うつ病、躁鬱病、自殺:
2014年1〜6月

ほか「うつ病、躁鬱病、自殺」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 読売新聞 睡眠薬常用、目にダメージ…神経過敏でけいれん
 睡眠薬や抗不安薬を長期服用すると、脳の中央にある視床が過度に興奮し、まぶたのけいれんや目のまぶしさ、痛みなどを伴う眼瞼がんけんけいれん
2014/06 BioToday アスペルガー症候群の成人は自殺念慮リスクが10倍高い
2014/06 MT Pro 妊娠初期の抗うつ薬使用,先天性心疾患リスク上昇認められず/米・妊婦95万例のコホート研究
2014/06 MT Pro 精神疾患患者の在宅治療に課題,入院患者と比べ高い自殺率/英・2003~11年の後ろ向き解析
2014/06 毎日新聞 脳卒中:自殺や事故リスク10倍 発症から5年以内
2014/06 BioToday ケタミンの抗うつ機構への2つの代謝物の寄与が示唆された
2014/06 BioToday FDAの抗うつ薬自殺リスク警告に伴って若者の自殺企図が増えた
 抗うつ薬使用が全年齢群で減るのと並行して思春期若者や若い成人における自殺の試み(自殺企図)が増えました。
2014/06 BioToday 2型糖尿病患者のうつ症状と炎症マーカーの関連が示された
2014/06 朝日新聞 人口5万人未満の小規模自治体、自殺率高め
 2013年に自殺した人は2万7283人と4年連続で減少し、全体としては改善
2014/06 朝日新聞 青森)出生率11年ぶり1.40台 自殺者は4年連続減
2014/06 ANN 若者の死因のトップは“自殺” 先進国中で日本だけ



→ 「うつ病、躁鬱病、自殺」2014年1〜6月にはまだつづきがあります 

進化心理学:
2014年8〜12月

ほか「進化心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 Evolution and Human Behavior Women's and men's sexual preferences and activities with respect to the partner's age: evidence for female choice
パートナーの年令に関する女性と男性の性的な好みと活動: 女性の選択に関する証拠
2014/12 Evolution and Human Behavior Chimpanzees copy dominant and knowledgeable individuals: implications for cultural diversity
チンパンジーは優位で博識な個人をコピーします: 文化的な多様性のための含意
2014/12 Evolution and Human Behavior Reputation based on punishment rather than generosity allows for evolution of cooperation in sizable groups
寛大さよりむしろ罰に基づく評判はかなり大きいグループで協同作用の進化を考慮します。
2014/12 Evolution and Human Behavior Are smiles a sign of happiness? Spontaneous expressions of judo winners
微笑は幸福のサインですか? 柔道勝者の自然発生的な表現
2014/12 Evolution and Human Behavior Regulatory adaptations for delivering information: the case of confession
 情報を配布することへの規定の適合: 自供に関するケース
2014/12 Evolution and Human Behavior Reasoning and relatedness
推理と関連性
2014/12 Evolution and Human Behavior Does implied community size predict likeability of a similar stranger?
暗示している共同体サイズは同様の見知らぬ人について好ましさを予測しますか?
2014/12 Evolution and Human Behavior Extraneous color affects female macaques’ gaze preference for photographs of male conspecifics
異質な色は男性の同種の写真のための女性のマカク属の猿の凝視好みに影響します。
2014/12 Evolution and Human Behavior Coping with mate poaching: gender differences in detection of infidelity-related threats
 浮気対処: 不貞心関連の脅威の検出における性差
2014/12 Evolution and Human Behavior Honest signaling in trust interactions: smiles rated as genuine induce trust and signal higher earning opportunities
 信用相互作用における正直な合図: 本物でみなされた微笑は、信用を引き起こして、より高い収益の機会を示します。
2014/12 Evolution and Human Behavior Someone to live for: effects of partner and dependent children on preventable death in a population wide sample from Northern Ireland
生きがいとするだれか: 北アイルランドからの人口の広いサンプルにおける避けられる死のパートナーと依存する子供の効果



→ 「進化心理学」2014年8〜12月にはまだつづきがあります 

宗教、信仰、創造説:
2014年

ほか「宗教、信仰、創造説」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/11 news@nature.com 特殊創造論者化石ハンターを首にした後に、大学は訴えられます。 Microscopist’s wrongful-dismissal case faces long odds. 顕微鏡使用者の不当解雇ケースは差の大きい賭け金に直面しています。 University sued after firing creationist fossil hunter
米国の創造論者が、信条のために大学を不当解雇されたと、訴訟を。
2014/08 本川・社会実情データ図録
 各国の国民は生物進化を信じているか 人類が動物から進化したと思っている者がそう思わない者を下回っているのは米国人とフィリピン人だけ。米国人は進化をめぐって国民が二極化してきており、信じない者の方が増加
2014/05 スラッシュドット ジャパン 進化論を信じるかどうかは科学リテラシーとは別問題
2014/04 スラッシュドット ジャパン 米調査、超越した存在による宇宙創造を信じる人は54%、ビッグバンを信じない人は51%
2014/04 スラッシュドット ジャパン インターネットは無神論者を増やす?
 インターネット利用者の増加によって宗教に対する興味が減る傾向
2014/04 CNN.co.jp : 特定の宗教に属さない米国人増加、ネット利用と関係?
2014/04 National Geographic JP 「イエスの妻による福音書」は本物か
2014/04 AFP キリストの「妻」記述の紙片は古代由来、年代測定で判明 米研究
2014/04 CNN.co.jp : キリストの「妻」記述のパピルス片、ねつ造ではないと判明
2014/04 AFP キリストは結婚していた?初期教徒の記述に「妻」、ハーバード大教授が発表



→ 「宗教、信仰、創造説」2014年にはまだつづきがあります 

性行為、受精、不妊症、性感染症:
2014年

ほか「性行為、受精、不妊症、性感染症」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 BioToday 男性とセックスする男性の献血禁止の解除をFDAが予定
2014/12 BioToday 女性の避妊利用を改善するための対策を米国産婦人科学会が発表
2014/12 MT Pro 梅毒リバイバル,女性でも増加はわが国特有の状況/感染症発生動向調査から―第27回日本性感染症学会発表
2014/12 MT Pro HPVワクチン接種で危険な性的行動は増加せず/カナダ・データベースによる比較研究
2014/12 BioToday 米国CDC初の男性割礼ガイドラインが発表された
2014/11 読売新聞 エボラ回復後も精液にウイルス、感染の可能性
2014/12 スラッシュドット ジャパン エボラ完治後、しばらくは精液中にウイルスが残る可能性
2014/12 BioToday エボラ回復男性は発症後3か月間セックスを控えるべき/WHO
2014/12 MT Pro 中年女性の自慰頻度に生殖ホルモン値が有意に関連/ただし臨床的意義はわずか,米・SWAN参加女性の長期追跡結果
2014/11 読売新聞 エボラ回復後も精液にウイルス、感染の可能性
2014/11 理研 精子や卵子が正常でも不妊になり得る
 マウス全ゲノム情報のうちわずか1塩基の置換変異が不妊の原因
2014/11 Evolutionary Psychology  Do orgasms give women feedback about mate choice?
2014/10 性風俗に通う女性の7割は既婚者?夜の夫婦生活に不満  主流は出張型マッサージ
2014/10 BioToday [医学] 米国の10代若者~若い成人のクラミジア感染率は1.7%
2014/10 BioToday [医学] 思春期女児の初の避妊では長期間作用法を使うべき/米小児科学会
2014/10 BioToday [医学] 子宮内避妊具や皮下インプラント無償提供で女児妊娠が劇的に減少
2014/10 MT Pro 女性の性交痛の原因,粘膜障害だけではない/骨盤底障害による患者も同程度存在
2014/09 クローズアップ現代 広がる少女売春 
2014/09 BioToday 男性とセックスするHIV感染男性の半数は医療から遠ざかっている
2014/09 BioToday 性感染症の健診や行動カウンセリングの推奨をUSPSTFが発表
2014/09 スラッシュドット ジャパン ドイツできょうだい間の性交渉の合法化が議論される
2014/09 MT Pro 赤い精液! 患者には衝撃の血精液症,自然史が明らかに
2014/09 MT Pro 中高生の性交願望・性交経験,近年で最低レベルに/「児童・生徒の性」実態調査
2014/08 BioToday 外陰腟炎は尿路感染症誘発細菌の定着を促しうる
2014/08 BioToday  Sprout社 女性の性欲亢進薬の再承認申請資金1500万ドル調達
2014/08 Science 子宮内低栄養により成体での精子メチロームと世代間代謝が障害される
2014/08 Science 精子のシールドは病原菌を払いのけ、生殖能の保護に役立つ Sperm Shield Fends off Microbes, Helps Preserve Fertility
2014/08 医療介護CBニュース  梅毒患者増、最多のペース-東京都内、同性間の感染が半数
2014/07 news@nature.com 革新的で既存の方法が、人口過剰に取り組むのに必要です。
 避妊への簡単なアクセスを求めます。 Researchers call for easy access to contraception
2014/07 MT Pro 米国のHIV感染者数,この10年で30%超減少/CDC・サーベイランスデータを分析
2014/07 MT Pro HIV感染者の死因に変化/過去10年間のデータを解析,国際共同研究D:A:D
2014/07 BioToday 米国のHIV年間診断率はここ10年で3割ほど低下
2014/07 BioToday HIV予防は全国一様ではなく地域に応じた集約型の方がより有効
2014/07 BioToday HIV患者は今やAIDSによるのと同じぐらいAIDS無関係の癌で死ぬ
大規模研究は、医学の割礼(全体の包皮を取り除く)が男性が約60%の異性間の性交で感染するようになるという危険を減少させると立証しました。 しかし、研究者はまだこの保護につながる正確なメカニズムについて討論しています。
2014/07 Science 割礼の謎
2014/07 時事通信 同性愛者男性にHIVが「爆発的」流行、WHOが警告
 同性同士で性交渉を持つすべての男性に抗レトロウイルス薬の使用を勧告
2014/07 スラッシュドット ジャパン 「35歳を超えると妊娠しづらくなる」説、現代における統計的な根拠はない?
 比重が高まるのは40歳~41歳ぐらいから
2014/06 BioToday 避妊薬DMPA皮下注射剤は容易に自己投与しうる
2014/06 スラッシュドット ジャパン 米大手ポルノサイトがサイトへのアクセスに使われる端末の統計情報を公開
2014/06 朝日新聞 梅毒、都市部の男性中心に拡大 昨年、21年ぶり千人超
2014/05 ロイター ポルノを大量に鑑賞する男性、脳の特定部位が小さい傾向=独研究
 報酬や意欲に関係する脳の線条体が小さい
2014/05 AFP ポルノは脳に悪影響を及ぼすか?独研究
2014/05 読売新聞 2013年のエイズ感染者と患者、過去最多に
2014/05 朝日新聞 昨年のエイズ感染・患者、過去最多 感染最多は30代
2014/05 BioToday 膣トリコモナス寄生虫は前立腺癌を促しうる蛋白質を分泌する
2014/05 BioToday 精液の質が悪い男性は死亡リスクが高いようだ
2014/05 BioToday 受精後の精子ミトコンドリアは卵子の特別な小胞に壊される
2014/05 Science 感覚神経による環境信号の知覚によって受精に重要な精子の運動性が調整される
2014/05 BioToday 米国で梅毒が増えている~男性とセックスする男性で特に上昇
2014/05 BioToday  1歳を過ぎてからの割礼は有害事象リスクの大幅上昇と関連する
2014/05 読売新聞 日本の中絶方法「安全」…厚労省研究班が調査
2014/05 MT Pro 日本人男性のフリーテストステロン値や勃起時の硬さが低下傾向に/札幌医科大学の高柳氏が報告



→ 「性行為、受精、不妊症、性感染症」2014年にはまだつづきがあります 

性犯罪/レイフ°・強力ン/口リコン/セクハラ:
2013〜2014年

ほか「性犯罪/レイフ°・強力ン/口リコン/セクハラ」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 北海道新聞 リベンジポルノ道内でも 元交際相手による画像流出 1~11月道警に相談18件
2014/11 スラッシュドット ジャパン 児童ポルノをTwitterでリツイートした男が書類送検される
2014/10 スラッシュドット ジャパン 英国で「少女の性的描写」を含む漫画やアニメが児童ポルノと判断される
2014/06 スラッシュドット ジャパン 児童ポルノの単純所持禁止、国会に提出へ
2014/04 EurekAlert 女性の身分が低く、頻繁に攻撃される環境に生きるケニアのスラムの思春期少女にとって、安価な権限委譲プログラムはレイプやセクシャルハラスメントを大幅に縮小します  Empowerment program greatly decreases incidence of rape, Stanford/Packard-led study finds
2014/03 朝日新聞 児童ポルノ流出防止へ警告メール 共有ソフト利用者に
2014/03 朝日新聞 児童ポルノ摘発、最多に 警察庁「背景にスマホ普及」
男性とセックスする男性の親密なパートナー暴力は健康へ悪影響にリンクされます。
2014/03 EurekAlert  Intimate partner violence in men who have sex with men is linked to adverse health effects
 ドメスティック同性間バイオレンス
 男性(MSM)の親密なパートナー暴力(IPV)は精神的・身体的な不調、薬物乱用、および性感染症の高リスクにリンクされます
2014/03 EurekAlert  Exploring sexual orientation and intimate partner violence
2014/02 LiveScience Women Face High Sexual Assault Rates Globally
 グローバルに女性は高い強姦率に直面しています。
 およそ世界中の14人の女性の1人はパートナー以外のだれかによって性的に強制されます。
2014/02 BioToday パートナー以外から性的暴力を受けた女性の割合は約7%



→ 「性犯罪/レイフ°・強力ン/口リコン/セクハラ」2013〜2014年にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー