ヒトの進化、古人類学 人間の祖先:
2014年5〜8月

ほか「ヒトの進化、古人類学 人間の祖先」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/08 スラッシュドット ジャパン 人間の成長が猿よりも遅い理由
 ヒトの幼年期が他の霊長類より長いのは脳が多くのエネルギーを要求し身体発育が遅くなるため。5歳がピークで脳は全身の66%のエネルギーを消費する
2014/08 Metabolic costs and evolutionary implications of human brain development
2014/08 Science 遺伝子データ、古代人の北米北極圏定住を解明する手掛かり Genetic Data Sheds Light on Early Peopling of North American Arctic
2014/08 National Geographic JP DNA分析で北極古代人の研究に進展
2014/08 National Geographic Ancient DNA Sheds New Light on Arctic's Earliest People
2014/08 Science 北極圏における先史時代人の遺伝的来歴
2014/08 【日本語ブログ】東南アジア島嶼部のオーストロネシア語族集団の祖先
2014/08 Nature 東南アジアの人種のるつぼ Human melting pots in southeast Asia
2014/08 National Geographic JP “ピグミー”の身体的特徴は遺伝子由来
2014/08 National Geographic Strongest Evidence Yet That Pygmies' Short Stature Is Genetic
放射性炭素年代測定法の技術改良により、ネアンデルタール人の消滅時期など先史時代の歴史が書き換えへ。
2014/08 news@nature.com  Neanderthals: Bone technique redrafts prehistory
 欧州で早々に死に絶えていたネアンデルタール人
2014/08 NatureJP ネアンデルタール人の緩やかな排除
2014/08 National Geographic JP ネアンデルタール人の絶滅は4万年前?
2014/08 National Geographic Neanderthals Died Out 10,000 Years Earlier Than Thought, With Help From Modern Humans
2014/08 【日本語ブログ】ネアンデルタール人絶滅の新たな推定年代
2014/08 Nature 最後のネアンデルタール人が居た時代 The time of the last Neanderthals
2014/08 Nature ネアンデルタール人消滅の時期と時空間的パターン化 The timing and spatiotemporal patterning of Neanderthal disappearance
2014/08 Evolution and Human Behavior  The human anger face evolved to enhance cues of strength  強さの手がかりを高めるために進化された人間の怒りの表情
2014/08 【日本語ブログ】鳩を食べていたネアンデルタール人
2014/08 読売新聞 ヒト祖先に感染ウイルス遺伝子がiPSの質左右
 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授と高橋和利講師らのチーム
 LTR7は、大昔、人類の祖先に感染した、レトロウイルスという種類のウイルスの遺伝子が、人類の遺伝子として取り込まれたもの
2014/08 京都新聞 太古のウイルスiPS作製の鍵 京大・高橋講師ら解明



→ 「ヒトの進化、古人類学 人間の祖先」2014年5〜8月にはまだつづきがあります 

科学と社会:
2014年1〜6月

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/06 BioToday 学術雑誌の出版指針の推奨と報告の完全性の関連は評価不可能
2014/06 朝日新聞 先端研究12人に550億円配分 人工脳の開発など
 スパコンを上回る人工脳の開発や放射性廃棄物の大幅削減など
2014/06 毎日新聞 科学技術白書:相次ぐ研究不正を批判、倫理観求める
2014/06 読売新聞 理研の不正防止研修、研究責任者の半数が未受講
2014/06 NatureJP 特集:南米の科学研究の「星」たち:出資の増大で、研究成果も向上中
2014/05 news@nature.com 米国国立衛生研究所のBRAIN神経科学イニシアチブのシェアは基金の10倍の増加を求めます。  Ambitious plans for BRAIN project unveiled
2014/06 Science キューバとの科学外交
2014/06 読売新聞 STAP発表「過度に注目集め不適切」…検証委



→ 「科学と社会」2014年1〜6月にはまだつづきがあります 

動物行動学 動物の心:
2014年1〜3月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/03 EurekAlert 大きい茶色のこうもりが冬のまどろみから目覚めて、食べるために周囲で昆虫の追求でズームし始めるとき、どのように夜闇の活動を調整しますか?  男性は他の男性に引き返すように言うことによって、それをします。  Big brown bat males call 'dibs' on food
2014/03 EurekAlert  Foraging bats can warn each other away from their dinners
2014/03 EurekAlert ワニは正確に音の源を正確に指摘できます  Canal between ears helps alligators pinpoint sound 2つの中耳を接続する大きくて、空気でいっぱいにされたワニの耳チャンネル
2014/03 EurekAlert  Scientists identify core skin bacterial community in humpback whales
ザトウクジラでコア皮膚細菌集団を特定
子殺し
2014/03 National Geographic Why Do Animals Sometimes Kill Their Babies?
2014/03 National Geographic 哺乳類最強の潜水能力?アカボウクジラ
2014/04 news@nature.com  Animal behaviour: Whale dives into record books
カラスは小学1年生くらいの知恵がある
2014/03 ABC@オーストラリア Crows 'clever' as human seven-year-old
2014/03 朝日新聞 竹のお味は? パンダ実は甘党 米中研究チーム
2014/03 ABC@オーストラリア Pandas relish the sweeter side of life
2014/03 LiveScience Bamboo-Munching Pandas Also Have a Sweet Tooth
ハエの中を動く飛翔筋は、初めて新しい3Dエックス線スキャンのテクニックを使用することで撮影されました。
2014/03 EurekAlert  In-fly movie: 3D video from inside flying insects
ヤギは賢い。
2014/03 EurekAlert  Goats are far more clever than previously thought
 ヤギは、すぐに複雑なタスクを解決する方法を学んで、少なくとも10カ月それらを実行する方法を思い出すことができます
北極熊のゲノムを採掘することによって、130頭の茶色と北極熊の広い地理的なサンプルからY染色体特異的マーカーを開発して、Y染色体のいくつかの領域を分析
  'ヒグマのこのパターンは人間からのジンギスカンのY染色体の家系(モンゴル帝国の創設者)がアジアの大部分の向こう側に広げられた類似の調査結果よりさらに大きい地理上の区域をカバーしています
2014/03 EurekAlert Study yields 'Genghis Khan' of brown bears, and brown and polar bear evolution
 クマのジンギスカンさん
新発見は鳥でなくなったホルモンに当たります。
北極アジサシは北極から南極への往復8万マイル以上の移動をどのように着かせますか?
食べずに、皇帝ペンギンは南極冬の間の何カ月もどのように卵を孵化しますか?
 通常、これらの生理的な体操はレプチン、体脂肪格納を規制するホルモン、新陳代謝、および食欲によって影響を及ぼされるでしょう。
 しかしながら、レプチンは鳥で雲隠れしました--現在まで。
2014/03 EurekAlert  New discovery finds missing hormone in birds
2014/03 Chimpanzee communities are hundreds of years old
 チンパンジーの群は数百年物です。
2014/03 National Geographic Narwhal's Trademark Tusk Acts Like a Sensor, Scientist Says
2014/03 National Geographic JP イッカクの牙は感覚器?
2014/03 BBC News Giant snakes have 'homing instinct'
 ビルマニシキヘビには広大な距離で「家」に帰るのを助ける地図とコンパス感覚がある
2014/03 National Geographic JP ニシキヘビの帰巣能力、星を頼りに?
カラハリ砂漠の社会的なクモの様々な集会
2014/03 EurekAlert  Size, personality matter in how Kalahari social spiders perform tasks
 特定のクモの身体のサイズと状態は、一般に、それが居留地の中でどのタスクを実行するかを示します。
2014/03 EurekAlert  Passive acoustic monitoring reveals clues to minke whale calling behavior and movements
2014/03 EurekAlert  Bees capable of learning feats with tasty prize in sight
2014/03 EurekAlert  Scent of the familiar: You may linger like perfume in your dog's brain
文化的なヒッチハイク
  社会的行動はイルカでどう遺伝子構造に影響できるか。
2014/03 EurekAlert  Cultural hitchhiking: How social behavior can affect genetic makeup in dolphins
2014/03 ABC@オーストラリア Genes sponge up dolphins' social behaviours
 彼らには、つき出す親指がないかもしれませんが、西オーストラリアのシャーク湾のイルカのグループはヒッチハイカーとして特定されました。
ムジナは長距離を歩き回ります。
2014/03 news@nature.com  Animal behaviour: Badgers roam many miles
2014/03 カラス、カッコウ、そして寄生により時に得られる利益 Crows, Cuckoos and the Occasional Benefits of Parasitism
  マダラカンムリカッコウとその托卵を受けるハシボ ソガラス
  托卵行為は、捕食動物 を寄せ付けないことでカラスにとって助けとなりうる
2014/03 Science 寄生から相利共生へ:カッコウとその宿主の間にみられる予想外の相互作用
野生のグリーンアノールトカゲにおける研究
  筋機能と動きの間のリンクがだれでも気付いたよりはるかに複雑である
2014/03 EurekAlert  Motion and muscles don't always work in lockstep, researchers find in surprising new study
2014/03 【日本語ブログ】 5年絶食の「ダイオウグソクムシ」、死因は「餓死」ではなかった 胃に謎の液体 「食べなくても生きる」秘密か
マスの行動で発見された遺伝的変異
2014/03 EurekAlert  Heritable variation discovered in trout behavior
 行動特性が魚がどう野生の状態で生き残るか個人差について説明する
 行動特性の予測できる個人差があるのを示しています、活動のように、新しい環境とストレス耐性を探検する傾向。
臆病なハエトリグモは護衛としてアリを使用します。
2014/03 EurekAlert  Timid jumping spider uses ant as bodyguard
チンパンジーが提供する感情移入は人間関係を理解する鍵。
2014/03 EurekAlert  Empathy chimpanzees offer is key to understanding human engagement
2014/03 ABC@オーストラリア Chimps put people ahead of baboons
 人間とのポジティブな経験はチンパンジーを 、ヒヒやなじみのないチンパンジイより人間を信じるようにさせた
大胆なヒヒが、他のヒヒからタスク解決を学ぶ。
2014/03 EurekAlert  Researchers show that bold baboons learn to solve tasks from other baboons
 大胆であるか、または心配する場合にだけ、ヒヒは新しい食物源に関して他のヒヒから学びます。
飛行経路を選択するとき、鳥は、ラテラリゼイションバイアスを表示します。
2014/03 EurekAlert  Birds display lateralization bias when selecting flight paths
構造化された人口における悪意か利他主義の進化に通じる状態を新しい観点から解明しました。
2014/03 EurekAlert  Love or kill thy neighbor? New study into animal social behavior
 動物の社会的な振舞いへの新しい研究
2014/03 National Geographic JP クロマグロの驚異的生態を解明
2014/03 ABC@オーストラリア Single gene controls butterfly wing pattern
 単一の遺伝子が蝶の翼のパターンを切り換えることができて、それらは、合わない種をまねるので、捕食を避けます。
2014/03 news@nature.com  Butterfly disguise down to single gene
2014/03 ABC@オーストラリア Songbirds give clues to babies' babble
 鳴鳥は赤ん坊の片言の手がかりを与えます。
2014/03 ABC@オーストラリア Leg hairs hold secret to walking on water
 アメンボの毛深い臑は、水の毛細管現象と重力の間のバランスをとるように巧みに設計されています。
2014/03 BBC News Great white shark's epic ocean trek
 リディアと呼ばれるホホジロザメは、西大西洋から東までの渡りを観測される初の海洋捕食動物になろうとしています。
2014/03 LiveScience Great White Shark On Historic Marathon Migration
2014/03 BBC News Transatlantic great white 'pregnant'
 大西洋横断を見られた最初のホオジロザメは、妊娠しているかもしれません。
2014/03 National Geographic Scientists Track a Great White Shark Across the Atlantic for the First Time
2014/03 National Geographic JP 初追跡、ホホジロザメの広域回遊
眠っている鳥類の脳の羽毛
2014/03 EurekAlert  Plumes in the sleeping avian brain
コウモリのへん桃核の中の小さい領域は感情的な発声と音を起こすのに責任がある
2014/03 EurekAlert  What bat brains might tell us about human brains
空飛ぶ蛇
2014/03 EurekAlert  What makes flying snakes such gifted gliders?
2014/03 BBC News Fishy molecule 'sets depth limit'
 科学者は、どんな魚も約8,200mより深い海洋で生き残ることができるのが、ありそうもないと言います。
2014/03 ABC@オーストラリア Fish depth limited by biochemistry



→ 「動物行動学 動物の心」2014年1〜3月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー