進化、種分化、古生物学:
2020年1〜4月

ほか「進化、種分化、古生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年01月 National Geographic JP 「歩くサメ」実は9種もいた、異例の速さで進化

2020年01月 LiveScience Towering dinosaur with radioactive skull identified in Utah
 ユタ州で確認された放射性頭蓋骨を備えたそびえ立つ恐竜
2020年01月 Science  High-resolution dating of Paleozoic fossils
 古生代の化石の高解像度年代測定
 堆積岩の3000以上のセクションからの11,000以上の海洋無脊椎動物種を含む化石を含む層の生物年代学的分析における、その範囲の一部に年齢を制約するレポート。
2020年01月 Science  A high-resolution summary of Cambrian to Early Triassic marine invertebrate biodiversity
 カンブリア紀から初期三畳紀の海洋無脊椎動物の生物多様性の高解像度の要約
2020年01月 Science  Eat and listen—how chewing and hearing evolved
 下顎のメッケル軟骨から中耳の要素を分離することで、システムに自由を与え、咀wing機能と聴覚能力の両方を改善しました。
2020年01月 Science  Integrated hearing and chewing modules decoupled in a Cretaceous stem therian mammal

2020年01月 Nature Supercomputer scours fossil record for Earth’s hidden extinctions
古生代の生物1万1000種の化石記録のスーパーコンピューターによる解析で、この時代の進化の詳細な歴史が明らかに。
2020年01月 LiveScience Scientists uncover new mode of evolution
 遺伝子ではなく、表面にくっついた分子を通して伝えられます
 メチル基として知られるこれらの分子は、DNAの構造を変化させ、遺伝子のオンとオフを切り替えることができます。 変化は「エピジェネティックな修飾」として知られ、ゲノムの「上」または「上」に現れることを意味します。 ヒトを含む多くの生物はDNAにメチル基が点在していますが、ショウジョウバエや回虫のような生物は進化の時間をかけて必要な遺伝子を失いました。
2020年01月 BBC News Earth's oldest asteroid impact 'may have ended ice age'
 22億年前の小惑星への影響は氷河期の終わりを説明するかもしれない
2020年01月 LiveScience An asteroid wiped out the dinosaurs. Then, a volcano helped life flourish.
 小惑星が恐竜を一掃しました。 その後、火山は人生の繁栄を助けました。
2020年01月 Science  On impact and volcanism across the Cretaceous-Paleogene boundary




→ 「進化、種分化、古生物学」2020年1〜4月にはまだつづきがあります 

運動、座ったきり、運動不足と健康:
2019年

ほか「運動、座ったきり、運動不足と健康」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 BioToday ストレッチは走りやすくもしないし怪我も防がない〜それより慣らし運動が有効
2019年12月 BioToday 複雑な運動の際の信号は運動野が独自に作るのではなく複数の脳領域で作られる
2019年11月 Science 運動はニッチを見つける
  身体活動性マウスの炎症細胞(白血球)が座りがちなマウスよりも少ない
 これは造血幹細胞および前駆細胞(HSPC)の活性低下に由来する効果です。 HSPCのより低い活性は、少なくとも部分的には、造血骨髄のニッチ内の細胞を調節する脂肪組織によって産生されるホルモンであるレプチンのレベルの運動誘発性の減少によるものでした。
2019年11月 BioToday 食べる前の運動は筋肉の脂肪利用を促し、食後のインスリン上昇を抑える
2019年11月 AFP  「もっと運動を」世界の青少年の5人に4人が運動不足 WHOが警鐘
2019年11月 BBC News 'Global epidemic' of childhood inactivity
2019年11月 BioToday 世界の思春期若者の殆どの運動量は必要量に達していない
2019年11月 BioToday 乳癌診断後の週150分以上の運動は診断前の運動量がどうあれ死亡リスクを下げる
2019年11月 BioToday ランニングはたとえ僅かでも死亡リスク低下と関連する
2019年10月 BioToday コーヒーで運動能力が改善〜5kmの自転車漕ぎ時間が数秒改善
2019年10月 BioToday 歩くのが遅い中年はより老けている〜幼少期の脳欠陥がそうするのかもしれない
2019年9月 Science 長寿のために立ち上がれ
 強度に関係なくあらゆるレベルの身体活動が死亡率の大幅な低下に関連していた
2019年9月 "適度な運動タンパク質"を見つけた! 運動が身体の炎症・老化を抑制する分子メカニズムを発見!! 健康のために1日10分、骨に衝撃を与えよう!!! 東京都健康長寿医療センター
 運動で生じる骨への「力(衝撃)」が、力を感知する分子として知られているタンパク質(Cas:キャス)に作用し、身体の多くの組織・臓器の炎症・老化に関与することが知られている別のタンパク質(NF-κB:エヌ・エフ・カッパ・ビー)の活性を抑制することで骨の強度・密度を維持する
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Running—or sitting—can change the shape of your heart
 カウチポテトになると、心臓が猿のように見えます
2019年8月 AFP  脳振とう多いと勃起不全リスク上昇、元NFL選手の調査で判明
2019年8月 BBC News Athletes have poor teeth despite brushing

2019年8月 BioToday 運動量が多く、じっとしている時間が短いと死に難い
2019年8月 LiveScience Why Do We Bend Our Arms When We Run?
  科学者は、それらの主題が適性アーム、それらのエネルギー支出によって歩いた時が、約11%増大すると気付いた。なぜなら、たぶん、相対的に遅いスピードで動く間それらの腕適性を保持するのは、より多くの努力を必要としたからである。
2019年8月 LiveScience Jogging Is the Best Weapon Against 'Obesity Genes'




→ 「運動、座ったきり、運動不足と健康」2019年にはまだつづきがあります 

寿命、死:
2019年7〜12月

ほか「寿命、死」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 National Geographic JP 100歳以上の男性の人口密度が最も高い「長寿島」
2019年12月 電車の網棚にわざと遺骨を置き忘れる人の動機 公共のトイレに遺骨を流す人も…
  PRESIDENT Online 鵜飼 秀徳

2019年12月 BioToday 寿命を長らえさせる酵素SIRT6の脂肪肝阻止効果が判明
2019年12月 BBC News DNA may hold clues to extinct animal lifespan
 DNAは絶滅した動物の寿命への手がかりを保持するかもしれない
2019年12月 AFP  脊椎動物の最長年齢予測する「寿命時計」考案、人への適用は?
 オーストラリアの研究チーム
 ケナガマンモス(学名:Mammuthus primigenius)の寿命は約60年だった可能性が高い
2019年12月 副腎のテロメアが男女の寿命差に関係する?  東京都健康長寿医療センター
2019年12月 朝日新聞 蘇生処置しないことが可能に 東京消防庁が運用へ
 蘇生を望まない本人の意思を家族やかかりつけの医師から確認できれば、救急隊員は現場で処置しないことが可能に
2019年11月 BioToday 乳製品をより多く摂ることと死亡リスク低下は関連せず
2019年11月 ワイアード 米国の道路は歩行者にとって“危険”になっている? 交通事故死が減る一方で「歩道の死者」が増えた理由
2019年11月 LiveScience Declining Life Expectancy in America 'May Be the New Norm'
 アメリカでの平均余命の減少「それは新しい規範になるかもしれない」
 米国の平均寿命は、主に「労働年齢」のアメリカ人の間で減少しています。
2019年12月 BioToday 25-64歳の働き手の死亡率上昇により米国人の寿命が短縮している
2019年11月 110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞 スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析 理化学研究所 慶應義塾大学
 特殊な T 細胞である「CD4陽性キラーT 細胞」
 スーパーセンチナリアンでは、免疫システムの司令塔の役割を果たす T 細胞の構成が 50~80 歳と比べて大きく変化している
2019年11月 LiveScience World's Oldest People May Have Supercharged Immune Cells
 世界最古の人々は免疫細胞を過充電しているかもしれない
2019年11月 BioToday ランニングはたとえ僅かでも死亡リスク低下と関連する
2019年11月 BioToday 不規則な体の揺れが多い高齢者ほどやがて生活の質を害しやすく、死にやすい




→ 「寿命、死」2019年7〜12月にはまだつづきがあります 

認知症、アルツハイマー病:
2019年

ほか「認知症、アルツハイマー病」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 BioToday 人の途切れ途切れの睡眠と認知機能障害の関連にマイクログリア活性化が寄与
2019年12月 アルツハイマー病発症予防に植物(こんにゃく)セラミドが有効 認知症予防目的の機能性食品素材・新薬開発に期待  北海道大学
2019年12月 認知症カフェの実態を大規模調査 藤田医科大学
 1ヶ月に1回のカフェが64.8%と最も多く、1回あたりの開催時間は2時間が53.8%と最も多い
 認知症患者は増加しており、2025年には約700万人(高齢者の5人に1人)になると推測
2019年12月 BioToday 自発的な血管収縮・血管運動の改善でアルツハイマー病物質Aβ除去を促しうる
2019年12月 2型糖尿病女性患者における低用量アスピリン療法の認知症予防効果を臨床試験で明らかに
  兵庫医科大学 国立循環器病研究センター 熊本大学 奈良県立医科大学
2019年11月 Nature  もつれた話:アルツハイマー病では炎症がタウのもつれの形成を駆動する
2019年11月 52歳時のウェルビーイングが69歳時の認知機能に影響することを解明  東京都医学総合研究所
2019年11月 豪州ABC A Mediterranean diet and exercise to reverse dementia? This trial will give the answer
 認知症を逆転させる地中海式の食事と運動?
 オーストラリアの人口が高齢化するにつれて、認知症の人の数は2028年までに589,000人を超え、2058年までに100万人を超えると予測されています
オーストラリアの認知症の費用は年間140億ドル以上です
2019年11月 BioToday アルツハイマー病関連変異はマイクログリアのエンハンサー領域に多い
2019年11月 世界初ヒト歯周病の歯茎で脳内老人斑成分が産生されていることが判明
 歯周病によるアルツハイマー型認知症への関与解明の新展開 九州大学
 ヒトの歯周病の歯茎および歯周病原因菌であるジンジバリス菌(Pg 菌)を全身に慢性投与したマウスの肝臓に、脳内老人斑成分であるアミロイド β(Aβ)が産生されていることを初めて発見
2019年11月 認知症の精神症状に非薬物療法が有効
 マッサージやタッチケアなどの非薬物介入が薬剤より有効である可能性が示唆された。カナダ
 Comparative Efficacy of Interventions for Aggressive and Agitated Behaviors in Dementia: A Systematic Review and Network Meta-analysis.
2019年11月 Science まれなケースからアルツハイマー病抑制のヒントが見つかる
  リスク遺伝子APOEを標的とすることでアルツハイマー病を予防または治療する可能性
2019年11月 BioToday 高血圧の人の降圧薬使用と認知症やアルツハイマー病リスク低下が関連/メタ解析
2019年11月 朝日新聞 腰痛ある80歳以上、認知症リスク半減 脳機能と関連か
 80歳以上で腰の痛みがある人は、認知症になるリスクが、痛みがない人に比べて半分
 腰痛を感じること自体が、脳の機能を維持できていることを示す可能性
2019年11月 軽度認知障害の高齢者においてカマンベールチーズ摂取による BDNF(脳由来神経栄養因子)上昇を確認
 東京都健康長寿医療センター 桜美林大学
 カビ発酵チーズの摂取が軽度認知障害の地域在住日本人高齢女性のBDNF に及ぼす影響:ランダム化クロスオーバー比較試験
 白カビ発酵チーズ(カマンベールチーズ)とカビ発酵していないプロセスチーズ(対照チーズ)の摂取による BDNFへの影響を評価
2019年11月 毎日新聞 血液1滴でアルツハイマー検査 軽度認知障害診断も可能に 名古屋市立大など
2019年11月 BioToday どうやらアルツハイマー病予防効果があるAPOE3遺伝子変異Christchurchを発見
2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Colombian woman’s genes offer new clues to staving off Alzheimer’s
 コロンビアの女性の遺伝子は、アルツハイマー病を防ぐ新しい手がかりを提供します
2019年10月 世界初の認知症予防を実現 「認知症は酸化ストレス病」を臨床試験で実証 岡山大学
2019年10月 豪州ABC How fast do you walk? Researchers say it could indicate whether you'll develop dementia 
 どれくらい速く歩きますか? 研究者は、あなたが認知症を発症するかどうかを示すことができると言っています
2019年10月 Nature  マウスの高塩分摂取が認知機能低下に結び付いている
2019年10月 Nature  食餌中の塩が認知機能に影響を及ぼす仕組み
 認知障害が脳低灌流ではなくタウ関連機構を介して起こる
 タウのヌルマウスあるいは抗タウ抗体を投与したマウスでは、脳低灌流や神経血管機能障害が持続するにもかかわらず、高塩分の食餌を摂取させても認知機能が維持された
2019年10月 Nature 神経科学:食餌中の塩がタウのリン酸化を介して認知障害を促進する Dietary salt promotes cognitive impairment through tau phosphorylation
2019年10月 BBC News First drug that can slow Alzheimer's dementia
2019年10月 BioToday 認知症患者の不穏や攻撃的な振る舞いには薬を使わない治療がより有効
 dementia
2019年10月 朝日新聞 脳卒中後に起きる認知症 検査は半数以下、発症率は3割
2019年10月 サプリで「軽度認知障害が改善」学会が報告
 高い抗酸化作用を有するサプリメント トゥエンディX(Twendee X)を軽度認知障害(MCI)例に投与
 岡山大学・阿部康二教授(2017年の日本認知症予防学会学術集会大会長)ほか
 Clinical Benefits of Antioxidative Supplement Twendee X for Mild Cognitive Impairment: A Multicenter, Randomized, Double-Blind, and Placebo-Controlled Prospective Interventional Study.
 多施設無作為化二重盲検プラセボ対照前向き介入研究
2019年10月 スラド 携帯電話の電磁波はアルツハイマーによる認知機能低下対策に有用?
 NeuroEM Therapeuticsという医療機器メーカーが、同社の開発している経頭蓋電磁気療法(TEMT)器具「MemorEM」によってアルツハイマー病患者の認知機能を回復させることができたと主張
 携帯電話と同等の電磁

2019年9月 家族性認知症iPS細胞を樹立し、分化させた神経細胞から異常を検出
 タウタンパク質の異常による疾患の治療薬開発に期待 慶應義塾大学 日本医療研究開発機構
 家族性前頭側頭葉変性症の原因遺伝子の一つである微小管結合蛋白質タウ(MAPT)遺伝子のR406Wという変異(タウR406W変異)に注目。

2019年9月 わずか 3 分、目の動きの解析で認知機能を評価 認知症の早期診断に向けた新技術 大阪大学
2019年8月 愛媛大学が主導する共同研究チームが難聴と軽度認知障害有症率との関連について発表  愛媛大学
アルツハイマー病の遺伝マーカーの保有者は、過去の知識を利用するのがより困難です
2019年8月 大学ジャーナル バーチャル旅行体験が認知症予防に効果、奈良県立医科大学

2019年8月 血清ヘモグロビン(Hb)濃度は、高過ぎても低過ぎても認知症リスクの上昇に関連する
 Hemoglobin and anemia in relation to dementia risk and accompanying changes on brain MRI.
2019年8月 ゲームやパソコンで軽度認知障害リスク低下
 Quantity and quality of mental activities and the risk of incident mild cognitive impairment.
2019年8月 LiveScience Alzheimer's Directly Kills Brain Cells That Keep You Awake
 うたた寝することはアルツハイマー病の早い徴候と考えられえた。
2019年8月 BioToday  50歳時点で心血管がより健全だとその後認知症を生じ難い

2019年7月 BioToday 絶えず教養を培って社交的な人は認知症になりにくい
2019年7月 BioToday 生まれつき認知症になりやすい人も健康的な生活習慣で認知症を生じにくくなる
2019年7月 大学ジャーナル 高齢者の難聴、外出制限や物忘れと関連、筑波大学など分析

2019年7月 BioToday アンドロゲン枯渇療法とアルツハイマー病や認知症の発現率上昇が再び関連
2019年7月 大学ジャーナル アルツハイマー病の発症リスクを高める日本人特有の遺伝子変異を発見




→ 「認知症、アルツハイマー病」2019年にはまだつづきがあります 

老化の科学、高齢者の心理:
2019年7〜12月

ほか「老化の科学、高齢者の心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 LiveScience New Anti-Aging Clinical Trial Begins. For $1 Million, You Can Be a Participant.
 カンザスに本拠を置くある会社は、老化を逆転させるためにコロンビアで臨床試験を開始しました。

2019年11月 52歳時のウェルビーイングが69歳時の認知機能に影響することを解明  東京都医学総合研究所
 1946全英国家出生コホート研究の女性のデータ
 心理的ウェルビーイングの中で「人格的成長」の度合いが高い女性は、69歳時の認知機能のレベルが高く保たれていました
 52歳時に「自己受容」の度合いが高いことは、69歳時の認知機能のレベルと負の関連

自己受容(self-acceptance) 自己の現実の姿を正確に観察し,自分の特徴を十分自覚していること
 自己評価の高さと混同されることが多い
 自己評価の低い人がそのことを認めた上で,“しょうがない”と感じること.あるいはそういう自分でもよいと感じること.


2019年11月 毎日新聞 入れ歯を毎日手入れしない高齢者、肺炎発症リスク1.3倍
2019年11月 老化を誘発する仕組みを解明 グリシン摂取が老化の緩和に有効である可能性  筑波大学
2019年11月 毎日新聞 熱中症調査 高齢者、暑くても我慢 44%が冷房控え 経済的理由も多く
2019年11月 入れ歯の手入れを毎日しないと 過去1年間の肺炎のリスクが1.3倍高かった
 世界で初めての一般高齢者における研究 東北大学
 口腔ケアが誤嚥性肺炎の予防に有効
 入れ歯を毎日は清掃しない人において、過去1年間の肺炎発症のリスクが1.30倍、75歳以上の人に限ると1.58倍
2019年11月 BioToday 不規則な体の揺れが多い高齢者ほどやがて生活の質を害しやすく、死にやすい
2019年10月 Nature 幹細胞: 老齢期に生じる個体差の駆動要因
2019年10月 Nature 幹細胞:老化した繊維芽細胞の不均一性は再プログラム化や創傷治癒のばらつきと関連する Heterogeneity in old fibroblasts is linked to variability in reprogramming and wound healing

2019年10月 中央日報@韓国 ソウル市、高齢運転者の交通事故が5年間に50%以上増加
2019年10月 BioToday 歩くのが遅い中年はより老けている〜幼少期の脳欠陥がそうするのかもしれない
2019年10月 AFP  動画:高齢者の「死ぬまでにしたいこと」をかなえるVR、うつ病や孤独にも効果
2019年10月 Nature  肝臓がんの効果的な治療法の開発
 肝臓腫瘍に「連続パンチ」
  p53変異を持つ肝臓がん細胞特異的に老化を誘導するCDC7阻害剤
 老化細胞を選択的に除去する(senolytic)化合物との併用療法により肝臓がんを治療できる可能性
2019年9月 Science ヒト卵母細胞における染色体分離エラーは、自然繁殖が可能な生殖寿命を規定する
2019年9月 ワイアード 「若返りの薬」の実現につながるか? 人間のエピジェネティック時計を“巻き戻せる”という研究結果
 胸腺
2019年9月 Nature Human Behaviour 
  現実世界のナビゲーション中の幾何学的な空間的手がかりに対する年齢関連の選好
  現実世界のナビゲーションタスクを使用して、高齢者ではジオメトリベースのナビゲーションを、若い人たちではランドマークベースのナビゲーションを好みます。 高齢者は、ランドマークから視点をとる能力の低下も示します。
 幾何学的な好みを持つ高齢者に特定の認知障害が明らかに
 老化における他人中心性戦略の赤字は、ランドマークコーディングに関連する困難から生じる可能性



→ 「老化の科学、高齢者の心理」2019年7〜12月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー