脳、神経科学:
2014年7〜12月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 心脳問題/脳研究と倫理/脳科学の未来

 関連項目→ 生命倫理・ヒトの未来
2004/12 ScienceDaily Your Brain And You: Penn Researcher Forecasts Ethical Challenges Ahead For Neuroscience And Society
脳科学と社会が直面するであろう倫理問題
2004/12 Medical News Today Your Brain and You: Ethical Challenges Ahead for Neuroscience and Society
fMRIで解き明かす、脳と心の関係
2004/11 ▲日本語記事 ワイアードジャパン
その犯罪をおかしたのは犯人か脳障害か
2004/08 Guardian I'm not guilty - but my brain is
プラセボから見る心脳問題
2004/08 The Scientist New Views On Mind-Body Connection
 Studies into placebo effect and empathy suggest how the brain encodes subjective experience
スティーヴン・ローズ 科学倫理と民主主義@脳神経倫理会議
 専門家の輪に座る人間は2票、その他の席の人間は1票を投ぜよ
 概して利益より強調されるマイナス面
2004/07 Guardian Rings around the mindfield
 Encouraging public interest in science ethics is a tough proposition. Steven Rose discovers the solution involves concentric rings and sticky notepaper

政治 経済


脳スキャンを政治分野に利用
 共和党支持者と民主党支持者の頭の違いをつきとめよう
2004/10 ▲日本語記事 asahi.com(SiliconValley.com)
民主党員と共和党員の脳の違いをスキャン技術で探る
2004/11 ▲日本語記事 ワイアードジャパン
政治と選挙と脳反応
2004/08 New York Times The Political Brain

past 脳はこんなこともやっている


疲労感、それは筋肉ではなく脳のせい
2004/07 ▲韓国語和訳 中央日報(Naver経由)
2004/07 New Scientist Brain not body makes athletes feel tired
2004/07 BBC News Brain 'helps stop muscle damage'

past 研究者


神経進化学 ジェラルド・エーデルマン
2004/08 NPQ.org Neural Darwinism
挑む:研究者たちの素顔/京都大大学院生命科学研究科教授・中西重忠さん
 脳神経ネットワークの解明を進める
2004/07 ▲日本語記事 毎日新聞

past 脳のメンテナンス


「脳を活性する」中高年にドリル帳ブーム
2004/08 ▲日本語記事 ヤフージャパン(読売新聞)

past 脳の成長過程 神経の盛衰


2004/12 EurekAlert Rutgers-Newark researchers link early movement, brain development
2004/12 Laterality: Asymmetries of Body, Brain, and Cognition Volume 10, Number 1 / 2005  Does brain white matter growth expand the cortex like a balloon? Hypothesis and consequences

大人の脳 子供の脳


十代の脳はこんなに大変
2004/10 ScienCentral  Lazy Teen Brain
思春期脳研究特集:もろさと可能性
 脳構造変化、冒険心、ホルモン、ニコチンの悪影響、睡眠、感情、動物研究…
2004/06 Annals of the New York Academy of Sciences Volume 1021 published June 2004
 Adolescent Brain Development: Vulnerabilities and Opportunities

past 脳は機能の柔軟性が高いデリケートな器官


2004/08 MIT Adult brain shows more plasticity than previously believed

past 言葉と脳

さらなる情報は→「言語」
言い間違いは脳のしゃっくり?
2004/12 American Psychological Society Slip of the tongue
吃音(どもり)のある人、しゃべっていないときでも言語処理が独特げ
2004/07 Purdue University Stuttering more than talk - research shows brain's role in disorder




→ 「脳、神経科学」2014年7〜12月にはまだつづきがあります 

性格/性向/感情/幸福感:
2004年

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 人生向き不向き


ジグゾーパズルでわかる人の性格
2004/12 BBC News 'Jigsaw plan' reveals personality
ボランティア活動はいいことだらけ
 健康アップ、教育効果あり、その上、犯罪率まで減ってしまいます
2004/09 EurekAlert The art of happiness...Is volunteering the blueprint for bliss?
仕事中毒患者と業務適応者の分かれ道
2004/09 New York Times SICK OF WORK
 Cracking Under the Pressure? It's Just the Opposite, for Some

past 誰かをおとしめたがる人間


2004/08 BBC News Why we enjoy telling people off
 People genuinely enjoy telling others off if they have done something wrong
 deciding to impose a penalty activated the dorsal striatum region
2004/08 National Geographic Brain Study Shows Why Revenge is Sweet
「嫉妬」が幸福を奪う!?——前よりいい家に移るも、さらに裕福な隣人の存在でいっそう「不満足」に
2004/08 ▲日本語記事 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
復讐はチョコレートと同じ味!? ヒトが「仕返し」をするのは満足感を得るため
2004/07 ▲日本語記事 JAPAN JOURNALS LTD.
あなたはよそ者を差別せずにはいられない?
 感情と偏見の研究の新しい展開
 単純化&ステレオタイプ形成がリアクションをスピードアップさせる
 おのれが偏見を持つ事実を直視せよ
2004/04 New York Times Hard-Wired for Prejudice? Experts Examine Human Response to Outsiders

past 恐怖の感知


無意識に感情に影響を与えるサブリミナル効果を初めて確認  瞬間的に恐怖の表情を表示する
2004/12 Medical News Today Fleeting Images of Fearful Faces Reveal Neurocircuitry of Unconscious Anxiety
2004/12 BBC News Why whites of eyes spell 'danger'
 Coming face-to-face with someone who looks scared triggers an automatic response in the brain that tells you to be afraid too
ジェスチャーが伝達する恐怖  人間は恐怖の表情より恐怖の身ぶりに強く反応する
2004/11 USA TODAY Study: Posture found able to communicate fear
2004/11 New York Times Reactions: Your Posture, a Telltale Fright Sign
2004/11 National Geographic Fear Is Spread by Body Language, Study Says
恐怖の知覚回路とサイコパス
2004/03 EurekAlert USC study hinds faulty wiring in psychopaths
2004/03 University of Southern California Out of Order
 Abnormality in two key brain structures may provide a developmental basis for psychopathology
2004/03 FuturePundit: Brain Scans Show Abnormalities In Psychopaths

恐怖の科学


失礼だけどもいっしょくた  クモは無害でも別な危険生物に容姿が似ているだけで嫌われている
2004/08 BBC News Spiders 'scapegoats for diseases'
 Spiders are given an unjustly bad press as dangerous creepy-crawlies whose bite can kill you
恐怖の生物学とヨヒンビン
2004/04 EurekAlert UCLA research explores biology of fear
2004/04 FuturePundit: Yohimbe Tree Extract May Help Conquer Fears




→ 「性格/性向/感情/幸福感」2004年にはまだつづきがあります 

犯罪、暴力、麻薬:
2004年

ほか「犯罪、暴力、麻薬」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 攻撃性の進化心理学・進化医学


暴れん坊=人気者
2004/06 American Psychological Association Among young teens, aggression equals popularity
サルの攻撃性が文化影響ならヒトが攻撃性を調節できないはずはない
 霊長類でもフラワー・パワーはあり サポルスキー&シェア +ドゥ・ヴァール
2004/04 EurekAlert Culture of primate non-aggression
雄チンパンジーの攻撃性 ヒトオスの攻撃性
2004/01 Telegraph Apes of war... is it in our genes?

past 日本と犯罪


海外で日本人が起こす犯罪、過去最多609件…被害は12%減
2004/07 ▲日本語記事 ヤフージャパン(読売新聞)

past 暴力性差


児童の暴力騒ぎ、女子では仕返しが多め
2004/06 EurekAlert Retaliation for violence plays a larger role for preteen girls than preteen boys
お嬢さん、気をつけて  憎悪犯罪をこうむる率が高い性転換者
2003/12 SPLCenter.org 'Disposable People'
A wave of violence engulfs the transgendered, whose murder rate may outpace that of all other hate killings

男女間暴力


DV男性の3割「飲酒時」 奈良女子大教授ら調査
2004/07 ▲日本語記事 ヤフージャパン(共同通信)
兄弟げんかが悲惨だった子、デート暴力を起こすかも
2004/04 EurekAlert UF study: Sibling violence leads to battering in college dating
全世界の女性3人に1人は、終生暴力に苦しめられている 〜アムネスティ
2004/03 ▲日本語記事 中央日報@韓国

past 暴力行動、攻撃性/衝動性


怒りっぽいオヤジが深酒をしてはいけないわけ  こらえ性回路が麻痺して暴力ふるっちゃいます
2004/06 EurekAlert Why men with high levels of anger and low anger control should not drink alcohol
2004/04 Duke University Medical Center Newer Drugs Appear to Stem Violent Behavior
運転中にキレる人が起こす事故、被害者のほうもちょっとキレているかも
2004/01 Psychiatric News Volume 39 Number 2  Road-Rage Perpetrators Often Victims as Well

育ち方と暴力


その教育では遅すぎる
 お腹の中で盛んに暴れる胎児、それは将来の犯罪者であるサイン!?
 暴力的な子は…
  母親の初産が二十歳未満
  母親に非行歴
  母親が妊娠中に喫煙
  家庭が低収入
2004/07 The Globe and Mail Risk factors found for violent kids
家族の規律や信仰習慣は攻撃的な子の暴力を減らす
2004/03 EurekAlert Family discipline, religous attendance cut levels of later violence among aggressive children
2004/01 Health Behavior News Service  KIDS EXPOSED TO VIOLENCE HAVE MORE BEHAVIORAL PROBLEMS
産後うつ病と思春期暴力の連関
2004/01 APA Monitor on Psychology Volume 35, No. 1  Postpartum depression linked with preteen violence
 The children of mothers who experience depression up to three months after giving birth are at greater risk

メディア


“メディア・バイオレンス”という考え
2004/06 ▲日本語記事 かかりつけ医通信

past 反社会的行動


犯罪者と非犯罪者は数学的には住む世界が違っている
 犯罪行為のべき乗分布  大多数が犯罪とは縁がない中、少数者が大半の犯罪を行う
 犯罪を防ぐ最良の方法は「最初の犯罪をさせないこと」
2004/03 Nature Science Update Criminals follow laws of statistics
 Stopping first crimes is the best way to halt criminality.

反社会的人格


2004/02 EurekAlert Young men with conduct disorders are more likely to carry guns
2004/01 Psychiatric News Volume 39 Number 1  DSM-IV-TR Diagnostic Criteria for Antisocial Personality Disorder (301.7)
2004/01 Psychiatric News Volume 39 Number 1  Antisocial Personality Disorder: When Is It Treatable?

past 犯罪対策 犯罪・犯罪者の傾向


ウェブ上で公開される殺人犯の犯行手記 傷つく遺族たち
2004/01 ▼日本語記事 ワイアードジャパン

テロ犯


2004/07 BBC News Wrong to call terrorists 'madmen'
  Terrorists are sane and not paranoid madmen




→ 「犯罪、暴力、麻薬」2004年にはまだつづきがあります 

幻覚・催眠・恐怖症・不安障害ほか:
2004年

ほか「幻覚・催眠・恐怖症・不安障害ほか」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 強迫行動 強迫性障害


ゴミ屋敷を作らせる脳の故障 強迫性障害とはまた違う過剰な収集癖
2004/12 BBC News Why some people become hoarders
2004/12  EurekAlert  Brain region identified that controls collecting behavior
ヒトがモノを集めるその神経学的基盤 ダマジオ他
 ヒトにhoardingさせる脳障害の部位は齧歯類が物品集積に使う脳部位とは異なる
2004/11 Brain 2005 128(1):201-212; doi:10.1093/brain/awh329
 A neural basis for collecting behaviour in humans
 Steven W. Anderson, Hanna Damasio and Antonio R. Damasio
髪を抜くというその強迫行動
2004/12 The Seattle Times Hair pulling: a secret compulsion
2004/10 EurekAlert Psychotherapy, meds best for youth with obsessive compulsive disorder
2004/10 EurekAlert Cognitive behavioral therapy combined with antidepressant effective in treating adolescent OCD
2004/10 EurekAlert Therapy, medication combination superior for children with obsessive-compulsive disorder
20人に1人は強迫性障害の疑い
2004/08 ▲日本語記事 読売 医療と介護
2004/07 Newsday.com OBSESSIVE-COMPULSIVE DISORDER Study checks on 'checkers'
ゴミ屋敷、ちょっと違った手が必要? OCDの治療法ではうまくいかない気配
 脳の活動領域がOCDとは異なる
 過剰な買いだめ集め込みなど強迫的な物集め癖、強迫神経障害(OCD)ではくくれない障害の可能性
2004/06 BBC News Hoarding not a usual compulsion
 New theory on hoarding compulsion
強迫性障害のたまものとしての芸術
2004/04 Brain Waves: Celebrating Obsessive Art
書かずにはいられない病 過剰書字:ハイパーグラフィア
2004/03 Guardian Telling a tale with too many words
 Chantal Martineau explores hypergraphia, a rare compulsion to keep writing

past チックやトゥーレット


モーツァルトは トゥーレット症候群だった
2004/09 ▲韓国語和訳 中央日報(Naver経由)
2004/09 Guardian Mozart behaving badly
2004/04 EurekAlert Brain activity, including memory-processing, changes in Tourette syndrome
トゥーレット治療のための脳手術
2004/04 BBC News Brain surgery may cure Tourette's
2004/04 EurekAlert Surgeons explore new treatment for Tourette syndrome
アメリカトゥーレット協会の声明  トゥーレット症候群に対する脳深部刺激法に関して
2004/04 ▲日本語記事 A Fledgling Child Psychiatrist
2004/04 FuturePundit: Electrode Implants Provide Near Total Relief From Tourette Syndrome
2004/02 The Scientist When It's More Than an Urge
 For the compulsive, the phrase

past 幻肢 幻の手足 失った手足がまだあるような感覚


ニセモノの手足、幻肢と四肢認知
2004/07 EurekAlert That's not my hand! How the brain can be fooled into feeling a fake limb
2004/07 BBC News How the brain feels false limbs
2004/07 Guardian Brain fooled into feeling fake hand




→ 「幻覚・催眠・恐怖症・不安障害ほか」2004年にはまだつづきがあります 

生命倫理、生命操作、安楽死:
2004年

ほか「生命倫理、生命操作、安楽死」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past さまざまな撹乱


死亡後に医療機関が研究目的で無断保持! 乳児の遺体1,000体の合同埋葬が開始される
2004/08 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
2004/08 BBC News Organ scandal babies are buried
 The funerals of the first unidentified babies whose remains were found during the organ retention scandal at Alder Hey Hospital have taken place.
第二次サイエンス・ウォーズ?  近来まれにみる非科学的政府:ブッシュ共和党
  ハワード・ガードナーサイコップ
2004/03 CSICOP The New Science Wars
米国生命倫理評議会、メンバー差し替え
2004/03 Washington Post Bush Ejects Two From Bioethics Council
 Changes Renew Criticism That the President Puts Politics Ahead of Science
2004/03 Los Angeles Times Ethics Policy Announced for NIH Officials
 Top scientists will be required to disclose outside income from biomedical firms. New panel may also evaluate consulting restrictions.
2004/03 Washington Post We Don't Play Politics With Science
脳研究とその倫理 ポンコツなブッシュの科学・医療政策
2004/03 The Loom: Bioethics of--and in--the Brain
科学的? 科学の名を騙ったダブルスピークにご用心@ブッシュ政権
 「不死の商人」で暴かれた詐欺的幹細胞政策
2004/02 Washington Post Beware 'Sound Science.' It's Doublespeak for Trouble
「5日間食料なしで戦える兵士」開発プロジェクトに取り組む米国防総省
2004/02 ワイアードジャパン

past 延命欲


老化防止薬は可能か、若返りの妙薬は必要なのか 不老長寿の倫理問題
2004/06 The Gerontological Society of America New public policy and aging report highlights facts and fiction about anti-aging medicine
2004/05 Trends in Biotechnology 2004, 22:219-221 Biotechnology, bioethics and anti-aging interventions

past ヒトの未来 バイオテクノロジーの進展変化 研究者の倫理


医学 : 次はどこへ? 生殖生物学
2004/11 Nature@日本
『人格』より『人材』づくり ヒトゲノムで選別も? 教基法の改正 『機会均等』に暗雲
2004/07 東京新聞
お先危ないぞ  人類が22世紀に生き残っている確立は五分五分じゃないか?
2004/07 Scientific American Doom and Gloom by 2100
近未来バイテク法廷ドラマ「センチュリーシティー」登場 〜Lori B. Andrews
 遺伝子組み換え人間の人権はどうなるか
 ヒトクローン犯罪、違法な遺伝子診断、モトカノの人格インストールによる家庭内紛争
 来るべき「すばらしい新世界」を考えるのに好材料
books 2004/05 The Christian Science Monitor Rights of gene-altered kids, clones spill from TV plot - to reality
「人体市場 商品化される臓器・細胞・DNA」 L.アンドルーズ/D.ネルキン著 岩波書店 2002年  ローリー・アンドリューズ
books 「ヒト・クローン無法地帯:生殖医療がビジネスになった日」  ローリー・B.アンドルーズ著 紀伊国屋書店  2000年(原書1999)
不自然選択 人体工学とヒトの未来  将来我々は一つの種でいられるか
2004/05 New York Times Unnatural Selection
中国の未来はどうなる!? 超高速で進む高齢化と性比の偏り
2004/04 FuturePundit: Aging Or Sex Ratio Bigger Demographic Problem For China?
男性は不要?  オックスフォード大教授、女性が支配する近未来社会を大胆予想
2004/03 JAPAN JOURNALS LTD.
レオン・カス(キャス)インタビュー
 我々が求めたものは我々が欲しかったものなのか?  デザイナー・ベビー、気分改変薬、バイテク推進
2004/01 The Christian Science Monitor  Biotechnology: How far should researchers go?

フランシス・フクヤマ


人間改造を恐れるフクヤマ
2004/10 Betterhumans Is Transhumanism the World's Most Dangerous Idea?
 Francis Fukuyama thinks so, but the only real danger it poses is to reactionary bioconservatism

優生学の悪夢


人種と優生学とオーダーメイド医療
2004/10 New York Times The Genome in Black and White (and Gray)
人種的平等主義の終焉と社会生物学
2004/10 The Occidental Quarterly Sociobiology and the End of Racial Egalitarianism
「ベルカーブ」からの10年
2004/10 VDARE.com 'You Have To Tell The Truth' - The Bell Curve After Ten Years
2004/10 National Review Online Too Much Reality  The Bell Curve turns ten.
2004/07 The Christian Science Monitor Eugenics stir emotions in Germany
ナチの影 バイテクに二の足を踏んでいるドイツの研究者
2004/06 BBC News 'Nazi shadow' over IVF research
 German scientists must address the taboo of Nazi fertility research in order to make progress in the future
2004/06 EurekAlert Germans must research the history of reproductive medicine during the Nazi era

past 倫理@脳・神経科学


2004/12 ScienceDaily Your Brain And You: Penn Researcher Forecasts Ethical Challenges Ahead For Neuroscience And Society
脳科学と社会が直面するであろう倫理問題
2004/12 Medical News Today Your Brain and You: Ethical Challenges Ahead for Neuroscience and Society
神経科学が問いなおす「自由意志と責任」
2004/12 ワイアードジャパン
脳強化革命、すでに進行中  脅かされるアイデンティティ 神経倫理学は間に合うか
2004/06 The Christian Science Monitor Strange food for thought
認識の自由と倫理センター  Center for Cognitive Liberty and Ethics (CCLE)
 「認識の自由」を脅かす来るべきテクノロジーたち  脳神経操作技術 記憶消去薬 脳内音侵入
2004/04 New Scientist We hold these freedoms to be self-evident...
来るべき記憶管理ドラッグ 記憶を消す薬 記憶力アップ薬
 裁判において被告は脳操作薬をのむべきか?  薬物で操作される脳には自由思考はあるか
 脳-血液関門をめぐる良薬と悪薬の攻防  たちあわられる「意識の自由」という市民権問題
2004/04 New Scientist Richard Glen Boire インタビュー
脳力アップの倫理問題
2004/04 EurekAlert Ethics of boosting brainpower debated by researchers
「脳研究の倫理」 やっと検討
2004/01 読売 医療と介護

past 遺伝子情報


知らぬが仏か幸せか 個人の遺伝情報
 ゲノムは占い扱いできない 遺伝子はあなたの運命ではない
 難病治療の可能性は個人プライバシーを犠牲にして見合う福音たりうるか
 生命保険業と遺伝情報差別を禁止する法律
2004/05 Guardian Where ignorance is bliss
遺伝子という偏見をどうするか
 命を救うか 忌避のタネにするか  個人の遺伝情報という諸刃のやいば
2004/04 Washington Post Heading off Genetic Bias

pastお誕生前の治療


骨形成不全症の胎児を、お腹の中にいるまま幹細胞で治療
 遺伝障害によるコラーゲン生成不良 Osteogenesis Imperfecta (OI)
 堕胎された胎児から採取した幹細胞を使用 拒否反応見られず
 患児は現在2歳半
2004/12 BBC News Bone disease hope from stem cells
 Doctors have treated a baby with brittle bone disease while still in the womb
胎児治療学会が発足 一部は保険適用の対象に
2004/11 共同通信




→ 「生命倫理、生命操作、安楽死」2004年にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー