endBooks「 植物 」年月別インデックス

  • → 2017年1〜6月

    2017年2月 神戸大学 アルビノ個体を用いて菌に寄生して生きるランで はたらく遺伝子を明らかに   光合成をやめた菌従属栄養植物の成り立ちを解明するための重要な手がかり 2017年2月 時事通信 病原体分解酵素を消化に=豪州原産の食虫植物 基礎生物研など  オーストラリア原産の食虫植物「フクロユキノシタ」の全遺伝情報(ゲノム)の概要を解読  植物が細菌や菌類から身を守るために持っている分...
     → 全文を表示する

  • → 2016年7〜12月

    2016年12月 京都新聞 「兵糧攻め」 で細菌撃退 京大グループ、植物の免疫機構解明  細菌と似た性質を持つタンパク質を振りかけると、葉の細胞が内部に糖を取り込む量は増加  糖を細胞内に輸送するタンパク質「STP13」を作れなくした個体では、細菌の増殖や細菌からの「病原性因子」の分泌が増える 2016年12月 朝日新聞 「青いケシ」新種、ブータンで採取 山岳地帯で3種発見 2016年12月...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

    2016年6月 Nature 温帯林の光合成と日中の呼吸の季節性   Seasonality of temperate forest photosynthesis and daytime respiration 2016年6月 National Geographic Too Much Light at Night Causes Spring to Come Early  光害で早めに春が来る 2016年6月 植物と根粒菌の主従逆転-根粒菌がジベレリンを合成し、宿主の根粒数を制御する仕組みを発見 京都大学 2016-06 朝日新聞 大根、青くす...
     → 全文を表示する

  • → 2015年

    2015-12 Copper mediates auxin signalling to control cell differentiation in the copper moss Scopelophila cataractae ホンモンジゴケは、銅化合物の緑青が五重塔から流れ落ちた石垣でも育つ。高濃度の銅への耐性には、植物ホルモンのオーキシンによる誘導が不可欠  野村俊尚、馳澤盛一郎  ホンモンジゴケにおける環境中の銅濃度による無性芽形成の調節 2015-12 Nature 保存状態が極めて良好な極小の胚化石から...
     → 全文を表示する

  • → 2014年

    2014/11 NatureJP  植物の概日時計系も二元性だった 2014/11 Nature シロイヌナズナの組織特異的な概日時計は非対称的にカップリングしている Tissue-specific clocks in Arabidopsis show asymmetric coupling 2014/11 朝日新聞 植物の体内時計、葉脈の細胞が重要 京大など確認 2014/11 毎日新聞 コケ:驚きの成分、医学以外に利用 人を殺すほどの威力も  徳島文理大薬学部・浅川義範教授   コケの研...
     → 全文を表示する

  • → 2012〜2013年

    2013/12 Science 被子植物アムボレラにおけるミトコンドリア融合を介したゲノム全体の水平伝播 2013/12 Science アムボレラのゲノムおよび顕花植物の進化 Amborella(アムボレラ科)の新たに配列されたゲノム 2013/12 EurekAlert  The origin of flowers: DNA of storied plant provides insight into the evolution of flowering plants 2013/12 Science 非モデル基部被子植物であるアムボレラのゲノムのアセンブリ...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー