犯罪、暴力、麻薬:
補稿2019年

ほか「犯罪、暴力、麻薬」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』















少年の凶悪犯・粗暴犯検挙・補導人員数の推移



→ 「犯罪、暴力、麻薬」補稿2019年にはまだつづきがあります 

親子、夫婦、家庭、虐待:
補稿2019年

ほか「親子、夫婦、家庭、虐待」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』











2019年6月 共同通信 日本男性、制度1位も育休取らず 国連が指摘

男性正社員の育児休業利用率





小学生の海外観光旅行実施率 世帯収入階層別

学歴別未婚率
男の家事関与 国際比較
育児休業をしているものの比率
企業規模別、男女別、官公庁vs私企業 育児休業をしているものの比率





→ 「親子、夫婦、家庭、虐待」補稿2019年にはまだつづきがあります 

脳の男女差、心の男女差:
2018年〜

ほか「脳の男女差、心の男女差」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年9月 Nature  女性は男性より試験でのパフォーマンスが持続する
2019年8月 SNS使用で女児のメンタルヘルス悪化 英・1万人超の大規模研究
 13〜16歳の英国小児1万2,866人を対象  使用頻度が高いほどメンタルヘルスが悪化する可能性
 Roles of cyberbullying, sleep, and physical activity in mediating the effects of social media use on mental health and wellbeing among young people in England: a secondary analysis of longitudinal data.
2019年8月 豪州ABC It's one of the biggest myths about the female brain and it's finally been busted
  女性は超効率的なマルチタスカーとして生物学的優位性を持っていると世論は主張し続ける。しかし、この神話は証拠によってサポートされない
2019年04月 マウスの行動の性差は活性酸素による酸化ヌクレオチドの蓄積が原因である
 男女それぞれの特性に注目した病気の予防や治療法の開発に期待 九州大学
 野生型マウスでは雌が生涯を通して雄よりも2倍程度高い自発運動量
 ゲノムへの酸化塩基8-オキソグアニン (8-oxoG)の蓄積を防ぐ8-oxo-dGTP分解酵素(MTH1)と8-oxoG DNAグリコシラーゼ(OGG1)の両者を欠損するTO-DKOマウス
 女性はうつ病やアルツハイマー病などの発症頻度が男性よりも高いことが知られていますが、その理由の1つとしてゲノムの酸化損傷やその修復・防御系の関与が示唆されます。
2019年03月 Nature 神経科学:痛みの性差 Why the sexes don’t feel pain the same way
 痛みを生じる機序は1つだと長らく考えられてきたが、痛みの経路は性別によって異なることが明らかになり、生物学的な性別を超えて多様である可能性も出てきた。
2019年03月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Girls who share a womb with boys tend to make less money than those with twin sisters
2019年02月 不安や恐怖の感じ方に性差はあるか 分界条床核における性差   東北大学
 遺伝子改変マウスを用いて、不安や恐怖に関与した行動を制御するとされる分界条床核背外側核内のコルチコトロピン放出因子(CRF)含有ニューロンにメス優位な性差があることを発見
2019年02月 LiveScience Women's Brains Are 3 Years 'Younger' Than Men's, Study Suggests
2019年02月 AFP  女性の脳年齢、男性より3歳若い? 研究
2019年01月 性ホルモン産生酵素が個人の性格・気質に関連する
  脳内アロマターゼ量は攻撃性、協調性と相関する 理化学研究所
 男性・女性ともに視床における女性ホルモン産生酵素アロマターゼ量が多いほど協調性が低い
2018年11月 Science 脳の性別 Gender in the brain
 全体セル電気生理学は、女性のマウスのこれらの発生期の海馬ニューロンがより大きい興奮性、より高い休息膜可能性、および雄のマウスのニューロンより偉大なインプット抵抗を示すことを示した。


2018年09月 “豊かな環境”が脳に“効く”仕組みの一端を世界に先駆けて解明 脳と心の疾患に対する新規治療法の開発に期待
 愛知医科大学 神戸薬科大学 九州大学
2018年09月【日本語ブログ】免疫細胞がもたらす青年期ラットの性差
 ミクログリアが脳回路の発達過程に寄与
2018年09月 Nature STEM科目の成績における性差は比較的小さい
 クラスのトップ10に占める男女の数は科学・技術・工学・数学(STEM)科目では同数なのに対して、STEM以外の科目では女子の方が多かった
 学術研究能力のばらつきが女子よりも男子の方が大きいとする「ばらつき仮説」の齟齬
2018年09月 豪州ABC Girls just as good at STEM subjects as boys, study shows
2018年09月【日本語ブログ】STEM科目の成績における性差
2018年08月 BBC News High suicide risk for 'men in construction'
 低熟練の男性労働者の間の自殺率は、全国的な男性平均より3倍高い


2018年08月 BBC News The unpleasant reason men navigate better than women
 「地図が読めない女」呼ばわりされる原因は、先天的能力以上に、性差別や機会不平等が深刻なせい
 方向感覚を駆使するゲーム「Sea Hero Quest」や認知症検査の結果を比較した結果、「男女平等」指数の高い文化圏では空間ナビゲーション能力の性差が小さかったぞ
2018年08月 Science 幼少期の数学理解に性差はない
2018年08月 光による概日リズム調節が性周期によって変化することが明らかに 女性は光の浴び方に注意 明治大学 立命館大学 長崎大学
 女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が減少している時期(発情後期)では、通常光に対して感受性が低い時間帯で光に反応しやすい
 マウス実験:光を浴びた次の日の体内時計の針の進み方が性周期のステージで異なる
2018年08月 AFP ヘディングによる脳へのダメージ、女子選手の方が高リスク 研究
 女子サッカー選手にみられる脳白質の総損傷量が男子選手の場合に比べて5倍大きい



→ 「脳の男女差、心の男女差」2018年〜にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー