endBooks「 精神保健 」年月別インデックス

  • → 2017年

    2017年9月 BioToday 小児/思春期若者の精神疾患のSSRIやSNRI治療はプラセボに若干勝る/メタ解析 2017年8月 Medical Tribune 重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い 長期入院後に地域生活に移行した254例の追跡調査  東京都三鷹市の福祉サービス利用者を対象にした追跡調査 2017年8月 精神疾患をもつ人の平均余命は一般人口に比べて 20 年以上短い 精神障がい者の健康格差 東京大学 2017...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

    2016年12月 BioToday 講習を受けた地元の非専門家からの心理療法で精神症状が改善〜低所得国での試験 2016年12月 Medical Tribune 向精神薬は全BPSDに有効ではない 認知症患者への適用外処方  認知症患者における行動・心理症状(BPSD)の治療 2016年12月 NHK 知的障害の子どもへの抗精神病薬 長期使用が半数に  全体のおよそ13%に抗精神病薬が処方され、15歳から17歳では27%  「...
     → 全文を表示する

  • → 2015年

    2015-12 MT Pro 精神科病院の看護管理者の半数が"補完代替医療"を「導入すべき」   アロマテラピー・アニマルセラピー・タッチが人気 2015-12 朝日新聞 精神疾患抱えて出産「都内の2%」 産婦人科医会が推計 2015-12 MT Pro 不安発作の影に甲状腺機能低下 橋本病と診断された1例から  パニック障害と診断されたが実は橋本病 2015-11 BBC News Parents 'avoid mental health talks'  イギリ...
     → 全文を表示する

  • → 2014年

    2014/12 MT Pro 学校教育への認知行動療法導入で抑うつ感,レジリエンスが改善 2014/11 BioToday 自傷した若者は後に精神的不調や物質乱用を来しやすい 2014/10 朝日新聞 生活保護の精神病患者「望まぬ長期入院」 団体が要望書  法律家グループ「医療扶助・人権ネットワーク」 2014/09 理研 頭皮の毛根細胞を利用した精神疾患の診断補助バイオマーカーの発見  ヒトの頭皮から採取した毛根の細胞に、ヒトの...
     → 全文を表示する

  • → 2013年

    晩年に精神異常の経験の可能性を広げるために示された幼年期のいじめ 2013/12 EurekAlert  Childhood bullying shown to increase likelihood of psychotic experiences in later life '十代の遺伝子'の発見は重度の精神障害と戦うための見込みを有するかもしれません。 2013/12 EurekAlert  Discovery of 'teen gene' could hold promise for combating severe mental illnesses  ネズミモデル遺伝子、青春の間に中間...
     → 全文を表示する

  • → 2012年

    2012/12 EurekAlert  People with mental disorders more likely to have experienced domestic violence メンタル・ヘルス異状をもっている男女は一般住民より家庭内暴力を経験しそうでした 2012/12 LiveScience Are Americans Mentally Unstable? アメリカ人は精神的に不安定なのですか?  アメリカ人の2割が精神疾患のいくつかのフォームを持っていることを考えると、健康って何? 2012/12 【日本語記事】ワイ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年

    2011/12 【日本語記事】BioToday 癌で妻を亡くしてから長らく独り身の男性は精神疾患リスクが高い 2011/12 【日本語記事】MT Pro 厚労省が精神障害の新たな労災認定基準を通知 心理的負荷評価表を策定,審査の迅速化を目指す 妻を癌で亡くしたあと、4~5年経っても女を作らずやもめでいる男は、心の病を発症する率が高め 2011/12 EurekAlert New relationship important for the mental health of widowers 2011/...
     → 全文を表示する

  • → 2010年

    2010/12 【日本語ブログ】自分の髪の毛を抜いてしまう抜毛症、食生活により誘発される可能性 2010/12 【日本語記事】BioToday 訓練を受けた一般人の助けで公共一次医療精神疾患治療が改善しうる  公共プライマリーケア施設を受診した患者の精神疾患からの回復が改善しうることを示したインドでの試験結果 2010/12 EurekAlert Scientist shows link between diet and onset of mental illness 心の病と食事の関係  ...
     → 全文を表示する

  • → 2009年

    2009/12 毎日新聞 小中高生自傷行為:99年ごろから急増 奈良教育大調査 2009/12 読売新聞 精神性疾患で休職した先生、5000人超える 16年連続で増加 2009/12 産経新聞 教員の精神疾患が過去最高 16年連続で増加 平成20年度に学校を病気休職した教職員は8578人(全体の0・94%) そのうち63%に当たる5400人が精神疾患 いずれも昭和54年の調査開始以降、過去最高 2009/12 EurekAlert...
     → 全文を表示する

  • → 2008年

    2008/12 EurekAlert Iowa State study finds early family depression has lasting effects on teens, young adults ティーンエージャー(若い大人)は、初期の家族うつ病の影響をながくひきずる 2008/12 EurekAlert Childhood anxiety disorders can and should be treated, according to UT Southwestern national expert 小児期の不安障害は治療可能だし、治療すべきである 2008/12 【日本語記事】読売新聞 「心...
     → 全文を表示する

  • → 2007年

    2007/12 EurekAlert Some antipsychotic drugs may be missing their mark 抗精神病性の一部の薬剤は、それらのマークを失っているかもしれない {うつ病、そして、統合失調症を待遇する} 薬剤は、脳細胞で最も適切な応答の引き金を引いていないかもしれないと、新しい研究が示唆する。  脳細胞の特定のセロトニン受容体が、セロトニンやにセロトニンを模倣する薬品によって引き起こされる早期の化学的イベントを調べた。  ...
     → 全文を表示する

  • → 2006年

    2006/12 Science News, Vol. 170, No. 24, p. 379. The Predator's Gaze  Scientists explore the frightening world of psychopaths 2006/12 【日本語記事】読売 「心の病」での休職教員、4000人を超える 昨年度の公立校619人増、過去最多 2006/12 【日本語記事】asahi.com 公立教員、病気休職7017人 精神疾患も過去最高 匂います? スクラッチカードで精神障害の兆候を判別 2006/12 New Zeala...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    2005/12 New York Times Psychotherapy on the Road to ... Where? 2005/12 EurekAlert One third of patients who stop treatment for schizophrenia early do so due to poor respons <精神性疾患>休職の公立校教員は過去最多 10年で3倍に 2005/12 【日本語記事】 ヤフージャパン(毎日新聞) [解説]「心の病」教師に急増 教育環境が激変 地域・行政の支援必要 2005/12 【日本語記事】 読売 第6...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    精神医学的遺伝学の台頭 2004/12 Am J Psychiatry 162:3-11, January 2005 Psychiatric Genetics: A Methodologic Critique 2004/12 American Psychological Association  Should our children be taking psychotropics? 蔓延するセルフ・エスティーム神話 Self-Esteem中毒のアメリカ  人々が自信に満ちてくれても行動が改善されるわけでも学業が伸びるわけでもない事実 2004/12 Scientific American Exploding t...
     → 全文を表示する

  • → 2003年

    心について知っておこう 情けは他人のためならず 心の健康は利他的行動から 2003/10 Health Behavior News Service  ALTRUISTIC ACTIONS MAY RESULT IN BETTER MENTAL HEALTH 著名古典に見る疾患例  リア王=アルツハイマー リチャード三世=ソシオパス  ハムレット=うつ病 ジュリアス・シーザー=てんかん 2003/10 The Desert Sun(USA TODAY)  Neuroscience, literature merge in study of how hu...
     → 全文を表示する

  • → 2002年

    心について知っておこう 2002/09 NATIONAL INSTITUTES OF HEALTH  Psychiatrists Discuss Divorce, Disruptive Behavior 心のためのお食事   パニック障害、不安症、4人に1人が改善  悪化要因:砂糖、カフェイン、アルコール、チョコ  改善要因:水、野菜、果物、青魚、朝食を抜かない 2002/09 BBC News How food benefits mood [取材日記] 精神疾患者ための 'ビューティフルマインド' 2002/09 ...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー