五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚:
2015年1〜6月

ほか「五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


なぜ「色」を覚えるのは難しいのか
 脳が無意識に「標準的な色」に偏って色を記憶している
2015/06 Why some colors appear more memorable than others: A model combining categories and particulars in color working memory.
2015/06 豪州ABC Music a universal language? Not quite
音楽、世界語? 全く。
ザ・サウンド・オブ・ミュージック: 音楽はしばしば「人類の世界語」にほめ立てられますが、それが全く本当であるというわけではないと判明します。
2015/06 Science/AAAS The secret to groovy drumming may be math グルーヴィーなドラムの秘密は数学であるかもしれません。
速度と高らかのわずかな変化はフラクタルパターンに続いて起こります。Slight variations in tempo and loudness follow fractal patterns
2015/06 BioToday コンタクトレンズ使用と上まぶたがより垂れ下がることが関連
2015/06 豪州ABC The sound of one ear ringing
 たった今、あなたの耳は、たぶんあなたの指紋と同じくらいユニークな音を取り囲んでいます。 そして、それは耳鳴ではありません。
2015/06 毎日新聞 名古屋大:似顔絵、記憶の変化再現 米科学誌発表/愛知
2015/06 財経新聞 サルにもヒトと同じように「盲視」が起きていることが明らかに
2015/06 豪州ABC Bionic ear could harness brain's 'octopus cells' to improve sound 人工の耳は、音を改良するのに脳の'蛸の細胞'を利用するかもしれません。
2015/06 スラド 顔認識システム、鳥界へ進出  コーネル大学のコーネル鳥類学研究室
2015/06 豪州ABC Enhanced visual ability in babies points to autism 赤ん坊の強化された視覚能力は自閉症を示します。 9ヶ月時点
2015/06 朝日新聞 顔の特徴を言葉にすると記憶をゆがめる可能性 名古屋大チーム、米科学誌に発表
2015/06 財経新聞 人の顔の特徴を言葉で表すと記憶が歪められる―名大
2015/05 Nature 感覚野のニューロン集団へのニューロンの多様な共役  Diverse coupling of neurons to populations in sensory cortex
2015/05 BioToday 幸せは匂いを介して伝播しうる〜嫌な気分も同様
2015/05 Evolution and Human Behavior
 Facing our ancestors: judgements of aggression are consistent and related to the facial width-to-height ratio in men irrespective of beards
 私たちの先祖に面しています: 攻撃性の判断は、あごひげの如何にかかわらず男性で顔の横縦比に一貫して関連しています。
2015/05 Evolution and Human Behavior
 The low male voice is a costly signal of phenotypic quality among Bolivian adolescents
 低い男声はボリビア人の若者の中の表現形品質の高価な信号です。
2015/05 朝日新聞 3D映画の「映像酔い」なぜ? 京大など脳の活動解明
2015/05 映像に酔うと右脳と左脳の活動が乖離する現象を発見 -安全で快適な高臨場感映像技術開発の足がかりに- — 京都大学
2015/05 朝日新聞 3D映像、脳のリズムにずれ 「映像酔い」解明に一歩
2015/05 Extreme metal music and anger processing
 ヘビメタで鬱憤解消  メタル音楽と怒りの処理
2015/05 Nature 聴覚弁別課題の学習獲得時に見られる皮質線条体シナプスの選択的可塑性
Selective corticostriatal plasticity during acquisition of an auditory discrimination task
2015/05 BioToday うるさい環境では食べ物の甘味が抑えられてうま味が高まる
2015/05  Medical Daily 笑顔で国籍が判明する!? 研究者「日本人は笑顔が消えることに敏感」
Reasons To Smile: Immigrants Show More Positive Facial Expressions To Overcome Language Barrier
2015/05 理研 “感じる脳”のメカニズムを解明  皮膚感覚を司る神経回路の発見
 マウスの肢を刺激した時に脳内で起こる神経活動を単一神経細胞レベルから回路レベルまで包括的に測定
 内因性トップダウン入力と外因性ボトムアップ入力が同じタイミングで連合する神経活動は観察されず
 皮膚感覚の情報が外因性ボトムアップ入力としてS1から高次脳領域に送られた後、再びS1へ「外因性のトップダウン入力」として自動的にフィードバックされる反響回路を発見
 光遺伝学的手法を用いてこの外因性トップダウン入力を抑制したところ、マウスは皮膚感覚を正常に知覚できなく
2015/05 財経新聞 理研、皮膚感覚を知覚する脳の神経回路メカニズムを解明
2015/05 AFP 赤い服の男性は怒って支配的に見える、英研究
2015/05 NatureJP  飢餓と口渇に対する混合した応答
2015/05 財経新聞 日本人児童の顔認知は13歳程度で成熟 人種で相違がある可能性
2015/05 EurekAlert Science 学童期における「顔認知」の発達過程を詳細に解明 
2015/05 Science/AAAS  From James Taylor to Taylor Swift: Music evolves like biological organisms
2015/05 豪州ABC Mathematics charts the rise of hip-hop
 ここ50年間で現れるすべての音楽スタイルでは、ヒップホップのようになにも米国を武力制圧しませんでした。
2015/05 BBC News Evolution of 50 years of pop tracked
2015/05 NatureJP ショウジョウバエ幼虫の多感覚回路



→ 「五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」2015年1〜6月にはまだつづきがあります 

性格/性向/感情/幸福感:
2015年1〜6月

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015/06 Emotional brains ‘physically different’ to rational ones
 論理脳の人と感情脳の人とでは脳が物理的に異なっている  Monash University
 情動的共感機能のレベルが高かった人は、島葉(音楽や芸術に感情的に反応したり空腹のような体の状態を読み取ったりする)
 認識的共感機能のレベルが高かった人は、中帯状回(社会的情報を処理する脳半球と意思決定を手伝う脳半球をつなぐ脳の部分)
2015/06 Science/AAAS マウスの視神経経路におけるパルブアルブミン発現陽性細胞の興奮性投射は恐怖反応の生起に寄与する
2015/06 O型はアルツハイマー病にかかりにくい?
  ‘O’ blood type is associated with larger grey-matter volumes in the cerebellum   ‘O'血液型は小脳の、より大きい頭脳ボリュームに関連しています。
 ‘O'大人達は小脳の後部の腹側部の中に2個の対称のクラスタにより大きい頭脳ボリュームを持っていました。
  非‘O'大人達は左の海馬状隆起を含む時の、そして、辺縁系の領域に下側のボリューム値を示しました。
2015/06 Medエッジ ギャンブル依存症の人は「思い込み」で衝動的に賭けてしまう、ドイツの研究報告
2015/06 Nature オキシトシンのハードサイエンス
The hard science of oxytocin
2015/06 大笑いする人、クスッと笑う人、笑わない人、「短い遺伝子」が影響していた
 Quick To Laugh Or Smile? It May Be In Your Genes
2015/06 Short Alleles, Bigger Smiles? The Effect of 5-HTTLPR on Positive Emotional Expressions.
2015/06 本川・社会実情データ図録 「チャレンジ」派か、それとも「平穏無事」派か
  年齢を重ねると「平穏無事」派が多くなる。
  時系列では若者の「平穏無事」派、50歳以上の「チャレンジ」派の増加が目立つ
2015/05 BioToday 幸せは匂いを介して伝播しうる〜嫌な気分も同様
2015/05 朝日新聞 「更生」「立ち直り」使わないで ギャンブル依存症患者ら「病気へ偏見生む」
 「ギャンブル依存症は病気であり、個人の資質や性格が原因とみなす表現は解決を遠のかせ、偏見や誤解を生む」
2015/05 Extreme metal music and anger processing
 ヘビメタで鬱憤解消  メタル音楽と怒りの処理
2015/05 Evolution and Human Behavior
 Does a competent leader make a good friend? Conflict, ideology and the psychologies of friendship and followership
 有能なリーダーは良い友人になりますか? 友情とフォロアシップの闘争、イデオロギー、および性格
2015/05 Medエッジ 「完璧主義者」も3つのタイプ ネガティブな面に注意
 「自己指向」
 「社会規定型」
 「他者指向型」 他者が完璧であるよう期待するだけでなく、期待に応えられない者に対しては極めて批判的
2015/05 スラド 他人の不幸を喜ぶ感情、2歳児にも備わっている
2015/05 AFP 赤い服の男性は怒って支配的に見える、英研究
2015/05 NatureJP グッド・タイムズ、バッド・タイムズ:肯定的または否定的な連合は脳内でどのように配線されているのか
2015/05 ワイアードビジョン 性格は「腸内細菌」によって決まる 「サイコ・バイオティクス」
2015/04 Fermented foods, neuroticism, and social anxiety: An interaction model.
 発酵食品、ニューロティシズム、および社会不安: 相互作用モデル。
2015/04 Science/AAAS  Can unrest be predicted?
2015/04 財経新聞 筑波大、雄マウスの攻撃行動の強度を制御しているメカニズムを明らかに
2015/04 NatureJP : オキシトシンと母性行動
 マウスが仔を回収する行動
  オキシトシンが仔の鳴き声への皮質の応答性を調節しており、その働きは左の聴覚野に特異的である
2015/04 Nature 皮質オキシトシンの光と陰
The yin and yang of cortical oxytocin
2015/04 Nature オキシトシンは皮質で抑制のバランスを取ることで母性行動を可能にする
Oxytocin enables maternal behaviour by balancing cortical inhibition



→ 「性格/性向/感情/幸福感」2015年1〜6月にはまだつづきがあります 

老化の科学、高齢者の心理:
2015年1〜6月

ほか「老化の科学、高齢者の心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015/06 NatureJP 二重の保護:がん化への道を阻む細胞老化とクライシスという障壁の仕組み
2015/06 O型はアルツハイマー病にかかりにくい?
  ‘O’ blood type is associated with larger grey-matter volumes in the cerebellum   ‘O'血液型は小脳の、より大きい頭脳ボリュームに関連しています。
 ‘O'大人達は小脳の後部の腹側部の中に2個の対称のクラスタにより大きい頭脳ボリュームを持っていました。
  非‘O'大人達は左の海馬状隆起を含む時の、そして、辺縁系の領域に下側のボリューム値を示しました。
2015/06 MT Pro 中等度認知機能障害を抱える高齢ドライバーの存在が明らかに/第57回日本老年医学会学術集会
2015/06 MT Pro 85歳以上の男性の半数はサルコペニア/第57回日本老年医学会学術集会
2015/06 BioToday [医学] 喘息治療失敗リスクは歳を経る毎に高くなっていく
2015/06 BioToday [医学] 脳全域の神経細胞密度は歳をとっても変わらず一定/In Vivo試験
2015/06 MT Pro 歩行可能な高齢患者の「背部」に褥瘡?!―その意外な原因とは/国立長寿医療研のグループが新概念を提唱
 特定の薬剤の作用が褥瘡の発生に関連している「薬剤誘発性褥瘡」
老化を「治療対象」に
2015/06 news@nature.com Anti-ageing pill pushed as bona fide drug Regulators asked to consider ageing a treatable condition.
 老化は治療可能な「疾患」なのかを探るため、米国でメトホルミンの効果を評価する長期で大規模な臨床試験が。
2015/06 BioToday [医学] 転倒で脊髄損傷を被る高齢者が米国で過去20年間に大幅に増加
2015/06 MT Pro 日本老年学会が高齢者の定義見直しを提言へ/今年度内に正式声明を発表
2015/06 毎日新聞 細胞の老化:遺伝子「メチル化」原因 「若返り」研究に役立つ? 筑波大など発表
2015/06 スラド 筑波大学、ヒトの老化の仕組みの新仮説を発表
 この現象が確認されたのは、繊維芽細胞の呼吸活性低下の仕組みに関する ものだけで、ほかの細胞の老化現象にも該当するかどうかは今後の研究にかかってい るようだ

2015/05 Science 疑われる『若返り』タンパク質
2015/05 news@nature.com 'Young blood' anti-ageing mechanism called into question A protein in the blood of young mice that seemed to rejuvenate older animals may do the opposite.
疑われた「若い血アンチエンジングメカニズム 高齢動物を若返らせるように思えた若いネズミの血液の中のタンパク質は正反対をするかもしれません。
2015/05 Science/AAAS Doubts cast on 'rejuvenating' protein Factor reported to explain how young blood restores muscle has opposite effect in another lab  若い血が筋肉を回復すると報告された要素は、別の研究室に逆効果を持っています。

2015/05 スラド 若い血を取り入れると自然治癒力が上がる?


2015/05 MT Pro 地中海食による高齢者の認知機能改善をRCTで確認/強化食品により向上した認知機能異なる
2015/05 BBC News Exercise 'buys five years for elderly'
 老年における定期的な運動はタバコをやめるのと同じくらい強力な影響を平均余命に与えます。
2015/05 BioToday 米国老人の怪我による死亡の半数超が転倒による〜その発生は増加
2015/05 【日本語記事】Record China  韓国・ソウルは高齢化が深刻、「子どもの倍の速さで高齢者が増加している」―韓国メディア
2015/05 中央日報@韓国  ソウルの「独居老人」25万人…毎年増加傾向
2015/05 中央日報@韓国  ソウルの高齢者人口、幼少年人口を超越し…平均年齢40.2歳



→ 「老化の科学、高齢者の心理」2015年1〜6月にはまだつづきがあります 

妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産:
2015年1〜6月

ほか「妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015/06 毎日新聞 <高齢流産>たんぱく質「コヒーシン」減少が主原因
 卵子内の染色体同士を結びつけるたんぱく質「コヒーシン」
2015/07 加齢に伴う卵子異常解明 理研、流産の原因 - 47NEWS
2015/06 AFP HIVと梅毒の母子感染を撲滅、キューバで世界初 WHO
2015/07 BBC News Cuba stamps out mother-to-child HIV
2015/06 Medエッジ 水中出産のリスク、生まれたばかりの赤ちゃんがレジオネラ感染症で死亡
2015/06 BioToday 帝王切開のせいで自閉症リスクが高まるわけではない
2015/06 BBC News Warning over drinking in pregnancy  妊婦の飲酒
2015/06 豪州ABC Mum's high-fibre diet may protect child against asthma おかあさんの高繊維食事は喘息に対して子供を保護するかもしれません。
 高繊維食事を食べると、母親の腸バクテリアは妊娠中に変化します。(順番に、腸バクテリアは喘息を患うのから彼女の胎児を保護するのを助けるかもしれません)。
2015/06 BioToday [医学] 周産期うつ病に先立って精神症状がたいてい認められる
2015/06 中央日報@韓国 日本の出産率、1.42人に…韓国はOECDで最下位 
2015/06 へその緒を切るのを2、3分遅らせよ、4歳のときの運動能力と社会性評価が高まる
 Effect of Delayed Cord Clamping on Neurodevelopment at 4 Years of Age: A Randomized Clinical Trial.
2015/06 BBC News Eating placenta 'has no benefits'
出産の後に胎盤を食べると、うつに対して女性を保護して、エネルギーを上げることができるという証拠が全くありません。
2015/06 AFP 出産後の胎盤摂取、効果に裏付けなし 米大学研究
2015/06 BioToday [医学] 産後女性が自分の胎盤を食べる行為の有益効果は示されていない
2015/06 去年の出生率1.42 子どもの数過去最少に NHKニュース
2015/05 BBC News Canadians face midwife shortages  カナダの州の助産婦の恐ろしい不足
2015/05 Science 胚は母親を飲み込んで付着する
2015/05 BioToday [医学] 妊婦の手術に伴う死亡や合併症リスクは非妊婦と変わらず
2015/05 BioToday [医学] 妊娠中の抗精神病薬使用で妊婦/周産期有害転帰リスクは高まらず
2015/05 BioToday 早産児の生存や障害なし生存の病院間差に病院の治療率の差が寄与
2015/05 時事通信 子どもの人口、34年連続減=1617万人で過去最少―総務省




→ 「妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産」2015年1〜6月にはまだつづきがあります 

うつ病、躁鬱病、自殺:
2015年1〜6月

ほか「うつ病、躁鬱病、自殺」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

2015/06 朝日新聞 若者自殺、減り方鈍く 18歳以下は夏休み明けなど突出
2015/06 news@nature.com Activating happy memories cheers moody mice
 Findings could help researchers to target the neural mechanisms behind depression.
2015/06 理研 光遺伝学によってマウスのうつ状態を改善  楽しかった記憶を光で活性化
2015/06 時事通信 脳細胞を光で刺激、うつ改善=「楽しい記憶」再現、マウスで 理研
2015/06 毎日新聞 うつ:楽しい記憶で改善 理研、マウスで確認
2015/06 読売新聞 楽しい記憶でうつ改善…利根川チーム、マウスで成功
2015/06 Nature 快記憶エングラムの活性化によってうつ様行動を抑制する
  Activating positive memory engrams suppresses depression-like behaviour
2015/06 BBC News Happy memories 'perk up' stressed mice
2015/06 BioToday [医学] 良い出来事の記憶の活性化でストレスによるうつを抑制しうる
2015/06 NatureJP 快い記憶はうつ様行動を抑える
2015/06 財経新聞 楽しかった記憶を刺激すると、マウスのうつ症状が改善 理研
2015/06 豪州ABC Caffeine combats stress, may help prevent depression and memory loss カフェインはストレスと戦って、うつと記憶喪失を予防します
2015/06 読売新聞 抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方
2015/06 AFP 芸術的創造性、精神疾患と共通の遺伝子で発現か アイスランド研究
 芸術的な創造性は、根源となる遺伝子を統合失調症や双極性障害(そううつ病)と共有している可能性がある
 オランダとスウェーデンで約3万5000人を対象に行われた別の研究4件でも、今回の調査結果を裏付けるデータが得られている。
2015/06 豪州ABC Creativity and psychosis share a genetic source
2015/06  Polygenic risk scores for schizophrenia and bipolar disorder predict creativity.
2015/07 【日本語ブログ】精神疾患と創造性との遺伝的関係
2015/06 BBC News Eating placenta 'has no benefits'
出産の後に胎盤を食べると、うつに対して女性を保護して、エネルギーを上げることができるという証拠が全くありません。
2015/06 AFP 出産後の胎盤摂取、効果に裏付けなし 米大学研究
2015/06 AFP 10代のいじめ経験、成人後のうつ病と関連性 英研究
2015/06 豪州ABC Teenage bullying linked to adult depression
2015/06 BioToday 頻繁にいじめられた子は若い大人の頃のうつ病リスクが2倍以上高い
2015/05 BBC News Depression makes heart failure worse  うつで悪化する心不全
2015/05 朝日新聞 心の健康度、スマホで携帯で 神奈川県、若い世代の自殺予防へ  「こころナビ」
2015/05 読売新聞 認知行動療法、行政・医療の7割「ニーズに対応できず」
2015/04 BioToday 否定的気分をやり過ごす認知療法で薬以上にうつ再発を抑制しうる
2015/04 豪州ABC Mindfulness 'as good as medication' for chronic depression
 慢性のうつに、'薬物療法と同じくらい効く'マインドフルネス
2015/04 BBC News Mindfulness 'option for depression'
2015/04 Medエッジ うつや発達障害など治療内容は意外と偏る、セラピストの性別や医療機関の組織風土も関係
2015/04 ワイアードビジョン うつ病治療を助けるP2Pネットワークツール
2015/03 EurekAlert What is the best measure of depression severity in adolescents?
2015/03 EurekAlert セロトニンの驚異的な源は抗うつ作用に影響するかもしれません。
研究者は、ニューロンからセロトニン放出型破りの方法発見しました
抗うつ剤が働くメカニズムで重要な役割を果たす。 A surprising source of serotonin could affect antidepressant activity.



→ 「うつ病、躁鬱病、自殺」2015年1〜6月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー