食欲 肥満、ダイエット 拒食症・摂食障害:
2012年5〜8月

ほか「食欲 肥満、ダイエット 拒食症・摂食障害」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/09 No more cake after menopause? Why cutting out dessert is more effective than cutting calories for older women
閉経後の女性、カロリーオフよりも食後のデザートを減らしなさい
 デザートをスキップ、肉やチーズをやめる、そして多くの青果物を食べるように
2012/08 Helpful Tips to Battle Weight Gain During Menopause
より多くの果実と野菜を平らげた女性、より少ない肉とチーズだけが、4年の期間の終わりに長期の減量を示しました
 彼らは6カ月時点ではいずれも示しませんでしたが。
2012/08 Chemical exposure in the womb from household items may contribute to obesity
一般家庭にある化学物質は胎児に作用して肥満を招くかもしれません。
 有機フッ素化合物に暴露した妊婦、小さく生まれて20ヶ月時点ででかくなる赤子を生む傾向
 polyfluoroalkyl compounds (PFCs)
2012/09 【日本語記事】BioToday 
 出生前のポリフルオロアルキル化合物高曝露は肥満リスクを高めうる
2012/08 【日本語記事】Nature
 微生物学:低用量の抗生物質で体重が増える仕組み
家畜の体重を増加させる目的で、低用量の抗生物質が何十年も前から継続的に使用されている
治療量以下の抗生物質の投与は、腸内微生物群集の構成を変化させ、微生物の代謝経路の活性を変化させて、短鎖脂肪酸産生をもたらす
微生物学: 抗生物質と肥満
2012/08 Nature Microbiology: Antibiotics and adiposity
doi:10.1038/488601a
微生物学: 幼若マウスへの抗生物質投与は結腸マイクロバイオームおよび脂肪量を変化させる
2012/08 Nature
 Antibiotics in early life alter the murine colonic microbiome and adiposity
doi:10.1038/nature11400

2012/08 EurekAlert What babies eat after birth likely determines lifetime risk of obesity, rat study suggests
ネズミ研究は、赤ん坊が出生の後に食べるものが、おそらく肥満の生涯リスクを決定するのを示します。
2012/08 EurekAlert Fast food restaurant lighting and music can reduce calorie intake and increase satisfaction
ファストフード店の照明と音楽は、カロリー摂取量を減少させて、満足を増加させることができます。
 ファーストフード・レストランで照明と音楽を和らげる場合
 注文の内容は変わらないが、食べる量が2割弱ほど少なめになり、それでいて美味しかったと食物を評定
まったりと高級感をかもしてリラックスさせるよう、ファーストフード店の照明と音楽を変えてみると、食べる量が2割弱ほど少なめになり、それでいて美味しかったと食物を評定:せわしなくストレスがあると過食気味になるもんね
2012/09 【日本語記事】BioToday
 より寛げる環境では満足感が増して食事量が減るようだ
2012/08 EurekAlert Obese and overweight women face increased risk of recurrence of most common type of breast cancer
肥満体の大きな女性は最も一般的なタイプの乳癌の再発リスク増に直面しています。
2012/08 EurekAlert Obesity triggers AF in fertile women
肥満は生殖可能な女性で心房細動の引き金となります。
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 BMI正常で中心性肥満の人は肥満の人より死亡リスクが高い
2012/08 LiveScience
 Belly Fat May Be Worse than Obesity for Heart Disease Risk
おなかの脂肪は、肥満より心臓病のリスクに悪いかもしれない
正常体重の人でも、腹の周りの脂肪を運ぶ場合は、心臓病リスク明確でないかもしれません。
2012/08 EurekAlert
 Normal weight individuals with belly fat at highest CVD risk
彼らの腹に集結された重さを運ぶ標準体重個人が、肥満者より高い死亡危険を持っています
2012/08 EurekAlert
 People of normal weight with belly fat at highest death risk, Mayo Clinic study
2012/08 EurekAlert
 Income, 'screen time' affect soda, junk food consumption
収入と映像視聴時間は炭酸飲料、ジャンクフードの消費に影響します。
 アルバータ大学の研究者は1,800人のエドモントン-領域未就学児の食生活について調査
2012/08 EurekAlert
 Limiting TV time -- Effective strategy for preventing weight gain in children
テレビの時間を制限します-- 子供の肥満を防ぐための効果的な戦略
2012/08 LiveScience Guys: Obesity Is Bad for Your Sperm
肥満は精子に悪いです
男性の肥満は小さい胎児や低い妊娠の成功率で、その結果、彼の精子に悪影響を及ぼす可能性があります。
2012/08 EurekAlert Thinking about kids? Man, you gotta shed the kilos
2012/08 LiveScience 30 Minutes of Exercise May Be As Good As 1 Hour
日々30分くらいの運動は1時間の運動と匹敵するかもしれません
運動の三十分日が減量のための運動の時間と同じくらいうまく機能します
2012/08 EurekAlert 30 minutes of daily exercise does the trick
2012/08 【日本語記事】ワイアードビジョン
 やせるための運動は、1時間より30分の方が効率的!?
一人っ子は肥満児が多め
2012/08 LiveScience Only Children More Likely to Be Overweight
太りすぎである可能性が高く子供のみ
なしの兄弟を持つ子供たちが小児肥満症のリスクが高いかもしれません、ヨーロッパからの新しい研究は示唆している。
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 社会経済的に不利な人の生活習慣修正を目指す糖尿病対策が必要
 社会経済的地位が低い人ほど2型糖尿病を呈しやすい
 格差のおよそ半分は太りすぎ、喫煙、飲み過ぎ等の不健康な状態/行為に起因する
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 メチルセルロース製品SATISFIT-LTGで空腹感を抑制しうる
 体温でゲル化して胃に長く留まる
2012/08 Imagining One’s Own and Someone Else’s Body Actions: Dissociation in Anorexia Nervosa
 拒食症患者はほかの人間より自分は太いと知覚
 他の人なら通れると判断する隙間を、自分は通れないとみなす。
2012/08 LiveScience Anorexics Perceive Themselves as Fat, But Not Others
2012/08 EurekAlert
 Patients with anorexia judge own body size inaccurately, view others' accurately

2012/08 【日本語記事】BioToday 
 肥満と代謝異常の両方を有する中年は認知機能がより早く低下する
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 δオピオイド受容体欠損マウスは食べ過ぎても太らない
2012/08 EurekAlert  IU researchers interview pro-anorexic bloggers for groundbreaking new study
拒食症肯定ブロガーにインタビュー
 「拒食症賛成派」ブロガー(摂食障害をもっている人々のためのオンライン共同体)
 7つの国からの33人のブロガーの大部分は、彼らの書くことの活動が判断なしで言い表す方法を提供すると言いました。判断は彼らの処理に重要である場合があります作者が、信じている。
細胞生物学: 褐色ではないし白でもない
2012/08 Nature Cell biology: Neither brown nor white
doi:10.1038/488286a
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 肥満や代謝症候群指標と26の腸内細菌の関連が示された
2012/08 Manipulating Gut Bacteria Could Lead to Weight Loss
2012/08 EurekAlert Study finds that yo-yo dieting does not thwart weight loss efforts or alter metabolism long term
ヨーヨーダイエットの歴史は新陳代謝や長期間やせる能力にマイナスに影響しない
2012/08 【日本語記事】MT Pro
 太っているだけなら早死にしない,BMIと寿命に相関なし/米研究

2012/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン お疲れ紳士は太めがお好き
■2012/08 The neuropsychological profile of children at high risk of developing an eating disorder
拒食症の母の子はIQやワーキングメモリが高く、視空間機能も優れているが、注意制御が弱い。
過食症の母の子は視空間機能が劣る
幼いときにこらえ性があったかどうかで、成人後のメタボ度合いがわかる
2012/08 EurekAlert
 Children's self-control is associated with their body mass index as adults
子供のセルフ・コントロールは大人達としてそれらのBMI値に関連しています。
 4歳のときに、より長い間満足を遅らせるのが30年後に低いBMI値を持つ
2012/08 LiveScience
 Kids' Abilities to Delay Gratification May Keep Them Thin Later in Life
男はストレスで太い女を好むようになる
2012/08 EurekAlert Stress makes men appreciate heavier women
2012/08 BBC News Stressed men drawn to heavy women
2012/08 【日本語記事】BioToday 精神的ストレス下の男性はより重い女性を好む
2012/08
 The Impact of Psychological Stress on Men's Judgements of Female Body Size
2012/08 LiveScience Stress Makes Men Appreciate Larger Women
2012/08 【日本語記事】BioToday 
 高脂肪食は脂肪組織SIRT1を不活性化して代謝障害をもたらしうる
2012/08 【日本語記事】Nature 飢餓感を神経の面からとらえる
マウスで視床下部のAGRP(agouti-related protein)を発現するニューロン
AGRP発現ニューロンはオキシトシン放出ニューロンを抑制する
脳:飢餓の神経回路を分解する
2012/08 Nature Deconstruction of a neural circuit for hunger
doi:10.1038/nature11270
2012/08 EurekAlert Looking to lose weight?
やせるように見ますか?
 総合的な熱量摂取量が減少するなら典型的な量の砂糖か高果糖コーンシロップを平らげている間やせることができる
2012/08 Feeling fat may make you fat
太っていると感じている子は、もっと太るかも
 自分たちが太っていると知覚する標準体重の十代は、肥満方向に成長しがち
2012/08 Being Normal Weight but Feeling Overweight in Adolescence May Affect Weight Development into Young Adulthood—An 11-Year Followup: The HUNT Study, Norway
2012/08 EurekAlert Mothers, children underestimate obesity in China
小児肥満症は中国で上昇中です、そして、子供とその親は体重を過小評価する傾向があります
2012/08 EurekAlert Color-coded labels improve healthy food choices in employees from all backgrounds
色分けされたラベルは従業員の健康な食べ物の選択を改良します。
 簡単な色分けされたラベルと陳列ケースにおける、項目の位置決めで、より健康によい食べ物の選択を奨励するように設計されたプログラムは、大きい病院内カフェテリアに従業員のすべてのカテゴリの向こう側に等しくうまくいきました。
2012/08 EurekAlert  Infants of overweight mothers grow more slowly
太った母親の幼児は、よりゆっくり成長します。
 ほっといても自然に成長は追いつくので、成長が遅いぞと気を回して栄養補給とかすると逆効果になるかも
2012/08 【日本語記事】BioToday
 太りすぎ/肥満妊婦の乳児の成長は遅いようだ/生後3ヶ月時点調査

2012/08 LiveScience
 Most Americans Ignore Truth About Obesity, Researchers Say
ほとんどのアメリカ人は肥満についての真実を無視
多くのアメリカ人は個人の肥満の流行に責任があると思いますが、研究者は環境が大きな役割を果たして示しています。
2012/07 EurekAlert In-utero exposure to magnetic fields associated with increased risk of obesity in childhood
幼年期の肥満の増加するリスクに関連している磁場への子宮内暴露
カンナビノイド受容体タイプ1(CB1R)を狙う肥満防止薬を開発
2012/07 EurekAlert New drug could help maintain long-term weight loss
新薬は、長期の減量を維持するのを助けるかもしれません。
 ホルモンレプチンに感度を増加させます
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 カプシノイドは褐色脂肪組織を活性化してエネルギー消費を高める
2012/07 EurekAlert
 Hunter-gatherers, Westerners use same amount of energy, contrary to theory
狩猟採集民、西洋人は同じ消費カロリーを使用します。
 一般に、現代的な生活様式は私たちの狩猟採集民の先祖のものと全く異なっています
 或るものがグローバルな肥満における現在の上昇の原因として要求する事実
 しかし、現代の狩猟採集民と西部の人のエネルギーの消費の間には、違いが全くないのがわかります
2012/07 LiveScience New Weight-Loss Drug May Help Keep Pounds at Bay
新しい減量薬は湾でポンドを維持に役立ちます
新しい薬が重篤な副作用なしにマウスの体重減少を引き起こします。
2012/07 BBC News Hunter gatherer clue to obesity
肥満のハンター採集の手掛かり
運動は肥満との戦いで食事よりも重要であるという考えは、新しい研究によって否定されています。
2012/07 読売新聞 極端な炭水化物制限「生命の危険も」…学会警鐘
2012/07 EurekAlert
 Red potato chips: Segmentation cues can substantially decrease food intake
赤いポテトチップ: 分割手がかりは食物摂取量をかなり減少させることができます。
 食物分割の効果をテスト
 映画を見ている間、むしゃむしゃ食べられる積み重ねられたポテトチップチューブ
 赤いポテトチップは、視覚としてデバイダーを機能させるように一定の間隔を置いて学生のチップのいくつかのチューブの中に挿入されました。
 軽食を区分させた学生は、区分なくすべて黄色いチップを食べていた人と比較して50パーセント以上消費を減らしました。
間食と肥満度
2012/07 EurekAlert
 Snacking and BMI linked to double effect of brain activity and self-control
軽食消費とBMIは脳活動とセルフ・コントロールの両方にリンクされます。
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 脂肪は風味認識に寄与する脳領域を不活発にする
2012/07 EurekAlert Girls with eating disorders regain healthy fatty acid levels when their weight normalizes
体重が正常になれば、摂食障害女子は、健康な脂肪酸値を取り戻します。
2012/07 EurekAlert Low-cal diet's effects seen in fly brain, mouthpart
神経伝達が減食するミバエ病気モデルで増加する

2012/07 BBC News Weight loss drug Qsymia approved for use in US
減量薬の米国での承認
米国食品医薬品局(FDA)は、減量薬Qsymia、ここ数カ月の間に承認される2番目のような薬剤を承認します。
2012/07 EurekAlert TV habits predict kids' waist size and sporting ability
テレビの習慣は子供のウエストのサイズとスポーツ能力を予測します。
 2~4歳当時のテレビ視聴量は、10歳時点での肥満度とスポーツ参加度を予測する
2012/07 EurekAlert
 Could a larger waistline be a result of too much TV as a child?
何時間もの子供がテレビを見ながら費やせば費やすほど、彼らの筋肉のフィットネスが、より悪い
2012/07 BBC News TV habits 'can predict kids' waist size and fitness'
2012/07 LiveScience Too Much TV at Age 2 May Cut Athletic Ability Later On
2012/07 EurekAlert Want to lose weight? Keep a food journal, don't skip meals and avoid going out to lunch
やせたいですか?
 食物の記録をつけてください、そして、食事を抜かないでください、そして、昼食を食べに出るのを避けてください。
2012/07 ABC@オーストラリア Keeping a journal key to shedding kilos
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 食事日記をつけ、外食を控え、食事を抜かないことで体重がより減る
2012/07 LiveScience 3 New Rules Make Weight Loss Successful
2012/07 EurekAlert Obese kids as bright as thinner peers
肥満で頭が悪くなるということはないらしい
2012/07 LiveScience New Type of Fat Cell Found
脂肪細胞の新しいタイプが見つかりました
と呼ばれる "ベージュ脂肪、"細胞は、体がカロリーを燃やすのを助ける。
2012/07 EurekAlert In adult humans, brown fat is actually beige
成人では、褐色脂肪は実際にベージュです。
2012/07 【日本語記事】BioToday 太った友達を持つ人は太りやすい。逆も真なり
2012/07 ABC@オーストラリア Music videos make men feel the flab
ミュージックビデオは、男性はぜい肉を感じさせる
MALE COMPLEX:音楽ビデオでバフblokesは、オーストラリアの男性のコンプレックスを与えている。
2012/07 EurekAlert  Reward sensitivity increases food 'wanting' following television 'junk food' commercials
テレビの'ジャンクフード'コマーシャルを見ると、報酬感度は食物への欲望を増加させます。
2012/07 EurekAlert Weight gain induced by high-fat diet increases active-period sleep and sleep fragmentation
高脂肪食で引き起こされた増量は、活動期間睡眠と睡眠断片化を増加させます。
2012/07 【日本語記事】BioToday 高脂肪食で睡眠の質が悪化しうる
2012/07 LiveScience Excess Pounds Won't Kill You, Study Suggests
余分ポンドはあなたを殺さない、研究が示唆している
過体重または肥満は死のリスクを増加させない、研究では、検出されます。
2012/07 【日本語記事】BioToday 肥満と死亡率上昇は関連しない/米国試験
2012/07 ABC@オーストラリア Quitting adds more kilos than thought
喫煙をやめると、最初の年で5キロまでの平均体重増加につながります。
2012/07 【日本語記事】BioToday 
 禁煙で体重が平均4-5kg増える~ただし禁煙者の約16%は体重が減る
2012/07 EurekAlert
 Weight gain after quitting smoking higher than previously thought
2012/07 【日本語記事】MT Pro
 禁煙により1年で平均4~5kgの体重増加,16~21%では減少も/62試験をメタ解析
2012/07 読売新聞 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる
 心筋梗塞や脳卒中になる危険性
2012/07 EurekAlert New evidence for link between obesity and circle of friends
肥満と友達の輪の間のリンクの新しい証拠
2012/07 EurekAlert How a protein meal tells your brain you’re full
タンパク質が豊富な食事を食べた後に満腹感を生む腸と脳の間を移動する信号地図
2012/07 EurekAlert The 'appetite-suppressing' effect of proteins explained
タンパク質の'食欲を抑圧している'効果は説明しました。
2012/07 EurekAlert
 Researchers find abuse during childhood may contribute to obesity in adulthood
幼年期に受けた虐待が、成人期の肥満を招きうる
2012/07 【日本語記事】BioToday
 体重増加は膝の痛み、こわばり、機能の悪化をもたらしうる
2012/07 毎日新聞 肝炎:太っている人が細菌に過敏反応 横浜市立大など解明
 飲酒しなくても発症する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)
 太っている人の肝臓が腸内細菌に過敏に反応する







2012/06 【日本語記事】BioToday
 太り過ぎ前糖尿病中年男の低テストステロンは体重減少で解消しうる
2012/06 【日本語記事】BioToday
 断続的な全力運動で太り過ぎ男性の脂肪が減って筋肉が増えた
2012/06 朝日新聞 抗肥満薬、米で13年ぶり承認 エーザイが販売権
2012/06 BBC News US agency approves weight-loss pill, Belviq
2012/07 news@nature.com Weight-loss drug wins US approval

2012/06 【日本語記事】Nature カロリー制限と腸
 マウスの腸では、カロリー制限によって自己複製能が増強された腸幹細胞(ISC)の数が増える
細胞:パネート細胞ニッチのmTORC1は腸幹細胞機能をカロリー摂取に結びつける
2012/06 Nature mTORC1 in the Paneth cell niche couples intestinal stem-cell function to calorie intake
doi:10.1038/nature11163
2012/06 EurekAlert Racial make-up of community impacts obesity risk
共同体の人種構成は共同体の中で暮らす個人の肥満リスクに関連しています
 ヒスパニック人口が25%以上の地域では、ヒスパニックさんが肥満になる割合は25%以上になるが、これは平均より2割以上高めである
 同じ地域での非ヒスパニック系白人でも肥満割合が普通の2割増し
 アジア系人口が多い地域では、逆の現象が見られる
 非ヒスパニック系白人の肥満割合が普通より3割近く減るのだ
2012/06 EurekAlert Social issues in teen years can hurt future health
十代の人間関係における問題は将来の健康に害を与えることができます。
 青春の同輩問題と成人期のメタボリック症候群との相関関係を示しています。
2012/06 EurekAlert Genetic variant is linked to obesity and insulin resistance
遺伝子の異形は肥満とインスリン耐性にリンクされます。
 糖尿病の危険にさらされている人々の大規模試験
 ホルモン受容体での小さい遺伝子変化の存在の間の直結
 体脂肪とインスリン耐性を増加させました。
 遺伝子異形(BclIポリモフィズム)の不利な役割を示します。
2012/06 【日本語記事】BioToday
 早期の家庭介入で子の2歳時点でのBMIが低下した/無作為化試験
2012/06 【日本語記事】BioToday
 体重低下達成後の低脂肪食はリバウンドリスクを高めうる
2012/06 EurekAlert
  'Dessert with breakfast diet' helps avoid weight regain by reducing cravings
デザートを含む、炭水化物豊富でタンパク質が詰まっている朝食を食べるなら、
 減量中の人は、1日の間中より少ない飢餓と渇望を持って、減量できます。

オキシトシンでダイエット
2012/06 EurekAlert
 Hormone, oxytocin, shows potential as weight-loss treatment
2012/06 EurekAlert Viewing images of high-calorie foods brings on high-calorie cravings, USC research finds
高カロリーの食品のイメージを見ると高いカロリー渇望が起こされるのがわかります。
2012/06 EurekAlert
 Seeing fattening-food pictures triggers hunger, appetite; the proof is in the brain
太る食べ物の絵を見ると、飢餓、食欲は引き金となります。
証拠が脳にあります。
高カロリーの食品のイメージを見ると、脳の食欲制御センターと結果は食物に関する増加する願望で刺激となります、研究によると。(それは、月曜日にヒューストンでEndocrine Societyの第94Annual Meetingで発表されるでしょう)。
2012/06 EurekAlert
 Type 2 diabetes cured by weight loss surgery returns in one-fifth of patients
減量手術で二型糖尿病がよくなっても、患者の1/5に再発します。
2012/06 EurekAlert Secondhand smoke is linked to Type 2 diabetes and obesity
副流煙は二型糖尿病と肥満にリンクされます。
2012/06 【日本語記事】MT Pro 受動喫煙が糖尿病の新たなリスクに
米国内分泌学会公式サイトで紹介
2012/06 EurekAlert Binge eating improves with deep brain stimulation surgery
脳深部電気刺激法はネズミで思いっきり食べることを抑えます

2012/06 EurekAlert Do you always have room for dessert? Blame ghrelin, study authors say
食欲を誘発するホルモングレリンが、高カロリー食品を食べたくさせる
 満腹状態の上でさえ。
2012/06 EurekAlert
  Low vitamin D levels linked to weight gain in some older women
高齢女性の一部で肥満にリンクされた低ビタミンDレベル
2012/06 EurekAlert New study: Snacking on raisins significantly reduces overall post-meal blood sugar levels
レーズンの軽食をとるのは総合的なポスト食事血糖値をかなり減少させます。
2012/06 EurekAlert
 Long-term testosterone treatment for men results in reduced weight and waist size
長期のテストステロン治療に減量効果
 テストステロン不十分な男性では、主要な減量は新しい研究に参加した患者の大部分のテストステロン補充療法の付加利益でした。
2012/06 EurekAlert
 Overweight men can boost low testosterone levels by losing weight
太った男性は、やせることによって、低テストステロンレベルを上げることができます。
2012/06 EurekAlert
 Testosterone-replacement therapy improves symptoms of metabolic syndrome
2012/06 【日本語記事】BioToday
 男性のテストステロン補充治療と体重や胴囲の低下が関連する
2012/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 全世界の成人の体重を合計すると 2 億 8,700 万トン
2012/06 【日本語記事】AFP 太った人が増え続けると地球が食料危機に、英大研究
2012/06 読売新聞 食欲抑制物質、効率的に作製…埼大・坂井教授ら
グレリンの代わりに別のペプチドを結合させ、グレリンの機能を抑制する
魚油
2012/06 EurekAlert Omega-3 lowers inflammation in overweight older adults
オメガ-3は太った高齢者の炎症を下げます。
2012/06 EurekAlert
 Eating disorder behaviors and weight concerns are common in women over 50
摂食障害行動と体重の関心は50歳以上の女性で一般的です。
2012/06 LiveScience Weight Worries Plague Women Over 50
体重の心配は、50歳以上の女性を悩ませている
摂食障害は若い女性のためだけの問題ではありません。
ウルソル酸
2012/06 EurekAlert
 Apple peel compound boosts calorie burning, reduces obesity in mice
リンゴの皮化合物は、カロリー燃焼を上げて、ネズミで肥満を抑えます。
2012/06 EurekAlert Adolescents who have more than 4 meals a day are thinner
1日4回以上の食生活の若者は、より細いです。
 スペインで行われた研究
 1日4回以上の食事、もしくはゆっくり食べる習慣
 運動時間の多寡にかかわらず体脂肪量が少なめ
2012/06 【日本語記事】BioToday
 思春期若者の特定の食習慣と低体脂肪レベルの関連が示された
2012/06 【日本語記事】BioToday
 飲み物が主に清涼飲料の2-6歳男児は太りすぎ/肥満になりやすい
2012/06 【日本語記事】BioToday 肥満の広がりと食品関連産業の局在が関連する
 肥満の地理的広がりは習慣の個人差というよりは集団行動に大いに起因しており、食品関連事業の局在と関連する

2012/06 EurekAlert
 Environmental factors spread obesity, CCNY-led team reports
肥満の環境要因は
 流行病の地理学と、食物マーケティングと分配パターンとの相関関係
2012/06 【日本語記事】BioToday
 食事前アルギン酸摂取で肥満者の体重がより低下しうる
2012/06 EurekAlert Childhood obesity linked to math performance, MU researcher says
肥満児さんは算数の成績が悪目
2012/06 EurekAlert Childhood obesity found linked to math performance
孤独感を感じて算数の成績にも支障を来す
2012/06 【日本語記事】BioToday 小児肥満と数学成績不良が関連する
2012/06 EurekAlert
 Childhood obesity linked to math performance, MU researcher says
2012/06 EurekAlert
 Physical activity reduces compensatory weight gain after liposuction
身体的活動は、脂肪吸引後のリバウンド増量を防ぎます。

2012/06 EurekAlert
 Brain scans show specific neuronal response to junk food when sleep-restricted
睡眠不足で強まるジャンクフードへの特定の脳内ニューロン反応
 寝不足状態の脳、有害な食物の光景で報酬機能が活性化する:fMRIスキャン
2012/06 EurekAlert
 MRI scans show how sleep loss affects the ability to choose proper foods
MRIスキャンは睡眠不足がどう適切な食物を選ぶ能力に影響するかを示しています。
2012/06 【日本語記事】BioToday
 睡眠時無呼吸患者は炭水化物渇望を呈しやすい
2012/06 【日本語ブログ】
食事の時間を制限したマウスは高脂肪食を摂取しても肥満やメタボリックシンドロームにならない
 高脂肪食を自由に摂取できる環境におかれたマウスは“食事の種類”と“概日リズムの振幅”の両方が変化する
2012/06 読売新聞 「大きく」写せば満腹感もアップ 3D技術競うシンポ
2012/06 EurekAlert Why belly fat isn't all bad
omentum  網膜と呼ばれる腹の脂肪性の膜は、免疫システムを整える際に重要な役割を果たすように見えます。
2012/06 【日本語記事】BioToday
 腹部の脂肪層・網は組織修復を支援する細胞を含む
2012/06 EurekAlert Milk ingredient does a waistline good
ミルクの成分ニコチンアミドリボシドは遺伝子SIRT1に作用してウエストラインを細くします。
 ミルクに含まれる天然成分で、高脂肪食を食べ続けてもネズミは肥満しなかったよ

2012/06 EurekAlert RIH study: Restricted food intake a predictor of increased suicide attempts in BDD patients
身体醜形障害の患者において、食事制限(拒食)や過食は自殺企図を予測する
2012/06 EurekAlert
 Waist circumference linked to diabetes risk, independently of body mass index
BMI値の如何にかかわらず糖尿病のリスクにリンクされたウエストの円周
2012/06 EurekAlert
 Genetics, rapid childhood growth and the development of obesity
ニュージーランド人の38年の縦断的研究
より高い遺伝的危険率スコアをもっている個人が成人期に慢性的に肥満体であるより傾向があった
2012/06 EurekAlert
  Joslin researchers find 'good fat' activated by cold, not ephedrine
褐色脂肪細胞は、エフェドリンではなく、寒さによって動かされた
2012/06 【日本語記事】ワイアードビジョン
 「貧しいから太る」:肥満は新たな栄養失調
2012/06 【日本語記事】BioToday
 冷えによる褐色脂肪活性化に似た働きをする薬剤は肥満薬として有望
2012/06 BBC News Media giant Walt Disney to ban junk food ads
ジャンクフードの広告を禁止するウォルト·ディズニー
米国メディア大手のウォルト·ディズニーは、それが子供の肥満の成長問題に取り組むための努力でそのプログラムにジャンクフードの広告を禁止すると述べている。
2012/05 EurekAlert Is there a 'healthy' obesity gene?
'健康な'肥満遺伝子がありますか?
 特異遺伝子/酵素がなぜ何人かの肥満体の人々を慢性病を通常肥満に関連させていないかを説明するのを助けることであるかもしれないかどうか調査しました。
2012/06 【日本語記事】BioToday PFKFB3遺伝子は健康的な肥満を促進しうる
2012/05 EurekAlert New study: Snacking on raisins controls hunger, promotes satiety in children
おやつにレーズン:飢餓を制御して、子供の満腹を促進します。
 レーズンをおやつに食べると、過度のカロリー摂取量を防ぎ、他の一般的に消費された軽食と比べて、満腹(充足感)を増加させます。
2012/05 【日本語記事】AFP
 幸せになりたいならジャンクフードは控えめに、カナダ研究
2012/05 EurekAlert
 The Mediterranean diet is definitively linked to quality of life
地中海料理は決定的に生活の質にリンクされます。
 心身の健康にもリンク
2012/05 EurekAlert Less couch time equals fewer cookies
より少ない寝椅子時間が、より少ないクッキーと等しいです。
 テレビやコンピュータの時間を削ると、果実野菜の摂取量が増える
2012/05 【日本語記事】BioToday よく運動する子は友の運動も促す
同じ体型でも、過去の体型によって好感度に影響が出る
2012/05 PsychCentral
 Residual Stigma of Obesity May Persist Even After Weight Loss
前に肥満だった女性は前から太ってなかった女性より魅力がいまいち
 ダイエット成功物語を提示されると、嫌悪感が増加。
2012/05 EurekAlert Female fat prejudice persists even after weight loss, study finds
2012/05 LiveScience Mediterranean Diet Improves Mental & Physical Health, Study Suggests
地中海ダイエットは、精神·身体的健康を向上させ、研究は示唆している
地中海式ダイエットは、果物、野菜、魚、オリーブオイルとナッツがロードされます。
証拠が身体の健康と今精神的健康のためにそれが良い見つける。
2012/05 LiveScience Get Off the Couch and Good Things Will Happen
ソファから降りると良い事が起こるだろう
文字通りカウチはあなたが食べる量を減らすのに役立ちます降りて、新しい研究では、検出されます。
2012/05 【日本語記事】BioToday 代謝的に健康な肥満患者の心血管疾患や全死亡リスクは高くない
2012/05 BBC News Should we stop calling people 'overweight'?
今やそれはデブではなく「好ましい肉付き」とか呼ぶべきなのか?
帝王切開で生まれた子は太るリスクが倍?
2012/05 EurekAlert
  Caesarean section delivery may double risk of childhood obesity
 帝王切開は小児肥満症の危険を倍にするかもしれません。
2012/05 BBC News C-section 'may double risk of childhood obesity'
2012/05 【日本語記事】BioToday
 太り過ぎ/肥満の子は特発性頭蓋内圧亢進症になりやすい
2012/05 EurekAlert Childhood obesity increases likelihood of a cranial disorder that may cause blindness
小児肥満症は盲目を引き起こすかもしれない頭蓋の混乱の可能性を広げます。
2012/05 【日本語記事】BioToday ビタミンD低レベル妊婦の子は脂肪量が多くなりがち
2012/05 EurekAlert
 Weight struggles? Blame new neurons in your hypothalamus
重さの戦い?
視床下部の新しいニューロンを非難してください。
 脳の選んだ部分で形成された新しい神経細胞は、あなたがどのくらいを食べて、その結果、重さがあるかの上のかなりの動揺を保持するかもしれません
2012/05 EurekAlert
 'Obesity genes' may influence food choices, eating patterns
'肥満遺伝子'は食べ物の選択や食事のパターンに影響を及ぼすかもしれません。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 肥満リスク遺伝子座と食事パターン/内容の関連が示された
2012/05 【日本語記事】BioToday
 量を暗示する印を食品につけることで摂食量が減りうる
筒に入っているポテトチップに一定間隔で赤色のポテトチップを挿入
2012/05 【日本語記事】BioToday 肥満の女性の求職への評価はシビアになりがちだ
肥満手術の効果
2012/05 LiveScience How to Avoid Weight Gain: Eat on a Schedule
体重増加を避ける方法:スケジュールに食べる
私たちが食べるときに体重増加を防ぐのに重要な因子である可能性があります。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 1日の摂食時間を制限することが肥満や肥満疾患の予防法となりうる
2012/05 EurekAlert When you eat matters, not just what you eat
2012/05 LiveScience Gila Monster Saliva Reduces Food Cravings
アメリカドクトカゲの唾液は、食品の禁断症状を軽減
空腹?トカゲで作る、あなたはされません
2012/05 EurekAlert Drugs from lizard saliva reduces the cravings for food
トカゲ唾液からのドラッグは食物に関する渇望を減少させます。
2012/05 BBC News Vogue's fashion editors calls for 'healthy' body image
ヴォーグは、 '健康'のモデルに呼び出します。
雑誌の全19世界的な版の編集者が共同で16歳未満のモデルまたはそれらが摂食障害があると信じているものを使用しないことを誓約します。
2012/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 イスラエル、拒食症防止のため「Photoshop法」を承認
2012/05 EurekAlert Excess weight in pregnant women can have negative implications for offspring
2012/05 LiveScience Mother's Excess Baby Weight Hurts Offspring
妊娠中に以上の30ポンドを得た母親の子供は、より高いBMIやその他の否定的な健康指標を持っていた。
2012/05 読売新聞 重い歯周病患者ほどメタボになりやすい
2012/05 EurekAlert
 Brain circuitry is different for women with anorexia and obesity
女性にとって、脳の回路は拒食症と肥満では異なっています。
 脳の報酬サーキットが拒食症の女性で敏感にされて、肥満体の女性で感度を減されるのを示しています。
2012/05 LiveScience Anorexic and Obese Brains Differ
2012/05 【日本語記事】BioToday 親と一緒に寝ている子は太りにくい
2012/05 【日本語記事】BioToday
 カプサイシンによる迷走神経遮断で体重増加や腹部脂肪を抑制しうる
2012/05 【日本語記事】BioToday 妊娠前の肥満と子の認知機能低下の関連が示された
2012/05 EurekAlert Obesity and the biological clock
肥満と体内時計
 緊急のアポイントメント、きつい仕事時刻表、および消耗性の社会的なスケジュール
 それらは頻繁に私たちの本質的な生体リズムと衝突します。
 食い違いはいわゆる社会的なjetlagをもたらします。(jetlagは健康への脅威です)。
2012/05 EurekAlert
  Scientists identify protein that stimulates brown fat to burn calories
カロリーを燃やすために褐色脂肪を刺激するタンパク質を特定
2012/05 EurekAlert Self-worth needs to go beyond appearance
自己評価は、外観を越える必要があります。
 家族の支援が厚く、'薄く美しい'理想憑かれが少ない女性には、より積極的なホディー・イメージがあります。
 若い女性が彼女らのボディーをより信じるのを助けるかもしれない5つの要素
2012/05 EurekAlert Maternal perceptions of toddler body size often wrong
太った幼児の母親には彼らの子供のボディーサイズの不正確な認知がしばしばあった
2012/05 【日本語記事】BioToday 早食いの人は2型糖尿病になりやすい
2012/05 【日本語記事】BioToday
 Aldh1a1を欠乏した白色脂肪細胞は褐色脂肪細胞のように振る舞う
2012/05 【日本語記事】MT Pro
 肥満になりやすい体質の原因解明? 高脂肪食で亢進する神経新生/米動物実験
2012/05 LiveScience 42% of US Will Be Obese in 2030, Study Predicts
米国の42%が2030年に肥満になり、研究予測
アメリカの人口の42%が新たな推計によると、2030年までに肥満になります。
2012/05 BBC News Testosterone supplements may help male weight loss
テストステロンは、減量を助けるかもしれない
テストステロン欠乏とそれ以上の年齢の肥満男性がサプリメントを取ることによって余分な体重をシフトすることができ、肥満に欧州議会で発表された研究は示唆している。
2012/05 EurekAlert Why underweight babies become obese: Study says disrupted hypothalamus is to blame
低体重児の赤ん坊が肥満体になる理由:混乱させた視床下部が悪い
 動物モデル調査
 成長が子宮で制限された出生時体重の赤ん坊
 脳の視床下部の食欲を発生させる神経ペプチドのレベル(食欲の集中管理)が高い
 これらの子供のより多くのカロリーを消費する生まれながらの傾向をもたらして。
2012/05 EurekAlert
  Pleasure eating triggers body's reward system and may stimulate overeating
快楽を求めて食べるのは、ボディーの報酬システムの引き金となって、食べ過ぎを刺激するかもしれません。
 食べるのが喜びに動機づけられていると、飢餓よりむしろ内生の価値ある化学信号は活性です
(暴食に通じることができます)
2012/05 【日本語記事】BioToday
 美味しい食べ物の快楽食は報酬系を刺激して食べすぎをもたらしうる
2012/05 EurekAlert
 Longer sleep times may counteract genetic factors related to weight gain
長めの睡眠時間は肥満遺伝因子の効果を打ち消すかもしれません。
 一夜あたり9時間以上眠るは実際に体重への遺伝的影響を抑圧するかもしれません
 双子の1,088組で睡眠とBMI値(BMI)を調べる新しい研究
 一夜あたり7時間未満眠っている双子は、増加するBMIとBMI、2倍高い後者への過度の睡眠者より大きい遺伝的影響に関連していました。
 遺伝的影響はグルコース代謝、エネルギー使用、脂肪酸の格納、および満腹を含んでいます。
2012/05 【日本語記事】BioToday
 睡眠時間が短いと肥満関連遺伝子が発現しやすくなるようだ


 以上、 →2012年5〜8月の記事でした


→ 「食欲 肥満、ダイエット 拒食症・摂食障害」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー