人類学:
形質人類学系

ほか「人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2016-02 LiveScience Race Is a Social Construct, Scientists Argue
人種は社会的構成物
2015/03 EurekAlert The challenges for anthropologists when they're the expert in the courtroom 人類学者のための彼らが法廷の専門家であることの挑戦
2012/05 EurekAlert University of Tennessee anthropologists find American heads are getting larger
アメリカ人の頭部サイズが増大している
 1980年代の半ばを通して1800年代の半ばまでさかのぼる1,500の頭蓋骨を調べました。
 米国頭蓋骨が、前部から見られるように、より大きく、より高くより狭くなって、表面がかなり狭くより高くなった
2012/06 National Geographic Americans' Heads Getting Bigger
白いアメリカ人の頭蓋骨は、潜在的に追加の脳のテニスボールの価値を収容するのに十分成長しているので、専門家は言う。
2012/06 【日本語記事】National Geographic 人類の頭蓋骨が大型化している?

2012/04 EurekAlert Study finds significant skull differences between closely linked groups
密接にリンクされたグループの重要な頭蓋骨の差を見つけます。
 頭蓋骨が雄である、または女性であると正確に認識するために、法人類学者は男性の、そして、女性の頭蓋骨の特性が人口の間でどう異なるかに関する良い理解を必要とします。
 地理的にお互いの近くにある人口の間でさえ、これらの違いが重要な場合がある。

2010/10 Anthropology graduate program rankings
人類学大学院過程ランキング
2009/10 ABC@オーストラリア Fast runners have shorter heels
走りの速い人は、かかとが短い
足首の構造と爪先の長さ。
2009/10 Anthropology.net Kambiz Kamrani
Long Toes & Short Ankles Help Sprinters Accelerate Faster
長い爪先と短い足首は、スプリンターが、より速く加速するのを助けます。
2009/10 EurekAlert Short heels make elite sprinters super speedy
2009/11 EurekAlert Longer toes, unique ankle structure aid sprinters
より長い爪先、ユニークな足首の構造援助スプリンター
フロリダ州立大学の人類学部閉鎖!? (Florida State University)
 2009/04 【日本語ブログ】水中考古学
2007/11 【日本語記事】朝日新聞 「緑の黒髪」遺伝子あった 東大チーム、米学会で発表
 アジア系に多い黒い、太い、直毛 に関係する遺伝子
 東京大学・徳永勝士(人類遺伝学)、大学院生の藤本明洋さんらの研究チーム
 毛髪の形状に直接かかわる遺伝子が具体的に示されたのは、初めて
http://www.asahi.com/science/update/1120/TKY200711190367.html
2007/09 Anthropology News 48(6) Nicholas Wade Speaks to Leakey Audience
リーキー基金の集会で語るニコラス・ウェイド
Productive Dialogue or Dangerous Advocacy?
生産的な対話または危険な主張?
Rachel Dvoskin  ・ニコラス・ウェイド
Toc 日本人類学会報 Vol. 115, No. 1, April 2007

■Somatotypes of young male athletes and non-athlete students in Yogyakarta, Indonesia
 ジョグジャカルタ(インドネシア)における若い男のスポーツマンと、アスレートではない学生の体型
Neni Trilusiana Rahmawati, Santosa Budiharjo, and Kumi Ashizawa
■Effects of erect bipedal standing on the morphology of rat vertebral bodies
 二足直立姿勢がネズミの脊椎と肉体の形態学におよぼす影響
Changde Shi, Akiyoshi Matsumura, Hideo Takahashi, Masaki Yamashita, and Tasuku Kimura
■Glenohumeral joint surface characters and its relation to forelimb suspensory behavior in three ateline primates, Ateles, Lagothrix, and Alouatta
 肩の関節表面特徴、そして、3つのateline霊長類、クモザル、ウーリーモンキー、そして、ホエザルにおける前肢懸垂帯行動に対するその関係
Miyuki Kagaya
■Non-metric dental trait variation among local sites and regional groups of the Neolithic Jomon period, Japan
 ローカルサイトの中の非メートル法の歯の特性バリエーション、そして、局所のグループの新石器時代の縄文期間(日本)
Hirofumi Matsumura
■Non-metric dental variation of Sakishima Islanders, Okinawa, Japan: a comparative study among Sakishima and neighboring populations
 先島島民、沖縄、日本の非メートル法の歯のバリエーション:先島、そして、近隣の母集団の中の比較研究
Kuniaki Haneji, Tsunehiko Hanihara, Hajime Sunakawa, Takashi Toma, and Hajime Ishida
■Low AMTL ratios in medieval Japanese dentition excavated from the Yuigahama-minami site in Kamakura
 由比ヶ浜南遺跡・鎌倉から掘り出される中世の日本の歯列における低いAMTL比率
Joichi Oyamada, Kazunari Igawa, Yoshikazu Kitagawa, Yoshitaka Manabe, Katsutomo Kato, Takayuki Matsushita, and Atsushi Rokutanda
■Functional significance of bone distribution in the human mandibular symphysis
 ヒトあごの癒合における骨分布状態の機能の重要性
Hitoshi Fukase
■Social relationships of male Japanese macaques (Macaca fuscata) in different habitats: a comparison between Yakushima island and Shimokita peninsula populations
 オスのニホンザル(Macaca fuscata)がみせる生息地によって異なる社会的関係:屋久島と下北半島集団の比較
Shiro Horiuchi
■Effects of aging on gait patterns in the healthy elderly
 健康な高齢者における歩きぶりパターンの老化の影響
Tasuku Kimura, Hiromitsu Kobayashi, Eijun Nakayama, and Michiko Hanaoka

Anthropological Science (Japanese Series) Vol. 115 (2007) , No. 1

■日本における北方研究の再検討  ―自然誌―自然と文化の人類学―の視点から―  煎本 孝
■中世日本人上顎洞の古病理学的研究   静島 昭夫
■沖縄県久米島ヤッチのガマ・カンジン原古墓群から出土した近世人骨の変形性脊椎関節症   諸見里 恵一, 譜久嶺 忠彦, 土肥 直美, 埴原 恒彦, 西銘 章, 米田 穣, 石田 肇
■児童の道具操作における速度・正確性トレードオフの発達変化  ―なぞり書き,折り紙,シール貼りの3つの課題から―  奥住 秀之, 國分 充, 島田 恭子

2007/02 【日本語記事】 Nature@日本 進化 : こいつは家族ではない
 ヒトは「血縁指標」を算出するために2種類の手がかりを用いている
2007/02 EurekAlert UCSB study on sibling detection mechanism highlighted in Nature
2007/02 ABC@オーストラリア Scientists explain why incest revolts us
進化:ヒトの血縁感知機構の基本構造
2007/02 Nature The architecture of human kin detection
マオリ族の生首ミイラコレクター
2006/11 Images of Empire & the Maori Head collector | Anthropology.net



→ 「人類学」形質人類学系にはまだつづきがあります 

生態系、遺伝子プール、生物多様性:
2016年1〜3月

ほか「生態系、遺伝子プール、生物多様性」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2016-03 Nature News  Ecology: Pesticides alter bee foraging

2016-03 National Geographic JP  竹にCO2削減効果ないとの研究成果
2016-03 National Geographic JP  地球の半分を自然保護区に、著名生物学者が提言
 E・O・ウィルソン
2016-03 National Geographic JP  10年で世界の魚の数を回復できる、研究報告
2016-03 National Geographic How Our Favorite Fish Could Recover in a Decade
2016-04 ワイアード 乱獲続く漁業を10年で回復する「良識ある」改革
2016-03 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 幼生分散の定量化で「海底温泉」の生態系を救え!
2016-03 Science 季節と日々の天候が高度勾配によって生物種に特異的な影響を及ぼす
2016-03 EurekAlert Science 日々の気温変動と季節の気温変動に対する許容度で適応度が決まる
2016-03 NatureJP 宿主を生かす海洋ファージ
2016-03 NatureJP 循環型経済:無駄な廃棄物のない世界
2016-03 National Geographic The World's Largest Whale Sharks Are Disappearing  
2016-03 National Geographic JP  ジンベエザメが小型化と研究報告
2016-03 BBC News Ash tree set for extinction in Europe
 トネリコはヨーロッパで絶滅する
2016-03 AFP 気温上昇に伴う植物のCO2排出増「想定以下」
2016-03 National Geographic JP 「赤い象牙」もつサイチョウ、密猟で絶滅の危機に
2016-03 National Geographic Corals Are Dying on the Great Barrier Reef
2016-03 National Geographic JP 世界最大のサンゴ礁で大量死、豪政府が緊急対応
グレート・バリア・リーフで過去に例をみない大量死がこの夏の猛暑により起こっていると報告され、オーストラリア政府は急きょ最高レベルの対応を決定した。
2016-03 BBC News Barrier Reef hit by 'worst' bleaching

2016-03 Science/AAAS  Climate change has been good for winemakers, but that may be changing
 気候変化はワイン醸造専門家に良かったけれども、それは変わるかもしれない
2016-03 Science/AAAS  Wild relatives of key c rops not protected in gene banks, study finds
 遺伝子銀行、キー作物の野生の親族は保護されなかった
 Crop cousins face growing threats in home ranges
2016-03 Nature News  Crop science: Plant banks miss crucial seeds

2016-03 AFP 米全土の600万人、鉛汚染水を摂取 米紙報道
2016-03 毎日新聞 特定外来生物22種に アリゲーターガーなど追加
2016-03 Nature 魚類の産卵海域に集まる多様な発声性海生哺乳類種の大群
  Vast assembly of vocal marine mammals from diverse species on fish spawning ground
2016-03 NatureJP 摂餌場に集まる海の捕食者たち
2016-03 Nature 海洋酸性化の改善はサンゴ礁の純石灰化を増進する
  Reversal of ocean acidification enhances net coral reef calcification
2016-03 NatureJP サンゴに対する海洋酸性化の影響
2016-03 Science/AAAS  Some trees could help fight climate change

2016-03 Science/AAAS  Most species that disappear today will leave no trace in the fossil record
 現代において、絶滅するほとんどの種は、後世にまったく化石を残さずに消え失せる
2016-03 Science/AAAS  U.S. agencies need better data to protect bees, watchdog says
2016-03 AFP 2012年の世界の死因、約4分の1が環境関連 WHO
 死者数の23%に当たる1260万人
 自殺を含む故意に加えられた傷害による死者が、24万6000人
 農薬の使用は世界の自殺の3分の1
2016-03 AFP 太平洋の違法操業によるマグロ漁獲高、年間840億円
 7億4000万ドル 南太平洋フォーラム漁業機関(Pacific Islands Forum Fisheries Agency、FFA)
2016-03 Science/AAAS Iron-eating fungus disintegrates rocks with acid and cellular knives
 鉄食事菌類は酸性のおよび細胞のナイフで岩石を崩壊させる
2016-03 Science/AAAS  U.S. needs Robin Hood approach to saving endangered species, researcher argues
 米国には、危険にさらされた種保存へのアプローチにロビン・フッドが必要
フェアリーサークル
2016-03 Science/AAAS ‘Fairy circles’ spotted in Australia
 神秘的な現象は、一度も、アフリカ外ので見られたことがなかった
2016-03 豪州ABC Rare 'fairy circles' discovered in outback Australia
 オーストラリア
2016-03 LiveScience Can Australia's Fairy Circles Settle an Ecological Mystery?
2016-03 National Geographic JP 猛毒かけ捕獲、米輸入熱帯魚の7〜9割
米国が輸入する観賞用熱帯魚の最大で9割が猛毒のシアン化物を使って捕獲されているという。
2016-03 読売新聞 絶滅危惧種ナベヅル、なぜか四国に大量飛来
2016-03 Science/AAAS  Can a long-dead reverend help save Amazonia’s freshwater dolphins?
 長い間死んでいる尊い助けは、アマゾンの淡水イルカを保存できるか?
 人口傾向を追跡するために、研究者はベイズの定理に達する
2016-03 京都新聞 琵琶湖全循環、今春大幅遅れ 暖冬で湖面冷却不足
 琵琶湖で表層の水と湖底の水が完全に混ざり合う「全循環」
 深い湖底まで酸素が行き届く年に一度の貴重な現象で、例年1〜2月に確認できていたが、今年は暖冬の影響で遅れていた。
2016-03 BBC News Tree planting 'can reduce flooding'
 植林は洪水を減らす
ヨーロッパミズナギドリ
2016-03 BBC News Europe's rarest seabird 'faces extinction'
2016-03 BBC News China clue to white-nose syndrome
 コウモリの白鼻病 中国?
2016-03 豪州ABC Skulls indicate dingoes 'probably aren't going to disappear' through cross-breeding
 頭蓋骨は、ディンゴ異種交配して、『たぶん、消えようとしていない』を示す
2016-03 EurekAlert Science プラスチックを食べる細菌によるPETの分解
 Ideonella sakaiensis 201-F6と名付けられたその細菌は、気温30℃、6週間で薄いPETフィルムをほぼ完全に分解することができる
2016-03 朝日新聞 ペットボトルを食べる細菌発見 「分解できぬ」定説覆す
2016-03 豪州ABC Newly discovered plastic-eating bacterium can break down PET
2016-03 読売新聞 ゴミ捨て場で発見、ペットボトル分解菌
2016-03 財経新聞 ペットボトルを食べる細菌「サカエンシス」発見
2016-03 NatureJP 気候に敏感な生態系が特定された
2016-03 AFP ソマリアで20年ぶりゾウ確認 危険かいくぐり数百km移動
2016-03 深海1万メートルは“騒音”だらけ マリアナ海溝最深部で調査  (ITmedia ニュース)
2016-03 Nature News Five million US seeds banked for resurrection experiment
  Project Baseline will monitor effects of climate change on plant evolution.
2016-03 Nature 米国で、植物が気候変動などの人為的な活動に対してどのように適応したかの解明を目指す、大規模な種子バンク計画が。
  Five million US seeds banked for resurrection experiment

2016-03 Nature 気候変動への植生の応答
  Vegetation's responses to climate variability
2016-03 Nature 気候変動に対する全球の陸上生態系の感受性
  Sensitivity of global terrestrial ecosystems to climate variability
2016-03 National Geographic JP  マナティー過去最多6000頭超に、米フロリダ
2016-03 AFP アフリカの農作物、気候変動で危機に 研究
2016-03 Nature News Climate change: Climate shift for African farming

2016-03 AFP 最後の野生馬、絶滅の縁からロシアの大草原に帰還
 モウコノウマ(蒙古野馬)6頭
2016-03 BBC News Orangutan population up - threats remain
 上がるオランウータン人口-脅威は残留する
2016-03 BBC News Less poaching but elephants decline
 牙の密漁で殺されるゾウの数は安定させたけれども、種全体の数は下落し続けた。
2016-03 BBC News Fears over Facebook wildlife trade
 環境保護活動家は言う。それらは、危険にさらされた種での貿易のためのオンラインの市場としてFacebookの出現について心配している。
2016-03 朝日新聞 海水からマアジの居場所わかる 舞鶴湾でDNA分析
2016-03 Nature News  Hearing is fearing for raccoons
 恐怖をアライグマに教え込むために、1ヶ月の間カナダのビクトリアの大学のジャスティンSuraciおよび彼の同僚が、様々な島岸の上の犬発声を放送する。彼らは、これらの位置で、アライグマが捜し回ることが大幅に減少すると気付いた…
2016-03 Science/AAAS Coral reefs scatter light like forests
 サンゴ礁は森林のようなライトを散乱させる



→ 「生態系、遺伝子プール、生物多様性」2016年1〜3月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー