遺伝病、遺伝子治療、遺伝子診断、DNA鑑定:
2006年7〜12月

ほか「遺伝病、遺伝子治療、遺伝子診断、DNA鑑定」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 12


The (Strangest) Song: One Father's Quest to Help His Daughter Find Her Voice

●『世界で一番不思議な歌』 娘が声を手に入れる方法を探し続けた一人の父親
 Teri Sforza (著), Howard Lenhoff (著), Sylvia Lenhoff (著)
 Prometheus Books (2006/10/2)
書籍情報と書評:アマゾン     .

『最も奇妙な歌』−珍しい遺伝学的な障害ウィリアムズ症候群と音楽の才能を結びつける物語
2006/12 EurekAlert  'The Strangest Song' -- The story of the link between a rare genetic disorder and musical talent
 知能指数55。
 右も左もわからず、道も一人で渡れない。
 まともに自分の名前も書けないし、簡単な算数もできません。
 でも、51才のGloria Lenhoffは、数十ヶ国の数百の歌曲を、すばらしい技量とソプラノで自在に歌い上げることができるのです。


2006/12 BBC News Fatal brittle bone gene is found
2006/12 BBC News 'Mutant genes' could treat cancer
2006/12 EurekAlert Cease and desist -- genome stability and epithelial carcinogenesis
中断と、断念−ゲノム安定性と上皮の発癌
2006/12 EurekAlert Gene discovered for form of brittle bone disease
骨形成不全症の様態で発見される遺伝子
 骨形成不全症の致命的な症状を示すケース、遺伝学的なコラーゲンの生産障害
平成18年12月22日 【日本語サイト】厚生科学審議会科学技術部会 第18回がん遺伝子治療臨床研究作業委員会議事概要
平成18年12月25日 【日本語サイト】 第35回厚生科学審議会科学技術部会  遺伝子治療臨床研究実施計画の終了報告について
血友病
2006/12 EurekAlert A transplant in time
 Scientists ID time window for effective porcine embryonic tissue transplant
適時の移植
 豚胎児の組織移植のための効果的な時間ウインドウ
膵臓ガンがやたらヤバイそのわけ
2006/12 BBC News Key to why cancer kills so often
2006/12 EurekAlert Profiling of cancer genes may lead to better and earlier detection
ガン遺伝子のプロファイリングは、より良い、より初期の発見に導くかもしれない
敗血症
2006/12 EurekAlert Gene chip technology shows potential for identifying life-threatening blood infection
遺伝子チップ技術は、生命を危うくする血伝染病を特定することのためのポテンシャルを示す
ガンを攻撃する遺伝子組み換え細胞
2006/12 EurekAlert Genetically modified cells attack tumors
 神経系における遺伝子組み換え幹細胞が小さい腫瘍さえ活発に捜す
2006/12 EurekAlert Researchers find stem-cell therapy effective in targeting metastatic cancer
転移の腫瘍に目標を定める幹細胞療法
腎移植で癌
2006/12 New Scientist Kidney transplants linked to tripled risk of cancers
腫瘍の3倍になるリスクにリンクされる腎臓移植
2006/12 EurekAlert Underground air might cause DNA damage
2006/12 EurekAlert Genomic tests improve prediction of breast cancer response to chemotherapy, hormonal therapy
遺伝学的テストは、化学療法(ホルモンの治療)への乳ガン反応の予測を改善する
2006/12 EurekAlert Cambridge led team discovers gene mutation which prevents carriers from feeling pain
無痛症 遺伝子突然変異 パキスタンの3家族から
2006/12 National Geographic Feeling No Pain: New Form of Rare Gene Disorder Decoded
2006/12 Discovery Genetic Defect Prevents Pain
2006/12 BBC News Mutant gene blocks sense of pain
2006/12 Nature 神経生物学:痛みの強さを決めるチャネル Neurobiology: A channel sets the gain on pain
2006/12 Nature SCN9A チャネル病の1 つでは先天的に痛みを感じることができない
 An SCN9A channelopathy causes congenital inability to experience pain
2006/12 news@nature.com The mutation that takes away pain
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 遺伝 : 痛みを感じない理由
乳癌ってもしかして性病!?
2006/12 ABC@オーストラリア Breast cancer may be sexually transmitted
2006/12 【日本語記事】asahi.com 更年期障害ホルモン療法 乳がんリスク6割減 厚労省
 米国で「乳がんリスクを高める」HRT、日本人にとっては利益の方が大きい
2006/12 EurekAlert Decline in breast cancer cases likely linked to reduced use of hormone replacement
乳ガン症例の減少はおそらくホルモン補充療法の減少にリンクされる
2006/12 BBC News Breast cancer drop linked to HRT
下の子ほど脳腫瘍の確率高め
2006/12 Nature Younger siblings up the odds of brain cancer
子供時代の感染が脳腫瘍リスクを倍にする?
2006/12 New Scientist Sibling link to brain tumour risk revealed
2006/12 EurekAlert Number of siblings predicts risk of brain tumors
兄弟の数から脳腫瘍のリスクを予測する 兄弟が多いと、一人っ子より高め
2006/12 EurekAlert Gene discovered by UNC researchers tied to pancreatic cancer
膵臓ガンに結びつけられる遺伝子
2006/12 EurekAlert First familial pancreatic cancer gene identified
遺伝性膵臓ガン遺伝子、初特定
2006/12 EurekAlert University of Washington-led team discovers a gene that causes familial pancreatic cancer
2006/12 EurekAlert Pioneers in field of functional genomics work toward gene therapy for vision defects
視覚障害のための遺伝子治療
 成人で、網膜の色覚障害を治療したとしても、脳の色覚処理はついてこれるだろうか
2006/12 EurekAlert Cancer immunoresistance linked to loss of tumor suppressor gene
腫瘍抑制遺伝子の不在にリンクされるガン免疫抵抗性
2006/12 EurekAlert Inheritance outside DNA
DNAの以外の遺伝
 腸ガンのためのスクリーニング — non-DNAエピジェネティック(後成的)遺伝形質を分析
2006/12 EurekAlert Antibody extends life of mice with breast cancer
抗体は、乳ガンでマウスの寿命を延ばす
2006/12 EurekAlert Natural protein stops deadly human brain cancer in mice
自然のタンパク質は、マウスにおける致命的な人間の脳ガンを止める
ガンになる幹細胞様集団に目標を定める治療
2006/12 EurekAlert 'Erectile dysfunction' drugs heighten natural anti-cancer activity
『勃起機能不全』薬は、天然の抗癌活動を高める
2006/12 EurekAlert New biomarker predicts effectiveness of breast cancer drugs
新しいバイオマーカー(生体指標)は、乳ガン薬の効果を予測する
2006/12 EurekAlert 'Diabetes gene' may be linked to polycystic ovary syndrome
『糖尿病遺伝子』は、多嚢胞性卵巣症候群に関係があるかもしれない
細胞:骨形成タンパク質はヒトの脳腫瘍誘発細胞の腫瘍形成能を抑える
2006/12 Nature Bone morphogenetic proteins inhibit the tumorigenic potential of human brain tumour-initiating cells
2006/12 EurekAlert Abnormal Pap smears not unusual
異常な子宮頚癌検診だらけ
女性の4人に一人は子宮頚癌検診テストで異常な結果
ポンペ病 (Pompe disease)
 6ヵ月になる前にrhGAAを始めれば、死のリスクが大幅に減る
2006/12 EurekAlert Treatment discovered for deadly childhood disease
致命的な子供時代疾患のために発見される治療
2006/12 EurekAlert Blame our evolutionary risk of cancer on body mass
ボディマスに関してガンの我々の進化のリスクを非難しなさい
細胞寿命を減らしてガンを妨ぐ鍵酵素、ボディマスに関係がある。
2006/12 BBC News Obesity 'to fuel rise in cancers'
2006/12 EurekAlert STAR*D study examines effect of genetic variation in treatment resistant depression
2006/12 EurekAlert Cancer drug side effect caused by cell 'pump' problem
2006/12 EurekAlert Protein-based tumor biomarker predicts breast-cancer survival
タンパク質に基づく腫瘍バイオマーカー(生体指標)で、乳ガン生存率を予測
2006/12 EurekAlert Indiana University researchers discover unique marker to identify breast cancer protein
乳ガン・タンパク質を特定するユニークなマーカー
2006/12 EurekAlert More common associations found between BRCA1 and BRCA2 mutations and cancer
BRCA1とBRCA2突然変異とガンの間で発見されるより一般的な関連
2006/12 EurekAlert Changes in dietary protein may override inherited skeletal abnormalities
食事のタンパク質の変化は、先天性の骨格異常を越えるかもしれない
2006/12 EurekAlert Hair-growth drug artificially lowers PSA levels in prostate cancer screening, study finds
育毛薬は、前立腺のガン・スクリーニングにおける人工的にPSAレベルを下げる
2006/12 EurekAlert Study uncovers mutation responsible for Noonan Syndrome
研究は、Noonan(ヌーナン)症候群に対して責任を負う突然変異を発見する
2006/12 【日本語記事】Science日本版 プロゲステロンが乳癌を引き起こす?
Progesterone, a Culprit in Breast Cancer?
2006/12 【日本語記事】Science日本版 全ゲノム関連解析により、炎症性腸疾患遺伝子としてIL23Rが同定された
A Genome-Wide Association Study Identifies IL23R as an Inflammatory Bowel Disease Gene
2006/12 【日本語記事】Science日本版 マウスにおいてBrca1遺伝子を介した乳癌発生はプロゲステロンアンタゴニストにより阻止される
Prevention of Brca1-Mediated
Mammary Tumorigenesis in Mice by a Progesterone Antagonist
2006/12 New Scientist Gene silencing fights mad cow disease
ジーン・サイレンシングは、狂牛病と戦う




→ 「遺伝病、遺伝子治療、遺伝子診断、DNA鑑定」2006年7〜12月にはまだつづきがあります 

医療社会学、医療人類学:
2006年7〜12月

ほか「医療社会学、医療人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 薬の現状


2006/12 【日本語記事】読売 「ニセ薬」が国際流通、WHO調査
 アジアと南米の一部、アフリカでは、流通する薬の30%以上が偽造
 個人輸入した偽造薬で健康被害
2006/12 【日本語記事】薬事日報社 ジェネリック医薬品の科学的検証めぐり討論‐日本臨床薬理学会
2006/12 【日本語記事】薬事日報社 バイアグラ‐個人輸入の半数は偽造品
2006/12 【日本語記事】 読売 薬の副作用対処法HPに
 医薬品・医療機器等安全性情報 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構.
2006/10 【日本語記事】 読売 医薬品の副作用対応マニュアル、厚労省が公表
2006/10 【日本語記事】 asahi.com 「後発医薬品は劣る」先発メーカー、 独禁法違反のおそれ
2006/09 【日本語記事】 asahi.com 高齢者の2割「薬7種類以上」 外来で処方
2006/09 【日本語記事】 asahi.com ALSへの脳梗塞薬投与、保険適用を要望
 脳梗塞薬「エダラボン」は保険適用外のため年120万〜300万円自己負担に
2006/09 【日本語記事】 asahi.com ジェネリック医薬品、医師の7割が信頼性に「?」
ヒト胎盤製剤使用者からの献血制限 厚労省方針
 アンチエイジング(抗加齢)や美容用途の「プラセンタエキス注射剤」
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
胎盤エキス注射した人は献血禁止、ヤコブ病感染防止で
2006/08 【日本語記事】 読売
献血:プラセンタ使用者は禁止−−厚労省
2006/08 【日本語記事】 毎日新聞
薬:増やしたよ、絵文字23種−−適正使用協
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞
2006/07 news@nature.com Pharma companies becoming more aggressive towards generics firms
Merck's tactics with statin shows how brand companies are upping the ante to retain market share
薬の用法、わかりやすくします…「絵文字」23種追加
2006/07 【日本語記事】 読売
 国内の製薬会社などで構成する任意団体「くすりの適正使用協議会」考案
 URL くすりの情報ステーション

past 医療という商売


2006/12 BBC News Bone rings exchanged by couples
新郎新婦、骨リングの交換です
研究所で培養した骨サンプルからジュエリー
 ※お互いの骨でペアリングを作るのはいかが?
  アゴから採った骨細胞を培養してすてきな指輪にいたします
  2005/06 BBC News Rings of bone grown for couples

医療に見る表現


重度の昏睡でも快復しうるかのようにゆがめた報道をしがちな新聞記事
2006/10 EurekAlert Reporters struggle to cover comas in newspaper articles, Mayo Clinic study finds
2006/10 【日本語記事】 読売 男98%、女92%が「不健康」…08年度導入の新基準で判定なら

past 医者の意識、心理


2006/12 EurekAlert Patients' requests for antidepressants can influence physician evaluation of depression
患者からの抗うつ薬要求によって左右されてしまう、医者のうつ病査定
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 新生児治療の指針「使っている」医師は3割 全国調査
 役立つし、使いたいが、使えていない
手術をするなら午前中
2006/08 BBC News Mornings 'best time for surgery'

偏見  施療の偏り


貧民には惹かれないね
 良い医療をお求めならば、「お金持ち」っぽいルックスで受診なさいませ
2006/09 BBC News 'Richer' patients more attractive
2006/08 EurekAlert Racial differences in communication impact medical care
コミュニケーションの人種的な差異は、医療に影響を与える

対人能力/インフォームド・コンセント


インフォームド・コンセントはどこまでやれば足りるのか
2006/12 EurekAlert Patients unaware of risks and purpose of research even after informed consent
インフォームド・コンセントをやったのに、患者の7割が研究の目的やリスクを理解してくれてないケース!
2006/09 【日本語記事】 asahi.com 治療の再説明受けやすく、患者に端末
 厚労省が開発へ■
 電子カルテの一環 インフォームド・コンセント充実へ
感情的にテンパっている患者さんへの説明にはご注意を
 医者の説明を再々まちがって解釈する可能性大
2006/08 BBC News Emotional patients get wrong idea
科学なポッドキャスト: 【podcast 音声】【英語】「成人のADHD」 MP3ファイル 32分
 Health Rpt 2006-07-17 ABC@オーストラリア
前半:Adult ADHD  おとなのADHD

後半:When Health Professionals Don't Listen To Their Patients
医者が患者の話に耳を傾けないという恐ろしいお話  「こうして私は結核で死にかけた」

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。ネット Health Rpt
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
2006/08 EurekAlert Low literacy increases risk of death and misunderstanding of medical consent forms
低い読み書き能力は、死の危険と医学の同意形式の誤解を増大する
英語を話さない5000万人のアメリカ人、言語バリアが保健に累を及ぼす
2006/07 EurekAlert Language barriers compromise health care for 50 million Americans who do not speak English

past 臨床試験


臨床試験で6人が死にかけたその後
2006/12 news@nature.com New test could weed out dangerous drug trials
新しいテストは、危険な薬物試験を取り除くことができた
抗体のような、より良い安全性が必要となるリスクの大きい薬のチェック
2006/12 New Scientist Horror clinical trial in test tube recreation
女性の臨床試験少なすぎ
2006/10 EurekAlert Inclusion of too few women in clinical drug research puts them at risk
新薬治験に線虫を使うのはどう?
2006/07 BBC News Worm 'could screen new medicines'

past 施療側の姿勢・体制


2006/09 EurekAlert How can advances in biology be translated into better health?
2006/07 EurekAlert Guideline helps predict outcome in comatose survivors after CPR
CPR (心肺蘇生術:cardiopulmonary resuscitation) 後の、こん睡状態からの回復率ガイドライン

日本


2006/12 【日本語記事】asahi.com 臨床検査事故23件 取り違えが最多 医療機能評価機構
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 新生児集中治療室:NICUに「寝たきり」赤ちゃん 満床の背景、厚労省が実態把握へ■
「赤ちゃんの終末医療がどうあるべきかを真剣に考えなければならない」
2006/12 【日本語記事】読売 軽症の難病補助厚労省が維持検討
 低所得者については、現行の補助を維持する方向で検討
2006/12 【日本語記事】asahi.com パーキンソン病と潰瘍性大腸炎 公費負担「軽症外す」
2006/12 【日本語記事】読売 潰瘍性大腸炎、パーキンソン病 軽症を補助対象から除外  厚労省案
2006/12 【日本語記事】読売 たん吸引行為、ヘルパーへの解禁を検討会で是非判断
2006/11 【日本語記事】 毎日新聞 出産無過失補償制度:来年度から導入
2006/11 【日本語記事】 読売 出産時事故の脳性まひ、補償数千万…来年度にも開始
2006/11 【日本語MM】 個の医療メールマガジン 第160号 オーダーメイド医療実現化プロジェクト
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 日本癌学会:生存率公表、熱く議論 算出背景示して/よくない指標/患者が要望
 第65回日本癌学会:シンポジウム「がんの実態把握とがん情報の発信 」
2006/09 【日本語記事】 asahi.com お産の事故に「保険」制度 産科医不足解消ねらい厚労省
介護施設虐待 調査へ  厚労省 全国1000か所抽出も検討
2006/09 【日本語記事】 読売
ホスピタルアート:病院にアートを飾ろう! 絵画や彫刻、採用徐々に
2006/08 【日本語記事】 毎日新聞
医療の手話シリーズ:病状や治療法、手話でやりとり−−全日本ろうあ連盟が出版
2006/08 【日本語記事】 毎日新聞
[ DVD ] 「手話で必見! 医療のすべて 外来編」「医療の手話」編集委員会 全日本聾唖連盟 (2006/06)
「手話で必見! 医療のすべて 外来編」 高橋 英孝 全日本ろうあ連盟出版局 (2006/02)
「手話でわかりやすい体と病気」  高橋 英孝 全日本ろうあ連盟出版局 (2006/03)
教養としての医者語  〜ディレッタント・ゲンゴスキー
第8回  手術・創傷処置の用語
2006/08 【日本語記事】 週刊医学界新聞
出産時の事故で障害公的補償制度、医師会が原案を公表
2006/08 【日本語記事】 読売
産婦人科学会、女性医師の育児両立支援
2006/07 【日本語記事】 読売
 日本産科婦人科学会が「女性医師の継続的就労支援のための委員会」を設置
トリアージ制度:「搬送に優先順位」検討会発足へ−−総務省消防庁
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞




→ 「医療社会学、医療人類学」2006年7〜12月にはまだつづきがあります 

文化人類学:
2005〜2006年

ほか「文化人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 総論


2006/10 Anthropology News 47(7)  Anthropology and Human Rights
Do Anthropologists Have an Ethical Obligation to Promote Human Rights?

科学なポッドキャスト:【podcast 音声】【英語】「消えゆく言語 消えゆく文化」 MP3ファイル 18分
Interview with Anthropologist Wade Davis
 人類学者ウェイド・デイヴィス インタビュー 

  *  科学なポッドキャスト:ゾンビ伝説からタトゥーの人類学まで

●いにしえの刻印:入れ墨(タトゥー)と文身(体斑紋)の神聖なる起源
Ancient Marks: The Sacred Origins of Tattoos And Body Markings
Wade Davis Chris Rainer (ペーパーバック - 2006/4/30)
Mandala Pub Group; Bk & DVD版
 著名な写真家の手による伝統的な入れ墨・文身の美麗な記録がこの価格! しかもDVD付き!


2006/06 EurekAlert Anthropologists escape into the wider world
世界の少数民族、どんどん死に絶え絶滅していく気配
2006/05 New Scientist Worlds indigenous groups may risk a 'slow death'
近親相姦忌避と近親相姦タブーはどう違う
2006/05 John Hawks Anthropology Weblog : Oyama taboo ontogeny
人類学実践上の魅力的なジレンマ
 生医学的研究とその守秘義務、そして自分の研究内容を明かさない人類学者の登場
2006/05 Anthropology News 47(5) Where Are We Going?
 Engaging Dilemmas In Practicing Anthropology Hugh Gusterson MIT
文化的能力は人種差別への裏口?
2006/03 Anthropology News Is Cultural Competency a Backdoor to Racism?
知的所有権法と伝統的知識 伝統的知識保有者のための効果的な法的保護はいかに
2006/02 EurekAlert Intellectual property law and the protection of traditional knowledge
ケネウィックマン的 祖先の宝を返せ問題
 それはおまえらのものじゃない
 Peru and Yale in reclaiming Inca artificats
 the American Museum of Natural History and the remains of 85 ancestoral individuals of the Inupiat peoples.
2006/02 Two modern Kennewick-like controversies | Anthropology.net
2006/02 Anthropology.net Two new centers for anthropology
閉経を祝う文化
 「もう幸賢な血を無駄に流さずに済むようになった」
 更年期を過ぎた女性がいただくシャーマニスティックなポジション
2006/01 Cultural studies on menopause | Anthropology.net

名誉の文化に関する進化心理学的展望
2005/11 Evolutionary Psychology 3: 381-391 An Evolutionary Psychological Perspective on Cultures of Honor
人間についての前世紀的迷信2つ
2005/09 Dienekes' Anthropology Blog: The Myths of the 20th century
近親相姦、自殺、人種差別… 倫理的相対主義と絶対的タブー
2005/06 Global Politician Ethical Relativism and Absolute Taboos
2005/05 EurekAlert New anthropological research on gender
 Cameroon, Thailand, & Hong Kong
多総合的言語:Nuuchahnulth (pronounced Noo-cha-noolth)の辞書がついにできました
2005/05 EurekAlert First-ever dictionary aids campaign to save Native American languages
世界最大のヒトDNAデータベース構築計画に批判の声
2005/04 【日本語記事】 ワイアードジャパン
 ジェノグラフィック・プロジェクト
 『バイオ植民地主義に関する先住民族協議会』(IPCB)
千の顔を持つヒロイン:物語における女性キャラ特性の普遍的傾向
2005/04 Evolutionary Psychology 3: 85-103  The Heroine with a Thousand Faces: Universal Trends in the Characterization of Female Folk Tale Protagonists
世界的労働市場における仕事と失業
2005/03 American Anthropological Association Work and Unemployment in the Global Labor Market
「1,2,3,たくさん」の文化から推察する数把握の生得的閾値
2005/02 American Psychological Association  Fuzzy math
 A remote tribe that lacks a counting system suggests limitations on inborn representations of number.




→ 「文化人類学」2005〜2006年にはまだつづきがあります 

科学と社会:
2006年

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 12


京都大学防災研究所21世紀COEプログラム 『サテライト連続講義』動画配信中
2006/12 【日本語記事】読売 論文ねつ造疑惑、東大・多比良教授と助手を懲戒解雇
 実験結果を十分にチェックせず、助手らにデータを管理させる責任も果たさず
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 東大論文問題:多比良教授を懲戒解雇 「信ぴょう性ない」−−実験担当の助手も
2006/12 【日本語記事】中央日報@韓国 東京大、論文ねつ造容疑の教授を解雇
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 英科学誌ネイチャー:新月刊誌を創刊 日本に編集拠点
 ネイチャーフォトニクス
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 米サイエンス誌:今年最大の成果、「ポアンカレ予想」の解決−−10大ニュース発表
数学界の難題「ポアンカレ予想」の解決。番外で黄禹錫。ポアンカレ予想は1904年、フランスの数学者ポアンカレが提出した「単連結な三次元閉多様体は三次元球面に同相である」という仮説。ロシアの数学者ペレリマン博士が02年に証明したと発表したが、欠落部分を中国人数学者2人が今年、補った。続いて、ネアンデルタール人とマンモスの化石から取り出された遺伝情報解読。3位は南極とグリーンランドの氷床が急速に失われている分析。(4)関節のあるヒレを持った魚の化石発見(5)反射と影の生成を抑え物体を視界から消す「透明マント」の実現に道(6)失明を起こす加齢黄斑変性症の遺伝子発見(7)生物多様性が生まれる遺伝的変化の解明(8)細胞やたんぱく質の微細構造を見る顕微鏡の開発(9)脳が新しい記憶を記録する仕組みの解明(10)遺伝子の発現を止める低分子RNAの発見。

2006/12 【日本語記事】読売 論文データねつ造の教授、大阪大が懲戒解雇
2006/12 【日本語記事】東亜日報@韓国 米国で理工系博士取得の韓国人、70%以上が帰国に否定的
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 科学論文発表問題専用ブログの立ち上げ
 過去・現在・未来の論文著者用 Nautilus
 ピアレビュー査読従事者、およびピアレビュー関連コメント用 Peer-to-Peer
日本の血液型性格判断というトンデモ科学とマツザカダイスケ
 日本から来たメジャーリーガーはみんなO型/イチローはBだけど
 まあ、星占いみたいなもんだね
2006/12 New York Times Blood, Sweat and Type O: Japan's Weird Science
2006/12 【日本語ブログ】 日本人メジャーリーガーと血液型 My Major History
2006/12 【日本語記事】朝鮮日報@韓国 今年の韓国科学技術10大ニュース、第1位は…
 1:世界初、線幅40ナノ容量32ギガバイトのフラッシュメモリー〜サムスン電子
 2:人工衛星アリラン2号 韓国初宇宙飛行士
 3:黄禹錫捏造捜査
 4:導電性プラスチック
 5:北朝鮮核実験
2006/12 【日本語記事】 毎日新聞 女性研究者:10万人超 全体の12%、なお低く−−総務省調査

 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「特許制度は医療科学の進展をはばんでいるか」 MP3ファイル 14分
Patents and Scientific Progress
 Are patents hindering scientific progress?
 2006/12/01   サイエンス・フライデイ Science Friday

 特許制度は必要悪か。
 さまざまな分野で、科学や技術、医療の進展のさまたげになっている特許制度。
 コンピュータの最適化をさまたげ、心理学研究の障害になり、遺伝研究や医療現場で袋小路を生み出している。
 科学・医療倫理の法律家ロリ・アンドルーズ インタビュー。

SCIENCE AND LAW: When Patents Threaten Science  Lori Andrews, Jordan Paradise, Timothy Holbrook, and Danielle Bochneak   Science 1 December 2006: 1395-1396.

  → 『バイオテクノロジーの経済学にパテントプールは無理?』


 『ヒト・クローン無法地帯:生殖医療がビジネスになった日』 ローリー・B.アンドルーズ 紀伊国屋書店 2000/08(1999/The Clone Age)
 『人体市場 商品化される臓器・細胞・DNA』 L.アンドルーズ/D.ネルキン著 岩波書店 2002/09(2001/Body Bazaar)
※ ドロシー・ネルキン 2003/06 享年69才


2006/12 【日本語記事】薬事日報社 社説:生命科学に興味を持つ理科教育を

past11


2006/11 【日本語記事】 ジェンダー視点による学術と社会の再構築提言
〜日本学術会議の「学術とジェ ンダー委員会」
黄禹錫事件は防げたか
2006/11 EurekAlert Committee review of stem-cell fraud finds editors followed all rules
幹-細胞詐欺の委員会再考は、発見する — 編集者が全ての規則に従ったと
2006/12 【日本語記事】goo/読売 米サイエンス誌が論文の審査厳格化、韓国の不正受けて
2006/11 【日本語記事】 中央日報@韓国 サイエンス「韓国の論文、さらに徹底的に検証」
2006/11 New Scientist 'iTunes approach' could aid scientific discovery
『iTunesアプローチ』は、科学的発見を援助することができた
Software that creates links between scientific papers, based on a smart analysis of their content, is being developed in the UK.
{科学的な論文(彼らの内容の高性能な分析に基づく)の関連を生み出す} ソフトウェアは、英国で開発されている。
ネアンデルタールのDNAをゲットしたぞ こないだはアナグマも
 じゃあ「ブタクマ人」まであとちょいじゃないか
 さっそく「ブタクマ人」狩りにアル・ゴアが出動だ! 〜サウス・パーク
2006/11 John Hawks Anthropology Weblog : Quote of the day
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 ナノテクノロジー : 安全のための5つの課題
2006/11 Scientific American Bowling for God
信仰は、社会のために良いか?
科学の決定的な答え:それは、場合による By Michael Shermer  マイケル・シャーマー
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 論文不正、研究費返還請求が可能に 8府省が指針改定
四足歩行一家:四足歩行家族のその後
2006/11 BBC News Family Walks on All Fours, May Offer Evolution Insight, Experts Say
2006/11 PBS channels/NOVA Family That Walks on All Fours
「アフリカ人は頭が悪いから遅れているのだ」と主張して大顰蹙を買うサトシ・カナザワ
 Satoshi Kanazawa@The London School of Economics
2006/11 Guardian Low IQs are Africa's curse, says lecturer*
「貧困や病気より、むしろ低IQレベルが、短命と高乳児死亡率の理由である」
126の国でIQを比較:健康最悪の国が最も低知性と主張
2006/11 【日本語記事】 中央日報@韓国 黄禹錫元ソウル大教授が罷免処分取消請求訴訟
2006/11 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国 【論文ねつ造】黄禹錫氏「ソウル大罷免は不当」
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 イスラムと科学:イスラム世界は科学の低迷に甘んじるべきか
2006/11 news@nature.com Science and the Islamists
Muslim countries stand to gain much from science but will fail to do so if fundamentalists repress openness. Chronic neglect by Arab leaders doesn't help either.
2006/11 news@nature.com Islam and Science: An Islamist revolution
Islamist political parties are taking over from secular ones across the Muslim world. What does this mean for science at home and scientific cooperation with the West? Ehsan Masood investigates.
2006/11 news@nature.com Islam and Science: Oil rich, science poor
The wealthy Arab states offer scant support for science and technology. Jim Giles finds out whether this indifference to research is likely to change.




→ 「科学と社会」2006年にはまだつづきがあります 

動物行動学 動物の心:
2006年7〜12月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 12


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「動物たちはどんな音楽がお好き?」 MP3ファイル 5分
Discovery News Update: Friday October 27, 2006
 Do animals like music? If so, what kind of music do they prefer?

 タマリンとマーモセットの音楽的趣味、荒い調べよりソフトな音楽。
 人間の赤ちゃんもララバイ好きだよね。
 生態によって、暖かなウォームコールと警戒用アラートコール、なわばり宣言テリトリーコールなどへの反応が反映されるのだろう。
 鯉の場合、30分モーツアルトを聞かせるとストレスが下がって健康度アップとかね。
 リズムでコミュニケーションしている種もあるね、キツツキやカンガルーラット、ゾウ。
 霊長類が胸を叩くパントフートなんかもリズムかな。

●NEWSタマリンやマーモセットはスローミュージック好み
2006/11 Discovery Got Rhythm? Animals Do Too

●NEWSどっちかというと、スロー・ミュージック
どっちかというと、音がないほう
 タマリンやマーモセットがお好きなのはどんな音楽?
 音楽の比較心理学 もとより人間の音楽は好きじゃないみたい
2006/09 Mixing Memory : This Just In: Monkeys Not Mozart Fans

 → 『音楽する脳と感情のヒト進化』
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
日本語「水面に生きる昆虫 −アメンボ類の話− 」 MP3ファイル 25分
2006-11 高知大学ラジオ公開講座

 カメムシのたぐいに入るアメンボ、日本には19種類(淡水13、海に6種類!)
 水面だけでなく、地面も歩くし空も飛ぶ。
 でもって、季節によってアメンボは羽根の長さが違う。中には飛ばない(飛べない)ものも。
 冬越しの移動が必要な秋に、長い羽根の個体が多くなるのが普通だった。
 が、ごく最近、夏でも長い羽根の個体が多くなってきた。そのわけは!?地球温暖化か!?
 なお、冬越しの間は、なんと羽根を動かす筋肉がなくなってしまうんだそうな。
クジラ類の多彩なおしゃべり
2006/11 ABC@オーストラリア Singing whales make small talk too
New research suggests that whale communication is even more sophisticated than previously thought
2006/11 EurekAlert Extraordinary life found around deep-sea gas seeps
深海のメタンガス噴出口(冷水)のまわりで発見されたびっくり生物群
 光がなくてもメタンで生きてます
2006/11 EurekAlert Ritualized submission and pseudo-copulation reduce aggression among male crayfish
儀式的服従と交尾のまねごとは、オスザリガニの攻撃性を緩和する
負けハチ、ガスを出す
2006/11 EurekAlert Chemical exchanges show wasps are bad losers
2006/11 National Geographic Wasps Squirt "Pepper Spray" From Heads in Fights, Study Says
スズメバチは、頭から闘いにおける「コショウ・スプレー」を噴出させる
2006/11 【日本語サイト】 こだわりアカデミー
 結晶成長学からのアプローチで解明される不凍タンパク質  〜古川義純
2006/11 Discovery Whale Vocab Richer Than Thought
2006/11 EurekAlert Different coat color may not mean different species for lemurs
キツネザルでは毛皮が別色でも異なる種ってわけじゃない
2006/11 EurekAlert Lemurs' fur color may not define species
2006/11 New Scientist Gene analysis reveals lemurs' true colours
タマリンやマーモセットはスローミュージック好み
2006/11 Discovery Got Rhythm? Animals Do Too
ボノボしてやったり ;-)
 カンジの妹パンバニーシャ、警報機で人間相手にうさばらし&ニヤリ
2006/11 CNN Bonobo pulls alarm for attention -- again
2006/11 EurekAlert Brain, behavior may have changed as social insect colonies evolved
社会的昆虫のコロニーが進化するにつれて変化したであろう脳と行動
2006/11 【日本語記事】 asahi.com ヒョウ柄の新種の深海魚見つかる  沖縄と紀伊半島沖で3年間に計3匹見つかっている。神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能宏・主任研究員(魚類分類学)。シャチブリ科体長60センチ前後。「小型の魚ではなく、これほど大型で、かつ目立つ模様を持つ魚が、これまで発見されなかったのは驚き」 
同じサボテンなのに虫の食害量に差が出るのはなぜ
2006/11 EurekAlert Why do insects like to eat some plants more than others?
花の多寡だよ
2006/11 EurekAlert Opposites do not attract
正反対には惹かれない
 メスのセキセイインコは自分の歌に似た歌いをするオスとつがうのを好む。

past 11


トカゲたちにも人格を見た! 社交好きであたたかい性格の爬虫類
2006/11 New Scientist Lizards have personalities too, study shows
サイの角はどうしてあの形?
2006/11 EurekAlert Scientists crack rhino horn riddle
2006/11 National Geographic Baboons, Birds Remember Hundreds of Photos
ヒヒも鳥も、何百もの写真を覚えられるんです
2006/11 National Geographic Poison Frogs Losing Their Toxicity, Study Suggests
毒カエルは彼らの毒性を失っているかもしれない@マダガスカル
 ヒトが彼らの生息地を分断していったその結果
 このまま毒性が弱まって行くなら、彼らは天敵に食いつくされてしまいかねない
進化生物学:働くべきか、働かざるべきか
2006/11 Nature Evolutionary biology: To work or not to work
昆虫社会でみられる強制的な利他主義
2006/11 Nature Enforced altruism in insect societies
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 生態 : 労働者の立場は弱い?
「産んだ卵は殺す」という脅しによって繁殖をあきらめる働きバチ

past 10


2006/10 【日本語記事】 asahi.com ゾウ「鏡に映った姿、自分と認識」 米研究チーム確認
2006/10 【日本語記事】 読売 「おれはゾウ」と分かってるゾウ、米の実験で能力判明
2006/10 EurekAlert First evidence to show elephants, like humans, apes and dolphins, recognize themselves in mirror
2006/10 news@nature.com Elephants not fooled by mirrors
New addition to the animal elite that can recognize themselves.
2006/10 ABC@オーストラリア Elephants recognise themselves in mirror
2006/10 National Geographic Elephants Recognize Selves in Mirror, Study Says
2006/10 New Scientist Elephants see themselves in the mirror
2006/11 BBC News Elephants' jumbo mirror ability
小さいハエができる — 1秒1,000回のはばたきを可能にさせる鍵分子のメカニズム。
2006/10 EurekAlert The power behind insect flight: Researchers reveal key kinetic component
その年に割がよかった花畑は来年もよく使います@マルハナバチ
2006/10 EurekAlert Researchers find that bumblebees' flower choice matters
Pollinators give researchers clues to successful seed production
2006/10 EurekAlert Honey bee genome holds clues to social behavior
ミツバチ・ゲノムは、社会的な行動の手がかりを握る
2006/10 Discovery Crabs Change Color to Avoid Hungry Birds
2006/10 ABC@オーストラリア Crabs change colour to escape hungry birds
2006/10 EurekAlert Study suggests evolutionary link between diet, brain size in orangutans
オランウータンの研究から見えてくる、食べ物と脳サイズ進化の関係
 一時的な、避けられない食物不足は、脳サイズ(おそらく体サイズの微妙な減少だけを伴う)の減少を選択するかもしれない
 フローレス人もあり得るぞという説明にも
社交性ニューロン 群れる鳥と群れない鳥の脳比較
2006/10 EurekAlert Groups and grumps: Study identifies 'sociality' neurons
2006/10 EurekAlert Boston University biologists discover amphibian eggs use defenses against water molds
両生類卵が水生菌に対する防御を用いる
 保護ゼリー層と早めの孵化は、胚が危険なカビを避けるのを援助する
磁性細菌 Magnetospirillum magneticum 最初に発見されたのは東京でだったんですが
 嫌気性細菌でして、磁性を利用すると酸素を早めに避けられるんです
2006/10 EurekAlert Researchers reveal mystery of bacterial magnetism
2006/10 EurekAlert Two miles underground, strange bacteria are found thriving
2マイル地下に栄えている、奇妙なバクテリア 放射性鉱物を頼りに生きてます
2006/10 EurekAlert Otherworldly bacteria discovered two miles down
2006/10 Scientific American ET May Be A Microbe: Life Thrives Deep Beneath Sunlit Surface
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「意外とかしこいトリアタマ」 MP3ファイル 30分
Bird Brains: Smarter than the Average...
 2006-10-06 All in the Mind  ABC@オーストラリア

 小鳥の記憶力、鳴鳥の文法、エサ隠しの知恵…

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。 ネット Bird Brains
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
カブトムシ、角がデカけりゃ玉小さい
2006/10 ABC@オーストラリア Horny beetles have tiny testes
2006/10 Discovery Horny Beetles Have Tiny Testes
2006/10 National Geographic Big Testes or Big Horns? It's One or the Other for Male Beetles
2006/10 New Scientist Horniest male beetles have the tiniest testicles
わずかな視覚的手がかりで進路を決めるアリの行動、ロボティクスに応用できる?
2006/10 EurekAlert How ants find their way
 Scientists reveal how wood ants navigate by visual landmarks
2006/10 Discovery Giant Pandas Have Color Vision
2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 サクラマス:成熟雌の尿に性フェロモン 微量でも雄反応
 アミノ酸「キヌレニン」
 成熟した雄のきゅう覚は成熟前に比べてキヌレニンへの感度が10万倍も高く、25メートルプールにメスが1回排尿(2ミリリットル)すれば、においをかぎわけられる。山家(やんべ)秀信・東大研究員(現・琉球大研究員)=魚類行動生理学=は「キヌレニンはヒトを含め、ほ乳類などの尿にも存在している。今後、他の生物でのキヌレニンの役割を探るとともに、サクラマスの養殖にも役立てたい」 
2006/10 【日本語記事】 asahi.com サンマの寿命は2年だった 17万匹分析で判明
 独立行政法人水産総合研究センター東北区水産研究所八戸支所@青森
 89〜00年。サンマの耳石年輪は0〜2本、水温などが違う広い海域を回遊するため、年輪数と年齢が同じかどうか疑われていた。水揚げサンマは体長31センチ程度と27センチ程度に二つのピーク。 小さいグループは耳石に年輪のあるサンマがほとんどいない。
パンダは色盲じゃないよ
2006/10 EurekAlert Giant pandas see in color
 Georgia Tech/Zoo Atlanta study shows bears have color vision
サンショウウオの網膜桿体は、葉緑素に由来する分子を吸収することがありえる — 赤色光を見つけるために。
2006/10 Nature An accessory chromophore in red vision
The rods in salamanders' retinas can co-opt a molecule derived from chlorophyll to detect red light.
2006/10 National Geographic Photo in the News: First New Mammal Found in Europe in 100 Years
生きた化石 100年ぶりにヨーロッパで発見された新しい哺乳類
2006/10 Discovery New Mouse With Big Ears Found in Cyprus
2006/10 New Scientist Big-headed 'prehistoric' mouse is alive in Europe
Devils Hole Pupfish (Cyprinodon diabolis)  キュプリノドン属キプリノドン・ディアボリス
2006/10 EurekAlert Extreme environment changes fish appearance
極端な環境は、魚の外見を変える
 食物の減少と水温の上昇で、劇的に変化してしまう形態
テッポウウオの腕前の秘密
 きっちり距離サイズ角度を見積もっております 動画付き
2006/10 New Scientist Awesome skills of spitting archerfish revealed
2006/10 EurekAlert Seals protect brain, conserve oxygen by turning off shivering response on icy dives
アザラシは氷の海に飛び込むとき、震え反応をオフにして酸素を節約し、脳を保護する
2006/10 news@nature.com Seals don't shiver in chilly waters
Animals pick different strategies for survival above and below the sea.
2006/10 EurekAlert Have traits, will travel: Some butterflies travel farther, reproduce faster
一部の蝶は旅が遠いほど、より速く繁殖する
2006/10 EurekAlert UNH researcher uncovering mysteries of memory by studying clever bird
賢い鳥の研究で記憶のミステリーを発見




→ 「動物行動学 動物の心」2006年7〜12月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー