進化、種分化、古生物学:
2014年4〜6月

ほか「進化、種分化、古生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 Science 発電器官の収束進化のゲノム的基盤
2014/06 Science Nama層群(ナミビア)で発見されたエディアカラ紀の後生動物の造礁
2014/06 【日本語ブログ】鳥類の生殖機能の進化
 爬虫類も羽毛恐竜も卵巣は2つ  鳥類は、ほぼすべてが単一の卵巣と卵管
2014/06 news@nature.com 最初期の骨格の動物は暗礁の建築業者でした。  骨格の動物での環境に配慮した暗礁を造る適合は以前に思われるよりはるかに早く現れました。  Earliest skeletal animals were reef builders
2014/06 朝日新聞 サイの仲間、国内最古4800万年前の化石 福岡で発見
 「サイ上科」に属する「ヒラキウス」
2014/06 National Geographic JP 収斂進化で鳴く能力失ったコオロギ
氷河期前の高地で経験した進化は冷たい気候への適合のための訓練場であったかもしれません。
2014/05 news@nature.com  Origins of Arctic fox traced back to Tibet
ホッキョクギツネの寒さ耐性は、チベット高原で暮らしていた祖先が培った性質のおかげかもしれません。
ノースカロライナの緋のkingsnakesは、その領域では絶滅した毒ヘビに類似するように進化しました。
2014/05 news@nature.com  Snakes mimic extinct species to avoid predators
2014/06 Science 恐竜の代謝は熱くも冷たくもなくちょうどいい
2014/06 Science 代謝スケーリングによれば、恐竜は外温性と内温性の中間に位置する
2014/05 news@nature.com  Dinosaurs neither warm-blooded nor cold-blooded
2014/05 news@nature.com 化石腹の蜜の祝宴  Palaeontology: Nectar feast in fossil belly
2014/05 news@nature.com 最も古い状態で運ばれた古代のこはくで捕らえられた寄生体は、ライム病を引き起こすボレリア属の先祖を記録しました。 Lyme bacterium's possible ancestor found in ancient tick
2014/06 NatureJP 他とはちょっと違う有櫛動物
2014/06 Nature クラゲの神経が巻き起こしたセンセーション Excitation over jelly nerves
2014/06 Nature 有櫛動物のゲノムと神経系の進化的起源 The ctenophore genome and the evolutionary origins of neural systems



→ 「進化、種分化、古生物学」2014年4〜6月にはまだつづきがあります 

五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚:
2014年1〜4月

ほか「五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/04 National Geographic JP 人はなぜ、月に顔を見るのか
2014/04 Evolution and Human Behavior Natural gaze signaling in a social context  社会的コンテキストにおける自然な凝視合図
2014/04 news@nature.com 遺伝子療法はモルモットの人工内耳の性能を支援します。   Regrown nerves boost bionic ears
2014/04 Science 人工内耳は遺伝子治療でアップグレードできる Cochlear Implant Gets An Upgrade with Gene Therapy
2014/04 EurekAlert  神経細胞はどう柔軟に音響による信号に順応するか。  How nerve cells flexibly adapt to acoustic signals
2014/04 EurekAlert 聴力低下は3600万人のアメリカ人にある程度影響しますが、しばしば感じを彼らに残すのは孤立していますが、それは製薬工業から配慮をほとんど現在まで受けていません。  Pharma firms turn attention to hearing loss
2014/04 EurekAlert  ロゴの色がブランドに対する消費者感情に影響する  Logo color affects consumer emotion toward brands, MU study finds
2014/04 EurekAlert 眠っている間、新しいにおい情報を動物に紹介すると目覚める間に新しくて以前に遭遇したにおいの違いを思い出す性能が妥協する  Processing new information during sleep compromises memory
2014/04 EurekAlert  Memory accuracy and strength can be manipulated during sleep
2014/04 BioToday 補聴器で難聴小児の発声や言語機能発達が改善する
2014/04 EurekAlert  Columbia scientists identify key cells in touch sensation 触覚
2014/04 EurekAlert  Scripps Research Institute scientists provide new grasp of soft touch

2014/04 EurekAlert  喫煙は肥満体の女性の脂肪と砂糖味覚能力を鈍くするかもしれません。  Smoking may dull obese women's ability to taste fat and sugar
2014/04 BioToday 喫煙する肥満女性は脂肪や甘味を感じ難い
小学校にあがる前の子では、白人の男子が最も色覚障害が多い
2014/04 EurekAlert Caucasian boys show highest prevalence of color blindness among preschoolers
2014/04 EurekAlert  ワクチン接種に続いて起こる体臭変化  Body odor changes following vaccination これは免疫活性化による身体上におい変化の最初のデモンストレーションです。
2014/04 BioToday ワクチン接種で体臭が変化しうる/マウス実験
2014/04 EurekAlert  乳幼児は快い接触に敏感です。  Infants are sensitive to pleasant touch  幼児は子供と親とのきずなをセメント付けして、早めの社会的で生理的な開発を促進するのを助けるかもしれない快い接触へのユニークな生理的で行動の応答を示しています
2014/04 理研 嗅覚神経回路の精緻な配線図の解読に成功



→ 「五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」2014年1〜4月にはまだつづきがあります 

ヒトの進化、古人類学 人間の祖先:
2014年1〜4月

ほか「ヒトの進化、古人類学 人間の祖先」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/05 National Geographic JP ネアンデルタール人も煮炊きしていた?
2014/05 National Geographic Gap Between Neanderthals and Us Narrows, But Does Not Close
2014/04 【日本語ブログ】ネアンデルタール人は煮炊きをしていた?
2014/04 【日本語ブログ】イベリア半島地中海沿岸のネアンデルタール人の食性
2014/04 National Geographic JP ネアンデルタール人は小集団で生活か

2014/04 news@nature.com  Bird reproduction collapsed after oil spill
 Bird再現は重油流出の後に潰されています。 スペインの海岸におけるむく毛居留地の研究は2002年のPrestige災害の長引く影響を示しています。
2014/04 Science 有史以前の農耕民と狩猟採集民との遺伝的差異 The Genetic Differences between Prehistoric Farmers and Foragers
2014/04 news@nature.com  How to build a Neanderthal
2014/04 Science 旧人類と現生人類のメチル化マップの比較 Comparing Methylation Maps of Archaic and Modern Humans
2014/04 Science 古代DNAが絶滅人類種の遺伝子活性に関する鍵を握る
2014/04 EurekAlert  ネアンデルタールとCro-マグノンはイベリア半島で邂逅しませんでした。  Neanderthals and Cro-magnons did not coincide on the Iberian Peninsula
2014/04 Chronology of the earliest Upper Paleolithic in northern Iberia (Wood et al. 2014)
2014/04 Neandertal admixture not African population structure  どんなアフリカ人口も構造化しないネアンデルタール混合物
2014/04 EurekAlert ネアンデルタール子供がそれらの即座の社会集団と共に強い感情的な愛着を経験して、技能を見いだすのにプレーを使用して、それらの社会における重要な役割をプレーしたと示唆する   Researchers say Neanderthals were no strangers to good parenting
2014/04 EurekAlert  新しい方法は、人間とネアンデルタールがinterbredしたと確認します。  New method confirms humans and Neandertals interbred

2014/04 【日本語ブログ】ネアンデルタール人の遺伝的多様性
2014/04 IBD sharing between modern humans, Denisovans and Neandertals
2014/04 【日本語ブログ】ネアンデルタール人とデニソワ人のDNAメチル化地図
2014/04 【日本語ブログ】ハビリスの発表から50年間のホモ属の起源をめぐる議論
2014/04 EurekAlert  運動選手からカウチポテトまで: 6,000年間の農耕による人間  下肢骨の強さと形の研究は、最初の6,000年間の農耕で彼らのタスクが多角化したとき、中央ヨーロッパの私たちの先祖が中だるみ状態になって、技術が向上したのを示しています。  From athletes to couch potatoes: Humans through 6,000 years of farming
2014/04 EurekAlert  'ヒト'は脳のサイズが増加するのに従って歯のサイズが減少する唯一の霊長類です。  'Homo' is the only primate whose tooth size decreases as its brain size increases
2014/04 EurekAlert  乳糖分解酵素存続対立遺伝子座は南アフリカ人のKhoe畜産業者の祖先を明らかにします。 Lactase persistence alleles reveal ancestry of southern African Khoe pastoralists
2014/04 【日本語ブログ】石器時代スカンジナビアの狩猟採集民と農耕民との遺伝的差異
2014/04 Neandertals gave Europeans lipid catabolism genes
 ネアンデルタールは脂質異化作用の遺伝子をヨーロッパ人に与えました。



→ 「ヒトの進化、古人類学 人間の祖先」2014年1〜4月にはまだつづきがあります 

癌、悪性腫瘍:
2014年1〜4月

ほか「癌、悪性腫瘍」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/04 MT Pro B型男性では前立腺がんが検出されやすい?/東京医科歯科大学の伊藤氏が報告
2014/04 BioToday 中等~重度睡眠時無呼吸と死亡、癌、脳卒中リスク上昇が関連
2014/04 BioToday 癌が散らばりうる子宮細切除去術をしないようにFDAが要請
2014/04 読売新聞 がん診断から1年以内の自殺リスク、20倍に
 がんの診断から1年以内の人の自殺のリスクは24倍、事故死亡リスクは19倍。
  2年目以降は、こうした差はほぼなくなっていた。
2014/04 朝日新聞 がん診断後、自殺リスク増加 1年以内で20倍
2014/04 MT Pro がん診断から1年以内は,自殺や外因死のリスクが約20倍に/JPHC研究
2014/04 中央日報@韓国 男性の2倍…韓国女性、若いがん患者多いのはなぜ?
2014/04 EurekAlert  男っぽい男子、女っぽい女子は生活習慣が発ガンリスク高め  Masculine boys, feminine girls more likely to engage in cancer risk behaviors
2014/04 LiveScience Brain Tumor Risk Higher for Teens Who Stop Growing Later
 十代の間の成長期が長かった子、あるタイプの脳腫瘍のリスク増かもしれません。
2014/04 MT Pro 血液型と前立腺がん再発に関連? O型の男性でリスク低下/東京医科大学・大野芳正氏らが欧州泌尿器科学会議で報告
2014/04 BioToday O型男性は前立腺全摘出術後の前立腺癌再発リスクが低い
2014/04 毎日新聞 血液型:病気リスクに差 膵臓がんになりにくいO型
 2009年、米国国立がん研究所が発表
   O型は血栓症になりにくい
2014/04 BioToday 生理周期が不規則な女性は卵巣癌で死亡するリスクが高い
2014/04 EurekAlert 高い総飽和脂肪摂取量は、エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体ポジティブな乳がんに高いリスク、および人間の上皮増殖因子2の受容体ネガティブな病に関連しています  Consuming a high-fat diet is associated with increased risk of certain types of BC
2014/04 EurekAlert  割礼は前立腺がんを予防するかもしれません…35歳以降に切ったなら  Circumcision could prevent prostate cancer... if it's performed after the age of 35
2014/04 BioToday 35歳を超えてからの割礼と前立腺癌リスク低下が関連
2014/04 EurekAlert  研究は、排卵誘発剤が乳がん危険を増加させないのを示しています。  Study shows fertility drugs do not increase breast cancer risk
2014/03 EurekAlert 癌化学療法が'分子老化'を加速する C researchers show cancer chemotherapy accelerates 'molecular aging'
2014/03 EurekAlert  Eat a peach
  モモの成分が乳がん細胞の成長と広まる彼らの能力を抑制できる
2014/03 BioToday 肉をビールに漬けてから焼くと発癌性物質発生を抑えうる
2014/03 BioToday 有機食物を食べても癌全般のリスクは下がらない/英国女性試験
2014/03 MT Pro 胃がんの減量手術は無効,世界初の日韓共同試験で判明/「非治癒因子を有する胃がんにはまずは化学療法」
2014/03 Science 乳癌:世界の動向
2014/03 Science  乳癌:世界の中の格差
2014/03 Science 「別の」乳癌遺伝子
2014/03 Science アドボカシー
2014/03 Science BRCA1のクローン化
2014/03 Science BRCA遺伝子同定から20年:個別化治療と予防
2014/03 Science 染色体の番人BRCA1、BRCA2による腫瘍の抑制
2014/03 Science 不必要な検査を避けるには
2014/03 Science  いまだ終わらないレース
2014/03 EurekAlert  Twenty-five percent of breast cancer survivors report financial decline due to treatment
2014/03 BioToday 血圧やBMIの上昇と腎癌リスク上昇の関連が示された
2014/03 MT Pro BRCA変異乳がん,対側乳房切除術で乳がん死リスク半減/最長20年の追跡データを後ろ向きに検討
2014/03 MT Pro BRCA1変異保有女性では予防的切除後も進行性がんのリスクが残存/米の婦人科腫瘍学会で発表
2014/03 MT Pro BRCA変異保有女性,予防的卵巣切除で70歳までの全死亡リスクが77%低下/国際前向き観察研究で検討
肥満手術は子宮がんの危険を減少させます。
2014/03 EurekAlert  Bariatric surgery decreases risk of uterine cancer
2014/03 MT Pro 肥満手術受けた女性の子宮体がんリスクが約70%低下/米の婦人科腫瘍学会で発表
気分安定薬の使用が頭頸部癌発症リスク減にリンク
2014/03 EurekAlert  Use of mood-stabilizing drug linked with reduced risk of developing head and neck cancer
より心理学的なサポートを必要とした乳がん患者
2014/03 EurekAlert  Breast cancer patients in need of more psychological support
定期的な身体的活動は年齢の如何にかかわらず乳がん危険を減少させます。
2014/03 EurekAlert  Regular physical activity reduces breast cancer risk irrespective of age
欧州における乳がん死亡率の持続的な減少
2014/03 EurekAlert  Deaths from breast cancer fall in Europe
2014/03 BioToday 太っている女性は卵巣癌を生じやすい
糖尿病のがん患者は死亡率4倍
2014/03 EurekAlert  Cancer patients with insulin-treated diabetes have 4 times higher mortality compared to cancer patients without diabetes
2014/03 BioToday 糖尿病合併癌患者は死亡リスクが高い
癌の子に瞑想
2014/03 EurekAlert  Mindfulness-based meditation helps teenagers with cancer
2014/03 news@nature.com  Cancer: High cholesterol in prostate tumours
前立腺腫瘍における高いコレステロール
高齢者はがん治療への適切なアクセスを拒みがち。
2014/03 EurekAlert  'Older people denied proper access to cancer care' according to Queen's study
後の他の発がんリスク高め:若いうちに皮膚がんを発症した人
2014/03 EurekAlert  Young skin cancer survivors at risk of other cancers later
2014/03 BioToday 非メラノーマ皮膚癌患者は他の癌を発現するリスクが高い
2014/03 LiveScience Oh Baby: Giving Birth 10 Times May Reduce Mom's Cancer Risk
 10人以上の子供を生む女性は、がんの減少しているリスクを持っているかもしれません。
2014/03 BioToday BPAやDESは乳癌に寄与する長鎖非コードRNA・HOTAIRを誘導する
 ビスフェノールA(BPA)やジエチルスチルベストロール(DES)
2014/03 BioToday  大腸癌検診は効果的な体重低下運動/食事介入の良い機会になる
ビタミンDは乳がん患者生存を増加させます。
2014/03 EurekAlert  Vitamin D increases breast cancer patient survival
2014/03 NatureJP 紫外線は黒色腫の転移を誘導する
2014/03 Nature UV照射によって誘発された炎症は黒色腫で血管に沿った細胞遊走と転移を促進する Ultraviolet-radiation-induced inflammation promotes angiotropism and metastasis in melanoma
2014/03 LiveScience Prostate Cancer Surgery May Lengthen Life for Young Men
青年の前立腺癌の外科手術は寿命を伸ばすかもしれません。
人生の最後の数カ月の末期ガン患者における化学療法の使用は、蘇生を受けて、集中治療室で死ぬというリスク増に関連しています
2014/03 EurekAlert  Chemotherapy in last months of life associated with increased risk of dying away from home
2014/03 BioToday 末期癌患者の緩和化学療法は死にたい場所で死ぬことを妨げる
ヨーガは、ストレス・ホルモンを規制して、乳がん女性の生活の質を向上させます。
2014/03 EurekAlert  Yoga regulates stress hormones and improves quality of life for women with breast cancer undergoing
前立腺がんにリンクされたビスフェノールA(BPA)
2014/03 EurekAlert  BPA linked to prostate cancer, study shows
2014/03 BioToday 尿中ビスフェノールA(BPA)濃度上昇と前立腺癌が関連する
2014/02 BioToday 進行癌患者の握力が弱いことと生存期間が短いことが関連する
肺癌診断の後に女性で、より良い生存にリンクされたホルモン療法
2014/02 EurekAlert  Hormone therapy linked to better survival after lung cancer diagnosis in women
2014/02 朝日新聞 働くがん患者32.5万人 男性60代、女性50代最多
BRCA変異に従って、予防卵巣摘出は女性のために死亡の危険性を77パーセント減少させます。
2014/02 EurekAlert  Preventive oophorectomy reduces risk of death by 77 percent for women with BRCA mutation
2014/02 BioToday BRCA変異女性の予防的卵巣摘出術で死亡や癌リスクが大幅低下
2014/02 Nature 子宮頸がんにおけるゲノム変化の全貌 Landscape of genomic alterations in cervical carcinomas
LGBT若者は、癌発症リスクが高め
2014/02 EurekAlert  LGBT youth face greater cancer risks, CCNY-led study
乳癌患者で疲労レベルを減少させる催眠療法
2014/02 EurekAlert  Hypnosis therapy shown to decrease fatigue levels in breast cancer patients
2014/02 読売新聞 アンジー主治医が講演…「遺伝子変異の偏見払拭」
 予防のために両乳房を切除したアンジェリーナ・ジョリーさんの主治医、クリスティ・ファンク
2014/02 日本経済新聞 がん発症、中国が突出 肺がんは世界の36%
乳癌遺伝子突然変異女性が二重乳房切除の後に癌をより乗り切っていそうである
2014/02 EurekAlert  Women with breast cancer gene mutation more likely to survive cancer after double mastectomy
 二重乳房切除を受けるなら、BRCA乳癌の遺伝子で変異を運んで、初期段階の乳癌と診断される女性は、1つの胸だけを取り除かせる人よりかなり死にそうにはありません
2014/02 BioToday BRCA変異初期乳癌女性の両側乳房切除で乳癌死リスクが下がる
40-59才女性の毎年の乳癌検診は乳癌死亡率を減少させません
2014/02 EurekAlert  Annual screening does not cut breast cancer deaths, suggests Canadian study
2014/02 BioToday マンモグラフィー検診の乳癌死抑制効果示せず/カナダの試験
最も一般的なタイプの乳癌のリスク増にリンクされた喫煙
2014/02 EurekAlert  Smoking linked with increased risk of most common type of breast cancer
2014/02 BioToday 肥満男性は結腸直腸癌前癌病変を生じやすい
2014/02 news@nature.com Vitamin C injections ease ovarian-cancer treatments
  High doses reduce chemotherapy side effects in humans and fight tumours in mice.
2014/02 BBC News Vitamin C 'keeps cancer at bay'
 多量のビタミンCは化学療法の癌を殺す効果を上げることができます。
2014/02 BioToday ビタミンCは化学療法の毒性を抑えつつ抗癌作用を高めうる
2014/02 BioToday アルコールと黒色腫リスク上昇の関連が示された/メタ解析
2014/02 BioToday 癌患者の初診で癌の家族歴を把握することを推奨/ASCO
2014/01 BioToday 米国小児癌の発現率は僅かに上昇し、死亡率は下がっている
2014/01 BioToday 抗酸化剤ビタミンEやNACはp53発現抑制を介して肺癌増殖を促す
2014/01 抗酸化剤は特定の高リスク患者の癌リスクを高める可能性がある Antioxidants May Raise Cancer Risk in Certain High-risk Patients
2014/01 news@nature.com  Antioxidants speed cancer in mice
2014/01 Science 抗酸化剤はがん遺伝子に作用することにより腫瘍を刺激しうる
乳癌生存のために歩くよりランニングが良いかもしれない
2014/01 EurekAlert  Berkeley Lab research finds running may be better than walking for breast cancer survival
断片化している睡眠は癌の成長を加速します。
2014/01 EurekAlert  Fragmented sleep accelerates cancer growth
2014/01 BioToday 断続的睡眠はTLR4伝達を介して腫瘍増殖を促進しうる
ヨーガは乳癌生存者に疲労、炎症を下ろすことができます。
2014/01 EurekAlert Yoga can lower fatigue, inflammation in breast cancer survivors
2014/01 LiveScience Study Shows Breast Cancer Survivors Improved Health With Yoga
身体的活動は癌サバイバーの寿命をかなり伸ばしています。
2014/01 EurekAlert  Physical activity significantly extends lives of cancer survivors
2014/01 毎日新聞 日本版NIH:目標…15年度までにがん死亡率20%減少
ネズミの乳癌の成長を促進するかも 多量の葉酸
2014/01 EurekAlert  Large amounts of folic acid shown to promote growth of breast cancer in rats
2014/01 【日本語ブログ】 ビスフェノールAは前立腺癌のリスクを増大させる恐れ、イリノイ大学シカゴ校



→ 「癌、悪性腫瘍」2014年1〜4月にはまだつづきがあります 

脳、神経科学:
2014年1〜6月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 BioToday  小児脳震盪の初の包括的診断/治療ガイドラインが発行された
2014/06 Nature 米国カリフォルニア州が、米国政府の脳研究推進策とは別に、州独自の意欲的な脳研究計画を。 Brain wave hits California
2014/06 毎日新聞 脳卒中:自殺や事故リスク10倍 発症から5年以内
2014/06 BioToday 蛋白質をよく摂ることと脳卒中リスク低下が関連/メタ解析
2014/06 毎日新聞 脊髄損傷:たんぱく質投与で機能回復の治験開始へ
2014/06 朝日新聞 脊髄損傷の新薬、臨床試験へ 細胞再生効果に期待 慶大
2014/06 Science 非同期的治療は脳卒中後のラット皮質脊髄路を介した運動調節障害を回復させる
2014/05 news@nature.com 米国国立衛生研究所のBRAIN神経科学イニシアチブのシェアは基金の10倍の増加を求めます。  Ambitious plans for BRAIN project unveiled
2014/06 Nature 侵害受容性感覚ニューロンはインターロイキン23が仲介する乾癬状の皮膚炎症を推進する Nociceptive sensory neurons drive interleukin-23-mediated psoriasiform skin inflammation
2014/06 理研 神経細胞で働くmRNAを網羅的に同定する新しい手法を確立
2014/06  科学技術振興機構  運動学習は大脳皮質深部の神経細胞活動パターンとして記憶される~大脳皮質深部の神経活動を長期間にわたって記録することに世界で初めて成功~
2014/05 BioToday 介在ニューロンのCntnap4欠損はGABAを弱め、ドパミンを強める
2014/05 Science 逆行性セマフォリンシグナルは発達期のマウスの脳においてシナプス除去を制御する
2014/05 Science 脳研究「BRAIN」プロジェクトが物理学と出会う
2014/05 Science シナプスを新しい見地からみる Seeing a Synapse in New Light
  幅広いイメージング技術を活用して、ラット脳の「平均的な」シナプスの 3 次元モデルがデザインされた。こ
2014/05 朝日新聞 愛媛)神経伝達物質、働き止めると「頭の切り替え」促進
 脳の線条体からアセチルコリンを含む神経細胞を取り除いたラットと通常のラットで実験。
2014/05 日本経済新聞 新たな「脳の世紀」 全神経のネットワークを解明へ
 米国の大型脳プロジェクト「ブレイン・イニシアチブ」が始動
2014/05 BioToday 片頭痛高齢者に無症状の脳梗塞が多い
2014/05 MT Pro 脳卒中サバイバーに“処方”すべき4種の運動メニューとは?/AHA/ASA が推奨示す
2014/05 Nature 血液脳関門が示す二重の機能 Double function at the blood–brain barrier
2014/05 Nature Mfsd2aは血液脳関門の形成と機能に必須である Mfsd2a is critical for the formation and function of the blood–brain barrier
2014/05 news@nature.com 血液脳関門を構築する
2014/05 朝日新聞 脳梗塞の悪化抑える物質発見 大阪大など、新薬開発も
 RANKL(ランクル)
2014/05 news@nature.com 動画は有機体全体のニューロン活動を顕にします。 Video reveals entire organism's neurons at work
2014/05 BioToday 個体や脳全域の神経活動を3次元高速造影する技術ができた
 生きている動物の神経活動をミリ秒単位の動画として3次元造影
2014/05 読売新聞 心身ともがっくり…脳卒中専門医4割、燃え尽き
2014/05 読売新聞 「軽度外傷性脳損傷」8割が首のケガと誤診
2014/05 BioToday アメフト選手は海馬が小さい~脳震盪でより小さくなる
2014/05 朝日新聞 脳卒中の死亡率、高度施設では大幅低下 九州大など調査
2014/05 読売新聞 脳卒中専門医の過労深刻 4割「燃え尽き症候群」
 労働時間の長さや睡眠の短さ、時間外の呼び出しなどが発症の危険性を高めていた
2014/05 読売新聞 頭打ち発症「軽度外傷性脳損傷」首のケガと誤診 8割
 交通事故などで脳に微細な損傷が広く生じ、頭痛や視覚障害など様々な症状が表れる
2014/05 MT Pro 脳卒中再発予防ガイドラインを改訂,AHA/ASA
2014/05 Science 哺乳類脳において神経活動はオリゴデンドロサイト形成とそれに伴うミエリン形成を促進する
2014/05 NatureJP チェックして均衡を取る:シナプス前抑制が四肢のなめらかな動きを確保する仕組み



→ 「脳、神経科学」2014年1〜6月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー