動物行動学 動物の心:
2018年1〜4月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2018年01月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS How roosters protect themselves from their own deafening crows  鶏
2018年01月 朝日新聞 ハエの集団にも多様性が大切 実験で生産性最大に
 キイロショウジョウバエの幼虫には、エサを探すときに活発に動き回る「せかせか型」と、あまり動かない「おっとり型」がある。
 エサに含まれる栄養が少なく生存競争が激しくなる条件のもとで、32匹の幼虫を飼育。成虫になるまで生き残ったハエの重さを足し合わせ、集団全体の「生産性」を調べた。
2018年01月 Nature 認知神経科学: 過当競争を避けることを学ぶマウス Cognitive neuroscience: Mice learn to avoid the rat race
 マウスは、対立解決のための本来の攻撃的な方法を克服して、協調的戦略をとるよう学習できる

2018年01月 LiveScience Chameleons' Secret Glow Comes from Their Bones
2018年01月 National Geographic Chameleon Bones Glow in the Dark, Even Through Skin
2018年01月 National Geographic JP  蛍光に光るカメレオンを発見、原因も解明




→ 「動物行動学 動物の心」2018年1〜4月にはまだつづきがあります 

監視社会:
2017年

ほか「監視社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年12月 AFP 軍に1万人の「サイバー部隊」=体制批判を監視-ベトナム
2017年12月 AFP  米議会図書館、全ツイート保存中止で物議  画像を含む非テキストデータの処理能力がない
2017年12月 BBC News フェイスブック、偽ニュースの警告表示を廃止へ
 望んでいた効果が出なかったことが理由
2017年12月 朝日新聞 メルカリ法規制、当面見守る方針 警察庁有識者検討会
  警察庁は古物営業法を改正する方針
2017年12月 朝日新聞 「自殺」つぶやくと相談に誘導 静岡県がツイッター広告
2017年12月 AFP ツイッター、憎悪表現に関する新ルールの適用開始
2017年12月 時事通信 「ネット中立性」規制撤廃=サービスの格差容認 米通信委
2017年12月 Nature インターネットの速度に優先度を設けることは、科学の減速につながるだろう。 Loss of net neutrality could harm research
2017年12月 AFP ドローン捕獲用のワシ、オランダ警察が導入見送り 採算合わず
2017年12月 ワイアード アップルの顔認証「Face ID」は、恐ろしい「大衆監視社会」をつくり出す可能性がある
2017年12月 BBC News 中国の監視網がたちまち人を特定 AI付き監視カメラ全国に
  世界最大の監視カメラ・ネットワーク
  1億7000万台がすでに設置され、さらに今後3年間で推定4億台が追加される見通し
2017年12月 スラド Google、ユーザーの合意なく個人情報を収集するAndroidアプリで警告を表示する計画
2017年12月 スラド Twitterが「問題のある発言」取り締まりを強化、一方で不透明な基準に批判が集まる
2017年12月 毎日新聞 IT協議会:SNS自殺勧誘禁止 規約明記を提言
2017年12月 LINE、Twitterなど「ネット自殺」対策強化へ 座間市の事件受け  (ITmedia NEWS)
2017年12月 AFP FB、子供向けメッセンジャー発表 保護者管理機能を搭載
2017年12月 AFP オーストリア、同性婚を合法化へ 憲法裁が判断
2017年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Google’s street view could reveal more than you think
 グーグルストリートビューの画像分析から推察しうるあなたの収入、資産、学歴、支持政党。
2017年11月 スラド Facebook、偽ニュースなどに「いいね!」したかどうかを確認できるツールを提供へ
2017年11月 AFP 排せつ物にも指紋同様の個人差か、著名アーティストが研究に協力
2017年11月 スラド うんこには個人差があり、指紋のように使える可能性がある
2017年11月 AFP AIで自殺防止、フェイスブックが各国で導入 兆候を早期に発見
2017年11月 スラド Google、偽ニュース対策を進めるもアルゴリズムでは対処しきれず?
2017年11月 日本経済新聞 米、「ネットの中立性」撤廃 コンテンツの扱い格差容認
2017年11月 AFP  放送局の独立性で勧告=慰安婦で謝罪も-国連の対日人権審査
2017年11月 AFP  ソーシャルメディアの操作、多くの政府が中ロに倣って実施 人権団体
2017年11月 AFP  日本の「報道の自由」に懸念=5年ぶり審査で国連人権理
2017年11月 大学ジャーナル 「歩き方」で個人認証、誤り率4%のAI技術を大阪大学が開発
2017年11月 朝日新聞 SNSの不適切書き込み、規制強化指示 閣僚会議で菅氏
 関係省庁による情報共有、自殺に関する不適切なサイトや書き込みの削除や制限の強化、ネットを通じて自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実の3点を指示
2017年11月 スラド 中国、バトルロイヤル系ゲームを規制へ
 「生き残ることがすべて」というスタイルが中国の伝統や文化、論理感に反する

2017年10月 朝日新聞 ネットのグニャグニャ文字認証、AIが楽々突破
 文字認証を解けるか試したところ、正解率は66%だった。通常、数個つらなったアルファベットや数字を読み取る確率が1%を超えれば、認証は「突破された」とみなされるため、今回の結果は極めて高率だという。
2017年10月 EurekAlert Science  広く普及したウェブサイト保護システムを破る新たなディープラーニングアルゴリズム
2017年10月 AFP  ツイッター、盗撮画像投稿者らのアカウント停止へ セクハラ対策強化  米ツイッター
2017年10月 AFP  顔認証技術、もはや現実社会に着々と導入の中国
2017年10月 AFP ロシアの工作、「ポケモンGO」悪用=昨年の米大統領選介入疑惑
 ロシアの関係機関とつながりがあるとみられる投稿者が「ポケモンGO」を使ったゲームコンテストの開催を宣伝。全米で警官による黒人男性の射殺・暴行事件が相次ぐ中、事件現場の周辺でキャラクターを見つけたら、賞金としてネット通販の商品券がもらえると呼び掛けた。
2017年10月 産経新聞 Twitterが凍結した「児童の性的搾取」アカウント、4割が日本のもの
2017年10月 スラド フランス、レタッチされた写真にその旨を明記することを義務付ける法律を施行

2017年10月 AFP  米ヤフーへのハッキング、全30億アカウントが被害 新調査で判明
2017年9月 AFP 中国政府がインターネット上の有害情報を削除 「低俗・わいせつ」など2000万件
2017年9月 スラド 欧州委員会、海賊版は正規版の売り上げにほとんど影響しないという報告書を2年以上公表せず
2017年9月 ワイアード 「DNAの暗号化」で、ゲノムのプライバシーは守れるか──標準化に向け米政府も動き出した
2017年9月 AFP  ユーチューブの北朝鮮宣伝サイト停止は貴重な情報源の遮断 米分析サイト
2017年9月 朝日新聞 中国でヤフー検索が使用不能に ネット管理厳格化か
2017年9月 スラド Twitter、今年前半だけでテロ関連アカウント約30万件を削除したと報告。うち75%は投稿前
 2017年前半の「Removal request」情報
 日本においては裁判所からの削除要請が9件、それ以外の政府当局、警察などからの削除要請が95件
2017年9月 スラド 中国がPixivへのアクセスを遮断?
 Pixiv運営Mastodonに中国ユーザーが増えた影響で遮断されたという説も
2017年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Artificial intelligence just made guessing your password a whole lot easier
2017年9月 AFP  ユーチューブ、北朝鮮宣伝サイト「わが民族同士」のアカウントを停止
2017年9月 AFP  「顔認証」利用して支払い、ファストフードで財布要らず 中国
2017年8月 NHKニュース 中国 ネット書き込みに実名登録義務化
 ことし10月から施行
2017年8月 スラド 中国政府、国内企業に対し社内に「中国共産党組織」の設置を求める
2017年8月 AFP アクセス遮断、一転撤回=天安門事件論文「検閲」批判受け-英名門大
2017年8月 AFP 信号無視すると自分がモニターに大映し! 顔認識機能を利用
 中国・南京市
2017年8月 朝日新聞 アダルトサイト見ていたら…警察庁HPに似た詐欺サイト
2017年8月 AFP 米サイバー軍、統合軍に昇格へ ネット上の防御・攻撃に軸足
2017年8月 ワイアード アマゾンの人工知能スピーカーは「盗聴器に早変わり」する──セキュリティ研究者が実証
2017年8月 スラド 中国政府によるネット上での世論誘導、批判に反論せず問題から目をそらさせることを目指す
2017年7月 朝日新聞 顔認証「ブラックリストの人、瞬時に」 NEC開発強化
2017年7月 財経新聞 サイバー犯罪のリスクある医療機器、全世界に10万以上 日本にも存在
2017年7月 アマゾンのドローンが家をスキャンし、欲しいものを提案する? 新特許が判明 sorae.jp
2017年7月 財経新聞 iRobot、ルンバが集めた利用者の部屋情報を外販する計画か?
2017年7月 毎日新聞 DNA判定蚊が吸った血、2日後まで個人特定可能
2017年7月 日本経済新聞 中国が人工知能で犯罪予知、懸念も
複数の企業が人工知能(AI)の開発で警察に協力

2017年7月 スラド 予約無断キャンセル者の電話番号を集める「予約キャンセルデータベース」が登場
2017年7月 AFP 蚊の吸血、「完全犯罪」崩す糸口に 研究  名古屋大学
 血液が蚊の胃の中で2日間消化された後でも、微量の痕跡から、蚊に吸血された被験者を正確に特定できることを確認した。血液は、吸血から3日後に完全に分解された。
2017年7月 スラド ロシア発の「ボット」 は複数の国で世論操作を行っている
2017年7月 AFP 中国、新たなネット規制法施行 性的描写を取り締まり
2017年6月 AFP サイバー攻撃、一段と高度化=警戒呼び掛け 欧州警察機関
2017年6月 スラド 英国人の過半数が無料Wi-Fiのセキュリティを懸念する一方、7人に1人は使えるなら何でも使うとの調査結果
2017年6月 ワイアード テロの責任をインターネットに押しつける議論は的外れ──脅威との戦いに本当に必要な「4つのこと」
2017年6月 AFP ドイツ、「スカイプ」など対話アプリの監視強化へ 法案可決



→ 「監視社会」2017年にはまだつづきがあります 

宗教、信仰、創造説:
2017年

ほか「宗教、信仰、創造説」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年12月 AFP 豪の児童虐待調査委が最終報告、聖職者の独身制改革も提言
2017年11月 【日本語ブログ】無神論者にたいする偏見

人工知能教
2017年10月 LiveScience Church that Worships AI God May Be the Way of the Future
2017年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Can the Museum of the Bible overcome the sins of the past?

2017年9月 スラド 「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の団体、台湾で宗教団体として認められる
2017年9月 AFP  中国、宗教への締め付け強化=改正条例を公布

2017年9月 Nature Human Behaviour 
 何が、誰かが最前線に進んで入ることに動機となるか イスラム状態に対して戦う ?
  新しい研究によって、3つの注目せずにはいられない理由が見つかる:
いくつかの神聖な価値への関与
それらの同じ価値のための彼ら自身の親族への関与を見捨てる、
そして、敵のそれに比べての人の自身のグループのスピリチュアルな力の信念。
2017年9月 Nature Human Behaviour 

 最前線の戦闘機と非戦闘員の研究により、集団間の衝突の戦いとダイスへの自発性が神聖な価値のための物質的な懸念の犠牲、および内集団と相手の気づかれているスピリチュアルな力と関連することが示される。
2017年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why do people die fighting for a cause?


2017年8月 LiveScience Why Flat-Earthers and Science Deniers Can't Dispute the Eclipse
 日食と天動説信者
2017年8月 スラド 「あの世」を信じる人が増えているという調査結果
 2013年の調査では回答者の40%が「あの世」を信じると答え、信じてはいない(33%)を上回った
  1958年の調査では「信じる」が20%、「信じてはいない」が33%だった
 20代で45%。70歳以上で31%
2017年8月 AERA 日本人の死生観に変化 「霊魂信じる」増加中
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 無神論者に対する極端な直観的な道徳的な偏見のグローバルな証拠
 13の種々の国からの証拠が、無神論者自身の間にさえ広がっている無神論者への直観的な道徳的な不信を示す。
無神論者ってやつぁ道徳的にろくでもない傾向があるよな
「無神論者」に対する無根拠に極端な道徳的偏見が、グローバルかつ無神論者自身の間にさえ広がっている:13カ国を調査
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 人々は、不道徳な人が無神論者でありそうであると定期的に仮定し、この効果は、様々な社会 著しいバリエーションを持つけれども を横切って一貫している。
耳が幽体離脱の原因
2017年8月 LiveScience What Causes Spooky Out-of-Body Experiences? It Could Be Your Ears
 あなたのその幽体離脱体験、もしかして内耳の不具合のせい
 幽体離脱っぽい経験をしたことがある人は人口の一割もいるのだった

2017年7月 AFP 聖体拝領のパン、GM原料は可 グルテンフリーは不可 バチカン




→ 「宗教、信仰、創造説」2017年にはまだつづきがあります 

社会心理学 集団心理:
2016年〜2017年

ほか「社会心理学 集団心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』



2017年12月 懲罰は「協力」よりも「報復」を引きおこす 囚人のジレンマ実験が示す協力のメカニズム 北海道大学
 相手を認識できない「シャッフル」では裏切り選択が増加
 懲罰はむしろ懲罰返しや裏切りを誘導し,協力グループの形成を阻害
 「懲罰付きネットワーク」では,協力的な相手を認識する能力が低下,最終的な報酬(スコア)低下,協力選択と報酬的成功の関係が不明瞭に

「懲罰付きネットワーク」では、誰が味方(協力してくれる人)なのかの見分けがうまくいかなくなる
バッシングができるシステムだと「仕返し」で荒れやすくなり、全体の成果も懲罰なしの場合より乏しくなる

2017年12月 スラド 懲罰は報復を引き起こす


2017年12月 Nature Human Behaviour 
引くことはそれらのブートストラップによって上に推測する
  複数は1人の個人〈群衆からの推測のような〉から推測する 平均される時によりよい見積りを産出する 。 どのくらいすることができるか そのような唯我論の投票取り リアルの私達 いちかばちかの設定 ? 現在、incentivizedされた120万実世界の推測は、いくらの人々が、彼ら自身の見積りを再考してそれらの判断を改善できるかので、正しく見える。
2017年12月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why human society isn’t more—or less—violent than in the past
 人口サイズは、暴力において死ぬ人々の割合を決定する
2017年12月 Science 直感が理性より優先されるとき
 時間が限られたプレッシャー下で合理的な選択肢より直感で選択する者半数近く
2017年11月 Nature Human Behaviour 
 パターン逸脱反感を汚名と先入観と関係づける
 オーバーラップ 非社会的なパターン逸脱および社会的な逸脱への人々の反感 。
2017年11月 Nature Human Behaviour 

 相違性への人の反感
  新しい研究は、違う不規則性と嫌っている人々を含んでいる嫌っているビジュアルなパターンの間のリンクをある点で示唆する。私達がこの効果のパラメータをよりよく理解している必要がある それおよびその発達的な起源の後ろのメカニズム 。
2017年11月 「社会のルールの変化」に関わる脳機能ネットワークの一端を解明 玉川大学 日本医療研究開発機構
 fMRI
  提示された意見・情報を基にある規範に対する意識を人が変えるときにどのような脳の活動が生じているのか
 規範に対する賛成の度合いが下がる場合には側頭葉の一部(左中側頭回)の活動上昇
  頭頂葉の一部(左縁上回)には、規範に対する賛成度を表現している部位がある

2017年11月 朝日新聞 海外留学するとずるくなる? 「負の側面」と欧米の研究
 ずるさと関係が深かったのは海外にいた期間の長さではなく、住んだことのある国の数
 価値観が相対化される。偏見から自由になれると同時に道徳を見失うこともある
2017年10月 Science インターネットと政治的分極化
 多くの解説者は米国の政治的な偏光の増加を議論し、インターネットおよび社会的なメディアにそれの責任を負わせた。
Boxellなどは、1996から2016までの偏光の人口統計の変化を見るために、アメリカ国政選挙研究からのデータとピュー・リサーチセンターを用いた。
意外でもないが、より若い人々は年配者よりずっと速くインターネットおよび社会的なメディアを採用した。しかしいくつかの手段によって 65が、1996から2016までの偏光について、18から39までそれらが年老いたより多く増大したより古いそれら 。
従って、まだ完全に理解されているわけではない理由のために、インターネットおよび社会的なメディアを極少に使う傾向がある人々が、偏光の最も高い増加を受けた。
 どのような機序なのかはまだ解明されてはいないが、高齢者などネットアクセス頻度の低い(駆使力が拙い)人ほど、意見の極端化(集団成極化現象)に陥りやすいらしい
2017年10月 Nature Human Behaviour Brain response patterns to economic inequity predict present and future depression indices
 Toshiko Tanaka, Takao Yamamoto & Masahiko Haruno  春野雅彦
 経済の不公平への脳反応パターンは現および未来の不況インデックスを予測する
  不公平により引き起こされた扁桃体と海馬の脳活動により現および未来の不況インデックスが予測できることを示すために、機能的な磁気共鳴診断装置と経済のゲームと不況自己報告を結合する。
2017年10月 Nature Human Behaviour The unfairness of being prosocial
 prosocialであることの不公平
 新しい研究により、経済の意志決定の間の不公平への脳反応が現在のおよび未来の不況インデックスを予測できることが示される。神経の反応は、不況 特に のために prosocialである ほとんどの献身である傾向がある個人 の不公平追跡インデックスと関連した扁桃体において合わせて形づくる。
2017年10月 Nature Human Behaviour Statistically inaccurate and morally unfair judgements via base rate intrusion
 基準レート侵入を経た統計的に不正確なおよび道徳的に不公平な判断
 これらの基準レートが統計的に無関係な時にさえ、それらは、個人についての判断をする時に人々が社会的な基準レートに体系的に頼っているのを証明する。
 複数の救済策は、基準レート侵入のこのバイアスを取り除くために必要である。
2017年9月 Nature Human Behaviour The idiosyncratic nature of confidence
自信の特異な性質 行動の実験およびコンピュータ処理のモデリングを使うことによって、研究者は人の自信において個々の違いの体系的な説明を提供する。
2017年9月 スラド 貧しいほど独裁を求める?
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 相互作用および民衆を維持することと提供することの悲劇
 同一の誘因の下でさえ新しいものを提供するより、公益を維持する時に協力(『民衆の悲劇』)の低いレベルが体系的にありそうであることを示すために、実験とシミュレーションを用いる。
2017年8月 Science 協調的環境ガバナンス:社会生態学的システムにおける集団行動
 断片は、より多くの研究が必要なそのそこで残留大きい知識ギャップとキーエリアの外で環境管理と管理とポイントへの協力的なアプローチの利点と制約についての一般結論を提供する。
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 熟考のコストを変えるモデルにおいて、戦略的な無知とベイズの学習に関係する協力的な戦略の範囲が発展するかもしれない。 それは、直観的に離脱するけれども、選ぶことができるデュアルプロセス離脱者 協力する を含む。
2017年8月 Nature Human Behaviour 
  モデリングと実験は、戦略的な情報が『利他的な』協力を徐々に蝕むことができることを示した。見つけ出すためのコストの配布を変えるモデルを使うことによって、現在、情報が利己主義『戦略的』協力も促進できることが示される。
2017年8月 Science 最も有能で社会を幅広く代表する指導者を選ぶ
Electing the best and the broadest
 民主主義国は、非常に有能で、社会を広く代表したリーダーを選ぶことができるか?それらはスウェーデンですることができる。ダールボーなどは、1982から2010までの選ばれた50,000を含む全国または市役所への200,000人を超える候補のデータを使った。これらがonの個々のデータと認識で結合されたこと候補者およびそれらの両親についての性格特性、および社会経済学の情報。ファミリー背景のためにコントロールするいつでさえ、政治家は、より広い人口より、認識であるよりよい平均とリーダーシップスキルを示した。しかし、高い品質は排他的ではなかった:政治家は社会経済学のクラスの向こう側から非常に均等に引かれた。
2017年7月 Nature Human Behaviour 自分の努力で他者を助ける向社会的行動への無関心
 

 ヒトは、報酬が自らのものになる場合と他者に渡る場合に、自分が努力をするか否かをどのように選択するのだろうか?現実的な努力課題と計算モデルを用いた研究から、他者のために働こうとする動機付けは小さいことが判明した。
2017年7月 Nature Human Behaviour 行動学的政策介入を政治と関連づけるのは不適切
 


2017年7月 Nature Human Behaviour 心理学:他者のために体を動かすのは億劫
 

努力は高価である。人々は、物質的なまたは均一な心的努力のいくらかの手段を必要とする個人的な報酬の価値を減じる。研究所研究により、現在、他に役立つようにかみ合う時に身体的な努力が特に高価であることが示唆される。
人々がいとわない時でさえ、それが単に表面的な努力であっても、必要な作業であっても、意欲が絶たれる。
腐敗は行政機能を低下させ、経済発展を遅らせ、民主主義制度を歪める。腐敗のコスト、要因、解決法をモデル化した実験により、反腐敗戦略がときに逆効果となる場合があることが示された。
2017年7月 Nature Human Behaviour Corrupting cooperation and how anti-corruption strategies may backfire
2017年7月 Nature Human Behaviour 経済学:腐敗・汚職を可視化する
 

2017年7月 Nature Human Behaviour 協力関係の腐敗と反腐敗戦略が裏目に出るとき
 

2017年7月 EurekAlert Science トレンドセッターがいないとヒツジはついていかない
 自発的な早期採用者(natural early adopter:NEA)
 NEAたちは、自分たちが最初にアクセスを与えられなければ、その技術を使うのをやめる割合が非常に高くなる
 少人数の学生寮ほどこの効果が大きく、アクセスが遅くなる学生が多かった
  アクセスの遅いNEAの割合が高い学生寮ではそうしたNEAの割合が低い学生寮よりも、ビットコイン使用の経時的な低下が速かった。
2017年7月 Nature Human Behaviour 

行動の方針介入の置き違えられた政治について
  行動の方針介入の倫理の使用についての別動兵の形成影響信念けれども両方の米国おとなと行い政策立案者は、別動兵のキューを取り除く時に、軽いつつきで受け入れている。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 社会的なノルマとしての守りランク
 実験は、人々が不均衡を嫌うけれども、それら 快く、所得の均等を達成するために、設立された支配層を転覆させる であることを示すか?異文化間の実験は、ヒエラルキー保存が社会的なノルマであることを提案して、豊かと貧乏の間の資源を再配布する時に、若い年人から、繁茂した反転反感を表していることを示す。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 経済学:腐敗の顕在化
  世界中の多くの国は公共福祉の費用で重大な腐敗問題を持っている。実験的な経済研究により、現在、是認ただ乗りする人の代わりに賄賂を受け入れるようにリーダーに勧める条件が識別される。可能な反腐敗戦略がポジティブな効果があるかもしれないこと、失敗すること、または均一なバックファイア。
2017年7月 Nature Human Behaviour 

 堕落協力および反腐敗戦略はどのように逆効果となるかもしれないか
 彼らは、時々反腐敗戦略が逆効果となるかもしれないことを示して腐敗のコスト、原因、および治療法を実験的に作成する。
2017年7月 AFP 貧しい人々も平等に、でも平等すぎはだめ? 研究
 人物の立場が逆転するケースでは、被験者らは硬貨の移動をしたがらない傾向
 ヒエラルキーが、それぞれ個々人の中にあるストラクチャーへの心理的ニーズを満たし、その一方で集団という観点では、それは協力関係を増強する
2017年7月 Nature Human Behaviour 

 優勢者反転反感は社会を横切る再配分を抑制する
 人々は不均衡を嫌う。 しかし、もしこれが既存のヒエラルキーをリバースするならば、人々は個人の間の資源を再配布ししぶる。 異文化間の実験での 若い時代から、
2017年6月 Nature Human Behaviour 集団の意思決定における確信度のマッチング
 Confidence matching in group decision-making   doi: 10.1038/s41562-017-0117
 文化的に異なる状況(英国とイラン)で得られた行動データおよびコンピューターモデルから、2人1組で意思決定を行う際には、互いの意見を結びつけるために確信度のマッチングの経験則が用いられていることがわかった。
2017年6月 Nature 政治: 数学で民主主義を守る The mathematicians who want to save democracy
2017年6月 大学ジャーナル 利他主義者は素早く協力、利己主義者は時間をかけて協力 玉川大学
2017年6月 Nature Human Behaviour 社会ネットワーク上の位置付けの自発的な神経符号化
 Spontaneous neural encoding of social network position
 doi: 10.1038/s41562-017-0072
 社会ネットワーク解析とfMRIデータのマルチボクセル・パターン解析を組み合わせることにより、ヒトの脳は、ネットワーク内の相手との社会的距離、相手の固有ベクトル中心性、相手がネットワーク構成員間の結びつきをどの程度仲介するかを、自発的に符号化していることが判明した。



→ 「社会心理学 集団心理」2016年〜2017年にはまだつづきがあります 

進化心理学:
2017年

ほか「進化心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年11月 世界初!"利他的な罰行使者"と"攻撃的な罰行使者"の存在を明らかにし、両者で脳の形態的特徴に違いを発見 玉川大学
 20代から50代までの男女453名を対象にした実験 玉川大学脳科学研究所(所長:小松英彦)
 規範逸脱者を自分のコストをかけてまで罰する人には、規範を維持しようとする利他的な動機に基づく人と、規範逸脱者に苦悩を与えたいという攻撃的な動機による人の2タイプがいる
 攻撃的な動機によった人たちのほうが大脳基底核にある左尾状核が大きい
2017年9月 2種類の評判への関心と日常の利他行動の関連
 周りから好かれたい人、嫌われたくない人ほど人助けをよくするか 京都大学
 悪い評価・評判を避けたいという「拒否回避欲求」の高い人ほど他人への利他行動を取らない
2017年9月 朝日新聞 被災した若者は、人の役に立つ仕事志す 米チームが論文
2017年9月 Nature Human Behaviour 
 何が、誰かが最前線に進んで入ることに動機となるか イスラム状態に対して戦う ?
  新しい研究によって、3つの注目せずにはいられない理由が見つかる:
いくつかの神聖な価値への関与
それらの同じ価値のための彼ら自身の親族への関与を見捨てる、
そして、敵のそれに比べての人の自身のグループのスピリチュアルな力の信念。
2017年9月 Nature Human Behaviour 

 最前線の戦闘機と非戦闘員の研究により、集団間の衝突の戦いとダイスへの自発性が神聖な価値のための物質的な懸念の犠牲、および内集団と相手の気づかれているスピリチュアルな力と関連することが示される。
2017年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why do people die fighting for a cause?
2017年9月 Nature Human Behaviour 
 多くの研究により、利他的な協力およびフリーライド・スキーヤーの利他的な処罰のため人の協力が養育されることが示された。
  研究により、設立された社会的な善のメンテナンスにおいて現在社会的な善の初期の供給での協力と協力の間の重要なasymmetriesが示される。
2017年8月 【日本語ブログ】他人に与えると気分が良くなる脳内機構
2017年8月 Nature Human Behaviour 
  モデリングと実験は、戦略的な情報が『利他的な』協力を徐々に蝕むことができることを示した。見つけ出すためのコストの配布を変えるモデルを使うことによって、現在、情報が利己主義『戦略的』協力も促進できることが示される。
2017年7月 Nature Human Behaviour 自分の努力で他者を助ける向社会的行動への無関心
 

 ヒトは、報酬が自らのものになる場合と他者に渡る場合に、自分が努力をするか否かをどのように選択するのだろうか?現実的な努力課題と計算モデルを用いた研究から、他者のために働こうとする動機付けは小さいことが判明した。



→ 「進化心理学」2017年にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー