監視社会:
2012年

ほか「監視社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/11 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 「顔認識」機能で情報を集める街頭カメラが増えている
2012/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 政府、個人情報を匿名化して売買するためのルール作りを検討

2012/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 英政府高官曰く、SNSでは偽の個人情報を入力すべき
「信頼できないWebサイトでは偽の個人情報を入力すべき」
2012/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 Kindleで購入した電子書籍はユーザーのものではない

2012/09 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 市販の脳波ヘッドセットから、暗証番号を推測可能!?
 PINコードや誕生月、大まかな住所などの個人情報を推測することができた
2012/09 news@nature.com Forget passwords: How playing games can make computers more secure
パスワードを忘れてください:
ゲームをするのにコンピュータはどうより安全になる場合があるか。
 本人であることを確かめるために単語の代わりにパターンを入力



→ 「監視社会」2012年にはまだつづきがあります 

性淘汰 性差・性行動の生物学:
2012年1〜6月

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/06 【日本語記事】AFP メスが魅力なくすとオスは興味失う、アオガラ研究
2012/06 ABC@オーストラリア Hermaphrodite fish find personality sticks
雌雄同体の魚は、人格の棒を見つける
曲げ性別:変化のセックスがsharpnoseのsandperchに自然に来るかもしれないが、人格変身は別の問題です。
2012/06 EurekAlert  UCLA biologists reveal potential 'fatal flaw' in iconic sexual selection study
聖像の性選択研究で潜在的'重大な欠陥'を明らかにします。
 60年以上前からの、男性が、より無差別であり、仲間を選択するのにおいて女性が、より気難しいのを示した古典的な研究
2012/06 EurekAlert
 Better looking birds have more help at home with their chicks
よりカッコいい鳥は育児でもカッコいい
 結婚相手を選ぶ際に、男性と女性の両方が、どの潜在的パートナーが最も良い遺伝子、最も良い巣篭もり場所、最も良い領土、および最も良い育児能力を供給するかを決定するために視覚的な合図を当てにします。
 雄アオガラの親の振舞いが女性の装飾で決定する
 特異な配分仮説によって予測されるように。
2012/06 Study suggests poor mothers favor daughters
貧しい母親は娘を支える
 息子に比べ、娘は、婚姻によりステータスが上昇する可能性が大きいため
2012/06 EurekAlert
 Stanford researchers discover the African cichlid's noisy courtship ritual
アフリカのシクリッドが繰り広げるの騒がしい求愛儀式
 男性のアフリカのカワスズメが求愛の間発声して、それらが仲間になる準備ができているとき、
 これらの音への女性の感度が増加する
2012/06 【日本語記事】AFP
 ペンギンの「性的堕落」に戦慄、100年前の南極探検隊員 英研究
2012/06 ABC@オーストラリア Eunuch spiders fight off competition
宦官のスパイダーは、競争を撃退
軽い負荷:彼らは競争相手を撃退しているとき、その男らしさが彼らを圧迫しないように、男性のクモが自分自身を去勢、研究者は言う。
2012/06 LiveScience Male Spider Ditches Penis, Gains Fighting Power
2012/06 EurekAlert Wing bling: For female butterflies, flashier is better
翼のピッカピカ: 雌の蝶にとって、見てくれが一番
 雌の蝶が彼らの翼の上のスポットのパターンで彼らの種の男性を特定するようにプログラムされるなら、
 新館パターンは男性でどうしたら発展できますか?
 答えは女性が特異的パターンを好むのが前処理されている間彼女らが、よりうわべだけのものがさらに好きであることを学ぶということです
2012/06 EurekAlert Virgin male moths think they're hot when they're not
2012/06 news@nature.com Giant reef fish headbutt their rivals for sex
巨大なサンゴ礁に棲む魚類headbuttはセックスのための彼らのライバルです。
First sighting of ramming behaviour in bumphead parrotfish during competition for females.
女性の競争の間のbumphead parrotfishの激突のふるまいの最初の目撃例。
2012/06 読売新聞 動物の脳の「性差」解明 東北大院・山元教授ら
 ハエのオスの脳にある特定のたんぱく質をなくすことで、メスの求愛行動を示すようになる仕組みを解明

2012/05 LiveScience
 Ancient 'Sexual Revolution' Laid Foundation for Modern Family
近代家族のために古代の "性的な革命"特財団
初期の人類の進化には、忠実な女性が仲間として良好なプロバイダを選択するようになったときに、
ペアボンディング乱交を交換し、新しい研究は示唆している。
2012/05 EurekAlert Color of robins' eggs determines parental care
コマドリの卵の色は親による子の保護を決定します。
 雄コマドリは仲間が産む卵が青の、より明るい色合いであれば子をかわいがる際に、より勤勉になるでしょう。
2012/05 LiveScience 'Dagger Penises' Cause Early Death of Female Bugs
"ダガーペニス"は女性バグの早期死を引き起こす
外傷授精の練習をすると健康に良いではありません。
2012/05 EurekAlert Early spring means more bat girls
早春は、より多くのメスコウモリを意味します。
 こうもりが春が早く来る何年間も男性のものの2倍の女性の赤ん坊を生産するのを示します。
2012/05 LiveScience Male Water Bugs Sprout Hooks and Spikes For Sex Battle
男アメンボはセックスバトルではフックやスパイク·スプラウト
消極的で女性を保持するために男性の水のバグで進化把握アンテナ
2012/05 LiveScience Water Bug Battle of the Sexes | Video
男性のアメンボが交尾中に消極的雌を把握するための特殊なアンテナを進化させてきた。
サイエンス誌に5月3日発表された論文は、この性的な軍拡競争の背後にある遺伝子を明らかにする。
2012/05 LiveScience Can Polygamy Be Ethical?
一夫多妻倫理ことができますか?
研究者は、一夫多妻の伝統的な形式は本質的に不平等なので、道徳的に不快であることを主張している。
2012/05 Science 性的に拮抗する形質の機能、発生遺伝学、および適応度結果(fitness consequences)Function, Developmental Genetics, and Fitness Consequences of a Sexually Antagonistic Trait
Function, Developmental Genetics, and Fitness Consequences of a Sexually Antagonistic Trait

春は恥じらい夏は攻め
2012/05 Desperate fishwives
デスパレートな魚妻たち
 男性が切望していて、女性が内気であるとしばしば言われます。
  two-spotted goby
しかし、2ぶちのはぜであれば話はそんなに簡単ではありません
2012/05 EurekAlert Female cowbirds prefer less intense male courtship displays
雌のコウウチョウはそれほど激しくない男性の求愛誇示を好みます。
 ほとんどの種では、女性は男性が召集できる中で最も激しい求愛誇示を好みますが、
 雌のコウウチョウが実際にそれほど激しくない表示を好むのがわかります。
2012/04 EurekAlert Courtship in the cricket world
コオロギ世界での求愛
 特にパートナーを見つけることとなると、皆は最も良い光の中に出向きたがっています。
 雄コオロギが相手の気を引くのにどのように同様の戦術を使用できたかを発見しました。
2012/05 LiveScience Bigger Male Gorillas Make Better Mates and Fathers
大きな雄ゴリラは、良い父さん
コンゴの熱帯雨林に住んでいる大きな男性のゴリラが仲間を集めても若い調達に小さいものよりも成功している、新しい研究では、検出されます。
2012/05 EurekAlert Bigger gorillas better at attracting mates and raising young
2012/05 BBC News Family disputes create rebel bees
家族の紛争が反乱ミツバチを作成する
自分の甥と姪を上げる見通しに直面した働きバチ、反乱に走る
女性には男性より広い瞳孔径がある
2012/04 EurekAlert Women have bigger pupils than men
女性は、男性より大きい瞳孔
2012/04 【日本語記事】Nature 性は種の分離を維持する
2つの条件が満たされれば、生態的に差がなく生息域が重複していても、性選択によって種が別々のまま長期間共存可能
生態:生態的に等価な種でも性選択によって長期的共存が可能になる
2012/04 Nature Sexual selection enables long-term coexistence despite ecological equivalence
doi:10.1038/nature10971
女日照りのカマキリオスは危ない行為に走りがち
2012/04 EurekAlert  Mantis males engage in riskier mating behavior if deprived of female access
 女性のアクセスが奪われるなら、カマキリ男性は、より危険な交尾に従事しています。
 最近のアクセスを女性に持っていないなら、雄カマキリは危険な交尾により従事していそうです。
2012/04 EurekAlert Discerning males remain faithful
交配の行為がオスの性器を破壊するクモ、2ショットあり
 A.bruennichiの交尾の選択、彼らが結婚する最初の女性のサイズと年令しだい
2012/04 【日本語ブログ】恐竜のSEX:交尾のイラスト
2012/04 EurekAlert Birds cultivate decorative plants to attract mates
異性を引き付けるために観賞植物を栽培する鳥
 食物以外の用途のために植物を栽培する非人類の最初の証拠
 ニワシドリは性的な表示におけるデコレーション代わりとして使用される果実を伝播します。
 雄ニワシドリが大きい数の果物を持つ植物をそれらの木陰の周りに異常に生えさせた
 女性を引き付けるのにこれらの果実を使用しました。
2012/04 LiveScience Accidental Gardeners: Birds Cultivate Pretty Plants
2012/04 EurekAlert Women with heart disease more likely to have baby girls
心臓病をかかえる女性は、女子を出産する率が高め
2012/04 【日本語記事】BioToday 心疾患女性は女児を出産しやすい
2012/04 ABC@オーストラリア Calls back evolutionary gender theory
進化のジェンダー理論は、コールバック
接続の変更:女性は、彼らが大きくなるにつれて少なく、しばしば男性のパートナーに話すと異常の調査によると、若い世代に目を向ける。
2012/04 EurekAlert Promiscuous queen bees maintain genetic diversity
乱交系な女王ハチは遺伝的多様性を維持します。
 およそ100人の男性と結婚することによって、孤島の女王ハチは、近親交配するのを避けて、健康に居留地を維持します。
 海南島の巨大なはちみつミツバチの群生に焦点を合わせました、中国の沖で。
 これらのハチが長い間彼らの大陸のいとこと切り離されているので、島のハチが非常に異なった遺伝子と近親交配して持つ主要な候補であると思われました
2012/04 EurekAlert European dung-fly females all aflutter for large males
ヨーロッパのフンバエ、メスは大きいオスを好みます
 大きい男性と小さい女性の昆虫のまれな現象の後ろで彼らを運転する選択圧にして。
 これは、彼らが性的なサイズ同種二形において異なるだけではなく、彼らの交尾において異なりもする
北米の、そして、ヨーロッパのフンバエを比較したとき
2012/04 EurekAlert Divorce in birds: She's movin' up, while he's movin' out!
一夫一婦主義のハマシギでは、離婚は男性ではなく、女性に利益を提供します。
2012/04 EurekAlert Sexual reproduction brings long-term benefits, study shows
有性生殖が持つ長期的利点




→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」2012年1〜6月にはまだつづきがあります 

免疫、進化疫学、進化医学:
2012年1〜6月

ほか「免疫、進化疫学、進化医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/06 EurekAlert Dietary fiber alters gut bacteria, supports gastrointestinal health
食物繊維は腸バクテリアを変更して、胃腸の健康サポート
 食物繊維が異なったタイプの有益なバクテリアに向かって腹におけるシフトを促進する
2012/06 日本経済新聞  毛は免疫のスイッチ? 皮膚炎の解明にも期待
 哺乳動物の毛には、皮膚から微生物などが入り込む危険を察知すると、侵入者と戦う免疫細胞を呼び集める働きがある
 慶応大医学部皮膚科の永尾圭介専任講師と天谷雅行教授ら
2012/07 読売新聞 哺乳類の体毛は免疫スイッチ…マウスで証明
2012/06 EurekAlert
  Gut microbes battle a common set of viruses shared by global populations
腸の細菌は世界人口によって共有された1の共通集合のウイルスと戦います。

2012/06 EurekAlert For our guts, not just any microbiome will do
私たちの腸に関しては、どんな細菌叢でもいいというわけじゃない。
 通常、人間で見つけられる1セットの好意的な細菌を運ぶネズミが、適切な免疫システムを開発しないで、その結果病気に影響されやすい状態で残されています。
 動物が微生物のパートナーに共進化して、それら自身の特別なアレイに頼ったのを示しています。
2012/06 EurekAlert Stanford-led study explains how stress can boost immune system
ストレスで免疫力がアップするその機序
2012/06 読売新聞 イチゴに花粉症抑える効果…7日以上食べれば
北九州工業高等専門学校の川原浩治教授
「GAPDH」という酵素
 「とよのか」ではIgE抗体の量が22・3%、「あまおう」は16・7%減少した。
 マウスに与えた量を体重60キロの人に換算すると、一日に「とよのか」(1個15グラム)を20個以上、1週間以上続けて食べる必要がある
2012/06 Science 飛沫感染性A/H5N1インフルエンザウイルスが哺乳類宿主において進化する可能性
The Potential for Respiratory Droplet-Transmissible A/H5N1 Influenza Virus to Evolve in a Mammalian Host
2012/06 EurekAlert Avian flu viruses which are transmissible between humans could evolve in nature
ウイルス学:哺乳動物への鳥インフルエンザ感染
2012/06 Nature Virology: Bird flu in mammals
doi:10.1038/nature11192
医学:H5N1亜型鳥インフルエンザウイルスの改変によるヒトへの馴化の研究
2012/06 Nature Engineering H5N1 avian influenza viruses to study human adaptation
doi:10.1038/nature11170
2012/06 Science 進化、安全性および高病原性インフルエンザウイルス
Evolution, Safety, and Highly Pathogenic Influenza Viruses
2012/06 ABC@オーストラリア Pet dogs can help prevent childhood asthma
ペットの犬は小児喘息を防ぐことができます
番犬:あなたの愛犬に住んでいる微生物は、新しい研究によると、あなたの免疫システムを強化し、小児ぜんそくを防ぐのに役立つ可能性があります。
2012/06 EurekAlert Brothers in arms: Commensal bacteria help fight viruses
共生細菌は、ウイルスと戦うのを助けます。 ネズミ実験
2012/06 【日本語記事】BioToday 人に宿る微生物群マイクロバイオーム研究の一連の成果が公開された

2012/06 【日本語記事】Nature
 旅の道連れ:ヒトマイクロバイオームプロジェクトの最初の成果は、ヒトに住み着いている微生物叢は健康な場合でも個々人で異なることを明確に示している
2012/06 【日本語記事】Nature ヒト腸内マイクロバイオームの多様性
3か国の約150家族に属する500人以上から得た検体群
2012/06 EurekAlert Human Microbiome Project finds vast individuality in healthy human bacterial populations
2012/06 EurekAlert Mapping the healthy human microbiome
2012/06 EurekAlert
 Forsyth Team collaborates with Human Microbiome Project
2012/06 EurekAlert Human Microbiome Project outlines powerful new methods for cataloging and analyzing microbes
2012/06 EurekAlert Forsyth scientists define the bacteria that live in the mouth, throat and gut
2012/06 EurekAlert More than 1 way to be healthy: Map of bacterial makeup of humans reveals microbial rare biosphere
2012/06 EurekAlert
 Consortium of scientists maps the human body's bacterial ecosystem
2012/06 Science 人体の常在菌調査でその豊かな多様性が明らかに
Microbial Survey of Human Body Reveals Extensive Variation
2012/06 ABC@オーストラリア Scientists map genes of human microbes
2012/06 BBC News Human Microbiome Project reveals largest microbial map
2012/06 【日本語記事】BioToday
 病原菌全ゲノム解析で感染制御に役立つ情報を十分早く引き出しうる
微生物学:我々は「誰」なのかを調べる
2012/06 Nature Microbiology: Learning about who we are
doi:10.1038/486194a
微生物学:健康なヒトのマイクロバイオームの構造、機能および多様性
2012/06 Nature
 Structure, function and diversity of the healthy human microbiome
doi:10.1038/nature11234
微生物学:ヒトマイクロバイオーム研究のための枠組み
2012/06 Nature A framework for human microbiome research
doi:10.1038/nature11209
微生物学:ヒト腸内マイクロバイオームの年齢および地理にわたる解析
2012/06 Nature Human gut microbiome viewed across age and geography
doi:10.1038/nature11053
2012/06 読売新聞 アトピー慢性化、原因たんぱく質を発見
2012/06 【日本語記事】National Geographic
 アトピー性皮膚炎の原因蛋白質を特定
2012/06 EurekAlert City kids more likely to have food allergies than rural ones
都会の子は田舎の子より食物アレルギー持ちである割合が高め
2012/06 【日本語記事】BioToday
 哺乳類腸は大腸炎なりやすさに影響を及ぼしうる真菌群を宿している
2012/06 【日本語記事】BioToday 治療不可能な淋病が世界的に広まっている
2012/06 Science クロスオーバー免疫細胞の発見により曖昧になる自然免疫と獲得免疫の境界
Crossover Immune Cells Blur the Boundaries
2012/06 LiveScience Gut Check: Future of Drugs May Rest with Your Microbes
チェック消化管:医薬品の未来はあなたの微生物で休むことが
私たちの腸内微生物が医療の未来に重要な役割を果たす可能性があり、科学者たちは言う。
2012/06 Science 微生物群ゲノムへの取り組み
Tackling the Microbiome
2012/06 Science 腸内細菌叢
The Gut Microbiota
2012/06 Science ヒト微生物群と疾患について見定める
Taking Stock of the Human Microbiome and Disease
2012/06 Science 自らの微生物群と自分自身
My Microbiome and Me
2012/06 Science 微生物群の研究で代役として用いられたブタ
Pigs as Stand-Ins for Microbiome Studies
2012/06 Science 汝の腸内共生生物に再び栄光あれ
Honor Thy Gut Symbionts Redux
2012/06 Science メタゲノムに基づく治療学の時代が来たのか?
Is It Time for a Metagenomic Basis of Therapeutics?
2012/06 Science ヒト微生物群ゲノムの理解に向けた環境理論の適用
The Application of Ecological Theory Toward an Understanding of the Human Microbiome
2012/06 Science 宿主と腸内細菌叢の代謝性相互作用
Host-Gut Microbiota Metabolic Interactions
2012/06 Science 微生物叢と免疫系の相互作用
Interactions Between the Microbiota and the Immune System
2012/06 Science スポーツは微生物を刺激するか?
Do Sports Events Give Microbes a Chance to Score?
2012/06 Science ヒト微生物群ゲノムの理解に向けた環境理論の適用
The Application of Ecological Theory Toward an Understanding of the Human Microbiome
2012/06 Science 宿主と腸内細菌叢の代謝性相互作用
Host-Gut Microbiota Metabolic Interactions
2012/06 Science 微生物叢と免疫系の相互作用
Interactions Between the Microbiota and the Immune System
2012/06 EurekAlert  How infectious disease may have shaped human origins
伝染病はどう人間の起源を形成したかもしれないか。
 免疫システムに関連する2つの特異遺伝子の不活化
エシュリキア属大腸菌K1やGroup B Streptococciなどのいくつかの病原性の菌株、敗血症の主な原因、および人間の胎児、新生児、および幼児の髄膜炎から改良された保護の近代人の選択された先祖を与えたかもしれないと示唆します。
2012/06 【日本語記事】BioToday 中国での薬剤耐性結核の蔓延は深刻
2012/05 Nature A war not yet won
ポリオの根絶まであと一歩のところに来ているが、気を緩めるのはまだ早い。
doi:10.1038/485547b
2012/05 EurekAlert 16th-century Korean mummy provides clue to hepatitis B virus genetic code

2012/05 LiveScience Ancient Mummy Child Had Hepatitis B
韓国の子供のミイラ(16世紀)にB型肝炎ウイルス
その臓器は比較的よく保存されていたB型肝炎を持っていた最古の完全なウイルスゲノムの説明を生産している韓国でミイラ化した子。
2012/05 朝日新聞 ネックレス、ピアス…金属アレルギーの原因、厚労省調査
 ニッケルやコバルトなど3種類の金属がアレルギーの主な原因
2012/05 読売新聞 「日本型」はしか姿消す、代わりに目立つ欧州型
 日本で流行していた型のはしかウイルスが、2010年5月を最後に国内で検出されておらず、代わって欧州など海外に多い型が目立つ
ウコンで免疫力アップ
2012/05 EurekAlert Like curry? New biological role identified for compound used in ancient medicine
クルクミン(料理スパイスウコンで見つけられた化合物)が、
既知のタンパク質のレベルの控え目な、しかし、測定できる増加が
「生まれながら」の免疫システムで重要であることを引き起こす場合がある
2012/05 Science 二足歩行動物であるがゆえの負担
The Burdens of Being a Biped
踵骨骨棘とくじいた足首の傾向があるより容易に折る脊椎骨、より薄い骨、および足を私たちに残しました。
私たちの比較的不活発なライフスタイルと、より長い寿命は私たちの整形外科の欠点を悪化させるだけです。
2012/05 news@nature.com Evolution: Tooth-enamel similarities
2012/05 Science 歯学の進化論
An Evolutionary Theory of Dentistry
人間の歯、顎、および口は現代の産業社会の食事への健康な方法で適合させられません。
私たちは、下品な種子、ナット、塊茎、果物、および肉で栄えるように進化しました。
2012/05 LiveScience Low Ranking Baboons Have Bad Immune Systems
地位の低いヒヒは免疫がしょぼくなる
 社会的地位は、霊長類の健康とウェルネスに大きな影響を与える。
2012/05 EurekAlert New study examines relationship between social status and wound healing in wild baboons
上位の男性のヒヒが他の男性ほど負傷から、よりはやく回復して、病気になりそうにないのがわかります。
2012/05 EurekAlert
  Relationship between social status and wound-healing in wild baboons
2012/05 EurekAlert Viral infections in infancy are not associated with wheezing symptoms in later childhood
幼年時代におけるウイルス性の感染力は学童期の喘息と関連づけられません。
 幼年時代の間のウイルス性の感染力の数は幼年期に後でゼイゼイいうと関連づけられません
みつばち花粉のサプリメント
2012/05 EurekAlert  Bee pollen supplements can cause anaphylactic reactions
 厳しいアナフィラキシー反応を引き起こす場合があります
2012/05 LiveScience Baby's Gut Bacteria Can Influence Immunity
赤ちゃんの腸内細菌は免疫に影響を与えることができます
母乳の赤ちゃんの腸内微生物は、健康な免疫システムに貢献しています。
2012/05 EurekAlert
  Breast-fed babies' gut microbes contribute to healthy immune systems
母乳で育てている赤ん坊の腸の細菌は健康な免疫系に貢献します。
2012/05 National Geographic Runner's High Hardwired in People—And Dogs
人や犬にハードワイヤーランナーズハイ
"ランナーズハイ"と呼ばれる快感が持久力を構築するために、ヒトとイヌの祖先の動機かもしれないが、新しい研究は述べています。
2012/05 【日本語記事】National Geographic ランナーズハイは進化の適応
2012/05 Science ヒトの真菌感染症に立ち向かう
Tackling Human Fungal Infections
2012/05 news@nature.com
 Environmental health: Less biodiversity, more allergies
環境衛生:より少ない生物の多様性、より多くのアレルギー
2012/05 EurekAlert Biodiversity loss may cause increase in allergies and asthma
生物多様性損失はアレルギーと喘息の増加を引き起こすかもしれません。
 減退する生物の多様性は世界中の都市に住んでいる人々で
 喘息、アレルギー、および他の慢性の炎症性の病気の上昇に貢献しているかもしれません
2012/05 BBC News Lack of contact with nature 'increasing allergies'
緑のスペース "アレルギーを防ぐ"
"自然環境"への暴露の欠如は、アレルギーや喘息を開発する多くの都市住民に結果する
2012/05 読売新聞 細菌感染、発熱で攻撃する体の仕組み解明





→ 「免疫、進化疫学、進化医学」2012年1〜6月にはまだつづきがあります 

動物行動学 動物の心:
2012年7〜9月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/09 EurekAlert White shark diets vary with age and among individuals
ホオジロザメの食事に見られる年齢差や個体差
 個々の鮫の食事の好みにおける驚異的な可変性
2012/09 【日本語記事】Nature
 ジンクフィンガーヌクレアーゼ法とTALエフェクターヌクレアーゼ法を使った不完全変態昆虫における遺伝子導入によらないゲノム修飾
 不完全変態昆虫であるフタホシコオロギ(Gryllus bimaculatus)で遺伝子ノックアウト
 遺伝子導入によらない戦略を使う害虫管理に応用できる可能性
バックオーライ
2012/09 EurekAlert Hummingbirds make flying backward look easy
ハチドリにとって、前に飛ぶのも後方に飛ぶのもしんどさは同じ。
 ホバリングよりはラクちん
2012/09 EurekAlert Slave rebellion is widespread in ants
アリの「奴隷反逆」現象は、特殊な事例ではなく、広範囲の特性であるように見えます。
2012/09 LiveScience Slave Ants Rebel Against Oppressors
抑圧者に対して奴隷蟻の反乱

コインサイズの最先端ジオロケーター バイオロギング
2012/09 EurekAlert Backpack-toting birds help UBC researchers reveal migratory divide, conservation hotspots
バックパックを担いだ鳥は、移住の分水嶺、保護ホットスポットを明らかにするのを助けます。
 Swainson's thrushesの2つのブリティッシュコロンビア亜種を追跡
 むやみやたらに分岐している移動ルートを写像して、保護ホットスポットを正確に指摘できました。
2012/09 EurekAlert New research shows bees decrease their food intake when given compound found in red wine
赤ワインの中で見つけられた化合物を与えるとき、ハチがそれらの食物摂取量を減少させるのを示しています。
 前の科学的な調査は、レスベラトロールがさまざまの有機体の寿命を伸す
 また、この化合物はミツバチの寿命を38パーセントまで広げているだけではなく、
 「緩和効果」の引き金となることによってハチが食物の周りでする決定を変えると確認しました。
2012/09 EurekAlert Research shows ants share decision-making, lessen vulnerability to 'information overload'
アリの意思決定共有
2012/09 BBC News Lemurs identify callers from nose grunts
キツネザル '鼻のうなり声は、発信者IDです
キツネザルは、彼らが作る鼻声から他の霊長類を認識することができるかもしれない
2012/09 【日本語記事】AFP 
 アシカの潜水病を防ぐメカニズムを解明、米研究

バイオロギング
2012/09 EurekAlert
 The original Twitter? Tiny electronic tags monitor birds' social networks
小さい電子タグは鳥のソーシャルネットワークをモニターします。
 小さな電子タグは小型の野生動物の社会生活について最初の一見を提供します。
 ニューカレドニアカラスの追跡にタグを使用したところ、驚異的な量の相互作用(社交活動)が明らかにされました。
2012/09 EurekAlert How bumblebees find efficient routes without a GPS
マルハナバチはGPSなしで効率的経路をどう見つけるか。
 マルハナバチがどのように花の間の最も効率的なルートを見つけるか
レーダー追尾を使用しました。
2012/09 EurekAlert Understanding the flight of the bumblebee
2012/09 EurekAlert
 Adolescent male chimps in large community strive to be alphas
大きい共同体の思春期の雄チンパンジイは、アルファであるように努力します。
 思春期の雄チンパンジーの中で支配関係の最初の観測を報告
 そのチンパンジーをそれらの共同体の構成の結果と考えます。
2012/09 news@nature.com Animal cognition: Parrots can make inferences
オウムは推論をすることができます。
2012/09 news@nature.com Marine biology: Glowing is rare on the sea floor
海洋生物学: 発光は海底でまれです。
2012/09 BBC News Crows can 'reason' about causes, a recent study finds
カラスが原因について推論できる
 ニューカレドニアのカラスを使った実験では、彼らは原因と結果を理解していることを示唆
2012/09 ABC@オーストラリア Sharks see world as 50 shades of grey
サメはグレーの50色合いとして世界を見る
色盲:サメは本当に色失明している
2012/09 EurekAlert Songbirds shed light on brain circuits and learning
鳴鳥は脳のサーキットと学習を解明しました。
2012/09 EurekAlert How bees decide what to be
ハチ(おそらく他の動物も)の複雑で、リバーシブルの行動形態が
遺伝子でリバーシブルの化学タグにリンクされるという最初の証拠であると信じられていることを報告します。
2012/09 news@nature.com Job swapping makes its mark on honeybee DNA
ジョブ交換はミツバチのDNAの上で有名になります。
Switching roles within the hive is reflected in reversible epigenetic changes.
群居の中で役割を切り換えるのはリバーシブルの後成的変化に反映されます。
2012/09 EurekAlert Foraging baboons are picky punters
食料を集めているヒヒは相棒の選り好みが激しい
 ヒヒは、どの木で食物を見つけるか、そして、人間が、どこで買い物をするかをまさしく決めるように、
 食料を集めながらだれを連れて行くか、そして、だれと共に買い物に行くかを選びます。
2012/09 EurekAlert Ants have an exceptionally 'hi-def' sense of smell
アリには、例外的に'高クールな'嗅覚があります。
 アリの嗅覚系の最初の完全な地図
 社会性昆虫がほかの昆虫種より4~5種類多くの嗅覚受容体を持っている
 特別なタンパク質に異なったにおいを検出する
2012/09 Science サウンド・イン・ザ・サイレンス:魚の音風景を発見
The Sound in the Silence: Discovering a Fish's Soundscape
2012/09 【日本語記事】Nature 脳:ひげによる接触の認知
マウスに、ひげの動きと触覚やその他の感覚との統合が必要な対象位置決定の課題を実行させ、
そのさなかの体性感覚野内にある運動ニューロン軸索の終末叢の活動を画像化
脳: 運動野-感覚野間投射路の活動から体性感覚の分散符号化が明らかになる
2012/09 Nature Activity in motor-sensory projections reveals distributed coding in somatosensation
doi:10.1038/nature11321
2012/09 BBC News Killer whales live on after menopause to protect sons
シャチの閉経は息子たちを保護するのに役立ちます
シャチの母親は息子を守るために長い人生を生きる、研究では、見つけることができます。
2012/09 LiveScience 'Mama's Boys' May Explain Killer Whale Menopause
'ママの男の子は "シャチの更年期障害を説明するかもしれない
更年期障害は老化シャチの母親は息子の成人、新しい研究ショーのために世話をすることができます。
2012/09 ABC@オーストラリア Mums live longer to care for sons' young
2012/09 Science シャチにおける生殖期後寿命の適応的延長
2012/09 EurekAlert
 Long menopause allows killer whales to care for adult sons

2012/09 【日本語サイト】国立遺伝学研究所
 25年間の凍結から復活した南極線虫  
2012/09 【日本語記事】National Geographic 
 “ゾンビ化”したハチの追跡を開始
2012/09 LiveScience Young Sharks Learn from Friends
若いサメは友達から学ぶ
実験では、レモンのサメはただ、仲間の行動を見て、新しいスキルを拾うことができるかもしれないことを示している。
2012/09 LiveScience Crows Hold Grudges in Humanlike Fashion
知っている顔を見たとき、鳥の脳は、人間の心と同じように点灯します。

2012/09 LiveScience Odd! Birds Screech at Avian Funerals
鳥は"葬送"のために集まる
彼らは死んだ親戚を見たときコーラスで西洋スクラブカケス金切り声を発見した。
2012/09 LiveScience
 Birds Gather For "Funeral" After Seeing Stuffed Cousin | Video
奇数!鳥葬式で鳥スクリーチ
西部のスクラブカケスが倒れた仲間を見つけたとき、彼らは半時間、新しい研究が示している限り、 "お葬式"をきしませたままにします。
2012/09 EurekAlert Scrub jays react to their dead
2012/09 読売新聞 チョウはなぜふん尿まじりの水を吸うのか
 アンモニアを摂取して繁殖の成功度を高めるため
 広島大の本田計一名誉教授らの研究グループ
2012/09 BBC News Cheetah's speed secrets are revealed
チーターのスピードの秘密が明らかに
全力疾走のチーターがどのような "後輪駆動車、"大きな猫の筋線維をマッピングしている科学者たちは言う。
2012/09 産経新聞 魚のえらからセシウム排出 東大教授が確認
2012/09 Science
 細菌の生態学的集団は抗生物質産生と抵抗性の社会的結合ユニットとして機能する
2012/09 EurekAlert New research suggests bacteria are social microorganisms
新しい研究は、バクテリアが社会的な微生物であると示唆します。
2012/09 EurekAlert Deep-sea crabs grab grub using UV vision
深海のカニは、紫外線視覚を使用することで幼虫をつかみます。
 海洋の中で0.5マイルを償うカニが、青と紫外線に感度を合成しながら、日光の範囲を超えて一種の色感を持っています。
 短波長の検出は毒ではなく、食物をつかむのを保証する方法をカニに与えるかもしれません。
2012/09 EurekAlert
 Bright life on the ocean bed: Predators may even color code food
海底の鮮やかな生物:捕食者はコードを食物に着色さえするかもしれません。
 バハマの海岸から700メーターの危険な下降をして、海底が光に関するフラッシュで水面すれすれであると発見しました。
 また、深海動物には、印象的な色感があります。(薄暗い状態はそれに完全に調整されます)。
チームは、これらの生物がそれらの食物にコードを着色さえするかもしれないのを示します。
2012/09 EurekAlert Deep-sea crabs seek food using ultraviolet vision
2012/09 BBC News Deep-sea crabs have colour vision
深海のカニは色覚を持っている
2012/09 EurekAlert
 Albatross 'dynamic soaring' achieved by repeated curve-altitude oscillation
アホウドリ
2012/09 National Geographic
 Albatross's Effortless Flight Decoded—May Influence Future Planes
アホウドリの楽なフライトは、デコードされた - 可能性のある将来の飛行機に影響を与える
2012/09 Monkeys benefit from reciprocity without the cognitive burden
フサオマキザルは向社会性が高い
2012/09 EurekAlert Reciprocity an important component of prosocial behavior
猿が必ず過去の好意の正確な道を保つというわけではなくて相互的な贈り物の交換の利点を獲得するかもしれない
2012/09 National Geographic Black Bears Can "Count" as Well as Primates
ツキノワグマも霊長類なみに "カウント"することができます
National Geo Christine Dell'Amore
黒クマは森の中で数えていますか?おそらく、哺乳動物は霊長類のように賢くあることを示していた最近の調査によると。
2012/09 【日本語記事】National Geographic  クマも“数”を数える
2012/09 BBC News Birds hold 'funerals' for dead
鳥は死者のための "葬式"を保持する
彼らは倒れた鳥に遭遇したときに、西洋のスクラブカケスが叫ぶと体の周りに集まる、科学者が発見。
2012/09 毎日新聞 シオカワコハナバチ:集団だと幼虫生存率9倍 北大准教授ら、共同研究の成果発表 
 蜂は集団生活の方が単独生活に比べ、幼虫の生存率が約9倍高い
 北海道大の長谷川英祐准教授ら




→ 「動物行動学 動物の心」2012年7〜9月にはまだつづきがあります 

アルコール中毒、飲酒の影響:
2012年1〜6月

ほか「アルコール中毒、飲酒の影響」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


酒の席は社会の潤滑油
2012/06 EurekAlert University of Pittsburgh study reveals moderate doses of alcohol increase social bonding in groups
適度の投与量のアルコールによってグループ靭帯が社会的に増加するのを明らかにします。
 適度の量のアルコール(社会的環境では、消費される)が積極的な感情と社会的な接着を高めて、
 それらの飲酒の中で否定的情動を救うことができる
2012/07 BBC News Two thirds 'turn to drink' to relax in the evening
ストレス "人々が飲むために押す"
人々のほぼ3分の2 "は、夜にリラックスするのにアルコールに依存している"。
2012/06 【日本語記事】BioToday
 アルコール依存と関連する2つのコピー数多型(CNV)が見つかった
2012/06 EurekAlert  Low/moderate drinking in early pregnancy has no adverse effects on children aged 5
妊娠初期の少量~適度の飲酒、5歳時点の子供における悪影響はみられない
2012/06 BBC News Moderate drinking in early pregnancy branded 'safe'
2012/06 【日本語記事】BioToday
 妊娠中の僅かな飲酒が子の精神発達に悪影響を及ぼすことはなさそう
2012/06 EurekAlert
 Limited amounts of alcohol during pregnancy do not harm children
2012/06 EurekAlert  American teens are less likely than European teens to use cigarettes and alcohol
アメリカ人の十代はヨーロッパ人の十代ほどタバコとアルコールを使用しそうにはありません。
2012/05 朝日新聞 トマトでアルコール濃度低下 お酒と一緒にどうぞ
トマトジュースと一緒に飲んだ場合は、同量の水を一緒に飲んだ場合と比べて、アルコール濃度が平均で3割低かった。
体内からアルコールが完全に分解される時間も、約50分早かった。
2012/05 【日本語記事】National Geographic トマト食べると酔いにくく覚めやすい?
2012/05 EurekAlert - Alcohol intake in the elderly affects risk of cognitive decline and dementia
高齢者の飲酒がおよぼす認知機能低下と認知症のリスク影響

16~17世紀の記録からすると、酒税をあげたからといって飲酒量が減るとは限らない
2012/04 EurekAlert Key lessons from history on alcohol taxes
酒税に関する歴史からの重要な教訓
 アルコールの税金における高騰は必ず消費を抑えるというわけではありません
2012/04 EurekAlert TV alcohol advertising may play role in underage drinking
テレビのアルコール広告は未成年者の飲酒を招きうる
2012/04 【日本語記事】BioToday
 アルコール渇望に扁桃体基底外側部の活性亢進が寄与しうる
2012/04 【日本語記事】BioToday
 アルコールは集中を緩めることによって創造的問題解決能を高めうる
2012/04 EurekAlert  Peers influence adolescent drinking, but not always how you might expect
同輩は未成年者の飲酒に影響を及ぼします。
 人気のある仲間に影響されやすく、その中でも「飲まない」系のイケてる仲間に同調しやすい
2012/04 【日本語記事】BioToday 心筋梗塞生存男性の適度な飲酒と全死亡リスク低下の関連が示された




→ 「アルコール中毒、飲酒の影響」2012年1〜6月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー