知能指数、IQテスト:
2011年

ほか「知能指数、IQテスト」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


学校に通う期間が長いほうが知能指数が高くなるっぽい
2011/12 BBC News More time at school 'boosts IQ'
 義務教育期間を伸ばしたら、卒業数年後の知能指数に差が見られる
 一年長ければIQが3.7ポイント高まる

2011/11 【日本語記事】BioToday 思春期後半のIQが低かった男性は中年初期に腹が出やすい
2011/11 【日本語記事】BioToday 失読症とIQは関連しないようだ
2011/11 【日本語記事】Nature 心理:青年期の脳は変化する
 神経学的に正常な33人を青年期の前期および後期に調べた脳画像化研究で、言語性IQおよび非言語性IQが上下
 これらは発話および動作と関連する脳領域の灰白質における変化にそれぞれ対応している
発達:ティーンエイジャーの脳では言語性知能および非言語性知能は変化する
2011/11 Nature Verbal and non-verbal intelligence changes in the teenage brain
doi:10.1038/nature10514




→ 「知能指数、IQテスト」2011年にはまだつづきがあります 

社会心理学 集団心理:
2011年

ほか「社会心理学 集団心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 Science Uninformed Individuals Promote Democratic Consensus in Animal Groups
動物の集団において情報不足な個体が民主的合意形成を促進する
2011/12 Why a Democracy Needs Uninformed People
2011/12 BBC News Uninformed 'vital for democracy'
2011/12 EurekAlert Following the crowd supports democracy
多数派に従うのは民主主義をサポートします。
The majority can benefit when individuals are uninformed.
個人が無知であれば、マジョリティが利益を得ることができます。
2011/12 EurekAlert Study explores men's ability to manage fear in ways that allow them to exhibit confidence
恐怖を制御する男性の能力は信用を示すことができる
 自分の怯えを抑え、他者の恐怖や畏怖を喚起する
2011/12 Moral dilemma: Would you kill 1 person to save 5?
トロッコ問題のジレンマ:
 9割!の人は、5人を救うために一人を殺すと回答 ~ミシガン州立大
 Carlos David Navarrete 進化心理学者 カルロス・デヴィッド・ナバレテ
 調査結果が仮想ベースでない過去の研究と一致している
 スイッチを引かなかった関係者は、感情的テンパリが強かった
 この理由は未知だが、新兵が射撃に失敗するような、思考停止に近いものがあったのではないか
反無神論者感情の社会心理学
2011/11 EurekAlert UBC study explores distrust of atheists by believers
不信こそが、信心深い人々が無神論者を嫌う理由の最たるもの
見られていると行儀が良くなるその機序
2011/11 Punishment of egoistic behavior is not rewarded
エゴイスチックな振舞いに対する罰には、報酬を与えられません。
 わがままなメンバーをたしなめる行動は、愛の現れでもあるだろうに、結果的にはあまりその点は評価されないわけで
 他人を評価する基準は、悪人を罰する正義感ではなく、心広く親切で協力的な信頼性なのである
 人々は特に愛他的なパートナーを特定し、彼らのふるまいの利益を獲得するのだ
 誰かを害する自分の行動は、他人には見られたくないものである
 そんなこんなで、他者を観察している自分自身の姿は見られたくないし、自分のエゴ行動も見られたくない、という戦略が普通に出てくるわけでございまして
2011/11 EurekAlert People rationalize situations they're stuck with, but rebel when they think there's an out
人々は、それらが張り付けられる状況を合理化しますが、アウトがあると思うとき、造反します。
 自分達が規則や制限で張り付けられる気がする人々は、規則が明確でないと考える人々よりそれに満足している傾向があります。
 この結論が、片思いからアラブのSpringの暴動までのすべてについて説明するのを助けるかもしれない




→ 「社会心理学 集団心理」2011年にはまだつづきがあります 

生命倫理、生命操作、安楽死:
2010〜2011年

ほか「生命倫理、生命操作、安楽死」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 news@nature.com US bioethics panel urges stronger protections for human subjects
米国バイオエシックス委員会は人間の対象のための、より強い保護を促します。
Present regulations are adequate but not optimal, report says.
レポートには現行規制が適切ですが、最適でないと書かれています。
2011/12 朝日新聞 尊厳死、法制化の動き 延命回避の医師免責 議連が骨子
 終末期医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)
2011/12 EurekAlert Human brains unlikely to evolve into a 'supermind' as price to pay would be too high
現状のコスト&ベネフィットでは、人間の脳は'「スーパー・マインド」'には進化しそうにない
 人間の精神は進化の「スイート・スポット」を突いており、
コンピューターとかとは違って、トレードオフなしでは、これ以上賢くなることができません
2011/12 Why aren't we smarter already? Evolutionary limits on cognition
認識力における進化論の限界
2011/12 BBC News Peru women fight for justice over forced sterilisation
ペルーの政府は断種の論議を呼んだ産児制限プログラムに調査を再開しました。
発表は権利が侵害されたと感じている多くの女性と男性に新鮮な望みをもたらしました。
2011/11 【日本語記事】BioToday スイス製薬会社が死刑執行薬の返還をネブラスカ州に求めている

2011/11 EurekAlert Should we prepare for the end? New report calls for decriminalization of assisted dying in Canada
私たちは終わりの用意をするべきですか?
最新の報告はカナダの死の幇助の解禁を求めます。
 寿命末期に自殺幇助が自由で知識がある決定をする有能な個人のために法的に受入れられるべきである
2011/11 BBC News Mississippi voters reject life at conception amendment
ミシシッピーの有権者は、ヒトの受精卵を人と定義する憲法改正案を拒絶しました。
死後の我が子の脳を、脳研究用の材料として寄贈できますか
2011/10 news@nature.com Tissue-bank shortage: Brain child
組織バンク不足
研究用に子供の脳を寄贈するように両親に頼むのは感情的に悲惨です。
研究者の中にはもうタブーをわきへやるべき時間であると言う人もいます。
2011/10 Nature A priceless resource
亡くなった子ども、胎児から提供を受けて脳バンクができれば、精神疾患の研究に非常に役立つだろう。
doi:10.1038/478427a
2011/10 BBC News Egg donor compensation is to triple under new HFEA guidelines
卵子提供の代価、3倍増 イギリス

2011/07 Nature The legacy of Doctor Moreau
有益な治療法につながるヒト-動物キメラ胚の研究を行うためには、強い嫌悪感があることに配慮し、厳格だが合理的な規制が必要だ。
doi:10.1038/475423a
2011/07 EurekAlert Informed-consent forms should be shortened, simplified, Johns Hopkins bioethicists confirm
インフォームド・コンセントの書類は短く簡潔に
2011/07 news@nature.com Regulations proposed for animal?human chimaeras
規則は動物+人間のキメラのために提案されます。
UK lays out first framework to govern ethically sensitive research field.
イギリスは、倫理的に敏感な研究分野を決定するために最初の枠組みを広げます。



→ 「生命倫理、生命操作、安楽死」2010〜2011年にはまだつづきがあります 

未分類:
2011年後半

ほか「未分類」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 EurekAlert Women with celiac disease suffer from depression, disordered eating
セリアック病の女性はうつ、摂食障害に悩みます。
 無グルテン食を固く守るときさえ。
2011/12 【日本語記事】MT Pro 「25年ぶりに胃から摘出されたペン,まだ書けた」
BMJの症例報告が話題に サインペン
2011/12 【日本語記事】AFP 「アイルランドの巨人」に安らかな眠りを、英医学者が主張
身長が2メートル30センチもあった18世紀のアイルランド人、チャールズ・バーン(Charles Byrne)
解剖学者ジョン・ハンター(John Hunter)の標本コレクション
2011/12 news@nature.com XMRV paper withdrawn
Science retracts paper linking virus to chronic fatigue syndrome.
サイエンスはXMRVのウイルスを慢性疲労症候群に関わるとする論文を取り下げる
2011/12 【日本語記事】National Geographic 豪雨が数年後の大地震を誘発?
2011/12 EurekAlert Restorative practices found to be effective alternative to zero tolerance in schools
生活指導における修復的実践は、学校の許容度ゼロ/ゼロトレランスへの効果的な代替手段であることがわかる
 代替的生活指導論
2011/12 EurekAlert Princeton study: Nighttime images help track disease from the sky
夜間イメージは、空から病気を追跡するのを助けます。
 通常、人の居住地特定に使用される夜間ライトの衛星画像を流用できる
2011/12 EurekAlert Those who stay together yawn together
一緒によくいる人が、一緒にあくびします。
 見知らぬ人のあくびより親族か友人のあくびほうが、が伝染りやすい
2011/12 BBC News Catching a yawn 'a family matter'
2011/12 【日本語記事】National Geographic あくび、近親者だと“伝染”しやすい?
2011/12 National Geographic "Contagious" Yawning Occurs More Among Loved Ones
2011/11 【日本語記事】BioToday BPI+フルオロキノロン併用は放射線曝露による死を防ぐ/マウス実験
2011/11 EurekAlert Antibiotics in swine feed encourage gene exchange
豚に食わせる抗生物質は、腹の中の微生物が行う遺伝子交換を促進いたします。
 腸内細菌叢が抗生物質耐性遺伝子を共有し始める
2011/11 EurekAlert The scoop on the dangers of snow shoveling
雪をシャベルですくうと心臓発作が引き起こされる
2011/11 【日本語記事】BioToday ナトリウム摂取は多すぎても少なすぎても心血管リスクを高めうる
2011/11 ABC@オーストラリア Too little salt in the diet a 'bad thing'?
パンク版ラスコー洞窟壁画登場
2011/11 EurekAlert Johnny Rotten's graffiti: The new heritage?
ジョニー・ロットンの落書き: 新しい遺産?
 考古学者による新しい研究ははるかに最近作られたマークを調べています
 1970年代の半ばにロンドンで賃借されたアパートの壁でパンクグループセックスピストルズによる落書きを発見しました。
 デンマーク・ストリートの食器棚の後ろで見つけた落書きが、「反逆の急進的で劇的な運動のダイレクトで強力な表現」であると言います。
2011/11 【日本語記事】BioToday 9/11テロでの高レベル粉塵曝露と動脈硬化リスク上昇が関連しうる
2011/11 EurekAlert Metabolic syndrome biomarkers predict lung function impairment after exposure to WTC dust
メタボリック症候群生体標識は、WTCのほこりへの露出の後に肺の機能損傷を予測します。
メタボリック症候群生体標識は、微粒子の露出の後にその後の肺機能低下を予測します
世界貿易センターのほこりにさらされた救急隊員にかかわる新しい研究
胎児型ヘモグロビンのサイレンシングを干渉することによる、成体マウスにおける鎌状赤血球貧血の改善
2011/11 Science Correction of Sickle Cell Disease in Adult Mice by Interference with Fetal Hemoglobin Silencing
2011/11 【日本語記事】BioToday ナッツの摂取は代謝症候群患者のセロトニンレベルを高めうる
慢性疲労症候群患者の血中にXMRV/MLVsは確認できない:多施設試験
2011/11 Science
 Failure to Confirm XMRV/MLVs in the Blood of Patients with Chronic Fatigue Syndrome: A Multi-Laboratory Study
2011/11 朝日新聞 「擬似火星」6人無事帰還 520日間の閉鎖空間実験
2011/11 朝日新聞 「火星旅行」から帰還へ… 閉鎖空間で520日模擬体験
2011/11 読売新聞 火星旅行想定、窓なし「宇宙船」に520日間!
 昨年6月からモスクワで行われていた隔離実験「火星500」が4日終了
 参加していたロシアや欧州、中国の医師や宇宙関連の専門家の男性6人が、520日間の隔離状態から解放された。
2011/11 BBC News Simulated Mars mission 'lands' back on Earth
2011/11 news@nature.com Simulated Mars mission 'returns' to Earth
シミュレートされた火星探査ミッションは地球に'戻ります'。
Six crewmen survived 520 days of isolation, but experiment was limited in its realism.
6人の乗組員が520日間の孤立を乗り切りましたが、実験はリアリズムが制限されました。
2011/11 朝日新聞 「火星行けると確信」 密室実験参加の6人語る ロシア
2011/11 【日本語記事】中央日報@韓国 韓国研究チーム、糖尿病完治の道を開く(1)
 豚の膵島(ランゲルハンス島)細胞を猿の肝血管に注入し、7カ月以上にわたり拒絶反応なく血糖を正常を維持するのに成功
車で出かけずに、大量輸送機関や自転車を利用すれば、医療費が節約できますよ
2011/11 EurekAlert Increased use of bikes for commuting offers economic, health benefits
自転車通勤増加は経済健康利益を提供します。
2011/11 産経新聞 宝石のような新鉱物、愛媛で発見
エメラルドのような緑色に輝く新種の鉱物を愛媛大などの研究チームが愛媛県で発見
角閃石(かくせんせき)の一種で「愛媛閃石」(学名・エヒメアイト)と命名
国内で見つかった新鉱物では最上級の美しさ
2011/10 BBC News 'New' Velazquez portrait unveiled
2011/10 読売新聞 切られても壊されても自己修復 新素材できた
 原田明・大阪大教授ら
 切断面に酸化剤を塗ればくっつきにくくなり、還元剤を塗ると接着力を取り戻して自己修復力が高まる
2011/10 EurekAlert Recycling thermal cash register receipts contaminates paper products with BPA
感熱タイプのレジ領収書を再生すると、紙製品はビスフェノールA(BPA)で汚染されます。
羊の頭はこんなに美味しいのに、販促しましょう
2011/10 Scary is exciting -- sheep's head is not for wimps
2011/10 BBC News When did potatoes become unpopular?
米国、給食のじゃがいもの量を制限する計画
学食で1週間に二度だけ、でんぷん質の野菜を出すことができる
とうもろこし、えんどう、豆・・・じゃがいも
ウズベンの発光機序
2011/10 Explanation for glowing seas suggested
単細胞のプランクトン渦鞭毛虫類によって引き起こされる生物発光のために潜在的機序
2011/10 【日本語記事】BioToday 日焼けマシンの紫外線タイプは最も脆弱な皮膚深部まで到達しうる
2011/10 【日本語記事】BioToday 芥子菜に含まれるホモブラシノリドは筋肉量を増やす
 蛋白同化作用があり、食欲や筋肉量を増やす:ラット実験結果
2011/10 【日本語記事】BioToday 低地に住む人が高地に上ると一酸化窒素の生成/活性が更新する
2011/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 激辛トウガラシの秘密は「ミミズ」
 ミミズコンポストの中の分解された虫の死骸が鍵。
 虫の死骸を含むコンポストの排水を与えると、トウガラシは虫に食われていると錯覚。
 トウガラシが防御反応を起こし、食べられないように辛み成分を多く出すようになる
2011/09 【日本語記事】中央日報@韓国 韓国の世界評判 50カ国中34位
 アジアでは中国(43位)だけが韓国より低かった
2011/09 EurekAlert Control gene for developmental timing discovered
発見された発育タイミングのための制御遺伝子
 研究者がこの監視委員の機能を妨げたとき、動物は、それらの開発の速度を早くして、標準よりはるかに速い円熟に達しました。
2011/09 【日本語記事】BioToday 慢性疲労症候群とXMRVウイルスの関連は打ち砕かれた
2011/09 Science The Waning Conflict Over XMRV and Chronic Fatigue Syndrome
XMRVと慢性疲労症候群をめぐる対立が弱まる
栄養だけでなく、遺伝子操作因子も食べている
2011/09 EurekAlert We are not only eating 'materials', we are also eating 'information'
私たちは'材料'を食べているだけではありません、'情報'も食べています。
 植物のmiRNAsが、食物摂取経路で摂食者の血液や組織を・・・
 そのうえ、摂食者の'目標'の遺伝子をコントロールすることによって、摂食者の生理学にも作用してくる
2011/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 食べ物が遺伝子の発現に直接作用する
2011/09 EurekAlert Woolly mammoth's secrets for shrugging off cold points toward new artificial blood for humans
新しい人工血液はマンモスっぽい
 マンモスの血液は、現代の低体温療法のためにニューブラッド製品を開発するのを助けています。
2011/09 A study reveals the rhythms of communications between people
研究は人々のコミュニケーションのリズムを明らかにします。
 人々のコミュニケーションは激しい期間の会話と長期の不活発で炸裂で作り出されます。
 そして、同時に同じ社会集団のメンバーの間で起こります
 社会集団はそのグループの中で情報の普及を加速します。
2011/09 EurekAlert Stomach bacterium damages human DNA
ピロリ菌は人間のDNAを破損します。
 胃粘膜細胞のDNAを破損し、癌化に向けてセットアップするヘリコバクター属幽門のメカニズムを特定
2011/09 ヒトは幼児期の生存確率を高めるために色覚を得た 京大が解明
京都大学(京大) 正高信男
 哺乳動物でヘビを「本能的」に恐れるのは、サル類でも色覚の発達した種に限られており




→ 「未分類」2011年後半にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー