soda Make You Fat? Genes May Tell
ソーダで太る?遺伝子しだい
 甘い炭酸水の飲用は、特定の遺伝子の人には、より有害であるかもしれない。
2012/09 EurekAlert
 Regular consumption of sugary beverages linked to increased genetic risk of obesity
肥満の増加する遺伝的危険率にリンクされた甘ったるい飲料の定期的な消費
 砂糖入り飲料の、より大きい消費が高いBMI値と肥満の増加するリスクへの、よりすばらしい遺伝子の敏感さにリンクされる
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 新線条体でのエンケファリン上昇は美味しい物の過食を促すようだ
 神経伝達物質エンケファリン上昇がチョコレートなどの美味しい物の食べすぎに寄与している
2012/09 EurekAlert
 Brain study reveals the roots of chocolate temptations
脳研究はチョコレートの誘惑のルーツを明らかにします。
 チョコレートのキャンディがあまりに完全に抵抗できない場合
 おいしく甘くて脂肪性の御馳走を過食する衝動は脳の予期していなかった部分とその自然で、アヘンのような化学物質の生産にたどります。
2012/09 【日本語ブログ】WSJ日本版
 特大MRIに長い注射針、丈夫なベッド 肥満に悩む米国の新たな問題
2012/09 EurekAlert Commercial weight loss program evaluated
評価された市販の減量プログラム
 Itrimと呼ばれるスウェーデンの市販の減量プログラムを評価して、それが有効であることがわかりました。
 1年後に、平均11kg痩せました。
2012/09 EurekAlert
 Obese people can be metabolically healthy and in good shape
肥満体の人々は、代謝上は健康であり、良い体型であることができます。
2012/09 EurekAlert 
Manipulating hormone receptors may help in the fight against obesity
ホルモン受容体を操るのは肥満撲滅運動で助けるかもしれません。
 脂肪蓄積を妨げるのに、アンドロゲン受容器と呼ばれる細胞蛋白質の蓄えは重要です。
 糖コルチコイドと呼ばれる自然に起こっているステロイドが、受容体の活動を阻むことができると発見しました
2012/09 EurekAlert
 Battles between steroid receptors to regulate fat accumulation
脂肪蓄積を規制するステロイド受容体の間の戦い
 ヒト細胞のアンドロゲン受容器は脂肪蓄積を抑制しますが、
 糖コルチコイド(脂肪沈着を規制して、肥満とインスリン耐性の知られているドライバーであるステロイド)で活動を故意に妨害できます。
2012/09 EurekAlert
 Sleep apnea in obese pregnancy women linked to poor maternal and neonatal outcomes
閉塞性睡眠時無呼吸に悩む肥満体妊婦が産む子、睡眠呼吸障害なしの肥満体の母親に生まれるものより新生児集中治療を受けるハメになる率が高め
 睡眠障害は、太りすぎ妊婦のより高い子癇前症率にも関連していました。

2012/09 EurekAlert
 Obese children have less sensitive taste-buds than those of normal weight
肥満体の子供には、標準体重の子より鈍感な味蕾があります。
2012/09 【日本語記事】BioToday 肥満小児の味覚は鈍い
甘味を実際より弱く感じる。子どもより思春期、男子より女子の方が味の区別が上手。
2012/09 【日本語記事】食べ物への抑えられない衝動を抑える方法
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 重度肥満患者の胃バイパス手術の長期のベネフィットが示された
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 脂肪に豊富なインバリアントナチュラルキラーT細胞は肥満を防ぐ
2012/09 LiveScience
 In Every State, 44% of People Will Be Obese in 2030
2012/09 【日本語記事】ワイアードビジョン
 太り続ける米国人、2030年には成人44%が肥満に
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 米国の大部分の州は2030年までに成人肥満率が50%を超える

2012/09 EurekAlert
 Brain neurons and diet influence onset of obesity and diabetes in mice
ネズミの肥満と糖尿病の脳神経細胞と食事影響兆候
 脳の特定のタイプのニューロンの不在はネズミの肥満と糖尿病につながることができます。
 しかしながら、結果は餌のタイプに頼っています。

2012/09 EurekAlert
 Higher levels of BPA in children and teens associated with obesity
子供と十代のビスフェノールAの高いレベル、肥満に関連
 尿のビスフェノールAの、より高い集中を持っていた人が、肥満体である可能性高め
2012/09 EurekAlert
 Higher levels of BPA in children and teens significantly associated with obesity
2012/09 ABC@オーストラリア Obesity, BPA link tenuous say experts
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 成人と同様に小児でも尿中BPA濃度上昇と肥満リスク上昇が関連する
2012/09 EurekAlert
 Longer exercise provides added benefit to children's health
より長い運動は子供の健康への付加利益を提供します。
 3カ月の毎日20分の活発な身体的活動は子供の彼の全身脂肪や糖尿病の危険を減少させることができます
40分ならさらに効果あり
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 運動量が多いほど太り過ぎ/肥満児インスリン抵抗性はより低下する

2012/09 EurekAlert Obese adults with excess abdominal fat, insulin resistance may have higher risk of type 2 diabetes
インスリン耐性の余分な内臓脂肪と生体標識をもっている肥満成人には、二型糖尿病関連リスク増がありました
 全身脂肪の肥満者と皮下脂肪(皮膚の下の)には、この増加するリスクがありませんでしたが
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 内臓脂肪過剰やインスリン抵抗性の肥満成人は糖尿病を発現しやすい
2012/09 EurekAlert
 Eating well during pregnancy reduces baby's obesity risk regardless of mom's size
健康な食事は妊婦の肥満度にかかわらず赤ん坊の肥満リスクを減少させます。
 妊娠中に適度のレベルに脂肪摂取量を変更すると子供が母親のサイズにかかわらずためになる
 明確に、タンパク質"SIRT1"が成長している胎児のヒストンコードを書き直す
 (コードはその人の生涯の間中太りすぎであるというその人の「後生的な見込み」に影響します)。
一人っ子は肥満リスクが高め
2012/09 EurekAlert Only children are significantly more likely to be overweight
2012/09 EurekAlert Adequate sleep helps weight loss
十分な睡眠は、減量プランの重要な部分であり、食事と運動のお勧めのミックスに加えられるべき
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 十分に睡眠することを肥満治療に含めるべき
2012/09 EurekAlert People who read food labels stay thinner
食品ラベルをよく読む人は、太りづらい。特にこの効果は女性で顕著。
 食品のラベルを読むのが肥満予防にリンクされるのを確実にします、特に女性で。
 食品ラベルに相談する女性の消費者が、およそもう4キログラム減の重さがあります。
2012/09 【日本語ブログ】食品ラベルを気にする人はスリム

2012/09 EurekAlert
  Study finds that natural killer T-cells in fat tissue guard against obesity
脂肪組織の中のナチュラルキラーT細胞が肥満に用心する
 iNKT細胞が肥満とメタボリック症候群に用心することにおける警備役をプレーする

2012/09 EurekAlert Study provides insight into why severely obese women have difficulty getting pregnant from IVF
肥満体の女性がIVFから妊娠することにおける苦労をする理由
 妊娠可能年齢のアメリカ人女性の1/3は肥満と戦っています。
 BMI値が女性でどう卵の品質に悪影響を与えるかもしれないかを解明
2012/09 【日本語記事】ワイアードビジョン
 「ぽっこりお腹」は肥満よりも死亡の原因となる
 腹部の脂肪は体のほかの部分の脂肪よりも危険
2012/09 Eating Dessert First May Help Dieters Lose Weight
最初にデザートを食べれば、減量中の人がやせるのを助けるかもしれません。
2012/09 EurekAlert Eat dessert first? It might help you control your diet
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 腸の微生物は脂肪酸吸収や腸上皮/肝臓での脂肪滴形成を促す
2012/09 EurekAlert Gut bacteria increase fat absorption
2012/09 EurekAlert Gut microbes help the body extract more calories from food
腸の細菌は、ボディーが食物から、より多くのカロリー抜き取るのを助けます。
2012/09 LiveScience Morning Workout May Curb Appetite
朝のワークアウトは、食欲を抑制
すべての後に行使しながら、実際には食欲を動作しない場合があります。
2012/09 ScienceDaily Exercise May Affect Food Motivation
朝運動した後、脳波は食物の写真に対して鈍感になる。
2012/09 EurekAlert BYU study: Exercise may affect food motivation
朝の45分の中程度から激しい運動が実際に食物に関する人の動機を減少させる

2012/09 EurekAlert
 Older overweight children consume fewer calories than their healthy weight peers
年上の肥満児は健康な重さの同輩より少ないカロリーを消費します。
2012/09 LiveScience Overweight Teens Don't Necessarily Consume More Calories
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 より年長の太り過ぎ/肥満若者は同年齢の健康体重若者より小食/米国


2012/09 LiveScience Rural Americans Face Greater Obesity Risk Than City-Dwellers
農村部のアメリカ人は、都会の住人より大きい肥満のリスクに直面している
 農村部に住んでいるアメリカ人の大人が、都市の仲間よりも肥満である可能性が高くなります。
2012/09 EurekAlert
 Obesity more common among rural residents than urban counterparts, study finds
田舎の居住者が太りすぎ傾向がある2つの重要な理由:文化的な食事と物理的な孤立。

2012/09 【日本語記事】BioToday
 代謝的に健康な肥満者の死亡、心血管疾患、癌死亡リスクは高くない

2012/09 EurekAlert
 Even small weight gains raise blood pressure in college students
わずかな体重増さえ大学生で血圧を上げます。
 1年あたり最小1.5ポンドがその年齢層における血圧を上げるために十分である
 若い女性には、効果は、より悪かった

2012/09 EurekAler t
 Study in mice discovers injection of heat-generating cells reduces belly fat
ネズミでの研究は、熱を発生させるセルの注射がおなかの脂肪を減少させると発見します。
 ネズミの腹に褐色脂肪を含む小さいカプセルの注射
 腹部脂肪を燃やして、80日間の処理の後に初めは約20パーセントのおなかの脂肪をなくすように導きました。
 注入した細胞が、既存の脂肪細胞を褐色仕様に変換さえする気配
閉経後の女性が太るわけ
2012/09 EurekAlert Study: How a high-fat diet and estrogen loss leads women to store more abdominal fat than men
 高脂肪食とエストロゲン損失は男性より多く女性を太らせる
 脂肪蓄積を促す酵素を操るホルモンはビタミンAを源とする
 遺伝子オフのネズミでは腹部脂肪の蓄積は見られなかった
2012/09 EurekAlert
 Prenatal maternal smoking associated with increased risk of adolescent obesity
誕生前に母体がタバコを吸っていた子、思春期の肥満リスクが高め
2012/09 【日本語記事】MT Pro 
 “胎児期の喫煙暴露による肥満リスク”に扁桃体の萎縮が関与か/カナダ,13~19歳対象研究

2012/09 Obesity and Metabolic Syndrome and Functional and Structural Brain Impairments in Adolescence
メタボな若者:認知機能が低い:海馬が小さい:脳脊髄液が多い:白質による統合が弱まっている。
2012/09 EurekAlert
 Obesity and metabolic syndrome associated with impaired brain function in adolescents


 以上、 →2012年9〜12月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー